ブースター gx。 【ポケカ】ブイズデッキ 優勝デッキレシピから使い方を考察【ブースター/サンダースGX】

【ジムバトル優勝デッキ】ブースターGX/ズガドーンGXデッキレシピ 【ポケカ】

ブースター gx

タッグボルト発売前ですが、ご紹介しちゃいます! こんにちは!インゲンです。 このブログでは数々のオリジナルデッキをご紹介してきまして、もちろんそれぞれ自信の一作ではありますが、今回は 極めて「ガチ寄り」です。 コンボデッキ大好きの私でも痺れる 全てのカードの綺麗な噛み合い具合と、 個々のカードパワーの高さが相まって、 新環境で高い成績を残せるデッキになっていると思います。 今回の主要ポケモンは4体。 順番にご説明しますね。 まずはブースターGX。 一気に 炎エネルギーを供給できて攻撃力もあるポケカ最強クラスのワザ「ヒートステージ」、 190という破格の火力を誇る「ぐれんのほのお」、 1エネで試合を決める切り札「パワーバーナーGX」。 それだけでなく、1進化ポケモン 最高水準のHP、イーブイの「エナジーしんか」でデッキから 直接場に出て後攻1ターン目から戦えるなど、文句なしのパワーカードです。 しかし、ヒートステージは「手札に炎エネルギーをたくさん持っている必要がある」、ぐれんのほのおは「エネルギーを補給する手段が無いと連発出来ない」、パワーバーナーGXは「トラッシュに炎エネルギーが少ないと決定力が足りない」など、 周りの手厚いサポートが必要なカードでもあります。 2枚目は、ずっと環境の上位を走り続ける、 ポケカの頂点ともいえるポケモン「ゾロアークGX」。 特性「とりひき」は、ブースターGXの 「ヒートステージ」で必要な手札の補充をしてくれます。 終盤は手札から炎エネルギーをトラッシュすることで、 「パワーバーナーGX」の威力の底上げにも一役買ってくれて、まさに ブースターの相棒ともいえるでしょう。 そして、ポケカ定番の攻撃ワザと言っても過言でない「ライオットビート」はエネルギー2つで120ダメージが簡単に出せるので、例えばブースターのためのエネルギーが枯渇してデッキの動きが止まった時にも、 ゾロアーク自身がゴリゴリ殴っていけるのでまるで隙がありません。 (事前にブースターGXの「ヒートステージ」でゾロアークにも炎エネルギーを分けておくと便利!) そして3枚目は、タッグボルト収録の新カード「キュウコン」。 イラストが綺麗ですね~。 特性「きゅうびのいざない」で、手札の炎エネルギー2枚を捨てることで、 相手のバトル場とベンチを自由に入れ替えることができます。 鋭いあなたならおわかりかもしれませんが、「ルガルガンGX」の 「ブラッディアイ」に似た性能ですね。 ですから、ルガゾロを炎バージョンにしたのが「ゾロキュウ」みたいな感じですね。 しかし、勿論違いはあります。 キュウコンの良いところは 毎ターン入れ替え効果を使えるので何度でも相手のベンチを攻められること。 1体ベンチに置いておくだけでいいので、デッキの枚数も圧迫しません。 代わりに、 手札の炎エネルギーを消費する点と、ルガルガンGXの自慢である「デスローグGX」のような 高い攻撃力を出せないのがキュウコンの弱点です。 そこで、エネルギーの消費はゾロアークGXの「とりひき」のドローで、GXワザをはじめとする火力は「ブースターGX」で、と カバーしあえるように作られたのがこのデッキというわけです。 GXポケモンだけで戦っているとサイドの取られ方で損をしちゃうので、どこかで 非GXポケモンのアタッカーを使いたい、と誰もが考えます。 先ほど例を挙げた「ルガゾロ」であれば、非GXのマッシブーン(通称:小マッシ)がそれにあたりますが、このデッキではビクティニがその役です。 ワザ「インフィニティ」の効果は「 このデッキのために作ったん?」と訊きたくなるレベルの相性の良さ。 自分の トラッシュの炎エネルギーを再利用しつつ大火力を出せるので、ブースターGX、キュウコン、ゾロアークのそれぞれの トラッシュ能力と綺麗にかみ合います。 一度デッキに炎エネルギーを戻すことで、ゾロアークの「とりひき」で エネルギーを引ける確率が上がるのも嬉しいですね。 ビクティニが攻撃した後はもう試合も大詰めでしょうから、最後に炎エネルギーを確保して キュウコンの「きゅうびのいざない」に繋げてあげたいところです。 また、このデッキには「火打石」も採用しています。 「とりひき」で ドローするだけでは炎エネルギーの供給が追い付かない!というとき、手札に4枚もエネルギーを確保できる優れものです。 エネルギー回収も似た役割を果たします。 トラッシュに炎エネルギーがバンバン落ちていくので、これで再利用してあげると非常に戦いやすいですね。 よくゾロアークGXを回収して回復してあげる場面を見かけるアセロラ。 このデッキでは、どちらかというと ブースターGXに使用することが多いです。 序盤にヒートステージでベンチにエネルギーを分けて、アセロラで回収すれば サイドを先行されることなく攻撃態勢に入れます。 また、 ぐれんのほのおで炎エネルギーが減ったところで回収してあげることでエネルギーの無駄が少なかったりと、 ブースターとの相性は100点。 上手く使ってあげましょう。 カスタマイズするなら、事故を減らしてくれるこの2枚がオススメ。 現時点でじゅうぶん回るデッキですが、この2枚を採用してあげると さらに安全に、なめらかな動きができるでしょう。 このデッキは、ゾロアークGXが軸のデッキによくある、 各カードの枚数が少なく、種類を多めにとったリストになっています。 大量にドローができるので、そのぶん色々なカードを使い分けてあげよう、という、カードゲームの基本的な考え方です。 皆さんのお手持ちのカードでカスタマイズする際には、各カードの枚数が1枚になったりすることを恐れず、 種類を増やしてみることを意識してみて下さい。 全ての能力が綺麗に、複雑に絡み合うデッキなので、使いこなすには多少の慣れが必要ですが、 上手くいったときの強さは一級品です! ぜひ、その手にとって、 今までのポケカとは一味違う、ケタ違いのパワーを体感してみて下さい! スポンサーリンク 編集後談 ポケカの記事を書くにあたって、「 ほかのポケカ情報サイトに載っていない情報を届けたい」という想いがいつもあるので、ふだんのデッキ紹介では定番の構築はあえて避けて、「ひとひねり」あるものを意識してつくっています。 それでいて定番のものより決して劣化していないデッキを作るのは非常に難しいですが、「そのために14年もカードゲームをやってきたんだ」と思うと楽しくなってくるので、いつも新鮮な気持ちで記事を書くことができています。 そんな中、これからの環境で「 対策される側」になるであろうデッキの記事をあえて書くのは、はじめての試みでした。 ベースを「ルガゾロマッシ」と呼ばれるガチデッキに据えて、カードシナジーを丁寧に組み上げてできたこのデッキ。 タッグボルト環境でどう暴れてくれるのか、今から楽しみです。 ところで、「イーブイ系統のポケモンで誰が一番好き?」という質問、すらっと答えられる人が羨ましいです。 筆者はまだ「これ!」という1匹が定まりません(笑)•

次の

【11/23発売】スターターセット「雷のサンダースGX」「水のシャワーズGX」「炎のブースターGX」最新情報・収録カードリスト

ブースター gx

デッキの使い方 序盤は場を整えよう ブースターGXは、ワザ「ぐれんのほのお」を使う度にエネルギーを2つトラッシュする必要がある。 次のターンそのトラッシュに送ったエネルギーを、バシャーモの「たきつける」でトラッシュからエネルギーをブースターGXに貼り直す必要があるので、バシャーモの進化元であるアチャモを場に並べよう。 中盤、場を整えたら バシャーモの「たきつける」でブースターGXにエネルギーを加速しながら「ぐれんのほのお」で戦っていこう。 特性の「たきつける」はベンチのポケモンしか対象ではないので、逃げエネが0のフェローチェを出しておくと、エネルギーを付けた後にすぐバトル場に送り出す事が可能でスムーズに戦うことが出来る。 後半、エネルギー不足になることがある。 終盤になると、相手のポケモンを1撃で倒せるワザ「ぐれんのほのお」を使うのに必要なエネルギーが3つと多いブースターGXにエネルギーを付け直すのが厳しい場合が多々出てくる。 終盤になると、エネルギーがトラッシュに大量に溜まっているので、大ダメージを出せる状況になっているハズだ。 特性「たきつける」を使いやすく バシャーモの特性「たきつける」は、ベンチのポケモンにしかエネルギーを付けることができない。 自分のバトル場のポケモンが倒された時にバトル場に逃げエネが0のフェローチェを出しておくことにより、ベンチのアタッカーにエネルギーを付けてからスムーズにバトル場に出すことができる。 ブースターGXの対策 ブースターGXは、メインのワザ「ぐれんのほのお」を使うのに3エネルギーが必要なので、バシャーモの特性「たきつける」を使わなければ直ぐにワザを使うことは難しい。 エネルギーをトラッシュからブースターGXに付けてくるバシャーモを優先的に倒そう。 GXポケモンだけで戦わない ブースターGXは、ワザを使う度にエネルギーをトラッシュしなければならないので、何度もワザを使うのは厳しい。 GXポケモンは倒されるとサイドを2枚取られてしまうが、非GXポケモンであれば1枚しか取られないのでワザを使う回数が増え、毎ターン連続でこちらのポケモンを1撃で倒せなくターンが出てくることを狙える。 その他のポケモンカード関連ページ.

次の

【ポケモンカード】ブースターGXのデッキレシピと使い方【ポケカ】

ブースター gx

「ブースターGX」自身でも、 「ぐれんのほのお」で大ダメージが出せるので、それも狙っていきたいです。 溶接工 4 手札から炎エネルギーを2枚場につけつつ、3枚ドローできる強力なサポートです! このデッキはワザに必要なエネルギーの多いポケモンばかりなので、エネ加速の回数を増やせるように、4枚がっつりと採用しました。 炎の結晶 1 トラッシュから炎エネルギーを3枚手札に持ってこれるカードです。 火打石 4 手札に炎エネルギーを確実に持ってこれるグッズです。 これで「ヒートステージ」や「溶接工」が非常に使いやすくなるので、4枚入れました。 ボルケニオン 1 「フレアスターター」で序盤のエネ加速、 「こうねつばくは」で攻撃もできるので、優秀な非GXのアタッカーとして1枚採用しました。 それを避けつつドローをきちんとしたかったので、この2種類のグッズを採用しました。 もし先行だった場合は、そのまま「溶接工」の連打で、2ターン目からの攻撃を狙ってもいいかもしれませんね。 中盤の勢いのまま、一気に勝負を決めてしまおう! 全体を通して ドロサポを極力減らすことで、「溶接工」を使いやすくする構築を目指しています。 「カキ」を入れようと思ったのですが、使ってしまうとすぐに番が終わってしまうため、序盤にしか使わないと思い、今回は「溶接工」を連打するという選択を取りました。 「フレアストライク」はワザを撃つと次の番撃てなくなってしまうので、それを解除するために、今回は「グズマ」だけでなく 「ポケモンいれかえ」も入れることにしました。

次の