血小板 増やす。 img.directresponse.net

知って得する病気の話_血小板のはなし(血液内科)

血小板 増やす

血液内科は、あまり馴染みのない科だと思いますが、今回は、血小板減少、特発性血小板減少性紫斑病について書かせて頂きます 【血小板】 けがをすると出血しますが、傷ついた血管の壁にふたのように貼り付いて、止血してくれるのが血小板という細胞です。 では、血小板が、何らかの病気により少なくなってしまうとどうなるのでしょうか。 当然のごとく、血が止まりにくくなります。 血小板が少なくなることで、どんな症状が出るかというと、ぶつけた記憶のないところに打ち身のようなあざ 紫斑 や赤い点々 点状出血 が全身に出来たり、歯ぐきからの出血 歯肉出血 、鼻血がよく出る、などです。 放置しておくと、これらの症状以外に脳や消化管、肺などの重要な臓器から出血がおこり、命に関わることもあります。 【ピロリ菌との関係】 ピロリ菌は、胃癌や胃潰瘍との関連があるとして知られていますが、ITPとも深く関わっており、ピロリ菌の除菌によって、血小板数が増加する方がいます。 ピロリ菌とITPがどのように関係しているのかは、詳しくはわかっていません。 【ITPの治療】 無症状の軽症の方では、無治療で経過観察をします。 血小板数が少なく、出血の危険性がある方では治療を行います。 自己抗体の産生や働きをおさえることや、血小板数の産生を増やすことを目的とした薬物療法を行います。 薬物療法でも難しい場合は、脾臓摘出を行うこともあります。 【血小板が少なくなる病気】 血小板が少なくなる病気は、ITPだけではなく、急性白血病、骨髄 こつずい 異形成 いけいせい 症候群 しょうこうぐん 、再生不良性貧血などその他の血液疾患でも起こります。 また肝硬変や膠 こう 原病 げんびょう など血液内科領域でない病気でも血小板が少なくなることがあります。 どの年齢の方にも起こる病気ですので、疑わしい症状があれば、医療機関を受診してください。 また血液検査で血小板が毎回少なく、精査を希望される方は、一度当科にご紹介ください。

次の

血小板が少ないときにどうすべきか?少ない理由は?

血小板 増やす

血をサラサラにしてもダメな理由 仮にドロドロ血が原因で糖尿病や高コレステロールなどの生活習慣病を患っている場合は、サラサラ血にするメリットは十分あります。 しかし前提として血の量が十分でなければ、サラサラ血になったとしても体の不調は良くなりません。 血流が原因の症状を改善するには、何よりもまず血の量を増やす、つまり血をドバドバにする必要があるのです。 「血流が原因の症状」というと貧血やそれに伴う立ちくらみなどを連想しますが、実は血流の悪化はありとあらゆる不調に通じています。 というのも血には体の水分を維持したり、酸素や栄養、ホルモンを体じゅうの細胞に届けたりする役割のほか、体温や免疫力維持にも重要な役割を果たしているからです。 機能不全を起こせばむくみや不満、内臓の病気や精神病にまでつながります。 「血を作れないから、血が不足し、血が流れなくなる」のだと堀江さんは言います。 したがってこの3つのステップの順番は、決して入れ替えることを許さない鉄の掟です。 自分の「血のタイプ」を知るべし 血流を良くするための食事法と睡眠法を知る前に、まずは自分の「血のタイプ」を把握しておく必要があります。 堀江さんは著書の中で、漢方の基礎となる3つの血のタイプを挙げています。 以下は「血のタイプ」を知るためのチェックリストです。 4つ以上あてはまる場合はその体質を持っていると考えられます。 これを使って自分の血のタイプを知ったうえで、その特徴について知っていきましょう。 引用:『血流がすべて解決する』第2章より 気虚体質の特徴は「胃腸の調子が悪い」「やる気が出ない」などです。 消化器官は大量の血液を使うため、気虚体質の人は極端に消化機能が低下します。 いくら食べても太らない人や、いくら食事を抜いても痩せないような人は気虚体質が強いと言えます。 また腸の調子が悪いと脳で分泌される幸せホルモン・セロトニンや、やる気ホルモン・ドーパミンなどのバランスが崩れてしまいます(「腸脳相関」と言います)。 そのためやる気までも低下してしまうのです。 性別に関係なく不調になりやすい気虚体質に対して、血虚体質は特に女性に悪影響を及ぼします。 漢方で「女性の体は血が基本(女子以血為本)」と言われるほど、男性よりも女性の方が血流の不調による影響を受けやすいからです。 血虚体質の女性は婦人科系のトラブルが多く、血流を改善するとそれらのトラブルも改善されることが多いのだと堀江さんは言います。 最後の気滞瘀血体質の特徴はイライラしやすく、感情のコントロールがしにくくなるなどです。 ドロドロ血が原因で高血圧になっているのでなければ、この体質は気虚体質と血虚体質を改善することで自然と緩和されていきます。 これらの体質のうち、多くの人はどれか1つの体質ではなく、複数の体質が組み合わさって体に悪影響を及ぼしています。 血を作るための「食べる方法」と「食べない方法」 では次に「血を作る」ための食事法を見ていきましょう。 人間の体はすべて食べたものでできています。 血も例外ではありません。 しかし血を作るためには食べる前に、食べないことが重要です。 私たちの胃は食後90分で空になり、強力な収縮を15回から30回繰り返します。 こうすることで胃は腸も含めた体の中の食べ物の残りカスや古い粘膜をはぎとり、胃腸を掃除しています。 お腹が「ぐぅー」と鳴ると、ついついお腹が空いたのだと思いがちですが、実はあれは胃が体内の掃除をしている時の音なのです。 この掃除は90分おきに行われますが、この時に食べ物を食べてしまうといつまでたっても胃腸はきれいになりません。 腸壁に食べ物が残って汚れていき、胃腸は機能不全を起こしてしまいます。 だから空腹の時間を増やす、すなわち「食べないこと」が大切なのです。 しかし空腹の時間を増やすというと「じゃあ朝食を抜こう」となる人も多いと思いますが、実はこれ漢方的にはNG。 朝食は体内時計を整えるための重要な食事なので、むしろしっかりと食べる必要があります。 そこでまずは堀江さんがおすすめする「朝と昼を食べて、夕食を抜く」食事サイクルを試してみましょう。 一週間続ければお腹の調子が劇的に良くなるのだそうです。 血を増やすための「眠り」の作法 血を作るための食事法が身についたら、次はその血を増やすために睡眠を整える必要があります。 ポイントは3つです。 1つ目のポイントは、「23時に寝ること」です。 漢方では子の刻(23時から1時)の間は体の陰と陽が入れ替わる時間、丑の刻(1時から3時)が血を作る時間とされています。 この後も体の調子を整える時間とされており、卯の刻(5時から7時)に起きるのが良いのだそうです。 2つ目のポイントは「朝起きて朝日を5分間浴びる」こと。 近年注目を集めている「造血幹細胞」という血を作る細胞があります。 この細胞は太陽光のリズムを自律神経が伝えることでパフォーマンスを高めたり、低下させたりする可能性があると言われています。 1日の予定を考えながらでも構いません。 ぼんやりと太陽の光を浴びることが、より血の量を増やすことにつながるのです。 3つ目のポイントは「お風呂に入ること」です。 陰と陽の切り替え、すなわち自律神経から副交感神経への切り替えはは40度のお湯に10分から20分ほど浸かることでよりスムーズになります。 また睡眠時は体温が下がりますが、温めると体は自分を冷やそうとするため、よりスムーズに入眠することもできます。 確かにこの3つのポイントを完璧に守るのは難しいかもしれません。 「23時に寝るなんて無理だろ!」という人も多いでしょう。 しかし重要なのはこうした事実を知っておくことです。 そうすれば「スマホいじるよりは寝ようかな」と無駄な夜更かしも減り、徐々に理想の睡眠に近づけていくことができるのです。 まずは一週間の夕食断食から 『血流がすべて解決する』にはここで挙げた方法よりも、さらに詳しい内容が書かれています。 すべて実践できれば確かに血流が良くなり、体調も劇的に良くなるでしょう。 ただし何事も「始めること」が肝心です。 まずは夕食断食で気虚体質を改善するところから始めてみるのがオススメです。 効果が実感できれば、きっと「もっと色々試したい!」となるはず。 そうなったらぜひとも本書を手に取ってみてください。 参考文献『血流がすべて解決する』.

次の

血小板を増やす方法を教えて下さい

血小板 増やす

結果として、慢性的なを引き起こします。 もちろん、 激しい失血のリスクも増加します。 血小板のトラブルは深刻な健康問題を引き起こしますので、まずは、専門医に相談し診断してもらうことが大切です。 また、それに加え、 血小板の値を正常に保つ働きのある食べ物を取り入れるのも良いでしょう。 カボチャ カボチャとその種には、 血小板の形成を助けるアミノ酸や基礎ビタミンが含まれています。 定期的にカボチャを食べると、 たんぱく質やビタミンAを吸収する能力が促進されます。 これらは血小板の小さな細胞の生産に大きな役割を果たしています。 さらに、カボチャには強力な抗酸化物質が含まれていますので、 毒素やフリーラジカルの悪影響を防ぎます。 柑橘系のフルーツ 適量を食べるなら柑橘系のフルーツは血液の健康に非常に良いフルーツです。 血液中の血小板を増やす基礎栄養素であるビタミンCが豊富に含まれているからです。 ビタミンCが吸収されると免疫系の健康が強くなります。 抗体の生成が増加することで細胞がダメージを受けるリスクが少なくなるのです。 インディアン・グーズベリー ちょっと珍しい食べ物で、地域によっては見ることがないかもしれませんが、インドの伝承医学、の三大果実のひとつでもあるアムラ、インディアン・グーズベリーには血液と免疫系の健康を促進する要素が含まれています。 まず、インディアン・グーズベリーにはビタミンA、Cが豊富に含まれています。 これらはどちらも 体を守る血小板の形成を助けるのです。 さらに、インディアン・グーズベリーに豊富に含まれる抗酸化物質は による衝撃を軽減し、赤血球断片の減少に関連して起こる 慢性的な症状に苦しむリスクを減らします。 アロエベラの汁 アロエベラの汁は薬用として様々な場面で利用されています。 何世紀にもわたり、その健康効果が活用されてきたのです。 アロエベラには基礎ビタミンやミネラルが含まれているため、 血液細胞を浄化し保護する効果に優れています。 アロエベラに含まれる栄養が血小板を強くし、 毒素や感染性物質による悪影響を阻害します。 これによって血液が薄くなるのが防がれ、血管が傷ついた際には最大限に栄養を活用することができるようになるのです。 こちらもお読みください: 5. ほうれん草 ほうれん草はをふんだんに含む緑黄色野菜です。 その中でも血液に関して言うならば、やはり とたんぱく質でしょう。 これらの栄養素は怪我をした際の出血を抑える血小板の形成に大きな役割を果たします。 ほうれん草の汁は、 静脈を通る血流を最適化すると同時に、これらミクロ細胞の形成を増加させる働きがあるのです。 パパイヤ パパイヤ、そしてパパイヤの葉は、血小板の機能に影響を与えてしまうような病気の治療に役立つとされています。 パパイヤの汁や抽出液には、血液細胞の値を正常化する働きがあるのですが、これはの発病予防を助けます。 血液の状態に効く魔法というわけではありませんが、パパイヤを食べることで血小板の形成が促されるでしょう。 こちらもお読みください:• Bermejo, E. 2017. Plaquetas. Thomas, L. 2018. Cuenta del extracto de papaya y de plaqueta de la hoja de la papaya. News Medical Life Sciences. Lim. , Welti-Chanes, J. , Garibay-Febles, V.

次の