お手数 を おかけ し ます が。 「お手数おかけします」の意味と正しい使い方!類語や例文も解説

「お手数ですが」「お手数おかけしますが」の意味と使い方

お手数 を おかけ し ます が

「お手数おかけしました」の類語は、「ご面倒をおかけしました」と表現されます。 「お手数」と「ご面倒」は似たような言葉ですが、意味は下記のように違います。 「お手数おかけしました」 相手にいくつもの行動をさせて、手間をかけさせることに対する恐縮の念を表明する言い方です。 「ご面倒をおかけしました」 相手に面倒な思いをさせることを断り、謝意を示す表現。 「ご面倒お掛けし恐縮です」といった意味合いを背景に持った言い回しで、「お手数をお掛けしました」も同様の意味で用いられます。 結論から言えば、言い方の違う同じ意味の言葉だということです。 しかし使い方は同じでなく、場面に応じて使い分けることが必要になってきます。 「お手数おかけしました」という言葉は、ていねいな言葉のようですが、ていねいな言葉に直すと次のようになります。 「お手数おかけいたしました」 2. 「お手数をおかけしました」 3. 「お手数をおかけいたしました」 4. 「お手数をおかけしております」 5. 「お手数おかけいたしております」 手数という言葉は、「お手数を掛ける」または「お手数をお掛けする」が基本的な意味の使い方です。 「手数」が、本来、何かを行うときに取る手段・手法・手続きなどの数を意味することから、「手数が掛かる」の形で「手間取る」・「面倒」・「煩雑」などを意味します。 お手数は人の行動などに敬意を払う尊敬語であり、「お手数を掛ける」、または「お手数をお掛けする」の形で、人に面倒を掛けることに対する謝罪や感謝の気持ちを表します。 メールで「お手数おかけしました」と送る場合は、ほとんどがビジネスメールで謝罪やお礼をする場合になります。 ここでは「お手数おかけしました」のメールでの使い方について考えてみます。 メールで使う「お手数おかけしました」の文章は次のようになります。 この度は大変お手数をお掛け致しました。 お手数をお掛けしましたが、無事終わりました。 お手数を掛けて申し訳ありません。 お手数をお掛けして大変恐縮です。 お手数をおかけしますが、どうぞよろしくお願いします。 このように「お手数おかけしました」のメールでの文章は、「お詫び」と「お礼」の内容が多く、相手に敬意をはらう文章になります。 ただし使い方を間違えると意味がわからなくなるので、注意が必要です。 ビジネスの場合 相手から「お手数おかけしました」とビジネスメールがきたら、どのように対応して返信すればよいのでしょうか。 内容により変化しますが、「とんでもございません。今後ともよろしくお願い申し上げます」などが無難な例でしょう。 「こちらこそ、本来〇〇すべきところを行き届かず申し訳ございません」なども使います。 本当にこちらの配慮次第では、先方の不手際を防げた場合など、先方が不満に感じていても仕事上、「お手数おかけしました」と言わざるを得ないこともありますから、そういう場合にこういう言い方をすれば、相手の不満も和らげることができます。 「していただけると有難いです」となると少し軽いですので、人によっては気分を損ねられる場合もあります。 「していただければ幸いです」の方が美しく決まるので、おすすめです。 「お手数おかけしました」をお礼として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 大変感謝しております」 2. 「お手数おかけしました。 感謝申し上げます」 3. 「お手数おかけしました。 厚く御礼申し上げます」 4. 「お手数おかけしました。 有難うございます」 5. 「お手数おかけしました。 誠にありがとうございます」 「お手数おかけしました」で相手にしてもらったことをねぎらった上で、次に感謝の言葉を付け加えると、より良い感謝の言葉になります。 この言葉は目上、目下どちらにも使うことができますし、メールなどの用途にも活用できます。 メールなどで返信する場合は、感謝の気持ちを早めに使えるように心がけます。 返し 「お手数おかけしました」を返信として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 後ほどお返事させていただきます」 2. 「お手数おかけしました。 確認のうえ、ご返信をさせていただきます」 3. 「お手数おかけしました。 改めてご連絡させていただきます」 4. 「お手数おかけしました。 折り返しお返事させていただきます」 5. 「お手数おかけしました。 至急お返事させていただきます」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「早く返事をする」ということを、相手に伝えなければならないので注意が必要ですし、早い返信を心がけないと相手に失礼にあたります。 謝罪 「お手数おかけしました」を謝罪として返す場合は次のような文章を使います。 「お手数おかけしました。 誠に申し訳ございません」 2. 「お手数おかけしました。 お詫び申し上げます」 3,「お手数おかけしました。 申し訳ありませんでした」 4. 「お手数おかけしました。 失礼致しました」 5. 「お手数おかけしました。 大変ご迷惑をお掛けいたしました」 この文章はメールで返すことが多いですが、相手にしてもらったことをねぎらった上で、「もうしわけない」ということを、相手に率直に伝えなければならないので注意が必要です。 また、早い謝罪と返信を心がけないと、相手に失礼にあたります。 特に目上の方には、早めの謝罪をしたほうが良いです。 「お手数おかけしました」という言葉は、「お手数をおかけしました」と言い換えることで、ていねいな言葉になります。 しかし、ていねいな言葉に直しても、言葉の本当の意味がわかっていないと、相手に伝わらないことになります。 「お手数おかけしました」という言葉は、相手にとっては、「自分の手を止めてしてあげた」ということに対するねぎらいの言葉であり、感謝の言葉ではありません。 つまり、「お手数おかけしました」でも「お手数をおかけしました」でも、その言葉のあとに感謝の言葉をつなげないと、相手には気持ちは伝わりません。 誰もがした事に対しては感謝の言葉は欲しいとおもっています。 それを上手く伝えるために、クッション言葉として、「お手数おかけしました」という言葉があるのではないでしょうか。 そして、それにつなげる言葉によって、相手に感謝の気持ちが伝わるのです。

次の

「お手数をおかけして」の意味・目上の人へ使うのは失礼か

お手数 を おかけ し ます が

どちらを使っても同じ意味ですが、 文法的に正しいのは「お手数をおかけします」のほうです。 メールや書簡の中では正しい文法を意識したほうがいいでしょう。 一方で、話し言葉では「お手数をおかけします」「お手数おかけします」どちらを使っても相手に違和感を与えることはないと思われます。 なぜなら、現代日本語の日常会話においては「ごはん食べた」「テレビ見た」というふうに助詞を省略した言い方が既に一般的になっているからです。 また、実際に口に出してみるとおわかり頂けると思いますが「お手数をおかけします」「お手数おかけします」の違いを聞き取るのは難しいため、 口語では細かく気にし過ぎる必要はないでしょう。 ビジネスシーンにおいて、「お手数をおかけします」の使用頻度が最も高いのが、目上の相手や顧客に対して何か依頼をする時です。 「お手数をおかけしますが、よろしくお願いします」 といった形で面倒をかける相手、「大変お手数をおかけしました」 といった形で面倒をかけてしまった相手に、 心苦しさを感じながらも感謝の気持ちやねぎらいの気持ちを伝えるために使います。 話し言葉でも書き言葉でも頻繁に使う言葉です。 また、私生活においても様々な場面で使われています。 例えば、PTAや町内会などの地域の組織においてメンバーに仕事を割り振るとき、書類を提出してもらうときなど、何か依頼をするときに使います。 「お手数をおかけしますが」と前置きして使うことで、相手への配慮の気持ちを込めることができます。 最後に「お手数をおかけします」の言い換え表現をご紹介します。 相手にとって心理的に負担の大きいことをお願いするときに使いま す。 【例文】 ・ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いします。 ビジネスシーンでは、思わぬことで相手に時間を使わせてしまった時などに使います。 【例文】 ・ お手間をとらせてしまい、申し訳ございません。 (3)「恐れ入りますが」 相手にお願いをする時に、恐縮する気持ちを表します。 【例文】 ・ 恐れ入りますが、ご確認のうえご返信いただきますようお願い申し上げます。 【例文】 ・ お忙しいところ申しわけございませんが、ご協力よろしくお願いします。 使うシーンは限られますが、何か用事があって相手に来社してもらうときなどに使います。 【例文】 ・ ご足労をおかけしますが、明日はよろしくお願いします。 今回は国語講師の吉田裕子さんに「お手数をおかけします」の使い方を解説して頂きました。 相手に依頼をするときに役立ちますので、使い方を覚えておきましょう。

次の

「お手数をおかけしました」の意味とビジネスでの使い方!類語、英語も紹介

お手数 を おかけ し ます が

「お手数をおかけしますが」の読み方・意味 「お手数」の読み方は「おてすう」「おてかず」の2つある 「お手数」は、「 おてすう」「 おてかず」と読みます。 「手」は音読みだと「シュ」、訓読みだと「て」と読みます。 「数」は音読みだと「スウ」、訓読みだと「かず」と読みます。 本来の読み方は、両方とも訓読みをする「おてかず」です。 一方で「おてすう」は変則的な湯桶読みですが、「手数料」という言葉があるように今では「おてすう」も一般的に使われています。 どちらの読み方でも意味は同じなので、「おてすう」を使っても「おてかず」を使っても問題ありません。 「お手数をおかけしますが」の意味は「時間を割いていただき申し訳ありませんが」 「手数」は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと を意味しています。 この場合の「手数」は、「ある物事を達成するために必要な労力、動作、手段の数」を意味します。 「ある物事」とは自分以外の第三者のために行う物事を指します。 「かける」は「時間・費用・労力などをそのために使うこと」を意味していて、「〜を強いる」というニュアンスになります。 一方で「お忙しい中、申し訳ありませんが、確認していただけるとありがたいです」と感謝の気持ちも含まれています。 したがって 「お手数をおかけしますが」は、申し訳ない気持ちと有り難い気持ちを足して2で割ったような感情の表現と言えます。 「お手数をおかけしますが」の使い方 「お手数をおかけしますが」は上司など目上の相手に使える 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語、「おかけしますが」は「お〜する」という謙譲語になります。 「お手数をおかけしますが」は二重敬語ではありません。 正しい敬語表現であり、上司や取引先など目上の相手に使うことができます。 何か依頼をする時など、冒頭に「お手数おかけしますが」と付けることで相手に申し訳ない気持ちと感謝の気持ちを伝えることができます。 「お手数をおかけしますが」は、依頼やお願いをするときに使う 「お手数をおかけします」は「お手数をおかけして申し訳ないです」といったように謝罪をするときに使います。 「お手数をおかけしますが」という形にすると、相手に依頼・お願いをするという意味で使うことができます。 例えば「お手数をおかけしますが、ご検討いただけますようお願いします」と言えば、「手間をかけさせてしまい申し訳ないですが、ご検討してください」といった意味になります。 他にもメールの返信をお願いするときに、「お手数をおかけしますが、ご返信のほどお願いいたします」といったように使うことができます。 ・お手数をおかけしますが、先日の件について再度お知らせいただきますようお願いします。 ・お忙しい中お手数をおかけしますが、資料の送付をお願いできないかとメールを差し上げた次第です。 ・お手数をおかけしますが、ご返事いただければ幸いです。 ・お手数をおかけしますが、書類をご返送いただけませんでしょうか。 ・お手数をおかけしますが、ご確認いただき何かミスがありましたらご連絡いただきますでしょうか。 ・誠にお手数をおかけしますが、必要事項をご記入の上私までご返送をお願いします。 「お手数をおかけしますが」はクッション言葉 依頼やお願いをする場面以外でもただの「クッション言葉」として「お手数をおかけしますが」は使用します。 「クッション言葉」とは、相手に何かをお願いしたり、お断りをしたり、異議を唱える場合などに、言葉の前に添えて使用する言葉です。 他のクッション言葉としては「失礼ですが」「申し訳ありませんが」などがあります。 クッション言葉を使うことによって、相手への配慮や思いやりを示すことができるため、言いづらいことも伝えやすくなります。 また、クッション言葉を使うだけで丁寧な印象を与えられます。 ただ、あまりにも使い過ぎてしまうとしつこい印象になり、逆に相手に対して失礼に当たってしまうので注意しましょう。 例文 ・お手数をおかけしますが、ご連絡お待ちしております。 ・お手数をおかけしますが、こちらにお送りいただけませんか。 ・大変お手数をおかけしますが、明日お伺いしてもよろしいでしょうか。 ・お手数をおかけしますが、提出をお願いいたします。 「お手数をおかけしますが」の使用上の注意点 「お手数をかけさせますが」は誤用 「お手数をかけさせますが」と表現する人がいますが避けるべき表現です。 「お手数をかけ させますが」の「させ」は、助動詞「させる」で相手方の許しを求めて行動する意をこめ、相手への敬意を表す言葉です。 「させていただく」「させてもらう」の形で使うのが正しく、「させますが」という形は誤用です。 「お手数をかけさせますが」は無理矢理に敬語表現にしようとして、文法的にも不適切で響きもかなり回りくどい表現になっているため、誤用と言えます。 自分に対しては使用できない 「お手数をおかけしますが」は、相手に対して使用する言葉です。 よって自分に対しては使うことができません。 例えば、「お手数をおかけしますが、明日までに連絡いたします」といった使い方は間違いになります。 この場合は、「自分が相手のために手間をかけている」という意味合いになってしまうので、大変失礼な言い方になります。 自分に対して使う場合は「恐れ入りますが」「申し訳ありませんが」「お急ぎのところ大変恐縮ですが」などを使うようにしましょう。 「お手数をおかけいたします」は正しい 「いたします」は「する」の謙譲語「いたす」+丁寧語「ます」で成り立っています。 「お手数」の「お」は尊敬を表す接頭語(「お手数」の「お」は丁寧語という解釈も可能)、「お〜いたす」は謙譲表現になるため、非常に丁寧な表現になります。 依頼をするときに「お手数をおかけいたしますが〜」というと、相手に丁寧な印象を与えることができます。 ただ相手によっては、少々くどい印象を与えてしまうこともあるので状況に応じて使い分けできるようにしましょう。 また「お手数ではございますが」という表現もあります。 「ございます」は「ある」の丁寧語です。 この使い方も相手に好印象を与えることができるので、是非覚えておきましょう。 「お手数 "を" おかけしますが」の "を" は必要 「お手数をおかけしますが」の「を」を抜いた「お手数おかけしますが」でも決して間違いではありません。 しかし「お手数」は名詞なので、助詞の「を」がないと違和感を与えてしまいます。 例えば、「ご飯を食べる」の「を」を抜いて「ご飯食べる」と言うと、何か引っかかる感じがしますよね。 なので、 「お手数をおかけしますが」は「を」を入れた方が自然な言い方になります。 「お手数をおかけしますが」の言い換え・類語 ご面倒をおかけしますが 「面倒」は「手間がかかったり、解決が容易でないためわずらわしいこと」を意味しています。 「ご面倒」と言った場合は、自分が面倒な思いをするというよりも、相手に対して面倒なこと、といった意味になります。 「ご面倒をおかけして〜」といった形で、自分のせいで相手に時間をかけてしまったり、手間をかけさせてしまった際に、そのことについて詫びる気持ちで使用します。 「ご面倒」は目上の人に対して使うことのできる表現です。 「お手数」と「ご面倒」はほぼ同じ意味ですが、一般的には「お手数」を使うことが多いです。 例文 ・ご面倒をおかけしますが、ご教示いただければ幸いです。 ・ご面倒をおかけしますが、何卒よろしくお願いいたします。 ご迷惑おかけしますが 「迷惑」は「ある行為がもとで、他の人が不利益を受けたり、不快を感じたりすること」を意味しています。 「ご迷惑をおかけしますが」は「不利益を生じさせますが」「不快感を与えてしまいますが」といった意味合いになるので、主に謝罪をお詫びをするときに使用する表現になります。 また「ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします」という使い方は間違いです。 この場合は「不快感を与えてしまいますがお願いします」といったニュアンスになってしまうため、失礼に当たってしまいます。 例文 ・私が至らなかったせいで、ご迷惑をおかけしてしまいました。 ・今までご迷惑をおかけした分を取り返せるよう、頑張ります。 お手間を取らせてしまい 「手間」は「そのことをするのに費やされる時間や労力」を意味しています。 自分が時間や労力を費やす場合は「手間をかける」、相手が時間や労力を費やす場合は「手間を取らせる」となります。 「お手間」は「お忙しいところお手間を取らせてしまい申し訳ありませんが~」といったように謝罪するときと依頼をするときに使用することができます。 「お手間」と「お手数」の違いとしては、「お手数」は自分以外の誰かのために行う行為や労力、「お手間」は自分もしくは相手が行う行為や労力を表しています。 「お手間」は、行為や労力の対象に自分が含まれているので、間違わないようにしましょう。 例文 ・お忙しいところお手間を取らせてしまい申し訳ありませんでした。 今度とも何卒よろしくお願いいたします。 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、訂正のほどお願いします。 お手を煩わせて 「煩う」は「あれこれと心をいためる・思い悩む」「苦労する」を意味しています。 「お手を煩わせて」は、依頼をするときに「相手に苦労や面倒をかけた」という気持ちを表す表現です。 「お手を煩わせて」は目上の人に対して使うことができます。 例えば、苦労や面倒をかけてしまったときに「お手を煩わせてしまい申し訳ございません」などと言うことで、申し訳なく思う気持ちを相手に伝えることができます。 例文 ・私の不手際によりお手を煩わせてしまい、誠に申し訳ありませんでした。 ・お手を煩わせてしまい申し訳ありませんが、こちらにサインをいただけますか。 「お手数をおかけしますが」の英語表現 「お手数をおかけしますが」の英語表現を見ていきましょう。 まず直訳的な英語表現は、 ・I'm sorry to trouble you, but... ・I'm sorry for the trouble. But... になります。 しかし、これらの表現は本当に迷惑をかけるとくの「謝罪」に近い響きがあり、日本語の「お手数おかけしますが」のような謙虚さを表す形式的な文言ではありません。 もう少しカジュアルに表現すると、 ・I know it's a big ask, but... などがあります。 ・Could you please...? して下さいますか) を使って依頼するか、 ・Thank you for your help. (手助けしてくれてありがとうございます) のようにお願いした後に感謝の気持ちを述べる方が英語ではより自然です。 英語学習をしたい方へおすすめの書籍 科学的に正しい英語勉強法 こちらの本では、日本人が陥りがちな効果の薄い勉強方法を指摘し、科学的に正しい英語の学習方法を紹介しています。 読んだらすぐ実践できるおすすめ書籍です。 文法的に正しい敬語でも、言い回しや場面によっては相手に不快感を与えてしまう場合があります。

次の