ぜんざい 圧力鍋 甘さ控えめ。 圧力鍋でかんたん!たくさんつくって、余ってもアレンジ自在〜甘さ控えめぜんざいレシピ〜

日本人の心、ぜんざいを圧力鍋でつくる

ぜんざい 圧力鍋 甘さ控えめ

スポンサーリンク クッキングプロでぜんざいを作ってみた感想 今回クッキングプロでぜんざいを作るにあたって、説明書のレシピを使用しました。 材料は ・あずき 100g ・水 2カップ ・砂糖 50g ・塩 ひとつまみ ・餅 2個 引用:クッキングプロ取扱説明書&レシピ39p 手順を簡単に書いておくと、あずきと水を釜にいれて「肉豆」モードで10分、砂糖と塩を加えて「煮込み炒め」モードで6分煮詰めて完成です。 お餅はぜんざいの出来上がりに合わせて、焼くなりレンチンするなりして用意します。 圧力をかけるのみで出来るレシピが一番簡単ではありますが、ぜんざいもかなり簡単に出来上がったと思います。 鍋でフツーに煮るとなんだか時間かかるんですよね~。 あずきはめっちゃ柔らかい! 肝心の小豆ですがさすが電気圧力鍋、めっちゃ柔らかい! いつまで煮ても柔らかくならないという悩みなしでした。 水と小豆をいれてボタンをピッとするだけで、圧力鍋がやわらか~~くしてくれます。 ちょっとだけ気になったのが、煮込みをした後の小豆は皮からなかみが飛び出してるものが多いような…。 うーんでもこんなもんかなあ??とも思ったり、それだけ豆がやわらかくなってるってことだし。 まあ噛み応えバツグンなかたい小豆のぜんざいを食べるより全然いっかと流しました。 この通りスプーンでちょいっと押すだけであずきが…!! びっくり水が必要ない 小豆を鍋で煮る時って、途中びっくり水と言われる差し水をしますよね。 これやると豆がふっくらやわらかに仕上がるって豆知識なんですけど(豆だけに) クッキングプロで作る場合はびっくり水不要です。 「肉豆」ボタンの10分間でふっくらお豆になってます。 >>楽天 レシピ通りだと甘さ控えめかも 圧力後はフタをあけて味付けをしますが、レシピ通りの量だと甘さ控えめだなと思いました。 甘ったるすぎると食べづらいので、ちょうどいいといえばいいけど、でももう一押し甘さが欲しい。 うちはきび砂糖を使っているからそれが甘さ控えめに感じた原因かも? もしくは一緒に食べた娘と話してたんですけど、ぜんざいが完成したあと少し保温か常温で置いとけば良かったかもです。 なんとなく味がなじんでない感じがしたので…作ってすぐ食べたんですよね。 長時間クッキングプロの釜で保存はダメっぽいので、早めに作って別の鍋にうつしとくとかすれば良かったかなあ。 あずき多めの汁になる レシピでは小豆100gに対して水2カップなので、けっこう豆がモリモリのぜんざいになりました。 個人的な好みではそこまで小豆たっぷりいらないけど、子供や夫は「こんなもんじゃない?」という感想。 多分私がお汁粉派だからかもです。 これ地域によって区別の仕方が違うみたいですが、私や夫は共通で上記の区別方法でした。 別につぶあんが嫌いなわけじゃないんですけどね、おまんじゅうとか団子とかこし餡より粒のほうが好きだし。 小豆たっぷりが好きならクッキングプロのレシピで作ると満足かと思います。 クッキングプロでぜんざいのまとめ ゆであずきとかも売ってるんで、ぜんざいを作ること自体は簡単ではあるんですが。 乾燥豆から作るとまた違ったおいしさみたいなのがあって良かったですよ。 しかも失敗なしで出来るのが嬉しいです。

次の

簡単!甘さ控えめ「ぜんざい」の作り方[小豆から・缶詰でも]

ぜんざい 圧力鍋 甘さ控えめ

冬のおやつの定番「ぜんざい」は、食べると体があたたまって甘い香りは心もあたためてくれます。 鏡開きのときにはお鏡餅を入れたぜんざいを食べるという方も多いですよね。 私も昔からいただいていました。 「ぜんざいはあずきの缶詰を使って作る」という方が多いと思いますが、圧力鍋を使うと短時間で作れます。 手間も思ったほどはかからないので、「作ったことないけど一度作ってみたい」「持ってる圧力鍋をもっと活用したい」という方は、挑戦してみてはいかがでしょうか。 今回は、圧力鍋を使って時短で作るぜんざいの作り方をご紹介します。 【甘さ普通】のタイプと【甘さ控えめ】の2つのバージョンで作っています。 保存方法についても書いていますので、ぜんざいを作った後はこちらも参考になさってください。 【作り方】• 小豆はさっと洗っておきます。 圧力鍋に小豆と水800mlを入れて、蓋をして15分加圧します。 そのまま冷まして圧力が下がったら蓋をあけます。 砂糖を3回に分けて加え、塩を加えてとろみがつくまで弱火で煮込みます。 写真をもとに詳しくご説明します。 今回は圧力鍋で4人分のぜんざいを作りますが、家族の好みもあって【 甘さ普通】と、【 甘さ控えめ】の2種類のぜんざいに仕上げます。 作り方は、まず圧力鍋で4人分の小豆を柔らかく煮て、そのあと2つに分けてから砂糖を加えてそれぞれのぜんざいに仕上げていきます。 これだと下処理までは一度で済み、手間とガス代が多少省けます。 まず今回の材料、小豆と塩です。 小豆は北海道産の「大納言小豆」、塩は「瀬戸のほんじお」を使っています。 どちらもスーパーで購入しました。 お塩は普段から昔ながらのにがりの入った あら塩を使っています。 まろやかな味わいで、お料理やお漬物など何にでも使えます。 瀬戸のほんじおは国産なので、安心して使えます。 材料はお手持ちのもので構いませんよ。 小豆200gと砂糖85gを用意します。 【甘さ普通】の場合はお砂糖にザラメ(中双糖)を使っています。 おばあちゃんのリクエストです。 Step1:小豆はさっと洗っておきます。 たっぷりの水の中でクルクルと豆を回すように洗い、ざるにあげます。 ゴミや汚れ、虫食いの豆がある場合は取り除きます。 鍋に小豆と水を入れて、強火にかけます。 このとき蓋はしません。 沸騰したら吹きこぼれないように少し火を弱めて、小豆が踊っている状態を保ちます。 このまま10分煮ます。 10分煮たら、お湯を捨てて小豆をざるにあげます。 ここまでが「渋切り」と言われる作業です。 小豆はアクが強く、小豆をそのまま煮てしまうと渋みや苦みが残ることがあります。 「渋切り」をすることで、雑味やえぐみのないすっきりとしたぜんざいに仕上がります。 Step3:圧力鍋に小豆と水800mlを入れて、蓋をして15分加圧します。 そのまま冷まして圧力が下がったら蓋をあけます。 圧力鍋に小豆と水800mlを入れます。 蓋をして火にかけ、圧力がかかったら弱火にして15分加圧します。 15分加圧したら火を止めて、そのまま冷まします。 圧力が下がったら蓋をあけます。 ここで、お湯を捨てる前に小豆がしっかりと柔らかくなっているかを確認してください。 指でつぶれるくらいなら大丈夫です。 もしまだ固いようなら、もう一度火にかけて数分加圧してみてください。 Step4:砂糖を3回に分けて加え、塩を加えてとろみがつくまで弱火で煮込みます。 鍋1:【甘さ普通】タイプです。 お鍋に小豆と煮汁を入れて火にかけます。 砂糖を3回くらいに分けて、溶かし加えます。 こちらはザラメで甘く仕上げます。 鍋2:【甘さ控えめ】です。 こちらはエリスリトール35gを3度に分けて加え、まだ甘みが足りなかったので甘酒30mlを加えました。 アクが出たら、こまめにすくい取りましょう。 お玉の裏側でアクを真ん中に寄せ集めると、アクだけをすくうことができますよ。 好みの甘さになったら、お塩を加えてとろみがつくまで煮ます。 豆が手で簡単につぶせるようになったら完成です。 それでは、早速いただきましょう。 まずは、【 甘さ控えめ】エリスリトールと甘酒で作ったおぜんざいです。 甘さ控えめですが、甘酒のせいかコクが感じられます。 でもさっぱりとした甘さです。 【普通の甘さ】の方は、コクのある甘さがしっかりと感じられます。 ほのかな塩味も感じられて、バランスが取れた甘さのおぜんざいに仕上がりました。 やっぱり甘いものって美味しいですね。 ぜんざいは保存できる? ぜんざいは 冷蔵庫で保存すると 2~3日ほど保存ができます。 たくさん作った場合は、 冷凍しておくと 1~2ケ月は美味しく食べられます。 水分の量や砂糖の量によって違ってきますので、美味しいうちに食べてくださいね。 冷凍保存はタッパーや冷凍用の保存袋に入れて冷凍します。 食べる時は自然解凍するか、電子レンジやお鍋で温めてから食べるといいです。 夏なら半解凍状態で、シャーベットとして食べるのも美味しいですよ。

次の

小豆からつくる!お砂糖控えめおうちぜんざい♪

ぜんざい 圧力鍋 甘さ控えめ

無性に食べたくなるあんこ。 昔は粒あんが好きだったけど、年をとるにつれて最近はこしあんが好きで、甘くないのが好みになってきました。 個人によって好みは分かれますが、自分で作ると甘さを調節出来るのでいいですよね!自宅に圧力鍋がある方は、小豆の美味しい煮方を紹介。 自宅に圧力鍋が無い方には、簡単に炊飯器で作る方法もあます。 実際私も小豆を炊くときは、炊飯器で作っていて、圧力鍋が自宅にありません。 小豆の人気のレシピを紹介し、黒豆の炊き方やレシピも合わせて紹介したいと思います。 もくじ 小豆レシピ人気1位は? 簡単圧力鍋の煮方 甘くないあんこの作り方 黒豆の炊き方・レシピ お勧めの記事 この記事のまとめ 小豆の人気のレシピを紹介し、圧力鍋での炊き方や、それ以外に炊飯器や土鍋を使った煮方も紹介しています。 また、黒豆の簡単な煮方や正月にあまった黒豆のレシピも合わせて紹介させてもらっています。 最後まで読んでもらえれば、あなたに合った美味しく食べれる小豆のレシピが見つかると思いますよ! SPONSORED LINK 小豆レシピ人気1位は? 小豆の人気レシピを探してみましたが、小豆の料理は季節ごとに人気は変わるみたいです。 というのも、お祝い事になると、赤飯を炊き。 正月になると、鏡開きに、おしるこやぜんざいを食べる風習もありますよね。 夏になれば、羊かんやアイスが人気に上がってきます。 なので、年中通してどれが人気と言えば、よく作っているのは赤飯になるのでしょうか?選びにくかったので、あんこと言えばコレ!という基本のレシピをまとめてみました!どれも、その季節において人気1位の定番レシピになります。 甘くないぜんざい 次は「 甘くないぜんざい」を紹介します。 甘くないぜんざい 材料 あずき・・・・・・・・・400g 砂糖・・・・・・・・・・200g 塩・・・・・・・・・・・小さじ2 ぜんざいが大好きは人は多いのではないでしょうか? 私の中では人気1位なんですけどね!甘いのが好きだけど、旦那様と子供の分は甘さ控えめにして作ります。 私は、正月以外にも食べる派です! 基本のあずきの煮方甘さ控えめおしるこ 材料 あずき250g 砂糖125g 塩少々 水たっぷり 甘くないおしるこレシピ!初めての方にもちゃんと炊けるおしるこの作り方です。 簡単次の日も硬くならない柔らかおはぎ 材料 (40個) 小豆500g 砂糖500g 甜菜糖(きび砂糖でもOK 100g もち米4合 砂糖大1 塩ひとつまみ あー おはぎも無償に食べたくなる時がある~!おはぎはお彼岸時期に人気は急上昇し1位になります。 5倍量) ホットケーキミックス 100g(150g) 卵1個(MS)(2L) 砂糖大さじ1(1. 5) はちみつ 大さじ2(3) みりん 大さじ1(1. 簡単なのい贅沢な気分になれるレシピですよね!こういうのを作ると、一つ一つパッケージして、プレゼントしたくなる~! 小豆水煮缶と炊飯器お赤飯 次は「小豆水煮缶と炊飯器お赤飯」を紹介します。 小豆水煮缶と炊飯器お赤飯 材料 もち米・・・・・・・・・2合 無洗米 うるち米 ・・・・1合 小豆水煮缶・・・・・・・1缶 水 水煮缶の水を含む ・・3合分 ごま塩・・・・・・・・・適量 お祝いに欠かせない 赤飯上手に炊きたいですね。 そういう時は、失敗しないように小豆の水煮の缶詰を使うようにしています。 そこで失敗したら台無しになるので、私は小豆から炊いた事がない。 そろそろ練習してみようかな~w 小豆アイス 次は「小豆アイス」を紹介します。 小豆アイス 材料 卵・・・・・2個 砂糖・・・・30g 生クリーム・100cc ゆで小豆・・200g アイス作りはめっちゃ簡単混ぜるだけです。 夏になると人気が上がってきます。 ちなみに、市販されているアズキバーのアイスは、噛み切れますか? あれは、歯を折ろうとしてるぐらい固い!wこのレシピは、固くならなさそうで、食べてみたくなります。 名古屋名物小倉トーストonチーズ 次は「名古屋名物小倉トーストonチーズ」を紹介します。 名古屋名物 小倉トーストonチーズ 材料 ラーマ・・・・・・少々 あずき・・・・・・お好みで とろけるチーズ・・お好みで トースト・・・・・1枚 たっぷりのせて朝食に食べると幸せ!あんこ好きなら思いつきますが、まだ作った事がない人はチャレンジ! ポイント! 圧力鍋が無い方は炊飯器で簡単に作れます! 炊飯器であんこ まずは「炊飯器であんこ」を紹介します。 炊飯器であんこ 材料 乾燥小豆炊飯用カップ・・・1カップ 水炊飯用カップ・・・・・・3カップ 砂糖炊飯用カップ・・・・・1カップ 追加の水炊飯用カップ・・・1カップ~ 塩・・・・・・・・・・・・ふたつまみ 私もこのやり方で作ります。 自分で作ると固さを選べるし、甘さも加減できます。 手作りすると多く出来るので、作りすぎた時は小分けにして冷凍にしましょう。 便利餡子の冷凍保存 次は「 便利餡子の冷凍保存」を紹介します。 便利餡子の冷凍保存 材料 餡子・・・・500g 量が多く出来てしまっても、小分けにしておくことで、食べたい時に解凍して食べることが出来るので便利ですよ! 小豆を炊くぜんざい&こしあん つぎは「 小豆を炊くぜんざい&こしあん」を紹介します。 小豆を炊くぜんざい&こしあん 材料 小豆・・・・・・・500g 白ザラメ・・・・・240g+160g(計400g) 塩・・・・・・・・少々 こしあんの作り方も詳しく載っています。 あんこのアレンジレシピ 子どものおやつ 小豆と米粉のお焼き 次は「子どものおやつ 小豆と米粉のお焼き」を紹介します。 子どものおやつ 小豆と米粉のお焼き 材料 米粉・・・・15g 豆乳・・・・30㏄ 小豆・・・・5g 米粉でもいいし、ホットケーキミックスで作っても簡単です。 小さく作ると、手づかみ時期の小さいお子様にもこぼさず食べてくれます。 ふわふわ小豆のシフォンケーキ 次は「ふわふわ 小豆のシフォンケーキ」を紹介します。 食パンで簡単おやつロールランチにも 材料 あずきとうふ・・・・・・1個 サンドイッチ用食パン・・2枚 生クリーム・・・・・・・適量 キャンディー状に包むと簡単なおやつになります。 簡単圧力鍋の煮方 圧力鍋をお持ちの方は、時短で圧力鍋の美味しい小豆の煮方を紹介します。 小豆は豆から炊くのは面倒だとイメージありませんか?簡単に作ろうと思えば作る方法は他にもあります!我が家では炊飯器を使って炊いていて、ボタンを押すだけなので、簡単で助かっています。 圧力鍋の煮方や、炊飯器、土鍋、ホームベーカリーで作る煮方があったので、合わせて紹介させてもらいますね。 煮る時のポイント 水から煮る事でムラが無くふっくら出来上がるので、 必ず水から煮ましょう。 出来上がったら圧が下がるまで 自然に放置する事。 熱が収まれば、蓋をあけ弱火で小豆が柔らかくなるまで煮ますが、その時、 砂糖を3回に分けて入れ甘さを調節します。 ちなみに、砂糖を入れた時点で小豆はそれ以上柔らかくなりません。 また3回を分けずに入れると、固い仕上がりになります。 必ず、柔らかくなってから3回に分けて入れてくださね。 そして、 最後の蒸らしもポイントです!しっかり味が馴染むまで待ちましょうね。 時短圧力鍋で美味しい小豆の煮方 つぎは「時短圧力鍋で美味しい小豆の煮方」を紹介します。 時短圧力鍋で美味しい小豆の煮方 材料 小豆・・・・・・・・250g 砂糖・・・・・・・・200~220g 水あめ・・・・・・・大さじ1 塩・・・・・・・・・ひとつまみ 圧力鍋で作ると何といっても早い!冷やして食べる場合は、少し水分のあるぐらいで煮終わるほうが好ましいです。 水に浸さず、圧力鍋で簡単小豆の煮方 つぎは「水に浸さず、圧力鍋で簡単小豆の煮方」を紹介します。 水に浸さず、圧力鍋で簡単小豆の煮方 材料 小豆・・・・・300g 水・・・・・・4カップ 砂糖・・・・・250g 小豆100gに対し水1カップ必要。 圧力鍋を使う為、プラス1カップの水が必要となります。 小分けにして冷凍保存することも出来ます。 あっさりめ小豆の煮方 つぎは「あっさりめ小豆の煮方」を紹介します。 あっさりめ小豆の煮方 材料 小豆・・・・・・・240g 砂糖・・・・・・・180〜260 塩・・・・・・・・少々 ホームベーカリーが、自宅にある人はいかがでしょうか?自宅で作ると、好きな固さで作れるのでいいですよね~ あずきの煮方 つぎは「あずきの煮方」を紹介します。 あずきの煮方 材料 あずき・・・・200g 砂糖・・・・・180g程度 塩・・・・・・少々 こっくりコトコト作ると、出来上がりが楽しみで仕方ない!! 土鍋豆の甘煮 つぎは「 土鍋豆の甘煮」を紹介します。 土鍋で作るとふっくら出来上がりそうですね。 大納言小豆のゆで方(水煮&冷凍保存用) 次は「大納言小豆のゆで方(水煮&冷凍保存用)」を紹介します。 3倍 冷凍のレシピがありました!水煮で小分けに冷凍して甘くしたい時は、後で砂糖を混ぜ合わせる方法便利ですね!使い分けできてとてもいいと思います! 炊飯器まかせで簡単 小豆の煮方 まずは「 炊飯器まかせで簡単 小豆の煮方」を紹介します。 炊飯器まかせで簡単 小豆の煮方 材料 小豆・・・・・200㌘ 水・・・・・・3カップ お鍋で煮るより簡単で、圧力鍋がない人でもこれなら放置して作る事が可能ですよ! 炊飯器で煮る黒砂糖+小豆煮 つぎは「炊飯器で煮る 黒砂糖+小豆煮」を紹介します。 炊飯器で煮る黒砂糖+小豆煮 材料 小豆・・・・・・50g 黒砂糖・・・・・大さじ2 塩・・・・・・・少々 初めて作った時、塩少々の量がわからず沢山入れてしたっまようで、塩辛くなってしまって失敗した事を思い出します。 甘さは調節出来ても、塩辛いのはどうにもなりませんでした。 砂糖を使うのが嫌だという方は、黒砂糖を使いましょう。 作った時の、活用法レシピも紹介します。 甘くない大納言あんこ まずは「甘くない大納言あんこ」を紹介します。 甘くない大納言あんこ 材料 大納言あずき・・・・500g 砂糖・・・・・・・・180g 塩・・・・・・・・・大1 水・・・・・・・・・1リットル 大納言と言う種類の小豆は、大粒で煮ても皮が破れにくい小豆です。 初心者でも、扱いやすいと思います。 皮が破れると、中身が流れ出てしまい味が落ちます 圧力鍋を使うと短時間で調理するため、破れてのは防げますが、圧力鍋以外で炊く時は、時間をかけすぎないのがコツです。 普通の鍋で炊く時は、水から茹でて沸騰させて、茹で汁を捨てる・・・この作業を3回する。 こうすることで、破れることは防げます。 小豆かぼちゃ 次は「小豆かぼちゃ」を紹介します。 小豆かぼちゃ 材料 小豆・・・・・・1カップ かぼちゃ・・・・200g 塩・・・・・・・小さじ1 かぼちゃと小豆を炊くことを「 いとこ煮」と言います。 甘い小豆と炊くと・・・すごく甘くなります。 缶詰を使う時は、「小豆の水煮」を使うようにすると甘さを抑えることが出来ます。 チーズ&あずきトースト 次は「チーズ&あずきトースト」を紹介します。 意外においしいチーズ&あずきトースト 材料 食パン・・・・・・・・・・1枚 スライスチーズ・・・・・・1枚 ゆであずき・・・・・・・・適量 トーストと小豆も好きですが・・・チーズは乗せたことが無いw小豆とチーズの組み合わせのレシピは、沢山あったので、美味しいの間違いなさそうw 餃子の皮で和風小豆餅 次は「餃子の皮で 和風小豆餅」を紹介します。 トースターで簡単餃子の皮で和風小豆餅 材料 餃子の皮・・・・・・・・・・12枚 ゆであずき缶詰・・・・・・・適量 切り餅・・・・・・・・・・・1〜2個 きな粉・・・・・・・・・・・お好みで 餃子の皮で?作ったことも、食べたことも無い!作ってみたい1品です。 きな粉もいいですね~ ホットヨーグルト小豆のせ 次は「 ホットヨーグルト小豆のせ」を紹介します。 便秘解消確実ホットヨーグルト小豆のせ 材料 ヨーグルト・・・・・・・・100g 小豆・・・・・・・・・・・適量 きな粉・・・・・・・・・・適量 ヨーグルトに合いそうですね腸にもよさそう~ホットにするのも新しい発想ですね! 黒豆の炊き方・レシピ 小豆もいいけど、黒豆も美味しい!正月が終わったら 余る黒豆もありますよね?そいう時は、リメイクレシピで復活させてみませんか?黒豆は甘く煮てあるので、お菓子作りにはピッタリなんですよ!ぜひ、リメイクさせて余ることなく復活させてみてくださいね。 超簡単火を使わない黒豆の煮方 つぎは「超簡単火を使わない黒豆の煮方」を紹介します。 超簡単 火を使わない黒豆の煮方 材料 魔法瓶・・・・・・どんなサイズでも可 黒豆・・・・・・・お好み量 水・・・・・・・・適量 てんさい糖 砂糖 ・適量 天然塩ひとつまみ・程度 黒豆を少量炊く時はこの方法がこ便利、。 家にスープジャーがあるので簡単に作れる事を知りました。 正月に活躍しそうです! お節リメイク黒豆ゼリー まずは「お節リメイク黒豆ゼリー」を紹介します。 お節リメイク黒豆ゼリー 材料 黒豆100g 粉寒天小さじ1 砂糖大さじ2 水300cc 寒天を使ってヘルシーに!お正月終わったけど食べ過ぎてカロリー低い物が食べたくなりますよね。 おせちでリメイク黒豆マフィン 次は「おせちでリメイク黒豆マフィン」を紹介します。 おせちでリメイク黒豆 マフィン 材料 小麦粉・・・・・・100g きび 砂糖・・・・40g サラダ油・・・・・30CC 牛乳or豆乳・・・・50CC たまご・・・・・・1個 ノンアルミニウムBP・・小さじ1 黒豆 煮豆 ・・・・・・大さじ2~3 れんこんチップス・・・あれば 簡単マフィン作りに挑戦してみませんか? 栗きんとん・黒豆リメイクケーキ 次は「栗きんとん・黒豆 リメイクケーキ」を紹介します。 栗きんとん・黒豆リメイクケーキ 材料 バター・・・・・・150g 砂糖・・・・・・・100g 栗きんとん・・・・50g~140 黒豆・・・・・・・50~100g 薄力粉・・・・・・200g ベーキングパウダー・・10g 卵・・・・・・・・・・3個 クリームチーズ・・・・50~150g お正月の栗きんとんも残っていませんか?お菓子を作る時は一緒に入れてみましょう~ リメイク大成功 黒豆クリームチーズ 次は「リメイク大成功 黒豆クリームチーズ」を紹介します。 リメイク大成功 黒豆クリームチーズ 材料 黒豆の残り・・・・・100g 黒豆の煮汁・・・・・50cc クリームチーズ・・・200g クラッカーかリッツ・適量 おつまみにもピッタリ! 黒豆リサイクル簡単ワッフル 次は「黒豆リサイクル簡単ワッフル」を紹介します。 黒豆リサイクル簡単 ワッフル 材料 ホットケーキミックス・・・200g 卵・・・・・・・・・・・・1コ 牛乳・・・・・・・・・・・100 砂糖・・・・・・・・・・・大さじ2 溶かしバター・・・・・・・10g サラダ油・・・・・・・・・適量 黒豆煮・・・・・・・・・・適量 3時のおやつにも簡単でいいですよね おせちリメイク・黒豆ヨーグルト 次は「おせちリメイク・黒豆ヨーグルト」を紹介します。 おせちリメイク・黒豆ヨーグルト 材料 プレーンヨーグルト・・・適量 甘く煮た黒豆・・・・・・適量 1番簡単にリメイクしているレシピです。 出来上がったら圧が下がるまで 自然に放置する事。 熱が収まれば、蓋をあけ弱火で小豆が柔らかくなるまで煮ますが、その時、 砂糖を3回に分けて入れ甘さを調節します。 ちなみに、砂糖を入れた時点で小豆はそれ以上柔らかくなりません。 また3回を分けずに入れると、固い仕上がりになります。 必ず、柔らかくなってから3回に分けて入れてくださね。 そして、 最後の蒸らしもポイントです!しっかり味が馴染むまで待ちましょう。 小豆の人気レシピでは、定番のレシピを紹介しました。 季節ごとに注目されるレシピが多く1位はコレです!と断定できませんでした。 定番の、ぜんざい・おしるこ・おはぎ・水羊羹・ドラ焼き・シフォンケーキ・赤飯などを紹介しました。 また、甘くないあんこの炊き方や、黒豆の炊き方も合わせて紹介させてもらいました。 わかりやすいように、たくさんのレシピを紹介しました。 小豆の炊き方や好みの小豆レシピはありましたか?最後までお付き合いいただき光栄です。 ありがとうございました。 SPONSORED LINK•

次の