スクスタ 限界突破 おすすめ。 【スクスタ】テクニックとは|パラメータの効果を解説

スクスタでのおすすめ編成を教えて欲しいです。

スクスタ 限界突破 おすすめ

・特技でボルテージ増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・高アピでVoを稼ぎやすく2年編成だとさらに強力• ・特技のアピ増加が同作戦で強い• ・パッシブで全員のアピール増加• ・メインでもサブでも役立つ性能• ・特技のVo増加割合が高い• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・クール編成で強力な性能• ・高アピでVoを稼ぎやすい• ・パッシブが同作戦内アピ増加で倍率が高い• ・特技と個性でVoを獲得• ・特技が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・個性の対象も全員アピ増加でどの編成でも役立つ• ・アピールが高め• ・アピ値が高く特技が3年編成で活躍• ・パッシブは全員のアピール増加• ・パッシブでスマイルのアピ増加• ・AC成功時に確率でCRT率アップ• ・1年生&スマイル編成で強力• ・アピールが高くVo稼ぎに役立つ• ・特技のアピール増加が1年編成で強力• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・高アピールで2年編成をすると特技も強い• ・高難易度ピュア曲で役立つ• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・高アピールでSP特技のVoを増やしやすい• ・パッシブの効果がテクニック編成で使える• ・特技でVoを獲得できアピールも高め• ・同属性のアピ増加でクール曲のVo稼ぎで有用• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同学年のアピ増加• ・1年クール編成で活躍• ・個性が同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・特技でもボルテージ増加が可能• ・ライブスキル発動でアピ増加• ・特技とパッシブでアピ増加• ・パッシブが全員なのでサブでも役立つ• ・Voでアピ値が高め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・SP特技に特化した性能• ・パッシブは同属性のテク増加• ・アピが高めでテクが上回るのでCRTでVoを稼げる• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・パッシブの同学年アピ増加が2年編成で有用• ・高テクでクリティカルを狙いやすい• ・パッシブで同属性のテク増加• ・特技のSP上昇が高難度曲で役立つ• ・特技の同作戦アピ増加が強力• ・テクが最も高くアピ値も高いのでCRTでVoを稼げる• ・1年編成で強いVoタイプ• ・特技で全員のアピール増加• ・個性2種で1年のアピール増加• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブの同学年テク増加が3年編成で活躍• ・スマイル曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・Voタイプでメイン作戦に役立つ• ・SP獲得増加が高難易度曲で有用• ・AC成功時に確率でシールド獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・特技と個性でSPゲージを獲得• ・スマイル曲のSP要員として活躍• ・高テクニックでクリティカルを狙える• ・特技で全員、パッシブでスマイルのアピ増加• ・効果解除が一部の楽曲で有用• ・スマイルのサブ編成でも役立つ• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブは同属性のテクニック増加• ・CRTが出やすく個性のSP特技UPを狙いやすい• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは同作戦のテク増加• ・特技で獲得Vo増加• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・テクの方が高くCRTを狙いやすい• ・トップクラスのテクニック持ち• ・パッシブで全員のテクニック増加も可能• ・サブ作戦でもSP特技発動メンバーには編成するのがおすすめ• ・手持ち次第でピュア曲のメイン編成に• ・SPゲージ獲得に優れた性能• ・パッシブで全員のアピール増加• ・特技でVoを獲得可能• ・ピュア編成のVo要員として活躍• ・特技の同作戦アピ増加が強い• ・パッシブで同作戦のテク増加• ・ピュア編成で特技発動率を上げるときに有用• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ピュア編成のSPゲージ獲得要員として有用• ・特技で全員のVo、個性で全員のアピ増加• ・対象が全員なのでサブや切替作戦でも有効• ・メイン作戦は特技と個性強化後におすすめ• ・アピ値がとても高い• ・特技で全員のアピ増加• ・クール編成なら個性でさらにアピ増加• ・アピよりテクのが少し高くCRTで稼ぎやすい• ・パッシブは同属性のアピ増加• ・クール編成で活用• ・特技のSP獲得が序盤でSP特技が必要なACで役立つ• ・テクニックが高くクリティカルを狙いやすい• ・パッシブの同属性アピ増加がサブでも役立つ• ・特技でSP特技Vo、パッシブでアクティブのテク増加• ・作戦切替の編成でSP特技でのVo稼ぎに有用• ・特技でSPゲージ獲得量上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・SP獲得要員+CRTでアピールを稼げる• ・ナチュラル曲や統一編成のメイン作戦に最適• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・バランスが良いステータス• ・ナチュラル曲や編成でおすすめ• ・パッシブでナチュラルのアピ増加• ・特技発動率関連の特技とライブスキル持ち• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・Vo要員がいない時のメイン• ・特技で同作戦のCRT率上昇• ・パッシブで同作戦のアピール増加• ・同作戦が多くメイン向きの性能• ・特技でSP特技Voを増加• ・パッシブで同属性のテク増加• ・SP編成やサブで回復役もこなせる• ・特技でSP獲得&SP特技Voを増加• ・パッシブは自身のテク増加• ・AC成功30%でSPゲージ獲得• ・パッシブが同作戦内のアピ増加で倍率が高い• ・AC時30%で終了までアピ増加• ・個性を強化するとより強力に• ・エレガント曲や編成でおすすめ• ・アピ値が高くメイン作戦で使える• ・特技のSP獲得増加でVoを稼げる• ・特技でSP特技の回転率が早まる• ・アピ値が高いがテクがさらに高いのでCRTを狙える• ・パッシブで同作戦内のテクニックが増加• ・特技でVoを獲得• ・アピ値高めのVoでエレガント曲で役立つ• ・特技で全員のVo、パッシブで全員のアピ増加• ・ステータスは全体的に低い• ・パッシブの対象が全員なのでサブ作戦でおすすめ• ・特技で同作戦の特技発動率アップ• ・特技でSPゲージ獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスが低め• ・高テクニックでクリティカルを狙いやすい• ・楽曲開始時30%でSPゲージを獲得可能• ・特技でSPゲージを獲得• ・ステータスは低め• ・パッシブで同属性のアピ増加• ・揃ってないときのメインVo枠としても使える• ・特技で同属性の特技発動率上昇• ・パッシブで全員のアピ増加• ・サブ編成のアピ増加で役立つ• ・特技でボルテージ獲得• ・パッシブで同作戦のアピ増加• ・アクティブのメイン編成でも使える• ・バランスが良いステータス• ・パッシブが同作戦内でテク増加の倍率は高め• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技で同作戦2人の特技発動率を上昇• ・確率でGd切替時回復を大幅強化• ・切替が必要な高難度曲で有用• ・特技でVoを獲得• ・パッシブは全員のテクニック増加• ・ステータスは低いが切替編成のサブで有用• ・特技でアピ、パッシブでテクを全員増加• ・スタミナが高く特技のシールド効果も得やすい• ・パッシブで自身以外のスタミナ増加• ・Skなのでメイン作戦に使いづらい• ・高スタミナで特技の回復量が多い• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・楽曲開始40%でシールド獲得• ・自身でVoは稼ぎづらい• ・高スタミナで特技はシールド獲得• ・ピュア曲で回復が足りないときに有用• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・スタミナが高く特技で回復しやすい• ・個性でも回復やスタミナ増加が可能• ・特技でシールド獲得、パッシブで同作戦内のテクニック増加• ・回復役がいないときや曲の属性に合わせた編成で有効• ・メイン作戦とSP発動のキャラを分けるときのサブ作戦で活用可能• ・特技でスタミナを回復• ・パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・特技でシールド獲得、パッシブで全員のスタミナ増加• ・回復役として役立つ• ・テクニックが高いのでクリティカルを狙いやすい• ・高スタミナで回復要員として優秀• ・特技で回復、個性でシールド獲得も可能• ・アピールが低くVoを稼ぎづらい• ・特技でシールド獲得• ・パッシブは全員のスタミナ増加• ・メイン向きだがVoは稼ぎづらい• ・特技のシールド獲得が優秀• ・バランスが良いステータスでスタミナ維持とVo稼ぎが可能• ・特技で回復、パッシブで同作戦のスタミナ増加• ・高難度ピュア曲の回復役として役立つ• ・特技でシールド獲得• ・パッシブで同属性のスタミナ増加• ・回復要員がいないときのメインorサブで活用• ・特技でダメージを軽減• ・メインはVoを稼ぎづらいのでサブのスタミナ底上げに• ・特技でシールド獲得• ・Gd編成時に個性の回復が役立つ• ・ナチュラル曲の回復役で有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同作戦のスタミナ増加• ・サブのシールドで要員で活用• ・特技はシールド獲得だがステータスが低め• ・パッシブは同属性のアピール増加• ・エレガント編成で回復役がいないときに有用• ・特技でダメージ軽減• ・パッシブは同属性のスタミナ増加• ・パッシブで全員のテクニックを増加• ・高アピの穂乃果編成なら50%の確率でアピ増加もあり• ・ステータスは全体的に低め• ・パッシブで同属性テク増加なのでピュア編成のサブに• ・アピール値が低くSkなのでメインは非推奨• ・パッシブで同属性のテク増加• ・ステは低いのでピュア編成のテク増加要員で編成• ・パッシブで自身以外のスタミナを増加• ・個性のSP獲得量増加率が高め• ・ステは全体的に低め• ・特技のCRT率アップがテク編成で有用• ・パッシブで全員のテク増加なのでサブに編成• ・アピール値が低くメインで使いづらい• ・エレガントのテクニック重視編成で活用可.

次の

スクメロの限界突破のおすすめな方法まとめ

スクスタ 限界突破 おすすめ

スクメロでメモリーを強化する方法「限界突破 限突・限凸 」についてご紹介します! 限界突破とは、同じメモリーを入手して被ったときに、強化の素材として活用できる機能。 限界突破で強化するとパフォーマンス値が上がる他に、アイテム獲得確率・友好度獲得量のアップなどの効果が得られます。 メリットばかりに思えますが、実はデメリットもあるのです。 今回は、おすすめな限界突破のやり方を解説していきます。 メニュー>メモリー>限界突破の順で進む• 限界突破するメモリーを選ぶ• 限界突破素材のメモリーを選ぶ 以上が、限界突破のやり方の簡単な説明です。 メモリーのレアリティによって「限界突破Lvの上限」が決まっており、NメモリーがLv20まで、RメモリーがLv15まで、SRメモリーがLv10まで、URメモリーがLv8まで強化することができます。 限界突破Lvは、練習や特訓で強化できるレベルとは違います。 「別のレベル」が用意されているという認識でいいでしょう。 特訓で絵柄が変わったURメモリーでも、同じメモリーとしてみなされます。 もちろんですが、限界突破済み・強化済みのメモリーも同様に、限界突破の素材として使えます。 しかし、素材のレベルや限界突破レベルは、強化対象のメモリーに引き継がれません。 「限界突破するメモリー」と「素材にするメモリー」を間違えないようにしましょう。 限界突破は自動的に行われないので、注意して行ってください。 練習・破棄するメモリーを限界突破しない 「限界突破したけどすぐに編成しなくなった」と思い、練習の素材又はメモリーの破棄にしたら損するだけ終わります。 なぜなら、同レアリティの未強化メモリーと同じ経験値又はメロディコインしか獲得できないから。 特技レベルのパーセンテージも上がりません。 限界突破の素材にした枚数分だけ損するので、すぐに編成から外れるメモリーを限界突破するのは辞めておきましょう。 これは「練習」にも言えることです。 効率良く進めるために要らないもの、使わないものは極力強化しないのがコツ。 SRメモリーはともかく、URメモリーを練習素材や破棄に使うことはまずありません。 もし、同じメモリーを手に入れたら、忘れずに限界突破しておきましょう。 言い忘れていましたが、スクメロでは同じメモリーを同時に編成できません。 結局、限界突破するしか活用方法がないのです。 アイテムの獲得確率・友好度の獲得量などが上がる効果があるので、限界突破をしないという選択肢はないと思います。 スクメロの限界突破のまとめ いかがだったでしょうか。 以上が、スクメロの限界突破のおすすめな方法でした。 「使わないメモリーは限界突破しない」「長く使うメモリーは限界突破する」という当たり前のことですが、この2つを守れば効率よくスクメロを攻略できるでしょう。 メモリー強化するときは参考にしてみてください。

次の

【プロスピA】限界突破のやり方とおすすめ|ゲームエイト

スクスタ 限界突破 おすすめ

回復(シールドキャラ)はメインユニットに入れよう! 回復(シールド)キャラの特技は メインキャラとなる 緑作戦に入れないと効果を発揮できないので注意してください。 (作戦を頻繁に切り替えるプレイスタイルの場合は別です) スクスタのおすすめ回復(シールド)キャラ紹介 ここからは、単純に 回復能力だけに焦点を当ててランク分けしているので、参考にしてみてください。 スクスタのおすすめのUR回復(シールド)キャラ解説 ここからは、おすすめの回復(シールド)キャラの解説しています。 UR黒澤ルビィ(夢のスイートポテト) 特技 自身のスタミナの20%シールドを獲得。 またこのキャラはシールドキャラながら 同作戦内のアピール値を上げるスキルをもっているため、メインの作戦に入れることで回復要因とスコアアップ要因どちらにもなることができます。 まさに、 スコアアップに特化したシールドキャラといっていいでしょう。 UR津島善子(堕天使降臨っ!) 特技 自身のスタミナの32%スタミナを回復。 まさに、 回復に特化したキャラといえるでしょう。 ただ、スタミナに余裕がある場合はスコアアップに特化した回復キャラを入れたほうがスコアが伸びるので用途によって使い分けてみてください。 UR渡辺曜(水族館デート) 特技 自身のスタミナの32%スタミナを回復。 スタミナは低いですが、その分アピール値とスタミナ値が高いのでメインユニットに入れることでスコア要因としても活躍できます。 また、ライブスキルで「30%の確率でスタミナが0になっても15%回復してライブを継続できる」スキルを持っているため、スタミナが0になってもやり直せるチャンスがあります。 スクスタのおすすめのSR回復(シールド)キャラ URキャラには劣ってしまいますが、SRの回復キャラでも 限界突破をしていけば十分にメインのユニット(作戦)で活躍できると思います。 SR園田海未(ほたる玉は海未の色) 特技 自身のスタミナの26%スタミナを回復。 (個人的に(笑)) スタミナにステータスが多めに割り振られていて、パッシブスキルでスタミナが増加する分回復量も多くなるので、育てれば上級でもそれなりに安定してクリアできます。 ただ、 URキャラに比べるとアピール値がどうしても低くなってしまうので、限界突破なしだと曲によっては上級Sクリアはかなり難しいと感じました。 (編成にもよりますけど) SR黒澤ダイヤ(あなたという人は!) 特技 自身のスタミナの23%スタミナを回復。 上級の場合AC失敗=ライブ失敗に等しいので。 回復キャラはスタミナにめちゃめちゃ余裕がない限り必須になってくるので、必ず編成にいれましょう。

次の