ライオンのおやつ 小川糸。 今週読んだ本の中から★ライオンのおやつ★小川糸さん★お勧めおやつの時間です

小川糸が語る、認知症の母から受け取ったもの「死には、人生の切り札のような側面がある」|Real Sound|リアルサウンド ブック

ライオンのおやつ 小川糸

テーマは「人生最後に食べたいおやつとは?」。 小川さんの新著『ライオンのおやつ』(ポプラ社)の主題だ。 物語が生まれた背景や込めた思いを、小川さんはゆっくりと、静かに語った。 イベントは『ライオンのおやつ』担当編集者の吉田元子さんとの対話形式で進んだ。 この物語は、33歳の女性・海野雫(うみのしずく)が主人公。 雫はがんで余命を宣告され、瀬戸内の島にあるホスピス「ライオンの家」で最後の日々を過ごす。 そこには、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった。 なぜ、おやつなのか。 小川さんは「おやつの記憶は、喜びや楽しさをまとっている。 自分にも幸せな時間があったなと、人生を肯定的に受け取れるのでないかと思いました」と話した。 作品には、こんな一節がある。 「おやつを前にすると、誰もが皆、子どもに戻る。 きっと私も、おやつの時間は子どもの瞳になっているのだろう」 幼いころ、明治生まれの祖母がよく作ってくれたのが、あられやおまんじゅう。 友だちのお母さんはケーキを作ってくれるのに、華やかさに欠けると不平を言った。 すると初冬のある日、祖母はストーブの上にフライパンを乗せ、おっかなびっくりの手つきでホットケーキを焼いてくれた。 「祖母は生まれて初めてケーキと名の付くものを作った。 あのとき食べた味は、ずっと記憶に残っています」。 だから自身の最後のおやつは、あのときのホットケーキ。 『ライオンのおやつ』は「死」も大きなテーマになっている。 死に向かう雫の体と心の変化が繊細に、丁寧に描かれる。 切なさの中で、日々をいとおしむ姿が輝きを放つ。 自分の心を見つめながら、人生を真剣に歩んでいく若い女性を描くのは、デビュー作『食堂かたつむり』から『つるかめ助産院』『ツバキ文具店』『キラキラ共和国』へと続く作品群と共通している。 死を描こうと思ったきっかけは、母が病で余命を宣告されたことだった。 「死ぬのが怖い」と言う母を見て、死をきちんと見つめてみたいと思った。 「死ぬのが怖くなくなるような話を書きたいな」とも。 その象徴が、物語の中に出てくるおかゆ。 「おかゆみたいに体にも心にも滋養がいきわたって、読む人の心がぽかぽかになれば」と願った。 吉田さんは、幅広い層から感想が届いていることを紹介した。 「90歳を超えた人から『喜んで旅立って行けそう』と。 若い人からは『いつか自分が棺おけに入るときは、お守り代わりにこの本を入れてほしい』というお便りが来ています」 小川さんが「私自身、食べることが喜び。 味や色、匂いが読者の体全体に伝わるように、頭ではなくおなかを使って書いているようなイメージです」と話すと、大きな拍手が起きた。 (西秀治) =朝日新聞2019年11月30日掲載.

次の

全国の書店員さん感動の声<第二弾>

ライオンのおやつ 小川糸

母に癌が見つかり、数年ぶりに電話で話した時、母はわたしに、「死ぬのが怖い」と言った。 それが、この物語を書くきっかけとなった。 わたし自身は、自分が死ぬことに対しての恐怖を感じたことがなかったので、その反応に驚いたのだ。 死には、主観的な死と、客観的な死のふたつがある。 前者は怖くないけれど、もちろんわたしだって、家族や友人の死は、想像するだけで足が震えそうになる。 今回書こうと思ったのは、自分自身が死に向かう、主観的な死の方だ。 もちろん、わたしもまだ死んだことがないから、想像することしかできない。 実際に死んで、死とは何かがわたしの中で明らかになった時、わたしはもうそれを言葉にすることができない。 そのことを、とても残念に思う。 わたしは、自分が死んだ後にどんな世界を見られるのかワクワクしているけれど、多くの人は、母と同じように、死に対して、漠然とした不安を抱いているのだろう。 ならば、死が怖くなくなるような物語を書いてみようと思ったのだ。 母の死には間に合わなかったけれど、母が、わたしの背中を押し、この物語へと導いてくれた。 価値観の全く異なる母とは、子どもの頃から犬猿の仲だった。 多くの時間を、不毛な闘いに費やし、お互いに傷つけ合い、くたびれ果てた。 けれど、それによってわたしの芯は叩き上げられ、わたしは、物語を書くようになった。 現実逃避の手段として書き始めた物語だったけれど、そこにわたしは、希望や光、生きる喜びを見出した。 母に余命が宣告されたことで、わたしの、母に対する立ち位置が変わった。 今まで見ていた方向から反対側に移動して母を見ると、そこには、わたしが全く気づかなかった母の姿があった。 認知症が出始めた母を、わたしは初めて、愛おしいと感じた。 そして、自分が母を本当は好きだったこと、母もわたしを、母なりの愛情を持って接してくれていたことに気づいた。 母が亡くなったことで、わたしはようやく、それまでずっと繋がっていたへその緒が切れたように感じ、そして母が新たに、わたしの胎内に宿ったような気がした。 母が生きている頃より、亡くなってからの方が、ずっと母を身近に感じる。 こんなふうに、死というものは、時に、それまでの関係性をくるっとひっくり返してしまうような、魔法を秘めた人生の切り札になるうると実感した。 この物語を書くにあたって、量子力学に関する本を、たくさん読んだ。 命の誕生、死、宇宙。 難しくてわからないなりに、そこには真実があるような予感がした。 執筆中、母に続いて、父と、そして友人のミユスタシアが、人生を終えて旅だった。 ミユスタシアとも、よく、死んだらどうなるんだろう、という話をして盛り上がっていた。 だからわたしは、この物語を、父と、母と、ミユスタシアに捧げたいと思う。 死がテーマの物語ではあるけれど、重く、悲しいお話にはしたくなかった。 人は、いつか必ず死ぬ。 だからこそ、今この瞬間瞬間を、大切に生きる。 この物語を通して、生きていることの喜びや愛おしさが表現できていたら、とても嬉しい。 ポプラ社の吉田元子さんには、六年ぶりに新しい作品を担当していただいた。 二人三脚の相手が吉田さんだったら、この物語を最後まで書けると思った。 『食堂かたつむり』のデビューから十一年。 その間、ずっと書き続けてこられたのは、ひとえに吉田さんが、時に間近で、時に遠くから、励まし、見守ってくださったから。 そして吉田さんだけでなく、これまでのわたしの担当をしてくださったすべての編集者のおかげで、この物語が書けたのだと思っている。 あれからもう十一年が経ったなんて信じられないけれど、これまでわたしの本を読んでくださったすべての読者の方に、心からの感謝を申し上げます。 温かく見守ってくださり、本当に、本当に、ありがとうございます。 2019年 初秋 小川糸.

次の

『ライオンのおやつ』の気になるあらすじをご紹介!

ライオンのおやつ 小川糸

『ライオンのおやつ』の気になるあらすじは?(ネタバレなし) 早速、小川糸さんの『ライオンのおやつ』の あらすじを、ネタバレなしで見ていきます。 (あらすじは以下から) 主人公の雫は、男手ひとつで育ててくれた父 親のもとを離れ、一人暮らしをしていた。 若くして余命を宣告されてしまった雫は、残 された毎日を瀬戸内の島のホスピスで過ごす ことに決める。 穏やかな景色が広がるこの島で、自分が本当 にしたいことは何だろうと考える雫。 実はホスピスでは毎週日曜日に、入居者が生 きている間にもう一度食べたいおやつをリク エストできる「おやつの時間」がある。 雫はどのおやつにするか悩むが…。 この世に生きる全ての人に訪れる、人生の旅 立ち。 そんないつかくる別れを温かな筆致で描いた 『ライオンのおやつ』。 「あなたが人生の最後に食べたいおやつは何 ですか?」 (あらすじはここまで) 以上、小川糸さんの『ライオンのおやつ』の 気になるあらすじをご紹介しました! ここまであらすじを読んだあなたなら、物語 の続きが気になるのではないでしょうか? 本作の更に詳しい情報は、以下のリンクから 見れますよ。 音楽制作ユニット Fairlifeのメンバー。 1973年、山形県山形市に生まれる。 2008年に『食堂かたつむり』で、作家とし てデビューを果たす。 同作は2010年に映画化され、翌年にはイタリ アのバンカレッラ賞、2013年にフランスのウ ジェニー・ブラジエ賞を受賞する。 『ライオンのおやつ』の感想をたっぷりと!(ネタバレなし) 新しい本を読む時って、 他の方の感想が気に なりますよね? そこで、『ライオンのおやつ』を購入された 方の感想を、Amazonや楽天で調べてみまし た。 なお、感想もネタバレなしでお届けします。 『ライオンのおやつ』というタイトルにも ある通り、本作には美味しそうなおやつや 朝食のおかゆなどが登場します。 私は本作を読んで、小川さんのデビューと も言える『食堂カタツムリ』を思い出しま した。 「食べることは命をいただくということ」 と言う題材で描かれた作品のことですね。 『食堂カタツムリ』同様、本作も概念が先 行して物語が構成されているように感じま した。 本作の内容はと言うと、雫という若い女性 が、日々自分の死と向き合っていきます。 ですが暗い雰囲気はなく、むしろ爽やかに すら感じるんです。 一方で、あまりにも綺麗な物語だなと感じ る箇所もありました。 ただ、他の方々と同じく、私もこの作品に 関しては高い満足度を感じましたね。 と言いますのも、難病を患ってしまったから なんです。 この住宅が私にとって最後の住処だと思って いた中で、『ライオンのおやつ』という小説 に出会いました。 「人生のラストをどう迎えるか?」 できれば考えたくないことですが、いずれは 誰にでも訪れる事実。 本作を読んで私は、主人公の雫のようにあん なホスピスで人生の最期を迎えたいなと思い ました。 現在は、施設の職員にこの小説をお勧めして います。 小川糸さんが紡ぐ温かな文章と優しさに溢れ た物語は、心が浄化されるような感覚になり ます。 今までは「死」に対して怖いイメージがあっ たのですが、本作を読んで考えが一変。 ゆっくりとなだらかに変わっていく様子に、 私は愛を感じました。 様々なことを考えさせられると同時に、小川 糸さんらしい温かな作品ですね。 「人の死は悲しく、そして寂しい。 」 本作は、そんな概念を飛び越えた感覚を私た ちに伝えてくれるのではないでしょうか。 今を生きるしかないんだったら、私は今を精 一杯生きたいです。 ただ、現実ではなかなか難しいかもしれませ んね。 これから最期を迎える人、それを支える家族 の人たち。 双方が穏やかな心で死を受け入れられるとい う希望を抱かせてくれた一冊でした。 ホスポスにて人生の最後を迎えようとしてい る主人公たち。 普段の何気ない毎日に感謝したくなる、そん な小説でした。 「生きるということは、誰かを照らす光にな るということ。 」 己の命を削ることで、また誰かの光になる。 人はそうやって、お互いのことを照らしてい るのでしょうね。 自分は生きているんだということをしっかり と噛み締めたくなる小説でした。 (感想はここまで) 【著作権上の問題により、感想は意味を 変えず書き直しさせて頂いています。 】 【投稿者の方のお名前は、伏せさせていた だきました。 】 いかがでしたか? 今回は、ネタバレなしでご紹介しました。 『ライオンのおやつ』を購入された方の感想 が、あなたの参考になれば幸いです。 見放題作品は 140, 000本、レンタル作品は 20 ,000 本。 (2019 年10 月時点) 映画、ドラマ、アニメといった主要ジャンル の見放題作品数は、他のサービスに比べても ダントツ。 そんな圧倒的な動画数に加えて、電子書籍も 楽しめるのが、「 U-NEXT」最大の魅力。 本来は月額1. ですので、1ヶ月以内に本を読み終えれば、 『ライオンのおやつ』を無料で読むことがで きるというわけですね! また、『食堂かたつむり』や『つるかめ助産 院』をはじめとした小川糸さんの過去の作品 も、「U-NEXT」ならたっぷり読めますよ! 「 U-NEXT」の電子書籍は、実に 42万冊以上 もあり、もはや専門サービス並みのラインナ ップ。 より多くの本を読むほど、月額1. 990円がお得 に感じるのではないでしょうか。 さらに、電子書籍なのでいつでも手軽に読め て、本がかさばることもありません。 スマホやタブレット等で閲覧ができ、登録も 1~2分とお手軽! 月額 1. 990円とは言え、実は毎月 1, 200ポイン トの付与があるんです! ポイント付与分を考えれば、実質 790円のよ うなものですし、家族で利用するなら更にコ スパは良くなります。 ・ 140, 000本以上の見放題作品数 ・動画のダウンロードが可能 ・電子書籍は 42万冊以上 ・ 70誌以上の雑誌が読み放題 ・対応端末が豊富 ・ 4人まで同時視聴できる こういったメリットに加えて、毎月の 1, 200 ポイントを考えると、月額 1, 990円はあまり にもお得な金額だと思いますよ。 最新の配信状況は「U-NEXT」のサイ トにてご確認ください。 おわりに 今回は、『ライオンのおやつ』という小川糸 さんの小説のあらすじや、本の内容について ご紹介しました! 読めば思わずおやつが食べたくなり、温かい 気持ちになれる作品だなと感じましたね。 あらすじを読んだあなたも、是非この機会に 本作を読んでみてはいかがでしょうか? では、最後までこの記事をご覧いただき、 本当にありがとうございました!.

次の