薬物芸能人。 薬物疑惑浮上の大物芸能人7人 女子アナや人気芸人も

逮捕間近の芸能人Xの名前は?【2020最新】薬物疑惑のアイドルとは?|まるっとログ

薬物芸能人

楽天で購入 役者兼イラストレーターRと遅咲きの喜劇役者M [以下引用] 「実際に見た訳ではないけれど、近しい関係者からのリークだとか、のちに実際 に逮捕されたケースも多々ありました。 長年言われ続けているのに、なぜか逮捕されない謎の人というのも存在します。 コカインで捕まったピエール瀧は兼ねてから噂がありましたし、彼とよくつるんでいた 役者兼イラストレーターR や、 遅咲きの喜劇役者Mなどはうまいこと逃げ切りましたけどガチだと思って ます。 田代さんは反社会勢力といまだに繋がっているので、僕なんかは小心者 ですから彼を番組で起用するなんて怖いことしませんけど、その点NHKはチ ャレンジャーですよね。 その天然っぷりには感心してしまいましたよ(笑)」。 [] 引用元にあるその他条件も含めてまとめると、 ・RとMはピエール瀧さんとよくつるんでいた ・ふたりとも薬物関係で度々名前が上がる。 いわゆる薬物地雷系 ・Rはピエール瀧さんの逮捕後、連日マスコミに追われたストレスで2週間で5キロ痩せた ・Rは多才、役者としてのセンスもある ・共演女優を次々と食ってる ・ほどよいブサイクとサブカル臭がモテる秘訣か とのこと。 ピエール瀧さんの後によく名前が出て女性セブンが実際直撃したのはリリー・フランキーさんです。 R…リリー・フランキーさんでしょうね。 そしてMはムロツヨシさん。 この二人の名前が出ると、もうひとり、あのアイドルYさんは?と思ったら続いて出てきていました。 大手事務所所属のアイドルY [スポンサーリンク] [以下引用] 「いますよ。 若手、と言っても三十路は超えてますが、大手事務所 に所属するアイドルのY。 最近、海外エージェントと契約したとかで、日本で 仕事のない時は、アメリカの西海岸に住んでます。 あちらに家を持っているこ とは、あまり知られていないのではないでしょうか。 彼は覚醒剤ではなくコカ イン派で、若い頃はヤンチャで六本木界隈で夜な夜な遊び狂ってましたけど、 今は大人になって警戒心が強まったのか悪いことは日本ではせず、アメリカで やっていると自慢しているとか。 実は彼に悪いクスリを覚えさせたのは、大手 出版社の編集者であるともっぱらの噂です。 芸能界って薬物騒動が多いですけ ど、反社の人間と出会うきっかけってあまりないじゃないですか。 意外とです ね、雑誌編集者にはキナ臭い人間が多い。 特にグラビア系雑誌やアイドル誌で すね」。 [芸能TABLO] アイドルY、海外エージェントと契約…っていうと山下智久さんですよね。 今西海岸に家があるとは。 そして悪いことはアメリカでやってると自慢しているとは。 山下さんは海外での仕事が多忙になっており、そんなに遊んでるヒマがあるのかとちょっとにわかには信じられません。 が、このリリー・フランキーさん、ムロツヨシさん、山下智久さん、そしてピエール瀧さんというと思い出されるのがこのツイート。 ピエール瀧さんが逮捕されたのは今年3月12日なので、これはそれ以前に単なる目撃情報としてツイートされたものです。 その後ピエール瀧さんが逮捕され、リリー・フランキーさんにも以前から疑惑があったとしつこく報じられたために、たまたま一緒にいたムロツヨシさんと山下智久さんにも飛び火したのかなあと思いますが… 薬物での逮捕は交友関係にも迷惑をかけるよい例ですね。

次の

【次に逮捕される芸能人は?】夫婦女優俳優モデル芸人38人薬物リスト!

薬物芸能人

2019年は、著名人の薬物事件が相次いだ年でもあった。 3月にはミュージシャンで俳優のピエール瀧(52)、5月に元「KAT-TUN」の田口淳之介(34)、11月には元タレントの田代まさし(63)、元オリンピック選手でプロスノーボーダーの國母和宏(31)が違法薬物関連の容疑で逮捕されている。 干されるリスクをおかしてでも…… そして11月16日には女優の沢尻エリカ(33)が合成麻薬「MDMA」を所持していたとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された。 沢尻は逮捕後、警視庁組織犯罪対策5課の調べに対し、「10年以上前からMDMAやLSD、大麻、コカインを使用していた」との趣旨の供述をし、元交際相手のファッションデザイナーの男も逮捕。 沢尻は尿検査では陰性であったものの、勾留期限の12月6日に麻薬取締法違反で起訴された。 芸能界やスポーツ界における薬物汚染は、今に始まったことではない。 2009年には元アイドルの酒井法子(当時38)、2014年には元CHAGE and ASKAのASKA(当時56)、2016年には元野球選手の清原和博(当時48)、元俳優の高知東生(当時51)がそれぞれ薬物関連の事件で大きな話題となった。 とりわけ著名人の場合、薬物関連の不祥事が明るみに出ると、出演するテレビ番組やCMからの降板も余儀なくされる。 場合によっては業界から事実上の追放をされることもあり、そのダメージは計り知れない。 それでもなぜ彼らは薬物に手を出してしまうのか? 「センセーション」と「インスピレーション」を求めて 長年、薬物依存の患者を診察してきた昭和大学医学部精神医学講座主任教授の岩波明氏は、「芸能人や音楽家には薬物乱用者が多い傾向がある」と指摘する。

次の

沢尻エリカだけじゃない! 大麻、覚醒剤、MDMA……芸能人はなぜ薬物に走るのか?

薬物芸能人

紅白出場経験のある女性歌手Aにも薬物使用疑惑が浮上しているという。 加えて、違法薬物の取り締まりを行う組織マトリ(厚生労働省地方厚生局麻薬取締部)や組対5課(警視庁組織犯罪対策5課)はさらなる大物をマークしているとの情報もある。 その中でも捜査当局が注目しているのが、「NHK紅白歌合戦」に出場経験のある歌手「A」だ。 Aは過去に薬物使用の噂がたったことはなく、女性を中心に幅広い支持を集める人気歌手。 切々とした歌い方でヒット曲も多く、代表曲はカラオケランキングで上位に入っている。 捜査関係者はこう語る。 「槇原の逮捕を受けて、複数の芸能人が芋づる式に逮捕される可能性が出てきています。 組対5課の捜査関係者の間で具体的に名前が挙がっているのは、大御所バラエティータレントのB、大物男性歌手のC、オネエタレントのD。 しかも薬物を仕入れているのはBで、Cは自宅を薬物パーティーの会場として提供することもあるそうです」(捜査関係者) マトリが追うのは、人気ハーフタレントのEだ。 「六本木を中心に、幅広く飲食店を展開する男性経営者をマークしている。 彼は飲み会と称してドラッグパーティーを開催しているようで、そこに頻繁に出入りしているのがE。 テンションが一瞬でぶち上がるコカインを好み、トイレで使用するからか、テレビ番組の収録前は、トイレが長いことでも有名です」 逮捕間近といわれているのは芸能人だけではない。 有名大学のミスコン出身者で、フリーアナウンサーに転身し、現在もレギュラー番組を持つ人気女子アナウンサーのFもその1人だ。 「その人物が薬物の売人だったため、組対5課は携帯電話の履歴や無料通信アプリなどを解析。 Fがその売人と頻繁にやり取りしていたことが判明したそうです。 その後も徹底的にマークを続けていて、タイミングを見計らって逮捕に踏み切るはず」(前出・捜査関係者) テレビ関係者の間でも、Fは生放送の前日に、夜遅くまで繁華街で遊んでいると有名なのだとか。 ただ、所持(保管)するのを徹底的に嫌うんです。 必要なときに、吸いきれる分だけを届けてもらうスタイル。 何度も届けにいったけど、玄関先に受け取りにくるのはいつもGだった。 大麻を自宅に隠しているわけじゃないから、逮捕はされないとタカをくくっている感じだった」 逮捕されるケースは氷山の一角。

次の