スラムダンク 打ち切り。 スラムダンクは何故、あんな終わり方なんでしょうか?

スラムダンクの最後のセリフがジャンプとコミックでは違う?第一部完の意味についても

スラムダンク 打ち切り

またもや韓国発の模倣騒動が起きてしまった。 今度は漫画。 それも日本はもちろん、韓国でも絶大な人気を誇る『スラムダンク』が対象だ。 韓国の漫画家キム・ソンモのウェブトゥーン漫画『高校生記録』に、『スラムダンク』と酷似している場面が多数存在していることが発覚したのだ。 それも「ちょっと似ている」どころではなく、トレース 書き写し したのではないかと疑いたくなるほどの明らかな模倣で、韓国でもちょっとした話題になった。 参考記事: 韓国でも根強い人気を誇る『スラムダンク』 というのも、『スラムダンク』は韓国でも絶大な人気を誇っている作品だ。 韓国では1997年に男子プロバスケットボールリーグのKBLがスタートしているが、その背景には『スラムダンク』の影響もあったと言われている。 (参考記事:) そんなロングラン・ヒットを続けている『スラムダンク』が模倣されただけに、韓国の『スラムダンク』ファンたちも黙ってはいない。 そもそも『高校生記録』と『スラムダンク』が酷使していることが明らかになったのも、複数のオンラインコミュニティで指摘されたことがキッカケだったほどだ。 呆れた弁明。 なぜ模倣・パクリ騒動が続くのか こうしたファンたちの指摘と反発を受けて、『高校生記録』の作者であるキム・ソンモ氏は自身のフェイスブックで「漫画家になる前に作家のデッサンマンになりたくて『スラムダンク』を30冊ほど書き写していた。 しかも、「画風が似ていることは、脳より手が先に動くことなので理解してほしい」とした。 のひとつで『ワンピース』を模倣した『ワピース』の制作者も、かつて「絵を少しでも知っている方が見れば、盗作でないことはわかる」と開き直ったことがあったが、キム・ソンモ氏の弁明はかなり無理があったと言わざるを得ないだろう。 それにしてもなぜ、韓国で日本コンテンツの模倣・パクリ疑惑があとを絶たないのだろうか。 日本で大ヒットしたドラマ『逃げ恥』とキャラクター設定がそっくりなドラマも放映されている。 (参考記事:) ついに先日も、日本の『マジンガーZ』と韓国の『ロボット テコンV』を巡ってちょっとした騒動が起きている。 両作品が酷似しすぎていることは韓国でも有名で、かなり以前から論争の種になってきたが、7月31日に韓国の裁判所が「テコンVはマジンガーZの模倣物ではない」という判決を下したことで、日韓でふたたびこの問題が再燃している。 韓国の30代後半から40代の中年男性たちの中には、今でも『テコンV』やが日本ではなく韓国生まれのオリジナル・コンテンツだと認識している者も多い。 彼らの多くが1998年の「日本大衆文化開放」以前に少年時代を過ごした世代だけに致し方ないところもあるが、現在はインターネット全盛の時代である。 インターネットの普及によって他国のコンテンツにも容易に接することができ、読者や視聴者たちの目も多様化して情報も速いご時世に、模倣やパクリが発覚すれば騒動どころか大炎上することは火を見るよりも明らかなことだけに、『高校生記録』の作者キム・ソンモの漫画家としてのモラルを疑わざるを得ない。 ウェブトゥーンは連載打ち切り決定 ただ、それでも唯一の救いとなったのは、事態発覚後に『高校生記録』を配信していたネイバーウェブトゥーン社が連載打ち切りを決めたことだろう。 「他作品と類似した点が多数発見され、これを未然に防止できなかった点について責任を痛感している」というのがネイバーウェブトゥーン社の見解だ。 「Web」と「Cartoon(漫画)」を組み合わせた造語であるウェブトゥーンは、今や韓国では動画配信サービスを凌ぐほどの人気コンテンツになっている。 市場規模は毎年のように膨れ上がり、2020年には1兆ウォン(約1000億円)に達すると予測されているし、ウェブトーンを原作にしたドラマや映画も増えている状況だ。 そんなウェブトゥーンの世界で模倣やパクリが横行すれば、右肩上がりの成長を鈍化させるだけではなく、そのイメージにも大きな傷がつく。 いずれにしても、模倣やパクリはクリエイターとしてあるまじき行為だ。 作品へのリスペクトを欠いているどころか作品への冒涜でもあるだろう。 これを機に韓国発の模倣騒動がなくなることを願うばかりだ。

次の

『スラムダンク』漫画の最終回ネタバレひどい「リハビリ後が気になるわ」

スラムダンク 打ち切り

スラムダンクファンには有名な「あれから10日後のストーリー」。 これは2004年12月、井上先生が1億冊突破記念として、神奈川の廃校になった高校の黒板を借りて描いたもの。 桜木はリハビリ中のため学校を欠席 ・天才桜木はすでに「リハビリ王」としてリハビリ界の頂点に立っている ・赤木が引退したため枠がひとつ空く。 一体誰がスタメンに? ・ミッチーはバスケで大学推薦を目指す。 不良時代の勉強不足に再び後悔。 ・彩子と安西先生、よそよそしいな ・流川はアメリカ留学を目指しイヤホンで英語を習得中 ・引退したゴリはバスケがしたくて勉強が手につかない ・メガネ君はゴリを裏切りあっさりバスケ部を見学に ・りょーちんは授業をさぼり鬼キャプテンの勉強中 冬の選抜に選ばれるのは1チームだけ! 何かを変えなければと話していた翔陽がとった行動 ・花形はメガネをチェンジ ・長谷川はツンツン頭から坊主に ・エース藤真はヒゲをはやし後輩に泣かれる 陵南は新キャプテンをめぐる戦い ・魚住は板前になったが後輩が心配で毎日顔を出す ・新キャプテン仙道は練習をさぼり釣りをしている ・彦一は仙道のコート上とのギャップを嘆き要チェック IH2位の海南の強さを取材する要チェック彦一の姉 ・サーフィンしている牧に遭遇 ・とりあえず黒さの秘密はつかむ ・犬と互角に走る清田の秘密をつかむ ・黙々と走りこむ神に真の海南の強さを感じる 田岡・高頭の監督争い ・国体のメンバーを妄想する ・湘北、海南、陵南の最強メンバーで布陣を組み妄想する ・どっちが監督になるかで妄想する ・バチバチする ・永遠に続く 湘北に負けた王者・山王工業 ・深津ぴょんが落ち込んでいる ・ポールたちが励ます ・ただ「ぴょん」に飽きただけぴょん ・「ぴにょん」にするぴょん ・バスケに関しては誰よりも尊敬しているからな深津 ・初めての「負け」を受け止める丸ゴリ ・沢北は冬の選抜にはいない ・弟、みきおを3ヶ月で育てると決意 ・第二の花道になれるか期待 ・沢北はアメリカへ ・飛行機で英語を勉強 ・間違えてワインを注文し酔っぱらう 桜木軍団も花道を見て何かを感じる ・花道の試合がないのでヒマしている ・高宮の一言「おめーらもよ...」 ・「自分の何かみつかるといいよな」 ・「おめーもな」 ・「おめーがだ」 リハビリ中の桜木の名言にてラスト ・少年に「湘北の10番だ」と声をかけられる ・担当医に「日本人で初のNBAプレーヤーがうまれた」と聞かされる ・ほとんどの人が日本人には無理だと思っていた ・無理だと言うのはいつだってチャレンジしてない奴 ・「次は俺だ」 ・「天才ですから」 END かっこよすぎです、井上先生。 ちょっと気になった描写シーンを回収 日本人初のNBAプレーヤーとは? 最初、この動画、スラムダンクの登場人物の中の誰かがNBAプレーヤーになった、という流れかと思っていましたが、実際に存在する選手、 田臥勇太(たぶせゆうた)選手のことのようです。 田臥選手は2004年9月にサンズと契約して日本人初のNBAプレーヤーになっている。 あれから10日後は2004年の12月に描かれたものなので、井上先生が田臥選手に敬意を表して登場させたと思われる。 あれほどの作品を書ける井上先生だから、実際に日本のバスケット選手のレベルも上がり、連載当時は不可能と言われていたことが現実になったことが、本当にうれしかったんだろうなと感じます。 花道の「次はおれだ」という負けず嫌いな性格、どんどん開花してゆく才能、スラムダンクのさらにその後には有言実行している花道がいるかもしれない。 と想像するだけでわくわくします。 スラムダンクのあれから10日後のムリだっていうのはいつだってチャレンジしてない奴よねって言葉大好きなんだけどあれアイバーソンが言った言葉なんだよね。 アイバーソンって発言がめちゃくちゃ強気で前しか見てねえ!って感じでかっこいい。 NBAのスーパースターの発言大体俺様でかっこいい。 目の前で本物の花道や流川がプレイしているかのような錯覚を覚える素晴らしい動画。 ありがとう。 この一言に尽きる。 スラムダンクのCM『資生堂 アレフ』を見ると心が震える件 thisismedia — Thisisgallery thisisgallery CMの中でスラムダンクのその後が描かれた細かな描写が話題! CMの動画の中にスラムダンクのその後を思わせる描写が登場し、ファンの間では話題となった。 ・宮城が4番なのでキャプテンになった続編の物語? ・桜木の赤い坊主頭が伸びている ・流川のバッシュがジョーダン5からジョーダン12に など井上先生のこの細かな演出がファンの心を熱くさせる。 花道も流川もリョーちんも、何だかレベルアップしているような... これからもスラムダンクの続編、少しずづでもいいので見せてほしいと願います。 スラムダンクのその後 気になるストーリー 他にもスラムダンクのその後で気になる展開はたくさん。 ・赤木の抜けた冬の選抜、1枠空いたスタメンを勝ち取るのは誰だ? ・その後、流川と桜木はどれほどの実力に? ・名朋工業・森重寛 VS 桜木花道の対決は? ・花道を超える期待の新入生は現れるのか? ・湘北は翌年、IHを制すのか? スラムダンクのその後のストーリー。 まだまだ知りたいことはたくさんありますが、これも読者の想像に任せる、といった終わり方も、色々な想像を掻き立てられて、それがまた楽しいんですよね。 今でも読者の心の中に、奴らはいるんです。 最近のコメント• に より• に pote より• に ごましお より• に より• に より アーカイブ• カテゴリー• 2 メタ情報•

次の

【最終回】スラムダンクの結末 & 終わり方は、最善だったのか?【ファンが考察】

スラムダンク 打ち切り

この記事の目次• スラムダンクは中途半端に連載が終了している スラムダンクを読んだ人は、中途半端に連載が終了していることに驚く人は多いと思います。 主人公の桜木花道は通う湘北はインターハイ2回戦で山王工業に勝利しましたが、その後のシーンは描かれることなく連載が終了しています。 インターハイ3連覇中の山王工業を湘北が破り、これから全国大会を勝ち上がっていく・・・・と思いきや、まさかの展開に驚いた人も多いでしょう。 山王工業に勝ち湘北は3回戦に進出をしていますが、作中では「愛和学院にウソのようにボロ負けした」と1文があり、春子の手紙を通してのエピローグが描かれています。 物語途中で登場した全国のライバル校(名朋工業高校、愛和学院高校、大栄学園高校)は大きく深掘りされたものの、結局対戦することなく、終わっています。 連載が不人気で読者が少ないのであれば違和感はなかったでしょう。 しかし、当時はスラムダンクは人気絶頂期であり、最終回となる1996年27号では表紙と巻頭カラーの両方を飾っています。 最終回での単独の表紙は長いジャンプの歴史の中でも「こちら葛飾区亀有公園前派出所」と「スラムダンク」だけ。 普通、連載が終了する=売り上げ部数が落ちている、というのが普通であり、よほどのヒット作品でない限り大々的なPRはなされません。 では、なぜ人気絶頂の中で連載が終わってしまったのか。 一般的な「打ち切り」とは大きく意味は違いますが、連載が中途半端に終わっているという点では打ち切りと思う人も少なくありません。 以下、その真相について深掘りしていきます。 スラムダンクが打ち切りの理由は? スラムダンクが連載終了をした理由について、作者の井上雄彦先生が下記のように語っています。 確かに作品にとってみれば、下火となって読者が少なくなって打ち切りされるより、人気絶頂のまま終えたほうが連載後もいろんな人から読んでもらえます。 その証拠に、スラムダンクは2001年に完全版全24巻、2018年に新装再編版全20巻をそれぞれ発売しています。 これらは漫画の内容はそのままに表紙などの表面が変わっています。 また、井上先生の対談形式のインタビュー本「漫画がはじまる」(2008年発売)でも、スラムダンの連載終了の真相について触れられています。 (中略)やっぱりどんどんだめになっていってというのが絶対嫌だったんです。 」 伊藤「あるでしょう?だって、すごい人気だったから。 どうやって通しました?その抵抗を。 今言ったような「こういうふうに終わるべきだ」などと言う前に僕らは人気が出なければ自分の意志とは関係なく切られます。 そういう理屈で戦ってる以上人気が出たんであれば終わりも自分で決められるというのは当然言えるはずだと思っていたんで。 」 井上「そうですよね。 僕も漫画の読者だったから、読んできた中で思うのは、緩慢な死ーだんだん、だんだん死んでいくーという漫画がほとんどなんですね」 伊藤「ほとんどですよね。 作品なんだから、作家もちゃんと責任持って終わらせないとだめなのに。 漫画ってそこがだめ。 こんな風に鮮やかにパンと終わる作品は滅多にないですよ」 井上「ある程度、支持を得られた作品であれば終わり方もちゃんとしなければならない、という考えがありました。 長く続いてるうちに、いつの間にか雑誌の一番後ろに載るようになって、それでいつの間にか終わっていた、というパターンが多いと思います。 でも、すごくおもしろかった漫画ならば、終わる時には巻頭カラーであるべきだろうという思いがありました。 やっぱり、どんどんダメになっていってというのが、絶対嫌だったんです。 もう何も出ません。 で終わりたくなかったというか」 スラムダンクの連載が終わったのは、井上先生から編集部に終わりの意向を伝えています。 "やっぱりどんどんだめになっていってというのが絶対嫌だったんです。 「もう何も出ません」で終わりたくなかったというか」" と記載されており、作品の終わり方も非常に気を使っていたようです。 当然ですが、編集部は大ヒット漫画をそんな簡単に終わりにしたくはないはずで、かなり抵抗したようですね。 最終的には井上先生の意向が通り、山王工業戦を最後に連載を終えています。 きちんとしたエビデンスはまだ見つけられていませんが、当初は山王工業戦で湘北が負けて連載が終了する予定だったという話もチラホラでています。 ただ、井上先生の連載終了の意思が強いと感じた編集部がなんとか湘北勝利の展開で書くよう依頼し、今の形になったそうです。 漫画が終了したことで連作より少し遅れて放送されていたアニメも全国大会編を迎えることなく、1996年3月23日で終了しています。 アニメついては確かにスピード感が一層ました全国大会編では描ききれない可能性もあり、あのまま終了して良かったと思います。 山王戦については終盤でほ緊迫感がありセリフがないシーンが続いており、アニメで再現するのは難しいでしょう。 続編については2009年4月に「スラムダンク-あれから10日後」完全版が発売されていますが、内容については10日後の各登場人物の近況をハイライトで描くことに留まっています。

次の