未来 の アグリ。 スマート農業はここまで進化した! 今後の課題と未来とは……?

【市場拡大】スマート農業(アグリテック)の未来【投資で貢献】

未来 の アグリ

2019年5月に株式会社のエグゼクティブアドバイザーに就任した奥原正明氏と、株式会社オプティムの菅谷俊二社長との対談企画。 最終回となる第5回は、生産者と消費者にとっての「農薬」への意識とその違いについて、そしてこれから日本の農業が向かう道についてうかがった。 「農薬」をどう考えるか 編集部:私どもが「SMART AGRI」を運営していく中で、大きな反響を感じているのが、農薬に関する話題です。 いまの取り組みや、環境や人体に対する影響、農薬の使用に関する不安が、生産者さんに対して強い声で示されるようになってきています。 農薬散布のの画像を見て「農薬を撒くなんてナンセンス」という書き込みをする方がいることで、本来減農薬に役立てているはずの農業用ドローンの存在が、逆に「農薬が当たり前に使われているという事実」を表面化させてしまったように思います。 奥原:ドローンとによる画像解析を使っているからこそ、害虫が発生している場所にだけ少量を撒くことができているんですけどね……。 菅谷:消費者が農薬利用の実態について正しく理解することも重要なことだと思います。 食べ物は、普段口にするものですので、理解した上で口にすべきです。 また、正しく理解することで、生産者が丹精込めて、手間暇をかけて、減農薬や無農薬の農作物を作ることの価値を感じることもできます。 オプティムでは、の力を活用して、消費者に安心・安全な農作物を届けるにはどうすればよいか、また、生産者の手間を省けないか、と考え続けてきました。 そこから生まれたのが、です。 これは、AIが画像から病害虫の箇所を検知し、ドローンで検知箇所にだけ少量の農薬をピンポイントで散布することにより、全面散布に比べて、最大で99. 編集部:テクノロジーにより農薬の使用量を大幅に抑えることができるのは素晴らしいですね。 一方で、農薬に関する反響があるということは、農薬利用の実態を生産者や農業関係者は理解しているが、消費者は正確には知らなかったということなのかなと……。 実際、奥原さんが事務次官をやられていた時に、そういった意見をもらったことはありましたか? 奥原:ありました。 私自身もできるだけ農薬は使わない方がいいと思っていますが、農薬なしで必要量の農産物を安定供給できるかというと、それは簡単ではありません。 食品は、量の安定供給と安全性という二つの面で消費者のニーズに応えなければなりません。 だからこそ、私は、安定供給を確保しながら農薬の使用量を最小限にしようというオプティムの取り組みに賛同しているわけです。 ここはもっともっと丁寧な説明が必要ですね。 実際問題として、農産物の数量もある程度作らなければ、消費者への安定供給ができません。 一方で、できるだけ安全な農産物を供給してほしいというのも、消費者の求めることです。 そのために、生産者がなどを活用して農薬の使用量の削減に努力しているということを、消費者にもっとわかってもらいたいですね。 編集部:消費者というのは基本的にはワガママですからね。 農薬をゼロにして、おいしい農産物を、大量に作ってもらって、季節を問わずにいつでも安く購入したい、というふうに考えてしまうんでしょうね。 奥原:例えば、天候不順が長く続いてこの野菜が供給されないとか、よくテレビでも放送されるじゃないですか。 いろいろな工夫をしても、農業が自然環境に左右されるのは仕方ないことです。 むしろ、そういうものが農産物なんだと思ってもらわないといけない。 この野菜が取れなければ別の野菜パンを食べればいいと柔軟に考えてもらって、農業はこういうときは仕方ないと理解することも大事なことですね。 消費者がこの点を理解していないと、販売業者側は足りなくなったら困るから輸入する、輸入するからもう国内の生産者からは購入しなくていい、という話になってしまう。 これが一番よくないですよね。 農産物というものが環境に左右されるものだと理解していただいて。 そのような世界に消費者も協力することが、本来のSDGsの世界ですから。 編集部:SDGsが広まることで、だんだんと理解も進んでいきそうですね。 輸出を念頭に置くなら、より安全性の高い農作物が前提となる 編集部:その話の延長線上にあるのが、や農薬不使用の農産物というマーケットです。 オプティムとしても不検出の「」を販売しており、年々販売数もアップしていますが、そういった有機農産物の価値も高まり、ニーズも増えているということも実感しています。 奥原:その話の延長線上にあるのが、有機野菜や減農薬の農産物というマーケットです。 オプティムとしても残留農薬不検出の「スマート米」を販売しており、年々販売数もアップしていますが、そういった、より安全性の高い農作物の価値も高まり、ニーズも増えているということも実感しています。 特に、有機栽培・減農薬栽培にしないと欧米の国にはなかなか輸出できない状況になってきています。 ヨーロッパはSDGsの発想が日本よりはるかに強いですから、日本も野菜の普及・拡大についてもっと真面目に考えないといけません。 菅谷:彼らが求めていることはまったく間違ってはいないんです。 奥原:危険かどうかで言えば、例えば水だって危険ですよね。 大量に飲んだら死んでしまうわけですから。 あらゆる食べられるものに量の限界があって、そこをちゃんと科学的に判断してやっていく。 自然由来だったら安全ということでもないですから。 農薬の使用量の話や残留農薬の話も含めて、データを前提に科学的にきちんと検証していくということをもっと定着させなければいけません。 原発事故のあとも、放射線物質の基準値を決めて、分析値がそれ以下であれば流通させるという判断をしました。 それは欧米もチェルノブイリの後、みんなそうやってきているわけです。 この数字なら大丈夫ですよ、という指標を過去のデータなどから科学的に決めて、その数次以下のものは流通させないと、食べるものがなくなってしまいます。 「全部安全」もおかしいし、「全部危険」もおかしい。 これは科学的に分析するしかない世界です。 編集部:そういう意味で、農水省が許可を出している農薬というのは、定められた使用量を守っていれば人体にリスクはないと考えていいのでしょうか? 奥原:そうなんですが、農薬の取り締まりの法律制度そのものが、欧米と違っている点もあったので、2018年の法律改正ではそこを修正しました。 科学的な知見というのは何年か経てば当然進みます。 その時に、新しい考え方でもう一回点検しないといけないんです。 以前は「この農薬は使用可能」と言っていたものが、現在の知見から言うと「これは危険だからやめさせる、あるいは使用量を減らさせる」ということが必要になることがあります。 これまでは一度許可されたものを期限が来たら自動的に更新していて、何年も使えるようになっていたんです。 これを、一定の登録期限が切れたらもう一度判断し直すという欧米型に変えました。 編集部:日本も少しずつ、環境や人体への影響に関して配慮が進んできているんですね。 日本の農業の未来 編集部:そろそろまとめていきたいと思います。 「未来のスマート農業」について、今後スマート農業がさらに普及していくと、日本の農業はどうなっていくでしょうか? 奥原:スマート農業の完成までには、まだやるべきことはいっぱいあるような気がします。 農業機械、あるいは肥料・農薬といったすべての要素を、を活用して最大限効率的に活用する。 そのための方法、実践できる体系をきちんと作ってやっていく。 そこまでいかないと、スマート農業は終わりません。 コスト面でいっても、生産者から見て、これなら十分ペイするという値段で供給してもらわないと、生産者はついてこない。 先ほどもあったように、規格が統一されていないからハードウェアのメーカーが異なるとどうしようもない、というのでは困ります。 生産者から見て一番使いやすくて最大限効率化された仕組みになるまで追求していくということですね。 先日の「OPTiM INNOVATION」で、「スマート農業プロフェッショナルサービス」というものを発表させていただきました。 生産者個々が今から機械を買って試して、どの機械がいい、どのセンサーがいい、どのドローンがどれだけ効果があるからここのメーカーにしよう、と選ぶのは大変です。 オプティムが、そうしたスマート農業に関わる、あらゆるハードウェア、ソフトウェア、RTK-GPSといったセンサー、環境構築も含めて、ワンストップでお受けできるサービスが「スマート農業プロフェッショナルサービス」のイメージです。 我々がこれまで「」で扱ってきた作物に関しては、どういう組み合わせがオススメできるかもご提案できます。 その生産者が望むのならば、全てのメーカーのものをお取り寄せして提供できるものを始めていきます。 そういったところから、生産者の方があまりわずらわしいことを考えずに、適正な価格でスマート農業に関する機器が手に入るようにすることを、まず会社として始めていきます。 その中で、先ほど奥原さんにご指導いただいたようなシェアリングサービスというものも強化して参ります。 編集部:最後に、この先10年くらいの未来の日本の農業はどうなっているか、予想をお聞かせください。 奥原:能力のある経営者が思う存分経営して、農業がどんどん成長して輸出産業になり、地域産業も引っ張っていく。 そういう存在になっているといいですね。 菅谷:で働く従業員の方々には季節に応じた大型の休暇があり、台風リスクとかも考えず、育てている作物によってはロングバケーションも取れてハワイにもヨーロッパにも行ける……本当にそういう世界なんじゃないですかね。 そうなればみんな働きたくなるでしょう。 従業員を惹き付けるため、魅力ある職場環境をつくるために、経営者はITの技術も活用する。 そのために合理化を進める。 それは巡り巡って生産者にも届きます。 先ほどもお話ししながら思ったのですが、現在は町医者が町の小さなクリニックで手術をしているようなものなんですよね。 監査も入ってもきちんとしている大病院、つまり農業生産法人が大きくなってくれた方が、多分消費者も安心できると思います。 農薬も使わず、生産者間も統率が取れてくれば、やっぱり安心じゃないですか。 そういう世界になっていくんじゃないかと思います。 編集部:長時間ありがとうございました。 また10年後にぜひ、本日の予想の答え合わせをさせていただければと思います。 (終).

次の

【楽天市場】農業資材 > 用途で選ぶ > 電気柵資材 > 北原電牧:アグリズ楽天市場店

未来 の アグリ

Social Problem あなたの周りで起きている問題• Your Problems あなたのお悩み• Healthy Food 健康的な食生活• Hot Topics 人気の話題• Organic Recipe 今日食べたいオーガニックレシピ• Organic Shop オーガニック・ベジタリアン店• 海外ではすでに注目!?世界中の若手起業家たちが「アグリテック」で食・環境・社会の様々な課題の解決を目指す 「テック」は「テクノロジー(技術)」のこと。 となると、 「フィンテック」は、「Financial(金融)」。 「アグリテック」は「Agriculture(農業)」のことを指しています。 彼らの原動力となっているのは、なんといっても 「食卓に明るい未来を!」ということではないでしょうか。 それは、食にまつわる問題が今、様々なカタチで私たちの前に現れ、 未来の食卓に大きな影を落としているからなのです。 このままでは地球は「死の惑星」になってしまう!? みなさんは、毎日ごはん、食べますよね? 目の前の食事を見て、食にまつわる問題がどのくらい思いつきますか? 地球温暖化・異常気象・食糧難・フードデザート・環境汚染・生態系崩壊・食糧廃棄・プラスチックごみ問題… 思いつくキーワードを挙げていっても、とても多くありますよね。 そして、それらはすべて単体で存在する問題ではなく、互いにつながりあっています。 そう、 「食」を介して。 もっとおいしくて、もっと栄養価が高くて、もっと長持ちするものを、もっとたくさんほしい… そんな人間の欲求を満たすために築き上げられたフードシステムは、もう限界が来ています。 このままこのシステムを続けていては、人間だけでなく、地球そのものが、生きていけなくなってしまう! そんな危機感が起業家たちを動かせ、企業や投資家が未来に希望を託すためにアグリテックを支持するのでしょう。 農業と食卓に明るい未来を!フードシステムを変えつつあるスタートアップ5選 ここからは、様々なアプローチで、食にまつわる問題を解決しようとしているスタートアップのなかでも、 「これからもっと広がるといいなぁ」 「これは日本でオーガニック農業が広がる助けになるはず!」 と思うコンセプトやアイディアを持った企業をご紹介していきますね。 日本到来も間近!都市型農業でオーガニックなローカル野菜を生み出すPlenty Plentyは、アグリテック系スタートアップの中でも特に注目度の高い企業です。 こちらには、ソフトバンクも出資しており、 Vertical Farming(日本だと「植物工場」)を行っています。 Vertical Farmingとは、ビルなどの建物の中で、水耕栽培などを利用して農作物を育てる方法で、オーガニック・省エネ・安定供給など、様々なメリットがあります。 室内に本棚のような棚がずらっと並んでいて、各棚にびっしり作物が植えられている、アレですね。 Plentyは、サンフランシスコの企業で、アグリテック業界では過去最高と言われる額の資金を投資家たちから集めています。 今後は、 人口100万人以上の都市をターゲットに、 世界500都市の近郊に工場を建て、オーガニックでローカルな野菜を届けることを目指しています。 日本上陸ももうすぐかもしれません。 「おいしく、かつ正しい食材を!」をスローガンに種から取り組む Row 7 Seed Company Row 7 Seed Companyは、NYで人気のレストラン「Blue Hill」のシェフDan Barberと種苗家のMichael Mazourekによる企業です。 遺伝子組み換え種子の氾濫に危惧し、 本当においしい野菜を正しい方法で生み出すことを目指しており、 品種交配は種苗学者からのサポートを得て行っています。 自然環境に配慮し、地産地消のフードシステムの構築に挑む彼らが生み出す食材は、 ホールフーズや食材宅配サービス企業など、多くの食通バイヤーたちを惹きつけています。 自宅にいながらオーガニック野菜を育てられるアプリを生んだ Farmizen インドのバンガロールに拠点を置くFermizen社は、 新鮮で安全な野菜を求める都市住民と近隣の農家を結ぶ、 マッチングアプリとレンタルファームの運営を行っている企業です。 ユーザーはアプリから好きな野菜と農地を選択するだけ。 日々の農園の管理は、選択された農家が行いますが、 近隣の農園とマッチングすることで、週末に自分で収穫を行ったりすることができるのです。 中小規模農家の収益向上や農地の有効活用とともに、 都市部に暮らしながら、自分で育てたオーガニック野菜が食べられるのは嬉しいですよね。 ちなみに、忙しくてなかなか農園に行けないという人は、 契約した農家さんが自宅まで届けてくれるサービスもあるそう!(有料) お金に余裕があるが、時間には余裕がないけれど、手軽に農業を始めたいというオーガニックファンには嬉しいサービスかもしれません。 オーガニックビジネスを目指す人は知っておきたい情報を提供するMercaris Mercarisは、アメリカ国内における オーガニック・non-GMO(非遺伝子組み換え)の農産物に特化した情報提供サービスを行っている企業です。 全米のnon-GMO作物の集荷業者へのアンケート結果と共に、 出荷価格や品質・市場トレンドなどの様々なデータを得ることができます。 提供するデータも、農家や卸売業者・政府や研究機関など、データの使用目的によってパッケージされているというから、親切! こんなシステムがあれば、もっと日本のオーガニック市場も元気になるでしょうね。 私が「個人的に欲しい!」というのもありますが… 微生物コーティング種子で収穫量アップ!遺伝子組み換えに頼らない技術を開発するIndigo Indigoは、近年の遺伝子組み換え作物への不安の高まりという風潮を追い風に、急成長している企業です。 それは、 「化学肥料の代替となる微生物の存在」が、アメリカで大きなムーブメントとなっていることが背景にあるのです。 Indigo社によると、植物内部に生息するある微生物を種子にコーティングすることで、 遺伝子組み換え技術に頼らずとも、高収穫や病気への耐性が期待できるとのこと。 自然界の力を活用したこの方法、魅力的ですよね! でも、この技術に目を付けた巨大アグリ企業が、 この 微生物そのものを遺伝子操作して有益な働きを生み出そうとしているなんて話もちらほら…。 どうなるのでしょうね。 この微生物ブームは今後も注目していきたいところです。 出典:一般社団法人イノプレックス「~海外動向レポート~【AgTechアグテック&FoodTechフードテック】の最新事例紹介」 出典: 出典: 出典: 出典: 出典: 環境配慮型のオーガニック・アグリテックが広がれば食の未来は明るい! 世界で広がるアグリテックの波、信じられないような技術も今後生まれていくかもしれません。 さらに、アグリテックと一言に言えど、様々な技術が混在し、自然の摂理に合わないものや、うまく拡大しないものも出てくるケースもあることでしょう。 今回ご紹介した企業の他にも、オーガニック食品を食材調達から小売まで一貫して管理するメーカーや、 ITやAIを活用して、より効率的にかつ高収穫な農業を支援する企業など、様々な動きが広がっています。 そもそも、遺伝子組み換えは収穫量の増加と安定や栄養価を高めることが目的とされていました。 しかし、人間や環境へのリスクを考えると不安視する声が上がっています。 今後は遺伝子組み換えに代わる 新しい技術を上手く活用することで、新規参入や安定した継続・高収益が難しいとされていたオーガニック農業も、 安定した収穫量や農家の収益向上にもつながっていくことができます。 自然環境・地域社会・人の健康。 オーガニックライフを選ぶことで、たくさんの良いインパクトを生み出すことができます。 その中で、オーガニックなアグリテックも、今後は重要な役割を果たすようになるでしょう。 そして、日本のオーガニック市場にも、そしてわたしたちの食卓にも、明るい未来をもたらしてくれると信じて、注目していきたい分野ですね。 オーガニックトレンドに敏感にあなたにお勧めしたいマストバイアイテム.

次の

農業生産法人 株式会社アグリファーム未来

未来 の アグリ

【市場拡大】スマート農業(アグリテック)の未来【投資で貢献】 今後伸びていくと考えられるスマート農業(アグリテック)へ関わっていくためには、いくつか考えられるかと思います。 まずはスマート農業に力を入れている企業への投資 特に元々農業をしていない方には、急 に作物を育てる等はハードルが高いですし、でも伸びていく市場なのであれば関わっていきたい、と思う方も多いのではないでしょうか。 そういった場合は市場拡大に寄与するためにも、企業に投資することで関わっていく事ができるのではないかと思います。 いくつか投資可能な上場企業を調べてみました。 簡単に投資「LINEスマート投資」 LINEのスマート投資に「アグリテック」のカテゴリがあります。 一番簡単に関わりを持てる手段なのではないでしょうか。 少額からの投資が可能なので手軽なのではないでしょうか。 ドローンを利用した農薬散布等、どちらかというと 人の作業を機械で肩代わりしていく等のロボティクス技術が優れているように思います。 また、青森を中心として オプティムアグリ・みちのくの動向に注目で す。 国の動向把握 農林水産省のページを確認しておくことは必須だと思います。 国の動向(補助金等)により大きく市場が拡大するので、情報をいち早くキャッチする事が大事かと思います。 国だけでなく地方公共団体でも活動が活発になってきているようです。 参考サイト データテクノロジー株式会社 : 事業者名次世代型統合環境制御機を活用したスマート農業と国土強靭化の融合 株式会社HACCPジャパン : 細菌数の迅速検査によるブランド向上プロジェクト 株式会社ルートレック・ネットワークス: 土壌環境の見える化とAI制御による土耕イチゴのかん水施肥技術の確立 ディーピーティー株式会社 : ハウス内環境測定制御装置導入による生産性向上 株式会社シェアグリ : シェアグリ(農家さんの人手不足解消と関係人口創出プロジェクト) 技術動向把握 大体 海外の技術が国内に導入されるので、海外の動向に注目をしておくのが良いと思います。 個人的におもしろいと思った内容を記載します。 Vegebot :イギリスケンブリッジ大学で研究されているAIによる作物(レタス)収穫ロボ World Food Building : スウェーデンの企業Plantagon社が手掛けている農業と高層ビルの共存 その他、スマート農業に欠かせない沢山の最新技術が必要となりますので、本サイトでも最新技術を紹介していくつもりです。 宣伝みたいですが、とりあえず以下に張っておきます。

次の