目 の 周り 白い ぶつぶつ。 目の下のブツブツが気になる・稗粒腫と汗管腫の違いと治し方

目の下の白いぶつぶつの正体は稗粒腫!【皮膚科治療の体験談】

目 の 周り 白い ぶつぶつ

ふと鏡を見ると目の周りに白色の小さなブツブツが出来ている。 目の下がブツブツ、ザラザラになってきた。 化粧をしても隠し切れない。 特に痛くもかゆくもないのですが、取ろうと思っても中々取れない。 目の周りは人と話をするときにも見られてる事が多いので 鏡を見るたびに気分も落ち込む事があります。 この2種類のブツブツは綺麗になりますので安心してください。 今回は目の周りに出来たブツブツの治し方を説明します。 稗粒腫と汗管腫の見た目の違い 目の周りに出来たブツブツ、ザラザラは見た目で判断すると 白い粒の様な塊が 稗粒腫(はいりゅうしゅ・ひりゅうしゅ) 薄黄色の比較的固い皮膚の盛り上がったものが 汗管腫(かんかんしゅ) ここで 稗粒腫と汗管腫をもう少し詳しく説明していきます。 自分の気になるブツブツのタイプが解れば治療は簡単です。 稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)とは 皮膚の表面付近(浅い部分)にできる角質や皮脂がたまった袋状のしこりです。 主に目の周囲に生じる直径1~2mm以内の袋で、 中には角質が入っていて、白色の小さな粒のように見えます。 見た目ではニキビの芯が溜まったように見えます。 触ってみると硬くとがったような感触があります。 炎症はなく、痛みやかゆみなどもないです。 稗粒腫は、男性にも出来ますが、特に子供や若い女性の顔に多く発生します。 まぶたや目の下、眉間などの目の周囲に発生しやすいです。 頬なども発生しやすいです。 眼瞼以外の顔面、胸部、腹部、背部などにできることもあります。 汗をつくる汗管の良性の増殖なので、ほおっておいても 特に問題はありませんが、 数が増えてくると見た目がどうしてもよくないです。 主に女性に多いですが、男性にもできることはあります。 自然に消えることはありません スポンサードリンク 稗粒種ができる原因 長期間に渡りステロイドを塗った場合は、稗粒種が多発する傾向にあります。 はっきりとした原因は解らないのですが、体質であったりもします。 稗粒種のできる9割以上の方が、たまたま遺伝的に出やすいと考えられていますので 年齢に関係なく、幼稚園児でもOLの方も、高齢者でも男女関係なくどなたにも出てきます。 稗粒腫の治療方法 月単位から年単位の期間にかけて長く続きます。 放置しておけばしだいに大きくなっていきます。 約1~2年単位の期間をかけて皮膚から押し出され て自然に治るケースが多いです。 ある日、ポロっと取れたりします。 針を使った方法は色素沈着などの跡を残さずにキレイに治る無難な方法です。 針を使わずレーザーで稗粒腫に穴をあける所もあります。 使用するレーザーはCO2レーザーやエルビウムヤグレーザーなどがあり、 レーザーは損傷レベルが強いので色素沈着を起こしたり、 瘢痕化して凹んでしまうこともあります。 特にCO2レーザーは損傷レベルが強く、 色素沈着を起こしてしまうことがあります。 自分で稗粒腫を取る方法など書いてるサイトなどありますが、 自分でする場合は、ばい菌が入る可能性、傷跡が残る場合があります。 全て自己責任でお願いします。 汗管腫の原因 思春期の子供、男性、女性と中年期以降の成人女性に症状として見られる事から、 ホルモンバランスが影響とも言われたり、体質、遺伝なども言われますが はっきりとした原因は解っていません  ̄0 ̄ ゛ 汗管腫の治療方法 汗管腫はしっかりとした組織なので 自然に取れるというようなことはありません。 物理的に取り除いてあげないと取れないものなので、 医療機関でとるしかありません。 汗管腫は炭酸ガスレーザーや高周波によって取り除くことが可能です。 美容皮膚科で保険取り扱いのクリニックは保険適応できます 美容皮膚科で保険取り扱いの無い場合は自費診療になります。 保険適応での費用は:1000円~1500円位です。 保険の種類や、病院、医院によって多少誤差があります。 まず電話をして保険適応か確かめてから受診をお勧めします。 病気?と不安に思ったりもします。 殆どが治せる良性のブツブツが多いので、まずは診断を受けて 治療をするのがおすすめ。 レーザーを使用しての治療に関しては 必ず、経験豊富な医師を選んで下さい。 経験豊富なクリニックではリスクが少ないので 仕上がりも綺麗です。

次の

目の周りのブツブツを自分で取る方法《画像付・稗粒腫の取り方》

目 の 周り 白い ぶつぶつ

Contents• 目の下のぶつぶつは大きく分けて3つ! 見た目も気になる目の下に出来る ぶつぶつは大きく分けて3つあります。 汗管腫(かんかんしゅ)• エクリン汗嚢腫(エクリンかんのうしゅ)• 稗粒腫 はいりゅうしゅ) 解消法はそれぞれで違い、自分のぶつぶつが何なのかを知る必要があります。 そこで3つのタイプ別に解消法を見て行きましょう! 汗管腫(かんかんしゅ)は手ごわい 汗管腫(かんかんしゅ)は簡単にいえば、汗を出すエクリン汗腺が真皮内で増殖して出来る良性の腫瘍みたいなものです。 女性に多い皮疹で、汗腺が活発になる思春期をむかえたころから出来始めます。 つまり、長い方だとニキビができ始めるころからのお付き合いになるわけです。 残念ながら、一度出来てしまうと自然に治ることはなく、綺麗に治すことが難しいといわれています。 汗管腫(かんかんしゅ)の特徴• 顔面の目の周辺やデコルテ、陰部などにもできます。 汗管腫(かんかんしゅ)の見た目は皮膚と同色か、やや褐色を帯びています。 若い頃に出来た場合はサイズの小さいぶつぶつである事がほとんどです。 中高年期に出来る場合は大きいぶつぶつで、数も多く出る傾向があります。 汗を出す管(汗管)が増殖し扁平に隆起した小さなぶつぶつが群状に発生します。 一粒のサイズは1㍉~5㍉ほどが平均です。 特に、瞼(まぶた)や目の下に発生すると見た目に影響するので女性にとってツライですよね。 治療に光が見えた汗管腫(かんかんしゅ) ひと昔前まではコレといった治療法がなかった汗管腫(かんかんしゅ)ですが、最近になり 有効な治療法が登場しています。 今までは皮膚科に行っても医師から治療法がないといわれ、諦めるしかなかったのですが、今は諦める必要がなくなりました。 治療を受けないよりも受けた方が見た目の悪さは確実に解消されますし、場合によっては完治もあり得ます。 そこで、今現在、有効とされている治療法をご案内しますね。 汗管腫(かんかんしゅ)の解消に有効な塗り薬 治療に有効とされている塗り薬が2つあります! にきび薬アダパレン(ディフェリンゲル) ニキビ治療の代表的な塗り薬です。 ニキビの防止効果に塗ると毛穴の凹凸がなくなり、平らですべすべの肌になります。 レチノイン酸(トレチノイン酸) アダパレンより更に作用が強く、解消効果も高いといわれています。 ニキビ治療のほかに「しみ」や「しわ」の改善にも効果が実証されています。 どちらも完治とまでは至りませんが、今ある汗管腫(かんかんしゅ)を目立たなくする効果と、サイズが大きくなることや新たに出来るのを予防する効果があります。 美容皮膚科ではレーザー治療に加えて、選択肢の1つとして提示されることが多いようです。 どこで手に入る? どちらも薬局や通販で購入できます。 ただし、注意点が1つ! 成分上の禁忌や体質に合う、合わないがあるので皮膚科か美容皮膚科で処方してもらうのが一番安全です。 美容皮膚科で受けるレーザー治療 レーザー治療では汗管腫(かんかんしゅ)を1つずつピンポイントで処置していくため塗り薬よりも効果が高いといわれています。 有効とされるレーザーには2種類あります。 それぞれにメリットとデメリットがあります。 炭酸ガスレーザー治療• 塗り薬よりも確実に汗管腫(かんかんしゅ)を取り除ける• 瘡蓋がとれたあと赤みが目立たなくなるまでに3ヶ月ほどかかる• 治療痕が綺麗になるまでに約半年から1年くらい• 汗管腫(かんかんしゅ)は皮膚の深部に存在するため完璧に取れない可能性がある• 費用の目安は1回¥10,000~が平均相場のようです レーザーで焼きすぎると傷跡が残り、照射が足りないと再発するため、この治療法は医師の技量次第で結果が変わります。 麻酔はイボの周辺3か所を短い針の付いたハンコ注射でプスっと刺すタイプでしたが、腕の筋肉注射と変らないくらい痛かったです。 レーザーの照射中は痛みも熱さも感じません。 ただ、自分の皮膚が焦げる臭いがして怖かったです。 私の場合はイボの根が深かったので再発を防ぐためにギリギリまで照射されました。 治療後、新しい皮膚が盛り上がってくるために傷の湿潤を保つ塗り薬とテープの湿布は10日間弱、テープが外れ傷の瘡蓋が剥がれるまでに約2週間。 瘡蓋が剥がれたあと赤みが薄くなるまでに1カ月ちょい。 治療痕が目立たなくなるまで半年、完全に分らなくなるまでは7か月くらいかかりました。 高周波治療• 痕が残るリスクが少なく仕上がりが綺麗• 治療痕が綺麗になるまでに3ヶ月から半年で済む• 治療痕が落ち着くまでのダウンタイムが短く副作用や再発の可能性が低い• 炭酸ガスレーザー・高周波治療ともにリスクの有無と大きさは医師の人柄や治療経験の豊富さ、そして技術次第となります。 治療実績と合わせて検討することが大切です。 民間療法だけど効果が高い!評判のハトムギエキス 昔から治らない肌のぶつぶつ「イボとり」などの治療に使われてきたハトムギには 「ヨクイニン」という成分が含まれています。 「ヨクイニン」には皮脂の分泌をコントロールし老廃物を排出する働き、つまり肌のデトックスを促す働きがあります。 この働きが汗腺が活発になることが原因のひとつである汗管腫(かんかんしゅ)にも有効だといわれています。 実際に口コミ評判では汗管腫(かんかんしゅ)が治った!以前よりもマシになった!という声が多数みられます。 効果のあるなしはどんな方法でも個人差があります。 このハトムギエキスは 低予算で取り組めるのが一番の魅力です。 美容皮膚科の治療を検討する前に試してみたいですね。 何より、これで解消されればラッキーです! お肌のぶつぶつトラブルに効くハトムギエキスの使い方 天然成分であっても自分の体質に合う、合わないがあります。 必ずご 使用前にパッチテストをしてから行ってくださいね。 方法は2つ! まず、洗顔をしてお肌を清潔にします。 汗管腫(かんかんしゅ)にピンポイントで原液を塗る。 原液を塗る前にお使いの化粧水で顔全体を保湿しておきます。 細い綿棒などを使って汗管腫(かんかんしゅ)に原液をそのまま塗ります• あるいは指先で塗ります 手持ちの化粧水に混ぜて顔全体に塗る• 保湿性の高いヒアルロン酸やセラミド配合の化粧水に混ぜて使います。 混ぜる割合は(ハトムギエキス:化粧水)1:1が基準です 自分の肌の状態に合わせて好みでブレンドしてみましょう。 最後にスクワランなど、人の皮脂に近い成分の保湿オイルで軽く肌の乾燥を防いで下さい。 はと麦茶を飲用する 内側からも攻めるために飲み物を はと麦茶にすることをおすすめします。 冬はホットで夏は冷茶で飲むと効果的です。 医学的な効果が謳われているわけではありません。 ですが、取り組んで損はありません! 汗管腫(かんかんしゅ)まとめ• 汗を出す管(汗管)が増殖し扁平に隆起した小さなぶつぶつが群状に発生する• 一度できてしまうと自然には治らず、完治が難しい• ここ最近、有効とされる治療法が出ている 有効な治療法• 塗り薬、アダパレン(ディフェリンゲル)とレチノイン酸(トレチノイン酸)• レーザー治療 (炭酸ガスレーザーと高周波治療)• 民間療法ハトムギエキスとはと麦茶 それぞれメリット・デメリットがあるため、自分の状況に合った方法を慎重に選ぶことをおすすめします。 費用面や安全性、取り組みやすさを考えると最初に民間療法であるハトムギエキスとはと麦茶を試した方が良さそうです。 Sponsored Links エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)ですと!? 汗管腫(かんかんしゅ)に似たぶつぶつで間違われやすいのが エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)です。 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)は中年期以降の女性に多く見られます。 初夏より症状が出始めることが多く、汗をかいた時にぶつぶつと目の周りを中心に小さな水泡が顔にでます。 水泡が出ている時に皮膚科に罹ると同じ汗腺に関わる皮疹で症状も似ているため、汗管腫(かんかんしゅ)と診断される場合があります。 ですが、 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)は汗管腫(かんかんしゅ)とは全く別の皮疹です。 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)の特徴• 見た目は肌色に近く中心部が透けて見え、大きさは最大で米粒程度です• 汗腺が活発になり汗をかく季節に症状があらわれます• 気温が涼しくなる夕方以降や顔を冷たいタオルで冷やすなどするとぶつぶつが引きます したがって、季節的には秋と冬は汗を欠かない限り出ません。 つまり、季節と汗の具合によってぶつぶつが消えたり出たりを繰り返します。 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)に効果がある治療法 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)も汗管腫(かんかんしゅ)と同じく、コレといった治療法が少なく完治させるのが難しい皮疹です。 ですが、嬉しいことにエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)も効果が高いといわれる治療法が登場しています。 治療効果が高いボトックス注射 ボトックス注射はシワとりや手と脇の多汗症治療で使われているお薬です。 汗が出るのを押える効果があるため汗をかくと出るエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)にも高い治療効果が実証されています。 汗をかきやすい季節に入る前に受けておくとエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)の出現を予防する効果があるそうです。 事前に調べて 治療経験が豊富で治療実績の高い医院を選んだ方が安全です。 美容皮膚科で受けるレーザー治療 汗管腫(かんかんしゅ)と同じく炭酸ガスレーザーか高周波による治療も効果的とされています。 漢方薬 五苓散がエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)にも有効 五苓散は多汗症の治療で処方される漢方薬です。 そのため汗が出ることにより出現しやすいエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)にも効果があります。 多汗の時期となる5月~9月に処方する医院が多いようです。 皮膚科での処方以外に漢方薬局や通販でも購入できます。 ですが、漢方薬も薬ですから副作用もあれば、体質や抱えている他の疾患によっては服用できない場合があります。 なので、 医師の診断のもとで処方を受けた方が安全です。 美容皮膚科で治療を受ける前に試したい民間療法 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)では症状が解消したと口コミで評判が高い方法が2つあります。 1つは汗管腫(かんかんしゅ)と同じくハトムギエキスとはと麦茶です。 そしても1つが木酢液です。 解消できた人によれば2日から3日でブツブツが瘡蓋になって1週間ほどで剥がれ落ちるそうです。 医学的な効果が謳われているわけではありません。 エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)まとめ• エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)は多汗となる5月~9月に症状がでる。 中高年の女性に多いポピュラーな皮疹である。 汗が引くとぶつぶつも消える、季節と一日の気温により出たり引いたりする。 完治が難しいといわれているが美容皮膚科で効果が高い治療法が登場している。 ボトックス注射• レーザー(炭酸ガス・高周波)治療• 漢方薬 五苓散の処方 民間療法としては• ハトムギエキスを肌に塗る方法とハトムギ茶の飲用• 木酢液を入れた入浴がエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)に効くと口コミ評価が高い。 誰でも出来やすい稗粒腫(はいりゅうしゅ) 稗粒腫(はいりゅうしゅ)は誰でも出来やすいポピュラーな出来物です。 毛穴の奥にある毛包や汗腺に角質がたまり皮膚表面付近に直径1㍉~2㍉程度の白いぶつぶつが生じます。 汗管腫(かんかんしゅ)やエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)と比べるとぶつぶつ自体のサイズは小さいのですが、目の周辺や下あたりに集中して出来ると色が白いため別の意味で目立ちます。 稗粒腫(はいりゅうしゅ)の治療法 稗粒腫(はいりゅうしゅ)は放っておいても数年で自然と取れる事もあるため皮膚科では特に治療の対象とはなりません。 美容的に気になる場合は美容皮膚科で治療をしてくれます。 すぐに何とかしたい方は美容皮膚科に行けば短期間で治せます。 時間をかけて治せる方はセルフケアで気長に治しましょう。 美容皮膚科での治療 稗粒腫(はいりゅうしゅ)を針先で1つずつ突いて中の内胞物をピンセットで取り除くかレーザーで1つずつ焼いて取り除く方法などがあります。 自分で出来るセルフケア 稗粒腫(はいりゅうしゅ)はニキビと同じく皮脂の過剰分泌など肌のターンオーバーが崩れることでも出来やすくなります。 なので、日頃のお手入れを見なおす事で改善できます。 洗顔を丁寧に行う。 (特にメイクを落とす夜の洗顔は手を抜かない)• 洗顔フォームをしっかりと泡立てて優しく洗う• 洗顔フォームが残らないようにすすぎはしっかり行う• 洗顔後は保湿を忘れない(化粧水と適度なオイルか美容クリームを使う)• 化粧品は皮脂対策専用のものを使うなど内容を見直すのも効果的 稗粒腫(はいりゅうしゅ)にも「ヨクイニン」を含む ハトムギエキスを使った肌ケアと はと麦茶の飲用が効果的です。 食生活は砂糖類などの甘い物やジャンクフードを控えて野菜中心に良質の脂質(肉・魚)をバランスよくとる事も大切です。 稗粒腫(はいりゅうしゅ)まとめ• 稗粒腫(はいりゅうしゅ)は誰でも出来やすい皮疹です。 汗管腫やエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)と比べてサイズは小さく白い色をしています。 放置しておいても自然に取れる事があります。 美容的に気になる場合は美容皮膚科なら短期間で治せます。 時間をかけてセルフケアでも改善できます。 ただし、治療と同時に食生活や日頃のケアも見直さないと再発する可能性が高いです。 やはり、お肌に直接使うものであったり、飲用する製品の品質は産地や生産過程も含めて気を配りたいですよね。 そこで、ケア用品を選ぶ際の注意事項やポイントを補足としてご案内いたします。 目の下のぶつぶつに効果的なケア用品 ハトムギエキス ハトムギエキスはオーガニックで熱処理をともなわない低温抽出された製品を選びましょう。 また、添加物や着色料に香料などが入っていないモノを選んだ方が安心です。 そして、ハトムギエキスは抽出の際にアルコールを使います。 一般的にはグリセリンやエタノールが使われていますが、お肌の弱い方にはそれよりも害が低い BGと表記されている製品がおすすめです。 添加物が少ない方がお肌への負担が減りますし、抽出に必須のアルコールもより害の低いモノの方が安全で安心できますからね。 無色透明なアルコールの一種で保湿剤、抗菌剤、エキス抽出剤として使われます。 天然成分ではありません。 無害ではありませんが、グリセリンやエタノールよりも刺激が少なく安全です。 保湿力があり、グリセリンよりもベタつかずサラッとしています。 抗菌作用もあるため、防腐剤の役割も果たします。 私も愛用しているおすすめの製品がこちらです。 使い切りサイズで丁度良いです。 他の製品と違い、成分がシンプルでBG以外入っていないのが決め手になりました。 ハトムギ種子エキスとBGのみなので夏場は冷蔵庫で保存しています。 夏の暑い日は愛用の化粧水と混ぜてローションバックするとヒンヤリして気持ち良いです。 ハトムギ茶 はと麦茶(別名ヨクイニン)はノンカフェインなので赤ちゃんからお年寄りまで飲めます。 アミノ酸• タンパク質• ビタミンB1• ビタミンB2• カルシウム• 食物繊維 健康と美肌関係に良い優れた成分がバランスよく摂取でき、免疫力を高め、新陳代謝を増進させる作用があります。 つまり、体の中の悪い物を排出しようとする働きが高まることによりお通じが良くなったり、オシッコの回数が増えます。 すると体内のデトックスが進んで、お肌の状態が良くなるわけです。 昔から「イボ取り」に効くいわれており、アトピーやニキビなど皮膚トラブルに効果が期待されます。 はと麦茶を選ぶ際のポイント 健康と美肌のためには無農薬や減農薬で添加物などが入っていない製品が望ましいです。 また、原材料の流れと生産工程が見える製品が安心できますね。 私が愛飲しているのは佐賀県の さんの製品です。 理由は国産の無農薬栽培された「はと麦」を発芽させたあと丁寧に焙煎されているため味に深みがあり、とても香ばしくて美味しいんです。 冬はホットで夏は冷茶にして飲んでいます。 正直、ここの味を知ってしまうと、もう他社さんのお茶は飲めないです。 それに 残留農薬検査に 細菌検査、 放射能検査まで徹底した品質管理に安心を覚えます。 やはり、311の原発事故後より産地とか放射能汚染とか気になりますからね。 長く飲むものなので味・安全・安心と全てが欲しいです(笑) 興味のある方は さんのHPを覗いてみて下さいね。 木酢液 木酢液は備長炭を作る工程で出る煙を冷却した液体です。 木酢液で価格が安い物の中には建築廃材から作られているものがあるそうです。 廃材の出所がどこかによってはいろいろと心配がありますからね。 やはり、材料の産地とか生産工程とかは気を配っておくべきでしょう。 お肌に使う物ですから、自分が使うならという目線で探したところ、信頼できる製品を見つけました。 土佐備長炭の燻煙から作られている の木酢液です。 原材料と生産工程がしっかりしているので安心できます。 何より生産者のポリシーが素晴らしいです。 興味のある方はHPを覗いてみて下さい。 おまけの補足情報 便利な美容皮膚科検索サイト(地域別に検索できます)• 美容皮膚科の名医リストは• 全国エリア別美容皮膚科検索サイトは あなたが 目の下のぶつぶつトラブルを解消するために必要な補足情報を考え付く限り簡素にまとめてみました。 少しでもお役に立てれば嬉しいです^^ 本日のまとめ 目の下にぶつぶつが出来ちゃった!知るべき3つの可能性と解消法について総合的にまとめますね。 目の下に出来るぶつぶつは大きく分けて3つあります。 汗管腫(かんかんしゅ)• エクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)• 稗粒腫(はいりゅうしゅ) 汗管腫(かんかんしゅ)とエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)は見た目と症状が似ていますが全く別の皮疹です。 稗粒腫(はいりゅうしゅ)はぶつぶつが白いため汗管腫とエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)とはハッキリ区別が出来ます。 3つとも解消するには美容皮膚科で受ける治療と民間療法によるセルフケアがあります。 セルフケアには日頃のお手入れの見直しや食生活の改善なども含まれます。 汗管腫(かんかんしゅ)とエクリン汗嚢腫(かんのうしゅ)はコレといった治療法がなく、今まで完治が難しいといわれて来ましたが、美容皮膚科による治療で効果の高い治療法が登場しています。 それぞれメリットとデメリットがあるため、自分の症状を良く把握した上で検討する必要があります。 見た目が悪く、悩みのつきない目の下のぶつぶつトラブルについて必要と思われる情報を集めました。 あなたの目の下のトラブルが1日も早く解消できますように!.

次の

もしかしてニキビじゃないかも。顔の上にできたぶつぶつの正体とは

目 の 周り 白い ぶつぶつ

稗粒腫(はいりゅうしゅ、ひりゅうしゅ)は、主に新生児や成人女性の顔に生じる小さなできものです。 色も白~黄色っぽく、大きさも1~2mmほどと小さいため、そこまで目立つものではありません。 しかし女性の顔などに生じやすいため、美容的に気にされる方も多く「何とか治したい」と希望される事も少なくありません。 この稗粒腫はどうして発生してしまうのでしょうか。 原因は一体何なのでしょうか。 ここでは稗粒腫が生じる原因について紹介させて頂きます。 1.稗粒腫とは まずは稗粒腫がどのような疾患なのか、その全体像を簡単に説明させていただきます。 稗粒腫は、皮膚に生じる良性腫瘍(できもの)の一種です。 「腫瘍」と聞くと驚かれるかもしれませんが、腫瘍といっても癌のような悪性腫瘍ではありません。 いわゆる「できもの」という言葉が一般的なイメージとしては合っているでしょう。 多くは1~2mmと小さく、色も白~黄色で光沢があります。 そのため遠目で見れば目立つものではありません。 ただし多発する事、顔に出来やすい事、成人女性に認められる事などから気にされて治療を望まれるケースも少なくありません。 稗粒腫は、名前にもなっている通り「稗(ヒエ)」の粒が皮膚についているような外観をしています。 稗、といってもこれがどのようなものなのかイメージが沸かない方も多いでしょう。 稗(ヒエ)は昭和の初め頃までは平民の主食として、米の変わりに食べられていた穀物です。 現在ではよりカロリーの高い米に取って変わられましたが、今でも鳥などのエサとして使われています。 稗の粒は米粒よりも小さく黄色っぽい色をしており、稗粒腫と似ています。 しかし稗粒腫は、もちろん稗の粒ではありません。 その正体は角質の塊になります。 ではこの角質とは何でしょう。 角質について知るために皮膚の正常の構造について少し勉強しましょう。 私たちの皮膚は外側から、• 皮下組織 と層をなしています(皮下組織の下に筋肉や臓器などがあります)。 そして皮膚の一番外側にある表皮は更に細かく、• 角質層• 顆粒層• 有棘層• 基底層 と4つの層に分ける事が出来ます。 これを皮膚の「ターンオーバー」と呼び、このターンオーバーはおおよそ1か月のサイクルで行われています。 このように本来であれば垢として剥がれ落ちるはずの角質が皮膚内に溜まってしまい、嚢(ふくろ)状にくるまれてしまったのが稗粒腫です。 稗粒腫は表皮下に生じますが、何らかの原因によって表皮下に嚢ができてしまい、その嚢を構成する細胞が基底層細胞のよう角化細胞を作ってしまうと、角質がどんどんと嚢の中に溜まってしまいます。 これが稗粒腫となります。 稗粒腫は元々身体の一部である角質が成分ですので、何か身体に害を来たすようなできものではありませんし、何か問題となるような症状が現れる事もありません。 その多くはどんどんと増大していくような事もありません。 多くが1~2mm程度であり、大きくても5mm程度にとどまります。 正常の角質のように自然と皮膚から剥がれ落ちていく事もありますが、そうなっても結局また新しい稗粒腫が出来てしまう事も多く、完全に稗粒腫を除去するのはなかなか難しいところがあります。 2.稗粒腫はどのような原因で生じるのか 稗粒腫はどのような原因によって発症するのでしょうか。 実は稗粒腫が生じる原因については、はっきりとは解明されていません。 何か特定の原因があって発症するというよりも、「体質的な要因」が大きいと考えられています。 つまり出来ない人には全然できないし、出来やすい体質の人には何度も出来てしまうという事です。 稗粒腫は表皮直下に生じます。 そのため、何らかの原因で表皮基底層で作られた角化細胞やその付属器が破壊され、これにより角化細胞が嚢腫を作りながら分化していってしまうようになり稗粒腫が発生するのではないかとも考えられています。 それを支持する根拠として、• 水疱症• 熱傷後の瘢痕• 放射線皮膚炎 などが発症した後に稗粒腫は生じやすい事が知られています。 これらの疾患は表皮にダメージを与える疾患であるため、これらによって表皮基底層の角化細胞・付属器(汗腺など)がダメージを受ける事で、稗粒腫が生じるきっかけになるとも考えられます。 また生れてすぐの新生児にも稗粒腫は生じやすいのですが、これは胎生期に分化の異常によって表皮下に角化性の嚢腫が形成されてしまうために発症すると考えられています。 しかし、いずれも「そのような可能性がある」という程度のもので、明確な原因について特定されているわけではありません。 上記の皮膚疾患後に稗粒腫が生じるケースはありますが、全体的には頻度は少なく、成人に発症する稗粒腫の多くは原因不明に発症します。 やはり「体質的な要因」とまとめられてしまっているのが現状です。 3.稗粒腫が生じやすい人・生じやすい部位は 稗粒腫はどのような方に生じやすいのでしょうか。 またどこに生じやすいのでしょうか。 稗粒腫はどのような方にでも生じる可能性のある疾患です。 しかし特に発症しやすいのは、• 新生児• 成人女性 になります。 新生児に生じやすいのは、胎生期に分化異常が生じることが原因です。 新生児の稗粒腫はその多くが眼や口の周囲に生じ、1カ月以内に消失するケースも少なくありません。 成人女性に稗粒腫が生じやすい部位としては「顔」が多く、特に• 眼瞼部(まぶた)• 頬部(ほほ) などが好発部位です。 これ以外でも、皮膚であればどこでも生じる可能性がありますが、• 陰唇 といった部位にも比較的多く認められます。

次の