返送 封筒 書き方。 返信用封筒の基本を覚えよう!宛名の書き方や取り扱い方法について解説

「返信用封筒」のマナーとは?宛名の書き方から行・宛の直し方も

返送 封筒 書き方

返信用封筒の表書きの書き方 「行」「宛」に取消線を引いて「御中」または「様」を書く 返信用封筒にはすでに宛名として住所、会社名、氏名などが印刷され、その末尾にはかならず「 行」(ゆき)か「 宛」(あて)の文字が印字されています。 これを 取消線で消して、その横または下に「 御中」か「 様」を書きます。 「御中」「様」の書き方 「御中」は、宛名が 会社名や 部署名のときに書きます。 宛名の会社名・部署名に 個人名(担当者名)が添えられているときと会社名・部署名の横に 担当者の押印がしてあるときは、三文判の認印の場合でも「様」と書きます。 このとき、会社名などに「御中」は付けないでください。 「御中」や「様」の記入位置は、文字の流れに合わせて、 縦書きなら取消線の左または下、 横書きなら下または右です。 ただし、担当者の押印があるときは、取消線から離れた位置でも構いませんので、印影の下(縦書きのとき)または右(横書きのとき)に「様」を付けてください。 取消線の書き方 取消線は、 一本線よりも 二本線が一般的です。 線の向きは、表書きの美しさを大切にして、宛名が横書きのときは 横向きに、縦書きのときは 縦向きに引くのが常識的な書き方です。 なお、「行」・「宛」のような一文字を取り消すときは 二重斜線を引き、二文字以上のときは 二重平行線を引くことが守るべきルールであるかのように主張する向きもあります。 しかし、婚礼・葬儀のはがきはいざ知らず、 ビジネス上の郵便物における取消線の引き方はルールではなくてガイドラインに過ぎません。 どちらの書き方をしてもけっして失礼には当たりません。 スポンサードリンク 縦書き・横書きを表書きと揃える 返信用封筒は、一般に縦長でフラップが上にある 和封筒タイプが使われていますが、中には 洋封筒タイプやその 変形タイプなどさまざまなものがあります。 しかし、 どのようなタイプの封筒であっても、裏書きの住所と差出人名(会社名、部署名、担当者名)は表書きの印刷方向と同じ向きで書きます。 つまり、表書きが縦書きなら裏書きも縦書きで、表が横書きなら裏も横書きで書きます。 縦書きの住所では、数字は一から九までの漢数字と〇(ゼロ)で書きます。 ただし、ビル名などの固有名詞に含まれる英数字(渋谷109など)は例外です。 裏書きの位置 裏書きする位置は、 縦書きなら左下に、 洋封筒タイプで横書きなら右下に書きます。 また、封筒の裏に 差出人欄が印刷されている場合は、その中に書きます。 封〆(封締め)の仕方 封〆(ふうじめ)とは、封筒のフラップを貼り付けて閉じた後、フラップの端の中央部分に割印を押すように「 〆」(しめ)の字を書くことです。 封〆した部分のことを、「 封じ目」とも言います。 「〆」以外にも、「 封」、「 緘」(かん)の字を書いても構いません。 また、「〆」、「封」、「緘」のスタンプを押しても結構です。 ただし、宛名が 個人名の場合は、封〆をすると宛名人自身が開封することを求める 親展の封書になりますので注意してください。 本人不在のために何日も開封されずに放置される危険性がないとは言えません。 従って、 宛名に担当者の押印があるものも含めて、個人宛の返信用封筒で封〆は無用です。 また、封〆は和封筒での習慣ですので、洋封筒タイプの返信用封筒では封〆は必要ありません。 スポンサードリンク.

次の

返信用封筒の宛名の書き方・折り方・入れ方・切手の貼り方

返送 封筒 書き方

返信用封筒とは? 返信用封筒ときいてもあまり馴染みがない人が多いかもしれません。 返信用封筒とは、「返信用封筒」というきまった封筒を指しているのではありません。 相手からその封筒を使って返信をもらうために、こちらから送付する封筒のことです。 簡単に説明するとこんな感じです。 あなたが友達にあるものを送ってもらいたいとします。 そこで、 あらかじめあなたの住所・氏名を書いて、切手も貼った封筒(これが返信用封筒)を、あなたから友達に郵送します。 それを受け取った友達は、封筒にあなたの送ってもらいたいものを入れて、あなたに郵送します。 (友達は 封筒を用意したり、切手代を払う必要がありません。 ) 返信用封筒を同封する目的とは? わたしたちが返信用封筒を同封する機会とはどんなときでしょうか?• 学生が、就職活動をしている時に企業に資料を請求するために同封する• 会社員が取引先や顧客に対し、返送してもらうよう同封する この2つが多いんじゃないでしょうか。 返送する相手の手間を省き• 誤送が防げて• 相手からの返信が確実にもらえる 返信用封筒には、こういった目的があります。 上の例でご説明したような友達相手なら、返信用封筒のマナーも気にする必要はありませんが、就職活動や会社での利用であれば、基本のマナーを知っておく必要があります。 見ていきましょう。 ・郵便番号 ・住所 ・名前(会社名) ・切手を貼る 封筒の表には、あなたや、会社での使用ならあなたの会社の郵便番号、住所、名前を予め書き込みます。 名前の後は「様」や「御中」ではなく、「行」または「宛」にします。 少し小さめの字で書きましょう。 相手が出す時に、「行」や「宛」を消して、「様」や「御中」にするのがマナーです。 「行」と「宛」のどちらを使用するといった決まりごとは特にありませんが、「行」を使うのが一般的とするところが多いようですね。 役所や銀行などの返信用封筒は「行」が使われています。 また、相手がそのまま出せるように、封筒には 切手を貼っておきます。 封筒に貼る切手の金額は、相手が送ってくるものの重さを考えて、足りなくならないように多めに貼っておきましょう。 資料請求などで、いくらの切手を貼るかの指示がある場合はそれに従います。 関連記事 返信用封筒の表 返信用封筒の 裏には何も書く必要はありません。 通常は差出人の住所・氏名が来る場所ですので、相手の住所・氏名を書いておくのかな?と迷ってしまいますが、必要ありません。 書き込んでしまうと失礼にあたってしまいますので、気をつけてくださいね。 返信用封筒の折り方 まず一番気をつけなくてはいけないのは、 折り目はまっすぐぴっしりとつけるということです。 適当に折って曲がっていると印象がよくありません。 長形の封筒に、長形の返信用封筒を入れる場合は、3つ折り程度で、横向きに入るはずです。 その他のサイズの場合は、返信用封筒の長い方から2折〜4折をして、その後、横にも折って入るようにします。 うまくいかない場合は、 できるだけ折る回数が少なくして、見た目をキレイにするようにすると考えておくといいですね。 また、折る時は、 宛名が外に出るようにします。 こうすれば相手が開封した時に、すぐに返信用封筒であるとわかってもらえます。 返信用封筒のマナー まとめ 返信用封筒を同封する際の基本マナーをご紹介しました。 知っていなくても何とかなりそうな返信用封筒のマナーですが、常識として知っているといざという時に役立ちますね。 就職活動や会社同士でのやり取りでは必要になる事がありますので、知っておいて損はありません。 基本をおさえ、正しいマナーで返信用封筒を使えるようになりましょう!.

次の

返信用封筒の差出人の書き方・書かない|縦・横書き別/箇所別

返送 封筒 書き方

返信用封筒返し方 返信用封筒はあらかじめ返信先の住所が記入されていることもあります。 この場合、差出人である自分の名前や住所だけを記入して送付すれば、相手方のところへ届く仕組みです。 しかし、そのまま送付するのではなく、マナーとして一部を書き換えなくてはいけません。 では、返信用封筒はどのような書き方が正しいのでしょうか。 名前の「行」「宛」という文字は二重線で消す 郵便物は、基本的に相手方へ「様」か「御中」をつけることが常識です。 しかし、様や御中は自分自身につけるものではないので、返信用封筒の相手方の名前のところには「行」や「宛」という文字が付いています。 このまま送付してしまうと相手方に対して行・宛と失礼な呼び方をしていることになるので、行などの文字は二重線で消してその下か右隣に「様」や「御中」と書き加えましょう。 会社名は(株)などと省略しない 返信用封筒に相手方の住所などがあらかじめ記入されていない場合は、住所や氏名および会社名を間違えなく記入することが大事です。 相手方が会社名であった場合「(株)」と省略せずに「株式会社」「有限会社」と正式名称を書きましょう。 住所の数字は、縦書きの場合であれば漢数字を使用する 住所を縦書きで記入する場合、相手方および自分の住所の数字は漢数字で統一するようにしましょう。 漢数字の書き方は、例えば住所が「5-46-88」の場合「五-四六-八八」となります。 46を四十六という風に書かないようにしましょう。 返信用封筒の様と御中の使い分け 返信用封筒に限らず、相手方へは名称の最後に「様」か「御中」を付けることが常識です。 では、様と御中はどのようにして使い分ければいいのでしょうか。 「様」を使用する場合 「様」は、送り先が企業でなどであっても、その担当者の名前がわかっている場合、または、企業に所属していない個人宛の返信用封筒の場合に、使用します。 「御中」を使用する場合は 「御中」は、企業や団体およびその部署などに対して付ける名称です。 住所記入においては「様」が個人に付けるのに対して「御中」は企業に付けることが多いです。 返信用封筒に限らず、企業や団体に所属している個人宛てに送付する場合は、個人だけに敬称を付けるだけで済ませてはいけません。 返信用封筒の敬称は二重線で消す 先述した通り、返信用封筒には相手方の住所や宛て名に「行」や「宛」という敬称が付いているので、これらを消して様・御中と書き換えなければいけません。 あらかじめ記入されている敬称を消すとき、黒く塗りつぶしたり修正液で修正したりすることはマナー違反です。 敬称を消す際は文字の上に2本の線をひくのが、返信用封筒の修正において正しいやり方といわれています。 消す時は綺麗な線を引く 縦書きの場合は縦に、横書きの場合は横に線をひくことが一般的な決まりとなっていますが、2重線のひきかたに明確な定義というものは存在しません。 ただし、縦や横といった文字の流れに沿って線をひくと、それほど目立たずに見た目もきれいな仕上がりになるので、文字の流れに合わせて2重線をひくのが無難といえるでしょう。 その他の修正ポイント 相手方だけでなく自分の名前である差出人の箇所があらかじめ記入されていたら、その箇所も修正しなくてはいけません。 差出人の部分に「様」や「御中」が付いていたら、自分自身に様・御中をつけていることになるので、そのような敬称は2重線で消しておきましょう。 2重線はフリーハンドで書くと失敗する恐れがあります。 仕上がりをきれいにするためにも、フリーハンドではなく定規を使って正確な直線を書いて消すことが大事です。 修正あとの仕上がりがきれいになるように、正確に2重線をひくことが、返信用封筒の返し方のマナーといえます。 返信用封筒の裏面に差出人名を書く 受け取った返信用封筒に、自分の氏名および住所が記入されていなかった場合は、通常の封筒での送付と同様に、封筒の裏に自分の氏名や住所を書きましょう。 返信用封筒は、通常の郵便物と違い、裏に差出人の氏名や住所を書くという決まりはありません。 返信用封筒は「必要事項を記入して返信してください」という意味合いのものです。 そのため、必要事項だけ記入して裏に何も記入せずにそのまま返信するという人も、いることでしょう。 差出人名を書くと相手の負担が減る しかし、返信用封筒は、企業が多くの対象者に送って大量の返信を受け取るケースが多いとされています。 したがって、裏へ記入することは、誰が返信したのかわかりやすくなり、受け取り側の負担を軽くすることにもなるのです。 トラブル回避にも役立つ また、返信用封筒を送付しても、郵便の際に何かしらのトラブルが発生して、受け取り側に届かないことがあります。 そのようなトラブルを想定して、返信用封筒の裏に差出人の氏名や住所を記入することが重要です。 裏への記入をしていれば、何かトラブルがあってもまた差出人のもとへ戻ってきます。 返信用封筒の封のしめ印 返信用封筒に限らず封筒を送付する際は、書き方だけでなく封の仕方にもマナーがあります。 そのマナーとは、何なのかを詳しく解説します。 封緘(ふうかん)とは? 最初にご紹介するのは、封筒の封をした箇所に「しめ」など漢字ひと文字を記入する「封緘」という手法です。 封緘の「緘」という文字は、「とじひも」という意味があります。 つまり、封筒における封緘とは「荷物をひもでかたく縛って中のものをしっかりと守る」という意味合いがあるのです。 誰にも見られないようにする 封筒は、はがきと違い封を開けないと中のものを見ることができません。 封緘をすることによって、中のものが誰にも見られていないという証拠にもなるのです。 封緘の仕方は、封をしたあとに「しめ」という漢字ひと文字を記入するだけであって、特別な封の仕方があるわけではありません。 気をつけるべき点は、封が開かないようにしっかりと封をするくらいです。 封緘て絶対に必要なの? では、返信用封筒の場合、返信時に封緘は必ず必要なのでしょうか。 受け取り側が個人である場合は、封筒の内容によって封緘が必要な場合もあります。 公私ともに重要な事柄であった場合は、重要な書類が封筒されているという証拠である封緘をしたほうがいいでしょう。 個人・法人に限らずビジネスで重要な封筒だった場合は「しめ」という漢字ひと文字ではなく「緘」という文字のほうが適しています。 「しめ」であっても間違いではありませんが、受け取り側に、よりしっかりとした印象を与えたい場合は「緘」のほうが良いといえます。 最後に 返信用封筒は自分で能動的に送付するものではなく、相手方の指示にしたがって送り返すものです。 しかし、返信用封筒の返し方はマナーというものがあるので、書き方や封の仕方などをしっかりと把握しておくことが大事です。 正しいマナーにしたがって返信することによって、相手方にも良い印象を与えることができるでしょう。

次の