これは経費で落ちません 出演者。 これは経費で落ちません!

これで経費は落ちません!の動画の見逃し再放送配信を無料視聴する方法!続編やキャストは?NHKドラマ|アニメるにんの映画記録runinmovie

これは経費で落ちません 出演者

そのため、放送が終了した全話を見たい時は、「U-NEXT」が最もおすすめです。 U-NEXTとは?• 映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、90000本が見放題• NHKドラマ配信( 単品または見放題のお得パックで視聴可能)• 海外ドラマ、韓国ドラマ作品が豊富• 入会時に600円分のポイントが貰える• 毎月1日に1200円分のポイントが貰える• 70誌以上の雑誌が読み放題• ポイントは対象の映画館の割引としても使用できる 「U-NEXT」では、初回31日間は無料視聴できます。 その後は月額1990円(税抜き)が発生します。 『これは経費で落ちません!』とは?• ドラマ名:これは経費で落ちません!• 主演:多部未華子• 放送局:NHK総合• 放映日時:金曜 22:00 — 22:50• 放送開始日:2019年7月26日 ドラマ概要 ドラマ10【これは経費で落ちません!】 7月26日(金)よる10時スタート! 主演 さん、ヒロインにアタックする相手役に さん。 奥手なヒロインにアタックする相手役は、ジャニーズWESTの重岡大毅。 経理部の後輩役に伊藤沙莉、先輩に平山浩行、部長役に吹越満など、個性あふれるキャストがドラマを彩ります。 山田太陽:重岡大毅(ジャニーズWEST) 営業部の若手エース• 佐々木真夕:伊藤沙莉 森若さんの後輩経理部員、憎めない天真らんまんキャラ• 山崎柊一:桐山漣 太陽の先輩の営業部員、営業成績ナンバー1• 中島希梨香:松井愛莉 企画担当。 真夕の同期でうわさ好き、恋や結婚が第一• 鏡美月:韓英恵 入浴剤を開発。 森若さんの同期で良き理解者• 吉村晃広:角田晃広 営業部長。 経理部長の新発田とは犬猿の仲• 皆瀬織子:片瀬那奈 天天コーポレーションの広告塔• 新島宗一郎:モロ師岡 総務部長兼リスク管理室長• 田倉勇太郎:平山浩行 経理部員。 森若さんが尊敬する先輩• 新発田英輝:吹越満 森若さんの上司の経理部長。 営業部長の吉村とは犬猿の仲• 麻吹美華:江口のりこ(5話から登場) 中途採用で経理部に来た新メンバー。 帰国子女• 有本マリナ:ベッキー(5話から登場) 経理部の言うことを聞かない秘書課の美人秘書• 鎌本義和:高橋洋 太陽の営業部先輩• 荒井樹菜:筧美和子 太陽の大学時代の後輩(8話続投)• 円城格馬専務:橋本淳 社長の息子。 超合理主義者(9話続投) 制作スタッフ• 脚本:渡辺千穂、藤平久子、蛭田直美• 音楽:安田寿之• 演出:中島悟、松永洋一• 制作統括:管原浩(NHK)、坂下哲也(AX-ON) 視聴率一覧• 第1話:6. 第2話:5. 第3話:7. 第4話:5. 第5話:6. 第6話:6. 第7話:5. 第8話:6. 第9話:7. 第10話:8. 1話の動画・ネタバレ「経理部の森若さんの巻」 【 !】いよいよ明日22時からNHK総合にて第1話の放送です。 今回は広報での経費を使いまくる女と、使えない女の話・・。 明日夜10時、第3話放送です。 二度見ても面白い!ぜひご覧ください。 対するは特別枠のアンフェアな女( )。 石けん作りのマイスター( )が仙台工場からやってきた!でも最近は石けんの質が落ちているという口コミが入り・・。 今夜は第8話の放送ですね。 新専務( )は超合理主義。 8話の感想 今週も森若さんと太陽くんの恋愛が発展し、かなり盛り上がってきました。 シリーズ序盤は子犬のように森若さんにただじゃれていた太陽くんでしたが、最近はかなり頼りがいのあるシーンが増えています。 森若さんの悩みに的確なアドバイスをしたり、悪口に対してキッチリ反論したり、風邪をひいた森若さんを看病するなど、健気さの中に頑張りが感じられて、好感度が急上昇中です。 このカップルの二人には嫌味なところが全くなく、このままうまくいって欲しいなあと思います。 このドラマの口コミの中には森若さんの恋愛パートは不要という意見もありますが、森若さんが仕事一辺倒のカタブツで終わらず、喜んだり楽しんでいる表情が増えるところが見たい!という視聴者も多いはずですので、恋愛のエッセンスも必要だと思います。 またこのドラマはコメディパートの織り交ぜ方が秀逸です!特に終盤、いつもはおとぼけな真夕ちゃんが、二人より先に買収の件を察知するシーンに爆笑してしまいました。 森若さんと太陽くんは遠距離恋愛へ。 落ち着くところに落ち着きながらも、続編の予感も感じさせる最終回でした。 最後に 動画配信サービス「」ならば、再生中に煩わしい広告(CM)もなく、『これは経費で落ちません!』を1話から最新話まで高画質でご覧になれますので、見逃した回があればチェックしてみてください。

次の

これは経費で落ちません!

これは経費で落ちません 出演者

「これは経費で落ちません」相関図と役柄は? 森若沙名子(多部未華子) この物語の主人公で、経理部員として石鹸メーカー「天天コーポレーション」で働いています。 仕事にも私生活に対しても真面目で堅物です。 なるべく余計なことをしないようにほかの人と距離を置きマイペースに生きているが、回ってくる請求書、領収書を見て思わぬ人間模様が見えてしまい、堅物な森若は様々な小狡い社員たちにアプローチしていきます。 山田太陽(重岡大毅 ジャニーズWEST)) 営業部の若手社員でエースとして期待されています。 お調子者で笑顔がまぶしい好青年です。 様々な騒動で森若と関わっていき恋に落ちていきます。 恋に奥手な森若にもめげずにアタックし続けています。 佐々木真夕(伊藤沙莉) 森若と同じ経理部員で森若の後輩です。 上司にもため口をきいてしまいますが、天真爛漫で憎めないキャラです。 山崎柊一(桐山漣) 営業成績のナンバー1の営業部員で山田の先輩社員です。 山田と違い、冷静でクールですが人の懐に入るのが得意です。 中島希梨香(松井愛莉) 佐々木と同期でうわさが大好きな女の子です。 商品パッケージの企画を担当しています。 恋や結婚が第一優先で仕事は二の次です。 鏡美月(韓英恵) 森若の同期で入浴剤の開発を担当しています。 森若のよき理解者です。 吉村晃広(角田晃広) 営業部の部長で営業部こそが会社の花形、稼いでいるのは営業部と思い込んでおり、金額の小さい経費は確認せずに経理部へ渡してしまっています。 皆瀬織子(片瀬那奈) 様々なメディアへ出ている天天コーポレーションの顔です。 新島宗一郎(モロ師岡) 総務部の部長であり、リスク管理室長も兼任しています。 田倉勇太郎(平山浩行) 製造部の担当であり、経理の仕事に対し、冷静で真摯に向き合っているところを森若は模範としています。 新発田英輝(吹越満) 経理部長であり、森若の上司に当たります。 営業部の吉村とは、大学からの先輩後輩の関係で、犬猿の仲です。 とてもまじめそうですが、ユーモアあふれるキャラになっています。 「これは経費で落ちません」キャスト 出演者 のプロフィールと出演代表作品は? 登場人物を見たら「このキャストぴったり!」と感じる方多いのではないでしょうか? より深く知っていただくために、キャストのプロフィールと代表作品をまとめてみました。 森若沙名子を演じるのは 多部未華子さん 1989年1月25日生まれの30歳、東京都出身です。 子供のころにミュージカルを観劇しミュージカルに出たい一心でオーディションを受けており、そこでスカウトされて芸能界デビューしています。 NHKの連続テレビ小説「つばさ」に主演として出演している朝ドラ女優としても有名です! その後もたくさんの映画やドラマに引っ張りだこな女優さんです。 山田太陽を演じるのは重岡大毅さん ジャニーズ事務所所属のジャニーズWESTメンバーであり、2014年にCDデビューをしています。 俳優業としては2014年のTBSドラマ「ごめんね青春!」や2019年のフジテレビドラマ「ストロベリーナイト・サーガ」など話題のドラマに出ており存在感を表しています。 佐々木真夕を演じるのは伊藤沙莉さん わずか9歳、演技未経験の中演じた難役をこなして有名になり、その後も「女王の教室」「獣になれない私たち」などに出演しております。 山崎柊一を演じるのは桐山漣さん 1985年2月2日生まれの34歳、神奈川県出身です。 20代前半から俳優を目指し様々なアルバイトしながら養成所でレッスンを受けておりましたが、2006年ミュージカル「テニスの王子様」に出演。 その後2009年には仮面ライターWに菅田将暉とW主演を果たしています。 その後も「俺のスカート、どこ行った?」など様々なドラマ、映画に出演している人気上昇中の俳優さんです。 中島希梨香を演じるのは松井愛莉さん 1996年12月26日生まれの22歳、福島県出身です。 ティーン向けファッション雑誌の「二コラ」の第13回オーディションに応募しグランプリを受賞、その後アイドルグループの「さくら学院」としても活動していました。 女優業としては2018年の「グッド・ドクター」2019年の「僕の初恋をキミに捧ぐ」など様々なドラマに出演しています。 鏡美月を演じるのは韓英恵さん 1990年11月7日生まれの28歳、静岡県出身です。 主に映画を中心に活躍されている女優さんで、2001年「ピストルオペラ」2004年「誰も知らない」などをきっかけに注目され、その後も多くの映画に出演している女優さんです。 吉村晃広を演じるのは角田晃広さん 1973年12月13日生まれの45歳、東京都出身です。 お笑いトリオの「東京03」の大ボケ担当をしています。 クオリティの高いコントで有名な東京03ですが、その演技力を発揮して数々の映画、ドラマに出演されています。 NHKの朝ドラ「半分、青い。 」や2018年の日本テレビ「もみ消して冬」などに出演されています。 皆瀬織子を演じるのは片瀬那奈さん 1981年11月7日生まれの37歳、東京都出身です。 高校生の頃にスカウトされ、モデルとして活躍、現在は女優業はもちろん司会業としても活躍されております。 出演作としては2019年の日本テレビ「白衣の戦士!」映画では2014年「海月姫」などたくさんの映画に出演しています。 新島宗一郎を演じるのはモロ師岡さん 1959年2月20日生まれの60歳、千葉県出身です。 大学在学中から劇団に入団し、俳優として活躍しています。 1996年の北野武監督映画「キッズ・リターン」で東京スポーツ映画大賞の助演男優賞を受賞されています。 最近の出演作は2016年日本テレビ「逃げるは恥だが役に立つ」2019年「集団左遷!!」などに出演されています。 田倉勇太郎を演じるのは平山浩行さん 1977年10月17日生まれの41歳、岐阜県出身です。 2003年のドラマ「高原へいらっしゃい」でデビューし数々のドラマ映画に出ている名脇役の俳優さんです。 一番有名なのは菅野美穂と一緒に出ていた「チオビタ」のCMでしょうか!? 最近では「わたし旦那をシェアしてた」にも出演しておりました。 新発田英輝を演じるのは吹越満さん 1965年2月17日生まれの54歳、青森県出身です。 劇団WAHAHA本舗に参加し、舞台で活躍しておりました。 その後もたくさんの映画、ドラマに出演されております。 最近の出演作では 2018年テレビ東京 「忘却のサチコ」2014年日本テレビ「今日は会社休みます」などに出演されています。

次の

これは経費で落ちません!

これは経費で落ちません 出演者

今クールのドラマは「金曜夜10時」がやたらと熱い。 ひとつは、視聴率やSNSでの盛り上がり、コンフィデンス誌によるドラマ満足度調査「ドラマバリュー」などを含めて初回から高水準を維持し続けている、黒木華主演の『凪のお暇』(TBS系)。 もうひとつは、主演のドラマ10『これは経費で落ちません!』(NHK)だ。 SNS上には「今期ドラマで一番楽しみにしてるの『これは経費で落ちません!』かもしれない」「今期一番おもしろいドラマ」「ドラマは『これは経費で落ちません!』しか観ていない」といったつぶやきが見られるほど。 ドラマ10といえば、『女子的生活』や『透明なゆりかご』『昭和元禄落語心中』『トクサツガガガ』など話題作を連発している枠。 そうした流れのなかで、今期の『これは経費で落ちません!』は、話題性や華やかさはあまりなく、ドラマチックな内容でもない。 しかし、脚本やキャストの良さ、丁寧な作りが、回を重ねるごとにジワジワと評価を高め、満足度も上昇し続けている。 毎回、彼女のもとに回ってくる怪しい領収書や請求書をきっかけに、思いがけぬ不正や人間関係などが浮かび上がってくるという物語だ。 ネット上の声を拾ってみると、このドラマの好評の理由にはいくつかの要素があるようで、そのひとつがまずストーリーにおけるリアリティだ。 近年は、お仕事ドラマというと、『わたし、定時で帰ります。 』(TBS系)を筆頭として、リアルな作品が増えている傾向がある。 しかし、本作の場合、リアルでありつつも、胸が痛くなるようなシビアな内容ではなく、描写はあくまでコミカル。 そして、取り上げるテーマも、巨額な横領などではなく、小さな規模で、非常に身近であることが大きな特徴だ。 例えば、経費で購入した物品を私的に利用したり、「自腹」で仕事のための小物を購入していたり、かと思えば、社長のお気に入り秘書は通常の手続きを経ずに許されてしまう「特別案件」だったり。 また、「経理システムに入力して申請するのに、プリントアウトして印鑑を押して提出しなければいけない」という、日本の中小企業的な「あるある」も多く、それに対してさまざまな立場の人の考えや価値観、背景などが、実に丁寧に描かれている。 「秘書課と経理のやり取りがリアル過ぎて笑える」「経理人からするとあるあるとか共感多過ぎておもしろい」「会社を舞台にしたコメディだけど、変なところがリアル」など、SNS上にも、リアルさを楽しむコメントが多数見られる。 経理部というと、「細かい」「融通が利かない」「合理的で杓子定規」といったネガティブなイメージを持つ人も多数いるだろう。 しかし、ヒロイン・森若は真っすぐ誠実かつ合理的に「規律」に従って仕事をしながらも、自分の理屈を他者に押し付けることは決してしない。 他者の不正を暴いて得意げになるわけではなく、「正しいこと」であっても、それで傷つく人がいないかを考え、迷いを抱くこともある。 他者の言葉に耳を傾け、それぞれの立場や役割を尊重し、価値観の違いを認め、受け入れていく寛容さや柔軟さも持っている。 これは『わたし、定時で〜』などから定着した感のあるお仕事モノの描き方かもしれない。 さらに、森若の仕事の仕方で心地よいのは、「イーブン」を好きな言葉とし、臨機応変に「差し引きゼロ」を考えて処理する柔軟性だ。 どこまでもフラットでフェアなモノの見方は、「上から目線」を嫌う今の時代の感覚にピタリとハマっている。 また、『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』(日本テレビ系)あたりから、華やかな仕事ではなく、「自分に与えられた地味な仕事を粛々とこなす」ヒロインのあり方が、受け入れられてきている流れもある。 「貸借表で、ぴたりと数字がしまる瞬間が好き」と言い、達成感から漏れ出る笑顔の美しさ。 自分の仕事に誇りを持ってのぞむ姿勢は、見ていて清々しく心地よいのだ。 さらに、多部未華子を中心に、吹越満、伊藤沙莉、平山浩行、さらに第6話からも加わった「経理部」の顔触れも良い。 世代性別が異なる上手い役者ばかりで見せる軽妙なやりとりは楽しく、そこだけでもずっと観ていられる印象がある。 派手さはなく、大きな出来事も起こらないが、経理という立場から見る会社の「あるある」と、人間模様を丁寧に描いたドラマ。 本作には、途中から見てハマり、一気観したという視聴者もチラホラいるように、「質の高さ」が後から続々と客を呼び込む理想的な道をたどっているようだ。 (文/田幸和歌子).

次の