うつ 病 の 初期 症状。 すぐ出来るうつ病チェック|うつ病サプリ

うつになりやすい人は真面目な性格って本当?初期症状でくい止めよう|うつ病治療サポートコラム|うつ病サプリ

うつ 病 の 初期 症状

スポンサーリンク うつ病の初期症状に注意 うつ病の初期症状として、目つきが変わることがあるようです。 こんな時は、• 早朝に目が覚めてしまいませんか?• 着替えることが面倒くさくなっていませんか?• 午前中の調子は最悪で、夕方になると調子が良くなるようなことはありませんか?• 人と話すことがめんどくさくありませんか?• お風呂に入ることが億劫ではないですか?• 布団に入ってもなかなか寝付けなくないですか? これらはうつ病の初期症状の代表例です。 目つきが変わり、表情が無表情になっているときは、注意が必要です。 自分では気づきにくいかもしれません。 周囲の人に聞いてみるのもいいかもしれません。 すべての人が目つきが悪くなるわけでは無いようですが、うつ病の早期発見のサインかもしれません。 イライラがおさまらない こんなときは、イライラする事も多くなるようです。 イライラの対象は自分であったり、周囲の出来事であったりと理由は違うかもしれません。 しかし、そのイライラを抑えることができないときも注意が必要です。 また、こんなときはストレスなどで判断力を低下しています。 なのに、普段通り要求されてしまうので、余計ストレスが溜まりイライラもひどくなる、悪循環に陥ってしまいます。 睡眠に注意する こんなときは、イライラが絶頂できっと夜眠ることもままならないでしょう。 そのために睡眠が充分にとれず、そのことで目つきがさらに悪くなってしまいます。 布団に入ってもなつけない、朝早く目が覚めるなどの症状で続くようであれば、注意が必要です。 うつ病の始まりかもしれません。 まとめ 目つきが変わったな。 と感じたら、それはうつ病へのサインを疑ってみましょう。 うつ病は早期の治療が大切です。 ひどくなってしまうと、治すにも時間がかかります。 そうならぬよう普段から些細な変化に気をつけることが大切です。 少しでもお役に立てれば嬉しいです。

次の

アルツハイマー/若年性アルツハイマーの初期症状・発症のサインは?

うつ 病 の 初期 症状

京都心理カウンセリング 心理カウンセラー 塩澤順哉です。 激しい頭痛が続いたので、うつ病を疑って精神科へ行こうか。 こんな風に考える人はまずいないでしょう。 頭痛だと内科または、脳についての専門医のいる所に行く。 もし、受診した、内科や脳の専門医が 「検査の結果、問題は見つかりませんでした」 と言われたらどうするでしょう。 僕自身の経験としても、からだの症状から始りました。 20歳の春のことです。 もう10年以上前のこと。 ある朝、まだ薄暗いのにも関わらず目が覚めた。 何か変だなっと思った。 身体のどこかに違和感があることにすぐ気づいた。 お腹の辺りが痛かった。 しばらく横になっていれば治るかな。 そう思ってしばらく横になっていた。 空が少し明るくなってきた。 だけど、お腹の痛みは減るどころか強くなる。 それでも、我慢していたがどうしても痛い。 当時、同居していた祖母にお腹が痛いと伝えた。 最初は、そんな大げさな!と笑われた。 朝、痛みで目ががめたこと。 どんどん痛くなる事。 呼吸をするだけでも辛いぐらい痛い事。 とにかく痛い。 と言ったところ、病院に行ってきては? ということで、痛いお腹を抱えながら 近所の総合病院まで自転車で向かった。 3分もかからない道のりをノロノロと。 診察が始まるまでイスで座って待ってくださいと言われ。 痛すぎるので、横になれないかと聞いてみたところ、 横になるれるベッドを案内された。 診察が始まるまで凄く不安だったのを覚えている。 持ち物は、家のカギ。 携帯電話と保険証とお金の入ってない財布と。 診察が始まって、まずは検査だと言われて、 内蔵のエコー検査をした。 が特に問題なし。 レントゲン撮影をした。 が特に問題なし。 ついには胃カメラを飲む事になった。 辛かった。 胃カメラを口の中に突っ込まれながら。 お医者さんが、 これ見えるか?とか、 あぁこれはアカンなぁ。 結構出血してるわ。 とかそんな声が聞こえてくる。 これで検査は終ったようだ。 さっさと薬を出してもらって帰りたい。 そう思ってやっとの思いでいきついた診察室 医者はただ決定事項をこう伝えた。 今日から1週間入院だから。 入院に必要なものだけ取りに帰って。 そういうと、空きベットを探す内線電話を始めた。 僕は医者にこう言った。 入院なんかしません。 帰ります。 勝手に空きベッドなんか探さないでください。 そう言って、診察室を出ようとした。 が、医者の話しが始まる。 君はわかってないみたいだけど、 身体には凄くストレスがかかっている。 このまま家に帰ると倒れることになるでしょう。 1週間入院して、点滴をして、食事もお粥と言っても、 最初は、3分粥と言って、お米は入ってないようなものからです。 そうしないと、治らないよ。 と医者は冷静に僕に話した。 どうしても入院は嫌だ。 と言い張った。 だけど、医者は絶対に折れない。 入院しか選択肢はないという態度を絶対変えない。 という気合いに負けた。 そして、1週間の入院。 退院時にまた恐怖の胃カメラを飲んで退院はできることになった。 うつの症状が出たのは、その2か月後。 朝目は覚めても、首から下が動かなかった。 最初は、夢かと思ったが、身体が動かない。 布団から出て、ベッドに座るだけでどれだけ時間がかかったことか。 急に身体が動かなくなった。 電池の切れたスマホみたいだ。 全く何もやる気がでないし、そもそも身体が動かない。 これは僕の個人的な経験です。 このように胃痛からうつが始まるのも、教科書の通りと言えばそうだ。 慢性的な疲労• めまい• 耳鳴り• 肩こり• 高血圧に低血圧• ぜんそく• 呼吸の苦しさ• じんましん• 下痢 うつ病になるとこのような身体症状が出ることがある。 また、うつ病の初期症状としてこのような症状が出ることもある。 原因不明の身体症状は、うつ病を疑ってみる必要もある。 このようなことも一つ知識として持っておいて頂けるといいかと思う。 また、心理的な要因がその身体の痛みに起因している場合がある。 そのような時にはカウンセリングでその症状を解消できる。 怒り、誰かに腹が立つというような気持ちを抑える。 悲しみや、恐れの感情を抑えることが身体的な症状が出ることがあります。 僕がカウンセリングで体感した、身体症状の変化というと、 身体が凄く軽くなったこと。 視線が上がった事。 この2つは本当に凄い変化を感じました。 心理的な要因がある、身体症状はカウンセリングで解消できます。 一度、お気軽にご相談ください。

次の

うつの症状を自己チェック

うつ 病 の 初期 症状

うつ病症状• 自殺願望• 自分を責めるような罪悪感• 気分が落ち込む• 悲壮感• 涙もろい 最近泣きたい気分になる事が増えたり、簡単に泣いてしまったりという人は、ひょっとするとうつ病になっている、あるいはうつ病の初期症状かもしれません。 ネガティブ思考と涙の関係 うつ病でなくとも、泣きたくなるようなシチュエーションに遭遇すれば、涙が流れてしまうということは誰にでもありますよね。 あまりにも嬉しい時や悲しい時、感情の起伏によって出てくる涙は、「情動性分泌」と呼ばれ、脳の前頭前野 ぜんとうぜんや という部分が刺激を受ける事で発生します。 この脳の前頭前野全体は感情をコントロールする事に加え、• 作業記憶、学習機能• 判断力、決断力• 計画、段取り• 推測 などの機能も司っています。 うつ病傾向のある人ほど、ネガティブな思考と前頭前野の活動に深い関連性がある事がわかっています。 つまり、うつ病の症状である涙には、ネガティブな思考による脳の働きが大きく影響していると考えられるのです。 ネガティブな思考が察知され、それが繰り返し起こる事により、うつ病が定着したり悪化したりする恐れがあると言われています。 うつ病は早期に発見できれば症状も軽くて済み、治療期間も短くて済むでしょう。 もしも泣きたい、涙が出るといった症状が2週間以上続いたら、迷わず心療内科を受診してください。 うつ病の初期症状一覧 うつ病の初期症状を見逃してしまうと対処も遅れてしまい、手遅れになってしまう可能性があります。 ここでうつ病の初期症状を整理してみましょう。 心当たりある人は要注意です。 思考能力が落ちる 物事に対して深く考える事ができなくなります。 今までは慎重に考えて計画的に行動できていたのが、思考力が落ちると自分の考えをうまくまとめられなくなってきます。 そのため、場当たりな行動をする事もあり、その結果仕事に支障が出てしまい、効率が悪くなる事もあります。 やる気が出ない 今までは休日に気分転換したり、好きな事をしたりして過ごしていたのが、何もする気にならなくなり、無気力になってしまいます。 好きな事に限らず仕事面でも無気力になってしまい、自分から積極的に行動する事ができなくなります。 家に引きこもりがちになり、仕事へも行けなくなります。 集中力がなくなる 一つの作業に集中するのが難しくなります。 今まで普通にこなせていた作業ができなくなり、短時間でも集中力が続かず、時間がかかってしまいます。 仕事上でもミスが増え、落ち込むが事が増え、それが悪循環になっていきます。 気分がスッキリしない 何かいい事や面白い事があっても、心から笑う事ができなくなります。 何をやってもスッキリせず、爽快感がありません。 いつも落ち込んだ気分になってしまいます。 これが進行すると、やがて笑顔が全くなくなり「死にたい」と感じるようにまでなってしまいます。 朝なかなか起きられない 夜に熟睡できていないせいもあり、朝、起きるのが異常なほどつらくなります。 誰でも朝は少しでも長く眠っていたいものですが、うつ病になると特に朝、起き上がるのが困難になり、ひどいと昼まで寝ているようになってしまいます。 自己嫌悪が激しくなる 自分の些細なミスにもこだわり、後悔をひきずり、自分を責め続けます。 なぜこんな簡単な事なのにできないのか!などと自問自答する事も増え、しまいには自分という人間には価値がないと思い始め、身体を傷つけたり、自殺願望を抱いたりするようになります。 うまく話せない 思考力が低下するのが原因で、うまく言葉が出てこなくなります。 そのため、自然と口数が減ってしまい、今まで普通に会話できていた事も困難になり、無口になっていきます。 これも、気分がスッキリしなかったり、自己嫌悪になったりする要因です。 些細な事でイライラする ちょっとした事でもイライラするようになってしまいます。 普段なら何もない事でも、いつまでも引きずってイライラが止まりません。 その結果、自分で怒りの感情を抑える事が難しくなり、トラブルを起こしやすくなります。 下痢が多くなる これは自律神経の乱れが原因です。 頭部に湿疹ができる ストレス性の円形脱毛症になる事もあります。 なぜ涙が出てくるのか 人は感動した時や喜んだ時も涙を流しますが、その背景には、自分では制御しきれない程の感情やストレスを刺激また有害物質として受け取り、それを身体から排除(解放)していると考えられます。 うつ病が進行しすぎるとこんな症状が うつ病が悪化すると、死について考える時間が増えてしまいます。 精神的症状が悪化してしまうと、ちょっとした失敗でも「私がいたから失敗した」と考えたり、「私さえいなければこんな結果にならなかった」と悲観的に考え過ぎたり、自分を責めたりしてしまいます。 そしてその考えが進行してしまうと、「私がこの世にいるから何もかも悪くなる」、「どうせなら死んで消えてしまいたい」という考えにまで達してしまいます。 うつ病の傾向が見られたら、早い段階でカウンセリングに頼ってみてくださいね。 身体面での症状 うつ病は、精神面ばかりに症状が現れるわけではなく、身体面にも症状が現れます。 うつ病には身体面での症状もあります。 しびれが出る• 疲れやすい• 食事がおいしくない• 食後すぐに嘔吐してしまう• 食べられない• 外出できない• 一睡もできない• 急激な動悸に悩まされる などが症状の例です。 症状が進行してくると、活動が制限され。 急激な動悸がしてくるようになります。 実は一番厄介な症状が「動悸」です。 動機が激しくなってくると、身体のコントロールがきかず、その場で倒れてしまう事もあるので、非常に危険です。 まとめ• 最近泣きたい気分が多い、わけもなく泣いてしまうことが多いのはうつの初期症状かもしれません• 初期症状には「思考能力の低下」などいくつかありますので該当している項目がないかチェックしてみてください• うつ病に限らず身体の異変サインに日頃から気づくようにし、忙しさにかまけてなおざりにせず対処するように心がけてください.

次の