特定警戒都道府県 現在。 特定警戒都道府県はどこ?新しく指定される県が増える可能性も

特定警戒都道府県とは何か?対象地域や緊急事態宣言との違いは?

特定警戒都道府県 現在

・北海道 ・茨城県 ・石川県 ・岐阜県 ・愛知県 ・京都府 以上の13都道府県を「特定警戒都道府県」として指定しました。 特定警戒都道府県に6都道府県加えられた訳は? 先程の6都道府県が加えられた訳は先に緊急事態宣言が出された7都道府県と同程度の蔓延が進んでいることが理由であるようです。 これで47都道府県全てで解除される事になります。 特定警戒都道府県の13都道府県は継続が濃厚ですが、 それ以外の34県は緊急事態宣言を解除し、34県関の移動が可能になりそうな動きがありました。 【34県 14日に宣言一括解除検討】 政府は緊急事態宣言について、特定警戒都道府県以外の34県で、今週14日に一括して解除することを検討している。 特定警戒都道府県も改善が顕著なら解除が視野に入ってくるという。 — Yahoo! ニュース YahooNewsTopics 正直違いが分からない方も多いようでネット上では厳しい言葉もあります。 何なのこれ?分かりにくい 何で無駄に分類するんだ… 分かりにくいことしかしない人間って人の上に立つべきではないんだよね めんどくさいから 安倍総理が全国に緊急事態宣言を発令、13都道府県は「特定警戒都道府県」に(AbemaTIMES) — Y! ニュース — キュア〇〇 eda54321 多くの人が疑問に思っている「特定警戒都道府県」の13都道府県とそれ以外の34県の違いですが、 厚労省のHPで答えていました。 緊問3 特定警戒都道府県である13都道府県と、それ以外の34県の違いは何ですか。 急事態宣言の対象であるという点においては、全都道府県は、特措法にのっとり必要な措置を講ずることができる点で、共通しています。 例えば、 ・外出の自粛等についての協力要請 ・施設の使用制限についての要請 ・都道府県をまたいだ不要不急の移動の自粛要請 ・(いわゆる「夜の街クラスター」が多数発生している)繁華街の接待を伴う飲食店等への外出自粛要請 ・国民生活や国民経済の安定確保に不可欠な業務の継続要請 などが挙げられます。 この際、全都道府県の中でも、4月7日に対象地域となった7都府県や、この7都府県と同程度にまん延が進んでいる6道府県については、特に重点的に感染拡大の防止に向けた取組を進めていく必要がある地域(「特定警戒都道府県」)としています。 なお、特定警戒都道府県以外の34県の中には、感染者が少ないものもあります。 しかしながら、全国的な感染拡大の傾向、大型連休期間における人の移動の最小化といった目的に鑑みての対象地域拡大ですので、例えば、上述の5つの事例の中では、施設の使用制限の要請、国民生活等に不可欠な業務の継続要請、について、地域の状況を踏まえ、判断いただくこととしています。 この厚生労働省の答えによりますと「特定警戒都道府県」になると強制的に休業させれたり、ロックダウン(都市封鎖)をするといった効力はありません。 特定警戒都道府県になるとどうなる? 特定警戒都道府県になるとどうなるか?の結論は強制力のある決まりはなく、 具体的な非常事態宣言との違いはない!という事になります。 ただコロナウイルスの蔓延が広がっている地域のためより警戒しなくてはならない地域といった区分けの為に指定されたという訳です。 ただ強制力は無いのですが、特定警戒都道府県に指定された県では、 このようなニュースも報道されました。 日本マクドナルドは19日、13都道府県の全店舗(計約1910店)で、店内での飲食を20日から5月6日まで終日中止すると発表。 新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためで、政府が緊急事態宣言で感染拡大防止策を重点的に進める「特定警戒都道府県」を対象とします。 — 時事ドットコム(時事通信ニュース) jijicom 今後色んな影響があると思いますので追記していきます。 外食産業大手のマクドナルドやはいち早く特定警戒都道府県の対応をみせました。 美容室なども営業自粛し、東京都は休業する理美容店に給付金を支給するなど動きがあります。 またパチンコ店は強く活動自粛を要請し、 営業店舗には店名公開などの対応をとっています。

次の

緊急事態延長、4日に決定 全国対象に「1カ月程度」―特定警戒、沖縄追加など検討:時事ドットコム

特定警戒都道府県 現在

新型コロナウイルス対策に関するニュースとして、当初2020年5月6日までとしていた緊急事態宣言の延長が決定されることになりました。 更に、2020年5月1日にこの緊急事態宣言の延長に関連して 、西村経済再生担当大臣から民放のテレビ番組で以下の発言がありました。 特に重点的な取り組みを進める必要がある13の「 特定警戒都道府県」について、 「感染者数が100人を超えている県があるので、場合によっては 増える可能性がある」と述べました。 (NHK NEWSWEB nhk. jpからの引用 既に全国に緊急事態宣言がなされている中「 特定警戒都道府県」を増やすとはどういうこと? 新たに「特定警戒都道府県」に指定された市民は、更に「何をするべきなのか?」「何をしてはいけないのか?」と疑問に思いました。 今一度「 特定警戒都道府県」とは何か?どこなのか? 緊急事態宣言との違いは何か?を調べ直してみました。 特定警戒都道府県とは何?どこ? 特定警戒都道府県とは何? 政府は、4月7日に、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府、兵庫県、福岡県の7都府県に対して、感染者数、孤発例の多さ、その増加のテンポの速さなどを勘案し、新型インフルエンザ特別措置法(特措法)に基づき、緊急事態宣言を出しました。 更に4月16日に、新たに北海道、茨城県、石川県、岐阜県、愛知県、京都府の6道府県にも同程度の新型コロナウイルスの蔓延が進んでいること、また、それ以外の県においても感染拡大の傾向が見られることから全都道府県に向けて緊急事態宣言を行うに至ました。 全都道府県に向けて緊急事態宣言を行う際に、厚生労働省が 特に重点的に感染拡大の防止に向けた取組を進めていく必要がある地域を「特定警戒都道府県」と総称するとしたのです。 特定警戒都道府県はどこ? 特定警戒都道府県をまとめると以下の通りです。 北海道、茨城県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、石川県、愛知県、岐阜県、京都府、大阪府、兵庫県、福岡県の13都道府県です。 特定警戒都道府県になると市民の生活はどうなる? 特定警戒都道府県で 働いたり、生活している一般人はどのような行動をとるべきかという疑問については、原則緊急事態宣言の内容と同じです。 最初に7都府県に対し緊急事態宣言を発せられたときのガイダンスを振り返ると以下の通りです。 何よりも、自分自身への感染を防ぐこと、他の人に感染させないことです。 具体的には、 第一に、 不要不急の外出を避けること。 「外出しなくても良いことは家で済ます」、その典型例は職場に行かずにテレワークで済ますことです。 また「今日明日にしなくても済むことは、先に延ばす」ことです。 第二に、 「3つの密」を避けることです。 3つとは「換気の悪い密閉空間」 「多くの人が集まる密集場所」 「2m以内の距離で会話や共同行為をする密接場面」です。 厚生労働省ホームページ 緊急事態宣言と政府の方針からの引用 要はメディアでも散々報道されていた内容ですね。 「不要不急の外出を避けること」と 「3密を避ける」ということですね。 また以下の政府方針も発表されました。 政府の基本的考え方は、専門家の知見に基づき、人々の接触を、新型コロナ発生以前に比べて最低7割、極力8割減らすことで、2週間後には感染者の増加を減少に転じさせる(ピークアウト)ことを目指しています。 これに、実際に成果が確認できるまでの期間を含めて、緊急事態の期間を大型連休明けの5月6日までとしました。 緊急事態宣言は、諸外国で見られる「ロックダウン(都市封鎖)」ではありません。 医療機関への通院、食料・医薬品・生活必需品の買い物、必要限度内での職場への出勤、屋外での運動や散歩の健康維持などのための外出まで、自粛の対象にはなりません。 ですから、 食料品などの買い占めのような行動は控え、 落ち着いた対応をお願いします。 厚生労働省ホームページ 緊急事態宣言と政府の方針からの引用 買い占めのような行動は控えるようにとの訴えにも関わらず、マスクは常に売り切れ状態となり通常時のように購入することは出来ず、高額で転売する業者が横行するようになりました。 また供給不足とはならないはずのトイレットペーパーまでもが小売店では売り切れが常態化に陥り、また食料を買いだめする人まで現れました。 更に危惧されているのが、休日に日常生活範囲を超えて移動する人々が増えていることです。 全都道府県に緊急事態宣言をした際に、行政がとる行動指針について以下の内容を挙げています。 国民の更なる行動変容を促すとともに、地域の流行を抑制し、特に大型連休期間(ゴールデンウィーク)における人の移動を最小化すること、を勘案し、4月16日に 全都道府県を緊急事態措置の対象としました。 厚生労働省ホームページ 緊急事態宣言と政府の方針からの引用 「特に大型連休期間(ゴールデンウィーク)における人の移動を最小化する」という文言があります。 当初 5月6日までとしていた 緊急事態宣言が延長されることから、緊急事態措置の一部が解除されたり緩和されるまでは、 日常の生活行動範囲内の移動に留まり、観光地や行楽地への遠出や旅行は控えるということになりますね。 特定警戒都道府県と緊急事態宣言との違いは? 特定警戒都道府県とそれ以外の県の違いは? 私は 緊急事態宣言と特定警戒の違いをもう少し具体的に教えて欲しいと思ったのですが、緊急事態宣言の内容については全国の都道府県に対して同じです。 ですので、13の特定警戒都道府県とそれ以外の34県で、一般人の行動の自粛が要請されることや制約を受けるということに違いがあるわけではないようです。 違いが生じてくるのは特定警戒都道府県となった行政側である自治体が行えることが変わるということですね。 その内容について報じているメディアがないか調べてみました。 政府は16日、新型コロナウイルス感染症に関する基本的対処方針を改正し、既に緊急事態宣言の対象としていた7都府県に北海道、茨城、石川、岐阜、愛知、京都を加えた計13都道府県を、特に重点的な対策を進める「特定警戒都道府県」と位置付けた。 13都道府県は、企業にテレワークや時差出勤の実施を強く求めるほか感染拡大につながる恐れがある施設が使用制限要請に応じない場合、新型コロナ特措法に基づき指示を出せる。 13都道府県を「警戒」地域に「政府、テレワークなど強く要請」(2020年4月16日:共同通信) 共同通信の内容によると「 新型コロナ特措法に 基づき 指示を出せる。 」ようになったということですね。 特定警戒都道府県が出来ること 「『緊急事態宣言』が出た場合の東京都について」という文書に「緊急事態宣言・特別措置法について」という項目ありました。 内容は以下の通りですが、「要請」以外にも「指示」という言葉も目立ちますね。 また強制的に行えることも記載されています。 【イベント】特措法45条2項 イベントを開催しないよう知事がまず「要請」して、それでも応じない場合は 「指示」。 指示には罰則はないものの、公権力を背景とした指示は、事実上の強制力を持つと考えられる。 さらに「指示」を行った事業者名などを知事がホームページなどに 「公表」。 【休校】特措法45条2項 休校を「要請」または 「指示」。 都道府県立の高校は都道府県が所管しているので知事の判断で休校できる。 私立学校や区市町村立の小中学校は、知事が休校を「要請」し、応じない場合には 「指示」できるが、罰則はなし。 【店舗や施設】特措法45条2項 「多数の者が利用する施設」は使用制限や停止を「要請」できる。 「多数の者が利用する施設」は政令で定められている。 例:映画館、展示場、百貨店、スーパーマーケットのほかホテル、美術館、キャバレー、理髪店、学習塾など。 (ただし、スーパーマーケットのうち、食品、医薬品、衛生用品、燃料など生活必需品の売り場だけは、営業を続けることができる)。 強制的に休業させる直接的な規定はない。 損失補償については、そもそも強制的な命令ではないため、直接の規定はない。 【マスク】特措法55条 必要な物資の売り渡しの要請ができ、応じないときには、知事が 強制的に収用できる。 保管場所の立ち入り検査を拒否した場合も、30万円以下の罰金となります。 罰則があるのはこの2つだけ。 【外出】特措法45条 都道府県知事は、生活の維持に必要な場合を除き、みだりに当該者の居宅又はこれに相当する場所から外出しないこと、その他の感染の防止に必要な協力を要請することができる。 あくまで外出自粛の「要請」で罰則はない。 これまでの東京都による外出自粛要請と差異はない。 【交通】特措法20条・24条 ・総理大臣や都道府県知事は、鉄道会社などの「指定公共機関」と総合調整を行うことができる。 これはストップさせるというよりも、感染が拡大した際でも最低限は交通機関を動かしてもらうというもの。 道路の封鎖も規定はない。 ・感染症法33条では、感染した場所が十分に消毒できていない場合、そこに人が集まらないように、72時間以内で局所的に閉鎖したり、そこに向かう交通手段を遮断したりできるが、それは消毒のためで、広域的に人の動きを止めるためではない。 いわゆる「ロックダウン(都市の封鎖)」とは別のものです。 現在各地の都府県でパチンコ屋が、行政からの営業自粛を散々要請されながらも営業を続けていることがメディアで報じられていますね。 一部の自治体では、営業を続けている店舗を「公表」することに踏み切りました。 社会的な問題に発展しそうでしたが、休業することにした店舗が増えるようになりました。 事業主にとって休業は経営上の死活問題になるのですが、3密状態の営業環境下で従業員も感染するリスクに怯えながら働く状態に置かれ、当事者は相当悩まれたと思います。 パチンコ屋に限らず、既に休業や業務縮小に追い込まれているあらゆる事業者が、感染拡大の事態が収束し平常業務に戻られることを願ってやみません。 まとめ 「特定警戒都道府県となるとどうなるのか」について、簡潔・明瞭に説明されている資料や文書がないか調べてみましたが見つかりませんでした。 ただ、私なりにいろいろ調べた結果、要点は特定警戒都道府県知事の方が「要請」より一歩踏み込んだ「指示」などの措置が出来るようになったということですね。 特定警戒都道府県についてまとめると以下の通りになります。 ・特定警戒都道府県は現在 13都道府県だが、今後増える可能性がある。 ・特定警戒都道府県は新型コロナ特措法に基づき知事が「指示」を出せる。 ・それ以外の県は知事が地域の実情に応じて要請などを判断出来る。 ・一般人の行動は非常事態宣言と同じ。 「不要不急の外出を避ける」 「3密を避ける」 「食料品などの買い占めのような行動は控え、落ち着いた対応をとる」 「観光地や行楽地への遠出や旅行は控える」 以上のまとめについてご意見やご指摘があれば、からご連絡戴けると幸いです。 今回は、新型コロナウイルス対策における特定警戒都道府県とは何か?どこか? 緊急事態宣言とは何が違うのか?調べてみました。 最後までお読み下さり有難うございました。

次の

~毎日更新~特定警戒都道府県の移動定点観測_4

特定警戒都道府県 現在

安倍晋三首相は5月14日午後6時から記者会見を開き、全国に発出中の緊急事態宣言を一部の県で解除すると発表した。 解除対象は「特定警戒都道府県」に含まれない34県と茨城・石川・岐阜・愛知・福岡の5県を加えた39県。 一方で北海道、東京や大阪などの都市圏に近い8つの特定警戒都道府県では解除が見送られた。 緊急事態宣言が継続される都道府県は以下の通り。 北海道• 神奈川• 兵庫 これらの地域で宣言が解除ができるかどうかは、1週間後の5月21日を目途に再検討する。 緊急事態宣言の効力期限は5月31日まで。 政府は期限までに、宣言の「再延長」か「解除」かを判断する方針だ。 一方で安倍首相は、感染のリスクをゼロにすることはできないとした上で、感染拡大のスピードが増した場合には「2度目の緊急事態宣言もありうる」と述べた。 史上初の「緊急事態宣言」これまでの動き ・4月7日 「緊急事態宣言」発出 新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受けて、政府は新型コロナ特措法に基づく「緊急事態宣言」を発出した。 対象は東京・神奈川・埼玉・千葉・大阪・兵庫・福岡の7都府県。 ・4月16日 緊急事態宣言の対象を「全国」に拡大 特に重点的な感染拡大防止の取り組みが必要だとして、当初から宣言対象だった7都府県と、北海道・茨城・石川・岐阜・愛知・京都の計13都道府県を「特定警戒都道府県」に指定した。 ・5月4日 緊急事態宣言の延長 緊急事態宣言の発出から1カ月となった5月4日、政府は対象地域を「全国」としたまま、5月31日までの延長が決まった。 政府、引き続き感染予防策を呼びかけ 緊急事態宣言の解除後も、感染が再び拡大しないよう感染予防策の継続を求める。 特に、都道府県の境を越えての移動は今後も自粛するよう呼びかける。 専門家会議はこれまでに、感染拡大を予防する「新しい生活様式」の徹底を呼びかけている。 特定警戒都道府県では「最低7割、極力8割程度の接触機会の低減」を目指し、外出自粛の協力を要請。 それ以外の地域では「3つの密」を徹底的に避けるとともに、手洗い・人と人の距離の確保など基本的な感染対策の継続を要請している。 (文・吉川慧).

次の