仏壇 の 処理。 仏壇の処分って、どうやるの?

仏壇

仏壇 の 処理

引っ越しや家の取り壊し、あるいは古くなったので買い換えるなど、様々な理由で仏壇や神棚を処分しなければならなくなる時が来るかも知れません。 故人や神様にまつわる物だけに、粗大ゴミのように廃棄してしまうのも何か引っかかってしまったり、かといってどう処分するのが適切なのか分からないという方も多いのではないでしょうか。 いざという時のためにも、予備知識として蓄えておきましょう。 【こちらの関連記事もご覧ください】• 神仏関係の処分について• 「祟りはないか?」• 「魂が宿っているのか?」• 「神様や故人に対して失礼ではないか?」• 「そもそも捨てて良い物なのか?」 など、仏壇や神棚、あるいは仏像や仏具といった神仏関係の物を処分する際には、困ってしまうことが多いですよね。 特に仏壇は 「魂抜きをする必要がある」という意見や 「魂は入っていないから粗大ゴミで問題ない」という意見まで、人によって様々です。 私たちの気持ちひとつでどちらとも捉えることができますので、要は自分自身が「どう捉えるか」ということになって来ます。 とはいえさすがにそのまま粗大ゴミに、という人も少ないと思います。 まずは供養をしてもらうなど捨てる側の気持ちの整理をつけることが大切です。 注意点としては、供養はお寺や神社によって方法が異なったり、全く行っていまいところもありますので、事前に調べておくことが必要です。 また、 一手に引き受けてくれる業者もありますが、悪質な業者の場合では高額な費用だけ取られて不法投棄されてしまう可能性もあります。 不法投棄は、その業者だけではなく依頼主、つまり捨てる側の責任も問われますので、十分に気をつけたいところです。 そのためにも、処分方法やある程度の費用を押さえておきましょう。 仏壇の処分について まずは仏壇の処分方法についていくつかご紹介しますが、その前に確認しておきたい点をひとつ挙げておきます。 開眼法要を行ったかどうか 開眼法要とは、故人の魂を仏壇に入れることです。 もし行っている場合は、法要をしたお寺で魂抜きをしてもらいましょう。 もし仏具店で購入してそのまま特に何もせずに使用していたという場合には魂抜きは必要ありません。 なお、魂抜きは他にも「お性根抜き(おしょうねぬき)」や「閉眼供養」などと言う場合もあります。 (1)仏具店に引き取ってもらう 意外と知られていないのですが、仏具店では不要になった仏壇などを引き取ってくれるサービスを行っているところが少なくありません。 基本的には新しい仏壇の購入時に古いものを買い取るというサービスですが、引き取りのみも行ってくれるケースがあります。 多少の費用は発生しますが、供養から処分までを引き受けてくれるところも多いので安心して処分できる方法でもあります。 (2)粗大ゴミとして出す 仏壇の多くは粗大ゴミとして出すことができます。 細かいルールなどについては各自治体により異なりますので、管轄の自治体に問い合わせてみましょう。 費用が最も安く抑えられる可能性が高いのですが、出せる日時が決まっているため合わせなければならなかったり、回収場所までは自分の手で運ばなければならないなどの負担は避けられません。 (3)不要品回収業者に依頼する 費用が高くなってしまいますが、自宅まで引き取りに来てくれるところ、日時などは双方の都合が合えば平日・休日問わないところなど、利便性を考えると不要品回収業者に依頼するのが最も手間がかからない方法と言えそうです。 仏壇の処分方法としては、このようなものが挙げられます。 どの方法が最適かは、捨てる側の気持ちの問題も関わって来ますので、急いで決めずに家族間でも話し合ってよく検討するようにしましょう。 神棚の処分について 次に神棚の処分方法についてのご紹介ですが、こちらも処分の前に確認をしておきたい点がありますので挙げておきます。 魂入れを行ったかどうか 魂入れをしていない神棚については自分で処分をしてしまっても構わないと言われていますが、もし神棚を購入した後にお祓いをして魂入れを行った場合は、そのままゴミに出さずに魂入れを行った神社でお焚き上げなどを行います。 その方法については神社ごとに異なる場合が多いので、一度問い合わせてみることをオススメします。 (1)お焚き上げをする 一般的に神棚とは• 「お神札」• 「神棚」• 「神具」 の3つのことを指します。 *お神札 神棚の中でも特に重要なのがこのお神札であり、お神札を祀るためのものが神棚、という訳です。 一般的には年に一度、新しいお神札と交換をするようにします。 処分をする際には神社でお清めやお焚き上げを行います。 *神棚 お神札を祀るための棚を指します。 大きな物からホームセンターなどで購入できるコンパクトなものまでサイズは様々です。 処分をする際には神社でお焚き上げをしてもらいます。 *神具 お参りの際の道具や器具のことを神具と言います。 処分をするには神社でお祓いとお焚き上げを行います。 なお、昨今の環境問題を鑑み、お焚き上げを取りやめてしまった神社もありますので、事前に確認をするようにしましょう。 祈祷の後はお焚き上げをしてもらえることがほとんどですが、神具の中に陶器や金属類、あるいは神棚の扉ガラスなど燃えないものがある場合は不可という神社もありますので、事前に社務所や祈祷受付所などで神棚処分のための祈祷の申し込みをする際に併せて確認をしておきましょう。 気持ち的には祈祷をしたのちにお焚き上げをするこの方法が最も整理がつきやすいでしょう。 【こちらの関連記事もご覧ください】• (3)可燃ゴミまたは粗大ゴミに出す 可燃ゴミや粗大ゴミとして出す場合は、必ずお神札を抜いてからにしましょう。 また、陶器や金属類など不燃物がある場合は分別が必要になります。 可燃ゴミや粗大ゴミのルールについては各自治体ごとに異なりますので、確認をしておきましょう。 また、抜き取ったお神札に関しては神社のお札返納所に返納するようにしましょう。 (4)不要品回収業者に依頼する 仏壇と同様に、不要品回収業者に依頼して引き取ってもらう方法もあります。 自宅まで引き取りに来てくれますので、大きな神棚がある家庭でも困ることはありません。 仏壇や神棚を処分する際の費用の目安は? 仏壇や神棚の処分に際して、一般的に言われている費用の目安をご紹介します。 仏壇の処分費用の目安 魂抜きを行う場合:10,000円~50,000円程度(この範囲内で無理のない程度にお布施を支払う) 仏壇の廃棄処分:無料~3,000円程度(各自治体のルールにより異なる) 不要品回収業者:20,000円~70,000円程度(大きさや業者の価格設定などにより異なる) 神棚の処分費用の目安 祈祷:3,000円~12,000円程度(神棚の大きさ、祈祷に立ち会うかどうかなどの条件により異なる) 玉串料:3,000円~数万円(お焚き上げの際に必要なお祓いの代金のことで、大きさなどにより異なる) 不要品回収業者:20,000円~70,000円程度(大きさや業者の価格設定などにより異なる) おおよその目安ですが、このような費用がかかります。 ただし、地域や神社、お寺などによっても差がありますので、まずは一度問い合わせてみることをオススメします。 場合によっては「お気持ち程度」と言われることもありますが、その場合は上記の金額を目安に、無理のない範囲で支払うようにしましょう。 引き出しなどもしっかり確認を! ついつい見落としてしまいがちなのですが、仏壇の引き出しなどに故人にまつわる大切な物がしまってあることも少なくありません。 うっかり処分してしまわないように、今一度、確認をするようにしてください。 捨てる側の気持ちが何よりも大切 今回は仏壇や神棚という神仏関係の処分についてのお話しでした。 処分に関しては明確なルールは存在していませんので、いかに処分する側がすっきりとした気持ちで処分できるかが大切になって来ます。 いざという時に困らないためにも、今のうちからある程度決めておいた方が良いかも知れませんね。

次の

お仏壇の処分|法事・供養のあれこれ|祈りの老舗 はせがわ

仏壇 の 処理

処分方法は仏壇に対する『考え方』で変わる? 処分方法は仏壇をどのように考えているかで変わります。 一つは仏壇を『信仰の対象』としている場合。 もう一つは、仏壇を『仏具の収納場所』と考えている場合です。 また、仏壇に対する考え方だけでなく、処分時にかかる経済的な点も処分時の考慮すべき点となるでしょう。 それでは、以下で順に説明していきます。 仏壇を信仰の対象の一部とする場合 この場合はきちんとした供養が必要だと思います。 日本ではこの考え方が一般的ではないでしょうか。 宗派によって供養の仕方が異なりますから、檀家寺の僧侶や仏具店が手配する僧侶にお経を唱えてもらい魂抜き・御霊抜きをし、処分してもらうのがよいです。 その際にかかる費用は檀家寺や仏具店に依頼することになり、場所によって異なります。 事前に確認しておかないと意外と高いことがあります。 仏具店で処分を依頼するときには、WEBサイトなどで料金が掲載されていることもあるので参考にするとよいでしょう。 また檀家寺での仏壇の供養、処分等は料金ではなくお布施を渡すことになるのですが、そのお寺によって金額は異なってきます。 仏壇を処理する過程で、お焚き上げというものがありますが、最近ではダイオキシンなどの問題で簡単に野焼きでの処分が出来なくなったことから、仏壇のお焚き上げが出来ないことも多くなっています。 檀家寺や仏具店に頼んでも、実際にはお焚き上げは行われず、そのまま処分されてしまっているかもしれません。 お焚き上げはできないですが、お焚き上げの読経をして手作業で解体してくれるところもあります。 自分のご先祖様が祀られていたものなので、しっかり供養してくれるところに頼みたいですよね。 仏壇を仏具の収納場所とする場合 この場合、仏壇は仏具を置いておく入れ物であり、信仰対象ではないと考えることになります。 なので、供養などはせず、個人で粗大ゴミに出してしまって大丈夫です。 具体的な処分方法は基本的に地域の自治体のルールに則って出します。 仏壇の大きさを測り、近くのコンビニなどで大きさに適したゴミ処理券を購入し、回収してもらいましょう。 この方法で捨てた場合、かかる費用は多くても数千円です。 小さいものであれば、木製と金属の部分を分けて、燃えるゴミ、燃えないゴミとして出せます。 この方法で処分するのが一番費用を抑えられます。 不用品回収の事業者に頼むのも一つの手です。 家まで回収に来てくれるので、大きな仏壇や重くて運べないときはとても便利ですね。 ただし、ご本尊やお位牌などはしっかり檀家寺、仏具店で供養してもらいましょう。 ご本尊やお位牌も魂抜きなど供養が済んでいるのであれば、一般ゴミとして回収してくれる場合があります。 最後に このように仏壇を処分するためには複数の方法があります。 どの方法でも事業者を利用して処分するときは料金の比較はもちろんですが、口コミなどでしっかりと確認しておくといいでしょう。 くらしのマーケットでは、の事業者やの事業者を探すことができます。

次の

仏壇、位牌の処理について

仏壇 の 処理

仏壇処分の5つの方法 やむを得ない事情があるとはいえ、仏壇処分には後ろめたさを感じる人もいると思います。 そうした不安や罪悪感を払拭するために、適正な処分方法に従って処分するようにしましょう。 仏壇は法律上は、粗大ゴミとして、 一般廃棄物扱いで処分することになりますが、家具など他の粗大ゴミと同じような感覚で処分してはいけません。 閉眼供養をして、仏壇に宿るご先祖様の魂を抜いてもらってからにしましょう。 閉眼供養後は、お住まいの自治体のゴミ収集ルールを確認しましょう。 自治体によっては回収できないケースもあります。 依頼する際には、事前に自治体ホームページを確認するか、問い合わせしましょう。 回収できる場合は、お住まいの地域の クリーンセンターや 粗大ゴミ受付センターに回収してもらうことになります。 クリーンセンターは自分で持ち込む場合が多く、粗大ゴミ受付センターは事前に電話予約を入れ、シールを貼って家の前に置いておく場合が多いです。 処分する前には、「費用はいくらか」「引き取りに来てくれるか、持ち込まなければいけないか」「大きさはどれくらいまでか」を確認するようにしましょう. 大きさに制限がある場合 処分する仏壇に大きさの制限がある場合は、基準に合わせて 解体をしなければなりません。 頑丈で分厚い木材で作られているために、仏壇の解体は一筋縄ではいけません。 ご自身で解体が難しい場合は、自分で処分するのではなく、業者にお願いしましょう。 処分する仏壇を運ぶ必要がある 仏壇を処分する際には、仏壇を処分できる場所まで運ばなければなりません。 サイズにもよりますが、重いものだと100キロ近くあります。 そのため、自治体が引き取りに来てくれる場合でも、大型の仏壇の場合は解体して運ばなければなりません。 また、自分でゴミ収集センターなどに持ち込まなければならない場合は、専門の運搬業者に依頼することになるでしょう。 これらの事情を考えると、ご自身で大型な仏壇を処分する時は、結果的に高額になってしまいます。 引き取りと同時に、供養や処分を行う業者もあります。 依頼する前に、そのように適切な処分を行う店であるかを確認しましょう。 信用できるお店には、供養完了後に 証明書を発行していたり、 お寺と提携していたりします。 自分で処分した場合に比べて簡単である一方、費用は高額になります。 処分する仏壇の大きさによって異なりますが、 数万円から十万円近くかかります。 依頼する際には、トラブルを避けるために事前に、 見積もりをとってもらい、 追加費用についても詳しく聞いておきましょう。 仏具店に依頼するのは、 新しい仏壇に買い替えるタイミングが良いでしょう。 多くのお店が、新品購入時に、割安で古い仏壇の引き取りを行なっています。 先祖のお墓がある寺院を 菩提寺と呼びますが、仏壇の処分について親身に相談にのってくれるでしょう。 菩提寺がない場合は、お住まいの地域のお寺に相談してみると良いでしょう。 その際に注意するべきことは、依頼するお寺の宗派が 自分の宗派と異なる場合は断られることもあるので、事前に確認しておきましょう。 「粗大ゴミとして仏壇を処分するのは後ろめたい」「新品を購入しないと仏具店に引き取ってもらえない」「頼りになるお寺が近くにない」などの心配がある方にはおすすめです。 多くの不用品回収業者は仏壇・仏具の回収にも応じてくれますが、事前に確認しておきましょう。 また、仏壇以外の細かな仏具なども引き取ってもらえます。 仏具の中に、高価なものがあれば買取も行います。 しかし、どの不用品回収業者に依頼するのかはしっかりと選ぶことが必要です。 仏壇処分に伴い、供養などの手順を踏む業者であるかを確認しましょう。 また、費用の面では 事前見積もりを行い、追加料金の発生がない業者を選ぶことで、トラブルを避けられます。 例えばフリーマーケットアプリのメルカリでは、スマートフォンや携帯電話を使って出品したい仏壇・仏具の写真を撮影し、商品説明などを記入するだけで出品することができます。 出品や梱包はご自身で手配しないといけませんが、 費用は手数料として売上額の10%と配送料金はサイズによって異なります。 自分で仏壇を解体し、燃えるゴミとしてだせば無料。 デメリット 自治体によっては引き取ってもらえない。 仏壇の運搬や解体、供養のためのお坊さんの手配を自分で行わねばならず、手間がかかる。 ) 事前に、菩提寺やお近くのお寺で料金を確認しておきましょう。 メリット 閉眼供養など、安心して任せられる。 デメリット お布施が必要なことが多いため、料金が寺院によってまちまち。 なるべく複数の業者に相見積もりをとり、追加料金について確認しておきましょう。 特別な材質や貴金属でできたものや芸術的価値の高いものは買取してもらえますが、素人の方で判断するのは難しいです。 メルカリの売却済商品画面を確認し、類似の品がいくらで売却できるか確認し、参考にしましょう。 大変ではありますが、解体してしまえば、燃えるごみとして無料で処分することもできます。 また、新品の仏壇を購入する場合は、同時に古い仏壇を割安で下取りしてもらえるのでおすすめです。 業者に依頼する場合は、 複数の業者に見積もりをとってもらい、追加料金などの発生が無いかを確認しておくべきです。 事前に確認すべき事 仏壇の引き出しの中を確認する 仏壇の引き出しは触れる機会が少ないため、中にある大事なものを見落としがちです。 確認を忘れて、処分に出してしまうケースもあります。 昔の思い出の品や金品などが中にしまってある場合もあるので、必ず処分する前に確認しましょう。 魂入れ・魂抜きが行われているか 魂入れは 開眼法要(かいがんほうよう)とも呼ばれ、新しく仏壇を作る時に行われます。 魂入れがが行われている仏壇は、ご先祖の魂が込められているため、特別な供養が必要になります。 処分の際は、 閉眼法要(へいがんほうよう)によって、仏壇の魂抜きを行います。 供養せずに仏壇を処分してしまうと、ご先祖の魂が行き場を無くし、さまよってしまいます。 閉眼法要を行うには、菩提寺やお近くのお寺に依頼しましょう。 仏壇以外もまとめて処分するには お一人で生活する親族が亡くなられたり、老人ホームなど福祉施設に入居しなければならない場合、不用品の整理や回収など大変です。 遺品の買取に時間や手間をなるべくかけたくない方は、 遺品整理業者がおすすめです。 整理や回収に合わせて、 買取も同時に行ない、整理作業の費用から買取額を差し引くことで、お得になります。 仏壇など買取できない場合も、不用品として処分してくれます。 「」では、 遺品整理士認定協会の認定を受けた優良業者のみを掲載しているので、安心して買取を依頼できる業者を見つけることができます。 さらに、 一度で3社まで相見積もりをとることができるので、業者ごとの買取額を比較することも可能です。 ・業者選びのご相談もおまかせください また「見積もりを依頼すべき業者をどこにしよう?」とお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか? 「みんなの遺品整理」では業者選びからご相談いただけます、 「みんなの遺品整理」の特長 ~安心・カンタン・お得~ このサイトでは、追加料金一切無し・作業経験が豊富な業者に一括で相見積もりを取ることができます。 450社以上の業者が掲載されており、料金や口コミ、スタッフ、作業事例で比較することもできます。 安心 ・遺品整理士の資格を持つ業者の中から厳選して掲載 ・問い合わせ時に個人情報がすぐに業者に公開されない カンタン ・様々なサービスや口コミで遺品整理業者を比較 お得 ・一度のお問い合わせで3社まで相見積もりを手配。 実際の金額を比べて、依頼する業者を決定! 「」では、全国に10,000社以上いるといわれている遺品整理業者の中から、【 回収した遺品を法律にそって処分しているか・過去のクレームや追加料金の請求をしたりしていないか・電話対応や接客態度が一定のレベルを超えているか】などを審査し、厳選して掲載しています。 また個人情報もいきなり業者に公開されないのでご安心下さい。 みんなの遺品整理の相談員にメールや電話で質問をして、納得してから依頼が可能です。 もちろん利用料金は無料です。 最後に この記事では、仏壇処分の5つの方法を紹介しました。 仏壇には亡くなった方の魂が宿っているため、正しい処分方法を心がけてください。 仏事に沿って正しい処分方法に従うことで、ご自身の気持ちも整理されることでしょう。 仏壇の5つ処分方法• 生前整理のすゝめ•

次の