話に挙げる。 上げる/揚げる/挙げる(あげる)の意味

上げる/揚げる/挙げる(あげる)の意味

話に挙げる

「上げる」と「挙げる」の違いが難しい!!! 以前にも同じような内容で質問があったみたいですが、今一度ということでご協力願います。 「~の事業について成果をあげた」の場合の「あげる」が、どちらなのかで迷っています。 共同通信社:記者ハンドブックでは、〔効果・成果が上がる(アップする)〕と、〔効果・成果・好成績を挙げる(残す)〕で使い分けるとあります。 一方、朝日新聞社:用語の手引では、〔効果が上がる・成果を上げる〕と、どちらも「上げる」で統一されています。 皆さんはどうお感じですか。 次の3つの中から選んでご回答・ご意見をお願いします。 3つの中から選んでくださいとありますが、それを別にして、参考まで。 研究社から出ています「日本語表現活用辞典」(監修 姫野昌子)2004年6月発行によれば「高い成果を上げる」と書かれています。 集英社発行の「漢字を正しく使い分ける辞典」(2006年2月発行 著者 中村 明)では、「上げる」は、<下から上に移す><程度を高くする>の意味で、主に「下げる」「下ろす」に対する場合に用いる。 また、<声を出す><埃などを出す><与える><供える><済ませる>などの意味の場合でも「上げる」と書く、としています。 「挙げる」は<手や腕を上方に差し出す>の意味のほか、<事を起こす><こぞってする><捕まえる><明らかにする>などの意味で用いるとしています。 補助動詞で、<人のためにあることをする>の意味で用いる場合は、ふつう仮名書きにするとしています。 辞書より抜粋) [8] 定形のないものやひそんでいたものを、現れるようにする。 (ア) 煙・炎などを、上方に立ちのぼるようにする。 《上》 (イ) 大きな声を発する。 《上・揚》 (ウ) 利潤やよい成果をおさめる。 証拠などを発見する。 《挙》 「利潤やよい成果をおさめる」《上・挙》...どちらでも良いとなっていますが、普通「上げる」を使う。 「数値などを具体的に示す」《挙》.....「挙」には「示す」の意味があります。

次の

話のプロが教える「トーク力」が高い人の特徴11と高め方

話に挙げる

[動ガ下一][文]あ・ぐ [ガ下二]• 1 そのもの全体または部分の位置を低い所から高い方へ動かす、また、移す。 ㋐物の位置を低い所から高い所に移す。 ㋑方向を高い方へ移す。 ㋒垂れた髪を上の方で結う。 ㋓地上から伸ばしたり飛ばしたりして、空中に浮かべる。 ㋔水上や水中から陸上に移す。 ㋕高い場所に、形を成すようにつくりおく。 ㋖家の中に入れる。 ㋗(揚げる)芸者などを宴席に呼ぶ。 ㋘《「」から》インターネットなどで、通信回線を介してデータをホストコンピューターに送信する。 2 所有者や高位の者の手元に収める。 ㋐好ましい結果を得る。 ㋑(挙げる)する。 3 上の段階や等級へ進ませる。 4 程度を高める。 ㋐他と比較して高い状態になる。 ㋑今までより高い状態にする。 ㋒褒める。 ㋓いちだんと望ましい状態にする。 ㋔勢いをつける。 盛んにする。 ㋕声を高く発する。 ㋐《頭に血を上げる意から》のぼせて夢中になる。 ㋑吐く。 6 物事を終わりにする。 ㋐仕上げる。 完成する。 ㋑その範囲内でまかなう。 ㋒(挙げる)力などを出し尽くす。 ㋓(挙げる)子を得る。 7 人の目についたり、広く知られるようにする。 ㋐(上げる・揚げる)掲げる。 ㋑有名にする。 ㋒(挙げる)事を起こす。 ㋓(挙げる)執り行う。 ㋔(挙げる)表し示す。 ㋕効果や実績を現す。 ㋖(挙げる)推挙する。 8 (揚げる)揚げ物を作る。 9 神仏や敬うべき人などに、ある行為がなされる。 ㋐神仏に供える。 ㋑「与える」「やる」を、その相手を敬っていう語。 10 地方から都に行く。 上京する。 11 戸や格子を上部に開きあける。 12 勢いよく馬をはねあがらせる。 13 動詞の連用形のあとに付いて複合語をつくる。 ㋐その動作が終わる意を表す。 ㋑十分に、しっかり、などの意を添える。 ㋒他に分かるようにはっきりと言葉で示す。 ㋓(「申す」「存ずる」などに付いて)へりくだった意味を表す。 14 (補助動詞)動詞の連用形に接続助詞「て」が付いた形に付いて、主体が動詞の表す行為を他者に対し恩恵として行う意を表す。 「てやる」の丁寧な言い方。

次の

Zoomの手を挙げる機能の使い方と使用例は?会議やセミナーでも大活躍!

話に挙げる

「上げる(上がる)」「挙げる(挙がる)」「揚げる(揚がる)」の意味と違い 「あげる」もしくは「あがる」という言葉を漢字で表す際、「上げる(上がる)」と「挙げる(挙がる)」、そして「揚げる(揚がる)」という3つの表記があてはまります。 これらの表記は、それぞれどんな細かい意味を持つのでしょうか。 具体的な使い方なども知りたいところです。 そこで今回は、「上げる(上がる)」「挙げる(挙がる)」「揚げる(揚がる)」の意味と違いについて解説していきます。 上げる(上がる)とは 「上げる(上がる)」の意味は多くありますが、代表的なのは次のようなものです。 1つは「ものを高いところへ動かす」というもので、「家具を二階に上げる」「両手を上げる」「凧が上がる」などのように使います。 もう1つは「下向きのものを上向きにする」というもので、こちらは「目を上げる」「顔を上げる」などの使い方になります。 また、「人を屋内へ入れる」という意味もあり、こちらは「座敷へ客を上げる」のように使います。 さらに「小学校へ上がる」のように、「進級する」の意味で使われることもあります。 ほかに「出す」という意味合いや、「高める」の意味合いで使われることもあります。 「上」という字は、「基準線のうえの線」を表しており、そこから「うえ」を意味する漢字となりました。 「挙げる(挙がる)」などとの違いについては、以下で見ていきましょう。 挙げる(挙がる)とは 「挙げる(挙がる)」の辞書での意味は、「上げる(上がる)」と違いはありません。 どちらも「ものを上へ動かす」などとなっています。 「挙げる(挙がる)」の「挙」の字は、「手を合わせてものを持ち上げる」という象形から成っており、そこから「あげる」を指すようになりました。 辞書の上では同じ「挙げる(挙がる)」と「上げる(上がる)」ですが、一般的な使い方はやや違います。 「上げる(上がる)」が、上記のようにさまざまな意味合いを持つのに対し、「挙げる(挙がる)」の意味合いは、主に「上へ動かす」「示す」「検挙する」「ことを行う」の4つとなっています。 具体的には、「手を挙げる」「例を挙げる」「犯人が挙がった」「式を挙げる」などの使い方になります。 揚げる(揚がる)とは 「揚げる(揚がる)」の意味合いもまた、辞書では「上げる(上がる)」と違いありません。 「揚がる」の「揚」は、「太陽が地上にあがる」などの象形から成っています。 そこから「あがる」「あげる」を意味する漢字として成り立ちました。 「揚げる(揚がる)」もやはり、一般的な使い方は「上げる(上がる)」と異なります。 「揚げる(揚がる)」は主に、熱した油で調理する際か、もしくは何かをかかげるという意味で使われるようになっています。 具体的には、「てんぷらを揚げる」「こんがり揚がったフライ」「国旗が揚がる」のような使い方になります。

次の