生活苦。 派遣が生活苦に陥りやすい2つの理由と対策

生活苦、頼りは無利子融資 コロナ禍で道社協に申請急増 追加の総合支援資金も「食いつなぐしか」:北海道新聞 どうしん電子版

生活苦

新型コロナウイルス感染拡大の影響で、北海道社会福祉協議会(道社協)が休業・失業者に生活資金を無利子で貸し付ける各種資金への申請が急増している。 20万円まで借りられる「緊急小口資金」だけでは生活が立て直せず、さらに60万円まで借りられる「総合支援資金」を申請する世帯も後を絶たない。 申請者は元の生活に戻る道筋が見えないまま、不安を募らせる。 「生活が好転するイメージが沸かない。 ずるずると生活がだめになりそうで怖い」。 6月上旬、石狩市社会福祉協議会の窓口。 石狩市の自営業の女性(37)は総合支援資金60万円の申請に訪れ、こうつぶやいた。 会社員の夫と共働きで5人家族。 化粧品を仕入れて販売する仕事は感染拡大の影響で需要が落ち込み、頼みの綱だった展示会は軒並み中止になった。 スーパー銭湯での即売も感染防止を理由に出入り禁止となり、月収は10分の1に減った。 4月に借りた緊急小口資金20万円はすべて、光熱費や賃貸住宅の家賃に消えた。 夫の収入も決して多くはなく、「夫婦2人の収入があって初めて普通の生活ができた。 貯蓄も少なく、さらに60万円を借りて食いつなぐしかない」と漏らす。 道社協の資金支援は二段構えで、申請者は自営業者や飲食店従業員、タクシー運転手、フリーランスなどあらゆる業種に広がる。 一段目は手続きが簡単で「急場しのぎ」となる緊急小口資金だ。 無利子で20万円まで借りられ、従来は低所得世帯を対象とした制度だったが、新型ウイルスによる休業や減収で一時的に生活資金に困った世帯も対象となった。 道社協によると、貸し付けは5月末までに1万8千件、計32億円に上る。 うち6割超を占める札幌市社会福祉協議会では申請が400件を超えた日もあった。 感染防止のため、手続きを郵送に切り替えた現在も1日100件程度の申請があるといい、臨時職員を雇って対応している。 二段目の総合支援資金は、失業や減収した人を対象に最大で単身世帯に月15万円、2人以上世帯に月20万円を無利子で原則3カ月間貸し付ける。 必要な場合は就労支援や家計指導も行い、完済を促う。 申請者は札幌市だけで4月から今月9日までに2163件に上り、支給期間を4カ月以上に延ばすよう求める人もいるという。 函館市社会福祉協議会では、4月に4件だった総合支援資金の申請が5月中旬以降急増し、今月9日までに82件に達した。 窓口を増やして対応し、担当者は「休業要請の解除後も収入減が続く人がいる。 小口資金だけでは足りなく、総合資金を申請する人が多い。 今後も増える」とみる。

次の

派遣が生活苦に陥りやすい2つの理由と対策

生活苦

販売目的で小学5年の娘(11)の裸の写真を撮影したなどとして、強制わいせつ罪と児童買春・児童ポルノ禁止法違反に問われた大阪市内の無職の女(46)に対し、大阪地裁は29日、懲役3年、保護観察付き執行猶予5年(求刑・懲役3年)の判決を言い渡した。 荒井智也裁判官は、女が実際に写真を売っていたとし、「娘の尊厳を金銭に換え、言語道断だが、反省している」と述べた。 判決によると、女は今年5〜7月、自宅で娘に服を脱がせ、携帯電話で体を撮影。 販売目的で画像データ39点が保存されたSDカードと、写真9枚を所持した。 公判で、女は起訴事実を認め、経緯を明らかにした。 娘と2人暮らしで生活保護を受給していたといい、「外食や娘の洋服代で出費がかさみ、生活が苦しかった」と述べた。 最初は娘が着られなくなった服をインターネットオークションに出品していたが、購入者の男から体操服や下着、水着を求められて販売。 今年2月以降、「娘のわいせつな写真を付けてくれれば高く買う」ともちかけられ、「やってはいけないとちゅうちょしたが、切羽詰まって娘に頼み、撮影してしまった」と語った。 写真などを複数回、郵送したり、無料通話アプリ「LINE(ライン)」で送信したりして売却。 娘とのデートをもちかけるメッセージも送っていたという。

次の

相談員も「恐怖感じた」コロナウイルスの生活苦、開業医も収入激減

生活苦

「Thinkstock」より 今後、65歳を迎えて「NINJA」になる人が急増するといわれています。 ここでいうNINJAとは「忍者」のことではなく、「No Income, No Job or Asset」、つまり収入も仕事も資産もないことを意味します。 年金支給開始年齢も70歳引き上げ説が出ているなど、無策のままで老後に突入すると、かなりしんどい状況になりかねません。 そこで、私が考える現役時代からできる準備のいくつかをご紹介します。 年金対策 まずは基本中の基本ですが、受け取れる年金の額を「ぜいたくしなければとりあえず生活には困らない」レベルにすることです。 受給金額は減っていくとしても、とにかく「生涯もらえるお金」があることは、ひとつの安心材料となるからです。 そこで個人事業者は国民年金に、会社員は会社の 社会保険に加入しておきます。 正社員は強制加入の給与天引きなので、特段意識する必要はありません。 会社員は恵まれています。 なぜなら社会保険は労使折半なので、自分の給料から徴収される金額と同じ額を会社が負担してくれるので、2倍の恩恵にあずかれるからです。 夫婦ともに正社員を続ければ、将来は支給額が減ったとしても、そう困らないレベルになるでしょう。 なお、40年以上の加入がもっとも有利なので、転職したことのある人などは未加入期間がないか確認し、間に合うなら払い込んで未加入期間を短くすることです。 もうひとつ年金を増やす方法は、繰り下げ受給です。 受給年齢を繰り下げれば繰り下げるだけ受給額も多くなり、長生きすることによる老後の金銭的リスクを低減することができます。 現時点では70歳から受給すれば、受け取れる年金額は65歳受給と比べて4割もアップします(もっとも、自分の寿命によってはあまりお得とはならないケースもあります)。 ただし冒頭でも紹介したとおり、受給年齢が引き上げられる可能性があり、将来はどうなるかわかりません。 自営業者など厚生年金に加入していない人は国民年金だけでは心もとないですから、国民年金基金や付加年金、確定拠出年金、小規模企業共済、経営セーフティ共済などにも別途加入し、老後に受け取れる年金を増やすのが順当な方法でしょう。

次の