エクセル 塗りつぶし ショートカット。 文字の色を変えるショートカットキー

エクセルのセルの塗りつぶしショートカットキー

エクセル 塗りつぶし ショートカット

1.エクセルのシートを移動するショートカットキー データの量が増えると複数のシートに渡ってデータを入力する場面がでてきます。 入力の度にシートを選択していては時間がかかり仕事が滞ってしまいます。 そんなときに便利なのがシート間を移動するショートカットキーです。 エクセルシートの右に移動する場合は• シートを追加することもショートカットキーで対応できます。 これは便利なので是非覚えましょう。 新しいシートを追加するショートカットキーは• これだけ覚えると、もうシート間の移動を自由自在に行ったり来たりができるでしょう。 2.エクセルの行と列にセルを追加・削除するショートカットキー エクセルの行や列にセルを追加・削除するのを簡単にするショートカットキーです。 セルの追加や削除は使用頻度が高いのでショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮ができます。 ショートカットキーも簡単で覚え易いです。 行や列を追加するショートカットキーは• 今までマウスの右クリックやエクセルのメニュー画面で行っていた作業がキーボードで簡単でできるようになります。 これで行や列の追加と削除が簡単にできるようになりました。 3.エクセルのセルの色を繰り返し塗りつぶすショートカットキー セルに色を付けることは多くあるでしょう。 その度にセルを選択して色を指定するのは手間以外のなにものでもありません。 これをショートカットキーで行うと短時間で作業が終わります。 しかし色を塗りつぶすショートカットキーはありません。 ではどのように作業するのか解説します。 事前に特定のセルに色を付ける• 塗りつぶしたいセルに移動して• このショートカットキーはあらゆる場面で使用できます。 そのため使い方次第では一番使えるショートカットキーと言えます。 4.今日の日付と時間を入力するショートカットキー エクセルで書類を作る場合に今日の日付を入力します。 そのとき日付の間違いが起こる可能性を減らせるショートカットキーを紹介します。 このショートカットキーは使用頻度が高いので労務関係の方や経理で働いている方には嬉しいでしょう。 今日の日付を表示するには• そうするとパソコンに設定されている日付を自動でセルに入力してくれます。 このショートカットキーと関連して「:(コロン)」を入力すると同じくパソコンの時間を入力してくれます。 そのため常に新しい日付が自動入力されることになります。 これで日付を間違えると大変なことになる、書類の日付を正確に記入することができました。 5.カーソル位置やデータ範囲を選択するショートカットキー カーソル位置を選択するのにマウスを使っているか方は、ショートカットキーで大幅な時間短縮ができます。 データ範囲の先頭や末尾にカーソルを移動するショートカットキー• 作業マウスとショートカットキーの両方を上手く組み合わせて効率よく仕事をしましょう。 仕事でエクセルを使う方にショートカットキーは必須 エクセルのショートカットキーを覚えるのは、仕事としてエクセルを使用する方にとっては当たり前かもしれませんが、あまり詳しく知らない方にとっては難しく感じるかもしれません。 しかし作業をより効率よくこなすためにはショートカットキーは必須と言えます。 ショートカットキーを知る事でエクセルを操っている感覚が感じられ、楽しく作業ができます。 毎日同じ作業の繰り返しで仕事に嫌気がさしている方は、ショートカットキーを活用すると新鮮な気持ちで仕事ができるようになります。

次の

Excel のショートカット キー

エクセル 塗りつぶし ショートカット

【エクセル時短】は「少しでも早く仕事を終わらせたい!」というビジネスパーソンのみなさんに、Excelの作業効率をアップするワザをお届けする連載です。 「値のみ」「書式のみ」の貼り付けを高速化 作成した表の一部など、Excelのセルをコピーして再利用したいときには、「値のみ」や「書式のみ」を貼り付けたいことがよくあります。 多くの人は、この「 形式を選択して貼り付け」の機能を、マウス操作で呼び出しているのではないでしょうか? 例えば、以下のような感じです。 貼り付けたいセルを右クリックし、[貼り付けのオプション]にあるアイコンをクリックするのが定番の操作方法。 [ホーム]タブの貼り付けボタンを使う方法もポピュラーです。 「マウスでの操作に慣れているから問題ない」と思うかもしれませんが、 1回の操作につき、3秒は速くなるショートカットキーがあるとしたら、どうでしょうか? しかも、簡単に覚えられるキー操作で。 【 エクセル時短】第129回では、「形式を選択して貼り付け」の操作を高速化する、知る人ぞ知るショートカットキーを紹介します。 基本だけでなく応用のキー操作、間違ったときのリカバリー方法もありますよ。 いつもの貼り付けに[Alt]キーを足すだけ まずは基本のショートカットキーです。 データの入力されたセル範囲を[Ctrl]+[C]キーでコピーしておいてください。 その後の貼り付け(ペースト)といえば[Ctrl]+[V]キーですが、このときに [Alt]キーも一緒に押します。 たったそれだけで、通常の貼り付けが「形式を選択して貼り付け」に変わります。 1[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスを表示する セル範囲をコピーしておき、貼り付けたいセルをアクティブにして[Ctrl]+[Alt]+[V]キーを押します。 一瞬で[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示されました。 この基本のショートカットキーだけでは、貼り付けまで完了しません。 しかし、 左手だけで押せるのがポイントです。 このキー操作を左手で行いつつ、右手のマウスで[形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスを操作する、という方法でも時短の効果はあるはずです。 2「値のみ」を貼り付ける [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示された状態で[V]キーを押すと、[値]が選択されます。 そのまま[Enter]キーを押します。 3「値のみ」を貼り付けられた 値のみが貼り付けられました。 マウスが不要になり、 両手をキーボードから離さずに操作できるのがメリットです。 4「書式のみ」を貼り付ける 書式の設定されているセル範囲をコピーしておきます。 [形式を選択して貼り付け]ダイアログボックスが表示された状態で[T]キーを押すと、[書式]が選択されます。 さらに[Enter]キーを押します。 5「書式のみ」を貼り付られた 書式のみ、ここでは表の罫線と塗りつぶしの色だけが貼り付けられました。 貼り付けをミスったら[Crtl]キーでリカバリー可能 「値のみを貼り付けたかったのに、セルの書式ごと貼り付けてしまった!」というミスもよくあります。 このとき、[Ctrl]+[Z]キーで操作を取り消して、今度は間違えないように[形式で選択して貼り付け]ダイアログボックスを表示して...... とやりがちですが、もっと簡単で速い方法があります。 貼り付け後に [Ctrl]キーを押すだけです。 6[貼り付けのオプション]を表示する 間違ってセルの書式ごと貼り付けてしまった状態です。 ここで慌てずに[Ctrl]キーを押します。 よく見ると、貼り付けたセル範囲の右下に[Ctrl]と表示されていますね。 7「値のみ」を貼り付ける [貼り付けのオプション]が表示されました。 「値のみ」を貼り付けるなら、ここで[V]キーを押せば完了です。 矢印キーでアイコンを選択して[Enter]キーを押す方法もあります。 3「値のみ」貼り付けられた 値のみが貼り付けられました。 なお、[貼り付けのオプション]のアイコンに対応したキーは、それぞれにマウスポインターを合わせると確認できます。 [Ctrl]キーで[貼り付けのオプション]を表示した後、対応するキーを押せばOKです。 コピー&貼り付けは、Excelで何度となく行う操作です。 まずは [Ctrl]+[V]キーに加えて[Alt]キーを押すところから始めてみてください。 close 閉じる.

次の

文字の色を変えるショートカットキー

エクセル 塗りつぶし ショートカット

1.エクセルのシートを移動するショートカットキー データの量が増えると複数のシートに渡ってデータを入力する場面がでてきます。 入力の度にシートを選択していては時間がかかり仕事が滞ってしまいます。 そんなときに便利なのがシート間を移動するショートカットキーです。 エクセルシートの右に移動する場合は• シートを追加することもショートカットキーで対応できます。 これは便利なので是非覚えましょう。 新しいシートを追加するショートカットキーは• これだけ覚えると、もうシート間の移動を自由自在に行ったり来たりができるでしょう。 2.エクセルの行と列にセルを追加・削除するショートカットキー エクセルの行や列にセルを追加・削除するのを簡単にするショートカットキーです。 セルの追加や削除は使用頻度が高いのでショートカットキーを使用すると大幅な時間短縮ができます。 ショートカットキーも簡単で覚え易いです。 行や列を追加するショートカットキーは• 今までマウスの右クリックやエクセルのメニュー画面で行っていた作業がキーボードで簡単でできるようになります。 これで行や列の追加と削除が簡単にできるようになりました。 3.エクセルのセルの色を繰り返し塗りつぶすショートカットキー セルに色を付けることは多くあるでしょう。 その度にセルを選択して色を指定するのは手間以外のなにものでもありません。 これをショートカットキーで行うと短時間で作業が終わります。 しかし色を塗りつぶすショートカットキーはありません。 ではどのように作業するのか解説します。 事前に特定のセルに色を付ける• 塗りつぶしたいセルに移動して• このショートカットキーはあらゆる場面で使用できます。 そのため使い方次第では一番使えるショートカットキーと言えます。 4.今日の日付と時間を入力するショートカットキー エクセルで書類を作る場合に今日の日付を入力します。 そのとき日付の間違いが起こる可能性を減らせるショートカットキーを紹介します。 このショートカットキーは使用頻度が高いので労務関係の方や経理で働いている方には嬉しいでしょう。 今日の日付を表示するには• そうするとパソコンに設定されている日付を自動でセルに入力してくれます。 このショートカットキーと関連して「:(コロン)」を入力すると同じくパソコンの時間を入力してくれます。 そのため常に新しい日付が自動入力されることになります。 これで日付を間違えると大変なことになる、書類の日付を正確に記入することができました。 5.カーソル位置やデータ範囲を選択するショートカットキー カーソル位置を選択するのにマウスを使っているか方は、ショートカットキーで大幅な時間短縮ができます。 データ範囲の先頭や末尾にカーソルを移動するショートカットキー• 作業マウスとショートカットキーの両方を上手く組み合わせて効率よく仕事をしましょう。 仕事でエクセルを使う方にショートカットキーは必須 エクセルのショートカットキーを覚えるのは、仕事としてエクセルを使用する方にとっては当たり前かもしれませんが、あまり詳しく知らない方にとっては難しく感じるかもしれません。 しかし作業をより効率よくこなすためにはショートカットキーは必須と言えます。 ショートカットキーを知る事でエクセルを操っている感覚が感じられ、楽しく作業ができます。 毎日同じ作業の繰り返しで仕事に嫌気がさしている方は、ショートカットキーを活用すると新鮮な気持ちで仕事ができるようになります。

次の