犬 あくび 理由。 犬があくびをするのは眠くて退屈なだけではない!知っておきたい犬の習性

犬のあくびの理由に驚き!あくびの理由は眠いだけじゃなかった!?

犬 あくび 理由

目次はこちら• 犬のあくびに込められた意味とは? 犬のあくびはタイミングによってその意味が大きく変わってきます。 主にどんな意味を持っているのか、詳しく確認していきましょう。 犬のあくびの原因は眠気と疲労? 犬も人間と同じように、眠気を感じるとあくびをします。 これは脳に酸素を送り込み血行を良くする為のあくびです。 お散歩から帰ってきた後や、沢山走り回った後にもよく見られます。 この場合は、特に健康に関わるあくびではないので心配は必要ありません。 犬があくびをした時は緊張やストレスを感じている!? 極度の緊張やストレスを感じる時、犬はあくびをします。 これは、心と体をほぐそうとする脳の防衛本能です。 車に乗せてお出かけしたり、知らない場所で沢山の人や犬と触れ合う場面など、日常生活で慣れていないことをする時によく見られます。 その場合はあまり無理をせず、犬にとって落ち着ける場所へと移動してあげてください。 人間のあくびが移る事もある!? 人間でもよくある話ですが、実は犬にもあくびは移ります。 これは、東京大学の研究チームが実験をして立証している面白いデータです。 実験結果によると「飼い主と愛犬の絆が強いほど、あくびは移りやすい」という物だそうだそうです。 不安や緊張・興奮を感じた時に起こすアクションで、自分や相手を落ち着かせる為にとる行動です。 そういったカーミング・シグナルの中に、あくびをするという行動も含まれています。 時にはしつけの途中で、飼い主から注意を受けている時にあくびをしているのを見たことはありませんか? これは、しつけに飽きてしまったり飼い主を下に見ているからではなく、緊張やストレスによるカーミング・シグナルです。 ワンちゃんは、あくびをして「そんなに怒って僕は不安だよ~」「あなたも落ち着ていて」と伝えようとしています。 なので、ワンちゃんにしつけをしている時にあくびをしている所を見た時は、「この子は、不安に感じているのだな」そう考えて接すると、ワンちゃんとのコミュニケーションが上手になりますよ。 つまり、 カーミングシグナル=犬語だと考えて下さいね。 犬があくびをする時に声を出す理由は? 犬があくびをする際に、『ふぁ~』や『くぅーん』といった声を出す時がありませんか? 同じあくびでも、声を出す時と出さない時では一体何が違うのでしょうか。 その答えは、ズバリ! 構って欲しい時は、あくびをしながら声を出す!です。 たまに、あなたが何か他のことに集中していて愛犬に背中を向けていると、甘えた声であくびをしている経験はありますでしょうか? また他にも、愛犬が何かいたずらをしてあなたが叱っている時や、しつけのトレーニング中にもあくびをしている所を見たことはありませんか? 実際私の飼っているワンコも、洗濯物を干している時や台所で洗い物をしていると、近くに寄ってきて大きなあくびをすることがあります。 犬というのは自分に構って欲しい時や、極度のストレスを感じた時に大袈裟なあくびをすることがあるんです。 つまり、あなたの興味関心を引きたくてあくびをしてしまうんですよね。 ですが、しつけの途中で見せるあくびはストレスを感じている場合もあります。 その際は、あまり無理をさせないよう配慮してあげることが必要です。 このあくびの違いは、日頃から注意して見ていないとなかなか気付けないポイントではあります。 しかし、大切な愛犬が飼い主さんに自分の気持ちを一生懸命伝えようとしているしぐさですので、注意深く観察してワンちゃんの気持ちを読み取ってみて下さいね。 犬のあくびが多いのは何故? いつもに増してあまりにもあくびの回数が多い場合は、体調不良や過度なストレスを示している警告サインという可能性もあります。 中でも、歯や口内環境に関するトラブルを引き起こしている場合にあくびが増えるケースが多いのです。 歯に痛みを感じたり口内に何か違和感を感じた場合、あくびをすることで和らげようとしている可能性も考えられます。 環境や生活リズムに変化もなくある日突然、不自然にあくびの回数が増えたら要注意です。 そういった場合には、口のにおいや歯の状態を確認して早めに専門家に相談して下さいね。 犬があくびを朝にする理由は? 朝目が覚めると、愛犬が気持ち良さそうに「グゥーッ」と伸びをしながらあくびをしている様子を見たことがありませんか? その時に見せる愛犬のあくびには、 寝起きの脳を覚醒させる為という意味が込められています。 私たち人間も朝の寝起きって、眠たくて連続であくびが出ます。 それと同じ事が、ワンちゃんにも起きているのです。 その場合は、なるべくリラックスできる環境を作ってあげて、ゆっくり愛犬を休ませてあげることが大切です。 犬のあくびはかわいいだけじゃない? これまで、犬のあくびについて詳しくご紹介していきました。 ワンちゃんがあくびをしていたら、状況をみて「ただ眠いのか?それとも、何かを伝えようとしているのか?」それを考えてみて下さいね。 言葉を話さない犬にとって、何気ない日常の行動も感情を伝える大切な方法の一つです。 なかなか自己判断が難しいこともありますが、その小さな変化にも気付けるよう毎日愛犬とのコミュニケーションを取ることも大切ですね。

次の

犬のあくびが止まらないのはなぜ?3つの理由とあくびでわかる大きなトラブル

犬 あくび 理由

com 人と同じく、犬があくびをする理由としては、眠いという意味があります。 これは、脳に酸素を取り込み、血行を良くするためにあくびをします。 たくさん人と遊んだときや、ドッグランに行って思い切り走った際等は、よくあくびをするようになります。 これに対しては、犬は小難しい気持ちや理由はありませんので、心配しなくても大丈夫です。 散歩中に知らない犬が近づいてきて緊張した気持ちを持ったときや、人に怒られたあと、気まずい気持ちになったとき等があくびをする主な理由です。 人から思い切り褒められて、極度の興奮状態になったときにも、自分の気持ちを落ち着かせるためにあくびをすることもあります。 また、引越しをして慣れない環境に置かれた際に、よくあくびをするときも、緊張を理由にあくびをしている場合があります。 com 犬は、ストレスを理由にあくびをすることもあります。 これは、人に過剰に触られたりした際に、「もうやめてほしい」という気持ちになったとき、あくびをします。 こうした際には、以後しつこく触らないほうが良いでしょう。 知らない子どもに触られているとき等に、よく犬があくびをしているときは、ストレスが理由になっていることが多いです。 また、トリミングが苦手な犬がシャンプーをされている際にあくびをする時も、犬はやめてほしいという気持ちになっているのでしょう。 完全に犬にストレスを感じさせないことは難しいでしょうが、ひとつの理由として、犬の気持ちをふまえてあくびの理由を知っておくほうが良いと考えられます。 com はっきりとした理由はわかっていませんが、犬も人からのあくびがうつることがあります。 犬は人の表情をよく観察しているため、人のあくびを真似しているという説があります。 また、犬が人と同じく感情移入をし、人の気持ちに寄り添うため、あくびがうつってしまった場合も考えられます。 こういったことが理由になるあくびについては、何も心配する必要はないでしょう。 体調不調が原因であくびをしている可能性もありますので、早めに動物病院へ行き、診てもらうと良いでしょう。 犬の気持ちは人にはなかなか理解できないため、犬の気持ちを汲み取り、早めに行動をすると、病気やストレスが理由になっているあくびは解消出来るでしょう。 com よその犬と出会ったとき愛犬があくびをしたら、それは争いを避けるためのカーミングシグナルです。 相手の犬に対して「私はあなたとケンカする気はありません。 あなたを攻撃したりもしないので、あなたもお手柔らかにお願いします。 」という気持ちを伝えています。 相手の犬があくびをしたときは、相手の犬の方が気が弱かったり謙虚な性格だったりしたため先に気持ちを伝えてきたのです。 出会ってすぐは何ともなくてお互いに遊べそうな雰囲気で挨拶(匂いの嗅ぎあい)をしていても途中からどちらかの犬があくびをしたらそれ以上のかかわりはおススメできません。 相手の飼い主さんにお礼(挨拶をさせてくれてありがとうという意味のこと)を言って愛犬を連れてその場から離れましょう。

次の

犬の「あくび」に隠された理由とは?犬のあくびと、犬の心理状態について

犬 あくび 理由

あくびは眠たい時、集中力が切れている時に出てしまう生理現象ですよね。 犬もあくびをしますが、眠たい時以外にもあくびが出る理由があるのです。 そのひとつが 『カーミングシグナル』という、相手に落ち着いて欲しい時、自分が落ち着きたい時にとる行動です。 このように、犬のあくびにもいくつかの理由がありますので、今回は犬のあくびの3つの理由をご説明します。 犬があくびをする3つの理由 1. 眠たい これは単純ですが、人間同様犬も眠たい時にあくびをします。 これは脳に酸素を送り、血行をよくするための生理現象ですね。 緊張している 犬は緊張している時にもあくびをします。 これが上記のカーミングシグナルです。 例えば、初めて会う人、初めて会う犬と対面した時に、緊張してしまう犬は少なくありません。 その時に自分や相手を落ち着かせるためにあくびをして、敵意がない事を伝えるするという意味があります。 体調不良 体調不良などが原因であくびが出ることがあります。 歯周病などの歯の痛み、歯についている歯石が原因で不快感を感じたりした時ですね。 家にいて、家族としか会っていないのにやたらあくびをしている場合は注意しましょう。 『あくび』がサインになる大きなトラブル 低血糖 低血糖は子犬の時期に起こりやすい病気です。 フードを食べなかったりして、血液中の糖分が減ることで脳の働きが低下してしまうのが低血糖です。 この場合、脳の働きを活性化させるために、酸素を取り込もうとしてあくびが増えます。 うつ病 慢性的なストレスもあくびの原因のひとつです。 慣れない環境、飼い主さんからの愛情不足、極端な運動不足などから慢性的なストレスを感じ続けると、犬もうつ病になってしまいます。 あくびが増え、食欲がなくなり、元気がなくなったら要注意。 なるべく日頃からストレス発散させてあげてください。 貧血 貧血になった犬は、酸欠状態になるため、酸素を取り込もうとあくびが増えます。 他にも貧血の症状として、元気が無くなり、体を動かすことを嫌がったりするようになります。 また、血液の巡りが悪くなり、歯茎や舌など、普段は赤色やピンク色の部位が白っぽくなることもあります。

次の