一 本堂 大甕。 達磨寺探訪

大甕神社|茨城県のパワースポット/神社|パワースポット検索/神社検索。

一 本堂 大甕

プレーン ¥280 日本の食パン ¥360 チーズ ¥480 レーズン ¥380 ホテル食パン ¥380 低糖質食パン ¥450 生クリーム食パン ¥380(期間限定) 高密度食パン ¥340 カフェオレ食パン ¥420 ココア生クリーム食パン ¥420 The「穀」食パン ¥450 乳酸菌入り食パン ¥340 店舗によっては販売していない商品もあります。 公式HPや公式インスタグラムでチェックしておくといいです! 一本堂食パンのおすすめは?独断と偏見で選ぶ自分の好みの食パン 初めて一本堂へ行き「ぷれーん」「ちーず」「日本の食パン」「生クリーム食パン」の4種類を買ってきて食べ比べしてみました。 一番甘いのは? 生クリーム食パン<ちーず<ぷれーん<日本の食パン といった感じで、生クリーム食パンが一番甘みがありました。 とはいえ、乃が美のようにハチミツを使っているわけではないので、そこまでの甘さはありません。 ほんのり甘いかな?という程度です。 弾力があるのは? 日本の食パン<ぷれーん<生クリーム食パン<ちーず 日本の食パンは一番弾力があり、耳も一番固いものでした。 ちーずは中に具材が入っているからか、生地自体は一番柔らかかったです。 生クリーム食パンの味 かなり微量に甘くて、柔らかい。 口当たりがいいので、子供が食べやすいタイプ。 生クリーム!という感じは一切しないが、ぷれーんを食べ比べると甘さ(ミルク感)が少しあるのが分かる。 ぷれーん食パンの味 乃が美のようなふわふわ感や、甘さはない。 耳もしっかりと固さがある。 噛んでいると甘くなってきて、シンプルな美味しさがある。 日本の食パンの味 一番小麦の香りがする食パン。 THE食パンといった感じで、甘さは一切ありません。 耳も一番固いものでした。 噛んでいるとより小麦の味の強さが分かります。 焼くと一番かりかりしており、生で食べるのと焼くのとで一番味が変わるのが「日本の食パン」でした。 ちーず食パンの味 4種類の中で一番パン生地が柔らかい。 青カビチーズのような独特な臭さはなく、あっさりとしたチーズの香り。 あっさりとしたチーズとパンとの相性がいいので、とても食べやすいです。 The「穀」食パン(ざっこくしょくぱん)の味 <焼かないで当日食べた感想> 柔らかく、雑穀の香りがいい。 噛んでいると、小麦の甘さがして美味しい。 <翌日焼いたver> 外カリカリの、中もちもち。 焼いても、そこまで大きく味は変わらない。 食べ比べた結果 生クリーム食パン<ちーず<ぷれーん<日本の食パン 私としては、生クリーム食パンが一番好きな味でした。 4歳の息子に聞いたところ、ちーずが一番美味しいと答えていました。 一本堂食パンのおすすめの食べ方は? もちろん焼かずに生のまま食べても美味しいのですが、 焼いた方が美味しさがかなりアップします。 乃が美は焼かないで食べる方が好きですが、一本堂は生より焼いた方が美味しくなっていました。 カリカリ焼くことで、耳が固いのも気にならなく。 むしろカリカリ具合が美味しく感じます。 また、焼いたぷれーん食パンにバターを塗って食べると一層美味しかったです。 ジャムやバターが一本堂で売っているのは、塗って食べると更に美味しくなる、ということなのかと思いました。 個人的におすすめで美味しかったのが、「」のバターです。 七穀バター・くるみバター・きなこバターあたりが個人的に大好きです。 一本堂の食パン食べ比べた感想のまとめ いかがでしょうか?増えてきている食パン専門店ですが、それぞれの魅力があって各お店の食べ比べも楽しいですね。 一本堂の食パンには、私が食べた4種類以外にもたくさんの食パンがあります。

次の

金室山 金性寺 福島県南相馬

一 本堂 大甕

パワースポット目次• 星の悪神を封じた神話のパワースポット もともとこの地は甕星香々背男(みかぼしかがせお)という星の神様が治めており、中央に従わないということで頭を悩ませていました。 そこで織物の女神である建葉槌命が向かい、無事この地を平定したという伝説があります。 甕星香々背男を封じた場所にあるのが大甕神社です。 大甕神社の概要 名称:大甕神社 ふりがな:おおみかじんじゃ 主祭神:建葉槌命 創建:紀元前660年 住所:〒319-1221 茨城県日立市大みか町6-16-1 アクセス:JR常磐線「大甕駅」下車後、徒歩15分 別称:大甕倭文神宮 属性:神道、神話、日本書紀 公式HP: 大甕神社のご利益 開運全般 大甕神社のお参りの仕方 神道式参拝です。 大甕神社のパワースポットトピックス 大甕神社の甕星香々背男退治は日本書紀に記されている伝説です。 甕星香々背男は実際には東北地方を支配していた豪族とも言われています。 武神たちが倒せなかった悪神を、なぜ織物の神様が討伐できたのか不思議です。 宿魂石に封じられた甕星香々背男 こんなパワースポットも人気です。 函館八幡宮は戦国時代に函館進出をした河野正通によって創建されました。 もともとここには四角形をした「箱館」と呼ばれる城があり、その城の鎮守だったと言われています。 開運全般、勝負事、受験などあらゆるご利益が期待できる箱館随一の神社です。 Posted in ,• あるゲゲゲの鬼太郎の作者水木しげるは境港市の出身です。 妖怪神社は水木しげるが描いた妖怪たちを祀る神社です。 実際に水木しげるが入魂した御神体や、作品に登場する妖怪たちがあしらわれた境内の建造物など見所がいっぱいです。 Posted in• 天岩戸神社は伊勢神宮が今の場所に移る前に一時的に祀られたという元伊勢三社のうちの一つです。 奥宮にあたるだけあって鎮座している場所は山の中で、本殿参拝には鎖を伝って登ります。 皇大神社と合わせて参拝することをおすすめします。 Posted in• ヤマトタケルの伝説が残る霊峰富士のお膝元神社 北口本宮冨士浅間神社は富士吉田の富士山信仰の中心的な神社です。 吉田の火祭りで有名で、登山の安全を願う参拝スポットでもあります。 ヤマトタケルがここから富士山を遥拝したという伝説が残っています。 北口本宮冨士浅間神社の概要 名称:北口本宮冨士浅間神社 ふりがな:きたぐちほんぐうふじせんげんじんじゃ 主祭神:木花開耶姫命、彦火瓊瓊杵命、大山祇神 創建:110年 住所:〒403-0005 山梨県富士吉田市上吉田5558 アクセス:富士急行線「富士山駅」から徒歩20分 […] Posted in ,• 伊勢神宮の斎王(天照大御神に使える女性)に選ばれた未婚の清らかな女性皇族が3年間の禊を行う場所が野宮です。 ここで体を清めた後、伊勢神宮に向かいました。 その様子は源氏物語にも描写されており、今でも斎宮行列で当時の様子を見る事ができます。 縁結びや所願成就のご利益が有名です。 Posted in , , ,• 笠森寺は弘法大師が楠に刻んだ十一面観音をご本尊とする寺です。 見所は何と言っても観音堂。 四方懸造という日本で唯一の建築様式で、建物自体の迫力もさることながら眺望が素晴らしいです。 子宝や安産祈願、育児にご利益があり、女性に人気のお寺です。 Posted in ,• 籠神社は全国に数ある元伊勢の中で、最初に天照大神が巡幸した場所と言われ最も格式が高い神社です。 ここに天照大神は4年間住んだと言われています。 神がこの地に現れた際には雪の中かごに乗って現れらたという伝説があり、籠神社という名前の由来となりました。 Posted in• 御髪神社は全国唯一の髪の毛の神社として、薄毛の人や理容・美容師、薬品会社などから信仰を集めています。 主祭神の藤原采女亮政之は日本の最初の理容師と言われています。 Posted in , ,• 安倍文殊院は陰陽師安倍晴明が生まれたと言われる阿部氏ゆかりの寺院です。 特徴は祈祷専門のお寺であること。 檀家やお墓などはなく、本堂では加持祈祷の法要が盛んに行われています。 受験合格のご利益があることで有名です。 Posted in ,• 神功皇后が三韓討伐を終えて無事帰国した後に、この土地の守護神として祀られました。 5柱の総称である坐摩大神を祀っており、この神々は住居、井戸、旅路など土地や住居に関わるご利益がある神様です。 宮司は代々渡辺氏が世襲しており、全国の渡辺さんの発祥の地と言われています。 Posted in ,• 葛城一言主神社の祭神である一言主神はその名の通り、一言の願い事を叶えてくれます。 雄略天皇が狩りをしているときに全く同じ姿をした人物が現れ狩りの成果を競いました。 雄略天皇が何を訪ねても言葉を真似して繰り返すだけだったので、名前を名乗ろうと提案したところ、一言主神であることを明かし、雄略天皇から祀られたということです。 Posted in ,• 甲子園球場の近くにある神社ということで、虎党の勝利祈願や高校球児の勝利祈願祈願で有名です。 そもそもの由来自体は特に野球と関係なく、江戸時代までは牛頭天王を祀っていました。 明治以降は神仏分離の影響で祭神は素戔嗚尊に代わり、甲子園素盞嗚神社となりました。 Posted in• 奈良県の観光で外せない寺院の一つが興福寺です。 近代・現代になってから再建された伽藍、跡しか残っていない伽藍や建造物もありますが、比較的鎌倉や室町時代の建築がそのまま残っており、境内は中世の空気感を偲ぶことができます。 藤原氏の氏寺として絶大な権力を振るいました。 僧兵も有名です。 Posted in• 名草厳島神社は境内が巨石でいっぱいの大迫力の神社です。 この巨石群は名草巨石群とも言われ、足利市の天然記念物に指定されています。 弁天さまが祀られており、巨石のパワーで安産のご利益があると言われています。 Posted in ,• 呼ばれた人しか行けない熊野三山の奥院 玉置神社は熊野三山の最も奥にある強大な力を持った奥院です。 あまりに力が強大で行くのが困難な場所にあるため、「呼ばれた人しか行くことができない」という言い伝えがあります。 無理に行こうとしても、結局都合が悪くなったりトラブルが起こってたどり着けないというのです。 玉置神社の概要 名称:玉置神社 ふりがな:たまきじんじゃ 主祭神:国之常立神、伊弉諾尊、伊弉冊尊、天照大神、神日本磐余彦命 創建:紀元前37年 住所:〒647-1582 […] Posted in• 手力男神社は、天岩戸を怪力で開いた天手力雄大神を祀っている神社です。 戦国時代には斉藤道三や織田信長の保護も受けます。 開運や戦勝のご利益が期待できます。 Posted in• 金峯山寺は奈良県のパワースポットの中でも紀伊よりの熊野・吉野エリアに属します。 つまり修験道の聖地として古来より栄えたパワースポットです。 本尊の蔵王権現は恐ろしい見た目で災厄を振り払ってくれます。 修験道の開祖である役小角が建立した寺であるといわれています。 Posted in ,• 花窟神社は最初期の女神である伊邪那美命が葬られた場所として、日本書紀に記載がある日本最重要の聖地です。 火の神である軻遇突智命を産む際に、大火傷を負い亡くなりました。 世界遺産にも指定されています。 Posted in• 室生龍穴神社は日本三大龍穴に数えられる吉祥龍穴があります。 妙吉祥龍穴は実際に龍が出入りしたと言う伝説があり、平安時代には雨乞いの神事が行われていました。 自然信仰が色濃く残る原始のパワースポットです。 Posted in• 熱海湾で網を張っていた漁師が神像を見つけると、五十猛命を名乗る同時が現れ、「波の音の聞こえない七本の楠の洞に祀るように」とお告げをします。 麦こがしをお供えして祀ったところ大層喜び、熱海を守護するようになりました。 来宮神社の始まりです。 Posted in ,• 石舞台古墳は蘇我馬子やその父である蘇我稲目の墓といわれている巨大な石造りの古墳です。 学校の教科書にもよく写真が載っています。 写真だと巨大さが伝わりにくいですが実は内部もかなり広く、元々は周辺一帯が広大な墓所であったと考えられています。 Posted in• 一番最初に現れた神様である造化の三神を祀っています。 願い事を叶えるご利益があるとされ、ゲッターズ飯田がオススメする松本市のパワースポットとして取り上げられ有名になりました。 縁結びのパワースポットとしても人気です。 Posted in ,• 大化の改新の主役である中臣鎌足と中大兄皇子が談合を交わした場所と言われており、「談山」の名前の由来となっています。 その後中臣鎌足は藤原氏の祖となり、談山神社に祀られています。 桜と紅葉の名所としても有名です。 Posted in , ,• 葛木御歳神社は豊作の神・豊穣の神である御歳神を祀っています。 平安時代頃までは朝廷からの保護を受けたり、洪水等の際には祈祷の奉納を受けたりとそれなりに栄えたようです。 しかし神職不在の時期が続いたり、神職を置いたところ祟りがあったりで寂れていきます。 近年女性宮司が就任して以降、再興し人気の神社となりました。 Posted in• 東大寺といえば大仏。 修学旅行生や外国人観光客に人気で、パワースポットというイメージはあまりないかもしれません。 しかし、そもそも東大寺は奈良時代に聖武天皇が当時の国力を結集して国の鎮護の目的で作った強大な霊域です。 その一方で労役に駆り出された人民が疲弊し、怨念も渦巻く複雑なスポットなのです。 Posted in ,• 十和田湖畔にただずむ十和田神社は坂上田村麻呂によって創建された説と、南祖坊という修験者によって創建されたという二つの説があります。 どちらも荒れ狂う十和田湖を鎮めたというエピソードは共通しており、特に南祖坊は青龍権現として近世まで祀られていました。 Posted in• 太郎坊宮の由緒は古く、元々は巨岩を磐座として祭祀が行われていました。 聖徳太子が箕作山の一峯である赤神山に正哉吾勝勝速日天忍穂耳命を祀る社を建立、赤神山の名前から阿賀神社と称したとされます。 Posted in ,• 塩原八幡宮には源義家の東北征伐から源平合戦後の義経追討まで源氏に関する伝承が数多く残っている神社です。 八幡神社らしく戦勝や開運のご利益で人気のパワースポットです。 Posted in• 白鬚神社は、垂仁天皇25年に倭姫命によって社殿が建てられたのが創始と言われます。 674年には天武天皇の勅旨によって「比良明神」の号を賜ったとされています。 白鬚神社は全国にある白髭神社の総本社として知られ、古来より延命長寿の神様として崇敬を集めています。 Posted in , , , ,• 金刀比羅神社は四国の金刀比羅神社の分霊を祀っています。 江戸時代に一度全燃し再建できずにいましたが、この地方の船の海難事故が多発し、こんぴらさまの祟りだと言われたことかあります。 そのため当時の宮司威寶院第23代峯順が四国の金毘羅大権現に33回祈願に行った結果、事故は減りました。 その後再建されています。 Posted in , ,• 継体天皇が治水工事を行い越前平野を拓いた際、九頭竜川(黒龍川)の守護と国土平穏、万民守護のために高龗神、闇龗神を祀った「毛谷神社」が始まり。 神祇史によると国土開闢の際に国土守護のために四座の神を祀ったとされ、毛谷黒龍神社はその一つとされています。 Posted in , , ,• 津島神社は全国で3000社ある津島神社の総本社です。 元々、須佐之男命を祀り、神仏習合の影響で牛頭天王を祀るようになり、さらに明治の廃仏毀釈でまた須佐之男命を祀るようになりました。 須佐之男命の武運にあやかり開運や勝運、また牛頭天皇の名残である健康長寿のご利益で人気のパワースポットです。 Posted in ,• 劔神社の創祀は悠久の昔に遡り、神功皇后摂政の頃、第十四代仲哀天皇の第二皇子忍熊王が劔大明神として現地に社を祀ったことに始まります。 奈良時代より祈願の霊場として厚い信仰を集めました。 Posted in , , ,• 京都で商売繁盛を願うなら京都ゑびす神社と言っても過言ではありません。 参拝方法は一風変わっており、お賽銭を投げつけられたり社殿を叩かれたりと、ちょっとかわいそうな神様でもあります。 Posted in ,• 高知県香美市土佐山田町にある洞窟である龍河洞は、山口県の秋芳洞、岩手県の龍泉洞とともに、日本三大鍾乳洞の一つに数えられています。 1931年に発見され、1934年に国の天然記念物に指定されました。 Posted in• 大豊神社は子宝、合格祈願、縁結びなど様々なご利益で有名です。 最も大きな特徴は全国で唯一狛鼠が鎮座していることです。 ねずみ年には全国から参拝客が大量に訪れ賑わいます。 Posted in• 武雄神社は西行法師が感動のあまり涙したと言われる樹齢3000年の大樟が有名です。 神社自体は白亜の社殿が美しく、竹林に囲まれた独特の雰囲気です。 桜の名所としても有名で近くには梅林もあり、春は賑やかな雰囲気になります。 Posted in• 金櫻神社は金運のご利益で有名な神社です。 御神宝は2対の水晶で、日本水晶発祥の地と言われています。 ヤマトタケルが東征の際に立ち寄ったとされ、神の眷属であるニホンオオカミの伝承が残ります。 また、境内には力の象徴である龍があしらわれ、強大なパワースポットです。 Posted in• 祐徳稲荷神社はこの地で稲荷神社を勧進し入定した萬子姫の諡である祐徳院から字をとって建立されました。 豪華絢爛で美しい稲荷神社として有名で、最近ではタイの大人気テレビドラマ「Stay」のロケ地になったことからタイ人観光客が急増しています。 Posted in• 日牟禮八幡宮は元々大嶋大神という神様を祀っていました。 その後応神天皇が立ち寄った際に日輪が二つ見えると言う奇跡が起こり、日牟禮八幡宮に改められました。 織田信長や豊臣秀次によって信仰され、徳川家にも保護された由緒正しい神社です。 Posted in• 壱岐島の月読神社は日本で最古の神社であるという説があります。 月読命は、天照大神と素戔嗚尊という二人の偉大過ぎる姉弟に挟まれて目立った活躍がない神様ですが、最古の神の一人であることは間違いありません。 長年放置されていましたが、近年整備が再開されています。 Posted in ,• 尾崎神社は加賀藩四代藩主の前田光高によって、日光東照宮を勧進して創建された神社です。 そのため「北陸の東照宮」「金沢東照宮」と呼ばれ、江戸時代以降人々の信仰を集めました。 境内には東照宮らしく、そこかしこに葵の御紋が散りばめられています。 Posted in , , ,• 八坂神社といえば厄除けのイメージがありますが、ここ長崎の八坂神社は厄除け以外に女性の縁結びや美容のご利益も有名です。 長崎くんちの際には会場の一つになり大変にぎわいます。 夏のぎおんさんのほおづき市も有名です。 Posted in ,• ヤマトタケルの東征で自らを犠牲にして夫を守った多治速比売命を祀っています。 縁結びの神様として知られており、本堂は室町時代の珍しい彫刻様式が残っています。 周辺には梅林もあり散策にもオススメです。 Posted in , ,• 宮地嶽神社は近年嵐の出演するJALのCMで取り上げられて以降、全国的に有名になりました。 日没の太陽が参道の先の海に沈んでいき発する光が道のように辺りを照らします。 周辺はオレンジ色の光に包まれとても神秘的です。 光の道を鑑賞する「夕陽の祭」は2月下旬から3月に開催され、たくさんの人で賑わいます。 Posted in ,• 安曇野はもともと九州で海の民として暮らしていた安曇氏が最終的に定住し、守り神である穂高見命を祀った神社です。 日本アルプスの総鎮守と言われ、現在では健康や縁結びのご利益で人気があります。 Posted in , ,• 香椎宮はもともと仲哀天皇・神功皇后の霊廟として始まり、今のような神社になったは平安時代中期です。 現在でも10年に1度天皇から勅使が訪れる勅祭社として、国内でも重要な位置付けにあります。 境内に湧き出る不老水は不老長寿の霊水として有名です。 Posted in ,• 太皷谷稲成神社は津和野藩の矜持として城の鬼門にまともと建てられました。 伏見稲荷神社から勧進され、諸願成就のご利益で有名です。 263段の石段は千本稲荷が立てられ、フォトジェニックなスポットとしても人気です。 Posted in ,• 高良大社で祀られている高良玉垂命は正体が不明にも関わらず正一位を与えられている位の高い神です。 歴史は古く、朝鮮半島から異国の兵が攻め込んできた際に高良玉垂命が降臨したのが始まりとされています。 現在では厄除け、芸能の神としてのご利益が有名です。 Posted in ,• 若狭彦神社は、社伝によると渡来人の姿をした神様が顕現した神社と言われています。 若狭彦神社を上社、若狭姫神社を下社とし、両方合わせて若狭国一宮です。 特に縁結び・安産祈願に御利益があるとされています。 社務所の機能は若狭姫神社にあります。 Posted in ,• 元々は太宰府鎮護の役割を持った神社です。 近年では縁結びのご利益で人気のパワースポットになりました。 新しくなった社務所のデザインが注目されており、スタイリッシュながらも静謐な空間が素敵です。 Posted in ,• 地主神社は修学旅行で京都に来た女子中高生の人気のスポットです。 理由は縁結びのご利益が有名だからですが、境内には縁結び以外にも様々なご利益が期待できるパワースポットにあふれています。 清水寺の近くというのも常に混雑している理由ですが、実は京都で最も古い歴史を持つ古社の一つです。 Posted in , , , ,• 輪島塗りで有名な輪島に位置する不思議なパワースポットの集合体 石川県輪島市曽々木地区には、曽々木ポケットパークと呼ばれる拠点地を中心とした、「曽々木パワーゾーン」と呼ばれる、神仏のパワーが集中する一帯があります。 曽々木パワーゾーンの概要 名称:曽々木パワーゾーン ふりがな:そそぎぱわーぞーん 主祭神: 創建: 住所:〒928-0206 […] Posted in ,• 長者山はもともと源義経の家来が義経の居城を作るために、植樹して整備した場所と言われています。 江戸時代に入り、藩主によって虚空蔵堂が創建され、それ以来八戸の鎮守として市民に崇敬されてきました。 その名前から金運アップのご利益があると言われています。 Posted in ,• 大和朝廷の重臣武内宿禰によって創建された神社です。 古くから男女の中にご利益があるとされ、夫婦円満や縁結び祈願に人気があります。 豊臣秀吉や前田利家など戦国武将を祀っている神社でもあります。 Posted in , ,• 天津神明宮は源頼朝が平氏打倒を掲げ伊勢神宮の神霊を勧進した神社です。 妻の北条政子の安産祈願も行われ、源氏の守り神として栄えました。 日蓮も訪れたという記録があり、日蓮宗を開いた際には記念として曼荼羅を寄贈されました。 貴著な自然が残ることでも有名です。 Posted in , ,• 皇祖皇太神宮は神武天皇以前にも天皇家が存在しており、世界中の聖人たちがこの山に詣でたという伝説の残る神社です。 モーゼにキリスト、釈迦、老師、孔子、ムハンマドが修行して帰ったと言います。 これだけ聞くとトンデモ神社ですが、竹内文書という先祖代々伝わる記録があり、戦前は国家神道を揺るがすとして弾圧されました。 Posted in• 大杉神社は日光を開山した勝道上人が立ち寄り、この地を飢饉や病魔から救ったのが始まりと言われています。 天狗のご利益で夢を叶える日本で唯一の夢叶え大明神として名高く、全国から多数の人が訪れます。 豪壮な社殿も見所が満載です。 Posted in• 乙宝寺は聖武天皇の勅願で行基らが改山した歴史あるお寺です。 今昔物語にも説話が掲載されており、それにちなんで猿供養寺とも呼ばれます。 真言宗の宗派の寺の中でも重要な位置付けです。 Posted in• 古くから木幡山は霊山としてこの地の信仰の中心であり、中世以降は弁財天が鎮座し総鎮守として栄えました。 木幡の幡祭りは中世の信仰習俗を伝える華やかなお祭りとして有名です。 現在では縁結びの神様としても人気があります。 Posted in ,• 関興寺が戦国時代に小田原北条氏に攻められた際に、逃げ込んだ上杉景勝型の兵を引き渡すように命じられたが、頑として拒否した。 小田原北条氏は境内に火をつけ建造物は全焼してしまったが、味噌つ伸び隠しておいた経典だけは焼けずに無事残った。 この故事から関興寺の味噌は経典を守ったありがたい味噌ということで有名になりました。 Posted in• 義経神社は源義経を祀る神社です。 平泉で兄の頼朝に打たれたと史実ではなっていますが、実は逃げ延びて北海道に渡ったという伝説が道内各地に残っています。 義経神社は創建されたのは1799年と義経伝説からだいぶ時代が下ってからです。 この地域に伝わる英雄オキクルミと同一視した幕府の役人近藤重蔵によって、源義経像を祀ったのが始まりです。 Posted in• 鳥居や社殿が非常に大きいことで有名なお稲荷さんです。 祭神である天照白菊宝徳稲荷大神、日本古峰大神は古事記や日本初期には登場せず、謎が多いです。 古記録には縄文時代に殷帝大王の命により、物部美万玉女命が瓊名の里に日の宮のみやしろを建立したのが始まりと言われています。 Posted in ,• 伊奴神社は安産祈願・子宝祈願のご利益で有名です。 犬は多産のため、妊娠や子宝の象徴とされ、伊奴神社の創建の由来も犬にまつわるものが残っています。 ちなみに境内はペット禁止です。 Posted in ,• 金持神社は宝くじの当選祈願で有名な神社です。 元々はこの地で日本刀を作る原料である玉鋼が取れ、それのことを金と呼んでいました。 そのことからこの地が金持と呼ばれるようになったのです。 古くは戦勝祈願でも有名でした。 Posted in ,• 八百富神社は蒲郡市の竹島を丸ごと神域としている神社です。 日本七弁天の一つで、特に縁結びのご利益で人気があります。 島に架かる橋は地元の繊維問屋が自腹で建設するなど、地元の人の信仰を集めました。 Posted in , ,• 牛窓神社は、その昔神功皇后が塵輪鬼(ちんりんき)という牛鬼を退治したという伝説が残る神社です。 海が見える高台にあり瀬戸内海の絶景が望めます。 宮司さんが非常に気さくで有名です。 Posted in• 宇治上神社は古くは宇治離宮明神と呼ばれ、宇治神社と宇治上神社でひとつの神社でした。 明治に入って分離し、宇治上神社が本宮とされています。 宇治の地名の由来になった菟道稚郎子命(うじのわきいらつこのみこと)を祀っており、受験合格、所願成就、厄除けなどのご利益で人気です。 Posted in ,• 巨大な岩が御神体の神社です。 この岩は玉石と呼ばれ、玉野市の地名の由来になりました。 この玉石3つの火の玉が飛び出し、奥の院の臥龍稲荷神社奥宮、西大寺の観音様、牛窓町の3箇所に飛んで行ったという伝説があります。 Posted in , ,• 京都の金運アップ神社といえばお金神社です。 黄金の鳥居や福財布などで有名で、宝くじや競馬などのギャンブルの前には参拝に来る人が絶えません。 Posted in ,• 熊野神社といえば紀州が本山ですが、ここ倉敷の熊野神社は熊野神社の社領として朝廷から寄進された場所に建立された神社です。 政争の舞台ともなり往時には栄えましたが、応仁の乱以降は衰退します。 戦乱や火事等により度々消失しますが、江戸時代以降は倉敷の郷社として信仰されています。 Posted in ,• 車折神社は平安時代の有名な学者である清原頼業を祀った神社です。 清原頼業は非常に明晰な頭脳と 人から尊敬される人徳を持った人物だったようです。 そのため没後にこの地に神として祀られました。 約束を決して破らなかったことから、どんな願い事も叶えてくれる神社として人気です。 Posted in• 中山神社は鎌倉時代までは全国でも指折りの社格を誇る神社でしたが、戦乱で荒廃し、創建当時の繁栄の面影はありません。 しかし、境内を消失させた甘子晴久自身によって社殿が復興され、国の重文に指定されています。 荘厳な雰囲気で、岡山の代表的な神社です。 Posted in ,• 元々は班女神社と呼ばれていましたが、いつの頃からか訛って繁昌神社と言われるようになりました。 安産や縁結びの神様として崇められる一方、繁昌神社と呼ばれるようになってからは金運アップ商売繁盛のご利益でも人気です。 Posted in , , ,• 塩屋神社は縁結びの神として有名な猿田彦を祀り、境内には乙姫様を祀る龍宮神社もあります。 良縁のご利益がいただけることで古来から女性に人気がありました。 あまんじゃく伝説も有名です。 Posted in ,• 多度大社は、多度山の神の使いとされる白馬が古くから信仰されてきた神社です。 現在では上げ馬神事で有名で、毎年5月には多くの見物客でにぎわいます。 伊勢神宮の通り道にあり、三重のパワースポット巡りの定番です。 Posted in• 招き猫美術館は日本全国のあらゆる招き猫を一堂に集めた美術館です。 おしゃれなアートスペースのような雰囲気の館内で、一斉に手をあげる招き猫の群れは神々しさすら感じます。 幸運をもらえるパワースポットです。 Posted in , ,• 石割神社は石割山の中腹にある小さな社です。 見所は「天の岩戸」と呼ばれる巨大な岩石で作られた空間。 全国に多数ある古事記に出てくる「天の岩戸伝説」発祥の地の一つです。 健康祈願や開運のご利益があると言われています。 Posted in ,• 鞆の浦といえば古来から風光明媚な場所として有名な場所ですが、その鞆の浦の真向かいに浮かぶ仙酔島は特に美しいと評判でした。 仙人が寄ってしまうほど美しいという言い伝えがあり、歴代の皇族も度々訪れています。 島内はパワースポットが多数あります。 Posted in• 沙沙貴神社はもともと沙沙貴山君という古代豪族が治めていた自分の一族の神様を祭っていた場所です。 さらにこの地に移り住んだ源氏の祖先が佐々木と名乗ったことから、佐々木という名字の祖先と知られるようになりました。 全国の佐々木さんが多く訪れる神社です。 Posted in ,• 速谷神社は交通安全のご利益がある神社として有名で、「車を買ったら速谷さん」と称されています。 平家が厳島神社を崇敬するまでは安芸国一宮として栄え、1800年の歴史があるとされています。 古くから長旅の安全祈願に人気で山陽道の守護神とされていました。 Posted in ,• ヤマトタケルは東征の際に、この地で火攻めにあいます。 しかし草薙剣の霊力で炎をなぎ払い反撃して、無事逃れることができました。 そのエピソードからこの地は焼津と名付けられ、焼津神社にヤマトタケルを祀るようになりました。 Posted in ,• 宇部護国神社は長州の家臣であった福原越後以下家臣22名を祭神として祀った神社です。 禁門の変で長州が幕府に敗れた際に責任をとって自刃した彼らを弔うために創建されました。 今では願い事を叶えてくれる神社として人気です。 Posted in• 金沢藩の武士の子弟の教育は、もともと兼六園にあった藩校の明林堂で行われました。 ここ金澤神社はその横に建てられ、学問の神である菅原道真を祀りました。 受験シーズンではたくさんの学生で賑わいます。 また白蛇も祀っており、災難除け、金運のご利益でも有名です。 Posted in , ,• 古くから交通の要所として栄えた下関にある住吉神社です。 日本三大住吉の一つに数えられ、歴史的には時の権力者や大名から厚く信仰されました。 豪華な建造物は国宝や重要文化財に多数指定されています。 Posted in• 神功皇后が三韓討伐から日本に帰ってくる際に、海上安全と先導を担当したのが恩地神社の神様とされています。 主祭神の大御食津彦命、大御食津姫命は食物の神様です。 うさぎと龍のご利益でも有名です。 Posted in ,• もともと阿弥陀寺として開闢し、源平合戦の後は平家一門を弔う勅願寺となりました。 明治の廃仏毀釈で赤間神宮と改称しています。 境内には平家一門の墓、耳なし芳一を祀る芳一堂、安徳天皇陵があります。 Posted in• 生國魂神社は生島大神・足島大神を祀っており、国家鎮護の神社として古代から信仰されてきました。 応仁の乱で焼失しますが、豊臣秀吉によって再建され大阪城の鎮守として栄えます。 豊臣家が滅亡するとまたもや兵火で消失しますが、徳川家によっても再建されました。 明治時代にも大火にあい社殿が焼失したため、現在の社殿は1950年に再建したものです。 Posted in ,• 古くから神域として信仰されてきた形跡がある彦島にある八幡宮です。 宇佐神宮から主祭神を勧進した由緒ある神社で、秋の例大祭で行われるサイ上リ神事が有名です。 Posted in ,• 東征の際に大和の長髄彦を討伐するのに手を焼いた神武天皇が、神の力をいただく一環として天児屋根命・比売御神を祀ったのが始まりです。 天児屋根命は、天岩戸伝説の際に祝詞を唱え、祭りの形式を整えた祭祀の神とされています。 Posted in• 伊豫豆比古命神社に祀られている主祭神の一柱である愛比売命(えひめのみこと)は県名の由来になり、愛媛県は日本で唯一神様の名前から名付けられた県ということになりました。 古代より瀬戸内海の海の民の信仰を集めた神社と言われています。 Posted in ,• もともと鎌倉時代以降松本を治めていた名士である小笠原家の守護神として栄えました。 もともと諏訪明神を祀っていましたが、のちに北野天満宮を勧進し、学問の神として崇められています。 松本の鎮守、合格祈願の神社として多くの参拝客で賑わっています。 Posted in ,• 現在は社格は県社ですが、元々は新居郡の一宮として栄えていました。 戦の際に毛利氏と小早川氏に焼き討ちにあった後、毛利家の渦中に次々と不幸が訪れたため、毛利氏によって再建されました。 新居浜太鼓祭りが有名です。 Posted in• 神埼神社は古くから水産業や農耕牛馬の守護神として信仰されてきました。 見どころは拝殿・本殿の彫刻です。 宝珠を握る龍の彫刻、浦島太郎の物語、古事記や日本書紀の伝説などが精緻に描かれ、多くの観光客を集めています。 Posted in• 石鎚神社は石の霊である石鎚毘古命を祀っており、それはこの山自体であるとともに、イザナギとイザナミが生んだ神の一人です。 国生み神話にも関わる由緒正しい神社であり、第1級のパワースポットです。 Posted in , , ,• 韓竈神社は須佐之男命を祀っている神社で、出雲で取れる砂鉄に深い関わりがあるとされています。 非常に奥深い山道にあり、参拝は険しい石段をのぼり岩の割れ目を通らなければなりません。 体力のない方、肥満体の方、足が悪い方は参拝は難しいでしょう。 Posted in ,• お松さんが、死後化け猫になって悪徳富豪や悪代官にたたったという痛快な伝説が伝わっています。 猫らしく金運アップはもちろん、勝負事や受験合格の神様としても人気で、受験生の参拝客も多いです。 Posted in , , ,• 揖夜神社は死を司る神である伊邪那美命を祀る神社です。 伊邪那美命は、夫の伊邪那岐命との地上の人間の生死をめぐる黄泉比良坂での対決が有名です。 女性の神様ということで縁結び、安産、再生などのご利益があります。 Posted in• 天智天皇が落馬した際に目を傷つけこの地で療養したという伝説があります。 目の見えない人に思いを馳せて、目の神様として名高い一言主神を祀るようになったということです。 古いメガネの供養を行なっている珍しい神社です。 Posted in ,• 龍田大社は2000年以上の歴史を誇る大変歴史ある古社です。 祀られているのは全国でも珍しい風の神で「龍田の風神」と言われ信仰を集めてきました。 崇神天皇の時代に全国に疾病が流行り、天皇の夢枕に「風神二体を祀れ」というお告げがあったことから創建されました。 Posted in ,• 神武天皇の時代に阿波国を開拓した忌部氏の神様である大麻比古大神を祀ったのが始まりです。 現在は大麻比古大神と猿田彦大神を祀る厄払い、交通安全祈願の神社として親しまれています。 Posted in• 平泉寺白山神社は、白山信仰の拠点となり、中世まで大変栄えた天台宗の旧寺院です。 明治の神仏分離によって、現在白山神社となっています。 最盛期には戦国大名と同程度の勢力を誇り、境内には大伽藍、広大な領地、門前町は城下町のような街並みだったと言われていますが、今では当時の面影はありません。 Posted in• 鑑真が建立したと言われ、弘法大師の伝説も残る由緒正しいお寺です。 境内には屋島の氏神である太三郎狸を祀る蓑山大明神もあります。 太三郎狸は日本三大狸の一つで、平成狸合戦ぽんぽこのモデルになりました。 Posted in , , , ,• 生石神社は巨大な石を御神体とする謎が多い神社です。 2名の神がこの地に降臨し、一晩で神殿を建てようと急いでいました。 しかし、地元の豪族が地元の悪神が反乱を起こし、建設が途中で終わってしまったという伝承が残っています。 Posted in , , ,• 石段ならぬ岩場を鎖に伝って登るというすごい立地のお寺です。 山岳修行の聖地というだけあって、たどり着くのに困難を伴いますが、パワースポットとしては一級です。 ドラマ「八日目の蝉」の撮影にも使われました。 Posted in.

次の

食パン専門店「一本堂 日立大みか店」がオープン!混雑状況や駐車場は?お店を紹介 in 茨城県日立市

一 本堂 大甕

吟行記1110 吟行記 【平成23年11月号】 第87回 平成23年10月13(木)、22日(土) 参加者 節子 光子 由紀子 博多秋博 (福岡市博多区) 【博多駅】 今年も「博多秋博」が開催された。 これは博多地区の企業と地域が連携し、にぎわいのある博多のまちづくりを支援する企画で、10月1日から11月15日にかけて、多彩なイベントが行なわれている。 たとえば櫛田神社の「博多おくんち」「中洲まつり」「博多ハロウィン仮装パレード」「東長寺のジャズコンサート」「承天寺のピアノコンサート」「灯明ウォッチング」などである。 福岡市全体で見れば、人の流れは中央区の天神界隈に集中し、博多地区が賑わいを見せるのは主に夏の山笠期間で、キャナルや博多座など点と点の動きが主流だったが、この秋祭りは、規模も少しずつ大きくなり、認知度も増してきている。 特に今年の三月に「JR博多シティ」が開業してから、博多駅一帯に人が集まり始めているので、これを機に博多商人の町・博多地区の活性化が期待されている。 【承天寺】 10月の吟行は、博多地区の神社巡りと、まだ見たことのない「灯明ウォッチング」に決定。 まず10月13日は昼間の神社巡り。 博多駅に10時すぎに集合。 博多阪急や東急ハンズなどの入った「博多シティ」前の広場から、さっそく長東寺前を過ぎ、御供所町の寺へと向う。 ここは何度来ても静かで、昔の博多が少し残っている。 路地には長屋のような家が連なり、玄関に「山笠総代」など山笠に係わる役職名の札が掛かってる。 山笠所縁の承天寺や広い聖福寺の境内には人影はなく、茂った楠の巨木から烏やヒヨドリの声が響く。 寺の長い塀に沿って歩くと、どこからか剪定の音がする。 寺の多い御供所町に、それぞれ松手入れの職人が入り、黙々と作業をしている。 【承天寺 2】 寺町の寺それぞれの松手入れ 由紀子 軽トラを寺に乗り入れ松手入れ 由紀子 門内に松の手入れの鋏音 由紀子 【寺町の通り】 承天寺境内は市道によって二つに分かれているが、山門などある南西の境内の松は伸び放題で、今から手入れするのか工事車輌が横付けされている。 本堂のある北東の境内は菩提樹の実が少し散らばっているくらいで、方丈の庭は美しく掃かれている。 庫裏前の大甕の蓮は枯れたままになっているが、甕の水にその姿を写し、澄んだ水に水草が浮いている。 禅寺らしい風情に暫く佇む。 方丈の庭に菩提樹実をつけて 節子 敗荷となりし大甕写経堂 由紀子 昼食は光子さんが探した博多町屋を改装した小さな古民家の二階で頂く。 白壁に黒い柱がアクセントの店内は、寺巡り後の休息に相応しいゆったりとした雰囲気だ。 昼食後、また御供所町界隈を散策し、博多駅近くの珈琲店にて句会。 【民家と食事処】 10月22日の「灯明ウォッチング」は、この辺りで約三百年継承されている「千灯明祭」にちなんだもので、博多の秋の風物詩になっているらしい。 「灯明ウォッチング」も第17回となっているので、こちらが知らなかっただけのようだ。 ネットでみる灯明の地上絵に期待感が募り、我らの常宿になりつつある「鹿島本館」に予約を入れる。 当日予定の17時に遅れたものの、無事鹿島本館にて三人集合。 あいにく雨のち曇りの天気で、何時降りだすかもしれない黒い雲に若干不安を覚えながら外へ出る。 近くの櫛田神社には、すでに大勢の人が出入りしている。 境内には和紙の筒に灯明が揺らめき、山笠の清道旗の立つ広場には、灯明で「銀河鉄道の夜」が描かれている。 二階から見る灯明の地上絵はまさに幻想的。 【櫛田神社境内の地上絵】 近くの「冷泉公園」は若者や家族連れでごった返している。 ドイツのビールや民族音楽などを楽しむことができるイベントのようだ。 奥にはメリーゴーランドまで動いている。 テントの中でピザを食べていると、土砂降りの雨。 小降りになったところで、寺町の灯明を見ようと御供所町まで歩いてみるが、静まり返っっている。 灯明は夕方の雨で片付けられたらしい。 博多駅から宿までの大通りの歩道に置かれた灯明は、ビニールで囲って灯っていたので、少しの雨でも開催されるかもと少し期待したが、街路灯のみ辺りを照らしている。 近くの高校の校庭を使って大規模な地上絵が灯明で描かれることになっていたので残念だが、灯明に雨では仕方ない。 御供所町から大通りの東長寺に節子さんの勧めで寄ると、本堂で「山鹿灯籠踊り」が始まろうとしている。 11人の踊り子が独特の紙の灯籠を被り「よへほ よへほ」と踊る。 思いがけない踊り見物となったが、雨の中を歩いた体に程好い休息。 【山鹿灯篭踊り】 秋燈に十一人の踊り人 節子 本堂に灯籠踊り秋祭 由紀子 本堂に雨宿りして見る踊り 節子 描かれしDo For Japan秋灯 光子 宿近くまで戻り、レストラン「伊nokura]で遅めの夕食。 美味しいイタリアンをご夫婦で作っている。 小さな和風の入口で店内が見えないので、最初は入りにくいが、生パスタは絶品。 宿にて句会。 雨で灯明会場の半分しか見ることはできなかったが、櫛田神社の灯明地上絵や山鹿灯籠踊りは、泊まりで見る価値のあるものだった。 毎年行なわれるようなので、今度はお寺でのコンサートなども考えている。 【夜の寺町と朝の櫛田神社】.

次の