中田 敦彦 の youtube 大学 登録 者 数。 オリラジ中田敦彦のyoutube大学の年収はいくら?登録者数も!|綾鷹のイベントの Invitation

オリラジ中田敦彦のyoutube大学の年収はいくら?登録者数も!|綾鷹のイベントの Invitation

中田 敦彦 の youtube 大学 登録 者 数

飯山氏は先ほどのツイートのスレッドで、 中田敦彦氏のイスラム教の解説は「不十分」なのではなくデマです とバッサリ。 中田敦彦が宗教について間違った知識を多くの視聴者に伝えていると主張しました。 また、プロの立場から中田敦彦の発言に訂正をしています。 中田敦彦氏の誤りを少し指摘。 誤)中田「宗教には大きく分けて二種類ありまして、それが多神教と一神教」 正)それは宗教の一分類にすぎず、全宗教がそのどちらかに該当するわけではない 誤)中田「如来、なんとか観音、これいっぱいでてきます、それが多神教」 正)如来は仏であって神ではない — 飯山陽『 イスラム2. 0』増刷決定、みなさまありがとうございます! IiyamaAkari これに対し、飯山氏に中田敦彦の視聴者は お前こそ動画をアップしろ など反論。 そして飯山氏自らこれらに引用ツイート、またはスクリーンショットを貼り、 YouTubeで得た「知識」こそ真理だと頑なに信じる者に知的成熟は不可能だ。 などと反論し返すなど、白熱したタイムラインとなっています。 みずにゃんは最近知識や教養を視聴者に教える学問系YouTuberが増えていることに言及しました。 でもやっぱりね僕ね思うんですけど、やっぱりYouTubeを見るときに、YouTubeにそれこそ世の中の真偽が詰まってると思っちゃいけないんだなと と、学問系動画の内容を妄信すべきではないと主張しました。 短い時間で、手軽に知識や教養を得られるということで最近人気の学問系チャンネル。 しかし、その動画の内容は必ずしもすべて正しいとは限りません。 今回の件で結局のところ、本当に正しい知識は自分で勉強して得るほかない、ということを学べるのではないでしょうか? 12月18日追記 問題の動画が非公開に 12月18日現在、問題の動画が非公開となり視聴できなくなりました。

次の

中田敦彦が「YouTubeの世界」でも成功した必然

中田 敦彦 の youtube 大学 登録 者 数

オリエンタルラジオの中田敦彦が次々とヒットを生み出す成功の秘訣とは?(画像:『中田敦彦のYouTube大学』より/YouTube:) オリエンタルラジオの中田敦彦のYouTubeチャンネル『中田敦彦のYouTube大学』が好調だ。 9月4日には登録者数が100万人を突破して、10月16日現在はすでに132万人を超えている。 芸人YouTuberとしては「カジサック」ことキングコングの梶原雄太と並んでトップをひた走っている。 『中田敦彦のYouTube大学』のメインコンテンツは、歴史、経済、インターネットなどさまざまな分野に関する入門的な講義である。 毎回1つのテーマを取り上げて、それをわかりやすくかみ砕いて面白く伝えてくれる。 中田という芸人の強みである「プレゼン力の高さ」が存分に生かされている。 歴史、経済、インターネットなどさまざまな分野に関する入門的な内容をわかりやすく伝える『中田敦彦のYouTube大学』のコンテンツ一覧(『中田敦彦のYouTube大学』より) このチャンネルで扱うテーマは幅広いのだが、中田はもともと個々の分野に精通しているわけではない。 毎回この講義のために猛勉強して新しい知識を入れて、それをアウトプットしているのだ。 それだけで1本30分前後の濃密な内容の講義をほぼ毎日続けているのは驚くべきことだ。 中田敦彦が成功できた理由 このYouTubeチャンネルはもちろん、オリエンタルラジオの代名詞になったリズムネタ「武勇伝」、音楽ユニット「RADIO FISH」としてリリースした楽曲「Perfect Human」など、中田はこれまでにも世間を騒がせる話題作を手がけてきた。 そんな彼の成功の要因は、戦略的思考力と行動力にあると一般的には思われている。 もちろんそれも間違いではないのだが、その根底にあるのは、彼のメンタルの強さだと思う。 人並み外れて肝がすわっているからこそ、失敗することや批判されることを恐れず新しいことにどんどん挑んでいけるのだ。

次の

中田敦彦のYouTube大学の開設日/登録者数/収入/編集者/観覧方法/人気動画を調査

中田 敦彦 の youtube 大学 登録 者 数

テレビで一定の実績を上げた芸能人がYouTuberに転向するケースが増える中、オリエンタルラジオの中田 敦彦さんが運営する「中田敦彦のYouTube大学」はひときわ注目を集める存在です。 歴史などを扱う「教育系」への路線変更が功を奏し、2019年4月以降の登録者数が爆発的な伸びをみせていたことも話題を呼んでいましたが、ここにきて突如、そのチャンネル登録者数が「非公開」になったとご存知でしょうか? 連動するTwitterのツイートも消えてしまったため、さすがに様々な憶測が流れ始めているところです。 実際、どうして中田さんは順調だった登録者数の推移を非公開にしてしまったのでしょう。 非公開を受けて世間の反応は!? x 登録者数が非公開になったタイミングにおいて中田さん本人から明確な説明がなかったこともあり、各種SNSや掲示板は様々な考察のコメントで溢れました。 うなぎ登りだった登録者数は分かりやすく人気の指標になりますから、本来中田さんにとって公開のメリットが大きいはずなのに、それと逆行した今回の措置は確かに意図を汲みづらいですよね…。 世間の反応をみると「何か不都合な事実があり、具体的な数字を隠す必要が発生したのでは?」といったネガティブな見立てから、「今後発表される新プロジェクト等の前準備かも。 サプライズ的な要素がありそう」といった期待の声まで様々な意見が寄せられています。 特に多かったのは「立場や登録者の増加ペースが似通っており、何かと並んで称されるカジサック(キングコング・梶原 雄太)とやたら比較されることを嫌ったのだろう」との推察でしょうか。 なるほど外野がカジサックを引き合いに出して面白おかしく騒ぎ立てることを、何とか避けたかったという線はあり得るかもしれません。 スポンサーリンク? 中田本人が関連の言及を行った? ただ個人的には、中田さん本人がその後の動画を通じて述べた 「もはや再生回数や登録者という数字に拘るフェーズは越えた」という趣旨のコメントに、一連の行動の真意が集約されている気がします。 おそらく中田さんは真に自分が取り組みたいことと向き合いつつ真剣に発信を行っているのに、動画の本質とはかけ離れた「数字」で評価されることを憂い、もう一段先のステップに進もうと決意したのではないでしょうか? 確かに登録者数といった数字は分かりやすい指標にはなりますが、それゆえ事の本質を見ることなしに、一側面のみからコンテンツの価値を推し量られるリスクが伴いますよね。 数字の上で一定の成果は得られたので、今後はもうそういった情報に振り回されることなく、より真摯に「中田敦彦のYouTube大学」と向き合いたいというのが、中田さんの想いであると考えます。 いずれにせよ今回のアクションからは、中田さんの「本気」が垣間見える気もしますよね! スポンサーリンク?

次の