1961 年 生まれ 年齢。 昭和36年生まれ

年齢早見表 1961年(昭和36年)生まれ

1961 年 生まれ 年齢

1961年昭和36年生まれの人の年齢早見表です。 今年2020年は59才です。 59年前は昭和36年で西暦1961年。 昭和36年生まれの小学校、中学校、高校、専門学校、大学、各学校の入学、卒業、厄年も計算表示します。 安政 (あんせい)1854年から1860年まで。 万延 (まんえん)1860年から1861年。 文久 (ぶんきゅう)1861年から1864年までまで。 元治 元治(げんじ)1864年から1865年まで 慶応 (けいおう)1865年から1868年まで。 明治 (めいじ)西暦1868年10月23日(明治元年9月8日)から1912年(明治45年)7月30日まで。 大正 (たいしょう)1912年(大正元年)7月30日から1926年(大正15年)12月24日まで。 昭和 (しょうわ)1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。 平成 (へいせい)1989年(平成元年)1月8日から2019年(平成31年)4月30日まで。 令和 (れいわ)2019年(令和元年)5月1日から。 を調べる.

次の

年齢早見表 1961年(昭和36年)生まれ

1961 年 生まれ 年齢

なぜ受給開始年齢が引き上げられているのでしょうか。 その理由として、年金制度が賦課 (ふか )方式であることが挙げられます。 今納めている年金保険料は、将来の自分のために積み立てているというイメージがあるかもしれませんが、実は違います。 賦課方式とは、今の現役世代が納めた保険料を、今の年金受給世代に老齢年金として支払う方式です。 現役世代が年金受給世代に仕送りをしているというイメージで、自分が年金受給世代になると、そのときの現役世代が納める保険料が年金原資となります。 そのため、賦課方式は少子高齢化の影響を強く受けます。 少子高齢化が進むと、少ない現役世代で多くの高齢者を支えなければならなくなるからです。 ・2060年には、1. 4人で1人の高齢者を支える時代に 年金は、「繰り上げ受給」や「繰り下げ受給」も可能です。 通常は 65歳から受け取れるものを、早め( 60歳~ 64歳 )に受け取ることを「繰り上げ受給」、遅め( 66歳~ 70歳 )に受け取ることを「繰り下げ受給」といいます。 繰り上げ受給は 60~ 64歳の間に請求し、 1ヵ月単位で繰り上げることができます。 年金は終身にわたって受け取ることができるため、早く受給できると聞くと魅力的に感じますが、「 0. 受給開始年齢を 60歳に繰り上げるとすると、 30% (= 0. たとえば会社員 (平均年収 550万円、厚生年金に 38年加入 )の場合、 65歳から受け取る年金額は、約15. 9万円 (月額 )です。 繰り上げ受給で 60歳から受け取るとすると、 15. 1万円 (月額 )になります。 この額を、生きている限り受け取り続けることができます。 差額を計算してみましょう。 1ヵ月繰り上げるごとに 0. 5%減額されるため、年間 6%減額されることになります。 6なので、 16年以上生存すると損になります。 そのため、 76歳以降も生存の場合には、繰り上げ受給を「しない」ほうがお得になります。 ・「繰り下げ受給」で受け取りを1ヵ月遅らせるごとに、受給額が0. 7%増える 繰り下げ受給は、 66~ 70歳の間に請求し、 1ヵ月単位で繰り下げることができます。 繰り下げ受給のメリットは、遅らせるごとに年金受給額が増額されることです。 増額率は「 0. たとえば、受給年齢を 70歳に繰り下げた場合は 42% (= 0. 先ほどの例の会社員 (平均年収 550万円、厚生年金に 38年加入 )の場合、繰り下げ受給で 70歳から受け取るとすると、 15. 6万円 (月額 )になります。 この額を、生きている限り受け取り続けることができます。 差額を計算してみましょう。 1ヵ月繰り下げるごとに 0. 7%増額されるため、年間 8. 4%増額されることになります。 4%= 11. 9なので、 11年以上生存すると得になります。 そのため、 81歳以降も生存の場合には、繰り下げ受給を「する」ほうがお得です。 *そもそもいくらもらえるかについては 夫婦で考える、年金はいつから受け取るとお得? ・男性は65歳、女性は70歳からがお得 夫婦で老後を過ごす場合、いつから年金を受け取るのが正解なのでしょうか? 夫婦共に平均寿命まで生きると仮定して検証してみましょう。 日本人の平均寿命は、男性が 81. 25歳、女性が 87. 32歳です。 前述のとおり、受給開始年齢を 60歳に繰り上げると、 76歳以上生きる場合は損になります。 平均寿命と比較すると、繰り上げ受給は損になるといえるでしょう。 また、 81歳以上生きる場合は受給開始年齢を 70歳に繰り下げたほうがお得です。 81歳というと、男性は平均寿命とほぼ同じであるため、お得になるかは微妙なところです。 女性はそこから 6年長く生きる可能性があるため、お得になる可能性が高いと言えます。 ・お得というだけで決めるのは危険 2019年現在で 50歳以下の方は、国民年金も厚生年金も 65歳からもらえます。 年金の受け取りを早める「繰り上げ受給」や、受け取りを遅らせる「繰り下げ受給」という制度が存在するため、 60歳~ 70歳のうち好きなタイミングから受け取りはじめることも可能です。 ただし、 65歳より早く受け取りはじめる場合は「減額」、遅く受け取りはじめる場合は「増額」される点に注意しましょう。 平均寿命だけを考えると、男性は 65歳から、女性は 70歳から受け取りはじめるのが最もお得といえます。 実際には、夫婦の経済状況や健康状態、退職のタイミングなども踏まえて、受け取りはじめる年齢を決めましょう。 人生 100年といわれる現代、 65歳で退職すると、 100歳まで 35年もあります。 その 35年間で趣味を目一杯楽しみたい、年に数回くらい海外旅行に行きたいなど、夫婦の希望を今のうちからよく話し合っておくことが、豊かな老後生活への第一歩となります。 今後、変更されることもありますのでご留意ください。 記事提供元:.

次の

何年生まれは今年何歳?【生まれ年

1961 年 生まれ 年齢

1961年昭和36年生まれの人の年齢早見表です。 今年2020年は59才です。 59年前は昭和36年で西暦1961年。 昭和36年生まれの小学校、中学校、高校、専門学校、大学、各学校の入学、卒業、厄年も計算表示します。 安政 (あんせい)1854年から1860年まで。 万延 (まんえん)1860年から1861年。 文久 (ぶんきゅう)1861年から1864年までまで。 元治 元治(げんじ)1864年から1865年まで 慶応 (けいおう)1865年から1868年まで。 明治 (めいじ)西暦1868年10月23日(明治元年9月8日)から1912年(明治45年)7月30日まで。 大正 (たいしょう)1912年(大正元年)7月30日から1926年(大正15年)12月24日まで。 昭和 (しょうわ)1926年(昭和元年)12月25日から1989年(昭和64年)1月7日まで。 平成 (へいせい)1989年(平成元年)1月8日から2019年(平成31年)4月30日まで。 令和 (れいわ)2019年(令和元年)5月1日から。 を調べる.

次の