ゼノ 役職。 麻雀×XENOの融合、『XENO雀』を生み出してしまった…「中田敦彦考案カードゲーム”XENO”を麻雀に取り入れてみた。|カトオ/加藤慎也|note

【グラブル】イベントスケジュール&これグラ反応、年内ゼノ予定は間に合う?役職ボーナスは神バハで似たようなシステムがある模様

ゼノ 役職

「リーチ後に精霊でリーチ取り消し…」「死神のロン和了…」「賢者で4枚の内からツモ…」…とんでも麻雀が完成してしまいました。 中田敦彦(オリエンタルラジオ)氏が作った最新のカードゲーム『 XENO』を購入しました(普及用に5つ) この『XENO』というカードゲーム、シンプルでいて戦略性もあり、運要素と心理戦が程よいバランスを生み出しており、非常に面白いです。 いつもボードゲームを遊ぶ友人らと盛り上がっていると「 麻雀と組み合わせたら面白いんじゃね?」という発想が生まれまして、新たにルールを設定して『 XENO雀』プレイしてみたところ、これが ハチャメチャに面白かったので、ここに書き留めておきます。 はじめに 〜『XENO』とは〜 XENOのルールについては「ぼくとボドゲ」さんのレビュー(およびルール解説)がとてもわかり易かったのでこちらをご参照ください。 で、このXENOの最大の特徴が 「役職:効果」の部分となります。 この要素により、運や心理戦が絡み、深いゲーム性が生まれています。 この「効果」を 麻雀にぶち込んだのが「XENO雀」です。 それでは、それぞれのカードが持つ「 本来のXENOにおける効果」と「 XENO雀における効果」を合わせて解説していきます。 ルール 〜カードの役割〜 『XENO』には下記の10種類のカードがあります。 基本的に数字が大きいほど強い(プレイヤーに有利な)効果を持ち、数字が小さいほど効果は弱くなります。 言い忘れましたが、麻雀は基本的なルールをそのまま採用しています。 今回は3人打ち(三麻)で行っております。 それではカードごとの効果説明です。 『皇帝』以外に脱落させられた時に『転生札』で復活する。 そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。 効果の発動は指名した相手の手番のツモ後に行う。 公開時間は5秒とし、公開前には混牌(牌の順番をバラバラにする)しても良い。 リーチ対象者を指名した場合は手牌の公開のみとする。 発動はカードを引き、指名後に即時行われる。 リーチ対象者の指名も可能、指名されたリーチ対象者はリーチを解除される。 残り2枚は山札へ戻す。 残り3枚は山へ戻す。 戻す3枚は上家がシャッフルする。 見せ合う際は他のプレイヤーに見られないよう密かに見せ合う。 2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。 リーチ対象者を指名することは出来ない。 リーチ対象者も指名することが出来る。 複数牌ある場合は、全て公開する。 指名後にツモってきた牌は公開の対象とはならない。 カード説明の補足 さて、各カードの効果については理解して頂いたと思います(実際にプレイしてみると 笑えます) カードについて、いくつか補足事項があります。 こちらは本家のXENOも同様です。 麻雀との組み合わせ方 それでは、実際にどうやって麻雀と組み合わせるのかを説明していきます。 今回は3人打ち(三麻)でのプレイ説明となります。 基本的なルールや役などは麻雀と全く同じで問題ありません。 XENOのカードを融合させるために抑えるポイントは4つです。 「春」「夏」「秋」「冬」と書かれた4つの牌です。 正直みたことあるけど使ったことがある人は少ないと思います。 まさか初めて使うのがXENO雀になるなんて思ってもいませんでした。 花牌は通常の麻雀だとあまり使われることはありませんが、中には花牌を使用するローカルルールがあります。 ローカルルールなので使い方には細かな違いがあるようですが、花牌が手牌にある場合、その枚数分を鳴きと同様公開し、公開した花牌の数だけ嶺上牌からツモをします。 アガった時に1枚一翻(ドラと同様の扱い)として計算するのが一般的です。 花牌と同様に季節牌という特殊な牌も存在します。 XENO雀ではカードを引くために、この『花牌』および『北(ぺー)』が必要となりますので、山を積む際に『花牌』を加えてください。 そして、 王牌の積み方が変わってきます。 『王牌(ワンパイ)』とはドラ表示牌や嶺上牌(カンの時にツモるアレ)などが積まれている山を指します。 通常、嶺上牌は4枚ですが、ここに更に8枚つけます。 合計で12枚になります。 あとは普通の麻雀と同じように、山を分けていきます。 カードの山札は盤上の中央(河の中心)等にセットしてください。 引いたカードは「使う」か「伏せる」ことが出来ます(強制発動の場合は効果が発動します) カードを「使う」か「伏せる」かした後、打牌します。 引いたその手順で使っても良いですし、 中盤から終盤まで温存してもOKです。 「1、7〜9」は引いた手番での 強制発動となります。 あまりに強力すぎるため、制約を設けました。 ただし、10(英雄)を使用して、7選択、8交換の効果を発動する際は強制発動ではなく、任意の手番で発動させることが出来ます。 ・自分の手番時に即発動する効果(2捜査、3透視、4守護、6貴族、8交換) ・指名した相手の手番で発動する効果(1革命、5疫病、9公開処刑) ・使用した次の自分の手番で発動する効果(7選択) 実際にプレイしてみよう ここまでルールを読んだ後は、一度実際にプレイしてみることをオススメします。 やはりカードゲームやボードゲームは「 一度やってみる」のが何よりも早く理解できると思います。 普段から麻雀を楽しんでいる方にもオススメです。 不確定要素が増えて笑えます。 それでは良いXENO雀ライフを。 twitter.

次の

社会福祉法人「ゼノ」少年牧場

ゼノ 役職

発注者情報 業種 ソフトウェア製品・IT関連製品 職種 システム企画・統括 役職 経営者・役員相当 従業員数 10~50名 PHPでのeラーニングシステムの開発をお願いしました。 既存システムが少し変わったソリューションを使って動いているものの、そちらへの理解も大変早く、プロジェクトの立ち上がりも早かったです。 発注元としてまとめるべき資料についても、まとめる前にゼノフィさんから提案を頂きながらまとめることができ、結果として使いやすい、大変満足なシステム開発となりました。 この案件以降、弊社の開発案件については、安定感と柔軟性とスピード感を併せもったゼノフィさんへの発注を基本線としています。 引きつづきよろしくお願い致します。 発注者情報 業種 インターネット関連 職種 システム企画・統括 役職 経営者・役員相当 従業員数 ~10名未満 CMSの開発も含め、Webサイトの構築をお願いしました。 品質は非常に高く、運用を開始してから現在までトラブルも無い(ほぼ皆無)ため、とても安心感があります。 CMSの設計においても、様々なインターフェイスを提案して頂いたりと、弊社よりも熟知していた点もあり、大変心強かったです。 価格的には正直少し高いなと思いましたが、その品質と内容を比べると、結果としてお得だったなと感じています。 また、電話対応やメール対応などもとてもしっかりしており、かつ迅速に対応して頂けます。 連絡が迅速に取れるというのはやはり安心できる点でもあろうかと思います。 いくつか案件をお願いしておりますが、確実にそして迅速に行って頂けるので、弊社としてはとても助かっております。 発注者情報 業種 マスコミ・広告 職種 制作・デザイン・編集 役職 経営者・役員相当 従業員数 ~10名未満 サービスリリースまで時間のないなか、多くの要望を柔軟にご対応いただき、納品予定日までにきちんと安定したものを納めて頂きました。 クライアント共に大変満足しており、運用のメンテナンスも継続してご依頼をさせていただいています。 ゼノフィ様の強みは層の厚い開発人材かと思います。 毎回違う担当者に変わっても品質が一応に維持されている印象をうけます。 大規模な独自システムの案件から小規模な案件まで丁寧にコミュニケーションしていただけるため安心してクライアント様へ提案することができます。 今後とも多くの案件をご依頼させていただくかと思いますがどうぞよろしくお願いします。 発注者情報 業種 インターネット関連 職種 システム運用・保守 役職 部長職相当 従業員数 ~10名未満 弊社の場合、クライアントから明瞭な用件定義がある場合が少なく、要求定義も十分に吟味されないまま営業サイドに伝えられるため、他社では対応できないような未成熟な案件や流動的な案件にも、非常に柔軟に対応していただいております。 代金が上昇傾向にあるのはやや残念ですが、利用環境における不具合発生件数も減少傾向にあり、スタッフの技術力も比較的高く、仕様変更等への対応も素早い為、弊社としては全体的に大変満足しております。 また、難解な処理を必要とする問題や厳しい予算案件にも積極的に取り組む営業担当者の業務姿勢は、大変清々しく感心させられるものがあり、個人的にも大変感謝しております。

次の

【グラブル】イベントスケジュール&これグラ反応、年内ゼノ予定は間に合う?役職ボーナスは神バハで似たようなシステムがある模様

ゼノ 役職

「リーチ後に精霊でリーチ取り消し…」「死神のロン和了…」「賢者で4枚の内からツモ…」…とんでも麻雀が完成してしまいました。 中田敦彦(オリエンタルラジオ)氏が作った最新のカードゲーム『 XENO』を購入しました(普及用に5つ) この『XENO』というカードゲーム、シンプルでいて戦略性もあり、運要素と心理戦が程よいバランスを生み出しており、非常に面白いです。 いつもボードゲームを遊ぶ友人らと盛り上がっていると「 麻雀と組み合わせたら面白いんじゃね?」という発想が生まれまして、新たにルールを設定して『 XENO雀』プレイしてみたところ、これが ハチャメチャに面白かったので、ここに書き留めておきます。 はじめに 〜『XENO』とは〜 XENOのルールについては「ぼくとボドゲ」さんのレビュー(およびルール解説)がとてもわかり易かったのでこちらをご参照ください。 で、このXENOの最大の特徴が 「役職:効果」の部分となります。 この要素により、運や心理戦が絡み、深いゲーム性が生まれています。 この「効果」を 麻雀にぶち込んだのが「XENO雀」です。 それでは、それぞれのカードが持つ「 本来のXENOにおける効果」と「 XENO雀における効果」を合わせて解説していきます。 ルール 〜カードの役割〜 『XENO』には下記の10種類のカードがあります。 基本的に数字が大きいほど強い(プレイヤーに有利な)効果を持ち、数字が小さいほど効果は弱くなります。 言い忘れましたが、麻雀は基本的なルールをそのまま採用しています。 今回は3人打ち(三麻)で行っております。 それではカードごとの効果説明です。 『皇帝』以外に脱落させられた時に『転生札』で復活する。 そしてどちらか1枚を指定し捨てさせる。 効果の発動は指名した相手の手番のツモ後に行う。 公開時間は5秒とし、公開前には混牌(牌の順番をバラバラにする)しても良い。 リーチ対象者を指名した場合は手牌の公開のみとする。 発動はカードを引き、指名後に即時行われる。 リーチ対象者の指名も可能、指名されたリーチ対象者はリーチを解除される。 残り2枚は山札へ戻す。 残り3枚は山へ戻す。 戻す3枚は上家がシャッフルする。 見せ合う際は他のプレイヤーに見られないよう密かに見せ合う。 2枚になった相手の手札を非公開にさせたまま、1枚を指定して捨てさせる。 リーチ対象者を指名することは出来ない。 リーチ対象者も指名することが出来る。 複数牌ある場合は、全て公開する。 指名後にツモってきた牌は公開の対象とはならない。 カード説明の補足 さて、各カードの効果については理解して頂いたと思います(実際にプレイしてみると 笑えます) カードについて、いくつか補足事項があります。 こちらは本家のXENOも同様です。 麻雀との組み合わせ方 それでは、実際にどうやって麻雀と組み合わせるのかを説明していきます。 今回は3人打ち(三麻)でのプレイ説明となります。 基本的なルールや役などは麻雀と全く同じで問題ありません。 XENOのカードを融合させるために抑えるポイントは4つです。 「春」「夏」「秋」「冬」と書かれた4つの牌です。 正直みたことあるけど使ったことがある人は少ないと思います。 まさか初めて使うのがXENO雀になるなんて思ってもいませんでした。 花牌は通常の麻雀だとあまり使われることはありませんが、中には花牌を使用するローカルルールがあります。 ローカルルールなので使い方には細かな違いがあるようですが、花牌が手牌にある場合、その枚数分を鳴きと同様公開し、公開した花牌の数だけ嶺上牌からツモをします。 アガった時に1枚一翻(ドラと同様の扱い)として計算するのが一般的です。 花牌と同様に季節牌という特殊な牌も存在します。 XENO雀ではカードを引くために、この『花牌』および『北(ぺー)』が必要となりますので、山を積む際に『花牌』を加えてください。 そして、 王牌の積み方が変わってきます。 『王牌(ワンパイ)』とはドラ表示牌や嶺上牌(カンの時にツモるアレ)などが積まれている山を指します。 通常、嶺上牌は4枚ですが、ここに更に8枚つけます。 合計で12枚になります。 あとは普通の麻雀と同じように、山を分けていきます。 カードの山札は盤上の中央(河の中心)等にセットしてください。 引いたカードは「使う」か「伏せる」ことが出来ます(強制発動の場合は効果が発動します) カードを「使う」か「伏せる」かした後、打牌します。 引いたその手順で使っても良いですし、 中盤から終盤まで温存してもOKです。 「1、7〜9」は引いた手番での 強制発動となります。 あまりに強力すぎるため、制約を設けました。 ただし、10(英雄)を使用して、7選択、8交換の効果を発動する際は強制発動ではなく、任意の手番で発動させることが出来ます。 ・自分の手番時に即発動する効果(2捜査、3透視、4守護、6貴族、8交換) ・指名した相手の手番で発動する効果(1革命、5疫病、9公開処刑) ・使用した次の自分の手番で発動する効果(7選択) 実際にプレイしてみよう ここまでルールを読んだ後は、一度実際にプレイしてみることをオススメします。 やはりカードゲームやボードゲームは「 一度やってみる」のが何よりも早く理解できると思います。 普段から麻雀を楽しんでいる方にもオススメです。 不確定要素が増えて笑えます。 それでは良いXENO雀ライフを。 twitter.

次の