メルペイ チャージ。 メルペイのチャージ方法・手数料を徹底解説!チャージできないときの対処法

メルペイ、セブン銀行ATMからの現金チャージに対応

メルペイ チャージ

まずはメルペイのホーム画面から「 チャージ 入金 」をタップ。 すると、「 チャージするの」ボタンがでてきますが、よく見るとチャージ金額が 3,000円になっています。 うーん、一気に3,000円もチャージしたくないんですけどねぇ。。 金額の変更ができるかもしれないので、とりあえず「 チャージ(入金)金額」の所をタップ。 金額変更できる!、、と思ったら 3,000円、 5,000円、 10,000円の選択しかない、、、と思ってよくみたら一番下に「 金額を自由に入力する」の文字が! タップしてみます。 すると、チャージ金額を手入力するフィールドがあるので試しに100円と入れてみると。。 で、さすがに1,00円は無理だったので、1,000円と入力し「 チャージする」をタップ。 無事にメルペイアプリにジャパンネット銀行から1,000円チャージできました! 一応ジャパンネット銀行の履歴を確認したところ、問題なく「 メルペイ」から1,000円の引き落としがされているようでした。 (残高209円、、、) 以上、メルペイに1,000円分の残高をチャージを実行してみました。 ところで、せっかくチャージしたので何かに利用してみたいと思うのですが、とりあえず割引クーポンが利用できるミニストップの「 ハロハロ果実氷白桃」を購入してみたいと思います。 有効期限が8月4日までなので急がなくては。 (ミニストップってどこにあるかな?).

次の

メルペイにクレジットカードを登録、チャージはできる?

メルペイ チャージ

メルペイとは メルペイは、株式会社メルペイが運営している メルカリアプリ内で使える決済サービスのことです。 メルカリはスマホで 不用品を売ることができるフリマアプリとして人気がありますが、フリマで 売れた売上金をチャージして、コンビニなど街のお買い物でスマホ決済できるようになるという便利なサービスです。 キャッシュレスのスマホ決済とフリマアプリが融合するという独自のメリットが魅力です。 メルペイがQRコードを読み取る決済方法だけでなく、iD加盟店でタッチ決済ができるため、 全国130万ヶ所以上のお店で使うことができます。 コンビニやファーストフード、ドラッグストアや家電量販店など日常の色々な場面でキャッシュレス決済を利用することができます。 さらに、今までメルカリを使っていた人にとっては、フリマの売上金の振込申請期限が従来の180日間から無期限になり、現金で引き出したいときの振込スピードが早くなるというメリットもあります。 さらに、メルペイを使えば従来はメルカリのフリマ内だけで使えていた後払いサービスがコンビニなど街のお店でも使えるようになります。 メルカリユーザーにとってはこれまでのメルカリ内のサービスをより便利に利用できるというのが魅力です。 メルペイにチャージする方法は? メルペイへのチャージ方法は以下の2つがあります。 銀行口座からチャージ• メルカリの売上金からチャージ どちらの方法でもメルペイ残高がチャージされるため、使えるお店や決済方法は同じです。 銀行口座からチャージ 銀行口座からのチャージは、 メルカリのアプリ内でチャージ金額を入力するだけで銀行口座の預金を簡単にチャージすることができて便利です。 銀行口座からのチャージをするには、最初に一度チャージ用の銀行口座を登録しておく必要あがります。 といっても銀行の印鑑などはもちろん不要で、アプリ内で銀行の口座番号などを入力し、銀行口座の暗証番号などを入力するだけです。 あとはメルカリアプリのメルペイ画面で、チャージに使いたい銀行口座とチャージ金額を入力すればいつでも手数料無料でチャージできます。 メルカリの売上金からチャージ メルカリの売上金からメルペイ残高へのチャージは自動的に行われます。 メルカリで商品が売れて、購入者が受け取り連絡をすると、従来は「売上金」として反映されていました。 以前はこの売上金でポイントを買う必要があったのですが、メルペイで銀行口座の登録が完了している人は、購入者が受け取り連絡をすると、メルペイ残高が直接増えるようになります。 つまり、売上金をメルペイ残高に交換する手続きは何もする必要はなく、自動的にチャージされるということです。 メルペイはクレジットカードからチャージできない 残念ながら、メルペイでは2019年5月時点ではクレジットカードによるチャージはできません。 登録した銀行口座からチャージして使うか、メルカリで不用品が売れればその売上金が自動的にチャージされます。 メルペイ以外の主要なスマホ決済では、クレジットカードでのチャージに対応したものが多いです。 とはいえメルペイはまだサービスが始まったばかりのため、クレジットカードとの連携が今後できるようになることを待つしかありません。 クレジットカードが使えるスマホ決済は? 現状でクレジットカードでチャージしたり、直接クレジットカード払いができるスマホ決済は以下のようなものがあります。 楽天ペイ 楽天ペイは楽天が運営しているスマホ決済サービスです。 楽天ペイはクレジットカードの登録を行い、スマホにアプリをダウンロードしてカード決済をすることができます。 支払い時に楽天ポイントを使うことができ、楽天ペイを利用すると楽天ポイントが 貯まるのがメリットです。 楽天市場や楽天トラベルなどグループのサービスを利用することでポイントが貯まりやすく、楽天ペイを利用すれば端数のポイントもしっかり使い切ることができます。 楽天ペイには友人や家族に送金する機能もあり、幅広い用途に使えます。 PayPay(ペイペイ) PayPay(ペイペイ)はソフトバンクのスマホ決済サービスです。 Yahoo! JAPANのサービスと連携できるのが特徴で、支払い方法にYahoo! JAPANカードを設定すると常時3%のポイント還元を受けることができます。 Yahoo! JAPANカードを利用中ならおすすめのスマホ決済ですが、もちろんその他のクレジットカードも登録できます。 PayPayは利用額の20%が還元されるお得なキャンペーンがSNSなどで大きな話題となり、後発ながら知名度が急上昇したサービスです。 それにともなってPayPayを導入する加盟店も増えています。 PayPayにはユーザー同士で送金したり割り勘する機能もありますので、個人的な支 払いだけでなく家族や友人同士のお金のやり取りにも使えます。 Origami Pay(オリガミペイ) Origami Pay(オリガミペイ)は2016年と 早い時期からサービスを提供しているスマホ決済サービスです。 有名企業グループのサービスではありませんが、JCBや三井住友カード、KDDIなどが出資しており、サービス内容としても魅力的なキャンペーンを展開しています。 スマホ決済では先発のサービスのため、使える場所が多いのもメリットです。 Origami Payでは 銀行口座とクレジットカード払いの両方が利用できます。 事前にチャージしなくてもクレジットカードを支払い方法として登録しておけば、カード払いで決済できて便利です。 クレジットカード以外にも、銀行口座を登録することで決済代金を預金残高から直接引き落としできるのも便利です。

次の

メルペイにクレジットカードを登録、チャージはできる?

メルペイ チャージ

目次 メルペイにチャージするなら銀行口座を登録しよう 早速結論ですが、メルペイの残高へとチャージして決済していくなら、 メルペイに対応した「銀行口座」を登録しましょう! メルペイは手数料無料でチャージでき、指定の銀行口座へチャージする際も、 支払いの際も手数料は一切かかりません。 なお、メルペイに支払い用の銀行口座を登録すれば、メルカリで得た売上金の振込申請期限 180日間 がなくなる上、売上金をポイントに交換する必要も無くなります。 メルペイは銀行以外の現金やクレジットカードでのチャージに対応していない 「じゃあ、銀行口座以外にチャージする方法はないの…?」 と疑問に思ってしまったかもしれませんが、結論メルペイは銀行口座以外でのチャージはできず、 コンビニでの現金を使ったチャージや、クレジットカードを登録してのチャージはできません。 そもそもQRコードを使ったスマホ決済サービスは、その支払いにクレジットカードを登録すれば「ポイントの二重取りができる」といったメリットがありましたが、 メルペイではそれが実現不可能です。 ただ、メルペイはメルカリで得た売上金を使ってそのまま決済できるメリットがあるので、 普段から頻繁にメルカリを使っていたような方には魅力的でしょう。 メルペイに対応している銀行口座は? 2019年11月現在、メルペイに対応している銀行口座は以下の一覧表の通りです。 三菱UFJ銀行 みずほ銀行 三井住友銀行 岩手銀行 りそな銀行 埼玉りそな銀行 イオン銀行 SBJ銀行 愛知銀行 青森銀行 秋田銀行 愛媛銀行 足利銀行 阿波銀行 池田泉州銀行 大垣共立銀行 伊予銀行 沖縄銀行 香川銀行 北九州銀行 北日本銀行 きらやか銀行 紀陽銀行 熊本銀行 京都銀行 群馬銀行 京葉銀行 高知銀行 滋賀銀行 佐賀銀行 七十七銀行 四国銀行 静岡銀行 清水銀行 十六銀行 じぶん銀行 ジャパンネット銀行 常陽銀行 親和銀行 仙台銀行 荘内銀行 大光銀行 第三銀行 第四銀行 大東銀行 筑邦銀行 千葉銀行 千葉興業銀行 中京銀行 中国銀行 筑波銀行 東邦銀行 東和銀行 徳島銀行 栃木銀行 鳥取銀行 トマト銀行 富山銀行 長野銀行 西日本シティ銀行 八十二銀行 百十四銀行 広島銀行 福岡銀行 福井銀行 福島銀行 福邦銀行 北陸銀行 北都銀行 北洋銀行 北海道銀行 三重銀行 みちのく銀行 武蔵野銀行 もみじ銀行 山口銀行 山形銀行 山梨中央銀行 もみじ銀行 横浜銀行 銀行口座からのチャージの単位は? 銀行口座からメルペイへとチャージする際の単位ですが、 1,000円〜200,000円の間で自由に設定可能です。 実際にチャージをしようとすると、以下のように「3,000円、5,000円、10,000円」といった単位で表示されますが、「金額を自由に入力する」をタップすれば、 設定可能な範囲内で自由にチャージできます。 メルペイを継続的に使っていくならジャパンネット銀行がおすすめ! 今後メルペイにお金をチャージして使っていくなら、銀行口座へ登録しておくのがおすすめです! 銀行口座を登録すれば、自動的に本人確認が完了します。 メルペイを使うには残高へチャージしておく必要がありますが、メルペイではクレジットカードの登録ができないので、 メルカリでの売上が無い人は銀行口座でチャージするしかありません。 そこで! メルペイにベストな銀行口座となるのが。 の入出金手数料は毎月最初の1回が0円に設定されてますが、2回目以降も3万円以上の入出金なら いつでも何回でも手数料無料となります! はメルペイ以外にもPayPayやLINE Pay、Google Payなどのスマホ決済サービスに対応しているので、 まさにスマホ決済に相性バツグンのネット銀行だと言えるでしょう。 メルペイに銀行口座を登録してキャンペーンをお得に活用したい方は、是非に登録してみてください! 銀行口座をメルペイに登録してチャージする方法 まずはメルペイに銀行口座を登録する まずはメルカリのアプリを開き、「メルペイ」を選択して「お支払い銀行口座を登録する」をタップし、「銀行口座を登録する」を押してください。 次に自身の登録したい銀行を選択すると、各金融機関毎に必要事項を記入する為のフォーマットが表示されるので、指示に従いながら記入を進めて銀行口座の登録を完了させましょう。 メルペイに銀行口座を使ってチャージする メルペイに銀行口座を登録した後、メルペイ画面から「チャージ 入金 」をタップして次の画面でチャージ金額を選択してください。 金額を入力した後に「チャージする」をタップすれば完了です。 メルペイでチャージした残高は手数料200円で戻すことができる 「メルペイにチャージした残高って出金できるの…?」 と疑問に思う方も多いですが、一度メルペイへとチャージした残高でも、 「振込申請」を行えば自身の登録した銀行口座へ出金できます。 振込申請の方法ですが、メルペイの画面下部にある「振込申請」をタップし、振込先口座を指定しましょう。 なお、残高を再び登録先の銀行口座へ出金する場合は、 申請金額に関わらず一律で200円の出金手数料がかかるので、注意しておきましょう。 まとめ:メルペイは銀行口座を使って便利にチャージしていこう!.

次の