舞子 さん の まかない さん ネタバレ。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレと感想、考察まとめ!週刊少年サンデー42号

舞妓さんちのまかないさん

舞子 さん の まかない さん ネタバレ

毎日の食事を作っている16歳の少女を中心に繰り広げられる日常ストーリー。 レシピが美味しそうと評判! そんな作品を紹介したいと思います。 舞妓さんちのまかないさんってどんな作品? 『舞妓さんちのまかないさん』(まいこさんちのまかないさん)は、小山愛子による日本の漫画。 『週刊少年サンデー』(小学館)にて2017年5・6合併号より連載中。 京都の花街にある屋形(置屋)で舞妓さんたちの為にまかないとして働く主人公の 野月キヨ。 最初は舞妓になるために青森から京都の屋形に来たキヨと幼馴染のすーちゃんこと 戸来すみれ。 しかし、舞妓候補として才能がないから舞妓を諦めるように言われるキヨ。 そんな時、まかないのおばちゃんが腰痛の為仕事が出来なくなり、キヨがまかないさんとして残ることになります。 キヨは幼いころより祖母から家事全般を仕込まれており、料理もおてもの! 舞妓として成長していくすーちゃんを見守るキヨの姿が優しい。 舞妓さんたちの華やかな姿だけでなく、裏でどれだけ努力しているかが描かれているのもこの作品の魅力の一つ。

次の

舞妓さんちのまかないさん 第98話 ネタバレと感想

舞子 さん の まかない さん ネタバレ

こちらの記事では 2019年9月18日 に発売された 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレや感想、考察を 文字だけご紹介しております。 もし『文字だけではわかりにくので、 絵付きで漫画を読んでみたい』 という場合は、 U-NEXTで 今すぐ無料で読むことができますので、 ぜひ、チェックしてみてください。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレ すみれさん、ちょっと・・・ キヨは今日も古い台所に立ってまかないを作成中、 柔らかい光が差し込む窓辺のその後ろ姿は どことなく寂しそうに見えています。 そこへお腹を空かせた面々がいつものように まかないの進捗状況をのぞきにやってきました。 「キヨさーん、おなかすいたなあ」 ちょうど出来上がったところと聞いて頬がほころび、 おおきにとお礼をいう食いしん坊たち。 早く食べたい気持ちがはやるのか お盆に揃った汁物のお椀を見て、 膳に並べる手伝いまで申し出てくれました。 そしてほかほかとお膳に並べられた今日のお昼の献立は、 豚バラの薄切りが乗った具沢山の焼きそばに モロヘイヤのお味噌汁、そしてさっぱりと口直しの浅漬け。 ほかほかと湯気を立てて美味しそうに出来上がりました。 ぞろりと膳についたみんなはお椀をどんどん、 リレー方式でめいめいに回していきます。 するとひとり、遅れてきた姐さんが膳につきながら 上のテレビがつけっぱなしであったことを注意。 それを受けて下っ端の子がいつにない不注意に頸をかしげ、 「あ、百はなが青森に行っていないから・・・」 いつもならすみれがそういうことをさりげなくチェックして 消し忘れなどないようにしていてくれたのでした。 さらに少したって別の姐さんが部屋をのぞきながら、 すみれにおけいこの曲のコピーを頼みにきたり、 おかあさんまで不在を忘れてすみれにおつかいを頼みに来る始末。 「いつも頼ってしもうとるさかい、 いてはらへんのをすごぉー感じるなあ・・・・」 おかあさんを初めとして一同はしみじみと、 何くれとなく役立ってくれていたすみれの不在を 改めて強く感じるのでした。 落ち着いてはいるけれど・・・ そんななかでポーカーフェイスのキヨ、 落ち着いた様子できびきびと働いています。 取り皿とお箸を順に皆に配る様子を見て 呆れながらも感心するめがね姉さんですが、 一人分多く取り皿と箸、汁物が揃っているのを発見。 キヨにとってはすみれがいるのが当たり前なことなんだ、と、 一歩進んだ高次元な感覚に驚くめがね姉さんでした。 どうしても一人分多く作ってしまうキヨ すみれの不在、にちょっとしたざわつきがあったものの、 無事におひるごはんがすみ、 キヨは今度は台所で洗いものの真っ最中です。 さっき、一人分多くすみれの分もお皿と汁物を用意した時に めがね姉さんたちがキヨのうっかりを指摘したことを 何となく思い出していました。 めがね姉さんたちは、すみれの分も余分に食べといたから、と 苦笑気味になかば喜んでいましたが、 キヨは実のところすみれの不在を頭ではわかっていたのです。 (わかってはいたんだけど、身体が勝手に用意しちゃったのよね・・・・) それはずっとすみれとキヨが幼い頃から一緒で、 常にごはんもともに食べていたことがあるのでした。 その回想がキヨの頭に鮮やかによみがえります。 小さい頃、青森の田舎で外で存分に遊び、 すみれと友達を引き連れて家に帰ると おばあちゃんは必ずお腹ペコペコの子どもたちの声にこたえて 何か食べるものを用意してくれていました。 大きなお釜にごはんをほかほかと炊き上げ、 青森の家庭でつけるみそ大根を中に入れ込んで 表面にもみそを塗った大きな焼きおむすびなどー・・・・。 手を洗った子供たちが待ちかねるなか 網でじりじりと焼いていき、 取り皿を子供たちに準備させてめいめいのお皿に、 祖母はその素朴なおやつを取り分けてくれたのでした。 祖母特製のみそ大根おにぎりは熱々で、 意外にすみれや他の友達の家ではみそ大根抜きが多かったため、 大人気のおやつ。 「あ、これみそ大根入り!」 「美味しい~」 「うちのは入ってないんだよなあ」 子どもたちのそんな歓声をにこにこと聞きながら 嬉しそうだった祖母の顔が、キヨには思い出されるのでした。 そして夜、お座敷に出る面々に慌ただしく 時間差で食べさせる夕飯を用意するキヨ。 フライパンに沢山並べて焼いているのはハンバーグ、 出勤前なので小さめに作ったところが特徴で、 味付けはポピュラーなケチャップソースです。 しかし、その数を数えていためがね姉さんがまた、 「キヨさん、また一個多いよー」 どうしてもすみれの分を作ってしまうキヨ・・・。 「うーん、どうしても身体が勝手に・・・」 困り顔のキヨを見てめがね姉さんはご心配なく、というように そんならしゃあないなあ・・・とちゃっかり自分の皿に2個盛りに。 (すーちゃん、青森でどうしてるかな) キヨはその喧騒をよそに不在のすみれに優しく思いを馳せるのでした。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』や最新刊を無料で読む方法って? 以上が舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレでした! ここまで読んでいただければ、ある程度の内容はわかったかと思いますが、 やっぱり文字だけではなく、 絵も一緒に見た方が絶対におもしろいですよね。 そこでおすすめなのが U-NEXTです。 舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』の感想と考察 舞妓さんちのまかないさんの最新話132話は、 存在の大きさ の巻でした。 いない人の分の食事をつい用意してしまうこと、 皆さんにも覚えがあって大きく頷けたのではないでしょうか? それにしても不在の間の様子を見ていると、 すみれがどれだけ便利係のように使われているか 結構不憫に見えてしまいました・・・。 一番下っ端、しかもできる子ということなので 仕方ないことではありますが、 これをバネに立派な舞妓さんになって欲しいものです。 また焼きおにぎり、表面だけ醤油を塗るのが 皆さんのお宅でもポピュラーな作り方だと思いますが、 味噌大根を入れて中もしっかり味付けの技は頂きですよね! 次回もどんな美味しいいただきますを見せてくれるか、 楽しみにしていましょう! まとめ ここまで舞妓さんちのまかないさんの最新話『132話』のネタバレや感想、考察をご紹介してきましたが、 いかがだったでしょうか? 少し前までは漫画を無料で読める漫画村などサイトがありましたが、 今は著作権の問題で閉鎖されて見れなくなっています。 それよりも今はウイルスなどの心配もない 安全な U-NEXTの無料キャンペーンがありますので、 ぜひ活用してタダで舞妓さんちのまかないさんの最新話や最新刊を読んでみてください。

次の

舞妓さんちのまかないさんネタバレ150話(最新話)!考察や感想も!【お願いごと】

舞子 さん の まかない さん ネタバレ

舞妓さんちのまかないさん 最新話 第102話のネタバレと感想を紹介します!2019年2月6日発売分です! 舞妓さんちのまかないさん 最新話 第102話のネタバレと感想を紹介しますね! 2019年2月6日発売分です! あなたの極上のヒマつぶしに役立ててくださいね~! 笑 『舞妓さんちのまかないさん』 少年サンデーの癒し系?として、ほのぼのとした日常を描いてる漫画! 京都の花街の屋形でまかないさんをしているキヨちゃんと舞妓として頑張る同級生のすーちゃん、この2人の仲がいい感じで、応援したくなる! 淡々と料理をつくる姿や出来上がった料理の絵が魅力的! — 粒。 onebeeean 舞妓さんちのまかないさん 最新話 第102話のネタバレは? タクシーで屋形に帰ろうとしていたすーちゃんでしたが、修学旅行生が多いためとても帰宅する事が出来ませんでした。 その途中幼なじみの健太くんの高校の制服に似ている人たちを見かけます。 結局これ以上進まないという事で、すーちゃんは徒歩で帰る事にしました。 その途中観光客から写メを取られまくります。 すーちゃんはそんな事おかまいなく、キヨちゃんの作るご飯は何かな?と考えていました。 観光客を見てみましたが、特に誰もいません。 幻聴かな?と思ったすーちゃんでしたが、健太くんが普通に声をかけてきます。 思わぬ再会にびっくりするすーちゃんは声を出しそうになりましたが、慌てて口を押え荷物を落としてしまいました。 動揺してしまいましたが、何とか体制を立て直し歩き始めました。 自分の屋形まで行き、健太くんが自分の後をついてきている事を確認すると屋形の玄関まで誘導します。 本当は男性を入れてはいけないみたいですね。 すーちゃんからは舞妓さん姿の時に普通に声をかけるなと怒られてしまいました。 これは健太くんが何も考えてなかったのはいけないですね。 舞妓さん姿のすーちゃんを見て、すげぇなと褒めます。 健太くんに照れた顔を見られたくないすーちゃんはキヨちゃんを呼んでくると席を外しました。 やっぱすーちゃん、健太くんの事好きなんかな?? 残念ながらキヨちゃんは買い出しに出かけておるようでいませんでしたが、キヨちゃんが作っていたスープを用意してくれます。 表情が乏しい健太くんですが、すーちゃんは残念そうな顔をしているのは分かったみたいですね。 健太くんが青森にいるのは明日まで、果してキヨちゃんと再会できるのでしょうか? 舞妓さんちのまかないさん 最新話 第102話の感想と考察 健太くん、相手の立場とか考えて行動しなはれ。 ただ健太くん<すーちゃんの方が勝っている気がするので、気持ちに答えるというよりも微妙な気がします。 すーちゃんは健太くんの表情の変化に気が付いていますが、キヨちゃんがきがついておらん事も多いですしね。 反対にすーちゃんが無理している事をキヨちゃん的には分かっているようです。 あーーー、親友で恋愛もめるとかいうトラブル多いけどさ、この漫画ではそういうの持ち出してほしないなあ。 だって恋愛よりも友達の方が大切じゃないすか?? 私は親友失うなら恋愛を諦めますわ 笑 最後まで読んで頂きまして有難うございました。

次の