仕事 android。 Android デバイスをデバイス管理者から仕事用プロファイル管理に移動する

ビジネスを飛躍させる仕事で役立つおすすめAndroid無料アプリ21選

仕事 android

Surface 3とXperia Z4 Tabletを比較する 10インチクラスのタブレットは、スマートフォン的なフットワークの良さと、ノートパソコンのような効率的な作業が可能になっており、人気のジャンルです。 特にキーボードと組み合わせてノートパソコンのように活用できることが、ビジネスユーザーの注目を集めています。 今回は、キーボード一体型のタブレットであるWindowsとAndroidのタブレットを比較して、ビジネスユーザーにとってどちらが最適な選択となるか、比較してみます。 専用キーボードによる一体型のスタイルでリリースされている10インチクラスの機種として、次の2機種を比較します。 Windows: Surface 3• Android: Xperia Z4 Tablet それぞれ別売りとはなりますが専用キーボードが用意されており、ノートパソコンのような一体感と、キーボード操作が簡易であることが売りになっています。 Surface 3はWindows 8. 1搭載モデルですが、今回はWindows 10にアップグレード済みです。 Xperia Z4 Tabletは、Android 5. 2を搭載。 Surface 3とXperia Z4 Tabletのディスプレイ比較 Surface 3は、ディスプレイは10. Xperia Z4 Tabletは、ディスプレイは約10. ディスプレイサイズはほぼ同じですが、額縁部分の面積の差で、Surface 3が大きくなっています。 画面精細度は、Xperia Z4 Tabletの方が高くなっています。 重量はSurface 3の方が重く、厚くなっており、重量感があります。 拡張性比較 Surface 3は、USBスロットを標準USBとmicroUSBの2種類、メモリカードスロットはmicroSDメモリに対応、ミニディスプレイポート、LTEモデルはnanoSIMカードスロットを搭載。 Surfaceペンに対応。 Xperia Z4 Tabletは、USBスロットをmicroUSB、メモリカードスロットはmicroSDメモリに対応、LTEモデルはnanoSIMカードスロットを搭載。 スタイラスペンには非対応。 外部ディスプレイには、microUSBスロットにて対応。 拡張性に関しては、スロットの多いSurface 3の方が有利であり、USB接続機器に関しても、Windowsの方が多くの機器に対応したドライバーがリリースされているため、有利でしょう。 キーボード比較 左からSurface 3用タイプカバー、Xperia Z4 Tablet用BKB50 Surface 3は、専用キーボードとして、Surface 3用タイプカバー(カラー6色)をマグネットで接続し、バッテリーレスで本体と物理的に接続して使用。 Surface 3本体にキックスタンドを装備し、3段階の角度に対応。 重量は、265gとなり、本体と合体させて、906g(LTEモデルの場合)となります。 Xperia Z4 Tabletは、専用キーボードとしてBKB50(カラー1色)をBluetoothで接続し、BKB50にバッテリーが内蔵されています。 本体とはヒンジ方式で固定しており、角度は自由に変更ができます。 キーボードの重量は383gとなり、本体と合体させると約776g(ドコモ版)となります。 キーボードを組み合わせた重量は、Xperia Z4 Tabletが有利ですが、Surface 3もWindowsタブレットとしては破格の軽さとなっています。 Officeアプリ比較 Excelを表示した例(左からSurface 3、Xperia Z4 Tablet) 仕事で活用する場合、Officeの活用は必須です。 Surface 3はWindowsを搭載していますので、Officeに対応しています。 使用感としては、フルスペックのWindowsですので、従来のノートPCと同機能のOfficeとなります。 Xperia Z4 Tabletには、AndroidアプリのWord、Excel、PowerPointを搭載しています。 機能としては、Windowsと比較すると制限されている部分はありますが、Office 365 Soloの有料版ライセンスを利用すれば機能が拡張され、日常ユースとしては十分になっています。 Googleカレンダー、Gmail比較 Googleカレンダーを表示した例(左からSurface 3、Xperia Z4 Tablet) 利用ユーザーの多いGoogleカレンダーとGmailの利用に関して比較です。 Windows 10より、WindowsアプリのカレンダーとメールがGoogleカレンダーとGmailに対応したため、利用が可能になりました。 Xperia Z4 TabletはAndroidアプリで、GoogleカレンダーとGmailは快適に利用が可能です。 Surface 3はデータの同期など問題はないのですが、使い勝手としてはXperia Z4 Tabletに一歩及ばない感じです。 Surface 3でGoogleカレンダーとGmailを利用する場合は、アプリではなくブラウザベースで利用した方が実用的です。 クラウド比較 Evernoteを表示した例(左からSurface 3、Xperia Z4 Tablet) EvernoteとDropboxの使用に関して比較です。 Windowsアプリにて専用アプリが用意されていますが、マイクロソフトのOneDriveとの連携が初期状態で用意されているため、EvernoteとDropboxよりOneDriveの方が活用しやすくなっています。 Androidはクラウド連携アプリの機能が良くできており、使いやすくなっています。 以上、ビジネスで活用するという視点で比較すると、Officeのフル機能を利用するのであればSurface 3が有利となり、その他の点ではXperia Z4 Tabletでも十分利用できる、という結果となりました。 アプリを活用するモバイルシーンにおいては、Androidを搭載したタブレットの方が有利な場面も多くあると思われます。 仕事でライトに活用したいユーザーはXperia Z4 Tablet、ノートPC並みの作業をしたいユーザーはSurface 3を選択すると良いでしょう。 ぜひ、業務シーンでタブレットを活用してください。

次の

AndroidとiPhone、仕事で使うならどちらを選ぶべき?

仕事 android

iPadとAndroidタブレットが人気を二分。 7インチタブレットがブームに まずは最近のタブレット市場を概観してみよう。 「タブレット」とは、一部例外はあるものの、一般的には「キーボードやマウスを搭載せず、画面をタッチして操作する、薄い板状の形状をしたコンピューター」のことを指す。 電話機能を持たない製品が多いが、「スマートフォンの大型版」と言ってもいい。 現在、市場に流通しているタブレット端末は、搭載しているOSの種類によって、大きく以下の3種類に分けられる。 iPad(iOS搭載)• Androidタブレット• Windows端末については、ユーザーがキーボードとマウスによる操作に慣れていることもあって、現在はまだまだノート、デスクトップタイプのほうが主流だ。 そこで今回の記事では、iPadとAndroidを対象として話を進めていく。 タブレット市場において、現在目立っているのは画面サイズが7インチの製品だ。 タブレット端末の画面サイズは、初代iPadが10インチクラスだったこともあり、初期は10インチの製品が多かった。 しかし10インチクラスの製品は重量が600~700gもあり、片手で持って使うにはやや重い。 そこでスマートフォンよりは画面が大きくて見やすく、重量300g程度の7インチタブレットの人気が高まってきたのだ。 メリット デメリット iPad• iPhoneやiPad旧機種などとインターフェイスの統一感が高く使いやすい• ウイルスなどの心配が少ない• ケースなど各機種に特化した周辺機器が豊富• ファイルのやりとりや画面デザインなどの自由度が少ない• 機種数が少なく、極端に安いモデルなどを選ぶことができない• アプリのインストールはアップル公式の「App Store」からしか行えない Android• パソコンからのファイルコピーや画面デザインなど自由度が高い• 機種数が多くて、ユーザーが自由に機種を選べる• 1万円以下の機種など極端に安いモデルも存在する• Google公式ストア以外からもアプリをインストールできる• 自由度が高い反面、設定が難しい部分がある• ウイルスの被害が報告されており、セキュリティアプリが必須• その反面、パソコンとのファイルのやりとりが面倒で、自由度は少ない。 またアプリの入手方法も、アップル公式の「App Store」からしか行えない。 これに対してAndroidはさまざまな点で自由度が高いのがウリだ。 iPadと違って複数のメーカーが製造しているため、多くの製品が存在する。 高機能な機種から、1万円以下の低価格製品までさまざま。 スペックも多彩で、液晶画面サイズ一つとっても7インチ、10インチだけでなく、6インチや9インチなど、さまざまな製品が存在している。 またAndroidは、OSの開発元であるGoogleの公式ストア「Google Play」以外にも、アプリストアや個人のホームページで配布されているアプリなどもインストールできる。 デスクトップのデザインなども自由自在に変更できるし、パソコンからのファイルコピーもUSBメモリ感覚で行える。 ただし自由度が高い分、設定が煩雑だったり、ウイルス感染の可能性が高いなどのデメリットも存在する。 まとめてみると、既にiPhoneを使っているユーザーや初心者にはiPadがオススメだ。 パソコンに詳しいユーザーや、よりマニアックな使い方がしたい人、用途が限られていてとにかく安いタブレットが欲しいという人は、Androidを選ぶと良いだろう。 次に現在売れ筋の7インチ、10インチタブレットのオススメ製品を見ていこう。 Androidタブレットは自由度の高さが魅力。 画面はGoogle公式のアプリストア「Google Play」だが、他のアプリストアでアプリを入手したり、Webで配布されているアプリをダウンロードしてインストールすることもできる。 手軽に持ち運び電子書籍などに活用できる7インチタブレット 7インチタブレットの長所は、スマートフォンより画面が大きく、かつ10インチタブレットより軽いという点にある。 大きさと重さのバランスが適度なのだ。 また値段も10インチの製品より安い場合が多く、手軽に購入できる。 7インチタブレットの使い道としては、やはり軽さを生かして常時持ち歩いて使うのが便利だ。 10インチタブレットの場合、片手で持って長時間読書するといった使い方をするのは厳しいが、7インチタブレットならラクに片手でも保持できる。 携帯ゲーム機代わりに使うのも良いだろう。 またスマートフォンよりも画面が大きいので、写真を持ち運んで人に見せたり、Twitterでちょっとしたおしゃべりをしたりといった場合にも便利に使える。 以下に注目の製品をあげてみた。 * 重量はWi-Fiモデルのもの。 バッテリー駆動時間はWebブラウジング時 画面が大きく、写真や動画の鑑賞などに便利な10インチタブレット 10インチクラスのタブレットの一番のメリットは、画面が大きくて見やすいことが挙げられる。 一般的なノートパソコンよりサイズは小さいものの、キーボードがない分、顔に近い位置で使えるため、かなり広々とした印象になっているのだ。 10インチタブレットは600gくらいの製品が多く、少々重いので、長時間手で持って使うのにはあまり向いていない。 その分、ノートパソコン的に使うのに向いている。 画面が大きいため、PDFの書類を閲覧したり、表計算などのビジネスアプリの利用に適している。 また「パソコンで書類を作成する際に、資料となるWebページを10インチタブレットで表示しておく」といった具合に、パソコンと組み合わせて使うのも便利だ。 この他、自宅のリビングなどに置いておいて、必要なときにサッと起動して利用するような使い方にも向いている。 以下に10インチタブレットの注目製品を挙げてみた。

次の

仕事用プロファイルをオンまたはオフにする

仕事 android

Android デバイスをデバイス管理者から仕事用プロファイル管理に移動する Move Android devices from device administrator to work profile management• この記事の内容 ユーザーが Android デバイスをデバイス管理者から仕事用プロファイル管理に移動できるようにするには、コンプライアンス設定を使用して、 [Block devices managed with device administrator] デバイス管理者により管理されているデバイスをブロックする ようにします。 You can help users move their Android devices from device administrator to work profile management by using the compliance setting to Block devices managed with device administrator. この設定を使用すると、デバイス管理者を使用して管理されているデバイスを非準拠にすることができます。 This setting lets you make devices non-compliant if they're managed with device administrator. ユーザーがこの理由でコンプライアンスに違反していることを確認した場合は [解決] をタップできます。 When users see that they're out of compliance for this reason, they can tap Resolve. 以下の手順を指示するチェックリストが表示されます。 They'll be taken to a checklist that will guide them through:• デバイス管理者の管理からの登録解除 Unenrolling from device administrator management• 仕事用プロファイルの管理への登録 Enrolling into work profile management• コンプライアンスの問題の解決。 Resolving any compliance issues. [前提条件] Prerequisites• ユーザーは、Android ポータル サイト バージョン 5. 4720. 0 以降の を持っている必要があります。 Users must have with Android Company Portal version 5. 4720. 0 or later. に接続して、Android 仕事用プロファイル管理を設定します。 Set up Android work profile management by. Android 仕事用プロファイルに移動するユーザーのグループに対して、。 for the group of users who are moving to Android work profile. ユーザー デバイスの制限を引き上げることを検討します。 Consider increasing your user device limits. デバイス管理者の管理からデバイスの登録を解除しても、デバイス レコードがすぐに削除されない場合があります。 When unenrolling devices from device administrator management, device records might not be immediately removed. この期間中の影響を軽減するために、必要に応じて、デバイスの制限容量を増やしてユーザーが仕事用プロファイル管理に登録できるようにします。 To provide cushion during this period, you might need to increase device limit capacity so that the users can enroll into work profile management. ユーザーごとのデバイスの最大数について。 for Maximum number of devices per user. デバイス制限を設定して、を調整します。 Adjust the by setting the Device limit. デバイス コンプライアンス ポリシーを作成する Create device compliance policy• [ポリシーの作成] ページで、 [プラットフォーム] を [Android デバイス管理者] に設定し、 [作成] を選択します。 [基本] ページで、 [名前] と [説明] を入力し、 [次へ] を選択します。 [コンプライアンス設定] ページの [デバイスの正常性] セクションで、 [Block devices managed with device administrator] デバイス管理者により管理されているデバイスをブロックする を [はい] に設定し、 [次へ] を選択します。 [場所] ページでは、目的の場所を追加し、 [次へ] を選択することができます。 [コンプライアンス非対応に対するアクション] タブで、を構成して、このフローのエンド ユーザーエクスペリエンスをカスタマイズできます。 On the Actions for noncompliance tab, you can configure the to customize the end user experience for this flow. 考慮すべきいくつかのアクションを次に示します。 These are some actions to consider:• デバイスに非準拠のマークを付ける:既定では、このアクションはゼロ 0 日に設定され、デバイスは非準拠としてすぐにマークされます。 Mark device noncompliant: By default, this action is set to zero 0 days, marking devices as noncompliant immediately. これをより多い日数に変更すると、まだ非準拠とマークされることなしにフローを確認して仕事用プロファイル管理に移動できる猶予期間がユーザーに与えられます。 Changing this to a greater number of days provides users with a grace period in which they can see the flow to move to work profile management without yet being marked noncompliant. たとえば、14 日に設定すると、リソースにアクセスできなくなるリスクを伴わずに、デバイス管理者から仕事用プロファイル管理に移動するのに 2 週間の猶予がユーザーに与えられます。 For example, setting this to 14 days would give users two weeks to move from device administrator to work profile management without the risk of losing access to resources. エンド ユーザーにプッシュ通知を送信する:デバイス管理者デバイスにプッシュ通知を送信するように、これを構成します。 Send push notification to end user: Configure this to send push notifications to the device administrator devices. ユーザーが通知を選択すると、Android ポータル サイトが起動し、 [デバイス設定の更新] ページが表示されます。 ここでフローを開始して仕事用プロファイル管理に移動できます。 When a user selects the notification, it will launch the Android Company Portal to the Update device settings page where they can start the flow to move to work profile management. メールをエンド ユーザーに送信する:デバイス管理者から仕事用プロファイル管理への移動に関する電子メールをユーザーに送信するように、これを構成します。 Send email to end user: Configure this to send emails to users about the move from device administrator to work profile management. 電子メールには、以下の URL を含めることができます。 これを選択すると、Android ポータル サイトが起動し、[デバイス設定の更新] ページが表示されます。 ここでフローを開始して仕事用プロファイル管理に移動できます。 In the email, you can include the URL below , which when selected, will launch the Android Company Portal to the Update device settings page where they can start the flow to move to work profile management. manage. microsoft. aspx にする必要があります。 manage. microsoft. aspx. manage. microsoft. aspx。 manage. microsoft. aspx. もちろん、ユーザーへの連絡には、ユーザーにわかりやすいハイパーテキストをリンクに使用できます。 Of course, you can use user-friendly hyper-text for the links in your communication with users. ただし、URL 短縮サービスを使用しないでください。 このように変更するとリンクが機能しなくなる可能性があります。 However, don't use URL-shorteners because the links may not work if changed that way. Android ポータル サイトが開いていてバックグラウンドにある場合、ユーザーがリンクをタップすると、代わりに開いていた最後のページが表示される可能性があります。 If the Android Company Portal is open and in the background, when a user taps the link they might go to the last page they had open instead. ユーザーは、Android デバイス上のリンクをタップする必要があります。 Users must tap the link on an Android device. 代わりにブラウザーに貼り付けても、Android ポータル サイトは起動しません。 If they instead paste it into a browser, it will not launch the Android Company Portal. [次へ] を選択します。 Choose Next. [スコープ タグ] ページで、含めるスコープ タグを選択します。 On the Scope tags page, select any scope tags you want to include. [割り当て] ページで、デバイス管理者の管理に登録されているデバイスを持つグループにポリシーを割り当て、 [次へ] をクリックします。 [確認および作成] ページで、すべての設定を確認し、 [作成] を選択します。 トラブルシューティング Troubleshooting のページには、ユーザーをデバイス管理者の管理から登録を解除し、仕事用プロファイル管理を設定する手順が示されています。 The guides users through unenrolling from device administrator management and getting set up with work profile management. ユーザーは、Android ポータル サイト バージョン 5. 4720. 0 以降の を持っている必要があります。 Users must have with Android Company Portal version 5. 4720. 0 or later. ユーザーが [解決] をタップした後にエラーが表示される User sees an error after tapping Resolve [解決] ボタンをタップした後にエラーが表示される場合は、次のいずれかの理由が考えられます。 If users see an error after tapping the Resolve button, it's likely because of one of these reasons:• 仕事用プロファイルの登録が正しく設定されていません Android Enterprise アカウントが接続されていないか、仕事用プロファイルの登録をブロックするように登録制限に設定されています。 Work profile enrollment isn't set up correctly either an Android Enterprise account isn't connected or enrollment restrictions are set to block work profile enrollment. デバイスでは、仕事用プロファイルの登録をサポートしていない Android 4. 4 以前が実行されています。 The device is running Android 4. 4 or earlier, which doesn't support work profile enrollment. デバイスの製造元は、デバイス モデルでの仕事用プロファイルの登録をサポートしていません。 The device manufacturer doesn't support work profile enrollment on the device model. [解決] ボタンがユーザーのデバイスに表示されない Resolve button doesn't appear on the user's device ユーザーが上記のデバイス コンプライアンス ポリシーの対象となった後でデバイス管理者の管理に登録した場合、 [解決] ボタンはユーザーのデバイスに表示されません。 The Resolve button won't appear on the user's device if the user enrolls into device administrator management after they've been targeted with the device compliance policy explained above. [解決] ボタンを表示するには、ユーザーがセットアップを延期し、通知からプロセスを再開する必要があります。 To get the Resolve button to appear, the user must postpone setup and restart the process from the notification. この状況を回避するには、登録制限を使用して、デバイス管理者の管理への登録をブロックします。 To avoid this condition, use enrollment restrictions to block enrollment into device administrator management. [デバイス設定の更新] ページの URL をタップするとエラーが表示される User sees an error after tapping URL to Update device settings page ユーザーが Android ポータル サイトの [デバイス設定の更新] ページの URL をタップすると、ブラウザーにエラー ページが表示される場合があります。 Users might see an error page in the browser when they tap the URL to the Update device settings page of the Android Company Portal. このエラーは、以下のいずれかが原因と考えられます。 This error can be caused by one of the following:• デバイスが Android ではありません。 The device isn't an Android. Android デバイスにポータル サイト アプリがインストールされていません。 The Android device doesn't have the Company Portal app. Android ポータル サイトが 5. 4720. 0 より前のバージョンです。 The Android Company Portal version is earlier than 5. 4720. Android デバイスで Android 6 以前が使用されています。 The Android device uses Android 6 or earlier. 次のステップ Next steps 関連記事.

次の