このアクセサリは使用できない可能性があります 100均。 iOS「このアクセサリは使用できません」→簡単な対処法はあるので試してみて

iPhoneの充電ができない時に試したい10つのこと|意外とあっさり解決?

このアクセサリは使用できない可能性があります 100均

(その他の表示されるメッセージ) ・このアクセサリの充電機能はサポートされていません ・このアクセサリは充電に対応していません ・このアクセサリはこのiphone用に設計されていません 等 理由としては以下の4つが考えられます。 純正のアクセサリは決して安いものではないので、つい安い方に手が出てしまいがちですが、そもそも使えなければ意味がありません。 iPhoneに関しては純正品を購入するのが間違いなさそうです。 また、きちんとiPhoneに対応している製品かどうか見極めるために覚え置きたいのは「Made for iPhone」という表示ステッカー。 このステッカーが製品についている場合は、iPhoneで動作確認が行われている証拠です。 最低限この表示がされている製品を選ぶようにしましょう。 まずは接触不良を確認してみましょう。 他の充電器があれば付け替えてテストしてみましょう。 また、USBハブを使用していると電圧不足で使えない場合もあるようですので、ハブを外して試してみてください。 接触不良となる原因は以下の項目になります。 こうなってしまうとストレスを感じながら充電するよりも、新しいものを買ったほうがいいですね……。 お使いのiPhoneのiOSを確認するには、『設定 > 一般 > 情報 > バージョン』で確認できます。 iPhoneはフル充電から0%になるまで約500回使用すると、80%までしか充電できなくなり、その後はどんどんバッテリーが劣化していきます。 普段は気にしないようなことでも、こういったトラブルは発生するみたいですね。 こうなってしまった場合はバッテリーの交換をするか、長年使っているのであれば、機種変更など視野に入れてみてもいいでしょう。 ・別のデバイスで試してみる お持ちの充電器に対応している他のデバイスがあれば、付け替えて正しく作動するか確認してみましょう。 iPhoneの充電口が汚れている 充電口が汚れていたりホコリが付いている場合、接触が悪くなり充電ができなくなって表示される場合があります。 こういった場合に掃除をしたくなるものですが、金属部分を傷つけてしまったり、エアダスターなどで奥に飛ばしてしまう可能性があります。 またエアダスターを使う除去はAppleが非推奨としている方法となっているので、もしこれを試す場合は自己責任でお願い致します。 まとめ 以上、このアクセサリーは使用できませんを解決する方法のご紹介でした。 私も現在このトラブルに悩まされているのですが、原因は間違いなく「接触不良」とわかっています。 ですが、なかなかこういった周辺機器を購入するのも億劫な感じで、足が向かわないなんてときもありますよね。 Amazon使えばいい話なのですが……(笑) ですが、現在使用しているiPhoneがもうすぐ3年目に突入するので、バッテリーのほうも不安な状態ではあるので、そろそろ機種変更なども視野に入れていきたいと思います。 この記事がお役に立てたのであれば幸いです。

次の

iOS「このアクセサリは使用できません」→簡単な対処法はあるので試してみて

このアクセサリは使用できない可能性があります 100均

スポンサーリンク ライトニングケーブルを端末が認識しないトラブル 私のライトニングケーブルの中にがうるさい奴が数本いるんですよ。 何だと。 うるさいな。 うぜえぇぇ。 OK か了解どっちかにしろ。 こちらはライトニングケーブルを挿してすっかり充電した気になっています。 なのに 30 分ほど放置してふと端末を手に取るとこんなメッセージが。 充電できてないやーん。 ケーブル断線だったらメッセージすら出ないでしょうから、これは端子部分に何かあるんでしょう。 ライトニングケーブルの端子部分に何かしらコーティングされており、それがライトニングかどうかを識別しているんでしょうか。 あるいは超薄い部品が貼り付いているのか。 それが何度も使ううちにコーティングが剥がれてしまう、あるいは摩耗で部品が劣化してしまい、端末側で反応しなくなってしまったと。 超簡単ですが大真面目。 所詮機械ですから微妙な接触不良で正常に動かない場合もあるでしょう。 ライトニングも然り。 ちょっと機嫌が悪いだけかもしれません。 一時的に上記のメッセージが出たとしても、時間を置いてみると普通に読み取ってくれることも多々あります(経験上)。 消耗品だし、どっちもダメなら黙って購入 冒頭述べたように、残念ながらライトニングケーブルは 消耗品という立ち位置です。 つまり「そのうち正常作動しなくなる」ということを前提に使用しないといけません。

次の

iPhoneで「このアクセサリは使用できない可能性があります」と表示され充電できない原因と対処法

このアクセサリは使用できない可能性があります 100均

或いはApple公式でなくとも, 上のようなイメージがパッケージに付いているMFI認定のものであれば大丈夫です. 物理的な問題 被覆がめくれている程度ならまだ大丈夫ですが それはそれで大丈夫じゃないんですが , Appleが指摘 1しているように以下のような原因も考えられます. 断線している• プラグ 端子のオス が曲がっている, 歪んでいる• ポート内に異物がある, 破損している• USB AC電源アダプタやコンセント, モバイルバッテリー側に問題がある この場合, ケーブルなどの機器を買い替えたり, 本体を修理するなどが必要になるかもしれません. 一時的な認識の失敗 意外とあることですが, ケーブルの劣化などを考えるべき理由ではあるもののもう一度挿し直せばキチンと使えることはよくあります. 焦ったり勢いよく繋げず, 冷静にゆっくり確実に行ってみましょう. Apple 製のコンピュータ、iPad、iPhone、iPod、ディスプレイ、周辺機器のお手入れについての推奨事項およびガイドラインを紹介します。 ケーブルの端子などに問題があると思ったかどうかは兎も角, 普段の手入れは劣化を少しでも遅らせるのに役立ちます. Lightningケーブルは書かれてませんが, いづれにしろ「 糸くずの出ない柔らかく乾いた布」を使うのが良さそうです. ケーブルの断線など, ケーブルが使えない状態, 或いは本体に問題があるとして買い替えを指摘する人がとても多いですが, まず疑うべきはこのシンプルな理由からでしょう. メッセージが出たのは一回だけで, 実は使えたのに買い替えしてしまった…なんて馬鹿馬鹿しいですからね 予備で持っておくに越したことはないです. 〆 一言で「充電できない, 使えない」と言ってもその原因は状況によって様々です. 本体が悪いのか, ケーブルなのか, その他アクセサリの方なのか… その機器 ケーブル含む が原因かどうかは, 例えば他の機器に繋いでみて使えるかどうかを確かめることができます. 環境次第で例えばケーブルを2つ3つ持っている場合なら, 同じ条件でケーブルだけ変えて見たり, 或いは本体を変えてみたりしてどれが原因かを突き止められる可能性が高まります. [参考] 1. thetheorier.

次の