輪郭 韓国。 輪郭 整形 ブログ 韓国【裁判傍聴記】失敗 2ch 5ch

目が覚めたらパンパンに腫れた輪郭 韓国でプチ整形を体験した記者の感想

輪郭 韓国

かろうじて、「起き上がれますか?」と言われていることがわかる。 この日私は、韓国の病院で美容整形手術を受けた。 安く簡単に整形できるようになり、「」という言葉が定着して久しいが、その実態を知る人は少ない。 韓国で初めての整形を体験した記者が、体当たりで現地レポート! * * * ここ数年、1泊2日、ときには日帰りで韓国に行き、旅行や買い物のついでに目や鼻の手術を受ける「韓国整形」が若い女性たちの間でブームになっている。 日本に比べて手術費用が安いことや、K-POPがブームになり、「K-POPアイドルっぽい顔」が日本人の美の基準になったことが、大きい理由だと言われている。 今回記者が受けたのは顔の脂肪吸引手術だ。 日本のクリニックであれば50万円はかかる手術が、韓国だと交通費・宿泊費込みで10万円ちょっと。 うまくいけば約5分の1の金額で、小顔を手に入れることができる計算になる。 もともと、丸顔や二重顎にコンプレックスがあり、暇さえあればインターネットで小顔になるマッサージやエステの情報を調べては試していた記者。 ある日、いつものように美容情報を検索していると、「韓国で脂肪吸引した。 綺麗にできて満足!」というSNSの投稿を見つけ、目が釘付けになった。 さらに、整形経過をレビューする投稿アプリの存在も知り、そこではたくさんの症例写真も見ることもできた。 きわめつきは、友人から「私、韓国で二重まぶたの整形してきたよ」と告白されたこと。 その一言で、一気に韓国整形を身近なものに感じ、私にもできるかも、と思ったのだ。 とある韓国のクリニックが、日本でカウンセリング会を行うというので、足を運んでみることに。 そこで整形の内容や見積もりなどを相談することができるという。 オフィス街の貸し会議室のようなところで開催され、事前にクリニックの公式LINEアカウントから予約を取り、参加する流れになる。 「韓国語で相談なんてできない」という心配は無用。 現在、韓国の大きなクリニックの大半には日本語を話せる看護師さんや通訳さんがいるのだ。 このクリニックも同様で、韓国語を全く話せない私でも、医師に細かく話を聞くことができた。 が、結局、私はこのクリニックで脂肪吸引はしなかった。 なぜなら、その場で出してもらった見積もり金額が、とても高かったから…。 日本でやるのとあまり変わらない金額になってしまうので、施術の予約はせず、帰路についた。 しかし、本場のカウンセリングを受け、脂肪吸引への興味はますます強くなり、もっと安価でできるところはないかと探す日々が続いた。 夜な夜なネットサーフィンを続けるうちに、今回施術を行ったクリニックに行き当たった。 レビューを見ていると、安い割に評判も上々。 カウンセリング会で、どう脂肪を取れば良いかも聞いていたので、それをそのまま伝えれば大失敗することはないだろうという安心感もあり、すぐに予約を入れた。 しかしその時点でなんと3か月待ち。 今年の3月にようやく予約が取れた。 LCCの安い飛行機に乗って韓国へ。 ゲストハウスにチェックインを済ませ、電車でクリニックに向かった。 受付には、やはり日本語が話せる看護師さんがいて、「こんにちは」と笑顔で出迎えてくれた。 そのままバスローブのような手術着に着替えて、受付を済ませ、カウンセリングを受け、お金を払い、術前の写真を撮ったらあっというまに手術の時間に。 事前にレビューアプリで、「手術室で怖がっていたら、日本語が通じる看護師さんがずっと手を握ってくれていた」という投稿を読んでいたので、何かあったら看護師さんが助けてくれるだろうと安心しきる私。 しかし、その安心が伝わって「この人は放っておいても大丈夫」と思われたのか、看護師さんは早々に部屋から出ていってしまった。 施術台に寝転び、手首と足首を拘束具で固定された私の頭上で、韓国語で何かを話す医師たち。 何をしゃべってるんだろう…大丈夫かな…と急に不安になってきたものの、その瞬間、足首に麻酔注射らしきものを打たれ、目を覚ましたとき、施術はすでに終わっていた。 「起き上がれますか?」と聞かれ、ゆっくり起き上がると、輪郭をバンドのようなものでぐるぐる巻きにされていることがわかる。 しばらく休憩した後、ぐるぐる巻きの状態のままクリニックを後にした。 パンパンに腫れた頰をバンドでぐるぐる巻きにされ、手にはクリニックの紙袋を持っている私は、どこからどう見ても「整形した直後の人」…。 が、電車の中の韓国人たちは、誰も気にしない。 さすが整形大国。 私の姿も、珍しくはなかったのだろう。 日本で同じ格好をしていたら、きっとジロジロ見られるだろうなあ、なんてことを思いつつ、残りの時間はソウルの街で買い物をしたり、観光を楽しんだりと、韓国の町を満喫したのだった。 ビビンバを始めとする韓国グルメも堪能した。 バンドで巻かれているとはいえ、麻酔も効いていて痛みもない。 少し口は開けづらいが、慣れてしまえば食事に支障はない。 バンドは1週間つけ続けなければならないと聞いていたため、飛行機に乗り込むときもつけたまま。 とはいえ、日本に帰ってくると目立つので、帰国後は家にいるときだけつけることにした。 周囲には整形したことは黙っていたので、久しぶりに会った友人から「痩せた?」と聞かれたほどである。 かくして私の初めての韓国整形は、無事に成功したのだった。 やってみて思ったのは、「意外と簡単にできちゃうんだな」ということ。 帰国して数日は、吸引した箇所に濃いあざができていたものの、化粧や髪の毛で隠せるし、職場の人にバレたりすることもない。 結果にも大満足だ。 しかし、一連の流れを経て強く思ったのは「もう二度と整形はしない」ということ。 私は自分に甘いので、「これ以上は駄目」と自分でしっかり線引きしておかないと、永遠に整形を続ける可能性があると感じたからだ。 一番コンプレックスだった輪郭が直ったので、あとは化粧やマッサージなどで自分の理想に近づいていきたい。 韓国での整形手術にはリスクがあるという話も聞くので安易にやることはおすすめしないけれど、結果的に私はやってよかったと思っている。 外部サイト.

次の

韓国で輪郭手術を受ける理由

輪郭 韓国

スポンサードリンク そもそもの韓国で美容整形をするメリット・デメリット 韓国で美容整形をするメリット ーお医者さんの経験が豊富 韓国での美容整形を考える時に、やっぱり一番に考えるのは医療レベルのことだと思います。 美容整形はキレイになるためにするものだから、実力のある先生にやってもらいたいという気持ちは当たり前です。 それに手術をして、いくらきれいになったとしても、副作用があったらせっかくした手術が台無しですしね。 韓国は日本でも知られているように美容整形大国で、美容整形をする人も、美容整形を専門にしているお医者さんも多いです。 国際整形医学会が 2011年に発表した資料によると、韓国の人口 1000人当たりの美容整形手術を受けた回数は約 13. 5件で、世界でももっとも多い回数です。 美容整形の回数が多いのが腕と何の関係があるかといいますと、韓国の美容整形外科で働いているお医者さんのお話をご覧ください。 「医者の腕は、どれくらい手術を経験しているかで決まります。 いい大学を出たり、いい病院で働いている医者ではなくて、たくさん手術をしている人が上手いのが、医療業界では常識なんです。 」 要するに美容整形をする人が多い韓国だからこそ、お医者さんはたくさんの経験を持っていて、自然を腕が上がるということです。 最近では韓国人だけではなく、中国や日本からの整形手術を受けにくる人もいるので、韓国の美容整形技術はどんどん上がっていると言ってもいいでしょうね。 ちなみに人口 1000人当たりの美容整形件数があれほど多いことには、男性でも整形する人が多いのが理由だと思います。 日本ではなかなか男性で整形というのは少ないのですが、韓国では男の子アイドルも整形したと言っているくらい一般的です。 ですので男性の場合も、美容整形を考えるなら韓国で受けること検討してみても良いと思います。 真っ白いお肌に高い鼻と丸い二重の目…韓国アイドルに憧れる方、オルチャンっぽい顔になりたいという方にはオススメできると思います。 ファッションやメイクアップの仕方も、韓国と日本は影響し合っている部分が大きいので、韓国で美容整形手術を受けるメリットはあると思います。 人には生まれ持った骨格やラインがありますから、理想に近づきながらも自分の魅力を引き出せる方法を先生と相談して決めていきましょう。 ー通訳さんがいる病院が多い 韓国の美容整形外科は、外国人を受け入れる体制がしっかりしている所が多いです。 美容整形大国として知られる韓国には外国から数多くの人々が美容整形を受けにやってきます。 韓国保健産業振興院が発表した資料によると 2016年 4月から 1年間、外国人が韓国で美容整形手術を受けた件数は約 5万 1千件! 外国人からの患者は多いので、美容整形外科でも通訳とか専門コーディネートが常駐させています。 美容整形手術は細かい要望を伝える必要がありますし、その意味で専門的な通訳さんがいるのは嬉しいことですね。 また日本語のホームページを持っている病院も多く、来院する前から日本語で問い合わせも出来ますので、気軽に相談に行くことも可能です。 韓国で美容整形を受けることに不安を感じているのであれば、一度病院に行ってみて、気になることは何でも聞いてみることをオススメします。 ープチ整形で気軽にキレイになれる 美容整形手術がとても発達している韓国ですから、プチ整形の仕方も日本に比べて種類も多いし、値段も安いです。 エラボトックスとか隆鼻注射(お鼻にヒアルロン酸を注入して高く)、ほくろ除去などは韓国の女性なら誰もが一度は経験するプチ整形だと言われているほど。 これだけ普及しているので、先生たちもプチ整形にはすごく慣れていて、ベストな施術をしてもらうことができるんです。 本格的な手術に比べて副作用の心配が少ないというのもプチ整形のメリットですね。 他にも韓国でいきなり美容整形をするのは気が引ける…という人にも、こういったプチ整形で韓国美容整形を体験してみるのも良さそうですね。 こちらは韓国プチ整形の料金相場です。 韓国で美容整形手術を受けたことある友だちがいるならまだしも、口コミを探すのも難しいですしね。 美容整形手術の病院選びは、日本でも難しいですから、不安な気持ちになるのも当たり前です。 ただ最近では韓国に整形手術を受けにいく日本人も増えていて、ネット上でもある程度は情報を集めることができます。 それから上で説明したように韓国の病院は日本語のできる人が働いている所が多いので、まずは気になることを何でも聞いてみればいいと思います。 ーばっちり整形顔になっちゃう可能性も 韓国文化に興味のある方ならみなさんちょっと気づいているかもしれませんが、韓国では整形することを恥ずかしいことだと思いません。 まあ、大っぴらに&自慢げに整形したことを言ったりはしませんけど、整形したからって変な人だと思われないです。 それもあって韓国の美容整形は、少し整形したって分かっちゃってもドラマチックに変わる結果を求める傾向があります。 せっかく整形するんだからばっちり可愛くなりたいという気持ちが強いと言えますね。 ですのでなるべくナチュラルに、人に気づかれない程度に美容整形手術をしたいという人は注意が必要です。 まずはプチ整形をやってみるのもいいと思いますし、もし整形するなら先生にナチュラルな感じにしてほしいとしっかり伝えましょう! ーアフターケアのために韓国に行く必要がある これはメリットとも、デメリットともいえることだと思いますが、韓国で美容整形手術を受けたら、一定の期間は韓国にいなければなりません。 二重手術など簡単なものならまだしも、顔の輪郭とか脂肪吸引といった場合はアフターケアも必要ですしね。 長ければ何週間も韓国に滞在することになりますし、日本に帰ってもアフターケアのために韓国に来る必要があります。 韓国が好きで韓国で旅行がてら生活するのは楽しいという人には問題ないと思いますが、外国に長くいたくない人には大変だと思います。 美容整形手術は一日で簡単に終わるっていうわけじゃないので、この部分もしっかり考えておきましょう。 スポンサードリンク 韓国美容整形料金相場【パーツ別】 ー目 韓国で一番一般的な美容整形手術とされるのが、二重手術です。 大学受験を終えたら、まずは二重手術をするという人が多いほど(笑) 二重手術は簡単な手術のように見えますが、自分目の形となりたい目の形によってやり方も値段も変わってきます。 一番簡単とされる埋没法(切らない方法)は約5万円から、切開法となると約10万~です。 キム・ハンギョル医師のコメント 二重手術は簡単な手術だと思いがちですが、実は目の形によって本当に様々な手術方法があります。 病院によって手術方法が異なりますので、まずはいくつかの病院で相談してみて、どんな方法が良いか聞いてみてください。 その中で、共通した話があると思いますので、多くの医師がおすすめした方法であれば信頼できると思います。 ー鼻 目の次に韓国の女性が多くやっているのが鼻の整形です。 鼻整形には色々な手術方法があって、ヒアルロン酸を注入する隆鼻注射から、軟骨とか医療用シリコンを使う本格的なものまであります。 隆鼻注射はプチ整形の領域なので約1万円から、本格的な鼻整形は約15万円ほどからです。 ただ無理に高くしたりすることは厳禁。 コンプレックスだと感じている部分を矯正しながらも、顔の全体のバランスを合わせることが最も大事な手術です。 意外と知られていないことは、お鼻は再手術する割合が高い美容整形だということ。 多くの経験を持つベテラン医師に充分に相談した上で、手術するかどうか決めることが必要です。 ーエラ 韓国のプチ整形の中で一番人気が高いのはエラにボトックスを注射するものです。 これは筋肉が発達しているエラの部分にボトックスを注入して、キレイなフェイスラインを作るもので、痛みも少なく 10分程度で施術が終わります。 値段はボトックスの製造会社によって違いますが 約5千円のものから約4万円のものまであります。 キム・ハンギョル医師のコメント エラのボトックスは施術時間も5分ほどと短く、すぐに日常生活に戻れますので、韓国では人気が高い施術です。 人によって効果はそれぞれですが、半年ほど効果が続きますので、コストパフォーマンスも優れていると言えるでしょう。 ただ永久的なものではないので、半年から一年を周期に、定期的に施術することが必要です。 歯を食いしばってみた時、エラの方に硬い筋肉が触られる人なら効果がすぐに出る可能性が高いです。 韓国で両顎手術といわれているもので、 顔の非対称、しゃくれ顎などをキレイに矯正できるものです。 劇的に顔の印象が変わりますが、リスクも存在しますので、両顎手術するかどうかは本当に慎重に考えましょう。 両顎手術の相場は約100万円からです。 キム・ハンギョル医師のコメント 上顎と下顎の歪みで機能や美容の面で何かと障害を感じている方に必要な手術です。 手術中は大量の出血・骨折の可能性があり、手術後も一定期間は感覚が低下するなどの副作用が考えられます。 ですので顎の歪みのない方が、美容のためだけに、この手術を選ぶことはあまりおすすめしたくありません。 もし必要な場合は、両顎手術の経験の多い専門医と充分に相談してから決めてください。 また麻酔科など他の専門医との協力がスムーズに出来ている所かどうかもかならずチェックしましょう。 ただ無理に高くしたりすることは厳禁。 コンプレックスだと感じている部分を矯正しながらも、顔の全体のバランスを合わせることが最も大事な手術です。 意外と知られていないことは、お鼻は再手術する割合が高い美容整形だということ。 多くの経験を持つベテラン医師に充分に相談した上で、手術するかどうか決めることが必要です。 ダイエットをしても、どうしても特定の部分だけは脂肪が落ちない、と悩んでいる方いますよね。 韓国にもそういう悩みを持っている人は多くて、そのための美容整形手術にもさまざまな種類があります。 簡単なもので、わりと若い女性中心に流行っているのがカボクシです。 カボクシは体に無害な液体ガスを皮下脂肪層に注入して、脂肪を落としていく施術方法。 カボクシは麻酔などせずにできるので 約3万円からと手軽な値段でできます。 それから本格的に脂肪を取りたい!という人には脂肪吸引がオススメですね。 脂肪吸引は施術するところによってかなり値段が変わりますが、約50万円前後だと思えば大丈夫そうです。 最近では全身麻酔せずに脂肪吸引できるものもあるみたいなので、参考にしてください。 キム・ハンギョル医師のコメント 脂肪吸引は必要なところの脂肪だけを除去することが出来る手術です。 ダイエットを繰り返しても、最後の最後まで残ってしまう、コンプレックスのある部分に最適ですね。 また脂肪の細胞の数を減らしてくれるので、施術した部位は太りにくくなります。 最近は全身麻酔や長い回復期間が必要ないミニ脂肪吸引が人気。 ただこちらも手術だけに頼ってしまうと効果が薄れてしまいます。 脂肪吸引をした際には医師の指導の基に適度な運動と食事制限を並行する必要があります。 ーリフティング 顔が年齢とともにどんどん下がっていくようなことを感じたことありませんか。 こればかりは重力だから、逆らえることはできないと思いますが、やっぱり下がりっぱなしの老け顔は気持ちいいものじゃないですよね。 相場としてはレジャー施術の場合は約4万円前後、リフティングは約10万円からだと考えられれば良いでしょう。 キム・ハンギョル医師のコメント キレイな顎のラインを作ってくれる施術です。 たるみが改善できますので、若返りたいという方におすすめします。 超音波や高周波を用いた施術が一般的です。 よりドラマチックな効果を望んでいるのであれば、溶ける糸を使った糸リフティングも良いと思います。 糸リフティングの場合、術後に軽い痛みや腫れがありますので、大事な日のためには時間の余裕を持って受けてください。 せっかく韓国にまで行って整形手術をするんですから、失敗しない病院選びをしたいですね。 日本語のホームページがあるか、日本人ができるスタッフが常駐しているかなどももちろんですし。 韓国に行く前には、まずは病院に直接問い合わせをしてみて、しっかり対応してくれるかを見てみましょう! それでは日本語での対応をしてくれるオススメの美容整形病院を紹介します。 キム・ハンギョル医師のコメント 美容整形は医師と患者間のコミュニケーションが特に重要だと思います。 ですので、スムーズな施術のために医療分野の経験を持つ通訳さんがいて、外国人患者への施術を行った経験が多い病院に行くことをおすすめします。 また、韓国に滞在できる日数が限られてしまうと思いますので、手術直後のアフターケアーをしっかりしてくれるところを選んでください。 韓国にはたくさんの美容整形病院がありますが、ほとんどの場合は得意としている分野や自信を持っている分野があります。 なるべく色んな病院を見て回って、自分が一番信頼できる病院で手術を受けることを心がけてください。 一生に一度になるかもしれない手術ですので、しっかり考えて判断しましょう。 ーオススメの病院 <リゼン整形外科> 韓国の名門大学であるソウル大学出身の整形外科医先生たちが 2004年頃に立ち上げた整形外科です。 リゼン整形外科では二重、鼻整形、豊胸など幅広い美容整形手術を行いますが、一番有名なのは顔の輪郭に関連する手術です。 韓国では顔の輪郭の手術(両顎手術)や、鼻整形の実力が高い病院として有名です。 日本語のホームページには、日本人の体験談もありますので、ぜひ参考にしてみてください。 規模が小さい分、委員長先生を満足行くまでゆっくり話せますし、繊細なアフターケアを受けることができます。 二重手術とか、目の下のくまをきれいにする手術など、目の周りの手術に関するノウハウを多く持っていることで有名です。 病院内に高級スパもあって、外国人観光客に人気の高いところです。 カウンセリングと注意事項、術後の写真が詳しく載っていてかなり参考になります。 病院のブログではありますが、術後の写真や体験談がかなり詳しく出ているので得られる情報が多いことが特徴ですね。 コスメが大好きな美意識の高い方で、韓国の皮膚科で体験したさまざまな美容施術を詳しく説明してくれています。 術後の写真など情報量が多いですし、整形以外にもコスメ情報などがあって読み応えのあるブログです。

次の

韓国で輪郭整形をしたので費用・料金などぶっちゃけてみる。(体験レポ) | 秒速解決!情報リサーチ探偵団

輪郭 韓国

韓国の輪郭整形 VS 日本の輪郭整形 韓国と日本で受ける輪郭整形では、どんな違いがあるか、クリニックの特徴、ドクターの特徴、施術までの流れ、施術後のアフターケアなど、比較してみました。 韓国と日本の輪郭整形の違いを徹底比較! 大前提に整形に対する価値観の違いが日本と韓国にはあります。 韓国では、卒業祝いに親が子供へ整形をプレゼントしたり、外見を重視すると言う韓国の企業もあるほど、美しさに対する意識が高いです。 また、芸能人達も整形を隠さずオープンです。 それだけ、整形に対して寛容です。 クリニックの違い 韓国では、専門分野に特化したドクターが集結、運営 韓国のクリニックの特徴としては、それぞれの専門の知識を持ったドクターが集まっているという点があります。 複数の専門知識を持った医師があつまり、クリニックを運営しています。 1つの分野に特化して、施術を行うスタイルは多くの症例をこなせるので、腕を磨くには合理的ではありますが、全体的な顔のバランスをみて整形をする必要がある顔の整形においては課題も残るでしょう。 院長が1人のクリニックであれば、目、鼻、顎といたすべての部位の施術を1人のドクターができるので、トータルバランスを見ながらデザインしてくれます。 \両顎手術を受けたい方必見/ 2. ドクターの違い 韓国では、ドクターの専門が細分化されている 韓国と日本の大きな違いの一つが、ドクターの専門が細分化されていること。 韓国では、二重専門、輪郭専門、鼻の整形専門といったように、多くのドクターが一つの分野に特化した技術を身につけています。 その分、個々の技術は高く、世界的にも注目を集めていますが、複数の施術を受ける場合、別々のドクターにかかることで、ちぐはぐなバランスになってしまったり、どこか一箇所だけが際立って見えるような症例も見受けられます。 また、韓国の医師は、はじめから美容を専門とすることを目指します。 韓国では、保険診療分野での経験はほどほどにし、早く美容の技術を習得し、開業することが目標になっている傾向があります。 日本では、顔面の整形に関してトータルで1人のドクターが手術 一方、日本では、最初から美容を専門的に学ぶ形成外科医は少なく、「名医」と呼ばれるドクターのほとんどが、大学病院などで形成外科を総合的に習得しています。 同じ輪郭整形の手術であっても、トータル的なバランスを見て施術をしてくれたり、複数箇所の施術も、一人のドクターにお願いできるので顔のバランスが重要な輪郭整形においては、メリットでもあります。 値段の違い 韓国のほうが、手術料金が比較的リーズナブル また、美容大国といわれ、韓国での美容外科同士での競争も激化し、価格競争も繰り広げられているため、価格が日本と比べれば安いのが特徴です。 アプリで自分の顔を撮影するだけで、韓国の美容クリニックからおすすめの手術方法や実際の費用などが送られてくるサービスもあるほどです。 しかし、手術費用が安いだけの理由で選ぶと予想外の出費も…。 渡韓するための費用や宿泊するホテル代まで考慮して考えましょう。 日本では、200万~300万円と高額になる 日本の骨切りや骨削りといった輪郭整形の費用は200~300万くらいが相場のようです。 ただ、日本国内であればカウンセリングや定期健診の度に海外に渡る必要もないので、その他の費用は抑えられるでしょう。 施術までの違い 韓国では、カウンセリングから施術までの期間がスピーディー よりカジュアルに美容整形が行われている韓国では、施術までの流れもスピーディー。 韓国では、カウンセリングをした当日や、遅くても翌週には施術を行うのが一般的です。 日本の大手美容外科のようにカウンセリングの予約だけで数週間かかるようなこともないので、スピーディーに美容整形が受けられます。 日本では、カウンセリングから施術までの期間が長い 日本では、カウンセリングの予約をして来院。 別日にレントゲン、採血などの検査を行って手術。 数日後に抜糸をして、アフター検診に行って…としっかりと検査などを行ってから施術を行います。 そのため施術を受けるのに時間がかかりますね。 施術後のアフターケアの違い 韓国では、定期検診を熱心に行うクリニックが少ない 韓国では、日本のように術後に定期的な検診を行うようなところはあまりなく、何か問題があったら連絡してね!といった感じで、アフターケアもカジュアルなところが多いです。 万が一、帰国後にトラブルが起きたら、わざわざ韓国に行くワケには行かず、日本で別の医師にかかる必要があります。 日本では、24時間体制でのケア、定期健診を細かく行う 一方、日本で輪郭整形を行うクリニックは、院内に入院施設を完備して24H体制でケアを行っていたり、万が一の時もすぐに受診が可能。 アフターケアの面でも、術後に何回も定期健診があるので、不安なことや気になることを都度ドクターに相談できます。 その点を考えると、日本のクリニックで施術を受けたほうが、術後の面で心配がいらないでしょう。 韓国と日本の輪郭整形の違いについて知りたい方におすすめ.

次の