森雅 子 法相 夫。 森まさこ

森まさこ議員は若い頃から美人でかわいい!夫は誰?三好雅子が本名?

森雅 子 法相 夫

1982年 慶応義塾志木高等学校 1991年 慶応義塾大学法学部卒業 1995年4月 弁護士登録(当時27歳) 2003年 ジョージワシントン大学ロースクール修了 2003年 ニューヨーク州司法試験合格 ワシントンで弁護士として執務 2004年 ニューヨーク州弁護士登録 すばらしい学歴と経歴ですね。 弁護士の高収入の条件が、弁護士資格の早期取得・アメリカへの留学・国際弁護士の取得っていわれているので、収入も高いのでしょうね。 三好さんの事務所は、 森・濱田松本法律事務所 です。 森・濱田松本法律事務所は、国内だけに限らずアジア諸国にも事務所あり、弁護士数150名を超える大きな事務所です。 ここで、事務所のパートナーをされています。 共同経営者ってところでしょうか? その他にも、三好さんの活動は幅広く、弁護士としての活動のほかに、大学講師・スポーツ関連の協会・連盟の法務委員・社外監査役・官公庁の研修講師なども兼任。 1日24時間で足りるんでしょうか…。 奥様である、森まさこさんと同じように、色々な分野で活躍する旦那様なんですね。 夫婦そろってすごい人たちですね。 三好豊のプロフィール 名前:三好 豊(みよし ゆたか) 生年月日:1968年 出身:神奈川県 そんな、森まさこさんの夫である三好豊さん。 こんなところでも活躍されていました。 森雅子(まさこ)の夫はサッカー八百長疑惑にも関係していた 本当に、びっくりです。 日本代表の監督だったアギーレ前日本代表監督。 そんな彼は、前任のチームで八百長をしていたのでは?という疑惑がかけられていました。 その時、日本サッカー協会の理事や、アジアサッカー連盟の法務委員も担当していた、三好豊さんも、アギーレ前日本代表監督の調査を担当していました。 森まさこさんの夫である、三好豊さん。 こんなにも活躍されていると、年収が気になりますよね。 ということで、調べてみました。 森雅子(まさこ)の夫の年収は? 三好豊さんは、森・濱田松本法律事務所のパートナーさんです。 法律事務所のパートナーの年収は、法律事務所が得た利益から報酬をもらいます。 事務所の利益をパートナーで分配するんです。 一般的にその配分額は数千万~数億円と開きがあるといわれています。 調べてみたのですが、パートナー弁護士の平均年収は分かりませんでした。 ということで、たくさん稼いでいる弁護士の共通点について調べてみました。 それがこちら。 1992年 司法試験合格 27歳 1995年 弁護士登録 1998年 弁護士事務所設立 1999年 アメリカ留学 2005年 ニューヨーク気大学客員研究員 金融庁総務企画局長補佐 2006年 金融庁検査局金融証券検査官 福島県知事選挙落選 2007年7月 第21回参議院銀通常選挙当選 2009年 自由民主党政務調査会法務部会長 2010年 自由民主党副幹事長 2011年 参議院法務委員会理事 同東日本大震災復興特別委員会理事 2012年11月 参議院行政監視委員長 2012年12月 第2次安倍内閣 内閣府特命担当大臣 2013年7月 第23回参議院通常選挙当選 2013年9月 特定秘密保護関連担当大臣 内閣府特命担当大臣兼任 2015年 自由民主党政務調査会環境部会部会長 2016年 参議院環境委員長 2019年 法務大臣 そうそうたる経歴ですね。 2006年の福島県知事選は負けてしまいましたが、翌年の参議院選ではみごと当選。 当初、少子化支援・育児を訴えていた森雅子さん。 今では婚活への支援を訴えられています。 少子化対策には、子供を作れる環境を整えるってことでしょうか?確かに、元をたどれば同じことですね。 そんな、政界で活躍する、森雅子さんの学歴ってどうなんでしょう?調べてみました。 森雅子(まさこ)の学歴は? 森雅子さんは、福島県在住です。 決して裕福ではない家庭で育たれたそうです。 出身高校は、地元福島県の福島県立磐城女子高校を卒業されました。 現在は、福島県立磐城桜が丘高校に名称変更。 共学になったんですね。 ちなみに、磐城桜が丘高校は、偏差値62の進学校です。 高校卒業後は、東北大学法学部(偏差値60)へ進まれました。 高学歴ですが、公立高校や国立大学に通われたということで、少し親近感がわきますし、今でも地元福島を大切にされている理由がわかりますね。 ということで、そんな森雅子さんの評判について調べてみました。 森雅子(まさこ)の評判 法務大臣にまで上り詰めた森雅子さん。 そんな彼女の評判はどうなんでしょう? 実は、とても厳しい方で有名です。 学歴を見ても、頭の切れる森雅子さん。 そんな森まさこさんの評判は、 ・他人に厳しい ・質問への答弁に一貫性がない といった評価もあります。 国会でもその厳しさは有名です。 国会で、想定外の質問を受けて、「準備不足」だと周りを叱責したり、人前でも声を張り上げる程。 ですが、その反面「きわめて有力な総理候補」とも言われています。 森雅子さんは、参議院として2007年から2019年まで3期連続で当選されています。 留学の経験や金融庁での勤務時に、貸金業法改正に携わったキャリアも持っていて、長女を出産後、生後間もない長女と共にアメリカ留学をしたりと、バイタリティのある女性です。 また、育った環境は、借金の取り立て屋が来たりと、決して裕福な暮らしではなかったといいます。 その影響か、これまでの功績の中に、貸金業法の見直しなど、「弱者救済」を掲げています。 これまでのキャリアから見ても、法務大臣としての活躍を期待したいところですよね。 森雅子(まさこ)の本名は三好雅子 森まさこさん。 このお名前は、通名です。 本名は「三好雅子」さんです。 「森」の苗字は旧姓だそうです。 夫婦別姓はなかなか法案が通らないので、通名を使用するということでしょうね。 他にも橋本聖子さんなども、旧姓で活躍されている。 関連記事はこちら 森雅子(まさこ)のファッションに疑問? ドン小西さんが、森雅子さんのファッションに とにかく、勘違い女子性政治家の典型的なファッション。 講演会のおじさんに持ち上げられて、自分をスターかなんかと思いこんでしまう。 そこから妙な特別感を出すから。 ファンしょんが世間から浮いてしまう とコメントしています。 こればかりは、人の好き好きですから何とも言い難いところですね。 森雅子(まさこ)のプロフィール 安倍総理より法務大臣の任命を受け、ただ今、皇居にて天皇陛下より認証式をしていただきました。 身の引き締まる思いです。 国家国民のため謙虚に真摯に務めて参ります。 森まさこ — 森まさこ morimasakosangi 名前:森雅子(もり まさこ) 生年月日:1964年8月22日 年齢:55歳(2019年10月現在) 出身地:福島県いわき市 出身高校:福島県立磐城女子高等学校 (現:福島県立磐城桜が丘高等学校) 出身大学:東北大学法学部 職業:法務大臣・参議院議員 まとめ 今回は、森雅子 まさこ 【法務大臣】の夫や子供は?評判や経歴などをまとめてみました。 同じ女性としては、これからもどんどん活躍してほしいですね。

次の

森まさこ議員は若い頃から美人でかわいい!夫は誰?三好雅子が本名?

森雅 子 法相 夫

森まさこ(森雅子)氏プロフィール 歴代総理大臣、歴代自民党総裁の写真が飾られている総裁室にて。 — 森まさこ morimasakosangi 名前:森雅子(もり まさこ) 本名:三好雅子(みよし まさこ) 生年月日:1964年8月22日 出身地:福島県いわき市 血液型:O型 党派:自由民主党 選挙区:福島県 当選年:平成19年、25年(当選2回) 趣味:マラソン、ヨガ 尊敬する人物:伊東正義(福島県会津若松市出身の政治家) 好きな言葉:最後まであきらめない 長所:面倒見がよい 短所:断るのが下手 学歴• いわき市立植田小学校• いわき市立植田中学校• 福島県立磐城女子高等高校(現 福島県立磐城桜が丘高等学校)• 東北大学法学部 卒業 経歴 — 森まさこ morimasakosangi 1964年8月22日 福島県いわき市で生まれる サラリーマンの父、農業の母のもとに誕生しました 12歳 弁護士を志す きっかけは、大きな負債を抱えた父親を救い借金返済に協力してくれた弁護士の存在でした。 働きながら高校へ通い、苦労して大学へ進学。 東北大学法学部へ。 働きながら東北大学への合格を勝ち取ることはかなり大変だったことでしょう。 森まさこ氏の意志の強さがうかがえます。 1986年 東北大学法学部卒業 1992年 司法試験に合格(27歳) 司法修習47期 1995年 弁護士登録 結婚 1998年 第一子出産 独立・弁護士事務所設立 1999年 日本弁護士連合会の制度を利用し、アメリカ合衆国へ留学 ニューヨーク大学 NYU ロースクールに入学 ニューヨーク大学法科大学院客員研究員として。 前年に出産したばかりの長女を連れての渡米でした。 子連れでの留学を実行してしまう行動力が凄いですね。 一般的な思考だと、小さな子供がいるから難しいかな…となるところだと思いますが、ここでも森まさこ氏の意志の強さを感じます。 2002年 第二子出産 アメリカ合衆国から帰国後、金融庁入庁 2005年 金融庁総務企画局企画課信用制度参事官室課長補佐、信用制度参事官室課長補佐を務める 2006年 金融庁検査局金融証券検査官を務める 福島県知事選へ出馬 佐藤栄佐久の辞職に伴い、自由民主党・公明党・新党日本の推薦を受けて無所属での出馬でした 結果、残念ながら佐藤雄平氏に敗れました(民主党擁立・前参議院議員) — 森まさこ morimasakosangi 2007年7月 第21回 参議院議員通常選挙 初当選(1期目) 自民党公認で福島県選挙区から出馬 2009年 自由民主党政務調査会法務部会部会長を務める 2010年 自由民主党副幹事長を務める 2011年 参議院法務委員会理事、同東日本大震災復興特別委員会理事を務める 2012年 11月 参議院行政監視委員長就任 12月26日 第2次安倍内閣にて初入閣 内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全、少子化対策、男女共同参画)就任 同時に国務大臣としての所管事項として、女性活力・子育て支援を担当 2013年 7月21日 第23回参議院議員通常選挙 当選(2期目) 9月17日 特定秘密保護関連担当大臣 就任 内閣府特命担当大臣 兼務 2014年 9月 内閣改造にて退任 2015年10月23日 自由民主党政務調査会環境部会部会長 衆院 2016年 参議院環境委員長 就任 本日は、安倍総理大臣と自民党総裁室で福島県の復興について対談しました。 後日自民党の広報紙に特集されむす。 安倍総理大臣 自民党総裁室 森まさこ 福島県 福島県の復興 — 森まさこ morimasakosangi 結婚(夫・子供)について 森まさこ氏は 1995年に結婚しています。 1998年に第一子(長女)、2002年に第二子(次女)を出産。 二人の女の子を持つ母親です。 夫は弁護士の三好豊氏 夫は弁護士の三好豊氏です。 三好豊氏とは司法修習生時代に出会い、結婚。 三好氏はニューヨーク州の弁護士資格も持つ国際派弁護士として知られており、知的財産に詳しい企業法務のスペシャリストでもあります。 最後に 森まさこ氏のプロフィール、経歴を中心に、家族(夫・子供)についてもまとめてお伝えしました。 若いころに苦労し、働きながら高校へ行くという頑張りの結果、東北大学法学部へ合格、そして弁護士資格も取得。 結婚し子供を持ちながらもアメリカへ留学する行動力も凄いですね。 2007年に参院選初当選後は政治家として素晴らしい活躍を続けています。 これから日本のためにどのような活躍を見せてくれるのか、楽しみな女性の一人です。

次の

疫情期间跟记者们打麻将,日本东京高检检察长黑川弘务将辞职

森雅 子 法相 夫

経歴 [ ]• 伊藤三男、喜美枝の長女としてに生まれる。 本名、伊藤雅代。 弟1人、妹1人。 1941年(昭和16年) 1歳 父の仕事の関係で、4歳まで中国のに暮らし、終戦直前1945年3月に日本に戻る。 1946年(昭和21年) 6歳 父のすすめでを学び始める。 1947年(昭和22年) 7歳 よりに転居。 小学生時代、世界文学全集に親しむ。 1949年(昭和24年) 9歳 この年より1965年まで、母親は、、など世界各国からの留学生を自宅に受け入れた。 1959年(昭和34年) 19歳 器楽科入学。 、、などに傾倒。 ほとんどヴァイオリンへの興味を失い、詩人、画家など、異分野の人々と交流。 1963年(昭和38年) 23歳 卒業。 広告代理店に勤める。 1964年(昭和39年) 24歳 夏、を出発後、最終目的地のを目指して43力国を旅し、途中の日本に立ち寄った出身の英国人アイヴァン・ブラッキンと知り合い、婚約。 1965年(昭和40年) 25歳 婚約後6カ月を経て1月、結婚。 のアパートで、新婚生活をスタート。 夫婦共稼ぎを続けながら、に転居。 1967年(昭和42年) 27歳 9月、長女ヘザー誕生。 を退社。 フリーのに。 子育てのため、突端の諸磯の家を借り、専業主婦。 その後、次女マリア、三女ナオミ・ジェーン誕生、3女の母となる。 1973年(昭和48年) 33歳 長女ヘザーのインターナショナル小学校入学のため、に夫のオフィス兼用の家を借りる。 この子育ての時期、、、などの海外作品を読みふける。 1977年(昭和52年) 37歳 夫がいて子供がいて、生活は豊かで幸福だったが、たまらなくひもじく、自分自身に絶望していた時期、が『』でを受賞したのを知り、それに刺激されて『情事』を書く。 1978年(昭和53年) 38歳 『情事』で第2回受賞。 『すばる』12月号に掲載。 1979年(昭和54年) 39歳 10月、『すばる』に「誘惑」発表、第82回芥川賞候補となる。 夏頃、六本木から下北沢に転居。 1982年(昭和57年) 42歳 『傷』で、第85回芥川賞候補。 1983年(昭和58年) 43歳 『熱い風』で、第88回候補、『風物語』で第89回直木賞候補。 9月、初めての書き下ろし作品『夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場』を講談社より刊行。 実際にセラピーにかかりながら内なる発見を文字に変えてゆき、静かなトーンでまとめ、作家としての新境地を切り開く。 1984年(昭和59年) 44歳 4月より、『SAVVY』にアートディレクターとの連載エッセイ「男と女の糸電話」の連載をはじめる(~1991年3月、1986年に『もう一度、オクラホマミクサを踊ろう』、1988年に『六本木サイド・バイ・サイド』、1991年に『おいしいパスタ』として刊行)。 1985年(昭和60年) 45歳 8月、主婦の友社より、『叫ぶ私』(セラピストとのセラピーの記録。 『夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場』を書きながらセラピーを受けていた際のテープから、ノンフィクション風のフィクションとしてまとめたもの)刊行。 1986年(昭和61年) 46歳 5月より、「小説新潮」に「ファミリー・ポートレート」連載(~1988年8月、1988年に新潮社より『ファミリー・レポート』と改題して刊行)。 10月、『小説現代』に「浅水湾《リパルスベイ》の月」、11月に「ザ・ロビー」発表(その後、書き下ろしを加えて、1987年に講談社より『浅水湾《リパルスベイ》の月』として刊行)。 11月より、『月刊カドカワ』に夫のアイヴァン・ブラッキンとの共著「ラヴ・ストーリー」連載(~1987年10月、1988年に角川書店より『ラヴ・ストーリー』として刊行)。 1987年(昭和62年) 47歳 の島ノルウェイ・アイランドを購入。 夏の避暑先を軽井沢からカナダに変える。 11月、『小説すばる』創刊号に「ダブルコンチェルト」発表。 それまでエッセイでやっていた男と女の視点の違いという実験を、小説でやってみたもの。 作家として、『情事』、『夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場』に続く、新たな境地に入った作品。 1989年(平成元年) 49歳 夏、の自宅新築のため、池田山(東五反田)に転居。 にスペイン風の別荘を新築。 1990年(平成2年) 50歳 夏、の自宅の新居完成。 1991年(平成3年) 51歳 3月4日~10月31日、200回にわたり「朝日新聞」夕刊紙上に、一話完結の読み切り形式を採用した「TOKYO発千夜一夜」を掲載(1992年に朝日新聞社から『東京発 千夜一夜』として刊行)。 4月、日本橋4Fに「森瑤子コレクション」(シックな大人の感性を取り入れた)をオープン。 1992年(平成4年) 52歳 11月、新潮社より『』の続編『』(著、森瑤子訳)刊行。 この仕事のために、ほぼ1年、作家としてのほとんどの精力を注ぎ、翻訳としてできる範囲を問いつつ、作家生命を賭けて翻訳した。 夏、、等『スカーレット』の舞台を取材旅行。 旅の途中、数度にわたって胃痛を訴える。 『スカーレット』刊行後も、執筆の他、取材、講演会等、多忙をきわめる。 1993年(平成5年) 年頭より、父・伊藤三男が長年温めていたテーマについて、時代小説「甲比丹《カピタン》」として取り組む。 3月上旬に精密検査にて、容易ならざる病状が判明。 その後、胃癌であることの告知を受ける。 の病院に転院。 治療を続けながら、友人達とのFAXのやりとり、各誌の連載原稿を書く。 5月、集英社より『森瑤子自選集』〈全9巻〉の刊行が始まる。 6月上旬、容態が急変、覚悟を決めて家族と仕事、葬儀の事など伝え始める。 カトリック受洗(テレジア雅代・ブラッキン)。 7月6日、52歳で永眠。 7月8日、四谷に於てカトリック葬。 著書 [ ] 小説 [ ]• 『情事』(、1978年)のち文庫(「誘惑」を含む)• 『誘惑』(集英社、1980年)• 『嫉妬』(集英社、1980年)のち文庫、角川文庫• 『傷』(集英社、1981年)のち文庫、角川文庫• 『招かれなかった女たち』(集英社、1982年)のち文庫• 『愛にめぐりあう予感』(、1982年)「愛の予感」角川文庫• 『熱い風』(集英社、1982年)のち文庫• 『風物語』(、1983年)のち文庫、角川文庫• 『ジゴロ』(集英社、1983年)のち文庫• 『夜ごとの揺り籠、舟、あるいは戦場』(、1983年)のち文庫• 『夜光虫』(集英社、1983年)のち文庫• 『ホロスコープ物語』(、1983年)のち文庫• 『女と男』(集英社、1984年)のち文庫• 『女ざかり』角川書店(1984年)のち文庫• 『ミッドナイト・コール』(講談社、1984年)のち文庫• 『家族の肖像』(集英社、1985年)のち文庫• 『渚のホテルにて』(、1985年)のち文庫、角川文庫• 『風の家』(文藝春秋、1985年)のち文庫• 『一種、ハッピーエンド』(、1985年)のち文庫、中公文庫• 『カフェ・オリエンタル』(講談社、1985年)のち文庫• 『結婚式』(、1985年)のち文庫• 『男上手女上手』(角川書店、1986年)「恋のインデックス」文庫• 『カナの結婚』(集英社、1986年)のち文庫• 『ベッドのおとぎばなし』(文藝春秋、1986年)のち文庫• 『イヤリング』(文庫オリジナル、、1986年)• 『ホテル・ストーリー』(角川書店、1986年)のち文庫、中公文庫• 『男三昧・女三昧』(、1987年)のち集英社文庫• 『Tokyo愛情物語』(、1987年)のち角川文庫• 『秋の日のヴィオロンのため息の』(、1987年)のち角川文庫• 『彼と彼女』(角川書店、 1987年)のち文庫• 『熱情』(角川書店、 1987年)のち文庫• 『誘われて』(毎日新聞社、1987年)のち集英社文庫• 『クレオパトラの夢 世にも短い物語』(朝日新聞社、1987年)のち角川文庫• 『浅水湾(リパルスベイ)の月』(講談社、1987年)のち文庫• 『ハンサムガールズ』(集英社、1988年)のち文庫• 『ラヴ・ストーリー』(夫アイヴァン・L・ブラッキンとの共著、角川書店、1988年)のち文庫• 『カサノバのためいき 世にも短い物語』(、1988年)のち角川文庫• 『ダブルコンチェルト』(集英社、1988年)のち文庫• 『望郷』(学習研究社、1988年)のち角川文庫• 『アイランド』(角川書店、1988年)のち文庫• 『あなたに電話』(中央公論社、1989年)のち文庫、角川文庫• 『消えたミステリー』(集英社、1989年)のち文庫• 『ドラマティック・ノート』(角川書店、1989年)のち文庫• 『夜の長い叫び』(集英社、1989年)のち文庫• 『砂の家』(、1989年)のち新潮文庫• 『ベッドのおとぎばなし PARTII』(文藝春秋、1989年)のち文庫• 『十月のバラ』(角川文庫、1989年)• 『少し酔って』(実業之日本社、1990年)のち角川文庫• 『午後の死』(角川書店、1990年)のち文庫• 『風を探して』(中央公論社、1990年)のち文庫• 『垂直の街』(集英社、1990年)のち文庫• 『』(朝日新聞社、1991年)のち角川文庫• 『パーティーに招(よ)んで』(角川書店、1991年)のち文庫• 『東京発千夜一夜』(朝日新聞社、1992年)のち新潮文庫• 『ママの恋人』(角川書店、1992年)のち文庫• 『四つの恋の物語』(、1992年)のち集英社文庫• 『トウィンクル物語』(潮出版社、1992年)のち角川文庫• 『香水物語』(角川書店、1993年)のち文庫• 『シナという名の女』(集英社、1994年)のち文庫• 『甲比丹』(講談社、1994年)のち文庫 エッセイ [ ]• 『別れの予感』(、1981年)のち角川文庫• 『さよならに乾杯』(PHP研究所、1983年) のち角川文庫• 『女ざかりの痛み』(主婦の友社、1983年)のち集英社文庫• 『復讐のような愛がしてみたい』(、1985年)「恋愛関係」角川文庫• 『叫ぶ私』(主婦の友社、1985年)のち集英社文庫• 『ジンは心を酔わせるの』(角川文庫、1986年)のち文庫• 『六本木エレジー 男と女の愛のスクランブル』(大和出版、1986年)• 『もう一度、オクラホマミクサを踊ろう』(との共著、主婦の友社、1986年)のち集英社文庫• 『別れ上手』(ハーレクイン・エンタープライズ日本支社、1986年)のち角川文庫• 『美女たちの神話』(講談社、1986年)のち文庫• 『プライベート・タイム』(角川書店、1986年)のち文庫• 『スクランブル 男と女の交差点』(潮出版社 1987年)のち角川文庫• 『風のように』(角川書店、1987年)のち文庫• 『恋の放浪者(バガボンド)身を焦がす男と女の夢三十夜』(大和出版、1988年)のち角川文庫• 『六本木サイド・バイ・サイド』(との共著、主婦の友社、1988年)のち集英社文庫• 『刻は過ぎて』(角川書店、1988年)のち文庫• 『ファミリー・レポート』(新潮社、1988年)のち文庫• 『ある日、ある午後』(角川書店、1989年)のち文庫• 『マインド・ジュエリー』(講談社、1989年)のち扶桑社文庫• 『ダイヤモンド・ストーリー』(、1990年)のち新潮文庫• 『夜のチョコレート』(角川書店、1990年)のち文庫• 『マイコレクション』(角川書店、1991年)のち文庫• 『おいしいパスタ』(との共著、PHP研究所、1991年)のち文庫• 『非常識の美学』(、1992年)のち角川文庫• 『終りの美学』(角川書店、1993年)のち文庫• 『男語おんな語翻訳指南 リレーエッセイ』(共著、、1993年)のち文庫• 『人形 エッセイ絵本3』(石英文庫、 1993年)• 『マイ・ファミリー』(中央公論社、1993年)のち文庫• 『親しき仲にも冷却あり』(講談社、1993年)のち文庫• 『人生の贈り物 With her heart and soul』(、1993年)のち集英社文庫• 『恋愛論』(角川書店、1993年)のち文庫• 『森瑤子の料理手帳』(講談社、1994年)• 『風のエッセイ』(創樹社、1995年)• 『愛の記憶』(、1996年)のち新潮文庫 対談集 [ ]• 『ホホホのほ』(との共著、、1987年)のち角川文庫• 『あなたに逢いたい 森瑤子対談集』(集英社、1994年) 自選集 [ ]• 『森瑤子自選集』全9巻(集英社、1993年 - 1994年) 翻訳 [ ]• クリスティン・マクロイ『わたしを止めて』(主婦の友社、1990年)• グレゴリー・ストック『質問の本』(角川書店、1991年)• グレゴリー・ストック『質問の本』(角川書店、1991年)• レイチェル・インガルズ『悲劇の終り』(、1992年)• 『』(、1992年)のち文庫 楽曲提供(作詞) [ ]• 「Wの肖像」「風物語」(アルバム W CONCERT) ライナーノーツ抄:『私は独り言のような小説を好まない。 人間の葛藤が好きなのである。 …ダブルコンチェルトの中に描かれている女たちは恋を失ったときに、相手を決して責めない女たちである。 …』 参考文献 [ ]• 『小さな貝殻 母・森瑶子と私』マリア・ブラッキン 新潮社 1995年、新潮文庫 1998年• 『森瑶子・わが娘の断章』伊藤三男 文藝春秋、1998年• 『現代女性文学辞典』村松定孝・渡辺澄子編、、1990年。 『』、1996年。 『森瑤子 自選集 第九巻』 集英社、1994年。 『ハンサム・ウーマンに乾杯』(ランティエ叢書)、2002年。 『本人自身による全作品解説-森瑤子自身による森瑤子スペシャル』 『月刊カドカワ』第9巻第6号、角川書店、1991年。 『森瑤子の帽子』島﨑今日子 幻冬舎、2019年。

次の