マツダ 2 デミオ。 マツダ2(デミオ)の後部座席と荷室容量は?車中泊は出来る?

名前が変わっただけじゃない! マツダ2は新型デミオに非ず〈MAZDA2試乗記〉|MotorFan[モーターファン]

マツダ 2 デミオ

ではに、ではにがそれぞれ分類されている。 2代目以降の日本国外向けの車名は Mazda2(マツダ・ツー)であったが、日本市場においても2019年9月12日より発売される4代目の一部改良モデルから、日本国内向け専用のペットネームを廃止し、車名を日本国外向けと同じく「」に統一している。 本項では、日本国内で「デミオ」のペットネームで販売されていた1996年から2019年9月までの状況について記す。 製造国 販売期間 - 5人 5ドア B3-ME型 1. 3 B5-ME型 1. この危機的状況を立て直すための量販車種として、当時のブームへ追随する形で既存のを活用し、短期間で開発・市場投入されたのがこの初代「デミオ」である。 全長をコンパクトカーの範疇に留めながら、2列座席で荷室を広く採ったシンプルな小型ワゴンである。 ミニバンブームの渦中で、(全高1,550まで)に入れない高さのモデルが続出して実用上問題になっていたことから、車高は機械式駐車場に入るぎりぎりに設定された。 シートはフルフラット化が可能で、荷室拡大時には同車のクラスを超えた収容力があり、コンパクトカーの中でもスペースと実用性の確保を最大限追求することが設計の主軸となっている。 構造・スタイルとも機能的な「道具」に徹した、一種素っ気ないくらいの実直さがバブル崩壊後の世相にマッチし、直接競合するクラスのに限らず上級車やからもユーザーが移行するなど、市場における幅広い層の支持を得た。 自動車にも好意的に受け止められ、特別賞、およびを受賞している。 マツダはこの初代デミオのヒットによって経営危機を辛くも脱し、デミオは「マツダの救世主」「(1990年代における)マツダの」「神風」とも評された。 短期間、低コストで開発されたため、ベースには、およびのの系統である既存形のを使用した。 なお当初はレビューの後継車種として企画開発されていた。 原設計は極めて古いものであったものの、操縦安定性は念入りにとテストが繰り返されており、結果としてレスポンスの良いハンドリングを実現している。 エンジンはレビューおよび2代目フォード・フェスティバ同様、1,300cc16バルブエンジンと1,500ccSOHC16バルブエンジンを搭載する。 ただし、燃料供給は電子制御から、へ改良されており、1,300ccはネット83馬力、1,500ccはネット100馬力に向上していた。 駆動方式は(FF)のみで、は、5速と、1. 5車に電子制御式4速、1. 3L車は当初3速ATの設定で、これらもフェスティバ、レビューと同様である。 5L車は「GL」から始まる2グレード、1. 3L車は「L」から始まる4グレードで発表され、全てのグレードでMTとATが選べた(計12車種)。 当初、バックドアにはキーシリンダーやアウタードアハンドルがなく、開けるためには運転席脇のレバーを操作するしかなかった。 これは、販売価格を抑えるため大半のグレードに集中ドアロックが設定されなかったことから、多くの他車種と同様、バックドアのロック忘れを防ぐためにこのような設計となっていた。 のちにキーシリンダー付きの押しボタン式オープナーが装備され、車外からバックドアを開けられる変更となり、運転席脇のレバーは廃止された。 車体形状は「自由形ワゴン」 と称する「小型ステーションワゴン」 で、販売当初は「新ジャンルワゴン」としていた。 また、に記載される車体形状は「」となっている(後述の2代目についても同様)。 通常、等のコンパクトな車の登録は「箱型」であり、このことからも、荷室の収容力を強く意識したモデルであることがわかる。 旧を含むフォード店向けには「」(略称フェスティバMW)の名称で供給された。 なお、本モデルは海外で(オセアニア向け4代目) として販売されていた。 詳しくはを参照されたい。 リア(後期型) 年表 [ ]• - に「BU-X」の名前で出展。 - 「新ジャンルワゴン」の販売を公式サイトでアナウンスする。 - 発売開始。 「BU-X」よりも配色やフロントデザインを一般化し市販化された。 CM出演者は。 - 受賞。 - 選考委員特別賞受賞。 - 生産累計10万台達成。 - 「1. 5GL-Xスペシャル」(限定3,000台)を発売し、同時に一部改良。 フロントグリル・バックドア・ホイールセンターオーナメント・ステアリングホイール等に、同年登場したより採用された、マツダの新CIマークを採用。 ボディカラーに「クラシックレッド」を加え、電動格納式ドアミラーなどの装備品が追加された。 - 「デミオFCEV」を開発。 同月5日から開催された「エコ・ジャパン'97」に出展した。 - 「1. 3LX Gパッケージ」をベースに、専用ボディカラー2色を設定し、全面UVカットガラスなどを装備した特別限定車「1. 3LX-Gリミテッド」(限定5,000台)を発売。 3月 - 発売開始以来初の月間販売台数新記録(1万4,249台)を樹立。 - 生産累計20万台達成。 - 一部改良。 中期型モデルとされる。 内外装をリフレッシュし、装備を充実。 また、の改良により、乗り心地も向上された。 - 特別限定車「1. 3LXリミテッド」(限定3,500台)、「1. 5GLリミテッド」(限定1,200台)を発売。 - 昨年販売した「1. 3LXリミテッド」「1. 5GLリミテッド」が、当初予定よりも1か月早く完売するほど好評だったため、「1. 3LX リミテッド」は2,500台、「1. 5GLリミテッド」は1,000台限定で追加販売された。 - 「1. 3LX・Gパッケージ」をベースに助手席SRSとを装備し、安全性を高めた「35万台記念限定車 1300LX」(限定10,000台)と「1. 5GL」をベースにスポーティー感あふれる外装を採用した「35万台記念限定車 1500GL」(限定3,000台)を発売。 - ビッグマイナーチェンジに伴い、後期型モデルとされる。 マツダ車特有の「ファイブポイントグリル」を採用するとともに、外内装を大幅に変更。 マルチリフレクターヘッドランプ、およびエアバッグ、ABS、EBD等の標準装備化・の新設定により安全性も向上、の見直しにより乗り心地も改善。 また1. 3L車のATが電子制御式4速化された。 内装では2DINオーディオ対応、ツートン内装も一部グレードに設定された。 また、グレード名称も一部変更(1. 3Lモデルの「LX・Gパッケージ」と「LX・Sパッケージ」は「LX-G」と「LX-S」に改名)。 さらに、専用限定車「1. 5 Web-tuned DEMIO(ウェブチューンド デミオ)」も200台限定で販売された。 - 「1. 5GL」をベースにした「」を発売。 - 一部改良。 3L車の排出ガス性能が向上され、「優-低排出ガス車」認定を取得。 同時にグレード体系が見直され、「1. 3LX」と「1. 5GL-X」を廃止する替わりに「1. 5アレッタ」を追加。 - 「1. 5GL(AT車)」をベースに、よりスタイリッシュな外観とした特別限定車「1. 5GLスペシャル」(限定1,500台)を発売。 - 「1. 3LX-G(AT車)」をベースに、「マツダテレマティックス」対応カーナビなどを装備した特別限定車「 navi」(限定1,500台)を発売。 - 「1. 3LX-G(AT車)」をベースに、ブルーを基調とした内装を採用した特別限定車「1. 3LX-スペシャル」(限定7,500台)を発売。 - 内外装などのカラーコーディネートなどで質感を高めた「1. 3ピュアレ」とエアロパーツを装備し、スポーティー感を高めた「1. 3エアロアクティブ」を追加。 - 「1. 3 LX-G」、「1. 5 アレッタ」、「1. 5 GL」をベースに新たな追加装備をしつつ、価格をベース車よりも安く設定した「1. 3 LX-Gスペシャル」、「1. 5 アレッタスペシャル」、「1. 5 GLスペシャル」を発売。 なお、ベース車3グレードは全てこの「スペシャル・シリーズ」に移行された。 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 - 2代目と入れ替わる形で販売終了。 3L 直4 ZY-VE型 1. 初代フェスティバ以来の旧小型車用プラットフォームの使用をやめ、17年ぶりにと共同開発した新世代小型車用プラットフォームである、を使用している。 当代と次代においてとプラットフォームが共通化された。 エンジンは先代と同じく1,300ccと1,500ccの2種類だが、いずれも新開発の「MZR」系エンジンに一新されている。 可変バルブタイミング仕様・後方排気レイアウトを採用し、エンジン特性改善や燃費・環境対策を図っている。 駆動方式はのほか、より供給を受ける、方式のが途中から設定された。 ボディは先代の機能主義を継承しながら、欧州での必須用件となる空力の改善を優先して設計されている。 スタイリングはマツダが統一戦略として打ち出したスポーティなものとされ、、形状などのモチーフは上位クラスの同車との共通性を持たせている。 アウタードアハンドルは式からグリップ式に、リアコンビネーションランプは縦型から横型にそれぞれ変更された。 車体後部の車名エンブレムは、、などと同様な斜体のレタリングを用いた Demioに変更された。 フェスティバ以来のキャンバストップも「Cozy」に設定された。 また、装備が非常に充実している点も特徴であり、オートワイパー、オートライト、オートエアコン、ステアリングオーディオリモコンスイッチなどがあり、これらは何れもローコストをコンセプトとした初代にはなかった。 グレード体系はシンプルモデルの「Casual(カジュアル)」、スタイリッシュモデルの「Cozy(コージー)」、スポーティーモデルの「SPORT(スポルト)」の3グレードとなり、「Cozy」はAT車のみの設定、「SPORT」は1. 5Lのみの設定で、AT車は「アクティブマチック」となっていた。 なお、日本国外市場においては、これまでマツダ・121として販売していた車種を本モデルに統合・発展させる形とし、名称も マツダ・2 Mazda 2 へ変更された。 本モデル以降、「マツダ・デミオ = Mazda 2」として、マツダのを支えていく事になる。 内装(左ハンドル仕様) 年表 [ ]• - フルモデルチェンジ。 での使用状況に合わせ、高速操縦安定性と空力の改善が開発の主眼とされた。 初代CMはデミオが NB系 を追い抜く、という自社製品同士ながら、のような演出がとられた。 - 販売開始1ヶ月で、月間目標台数の約2倍の15,000台の注文を受けたと発表。 - 日本国内でのCMキャラクターにを起用する。 - のバレンシア工場にて、欧州市場向けの製造開始。 - 一部改良。 「超-低排出ガス」認定に引き上げ、ボディカラーを13色に拡大。 「Cozy」の装備を充実しながら価格を引き下げ、MT車を追加。 オプション体系も見直し、28種類のカタログセレクトモデルが設定された。 - インターネットでカスタマイズできる「Web Tune Factory」を開始する。 - 当時のイメージキャラクターであったの提案によりピンクの内外装を施した特別限定車「スターダストピンク」を発売。 この限定車はの企画として1台用意されていた「ピンクのデミオ」を好評につき600台限定で販売することになったものである。 - 「Casual」のAT車と「Cozy」の1. 3L・AT車にe-4WD車を追加。 同時にリアコンビランプの変更、「Cozy」の内装色変更、ボディカラーの追加等の一部改良を行う。 - 一部改良。 また、カタログセレクトモデルの絞込みを行い、エクステリアカラーとシートも変更された。 また、e-4WD車も同年6月に一部改良された。 - 前年に好評だった特別仕様車「スターダストピンク」を再発売。 今回は限定台数を1,000台に引き上げるとともに、従来の1. 3L FF車に加え、新たに1. 3L e-4WD車と1. 5L FF車が追加された。 - 「SPORT」をベースに、に採用されている「マツダリトラクタブルタイプキー」やメーカーオプションであるオーディオリモートコントロールスイッチ付本皮巻ステアリング、本皮巻シフトノブ、6スピーカーを特別装備した特別仕様車「SPORT-S」(限定1,400台)を発売。 - マイナーチェンジ。 フロントバンパー・グリル、ヘッドランプ、リアバンパーのデザインを一新し、一部内装デザインの変更が行われた。 スポルトのみ専用デザインのフロントグリルが与えられた。 機関系では、それまでの油圧パワーステアリングから、電動パワーステアリングに変更され、スロットルもしている。 星が四つの低公害車両となった。 「SPORT」のみ、サスペンションが専用仕様(欧州と同じ固めのセッティング)に変更。 ホイールは製で、かなり軽いものになっている。 新たに1. 3L車のスポーティ仕様として「Casual Aeroactive(エアロアクティブ)」を追加するとともに、これまでグレードの一つとして展開していた「Cozy」は「Casual」のセットパッケージである「Cozyパッケージ」に移行された。 ボディカラーについても、「SPORT」専用の期間限定色を含む3色が加わった。 なお、新グレードである「Casual Aeroactive」は2DINオーディオに対応するオーディオレス仕様となっている(他グレードでもオーディオレスが選択できた。 ただし、マニュアルエアコンのみの設定。 ステアリングオーディオリモコンスイッチは、選曲が前後できるようになった。 リアシートのヘッドレストが一体型にコストダウンされ、また荷室サイドの金属製のハンガーも、オプション扱いになった。 - 伊東美咲プロデュースの特別仕様車「Casual-Stylish"M"」を発売。 - 国内累計生産台数100万台達成(初代モデル発売から10年3か月での達成)。 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 - 3代目と入れ替わって販売終了。 3L 直4 DOHC ZJ-VEM型 1. 3L 直4 DOHC P3-VPS型 1. 3L 直4 DOHC ミラーサイクル ZY-VE型 1. 先代はフォード主導で開発されたマツダ・DYプラットフォーム(フォード・B1プラットフォーム)を使ったが、マツダ主導で新しく開発した(フォード・B3プラットフォーム)を使い小型化・軽量化を図った。 競合車種が軒並みボディサイズの拡大とそれにともなう重量増加路線を取っている中、全幅こそ1,695mmとわずかに大きくなってサイズいっぱいになったものの、全長3,885 - 3,895mm、全高1,475mm、車両重量970 - 1,070と2代目に比べてやや小型軽量化された点についても話題を呼んだ。 また、(ユーノス800)以来となる、1,300ccのエンジンの搭載も発表。 また、先代から引き続き設定されている「 SPORT」は1. 5Lエンジン搭載車をベースに、5速MTと新たに7速スポーツモード付きCVTのいずれかが組み合わせられ、ボディが補強され、足回りには専用チューンのサスペンションに加えてフロント大径ブレーキ 14インチ対応 、専用16インチAW/タイヤを採用する。 さらにエクステリアでも差別化が計られており、フロントエアロバンパー、サイドステップ、リアスポイラー、専用グリルでスポーティさを主張している。 同時にリアのナンバープレート位置がバックドア上からバンパー上に変更された。 海外仕様車 [ ] デミオ初の3ドアと4ドアセダンが設定された。 エンジンは当初1,300ccガソリン(2種類)と1,500ccガソリンの3種類が用意され、それぞれ55k(75)、62kW(84PS)、76kW(103PS)を発揮する(欧州仕様車)。 車体重量を2代目より約100kg削減したとしている。 マツダ2 セダン リア(アジア・オセアニア市場専売) 年表 [ ]• - 日本名でデミオになる新型Mazda2を2007年3月に開催されるに出展すると発表。 - ジュネーブモーターショーで世界初公開。 - 宇品第一工場で製造を開始。 - ティザーキャンペーン NEW TARGET. NEW DEMIOを開始。 マツダサイト内の「NEW TARGET. NEW DEMIO」では、らが出演する動画を配信していた。 - 3代目モデルの販売を開始。 キャッチフレーズはティザーと同じく「NEW TARGET. NEW DEMIO」で、CMには、、を起用。 当初は「13F」、「13C」、「13C-V」、「13S」、「15C」、「SPORT」の6グレード(「13F」は受注生産のビジネスモデルで、ボディカラーは「アーティックホワイト」と「サンライトシルバーメタリック」の2色のみの設定。 このうち、「13C」、「15C」、「SPORT」にはMT車も設定されており、「13C」のAT車と「13S」は先代に引き続き、e-4WD車が設定されている。 - 発売後1か月での月間計画台数(5000台)の3倍上回る1万5,000台を受注したと発表。 - 2007年度を受賞(初代に続く2度目の受賞)。 同月19日(現地時間)には、2007年度で、日本車中最高の2位を獲得する。 - 広州モーターショーでMazda2の4ドアモデルを発表。 のちにやのマツダとの合弁会社で生産された。 - 欧州の衝突安全評価であるにおいて、成人乗員保護性能にて最高ランクの5つ星を獲得(マツダ車での5つ星獲得は2005年9月に発表されたに続き2回目)。 - 3代目モデルの国内生産台数10万台達成。 特別仕様車の「Chiara」についても、発売1ヵ月半で578台の受注があった。 3月 - 開催されたジュネーブモーターショーにMazda2の3ドアを出展、その後販売を開始した。 製造された車両は全て日本国外向けに送られ、日本国内向けには現時点では販売されていない。 よって、デミオの3ドアは存在しない。 - 2007年度 WCOTY を受賞(日本車としてはレクサスに続く2度目の受賞となる)。 - 一部改良。 ボディカラーの新色として「パッションオレンジマイカ」と特別仕様車「Chiara」で設定されていた「ゴールデンレッドマイカ」を追加。 ブラックシートの仕様を変更し、ステアリングスポークにシルバーヘゼルを採用(いずれも、「SPORT」を除く)。 「13C-V」と「13C」には白色文字盤のを追加。 また、全車オーディオレス仕様となり、「SPORT」は6スピーカーとなった。 - 一部改良。 センターパネルをセミグロスブラックメタリックに変更し、内装の一部にシルバー塗装を採用。 「SPORT」は新たにアレルバスター(の)搭載フィルターとフルオートエアコンが標準装備された。 ボディカラーは「ゴールデンイエローメタリック」と「ゴールデンレッドマイカ」を廃止し、替わって新色の「アルミニウムメタリック」を追加した。 4月 - マツダ創立90周年を記念し、「13C」をベースに、電動リモコン式カラードドアミラーを電動格納式から手動格納式に、リアシートを分割可倒式(ヘッドレスト上下可動式)から一体可倒式(リアシート一体式ピロー)に変更して装備を一部簡略化したことで価格を抑えた特別仕様車「13C SMART EDITION」を発売。 - マツダ創立90周年を記念し、低燃費グレードの「13C-V」をベースに、ディスチャージヘッドランプとフロントフォグランプ、ダークティンテッドガラス(リアドア・リアゲート)を特別装備しながら価格を抑えた特別仕様車「13C-V HID EDITION」を発売。 ボディカラーは本グレード専用の赤褐色系「カッパーレッドマイカ」を含む11色を設定した(「カッパーレッドマイカ」の発売は同年9月)。 - マイナーチェンジ。 キャッチフレーズは「新世代デミオ」で、CMには企業CMにも出演したを、CMソングにはの「」を起用。 マツダの次世代技術が初めて市場に投入され、従来の「13S」に替わり、世界一の高圧縮比を誇るP3-VPS型1. 3L「 1. 3」と機構「」を搭載したことで30. 本グレードではエンジンとCVTを協調制御してトルクを発生させる駆動力制御方式を採用。 少ないアクセル操作で意図した速度を出せるのでなめらかな走行を可能にしたほか、エンジンアンダーカバーやリアルーフスポイラーなどの空力パーツの採用によりCd値0. 29を実現し、高速走行時の操舵安定性や燃費向上に寄与。 さらに、ドライバーの運転操作とをサポートする世界初の「i-DM(インテリジェント・ドライブ・マスター)」も搭載。 アクセル・ブレーキ・ステアリング操作や車速の変化を検知し、メーター内のディスプレイに表示されたランプの色とゲージの点灯で運転操作に対する判定をリアルタイムで表示。 運転終了後には運転操作に対するスコアやアドバイス、スコアを基に3段階に設定されたステージを表示することで運転スキルの上達を実感することができる。 この判定基準のデータベースはマツダドライバーののドライビングデータが基になっている(彼は非常になめらかで基本的なドライビングスタイルをすることで従来からマツダに於いて評価は高い)。 また、エンジンカバーにブルーメタリック塗装を、ヘッドランプにブルーリングを、「SKYACTIV(スカイアクティブ)」と「i-stop」が併記された専用リアバッジ、専用の14インチアルミホイールの採用や専用ボディカラー「アクアティックブルーマイカ」の設定によりマツダの新しい技術総称「SKYACTIV TECHNOLOGY(スカイアクティブ テクノロジー)」の世界観を表現したデザインとなっている。 また、や、DSC一体の電子制御式を標準装備し、安全性能も高められた。 既存グレードにおいてもリアトレーリングアームのマウント部のブッシュ特性の変更やダンパーチューニング、ボディ剛性を向上させたことで操舵安定性を向上。 また、マツダ車独自の5ポイントグリルの新ファミリーフェイスを採用することでスポーティーさを高め、インテリアカラーもブラックかライトグレー(「13C」の2WD車と「13-SKYACTIV」はメーカーオプション装着時のみ)を選べるようになった。 ボディカラーは「アーティックホワイト」、「オーロラブルーマイカ」、「パッションオレンジマイカ」を廃止し、替わって「バーガンディーレッドマイカ」を追加した。 メーターに瞬間燃費・平均燃費を表示するトリップコンピューターが追加され、「13C」のAT車、「13C-V」、「15C」のCVT車にはエコランプも追加。 「SPORT」はスポーティーブラックの専用内装色を設定し、デザインを変更した専用16インチアルミホイールを装備。 なお従前に採用されていたフロントエアロバンパーと専用グリルは廃止され、他グレードと共通化されている。 マイナーチェンジ後の売り上げは顕著に現れ、発売1か月の売上が月間販売計画の6,000台の2倍以上にあたる13,500台の受注があり、7月単月の車名別国内新車登録台数もマツダ車としては7年4か月ぶりに1万台越えとなった(なお、2004年3月の1万台越えの時もデミオであった)。 - 「13-SKYACTIV」が、エコプロダクツ大賞推進協議会会長賞(優秀賞)を受賞する。 ボディカラーは専用色の「クリアウォーターブルーメタリック」を含む3色を設定した。 - 「13-SKYACTIV」が、日本自動車殿堂カーテクノロジーオブザイヤーを受賞。 - 「13-SKYACTIV」が、実行委員会特別賞を受賞。 - 「13C-V」をベースに、ダークティンテッドガラス(リアドア・リアゲート)を装備するとともに、フルオートエアコンをマニュアルエアコンに変更することで価格を抑えた特別仕様車「13C-V SMART EDITION」を発売。 - 一部改良。 「13-SKYACTIV」は後席6:4分割可倒式シート、後席中央席3点式シートベルト、運転席シートリフターを新たに標準装備するとともに、アルミホイールからスチールホイールにグレードダウン(アルミホイールをオプション設定に変更)するなど装備内容の見直しを行ったことで車両本体価格を5万円値下げ。 「13C」の2WD・5MT車も後席6:4分割可倒式シートと後席中央席3点式シートベルトを新たに標準装備するとともに、ドアミラー・ドアハンドルをボディカラー同色に変更。 併せて、グレード体系の整理も行い、従来の「13C-V」を廃止し、替わって、同年3月に発売された特別仕様車「13C-V SMART EDITION」をカタロググレードに昇格。 「13C」の2WD・4AT車は法人専門グレード(受注生産車)に移行。 ボディカラーも一部入れ替えが行われ、「アイシーブルーメタリック」を廃止する替わりに、一旦廃止していた「アーティックホワイト」を「13C」・「13C-V SMART EDITION」・「13-SKYACTIV」専用カラーとして再設定された。 - 一部改良。 全車スペアタイヤの積載を廃止しパンク修理キットに変更。 同年4月にカタロググレード化した「13C-V SMART EDITION」は、リアルーフスポイラーやアンダーカバーを追加した「13C-V SMART EDITION II」に入れ替えた。 走行抵抗の低減により燃費を向上し、平成27年度燃費基準を達成。 併せて、「13-SKYACTIV」はオプションパッケージの「スポーティーパッケージ」、「コンフォートパッケージ」装着時に選択できるインテリアカラーに「ボーダーブラック」を追加。 ボディカラーは「サンライトシルバーメタリック」を廃止する替わりに、「ストーミーブルーマイカ」と2011年11月発売の「13-SKYACTIV Smart Stylish」専用色だった「クリアウォーターブルーメタリック」の2色を追加した。 13-SKYACTIV シューティングスター• 11月 - 仕様変更。 「13C」の2WD・4AT車がカタロググレードに復帰したほか、ボディカラーの「メトロポリタングレーマイカ」を「メテオグレーマイカ」に差し替えた。 ボディカラーは特別設定色の「ベロシティレッドマイカ」を含む5色を設定。 同時にカタロググレードも小変更され、エンジンカバーが水色から黒に変更、専用リアバッジはや3代目と同じ「SKYACTIV TECHNOLOGY」エンブレムに変更された。 - 一部改良。 ボディカラーは「ブリリアントブラック」、「スピリティッドグリーンメタリック」と入れ替えで「ジールレッドマイカ」、「ジェットブラックマイカ」の2色の新色を追加するとともに、「13C-V SMART EDITION II」にはシートカラーに「13-SKYACTIV」に設定されていた「ボーダーブラック」を追加。 「13-SKYACTIV」はメーカーオプションの内容が一部変更となり、「スタイリッシュパッケージ」は「グロッシーダークグレーインテリア」を採用、「スポーティパッケージ」にはフロントフォグランプを追加した。 また、LEDヘッドランプ(ロービーム:オートレベリング機構付)を「SPORT」に標準装備、「13-SKYACTIV」にメーカーオプション設定した。 両者ともに「スタイリッシュパッケージ」が標準装備されるが、後者では本パッケージに組まれている「グロッシーダークグレーインテリア」にドアトリムガーニッシュが追加される。 ボディカラーは前者は4色、後者は本仕様車専用色の「ブルーリフレックスマイカ」を含む5色がそれぞれ設定される。 - 一部改良。 ボディカラーは「クリアウォーターブルーマイカ」、「ストーミーブルーマイカ」と入れ替えで「ディープクリスタルブルーマイカ」と特別仕様車「13-SKYACTIV SHOOTING STAR GRACE」専用色だった「ブルーリフレックスマイカ」を追加。 内装色においても「13C-V SMART EDITION II」と「13-SKYACTIV(「スポーティパッケージ」又は「コンフォートパッケージ」を装着した場合のみ)」に設定されていた「ボーダーブラック」に替わり、「ボーダーブラウン」を追加。 併せて、「13-SKYACTIV」をベースとした特別仕様車「13-SKYACTIV SHOOTING STAR SPORT DYNAMIC ROOF(シューティングスター スポルト ダイナミックルーフ)」と「13-SKYACTIV SHOOTING STAR MAGENTA(シューティングスター マゼンタ)」を発売。 前者は「13-SKYACTIV SHOOTING STAR SPORT」の商品テーマである「スポーティ」をより強調したモデルで、「13-SKYACTIV SHOOTING STAR SPORT」の特別装備内容に加え、ピンストライプ入りのルーフフィルムを採用するとともに、本来はメーカーオプション設定の「コンフォートパッケージ」が追加で標準装備される。 後者は「13-SKYACTIV SHOOTING STAR GRACE」の商品テーマである「エレガンス」を踏襲しつつ、専用シートやステアリング本革巻きのステッチにカラーを配してより上質に進化したほか、カラードドアミラーをシルバー(高輝度塗装)に変更し、本革(シート側面・背もたれの背面、ヘッドレストは合成皮革)とフラットウーブンを組み合わせたハーフレザーシートを追加した。 なお、同年7月に発売された「13-SKYACTIV SHOOTING STAR SPORT」は継続販売される。 - 生産終了。 在庫対応分のみの販売となる。 - 販売終了。 マツダ公式ホームページにおける掲載も終了。 デミオEV [ ] マツダ・デミオEV DBA-DE3FS改 製造国 販売期間 - 5人 5ドアハッチバック (巻線切り替え式モーター ) 75kW、150 駆動方式 FF 全長 3,900mm 全幅 1,695mm 全高 1,490mm 2,490mm 車両重量 1,180kg ベース車 マツダ・デミオ 2012年7月6日、デミオをベースにした「デミオEV」のリース販売を、同年10月から開始することを発表した。 計100台を自治体や法人向けに販売予定で、価格を357万7000円としている。 電池を床下に「広く薄く」配置することで、ベース車と比較して地上高を15mm上げたのみで、ベース車同等の車内空間を確保。 重量配分もベース車の「前65・後35」が「前60・後40」と改善されている。 電池搭載のため車体も強化されたことで剛性があがり、走行特性が良くなっている。 フル充電で200km走行可能。 社内計測値で「交流電力量消費率」も1kmあたり100ワットと、世界最高性能になっている。 オプションで、非常電源として使える「100ボルト給電システム」を用意している。 モーターは、のを使用せず酸化鉄を利用したモーターを採用。 工夫して、中間にさせる回路を追加し、高回転形と低回転形両方の特性を持たせたモーターにしている。 10月4日より販売開始。 1号車はに納入された。 12月には走行距離の延長を目的に、を使用したレンジエクステンダーシステムを搭載した試作車を、報道各社向けに公開。 33Lのシングルローターのシステムを搭載し、従来車の航続距離200kmと比較して、さらに180km伸ばしている。 5Lガソリン、1. 生産は日本の他、、で行われ 、年間販売台数は世界20万台、国内6万台を目標としている。 外観はデザインテーマ「 魂動 -Soul of Motion」をコンパクトカーに合わせて再構築し、エネルギーの凝縮と解放による爆発的な前進感のある骨格をテーマに、大径タイヤを極限まで四隅に配置。 ボディサイズは先代モデルに対して、全長が160mm延長され4,060mm、ホイールベースが80mm延長され2,570mmとそれぞれ拡大。 3代目後期型から一部グレードで導入されていたLEDヘッドランプはの鋭い目に見立てたデザインの4灯式となり、シグネチャーウィングは端正ながら生き生きとした表情と生命感あふれる立体的な造形となる。 また、3代目までリア左側に装備されていた「MAZDA」ロゴエンブレムがなくなり、車名エンブレムは「 Demio」から「 DEMIO」に変更したうえで、リア右側からリア左側に移動した。 「SKYACTIV TECHNOLOGY」エンブレムは3代目から継続して装着されているが、ディーゼル車の「XD」系は赤字の"D"を右側に配した「SKYACTIV-D」装着車専用エンブレムを装着している。 インテリアは、フロントタイヤを3代目よりも80mm前方に配置することでドライバーが自然に足を伸ばした位置にペダルがあるレイアウトを実現し、アクセルペダルにオルガンペダルを採用。 併せて、フロントピラーを3代目よりも80mm後退することでワイドな前方視界を確保した。 コックピットは安全性を最優先し、前席空間を運転に直接関係する「走るために必要な情報」を司るゾーンとそれ以外の「コミュニケーション情報」を司るゾーンに大別して表示系や操作デバイスを配置した「Heads-up Cockpit(ヘッズ-アップ・コックピット)」コンセプトを採用し、3代目で採用したカー・コネクティビティ・システム「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」も採用した。 マツダコネクトを採用するため、2DINサイズのナビゲーションは装着不可となるが、4代目デミオでは一部グレードにディーラーオプションの製ナビゲーション(マツダスマートナビゲーション)を装着するためのオーディオレス仕様車が設定される。 内装はサテンクローム、光沢カラーパネル、カーボン調シボ、レザー、ステッチが採用されたほか、インテリアカラーはインパネ・コンソール・ドアアームレストなど、複数の色と素材を組み合わせた4種類を設定した。 エンジンはガソリンエンジンに加え、新開発のディーゼルエンジンが設定された。 ガソリンエンジンは先代モデルの途中から搭載された「P3-VPS」型1. 3L直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1. 3」を改良して1. 3L車全グレードに搭載。 最高出力は、8PS 6kW)向上し、92PS(68kW)、最大トルクは0. 9kgf・m(9N・m)アップの12. 3kgf・m(121N・m)を発生する。 なお、先代モデルに搭載していたZJ-VE型、ZJ-VEM型1. 3Lガソリンエンジン、ZY-VE型1. 5Lガソリンエンジンは廃止された。 また、2018年8月の商品改良実施時に、1. 5Lを排気量を拡大した「P5-VPS」型に換装した。 詳細は、下記年表の「2018年8月30日」を参照) 2015年9月に追加された「15MB」には「P5-VPS」型1. 5L直噴ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1. 5」を搭載した。 詳細は、下記年表の「2015年9月24日」を参照)新搭載となるディーゼルエンジンは、「S5-DPTS」型1. 5Lディーゼルターボ「 1. 5」を採用。 AT車は2. 5Lガソリンエンジン車に匹敵する最大250(MT車の最大トルクは220N・m)の高トルクを発揮し、MT車は、を除く登録車では最高レベルとなるJC08モード燃費30. なお、「XD Touring」・「XD Touring L Package」のAT車にメーカーオプションとなる減速エネルギー回生システム「(アイ・イーループ)」を搭載した場合、エンジン形式名は「S5-DPTR」型となる。 最高出力・最大トルクともに「S5-DPTS」型と共通だが、JC08モード燃費が0. トランスミッションは刷新され、AT車は「SKYACTIV-DRIVE」を採用して6速に多段化。 MT車は「SKYACTIV-MT」を採用し、1. 3Lガソリン車(「13C」を除く)は5速MT、ディーゼル車では6速MTとなる。 3代目で設定されていたCVTは本代では廃止された。 さらに、軽量高性能「SKYACTIV-CHASSIS」とコンパクトカーに合わせて改良された軽量高剛性ボディ「SKYACTIV-BODY」も導入された。 先進の安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」も導入され、(SCBS)を「13C」を除く全車に標準装備し、ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)とバックで後退する際に接近してくる車両を検知してドライバーに知らせるリア・クロス・トラフィックアラート(RCTA)をディーゼル車にセットオプション設定した。 ベース車種の変更について、マツダでは「教習生が初めて乗るクルマとしての取り回しの良さを考えたときに、(アクセラのような3ナンバーサイズではなく)5ナンバーサイズがベストと判断した」と説明している。 また、日本で導入されているハッチバックモデルではなくセダンタイプを導入した理由については、国が定める教習車の規定が「全長4. 4m(4,400mm)以上」と定められている ためであるという (先述した通りベース車両の全長は4,320mmと4,400mmに満たないため、オーバーライダーの機能を併せ持った「練習中」標識用プレートホルダーを前後のバンパーに架装・装着し、車両の全長を4,400mm以上に達するように延長させる必要がある)。 パワートレインは教習車で初めて「SKYACTIV TECHNOLOGY」が導入され、「SKYACTIV-G 1. 5」(P5-VPS型)に、6速MT「SKYACTIV-MT」又は6速AT「SKYACTIV-DRIVE」が組合わせられ、「G-ベクタリングコントロール」も装備される。 教習車特有の装備も多数備えており、指導員席シートリフター、指導員用のモニターや防眩インナーミラーが採用され、指導員用アウターミラーは左右アウターミラー間寸法からはみ出ないように設計された。 また、シートに振動吸収ウレタンを採用。 クラッチディスクは耐摩耗性を高めた大径タイプを、ヘッドランプやフットランプはLEDが採用された。 トヨタへのOEM供給 [ ] 2011年10月、マツダはとの合弁で工場を起工し、円高を回避して中南米向けに輸出を行う拠点作りに着手した。 しかし2012年3月にメイン市場のが、経済的事由によりメキシコからの輸入車を関税無しから高関税へと切り替え、さらに輸出額の制限もすることで合意。 2013年から輸出予定であったマツダはブラジル市場から締め出される格好になり、稼働率の大幅な低下の危機に晒された。 そこでブランドのラインナップを強化したがっていたとの利害が一致し、にデミオをベースにした北米向けを、夏より年間5万台程度生産することに合意し、この事態に対処した。 4月ので、MAZDA2(デミオ)セダンをベースにした サイオン・iAを初公開し 、9月から販売を開始した。 なお、この提携の関係により北米向けMAZDA2が廃止されている。 にサイオンブランドは廃止されたが、iAはその後、 トヨタ・ヤリスiAを経て トヨタ・ヤリスセダンとして販売が継続され 、更に2019年秋以降より北米向けヤリスにMAZDA2ベースのハッチバックモデルが追加された(以後、北米向けヤリスはMAZDA2ベースのみとなる)。 2017年のヤリスiAの北米販売台数は36000台で、の16000台を倍以上上回った。 なお、北米向けにヤリス等として供給される車両はガソリンエンジンのみの設定である。 ヤリスハッチバック (2020年型) 年表 [ ] 3月5日 にてコンセプトモデル「 ( HAZUMI)」を世界初公開。 合わせて、新開発の小排気量クリーンディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1. 5」も世界初公開した。 2014年6月10日 新開発の「 1. 5」を新型デミオに搭載する事を発表。 2014年7月17日 4代目モデルの生産を防府第1工場で開始。 同時に、デザインを世界初公開。 2014年9月11日 フルモデルチェンジ。 予約販売を開始。 ガソリン車(2WD を9月26日、ディーゼル車(2WD を10月23日、4WD車を12月に発売すると発表。 グレード構成は、直列4気筒1. 3L「SKYACTIV-G 1. 3」(P3-VPS型)を搭載する「13C」・「13S」・「13S L Package」の3機種。 直列4気筒1. 5Lディーゼルターボ(「S5-DPTS」型。 「i-ELOOP」装着型は「S5-DPTR」型)を搭載する「XD」・「XD Touring」・「XD Touring L Package」の3機種をそれぞれ設定。 3Lガソリン車は、全機種に6速AT「SKYACTIV-DRIVE」 6EC-AT を設定するほか、「13S」・「13S L Package」の2WD車には5速MT(SKYACTIV-MT)を選択可能。 5Lディーゼル車は、全機種に6速AT「SKYACTIV-DRIVE」 6EC-AT を設定。 2WD車には6速MT(SKYACTIV-MT)も設定する。 ボディカラーは、新色の「スモーキーローズマイカ」、「ダイナミックブルーマイカ」の2色に加え、新設定の「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」、「チタニウムフラッシュマイカ」、先代から継続設定となる「アルミニウムメタリック」、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「ディープクリスタルブルーマイカ」、「ブルーリフレックスマイカ」を含む全10色を設定。 また、13C、13S、XDには、前述のボディカラーに加え、先代と同様「アークティックホワイト(受注生産)」の設定がある。 2014年9月17日 で新型「Mazda2」(日本名:デミオ)の生産を開始。 2014年10月13日 「2014-15 」を受賞。 2014年10月23日 で新型「Mazda2」(日本名:デミオ)の生産を開始。 2014年11月4日 2014年度を受賞。 2014年11月13日 新型「Mazda2」が独「ゴールデンステアリングホイール賞(スモールカーカテゴリー)」を受賞。 2014年11月21日 新型 「Mazda2」セダンを世界初公開。 同月28日から開催される「タイ国際モーターエキスポ2014」にて、 「Mazda2セダン」を世界初公開すると発表。 なお、タイでの販売は、既に生産を開始しているハッチバックと共に、2015年初頭を予定。 4月8日 同月11日から開催される「モータースポーツジャパン2015 フェスティバル イン お台場」に1. 5Lガソリンエンジンを搭載した「デミオ モータースポーツ コンセプト」を参考出品することを発表。 直列4気筒1. 5L「SKYACTIV-G 1. 5」を搭載し、6速MT(SKYACTIV-MT)や大型ブレーキを採用する。 同年秋に発売を予定、と発表した。 2015年4月23日 特別仕様車「Mid Century(ミッド・センチュリー)」・「Urban Stylish Mode(アーバン・スタイリッシュ・モード)」を発売。 特別仕様車「Mid Century」は、「13S L Package」、「XD Touring L Package」をベースに、センター部分に加工を施した赤のシートをはじめ、あえて樹脂素材の存在感を強調したインテリアパーツ、赤・白・黒の色使いとした専用インテリア(布)と、高光沢カラー樹脂素材を使用した加飾パネルを採用。 ボディカラーは専用インテリアの配色に合わせて、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」・「ジェットブラックマイカ」・「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」の3色を設定した。 特別仕様車「Urban Stylish Mode」は、「13S」、「XD」をベースに、ピンクのストライプを用いながらもピアノブラック、オフホワイト、シルバーで引き締めた専用インテリア(布)を採用。 また、「13S」にはフロントグリルガーニッシュ(ボディ同色塗装)も装備した。 ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「メテオグレーマイカ」、「ジェットブラックマイカ」、「チタニウムフラッシュマイカ」、「スモーキーローズマイカ」の5色を設定した。 併せて、一部仕様変更も行い、これまでディーゼル車のみの設定だった「セーフティパッケージ」(「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」(「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」機能付)、「ハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)」、「車線逸脱警報システム(LDWS)」を含む)をガソリン車の「13S」と「13S L Package」にも拡大設定した。 2015年9月3日 「助手席回転シート車」を追加。 レバー操作により助手席が55度回転して乗り降りをサポートする「助手席回転シート」を装備する。 ガソリン車の「13S」とディーゼル車の「XD」の2グレードを用意。 いずれのグレードにも2WD(FF車)・4WD車を設定。 トランスミッションは6速AT(SKYACTIV-DRIVE)のみ。 2015年9月24日 モータースポーツのベース車両として最適な装備を備えた新グレード「15MB」を追加。 (10月22日発売) やへの参加などを想定し、エンジンは国内向けでは初設定となる「SKYACTIV-G 1. 5」(P5-VPS型)を搭載。 吸排気バルブの開閉を最適に制御するデュアルS-VT(シーケンシャル・バルブタイミング)、エンジンオイルの流量を状況に応じて2段階に切り替え、エネルギーロスを低減するオイル潤滑システム、そしてスムーズな排気の流れを実現し、力強いトルクと高い燃焼効率を支える4-2-1排気システムを採用している。 最高出力・最大トルクは116PS(85kW)、最大トルクは15. 1kgf・m(148N・m)を発生する。 使用燃料はプレミアムガソリン指定で、3代目アクセラ搭載版と比較すると、出力で5PS(3kW)、トルクで0. 4kgf・m(4N・m)強化されている。 トランスミッションはギヤ比を最適化した6速MT「SKYACTIV-MT」のみの設定。 また、大径ブレーキも採用している。 ボディカラーは「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」の3色を設定する。 2015年12月24日 商品改良。 同時に特別仕様車「BLACK LEATHER LIMITED」を設定。 3Lガソリン車は2016年1月15日、ディーゼル車は2016年1月22日発売) ディーゼル車は、エンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を設定(XD Touring、XD Touring L Packageに採用)し静粛性を向上。 また、エンジンのトルク応答を緻密にコントロールする「DE精密過給制御」を行い、軽負荷領域でのアクセル操作に対してのクルマの反応がよりダイレクトになるよう設定した。 併せて、電動パワーステアリング制御を改良し、操舵初期の車両コントロール性を向上した。 3Lガソリン車には、トノカバーとフロントウインドシールド遮音ガラスを採用した。 (13S Touring、13S Touring L Packageに追加設定。 ディーゼル車は従来より標準設定。 ) このほか、また、グレード別にシャークフィンアンテナ、シートヒーター(運転席・助手席)、フラットワイパー(フロント)を採用。 また、新グレードとして「13S Touring」を追加。 「13S L Package」は「13S Touring L Package」に改称した。 ボディカラーはベースグレードと共通で10色から選択可能。 10月14日 商品改良。 同時に特別仕様車「Tailored Brown」を設定。 (11月17日発売) ドライバーのハンドル操作に応じてエンジンの駆動トルクを緻密に変化させることで、横方向と前後方向の加速度を統合的にコントロールする技術「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を全車に標準装備。 電動パワーステアリングや、フロントとリアのダンパーやブッシュなど、足回りの部品の特性を見直しを実施。 また、ディーゼル車は、燃料噴射タイミングを0. 1ミリ秒単位で制御することで、ノック音の発生そのものを抑制する「ナチュラル・サウンド・コントロール」を標準装備した。 「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」を改良し、上部に走行環境情報、下部に車両情報を集約・区分するとともに、フルカラー・高輝度・高精細・高コントラスト化(「13S Touring」、「13S Touring L Package」、「XD Touring」、「XD Touring L Package」に標準装備)。 併せて、メーター表示の字体の見直し、高コントラスト化することにより、読みやすさと質感を向上。 また、ステアリングホイールはデザインを一新している。 安全装備では、従来まで設定されていたハイ・ビーム・コントロールシステム(HBC)に替わり、「アダプティブ・LED・ヘッドライト(ALH)」を新設定。 ブラインド・スポット・モニタリングシステム(BSM)、車線逸脱警報システム(LDWS)を含むメーカーセットオプション「セーフティパッケージ」として「13C」、「13S」のオーディオレス車、「XD」のオーディオレス車、「15MB」以外の機種に設定。 ボディカラーは、「メテオグレーマイカ」を「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」に、「ブルーリフレックスマイカ」を「エターナルブルーマイカ」に、「アルミニウムメタリック」を「ソニックシルバーメタリック」に変更。 また、「スモーキーローズマイカ」に替わり、新色「ディープクリムゾンマイカ」を追加し全11色を設定した。 エクステリアは、フロントグリルガーニッシュを「13S Touring」、「13S Touring L Package」はピアノブラック塗装に、「XD」系はグレーメタリック塗装にそれぞれ変更。 クロームメッキベゼル加飾を施したLEDフロントフォグランプを「XD Touring」、「XD Touring L Package」に標準装備。 他のグレードではショップオプションで選択可能とした。 インテリアは、「13S Touring L Package」、「XD Touring L Package」に設定されている白革内装をオフホワイトからピュアホワイトに変更するとともに、各所に赤と、サテンクロームとピアノブラックを組み合わせた加飾を施した。 併せて、ブラックにディープレッドのアクセントを加え、シート座面にのスエード調人工皮革「グランリュクス」素材を採用した黒革内装を新設定した。 「13S Touring」、「XD Touring」はモノトーンの黒布内装を採用。 「13S」、「XD」はインテリア全体をブラックで統一し、インパネ・コンソール・ドアに千鳥格子パターンのグロスブラックのデコレーションパネルを採用した。 特別仕様車「Tailored Brown」は「13S Touring」、「XD Touring」がベース車。 ライトブラウン&ブラックを基本に各所にオレンジのアクセントを加えたインテリアコーディネーションと、キルティング加工を施した「グランリュクス」素材のシートを採用。 また、アルミホイールに高輝度ダーク塗装を施した。 ボディカラーは「ダイナミックブルーマイカ」を除く9色を設定。 4月20日 商品改良。 同日発売。 (「13C」及びオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降生産開始と発表) 「i-ACTIVSENSE」技術のうち、従来はグレード別設定やセットオプション設定になっていた「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」、AT誤発進抑制制御[前進時](AT車のみ)、「ブラインド・スポット・モニタリング(BSM)」、「リア・クロス・トラフィック・アラート(RCTA)」の4点を全グレードに標準装備した。 なお、2016年11月発売の特別仕様車「Tailored Brown」も同様の改良を行い、継続販売。 2017年11月9日 商品改良。 同時に特別仕様車「Noble Crimson(ノーブル クリムゾン)」を設定。 (12月7日発売) 「スマート・シティ・ブレーキ・サポート[前進時](SCBS F)」に替わり、車両だけでなく歩行者も検知する「アドバンスド・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンスドSCBS)」を全機種に標準装備。 さらに、全グレードのAT車にはAT誤発進抑制制御[後退時]、「13S」・「XD」の「Touring」と「Touring L Package」には認識システム(TSR)と「ドライバー・アテンション・アラート(DAA)」もそれぞれ標準装備された。 ボディカラーは「ソウルレッドプレミアムメタリック(特別塗装色)」に替わり、「ソウルレッドクリスタルメタリック(特別塗装色)」を新設定した(「13C」を除く)。 特別仕様車「Noble Crimson」は、「13S Touring」、「XD Touring」のSKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)車がベース車。 ホワイト内装とレッドシートファブリックで構成された専用インテリアコーディネーションを採用したほか、エアコンルーバーをレッドメタリックに変更した。 ボディカラーには専用色の「セラミックメタリック」を設定するほか、「スノーフレイクホワイトパールマイカ(特別塗装色)」、「マシーングレープレミアムメタリック(特別塗装色)」、「ジェットブラックマイカ」、「ソウルレッドクリスタルメタリック(特別塗装色)」、「ディープクリムゾンマイカ」の6色が設定されている。 なお、 特別仕様車「Tailored Brown」も、ベース車と同様の改良を受け、継続販売される。 8月30日 商品改良。 同時に特別仕様車「Mist Maroon(ミスト・マルーン)」を発売。 ガソリンエンジンを、1. 3Lの「SKYACTIV-G 1. 3」(P3-VPS型)型から、1. 5Lの「SKYACTIV-G 1. 5」(P5-VPS型)に換装した。 P5-VPS型は、海外市場向け「Mazda 2」の現行モデル発売時より搭載されているほか、日本市場では競技ユース主体の「15MB」専用として設定されていたエンジンである。 マツダの発表では、1. 5Lエンジンの採用によりエンジン効率の良い領域を有効に使用できることから、アクセルの踏み込みやシフトダウンの頻度が減少し、実用領域における燃費の向上にも貢献する、としている。 従来まで搭載していた1. 3Lエンジンに対し、最高出力は13kW(18PS)向上し81kW(110PS)に、最大トルクは20N・m(2. 1kgf・m)アップの141N・m(14. 4kgf・m)を発生。 エンジン換装に伴い、各グレード名称を変更。 従来の「13C」、「13S」、「13S Touring」、「13S Touring L Package」、「15S Noble Crimson(特別仕様車)」は、それぞれ「15C」、「15S」、「15S Touring」、「15S Touring L Package」、「15S Noble Crimson(特別仕様車)」に改称された。 15S、XDにメーカーセットオプション) 特別仕様車「Mist Maroon」は、「15S Touring」、「XD Touring」のSKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)車をベースとし、シートとインパネデコレーションパネル、ドアトリムにグランリュクス(スエード調人工皮革)を、また、シートにはキルティングを採用。 内装色はディープレッドをメインに、ブルーグレーステッチを各所に施した。 また、ステアリングヒーターを特別装備とした。 エクステリアでは、高輝度ダーク塗装アルミホイール(ガソリン車:15インチ、ディーゼル車:16インチ)を装備。 また、フロントLEDフォグランプ(ピアノブラック&クロームメッキベゼル加飾)を特別装備とした(XD Mist Maroonのみ)。 ボディカラーは「ダイナミックブルーマイカ」が未設定となる以外はベース車両と共通で、全9色を設定した。 4月24日 日本国外向け「Mazda 2」セダンをベースにした「マツダ教習車」を発表(5月27日発売)。 2019年7月18日 一部改良を行い、同時に日本国内向けの車名も「 MAZDA2」とすることを発表(9月12日発売)。 エクステリアデザインやインテリアに上質感を与え、シートやサスペンションシステム等になどの新世代商品で採用している「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE」の考え方を導入して、車との一体感を強調。 セーフティーパッケージに含まれていた「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール(MRCC)」について全車速追従機能付とするなど安全サポート機能も向上させた。 なお、「デミオ」の車名としての生産は6月末で終了しており、以後在庫のみの販売となっている。 1997年9月以降はマツダのCIマークが前後・ホイールキャップ・ステアリングホイールに装着される。 下で開始されたの大失敗。 クロノスはからの名称変更や複数ブランドでの兄弟車展開から知名度が低く販売数が伸び悩んだ挙句の果てにでとどめを刺された。 ただし当初はメーターパネル内にエンジン警告灯が無かった。 初代は、2代目は、3代目は、ヨーロッパ向け4代目は。 後述の通り、当代のデミオがフェスティバの3代目を実質的に継いでおり、次代およびその次の世代のデミオがフィエスタのそれぞれ3代目(Mark V)と4代目(Mark VI)とプラットフォームを共有していた。 2012年5月生産分より、ホイールセンターキャップがブラックアウト化された。 なお、燃費では25. なお、、の「XD」系グレードも、2014年11月20日発表の大幅改良モデルから同じデザインの専用エンブレムに変更している。 また、マツダの5ナンバー規格の小型クラスのディーゼル乗用車に限定した場合では9代目の2. 0Lディーゼルエンジン搭載車以来、11年ぶりの投入となる。 施行規則(昭和35年総理府令第60号)第24条第6項に「において使用する自動車」の規格について定めがあり、「普通免許、普通第二種免許及び普通仮免許」に使用できる自動車の規格が「乗車定員5人以上の専ら人を運搬する構造の普通自動車で長さが4,400mm(4. 40m)以上、幅が1,690mm(1. 69m)以上、が2,500mm(2. 50m)以上及びが1. 30m以上のもの」との記載がある。 Mazda de Mexico Vehicle Operation。 2014年1月から稼働開始。 出典 [ ]• - Car nifty 2001年6月26日• - カーセンサー 2010年3月8日• - マツダ 1996年11月29日(ウェブアーカイブ)• - マツダ 1996年12月3日(ウェブアーカイブ)• - マツダ 1997年12月3日• - マツダ 1997年12月17日• - マツダ 1998年4月1日• - マツダ 1998年5月18日• - マツダ 1998年9月8日• - マツダ 1998年12月21日• - マツダ 1999年4月27日• - マツダ 1999年8月5日• - マツダ 1999年12月21日• - マツダ 2000年6月9日• - マツダ 2000年9月12日• - マツダ 2000年9月22日• - マツダ 2000年9月27日• - マツダ 2000年12月20日• - マツダ 2001年6月25日• - マツダ 2001年11月6日• リクルート株式会社 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 - マツダ 2002年8月7日• - マツダ 2002年9月18日• - マツダ 2002年11月6日• - マツダ 2003年1月20日• - マツダ 2003年3月27日• - マツダ 2003年4月3日• - マツダ 2003年7月7日• - マツダ 2003年11月27日• - マツダ 2004年4月23日• - マツダ 2004年8月31日• - マツダ 2004年10月22日• - マツダ 2005年4月13日• - マツダ 2005年12月19日• - マツダ 2006年10月4日• - マツダ 2006年11月21日• リクルート株式会社 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 デアゴスティーニジャパン 週刊日本の名車第96号17ページより。 - マツダ 2007年5月31日• carview• - マツダ 2007年3月22日• - マツダ 2007年5月21日• - マツダ 2007年6月4日• - マツダ 2007年7月5日• - マツダ 2007年8月7日• - マツダ 2007年11月14日• - マツダ 2007年11月19日• - マツダ 2007年12月19日• - マツダ 2007年12月20日• - マツダ 2008年2月14日• - マツダ 2008年1月24日• - マツダ 2008年3月20日• - マツダ 2008年7月14日• - マツダ 2008年11月17日• - マツダ 2010年7月29日• - マツダ 2011年6月30日• - マツダ 2011年8月4日• - マツダ 2011年11月21日• - マツダ 2011年11月28日• - マツダ 2011年12月1日• - マツダ 2011年12月5日• - マツダ 2012年3月1日• - マツダ 2012年4月3日• - マツダ 2012年5月30日• - マツダ 2012年12月13日• - マツダ 2013年7月11日• - マツダ 2013年12月12日• リクルート株式会社 2020年1月25日. 2020年1月25日閲覧。 - オートックワン 2012年10月23日• - マツダ 2012年7月6日• - CarWatch 2012年7月6日• - 産経ニュース 2012年11月3日• - 産経ニュース 2012年11月3日• - 産経ニュース 2012年11月3日• - 読売新聞 2013年1月16日• - レスポンス 2013年1月16日• - マツダ 2012年10月4日• プレスリリース , マツダ 2014年7月17日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社 2014年09月17日 ,• 2014年10月23日閲覧。 - マツダ 2014年9月11日閲覧(同ページ内の取扱説明書参照)• - 国土交通省• - 2019年7月17日(2020年6月29日閲覧)。 くるまのニュース 2019年4月24日. 2019年5月1日閲覧。 - トヨタ自動車・マツダ 2012年11月9日• - マツダ 2014年1月7日• - レスポンス 2015年4月2日• - 日刊工業新聞 2015年4月3日• 2016年3月29日. 2017年8月11日閲覧。 autoblog 2018. プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年3月5日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年6月10日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年7月17日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年9月11日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年9月17日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年10月13日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年10月23日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年11月4日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年11月13日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2014年11月21日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年4月8日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年4月23日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年9月3日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年9月24日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2015年12月24日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2016年10月14日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年4月20日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2017年11月9日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2018年8月30日 ,• プレスリリース , マツダ株式会社, 2018年8月30日 ,• 2014年6月19日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 (2代目とプラットフォームを共有)• (4代目とプラットフォームを共有)• (4代目のデザインスタディモデル)• (初代の兄弟車)• 外部リンク [ ]• この項目は、に関連した です。 ブランド()はを参照 日本国内未販売車種 : - -.

次の

【最新】マツダ2とデミオの違いは?徹底的に比較してみた。かっこいいどっち?

マツダ 2 デミオ

新型マツダ2の特徴はコレだ!社名変更後のまとめ 日常をより豊かにする、上質なパーソナルカーをコンセプトに、デミオから車名を変更した新型マツダ2は、生活の中で感じる質感に、強くこだわった車です。 デザインやクラフトマンシップなど、 目で見る楽しさに加えて、操縦安定性や乗り心地、静寂性といった走行性能にこだわりました。 クロームパーツが使用された外観は、新型マツダ2に高級感と美しさを与えています。 グレードとしては、ガソリンエンジンと、ディーゼルエンジンの2種類を用意しており、マツダが独自開発して作られた「SKYACTIVエンジン」が、全車標準装備されている特徴があります。 トランスミッションとしては、6MTと6ATの2種類から選択可能です。 ・全長:4,065mm ・全幅:1,695mm ・全高:1,500mm〜1,550mm ・エンジン種類:直列4気筒1. 4kgm ・トランスミッション:6速AT or 6速MT ・駆動方式:FF or 4WD 6速AT・MTを装備したトランスミッション 新型マツダ2には、1. 5Lのガソリン、またはディーゼルエンジンの2種類が用意されています。 トランスミッションには、6速ATと、6速MTのパワーユニットが搭載されたことにより、滑らかな走りと、快適な乗り心地を実現させました。 新構造となるフロントシートでは、頭がかぶれにくくする効果があります。 マツダ・レーダー・クルーズ・コントロールを全車標準装備 新型マツダ2では「マツダ・レーダー・クルーズ・コントロール」を、全車速追従機能としており、夜間視認性を向上させる、ヘッドライトのLEDライト(アダティブLEDヘッドライト)が搭載されています。 車名を変更したことにより、デミオ以上の走行性能と安心、安全サポートを充実させる機能が充実しました。 新型マツダ2の価格や燃費性能が気になる 人々の、様々な生活スタイルに合わせた新型車として、デミオから車名が変更されたマツダ2ですが、価格、燃費性能はデミオを比べて、どのような違いがあるのでしょうか。 詳しくみていきましょう。 価格は154万円からスタート 新型デミオの価格は、154万円からとなっています。 車名変更前のデミオと比較してみると。 金額面に変わりはありませんが、上位グレードになるほど、金額が高く設定されています。 新型マツダ2のグレードや、ガソリン、ディーゼルごとの価格をまとめてみました。 気になる新型マツダ2の燃費数値ですが、1. 5Lガソリンエンジンでは19. 5Lディーゼルエンジンでは25. 5Lガソリン車には、電装品を使用して減速エネルギーを吸収する「i-ELOOP」が搭載されており、実燃費に近い現実的な数値に改善されました。 【新型マツダ2の燃費(WLTCモード値)】 複合:25. 2つの車を比較した中でも、 明らかに違うポイントとしては、フロントバンパーの形状と各部品にあります。 新型マツダ2のフロントバンパーは、デミオと比べて形状が全体的に新しいデザインとなっており、マツダ6に近い雰囲気を出しています。 また、ヘッドライト、グリルなどの各部品も大幅に変更されました。 ハッチバックとセダンなどの、ひと回り大きいボディサイズを持つマツダ3に比べて、外観サイズだけで車を判断することは難しいでしょう。 新型マツダ2の特徴や価格、燃費についてのまとめ 新型マツダ2の特徴や価格、燃費性能、デミオとの違いについてまとめてきました。 記事の内容をまとめると以下の5つのポイントが挙げれます。 ・新型マツダ2は、デミオを車名変更させた新しい車である ・日常をより豊かにする上質なパーソナルカーをコンセプトに、生活の中で感じる質感に強くこだわった車になっている ・価格的にはデミオと変わらないが、WLTCで表記された燃費数値や「i-ELOOP」により、実燃費に近い数値を記載してある ・スポーティー性を強く意識したデミオから車の質感を重視するマツダ2へと開発するコンセプトを変更した ・新型マツダ2を、外観だけでデミオと判断するの難しいことだが、フロントバンパーのデザインに明らかな違いがある 2019年に入って以来、アクセラからマツダ3、アテンザからマツダ6へと次々に海外の車名を統一させたことにより、マツダブランドを世界中に強く印象付けることに成功させました。 車名を変更した中でもデミオは、国産車として最も長い歴史を持つロングセラー商品になっています。 車名を変更したことで、マツダ車の売り上げにどのような影響が出るのかわかりませんが、これまでとは一味違った新型マツダ2を楽しんでいきましょう。 長い歴史を持つデミオから新たな歴史へと変わる瞬間です。 是非この機会に一度、マツダ2に乗車してみてください。

次の

マツダ2(旧デミオ)の値引き最大額は?Mazda2の見積書&目標値引きテク【2020年7月】

マツダ 2 デミオ

消費税率10%に基づく価格を表示しています。 価格はメーカー希望小売価格(消費税10%込み)です。 価格については販売会社が独自に定めておりますので、詳しくは各販売会社におたずねください。 また、保険料、税金(消費税を除く)、登録などに伴う諸費用や各販売会社でセットする付属品の費用は別途申し受けます。 自動車リサイクル法の施行により、リサイクル料金が別途必要です。 掲載されている写真にはメーカーセットオプションおよびショップオプションを含む場合があります。 ショップオプションは、お選びのグレードによりお取り付け出来ないものや、同時装着出来ないものがあります。 詳しい装着条件につきましては営業スタッフへお問合せください。 メーカーセットオプションは車両ご注文時に申し受けます。 メーカーの工場で装着するため、ご注文後はお受けできませんのでご了承ください。 価格については販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問合せください。 掲載の画像はご覧いただくディスプレイの表示等の特性により、実物と印象が相違する場合があります。 また、ボディカラー及び内装色が実車と違って見えることがあります。 詳しくは営業スタッフにおたずねください。

次の