宮下 草薙 アメトーーク。 宮下草薙『ヒルナンデス』リモートクイズでのカンニングと炎上を語る

宮下草薙、独自のコミュニケーションに垣間見る“エモい関係” 『宮下草薙の不毛なやりとり』を読む|Real Sound|リアルサウンド ブック

宮下 草薙 アメトーーク

「相方と仲良くやっていきますので、みんなも仲良くやろうね」 「俺は嫌だよ、ピリピリしてて」 と言って、まわりの芸人さんから、大丈夫だよ、という反応を引き出し、 「喧嘩とか嫌いなんだよ。 喧嘩とか嫌いなんだよ。 喧嘩とか嫌いなんだよ」 と3回連呼してまた爆笑になってました。 そして、締めくくりは 「楽しそうだなと思って、芸人になりました」 と言って涙ぐみます。 爆笑をさらうと共に、感動も覚えるセリフです。 優しい草薙さんはそのような一般人に対し、 「やり返す事なく1年間耐えました。 」と語っていました。 ずっと続けていた番組出演前のシミュレーションにも自身をなくしているとの事でした。 そして、「もし自分が座ったら、周りから『こいつろくに仕事もしないくせに座ってる』と思われるんじゃないか」とネガティブな発想までするようになってしまっているようです。 コンビの仲も良いですし、2人のバランスも絶妙です。 可愛い草薙さんとクールっぽい宮下さん。 スタッフさんからも愛されているんだろうな、と思います。

次の

宮下草薙、草薙の「おもしろかわいい」エピソード集!画像付き

宮下 草薙 アメトーーク

草薙:みんな、イジってくるんだもん。 (困った顔をする) 宮下:これ、草薙のマジな反応なんですよ。 だって、本当は全然、可愛くないし(笑)。 宮下:まぁペット的な感覚なんですかね。 モテてはないですよ。 草薙:僕は褒められたことが、これまでの人生でほとんどなかったんで。 「可愛い」なんて言われても、どう反応していいか、わからないんです。 「面白い」って言われてもわからないもん、返し方が。 宮下:それは「ありがとうございます」でしょう。 草薙:ああ、そうかぁ。 宮下:面白いことやりたくて、やってるんだからさ。 宮下:草薙がキャラでやってると思われるのがいちばんイヤですね。 緊張して、どうにもならなくなってるだけで。 そこは声を大にして言いたいです。 こいつは、本当に変なヤツなんです。 草薙:そうなんですか? 僕はツイッターもやらないし、ネットもまったく見ないから。 みんながどう思ってるか知らないし、僕は何にも変わらない。 宮下:そのまんまじゃダメでしょ。 おまえはたまたま運が良かっただけで。 こんなヤツ見習わないでください(笑)。 宮下:草薙は恋愛経験ないんで。 宮下:草薙は人類の末端で、子孫を残そうという本能が抜けてるんでしょうね。 草薙:やればやるほど、「もうカンベンして」って思う。 宮下:こいつは、人を愛することを知らないんです(笑)。 草薙:変なヤツとつきあうよね。 あんまりバラすと怒られるけど、面倒くさい人が寄ってくる。 宮下:はっはは。 まわりに変な人しかいないから。 その筆頭が草薙だけど(笑)。 でも、僕は何かひとつでも自分より上なとこがあると、変わった人でも好きになるし、好かれちゃうってとこはあるかな。 宮下:最初の自己紹介で草薙はべろべろに酔っぱらって出てきて、途中で吐きそうになってそのまま席に戻ったんです。 草薙:宮下は、当時ひとりで漫談やっていて、同期のなかの一推しって評価されてたんですよ。 宮下:まぁ、僕はずっとお笑い好きで、養成所行く前からネタをいっぱい作ってたりしてたからね。 草薙:養成所って、面白いヤツのことが怖いみたいな雰囲気あるから。 ネタ見せの後に、みんな宮下のところに行って意見を聞くみたいな感じがあって。 僕は怖くて、宮下のことが嫌いでした(笑)。 宮下:はい。 僕はずっとピンで漫談やっていて。 草薙はコンビ解散をくりかえしてたんです。 草薙:3組目の解散をした時、僕はもうどうしたらいいかわからなくて、辞めるしかないのかなぁと思ってたんですけど……。 だから、辞めるのはもったいないと思って、コンビになろうって誘ったんです。 宮下すごい自信あるし、ちょっとだけやってみようという気になって。 それで、漫才やってみたらすごいウケて、同じようなネタをやってるのに、相方替えればこんなに違うんだって実感したんです。 迷いはなかったんですか? 宮下:イジられた時の面白さだったり、キャラクターの個性だったり、草薙は僕にないものを全部持ってたんで。 僕はお笑い好きにしかウケないタイプだけど、こいつは万人を笑わせられる爆発力もある。 コンビを組んで、草薙の面白さを伝えていけば、売れると信じてました。 草薙:でも当時、こんなに僕を評価してくれるのは宮下だけで、まわりはみんな、コンビを組むことに反対したんです。 宮下はひとりで結果出してるのに、どうして急に変なヤツと組むんだって。 宮下:僕は自分にも、自分の見る目にも自信があったから。 何を言われても気にならなかった。 宮下:うち両親が離婚してて、小学5年生の時には自分が弟の面倒みなきゃいけない状況だったので。 もう人生を何周も経験した感覚があって、悟りをひらいてるところはあるかもしれないですね。 宮下:あぁ、あったね。 今は漫才の時、草薙が向かって左、僕は右なんですけど、最初の時は左右逆の位置で立ってたんです。 草薙:それが漫才をしてる途中で右側の景色が怖くなっちゃって。 思わず左に移動したんです。 宮下:ネタの最中に意味もなく位置変えるなんてありえないんだけど、それがウケて。 立ち位置もそれで定着して、今に至るんです。 みやしたくさなぎ 2016年結成。 『ぐるナイおもしろ荘SP』で活躍し、注目を集める。 ツッコミの宮下兼史鷹(けんしょう)(1枚目写真右)は1990年生まれ、群馬県出身。 養成所に入る前にネタを100本書きためていたという熱きお笑い愛を持つ。 ボケの草薙航基(1枚目写真左)は1991年生まれ、愛知県出身。 2018年の『アメトーーク!』の最優秀新人賞を受賞するなど、注目の逸材。 ふたりにとって人生初の書籍『宮下草薙の不毛なやりとり』(学研プラス)が発売中。 ありのままの日常を描いた宮下さんの漫才台本のような文章、草薙さんの描いたまったり4コマ漫画、それぞれのロングインタビュー、先輩芸人アルコ&ピースとのスペシャル座談会などが掲載されている。

次の

アメトークで宮下草薙と三四郎小宮がマジ喧嘩!?ホトちゃん壊れる。|かわらばん『CHATA』

宮下 草薙 アメトーーク

宮下草薙・宮下兼史鷹が、相方の草薙航基が大活躍した昨年を踏まえてえ驚きの本音を漏らした。 お笑い第7世代の悩みが次々と明らかになった。 そのなかで、ネガティブキャラとして注目を集め、テレビに引っ張りだこになった相方・草薙と比べて、思うような活躍が出来なかった宮下は、心の闇をのぞかせていく。 「コンビでももっとテレビに出たい」と望んでいる草薙だが、「(宮下が)一緒に出演しても喋らなすぎてネットニュースになった」と嘆いた。 宮下は実際に出演しても喋ることができず、「『僕はいらないな』と思いながら収録に参加していた」と寂しそうに告白。 その姿に草薙が「本当に最近元気がない。 昔の元気ある宮下に戻ってほしい」と本心を吐露した。 さらに、草薙の「おこぼれで出演している感じがすごいイヤ」と漏らし、「一度、解散してゼロからピン芸人としてやりたい」と解散すら考えているほど悩んでいたと明らかに。 草薙もこの宮下の本音は初耳だったようで、コンビとしてこれからもやっていきたい、喋らなくても隣にいてくれるだけで安心するとフォローしたが、宮下は「隣りにいるだけの芸人って必要ですか?」とネガティブな意見を口にし続けた。 最終的にはキレた草薙が、ツッコミを超えたボディブローを繰り出して黙らせるという衝撃的な展開となり、周囲を騒然とさせた。 視聴者からは「宮下が思ったより拗らせてる」「宮下草薙の葛藤ドキュメントだったなー」「宮下草薙が心配で仕方ない」と心配する声が殺到。 本音を漏らし、草薙以上の闇をのぞかせた宮下に「応援したくなるな、あんなこと言われると」「なんか宮下草薙に宮下要らないとか言い出して、草薙同様自分も悲しくなっちゃった」など、反響も大きい。 (以下略、全文は引用元サイトをご覧ください。 ) 引用元:.

次の