結膜炎 症状。 結膜炎!症状や原因を詳しく解説!

結膜炎とは?原因と症状・うつる?自然治癒する?治療方法

結膜炎 症状

結膜炎とは 結膜炎とは、目の結膜の部分が赤く充血したり目やにや腫れなどの炎症を起こす病気です。 結膜というのは、 白目の表面や上下のまぶたの裏側を覆ってる半透明な膜の事を言います。 結膜は、ゴミや異物が目に入らないように働いています。 そこに細菌やウイルスが感染したり、ほこりや花粉などのアレルギーによって、目が赤く充血したり、目のかゆみや目やにが多くなったりといった症状が現れます。 結膜炎は幼児から高齢者まで発症する年齢は幅広く、割と身近な病気なので、自分が掛かったことがあるという方も多いと思います。 そして結膜炎は、大きく分けると ・ウイルス性結膜炎 ・細菌性結膜炎 ・アレルギー性結膜炎 の3種類あります。 それぞれの症状を見ていきましょう。 結膜炎の症状 症状はウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎の種類によって少し異なります。 ウイルス性結膜炎の症状 ・はやり目(流行性角結膜炎)の場合 目のかゆみはほとんどありませんが、目が赤く 充血して 目やにや 眼痛によって涙がたくさんでる事があります。 また、 耳の前や顎の下にある リンパ節が腫れたりすることもあります。 はやり目に関してはこちらもご参考下さい。 プール熱に関してはこちらもご参考下さい。 名前の通り急性で、感染すると1日程度で目の充血や目やに、まぶたの腫れ、目にゴロゴロとした異物感を感じたり、 白目に出血が見られたりします。 ・ヘルペス性結膜炎の場合 症状としては、はやり目などと症状が類似し、目の充血や目やに、目の痛みやゴロゴロした異物感を感じたりします。 特徴的な症状としては、目のまわりに 赤い水ぶくれが出来ます。 また、はやり目やプール熱などは片目に炎症を起こすともう片方も炎症を起こしやすいのに対し、ヘルペス性結膜炎は 片目のみの発症がほとんどになります。 スポンサードリンク 細菌性結膜炎の症状 細菌性結膜炎の症状は、目の充血や 黄色い目やにが大量に出たり、目がゴロゴロとした異物感を感じたりします。 細菌性結膜炎は酷くなると角膜に 腫瘍ができ、視力が低下することもあります。 片方のみに現れると、数日後にもう片方にも発症するのがほとんどです。 アレルギー性結膜炎の症状 ・季節性アレルギー性結膜炎の場合 目の かゆみが強く、充血や くしゃみ鼻水、鼻づまりなども起こります。 ・通年性アレルギー性結膜炎の場合 主な症状は目の かゆみです。 その他目の充血や炎症がひどい場合は、 白目の部分が 腫れて水がたまった様になります。 また、目やにや涙が出たりもします。 ・春季カタルの場合 強いかゆみや 白っぽい糸を引くような粘りのある目やにが出たり、目が赤く充血したり、まぶたの腫れなどが見られます。 特徴として、目の痛みや 光を眩しく感じたり、まぶたの裏側が でこぼこに腫れや角膜の周りの 結膜が盛り上がるといった症状も見られることがあります。 ・巨大乳頭結膜炎の場合 症状としては上まぶたの裏側(結膜)に ブツブツが出来ます。 また、目のかゆみや充血、ゴロゴロとした異物感を感じたり、コンタクトレンズがずれたりといった症状も見られます。 巨大乳頭結膜炎に関してはこちらの記事もご参考下さい。 ウイルス性結膜炎の症状 ウイルスが感染して発症する結膜炎になります。 原因のウイルスには、 アデノウイルス、エンテロウイルス、ヘルペスウイルスなどがあります。 いずれも感染力が強く、保育園や学校などで集団感染も起こりやすいので注意が必要です。 具体例 ・ はやり目(流行性角結膜炎)・・・アデノウイルス(8型、19型、37型、54型など)のウイルスによって発症します。 ・ プール熱・・・アデノウイルス(3型、4型、7型など)のウイルスによって発症します。 ・ 急性出血性結膜炎(アポロ病)・・・エンテロウイルス(70型)やコクサッキーウイルス(A24変異型)などエンテロウイルスの仲間のウイルスによって発症します。 ・ ヘルペス性結膜炎・・・単純ヘルペスウイルスによって発症します。 細菌性結膜炎 細菌性結膜炎は、微生物や細菌が原因で結膜に炎症を起こす病気です。 細菌性結膜炎の主な菌には、 ・インフルエンザ菌 ・肺炎球菌 ・黄色ブドウ球菌 ・クラミジア菌 ・淋菌 が挙げられます。 特に、肺炎球菌は子供に、黄色ブドウ球菌は高齢者に多くみられます。 スポンサードリンク アレルギー性結膜炎 アレルゲン(アレルギーを引き起こす物質)が原因で目の結膜に炎症が起こります。 主なアレルゲンには、 花粉、ハウスダスト、 猫や犬などの動物の毛、カビ、ダニ、コンタクトレンズの汚れなどがあります。 ・季節性アレルギー性結膜炎 花粉が原因で結膜に炎症を起こす病気です。 花粉の原因物質と飛散時期 春・・・スギ花粉、 春~初夏・・・ヒノキ、シラカバ(イネ科)、スズメノテッポウ(イネ科)、ホソムギ(イネ科) 夏・・・カモガヤ(イネ科)、ハルガヤ(イネ科)、イネ(イネ科) 秋・・・ブタクサ(キク科)、ヨモギ(キク科)、カナムグラ(クワ科) ・通年性アレルギー性結膜炎 ホコリの中にあるダニやカビといった ハウスダストが原因で目の結膜に炎症を起こす病気です。 その他、ハウスダストにはフケやペットの毛なども含まれます。 ・春季カタル 花粉、ハウスダストのダニ、動物の毛、カビ、フケやコンタクトレンズの汚れなどのアレルゲンに対して 防衛反応を起こし、結膜に炎症を起こします。 ・巨大乳頭結膜炎 主に コンタクトレンズの汚れが原因で上まぶたの裏側(結膜)にブツブツができる病気です。 まとめ いかがでしたか? 結膜炎は子供から高齢者まで、幅広く誰にでも起こります。 正しい治療をするためには、まず自身の症状から原因を特定することが大切ですね。 結膜の充血や 目やにといった症状が現れ結膜炎が疑われる時は、 眼科を受診しましょう。 結膜炎の治療法や関連記事についてはこちらをご参考ください。

次の

結膜炎の原因や初期症状とは?ストレスやコンタクトレンズで発症することも?

結膜炎 症状

急性結膜炎の基礎知識 POINT 急性結膜炎とは 結膜はまぶたの裏側と白目の部分のことです。 急性結膜炎は結膜に炎症が起こる病気のことで、目が充血したり、目やにがでたり、自然と涙がでたりします。 主な原因はウイルスや細菌が原因の感染性結膜炎と花粉やダニが原因のアレルギー性結膜炎です。 感染性結膜炎には流行性結膜炎や咽頭結膜熱(プール熱)、急性出血性結膜炎があります。 診断を受けるのに、検査は必要ではなく、症状から診断されることが多いです。 原因に合わせて、炎症を抑える点眼薬や抗菌薬が含まれた点眼薬、アレルギーを抑える点眼薬などが用いられます。 予防にはこまめに手洗いをすることや感染者とは別のティシュやタオルを使うなどが重要です。 急性結膜炎が疑われる人は眼科を受診してください。 感染性の治療• 抗 炎症薬点眼• 炎症を抑えるための目薬• 抗菌薬点眼• ニューキノロン系抗菌薬• セフェム系抗菌薬• の治療• アレルギーを抑える薬の点眼• 抗 ヒスタミン薬• ステロイド薬• 予防、再発予防方法• 感染性では、感染を予防するために以下のことが大切• こまめに手を洗う• 目をこするときはティッシュなど使い捨てのものを使う• 洗顔後は清潔なタオルを使う• 家族内で家族を感染させないように、お風呂に入るのは出来るだけ最後にする• 長期的な経過• 途中で治療をやめると、まれに角膜が濁って視力が落ちることがあるため、点眼などの治療を続けるようにする• とに関して学校保健安全法で規定されており、感染の恐れがある期間は登校禁止となる• :病状が良くなって、診察した医師が感染性がなくなったと判断したら出校可能• :喉と目の症状がなくなってから2日経ってから出校可能• 感染を広げない観点から、出勤に関しても学校保健安全性に準じて出勤停止期間を考えることが望ましい 急性結膜炎に関連する治療薬 目薬の抗生物質(抗菌薬)を使用するのがの中でもの基本的な治療です。 また、清潔でない手で眼をいじると細菌感染の元となりますので、なるべくこすらないようにすることに加えて手洗いに努めて手や指を清潔に保つようにしましょう。 の原因にもよりますが、ウイルス性や細菌性といった感染性のものであれば多くは1-2週間で治ります。 一方でアレルギー性のもので例えばなどは、花粉が飛散し終わるまで症状が改善しません。 感染性のものについては、高齢者、乳幼児、のある方では長引くこともありますが、適切な治療を行っても改善が見られない場合には、別の病院を受診するのではなく、出来る限り最初と同じ医療機関を再診するようにしてください。 「この薬の効果がなければ次はこう考える」という二の手、三の手がある中で効く可能性の高いものから順に治療を行っていきますし、最初の時点からの眼の様子の変化が診断の上で重要なことが多いためです。

次の

【コロナ初期症状「目」からうつる】痛い結膜炎【感染を防ぐには?】

結膜炎 症状

スポンサーリンク 結膜炎というのは眼の病気です。 目というのは物を見るためにありますので目に異常が起こりますので辛い症状が多くなります。 また、原因によってはうつることもありますので早期治療が求められます。 当サイトでは結膜炎の基本的なことからさまざまな情報をまとめています。 別ページでも解説していますのでどうぞご覧ください。 まずは結膜炎の原因とうつる可能性についてお話していきましょう。 【結膜炎とは…】 簡単に説明すると眼の表面にある結膜に炎症が起こる病気です。 結膜とはその名の通り「結ぶ膜」のことで、まぶたと眼球を結んでいます。 瞼をくっつけたり、瞼と眼球の運動をしやすくしています。 瞼結膜(けんけつまく)、円蓋部結膜(えんがいぶけつまく)、球結膜(きゅうけつまく)の3つからできており、結膜炎は瞼結膜と円蓋部結膜に多く起こります。 その症状は目ヤニ、目(結膜)の充血、まぶたの腫れ、まぶたの裏側のブツブツ、眩しく感じるなどです。 【結膜炎はうつるのか!?】 すべての結膜炎がうつるわけではありません。 結膜炎の種類は大きく分けると3つになりますがうつるものは2つになります。 種類 ・ウイルス性結膜炎 ・細菌性結膜炎 ・アレルギー性結膜炎 この3つになります。 この中でうつるのはウイルス性と細菌性によるものとなります。 比較的、感染しやすいのはウイルス性で細菌性の場合には感染力はそこまでつよくありませんが子どもや高齢者には感染しやすいため注意が必要です。 アレルギー性の場合には感染することはありません。 「うつる期間」 潜伏期間は 1週間〜10日間ほどになります。 感染期間は 1週間〜2週間ほどとなります。 種類によっては症状がなくなってから2日間後に登校できるようになるものもあります。 学校によっては登校しても良いか、医師の確認を取る必要があります。 スポンサーリンク 【ウイルス性結膜炎】 ウイルスに感染することによって結膜に炎症が起こるものです。 アデノウイルス、エンテロウイルス、コクサッキーウイルスなどのウイルスに感染することによって起こります。 ウイルス感染による病気はさまざまなものがありますが、ここでは風邪を例に挙げてみましょう。 風邪の原因となるウイルスは200種類以上いると言われています。 そのため、原因菌を特定することは困難です。 このウイルスのために発熱や寒気などの症状が起こりますが目にウイルスが達すると結膜炎を発症します。 「治し方」 ウイルスに対する特効薬というのは存在しません。 そのため、対症療法を行うことがほとんどです。 対症療法というのは原因菌を殺菌するのではなく、症状を緩和させるにとどまります。 また、2次感染を防ぐための点眼薬を投与することもあります。 市販薬を使用する場合には症状が悪化する可能性もありますので薬剤師に相談してから使用しましょう。 治し方の基本は病院でしっかりと検査をして治療を受けることが大切です。 【感染予防方法】 うつる結膜炎の場合には学校によっては登校できないこともあります。 ウイルスの感染経路は接触感染、飛沫感染(ひまつかんせん)となります。 共用のタオルなどは使用しない、こまめな手洗いうがい、マスクの着用、プールに入らないなどを心掛けましょう。 お風呂は水が直接の感染源となることはありませんが、できれば最後に入るようにしましょう。 眼をこすった手で周りの物に触れてしまうと感染する可能性がありますので目に触らないようにしましょう。 【まとめ】 結膜炎はウイルス性の場合にはうつる可能性が高くなります。 しっかりと予防、対策をすることによって感染拡大を防ぐことが出来ます。 また、重症化してしまうと視力に影響が残ってしまうこともあります。 治し方は病院でしっかりと治療を受けることが重要です。 スポンサーリンク.

次の