ジュビリー エース 仕組み。 ジュビリーエースの評判、運営が「返金拒否」をカマしてた件が発覚

ジュビリーエース(Jubilee Ace)は今から始める人間は養分 | 投資マニアの生き様

ジュビリー エース 仕組み

【6月2日更新】ジュビリーエースのフォーブス掲載は嘘だった ジュビリーエースの勧誘方法の切り札的存在であった 「フォーブスJAPAN」に掲載が決まっているという情報が、 デマだったことが判明した模様です。 そもそも「フォーブスJAPAN」への掲載という話はジュビリーエースの側が公表したものではなく、紹介報酬を求めて動くアフィリエイターたちによる嘘だったのですが、フォーブスJAPANが正式に回答。 この情報が出たからといってジュビリーエース自体が詐欺であるという証拠にはなりませんね。 問題なのは嘘をついて勧誘活動を行うヤツが多いという事実ですから、 勧誘をされた場合は安易に話を信用しないように注意してください。 ジュビリーエースが良いと評判な理由とその真相 Twitterやジュビリーエースと検索して出てきた内容について紹介、深堀りしていきます。 ジュビリーエース信者が稼げる確たる証拠として実際に運用しているPC画面などの動画を公開しています。 ジュビリーエースでは仮想通貨取引所の「バイナンス」にて、仮想通貨のアービトラージを行っていると公表しています。 セミナーに参加すると目の前で運用を見せてくれるそうなのですが、気になるのは公開されている 動画のほとんどが仮想通貨のアービトラージのみという点。 ジュビリーエースのアクアシステム内で運用されているものは見たことがあるのですが、実際に運用が行われているブックメーカーや口座などの証拠となり得る情報を私は見たことがありません。 私の調査不足なだけでスポーツやコモディティの証拠動画はあるのかもしれませんが、実際にブックメーカーやコモディティのアービトラージを証券口座で行っている証拠動画や画像があるのでしょうか? 仮想通貨以外の証拠動画もあるぞ、という方は口コミにて情報提供をお願いします。 また、「ジュビリーエース」をやっている方の言い分としては、報酬が止まったりお金が無くなった人がいないのだから 誰も損をしていないという事らしい。 アクアシステムについては初期費用を支払ってから運用が始まるため、実際には損失の状態からスタートという事になります。 ただ、配当を毎月貰い続けて初期投資金を上回った時点からは利益となるので、SNSでは誰も損をしていないと認識している方が多い様子。 そうなると正しくは「ジュビリーエース」は、 損はしていないがまだ稼げていない人が大半という事になるのでは? 紹介無しの場合は 元本の回収に最短1年、初期投資額によっては2年かかると言われています。 まだ 初期費用分すら回収していない方が稼げました!と盛り上がっている状態には、少し恐怖を感じますね。 自分が利益になっていない投資を人に勧める気持ちは一生理解できそうにありません。 実際に掲載されたのはインド版であるフォーブスのwebページのようでした。 記事最下部の免責事項の部分には「広告として掲載している」と明記されていたため、ジュビリーエースが取材を受けたというよりは、お金を払って 広告を掲載した形ですね。 今後は日本版や北米版のフォーブスにも掲載されるという情報も確認できますが、半年経過してもジュビリーエースがインド版以外に掲載されていないので、このまま無かった事にされる可能性が高そうです。 ISO9001とは よりよい 製品やサービスを提供するための仕組みを評価する、ISO 国際標準化機構 が定めた国際規格。 どうやらジュビリーエースがISO認証を取得したというのは投資家からすると嬉しいニュースですね。 勧誘を行う際には信用度を上げるための情報として使う事が出来ます。 ただ、ISO9001について注意しておきたいのは、以下の2点です。 ・組織が決めたルールが行われてるのか ・社内で不正が発覚した際に検知できる仕組み ・不正を改善できる仕組み これらを仕組み化出来ているのかどうかを判断する規格という事です。 ISO9001認証取得の情報を手放しで「凄い事だ」「国際的に認められた」と話して勧誘を行うのはやめた方が良いでしょう。 昨今では、 中小企業が箔をつけるためだけに取得する事例が世界的に多くなっているようです。 ISO9001が全く信用できないという訳ではありませんが、取得したから大丈夫だという事ではありませんので注意してください。 オフィスの映像が多く公開されている深センの事務所では取得できなかったのでしょうか? 是非、ジュビリーエースにはISO9001の認証取得をしたマルタ本社の事務所を公開して貰いたいものです。 新プランが出てて期待できる! 預け入れた資金を90日間ロック 出金できない することで、2倍~4倍の配当を受け取れるリクイディティーパック90という新サービスが開始しました。 具体的な配当金額は下記の計算が適用されます。 ・100ドル~19,900ドル入金 = 2倍 ・20,000ドル~49,900ドル入金 = 3倍 ・50,000ドル以上の入金 = 4倍 入金額が多いほど90日後の配当が増える仕組みです。 今回の「リクイディティーパック」の懸念点としては、 運用は「現金クレジット 出金可能なお金 」でのみ可能だという事。 私の目には ジュビリーエースは利用者に出金させたくないように見えます。 理由を順を追って説明しますと、ジュビリーエースは2019年3月頃より日本で流行り始めた投資案件であり、多額の紹介報酬が受け取れるトップユーザー以外は元本の回収に平均1年強の時間が必要となります。 そう考えると、2020年4月~7月は初期ユーザーの元本回収時期と合致しますね。 そしてジュビリーエースが新たに打ち出したのが今回の「リクイディティーパック90」。 運用するには出金可能な 「現金クレジットの90日ロック」を条件に盛り込み、90日で最大4倍に増やせるという破格の配当を提示。 ユーザーからの出金を先延ばしにすることで、 大量の資金流出から延命した。 その他にもマイアクアコモディティなど、トップアップ ユーザー資金の拘束 を煽る新規サービスが続々と発表されています。 これを良い状況と取るのか、ジュビリーエースが出金を防ぐために必死になっていると取るのか。 どう受け取るかはお任せします。 3年以上にわたって仮想通貨系のHIYIPやMLMを見続けてきた私の経験上だと、 追加入金を求める破格のキャンペーンなどを打ち出した商材は全て、運営が飛ぶなどの事態に見舞われています。 過去の同様の事例としては ・ ・ ・ などの投資案件が該当します。 ジュビリーエースも確実に飛ぶと言い切れませんが、 危険な兆候は表れ始めているというのは理解して頂きたい。 似た商材について気になる方は、下記のリンクからどうぞ。 ジュビリーエースに似た事例のページ• 最後に、Twitterでは ジュビリーエースがクーリングオフの申請を拒否したことが話題となっていました。 利用規約に記載していたクーリングオフ制度を拒否か…。 控えめに言ってクソ運営なのは明白ですが、海外の投資案件の利用規約などあってないようなものです。 日本の法律に則って運営していませんからね。 投資した時点で利用側もそのリスクは承知しているはず。 恐ろしいですがジュビリーエース側はクソ対応も辞さない様子なので、相当ユーザーの資金流出を避けたいのでしょう。 まぁ、最も恐ろしいのはジュビリーエース肯定派が誰も返金拒否の話題について触れないことなんですけどね。 ひとまず新プラン 契約期間の完了日まで大きな動きはないと私は予想していますので、今後の動向に注目していきます。 熱くなり過ぎないように、節度ある投稿をお願いします。 以下、ジュビリーエース運営会社の調査レポートになります。 ジュビリーエースは損することがない? 仮想通貨投資をはじめとし、スポーツベッティングなどの分野などでも「 アービトラージ」を可能にした高配当の投資案件。 それらを可能にしているのは、創業者が開発したとされる 「AQUA」なるデータ統合・分析システムによるもの。 このシステムがアービトラージによって利益の上がる投資先、投資法を導きだすというのです。 利用者は「ジュビリーエース」に運用してもらう現金を預けることになっているのですが、 主な投資先としては ・ 仮想通貨 ・ スポーツ ・ コモディティ 上記の投資商品に対して完全自動によるアービトラージを行います。 投資家へのリターンとしては 月利2. 4~20%にも及ぶ高額な配当が支払われるという謳い文句となっています。 アービトラージ自体、理論上は損失を出すことがない投資法ですが、非常に少ない利幅を狙う手法となります。 仮にジュビリーエースの平均的な利率の 7%で計算すると、 最短でも元本の回収に約1年2か月かかります。 加えて 出金手数料20%も必要になるので、期間はもっと長くなるとみて間違いないでしょう。 利用前にはそれらのサービスとジュビリーエースを比較してみてください。 比較したい投資案件• ジュビリーエースの運営会社に不安 「ジュビリーエース」の要ともいえる分析システム「AQUA」ですが、一体どのような企業が開発し管理されているのでしょうか? 私が確認できた「ジュビリーエース」の資料によると、 運営会社である「Jubilee Ace Limited」は英国領ヴァージン諸島にて設立された企業だと記載されていることが確認できます。 記載されていた所在地は「Sea Meadow House,Blackburne Highway, P. Box 116 ,Road Town,Tortola British Virgin Islands」という住所となっております。 ここで気になるのは、所在地にある 「 P. Box 116 私書箱」という部分です。 この「P. BOX」については、物件の所在地ではなく 郵便物を受け取るための私書箱であり、 ペーパーカンパニーが所在地として登記していることが多い住所となります。 恐らくはこの場所に「ジュビリーエース」の運営実態は無いものであると思われます。 税金がかからないタックスヘイブンの国となることも理由の一つかと思われますが、そうであれば 本社の場所くらいは明かして欲しいものです。 深センのオフィスについては別の記事にて捜査していますので、気になる方はご覧ください。 関連記事• また、ヴァージン諸島に置いて金融サービスを開始するためには、「BVI FSC BVI金融サービス委員会 」の認可が必要になります。 「ジュビリーエース」の所在地が記載されていた書面がその認可を受けたとされる書類のはず。 認可を受けた企業については 「BVI FSC BVI金融サービス委員会 」のHPで確認することが出来るのです。 私の検索ミスという可能性も捨てきれませんが、 検索結果に「Jubilee Ace Limited」が表示されることはありませんでした。 書類を偽装しているとなると、そもそも ヴァージン諸島にすら登記していない企業という可能性も出てきます。 創業者「ボビー」とは ジュビリーエースをシンガポールにて立ち上げた人物として、日本のセミナーにも登壇している「ボビー」と呼ばれる男性。 シンガポールの大富豪だそうでランボルギーニを4台保有してるそうです。 ジュビリーエース設立以前には大学卒業後にシンガポールの三大銀行の一つであるオーバーシーチャイニーズに入行。 その後ビットコインに出会い3万円前後で購入したビットコインが30倍に跳ね上がり億万長者となった経歴を持つそうで、その後ジュビリーエースを立ち上げたとのこと。 彼の経歴を裏付ける証拠資料がないため 真偽は不明です。 信じるか信じないかはあなた次第。 ジュビリーエースのセミナー講師「玉井 暁」 日本各地でジュビリーエースのセミナーが開催されているようで、利用者の中には講師として登壇している「玉井 暁」をご存じの方も多いはず。 「玉井暁」に関しては販売員としてはとても優秀なようで様々なMLM案件取り扱ってきた経歴を持つようですが、 破綻した「ビットクラブ」のトップ販売員としても有名な人物です。 現に破綻したMLMを取り扱っていた、という過去がありますので、「玉井 暁」が紹介する案件だから稼げるし安全だ、という安直な判断は控えた方が良いでしょう。 実際、過去に「玉井 暁」が紹介していた「」や「D9」という投資案件に関しては、既に 配当停止や集団訴訟などにも発展している事実もありますので、セミナーに参加した方はよく見極めてください。 また、「ジュビリーエース」に関してはSNSや マッチングアプリなどを介しての勧誘が盛んに行われていることも判明しております。 投資案件の勧誘を受けた際には、紹介者がどのような人物なのかをしっかりと調べることをお勧めいたします。 私の言っている事すべてが真実であるとは思っていませんが、 違った目線からジュビリーエースを見ると、怪しい点もちらほらと見つかりましたね。 純粋な投資以外での不安要素もありますから、利用を検討されている方は慎重に判断をしてください。 仮想通貨業界にはもっと稼げる商品やサービスがいくつも存在するので、他の投資案件と見比べてみましょう。 当サイトでも過去の捜査で 稼げる投資案件いくつか発見しています。 ご興味ある方はぜひ、ご一読ください。 【追記】同一運営の可能性が高い新案件「PGA」が始まった 先日ジュビリーエースに出金停止の兆候が見えるとお伝えしましたが、運営陣による新たな動きを確認しました ジュビリーエースの上位互換として登場した「」という商材の 運営所在地がジュビリーエースと同じ場所だという情報を発見。 ロシア向けに公開されていた「プランスゴールドアービトラージ」の資料に記載されていた情報です。 確定ではありませんが、 運営側がジュビリーエースから新規案件に移行し始めた可能性が高くなります。 当サイトにもジュビリーエースの「マーケティングディレクターが新規案件に移った」という口コミが投稿されています。 ジュビリーエースを紹介していた上位メンバーの移行が相次いでいるとのこと。 ここまで判明した運営側の動きをまとめると… まず、新プラン「リクイディティーパック90」に参加したユーザーの資金を4月から90日間に渡りロック。 これでユーザーの資金が流出するの防ぐことに成功。 その後、別案件として「プランスゴールドアービトラージ」を立ち上げ、新たなユーザーからの資金調達を行う。 ここまではジュビリーエース側が既に実行済みです。 今後のどのような動きを見せるのかについては、新規案件である「プランスゴールドアービトラージ」での資金調達次第になってきますね。 もし、ジュビリーエースが噂通りに実際はアービトラージで利益を上げれていないのであれば、「リクイディティーパック90」に参加したユーザーの出金申請には耐えることが出来ないはずです。 私としては、 2020年7月にジュビリーエースが今後も続くのかどうか? 本物なのかどうかの答えが出ると予想しています。 現状を考えると、今からジュビリーエースに参加するのは得策ではないと私は判断しています。 新たな投資先として「プランスゴールドアービトラージ」を選ぶのも良いですが、運営側のツールが無ければ稼げないという状況がさらに続くことになります。 仮想通貨業界にはもっと稼げる商品やサービスがいくつも存在するので、他の投資商品と比較してみることにも目を向けた方が良いでしょう。

次の

ジュビリーエース(JA)からプランスゴールド(PGA)へ移籍した神谷誠!

ジュビリー エース 仕組み

ジュビリーエースからプランスゴールドへ移籍した神谷誠! 私、神谷誠はジュビリーエース JA からプランスゴールド PGA へ移籍しました! ジュビリーエースも預金した当時は、世界最高のアービトラージシステムをその場で実演してくれ、本物だと感じ、創業から経緯までかなりの時間調べて勉強して大丈夫だと確信しました。 そして、入金しましたがしっかりと間違いなく配当は複利で増えます。 ウェブセミナーも最後の質問までしっかりと丁寧に答えてくれます。 しかし、そのアービトラージシステムと配当、更には顧客の反応を知り尽くした会社幹部の方もジュビリーエースを辞めて、プランスゴールドへ移籍された人物がいます。 ジュビリーエース社で勤務をしていたマーケティングディレクターが、プランスゴールド社のアービトラージシステムを絶賛し移籍されてきたそうです。 勿論その知識を活かしてジュビリーエースでの顧客不満をプランスゴールドでは改善しています。 ジュビリーエースも出始めた当初は稼げたらしいですが、今は当時ほどではないです。 何故なら、紹介報酬に重きを入れていたので、稼げる人と稼げない人の格差ができ、参加者も増えすぎたため、せっかく集まったお金が運用に十分、回せていないのが原因で、これからは、ジュビリーエースからプランスゴールドへ移籍する方が増えるでしょうね。 神谷誠が何故プランスゴールドへ移籍したのか? 私は、システムの事まで詳しくないですが、ジュビリーエースとプランスゴールドの顧客の視点に立って感じた事を述べます。 ジュビリーエースは、日本オープンから1年以上が経ち、しっかりと配当も出るし、信用出来る会社です。 アービトラージシステムも実演してしっかりと利益を出しています。 始まり当初は怪しいとか詐欺とか言われていましたが、顧客にしっかりと期日通り配当が出るので徐々に口コミで信頼されるようになりました。 そんな中でも、少しずつ顧客の不満が溜まってきました。 プランスゴールドはその不満をしっかりと改善していますね。 〇プランスゴールドは、手数料10%引かれますが自動で取引してくれます。 副業など働いている方には良いですね。 勿論自動を解除して、この日は解除、この日は自動とワンタップで選択できます。 〇プランスゴールドは配当の上限が3~6倍です。 継続的に複利で廻すといずれ6倍までになります。 預金額で変動。 〇プランスゴールドの月利は15~20%で少額入金でも初月からいきなり15%の利益になります。 例えば、10万円を預けると1ヵ月でジュビリーエースは単利3%なので103000円になりますが、その103000円は出金出来ずに利益の3000円しか出金出来ないのです。 複利にすると5カ月ぐらいで利益10万円を超えるのですが、出金出来るのは元金を合わせた20万円でなく、利益の10万円しか出金出来ません。 要は上限3倍の利益が30万円になれば満額出金でき、約2年程掛かりますのでご注意下さい。 一方プランスゴールドは、元金ロックではなく、預金みたいなものですので、10万円預けると1ヵ月で115000円になります。 それをそのまま1ヵ月後に出金出来ますし、極端な話、始めて3日で利子が1500円ですので、101500円を即日出金する事も出来るのです。 貴方はどちらが良いですか? 次回は具体的な、配当のシュミレーションをしていきます。 こんにちは! 神谷 誠と申します! 現在、1部上場企業に勤めておりますがサラリーマンの大変さと将来への不安を感じ、自由な時間とお金を手に入れたいと思い、3年前にネットビジネスを始める。 半年後には独立開業ができる準備を進めています。 この動画ビジネスで初月43万円を稼ぎ、2か月目に105万円の利益を稼ぎ出しTopBuzzlerの異名を取った。 現在は自分が何もしなくて、全て外注に任せて稼ぐ完全自動化を達成しました! 今では、外注さんだけで自分では作業をする事のない生活を送っております。 いよいよ独立も決め、会社への連絡、税金対策等、サラリーマンが賢く独立開業する為の準備も万全です。 このビジネスに興味ある方や将来、独立したいという方はLINE@に登録して、いつでもご相談下さい。 あなたも是非サラリーマンを脱出して独立開業を目指しましょう!! スポンサーリンク アーカイブ• 7 カテゴリー• 154• 12 人気記事• 20,401ビュー• 14,566ビュー• 10,892ビュー• 6,994ビュー• 6,934ビュー• 6,370ビュー• 5,652ビュー• 5,629ビュー• 5,350ビュー• 5,272ビュー• 4,983ビュー• 4,710ビュー• 4,417ビュー• 4,351ビュー• 4,190ビュー• 3,831ビュー• 3,734ビュー• 3,316ビュー• 3,014ビュー• 2,997ビュー• 2,944ビュー• 2,725ビュー• 2,702ビュー• 2,495ビュー• 2,488ビュー• 2,470ビュー• 2,436ビュー• 2,376ビュー• 2,291ビュー• 2,228ビュー.

次の

【ジュビリーエースは詐欺と言われている4つの要因】

ジュビリー エース 仕組み

会社概要 世界中の多分野に跨るアービトラージ機会に特化した 高度なデータ分析企業です。 2018年に英国領ヴァージン諸島において払込 済資本金5,000万米ドルで設立されました.。 取引所での伝統的なコモディティ取引、アービトラージ から、スポーツアービトラージや暗号通貨アービトラージにビジネスを拡大 してきました。 証明済みの実績と成功を収めたビジネスモデルを持つJubilee Ace Limitedは、データを抽出して改良・精緻化し、それらを収益化可能な戦 略と実施可能な売買判断へと変え、最終的に低リスクで利益を上げられる投 資の安定的なポートフォリオに組み込んでいます。 Jubilee Ace 参考資料参照 現在JAは日本、イギリス、アメリカ、フランス、中国、ロシア、ベトナム、ドイツ、ポルトガル、イタリア、インドなど 約25か国で優秀な企業として世界に広がっています。 アービトラージ概要 金融の世界においてアービトラージとは、資産やポジションを同時に売買し、 2つの価格差から利益を得るツールのことを言います。 暗号通貨アービトラージは、ビットコインなどの暗号通貨を取引所で購入し、 より価格の高い別の取引所にすぐに送金して売却し、利益を得ます。 スポーツアービトラージは、信頼できるスポーツベッティング業者を相手に、特定のスポーツイベントにおいて可能性のあるあらゆる結果に対し、計算に 基づくベットを行います。 そうすることで、イベント終了時に一定水準の利益 を確保します。 コモディティアービトラージは、金と原油など相関性のあるコモディティを緻密に追跡し、2つのコモディティに正確な取引注文を出して利益を確保します。 Jubilee Ace 参考資料参照 JAの透明性とは? ここまで概要を載せてきました。 ですがこの段階で良い企業と判断できる人はいないと思います。 次にはJAの様な企業で投資を行う上でシステムと同じ位重要な透明性、信用性について書いて行こうと思います。 JAが信用に足る企業の理由 投資、資産運用において重要要素の 信用できるか?というのは皆さんならどこで判断するでしょうか? 一番身近な投資、資産運用で投資信託、NISAなどでイメージしてみてください。 通常銀行などで行う事が出来る投資信託ですがこれを簡単に信用して預けるのは 昔からある銀行だからという理由が大きいのではないでしょうか? 銀行=安心、信用出来ると頭が思っているんですね。 確かにそうそうつぶれる事はないしCMでも宣伝してあれだけ大っぴらにやってるなら万が一はないと思うでしょう。 それが皆さんが銀行を信用する要素の正体というわけです。 JAでも同じ事が言える訳で知らないから信用出来ないというのはとても持ったいない事だと私は思います。 まずは知ろうというとこから初めていきましょう。 運用実績は? まだまだ運用実績は浅いですが2018年から現在にまで運用されて以来順当に利益を出し続けています。 当然と言えば当然ですが 配当の遅れ、未配当など一度も起こっていません。 まだまだ口じゃなんとでも言えるって感じでしょうか。 これはかなり大きい要素ではないでしょうか。 2020年、 世界一の アメリカ経済紙 Forbesに取り上げられた事実です。 この場ではForbesの信憑性など省かせてもらいますがこの雑誌はそこらの雑誌とは格も規模も違います。 飲食業界で言うところの世界版ミシュランに三ツ星掲載されるくらいのレベル感ではないでしょうか? これによりもっともらしい事を並べて批判していたアンチ記事など意味をなさなくなりました。 国際標準機関 ISO9001 の認定 そもそもISO9001とは簡単に説明すると よりよい製品やサービスを提供するための仕組みを評価する規格です。 サービスや製品の品質を維持し続け顧客満足度を高める事が目的とされています。 この規格の認定をJAが受けたということは良いサービスや製品を提供する為の仕組みを評価された事になります。 それと同時に品質を維持し顧客満足度を高める事を目指す事にもなりまので企業としての透明性を表すものではないでしょうか? 今までに説明した内容は十分な信憑性、透明性を表すものだと思います。 実際JAより利率高くうまく運用出来るところもあるでしょう。 でもここまで企業、仕組み自体が評価された投資案件も少ないと思います。 そもそも 投資は少なからずリスク付きです。 逆にこれでも信用出来ないなって人は100%の保証がなければ行動出来ない人だと思われますので投資、資産運用はやめておいた方が良いかもしれないですね。 興味がある方はこちらの記事もどうぞ。 投資の中身の解説記事です。 投資はリスクが付きもの。 どんなにお題目を並べても投資は投資、リスク付きです。 思ったより儲からないくらいなら良いですが会社が飛んだなどいくらでも想像が出来ます。 困った事にならないようにするのも投資の一つなので抑えておきましょう。 余剰金を投資に回す。 これは大原則です。 あくまで資産運用なのでこれを投資をする為にどこかから借りてきては意味がないでしょう。 さすがに上記は大げさすぎますが例えば 使ってはいけないお金だったり、 無くなったら死活問題になるようなお金で投資をするべきではないです。 最悪の最悪、なくなっても大丈夫なお金でやりましょう。 何度も言いますが投資はリスク付きです。 投資のセオリーを守れ。 知識半分で信用に至りいざ投資するとなった場合でも私は使えるお金を全額投入はしない方がいいと考えます。 様子がわかるまで10分の1程度に留めておくべきです。 それは信用出来ると思った場合にも万が一が起こる可能性を考慮してです。 ある程度運用実績を作ってから半分、全額と投資額を増やしていけばいいのです。 実際長期でやるなら儲かる額は数か月程度だとさほど変わらないはずです。 これだけでも投資のリスクは軽減されます。 あと私は経験ありますが特に最初は気になってしょうがないので本業の仕事が手につかないなんて本末転倒ですからね。 気をつけましょう。 最後に・・・ ここまででJAがどうような企業か、それと透明性などある程度分かっていただけたと思います。 これまでいくつもの投資案件が出回っていますし私自身これは信用出来るのではないかと思ったのは初めてでした。 JAのみで安定した収入を得るのはそれ相応の資金が必要となります。 ですが一つの収入源として使ってみるのには丁度良い案件になりそうです。 私自身本業ありき副業をかじる程度に少しやってきましたが今回のコロナ騒動で考え方も大きく変わりました。 コロナのような事は滅多に起こる事ではないにしろ数か所での収入源を持っておく事はリスクを回避する事になります。 副業が当たり前になりつつある今、情報も混雑し、肯定、否定な情報をしっかり見極めて今後本当に目指している所へ辿り着けるようやっていきましょう。 最後まで見ていただきありがとうございました。

次の