信越 半導体 白河。 信越化学工業

沿革と歴史

信越 半導体 白河

信越化学グループのめざす将来像を視覚的にシンボライズしたコーポレート・シンボルです。 全体のイメージは、「ハイテクノロジー」「ハイクオリティ」「ダイナミック」「チャレンジ精神」「柔軟性」 を表現したものです。 世界のリーディング・カンパニーをめざす信越化学グループが、永遠に光り輝くことを願って、 【メモラブル・グロー】と名付けました。 組織の歴史• 国内の組織、拠点の動き• 海外の組織、拠点の動き• 製品、研究開発の動き• 1926• 1927• 1938• 1940• 1945• を設置• 1949• 東京証券取引所に株式を上場• 1953• デミング賞実施賞を受賞場• 1955• 1956• 塩化ビニル樹脂の製造開始• 1957• か性ソーダ、塩素の製造開始• 1959• クロロメタンの製造開始• 1960• シリコーンRTVゴムを開発• 1962• セルロース誘導体の製造開始• 1963• 1964• 1965• 胃溶性コーティング剤(TC-5)を開発• 1966• シランカップリング剤を開発• 1967• 1968• 1969• 1970• 1971• 1972• レア・アースマグネットを開発• HPMCPの製造開始• 1973• エポキシ・モールディングコンパウンドを開発• 1974• 1976• 1977• 、を設置• L-HPCを事業化• 1979• 1980• 合成性フェロモンを開発• 1981• 窒化ケイ素を開発• 1982• 1984• 信越半導体「シンエツハンドウタイ・ヨーロッパ社(U. リチウム・タンタレート(LT)を開発• 1985• 1986• 1987• 1988• を設置• 1989• 1990• 1991• 1992• 1993• 1994• 1995• 1996• オーストラリアの「シムコアオペレーションズ社」を買収• 1998• フォトレジストの事業化• 1999• 液状フッ素エラストマーを開発• 2000• 2001• シンテック アディス工場の第二期工事完成• 「アジア シリコーンズ モノマー社」設立(タイ)• 「シンエツ シリコーンズ タイランド社」設立• 300mmシリコンウエハーの商業生産開始• 2002• 「」を設立• 塩ビ技術研究所をと改称• 「浙江信越精細化工有限公司」を設立• 2003• 「信越有机硅国際貿易(上海)有限公司」を設立• スイスのセルロース事業を買収し、「SE タイローズ社」設立(独)• 2005• 「 」を完全子会社化• ネオジム系希土類磁石の新高性能化技術を開発• 2006• 「」の株式公開買付(TOB)完了• 2007• RoHS規制対応光アイソレータを開発• 凸版印刷と最先端フォトマスクブランクスを共同開発• 2008• シンテック プラックミン第1工場の第一期工事完了• 世界最大級の永久磁石式磁気回路を開発• 2009• 高輝度LED用リフレクター材料、および波長変換フィルムを開発• 2010• シンテック プラックミン第1工場の第二期工事完了• 2011• シンテック プラックミン第2工場完成• 「シンエツ マグネティクス マテリアルズ ベトナム社」、「シンエツ エレクトロニクス マテリアルズ ベトナム社」を設立• 2012• 2013• 「アジア シリコーンズ モノマー社」を完全子会社化• 放射線遮蔽液状シリコーンゴム「ラディバリヤーシリーズ」を開発• 2015• 2016• シリコーン電子材料技術研究所の新研究棟完成• 2018• シンテック プラックミンでの一貫工場の新設を発表• シリコーン事業でモノマーから最終製品までの生産能力増強を発表• 2020• シンテック エチレン工場が操業開始.

次の

沿革と歴史

信越 半導体 白河

本社() 略称 信越化学 本社所在地 〒100-0004 二丁目6番1号 設立 事業内容 塩ビ・化成品、シリコーン、機能性化学品、半導体シリコン、電子・機能材料、加工・商事・技術サービス 代表者 代表取締役副会長 代表取締役 資本金 1,194億19百万円 (3月31日現在) 発行済株式総数 416,662,793株(2020年3月31日現在) 売上高 連結:1兆5,435億25百万円 単独:8,453億56百万円 (2020年3月期) 営業利益 連結:4,060億41百万円 単独:1,476億39百万円 (2020年3月期) 経常利益 連結:4,182億42百万円 単独:1,674億12百万円 (2020年3月期) 純利益 連結:3,140億27百万円 単独:1,318億36百万円 (2020年3月期) 純資産 連結:2兆7,231億41百万円 単独:8,218億94百万円 (2020年3月期) 総資産 連結:3兆2,304億85百万円 単独:1兆1,562億55百万円 (2020年3月期) 従業員数 連結:21,735名 単体:3,011名 (2019年3月31日現在) 決算期 3月31日 会計監査人 主要株主 11. , Ltd. )は、に本社を置く、のである。 ・一部上場。 及びの構成銘柄の一つ。 概要 [ ] 、、、などを主力商品とする。 特に塩ビとウエハでは世界シェア首位。 では日本で最大のシェアを有する。 近年は13期連続の増益を達成していた。 東証1部の化学セクタに上場する企業としては唯一、に組込まれており、同セクタ内で最大のの企業である。 また、製品では業界内でシェアが高いものも多い。 同根企業は(事業会社としては)、、、などがある。 100%子会社のシンテックは、米国に世界最大の塩ビ生産工場を持ち更に増設工事中。 沿革 [ ]• - 信越窒素肥料株式会社として発足• - 信越化学工業株式会社に社名変更• - を合併、武生工場とする• - に株式上場• - 株式会社を設立• - 信越半導体株式会社を設立• - シンテック社(米国)を設立。 から米国テキサス州で塩ビの生産開始• - 小田切新太郎が社長に就任• - 信越ポリマー株式会社が株式上場• - 小田切新太郎社長が会長、小坂雄太郎専務が社長に就任• - 金川千尋副社長が社長に就任• - 森俊三副社長が社長、金川千尋社長が会長に就任• - 森俊三社長が取締役相談役、秋谷文男副社長が副会長、斉藤恭彦副社長が社長に就任 歴史 [ ] 、日本窒素肥料(現:・事業会社としては)と地元資本との合弁会社としてに設立された。 当初、(現:)の工場で、日本窒素肥料水俣工場の技術を導入し、を生産していた。 主な製造拠点 [ ]• 直江津工場()• 武生工場()• 群馬事業所()• 鹿島工場() 関連会社 [ ] 2018年3月末時点の子会社及び関連会社総数は140社である。 シンテック社 - 世界最大の塩ビメーカー。 ロビンテック社(米国)との合弁事業として設立。 に信越化学の100%子会社。 信越半導体 - シリコンウエハーで世界最大のマーケットシェア。 同社の半導体部門が分離独立。 信越エンジニアリング• - 日本の化学系諸工業セクターの会社。 - との対等出資。 持分法適用関連会社。 - 発祥の半導体メーカー商社。 日信化学工業 - 新日本窒素肥料(現チッソ)との合弁で塩ビ製造のため設立した。 現在は塩ビ・酢ビ共重合樹脂や各種エマルジョン等を製造・販売している。 タツノ化学 - とともに支配株主となっているプラスチック製フィルム・シート等のメーカー。 長野電子工業 - 工業用機械メーカー・不二越機械工業(長野市。 富山県の「不二越」とは別会社)との合弁で設立したの半導体メーカー。 直江津電子工業 - 上記子会社との合弁で設立したの半導体メーカー。 - 旧小坂系の製品メーカー。 に信越グループ入り。 - 信越協同建設(のち信建産業)を母体とした建設・不動産業を兼業する複合商社。 - および信越石英との合弁で設立。 - 旧信越酢酸ビニルが、系樹脂化学メーカーであった旧ユニチカケミカルとの合併により誕生した酢ビ系メーカー。 脚注 [ ] []• タカハタプレシジョンジャパン• 南開工業• 錦城護謨• 原田鋼業• サクラパックス• ハギワラソリューションズ• 愛媛パッケージ• 中西金属工業• アンコール・アン• プリプレス・センター• フロイント産業• ヤマグチマイカ• 三栄源エフ・エフ・アイ• キューズ• 藤本化学製品• フルハシEPO• クレアン• インパクトジャパン• アイ・シー・アイ• ニッセイエブロ• イースクエア• プランニング・ホッコー• ポジティブ• エッジ・インターナショナル• DNV GL ビジネス・アシュアランス・ジャパン• ピー・アンド・イー・ディレクションズ• ピープルフォーカス・コンサルティング• 大谷清運• アルメックVPI• PwCアドバイザリー• トータルケア• ビジネスコンサルタント• エコロジーパス• SDGパートナーズ• レックス・インターナショナル• 日経ビーピーコンサルティング• エコツーラボ• リビエラホールディングス• あかつき• vKirirom Japan• かいはつマネジメント・コンサルティング• ネットラーニングホールディングス• 川内美登子・植物代替療法研究所• 教育・学習支援.

次の

信越化のシリコンウエハ主力拠点、信越半導体白河工場は4月中に一部稼働を再開、鹿島の塩ビ樹脂生産は5月下旬メド【震災関連速報】

信越 半導体 白河

日の丸ソーラー復権のカギを握る原材料シリコン--。 このボトルネックが解消へ向かうかもしれない。 半導体用材料で世界首位の信越化学工業が、太陽電池用への参入に重い腰を上げたからだ。 異例ずくめの用地取得 半導体が有力選択肢? 8月末、信越化学は福島県西郷村に43・7万平方メートルの用地を取得した。 近隣の信越半導体白河工場の約8割に相当する広さだ。 白河工場は、直径300ミリメートルの半導体用ウエハの生産では世界需要の4分の1に当たる月80万枚の推定生産能力を誇る。 これまでも金川千尋社長は「いい土地があったら押さえる」と公言してきた。 しかし今回は、用地に関する取得先、取得金額、用途さえも明らかにしていない。 協定を結んだ西郷村の関係者は「何の用途に使うのか皆目検討がつかない。 こちらが教えてほしいくらいだ」と困惑する。 判明した取得先は宝ホールディングスで、傘下の宝酒造が約35億円の減損処理をした土地だった。 取得金額は100億円未満とみられる。 2009年3月期に2000億~2500億円の設備投資を計画する同社にとっては、小さな額である。 ただ、その用途は日本の太陽電池業界にとって大きな意味を持つ。 用途の筆頭候補は、1984年から世界トップシェアを維持する半導体用ウエハと会社側は説明する。 半導体の長期的な需要増に備え、供給責任を果たす使命があるからだ。 ただ、その増産で44万平方メートルのすべてを必要とするわけではない。 ほかに候補に挙がるのは、医薬品添加剤向けなどのセルロース誘導体。 新潟県直江津工場で07年に爆発事故があり、生産能力が不足している。 さらにハイブリッド自動車のモーター向けの希土類磁石や、半導体用フォトレジスト(感光性樹脂)も検討対象だ。 だが、やはり注目されるのは、太陽電池材料への本格参入だろう。 幹部も「選択肢として検討中」であることを認める。 かねてから信越半導体には、根強い引き合いがあった。 「太陽電池用のウエハを欲しいという声は多い」(信越化学)ながらも、通称「イレブンナイン」と言われる超高純度多結晶シリコン鋳塊を利用した半導体用ウエハに特化してきたのが過去の経緯。 不純物が10万倍多くても十分な太陽電池向けの注文は、世界最先端の半導体ウエハを製造する同社としては魅力に乏しかった。 しかし大手シリコンメーカーの推定によると、太陽電池用シリコンの需要の伸びは中期的に年率30%とも予想される。 参入する勝算は十分にある。 しかも半導体不況のあおりを受けて、300ミリメートル半導体用ウエハ生産量は、昨年8月の月産100万枚から93万枚(今年9月)まで減少。 月産能力120万枚に対し、稼働率は77・5%まで低下していると推定される。 浮き沈みの激しいシリコンサイクルに左右されない収益基盤を固めたいのも本音だろう。

次の