ブルー スリー ヌンチャク。 二節棍 / ヌンチャク / カンフー / 武術 / 空手 / 武道 / 拳法 / ブルース・リー ヌンチャク・高級スポンジ :e

ブルースリーの身長と体重|小柄なのにも関わらずなぜ強かったのか?

ブルー スリー ヌンチャク

ブルース・リー Bluce・Lee は、サンフランシスコの中華街出身の武術家・ジークンドーの創始者・俳優・脚本家・映画監督である。 2本の棒を鎖で連結した武器であるヌンチャクも彼の影響で有名になったともいえる。 ブルース・リーの映画代表作といえば、「燃えよドラゴン —Enter the dragon-」だろう。 しかし、『燃えよドラゴン』の初公開日の6日前、32歳の若さで突如この世を去った。 世界は、愕然した。 なぜこんな急に?病気、自殺、それとも…暗殺か?当時は様々な憶測が飛び交っていた。 しかし、現在では死因のおおよその見当がついてきているという。 まずは、死の前後の状況を紐解いていく。 死の前後の状況 まず死亡日を確認する。 ブルース・リーの死亡日は、1973年7月20日だ。 『燃えよドラゴン』製作終了後、ブルースは同作品の製作前に途中まで製作していた「死亡遊戯」の撮影を再開させるため、香港に帰国した。 ブルースは、死亡遊戯の共演者である、女優ベティ・ティン・ペイ(丁珮)の自宅に向かった。 死亡遊戯の脚本について、レイモンド・チョウ 映画会社である現 ゴールデン・ハーベスト会長 と相談するためだ。 その後、ジョージ・レーゼンビーと合流し、ホテルハイアットリージェンシーで死亡遊戯のキャスティングの詳細的な相談を進める予定だった。 レイモンドから、死亡遊戯への出演オファーをされていた。 ブルースーの死後、死亡遊戯の脚本の大幅な変更により、レーゼンビーの出演は実現しなかった ただ、このときブルースは、疲労が蓄積していて、満身創痍だったといえる。 当時、製作し終えた『燃えよドラゴン』のプロモーション、『死亡遊戯』の製作再開、自身の武術トレーニングなど、やることは山積みであった。 蓄積した疲労もあり、ブルースはティン・ペイの自宅で突然の頭痛を訴えた。 そこでブルースは、元々ティン・ペイが服用していた鎮痛剤をもらって服用し、その後寝室で横になった。 ブルースは、レイモンドに「少し休んでからホテルに向かうので、先にホテルに行ってレーゼンビーと合流しておいて」との内容を伝えた。 レイモンドはブルースに言われた通り、先にホテルに向かった。 ティン・ペイは、寝室に向かいブルースの様子を見たが、ブルースがよく休んでいたのを確認した。 ブルースの様子を電話でレイモンドに伝えた。 しかし、いつまでたってもベッドで寝ていて、未だにホテルに来ないブルースを不審に思ったレイモンドは、ティンの自宅に向かった。 レイモンドはブルースを起こそうとしたが、ブルースが起きることはなく、昏睡状態に陥ってしまっていたのだ。 レイモンドは、ティンのかかりつけの医師である朱博懐をすぐに呼ぶようティンに伝えた。 やがて、朱博懐がティンの自宅に到着し、ブルースの様子を診ると、ブルースは意識不明で心臓も止まっていた。 人工呼吸や酸素注入などあらゆる救命処置をされながら、ブルースはエリザベス病院に搬送されたが、23:時30分頃正式に死亡が確認された。 死因 死亡当初の死因の推察 死亡当初、最も有力とされた原因は、ティン・ペイが服用していた鎮痛剤に対する「過剰なアレルギー反応による突然死」だった。 朱博懐が鎮痛剤をティンに処方する際、「この鎮痛剤はアスピリンよりも効力が強い。 通常は1日1錠のみ服用するように。 ティン、もしあなたにこの鎮痛剤に対するアレルギーを持っている場合は、何らかの副作用を起こすので用心せよ」と注意を促した。 ティンは副作用などを起こさなかったが、ブルースはアレルギーを持っていたと思われる。 エリザベス病院にいた医師の曾広照は、搬送されたブルースに、血管を拡張させて心拍数を増加させる効能のあるエピネフリン注射を施した。 しかし、ブルースは何の反応もなかったのだ。 死亡当時ブルースは、頭部への外傷などはなく、脳出血などもみられなかった。 検視結果では、ブルースの脳が通常の1,400gから1,575gまでに膨らんでいた。 これは、鎮痛剤に対する急なアレルギー反応による症状と考えられる。 ただ、法医学者の葉志鵬は、ブルースが映画の撮影中に突如気を失ったことがあることを理由に、急死だと判断した。 法廷が示した7つの可能性 1973年9月、香港法廷は以下の7つの死因を列挙した。 他殺:ブルースには外傷がなく、ブルースが寝ていた寝室も荒らされた形跡がなかったため、この死因は排除する。 誤殺:ブルースには外傷はなかったため、排除する。 合法的殺害:突然死のため、これは考慮する必要がない。 自殺:レイモンドやブルースの妻リンダによると、ブルースには心身の不安定な様子がなく、自殺の動機が見当たらなかったため、可能性が少ない。 自然死:検死では、死に至る疾病を確認できなかったため、排除する。 事故死:鎮痛剤の服用でアレルギーを起こした可能性があり、これを考慮する。 死因不明:専門家の意見に異議があれば、これは考慮すべき。 結果として、明確な根拠が確立されなかったため、世間にも死因は急死だと公表された。 これに対して世間は納得することせず、世間の要望もあり、引き続き死因の調査が行われた。 調査再開後、新たに分かったのは、ブルースの体内から 微量の大麻が検出されたことだ。 ただ、エリザべス病院の病理医である黎史特によると、「この程度の量の大麻であれば、死因に直結しない」と判断している。 やはり、鎮痛剤に対する過剰なアレルギー反応による脳の膨張によって、脳幹が圧迫されて死亡したと結論付けられた。 明らかになってきた本当の死因 しかし、アメリカのシカゴのクック郡医療検査官事務所ジェームズ・フィルキンス氏によると、ブルースの死因は 「癲癇 てんかん 」だという。 鎮痛剤に対する過剰なアレルギー反応であるならば、ブルースはアナフィラキシーショックを起こし、発疹が起きているはずだという。 しかし、ブルースの死亡当時、ブルースが何の外傷もなく、皮膚の荒れなども確認されていない。 癲癇とは、神経の興奮が強く働き、興奮作用を抑制する力が弱まることで、過剰な興奮が生じる病気。 手足がぴくぴく震えたりすることはあっても、体中に発疹などが起きる病気ではない。 そのため、鎮痛剤により癲癇を発症して死亡したというのが、現在最も有力な死亡原因といえる。 癲癇による死亡が認識されたのは、1995年以降である。 アグネス・チャンの意味深な発言 アグネス・チャンといえば、香港出身の歌手。 日本でも芸能活動をしている。 代表曲は、『ひなげしの花』『小さな恋の物語』など。 かつて、テレビ番組で司会者がアグネスにブルースの死因を尋ねたところ、アグネスは、 「本当の死因なら香港の芸能人なら誰でも知っている。 でも、命が惜しいから言わない」 と述べた。 …本当の死因を述べたら自分の命が狙われる、ということを意味している。 果たしてどういうことなのか。 香港の芸能界と裏社会の組織との関係は昔から根深く、売れっ子となった芸能人がよくマフィアに金目的などで狙われている事情は、よくいわれていた。 例外なく、ブルースも狙われていたとのこと。 つまり、香港マフィアが何らかの金銭目的でブルースに近づいたが、ブルースから関係を断られ続けていたので、ブルースを暗殺したとする説だ。 アグネスは、このような背景を知っているのか。 日本の暴力団が関わっている説 日本の有名暴力団が、ブルースの暗殺に関わったというもの。 ブルースのアシスタントを担当していたハーセン氏が、ブルースの死因が脳浮腫だと報道されたのを疑問に思い、アメリカの人体学者にブルースの死因調査を依頼したらしい。 その学者の自宅のメイドによると、ある日複数人の日本人の団体が学者の自宅に訪れたという。 ハーセンが死因調査をしている最中、 日本のある企業が開発した電気刺激による筋肉の鍛錬装置器具が、健康に悪影響を及ぼすとして販売停止となったとのこと。 この筋肉鍛錬装置器具が、ブルースの生命に悪影響を与えたという説だ。 ハーセンによると、実はブルースも映画の撮影などの忙しい時期には、その筋肉鍛錬装置器具を使ってよくトレーニングをしていた。 ハーセンはそれに気づき、自宅にあったはずの筋肉鍛錬装置器具を探したが、なぜか消えていた。 しかも、ハーセンから死因調査の依頼を受けていた探偵の調査によると、筋肉鍛錬装置器具の生産元企業のバックにいたのは、日本の暴力団らしい。 しかし後に、学者は死因調査を突如中断しただけでなく、行方不明となった。 つまり、死因調査をしている過程で、ブルースの真相を暴かれることを恐れた日本の暴力団やその関係者に拉致された可能性がある。 古参の中国武術家による陰謀説 ブルースは以前から、中国人だけでなく、様々な国々の生徒に対して、詠春拳やブルースが研究していた独自の中国武術を教えていた。 このことに、古くから中国武術を中国国内で教えている古参の中国武術家はよく思っていなかった。 中国人以外のものに中国秘伝の武術のいろはを教えるのは言語道断という古参らの考えと、ブルースの教え方との間には、対立が生じていたのだ。 古参らの忠告を無視し続けていたブルースに対して、古参らの我慢の限界が訪れ、中国マフィアに暗殺を命じたとするものだ。 ブルース・リーの息子も、ブルースの死の20年後に亡くなった! ブランドン・リー(Brandon Lee)は、ブルースの長男で中国系アメリカ人の俳優。 カリフォルニア州オークランド出身。 空砲としてマイケルに渡された銃には実弾が入っていたのである。 空砲と思っていたマイケルは、銃に対して特に不審に思わず、台本通りに銃をブランドンに向けて撃った。 実弾を腹部に受けたブランドンは、病院に搬送され手術を受けたものの、死亡した。 ブランドンの死を事故死としているが、「不自然すぎる」と疑う声もある。 そもそも、なぜ実弾が入った銃が撮影現場に持ち込まれていたのか。 映画関係者のなかには、ブランドンの死因を、 「ブルースに何らかの恨みを持った者が、ブランドンを暗殺するように仕向けた」 という者もいる。 まとめ ブルース・リーの死因は、様々な推測がある。 100%の断言はできないが、 最有力な死因は、鎮痛剤による癲癇と思うのが自然かもしれない。 癲癇による突然死は起きて不思議ではないのだ。 ただ、一般のメディアでは報じていない 報じられるのを圧力によって禁じられているかも 説も、軽視してはならない。 そもそもブルース以外にも、中国の芸能界と裏社会が深い関係があるのだとすれば、そもそもそれ自体が問題だろう。 とにもかくにも、32歳という若さでこの世を去ったのは、当時も現在でも衝撃だ。 もっと長生きしていたら、現在の武術や格闘技の在り方はもっと進化していたのかもしれない。 現在の総合格闘技の源を作ったとされるのが、ブルースなのだから。 もし、ブルースが今も生きていたら、ブルースは現役の格闘技の選手たちにどんな指導をし、格闘技界をどう変えていたのか。 こんなにも競技化を重視する現代の格闘技に対して、どんなアプローチをしたのか。 最後に。 ブルース・リーの生前最後にして最大のヒット作となった『燃えよドラゴン』を少し紹介する。 武術に少しでも興味のある人は、必ず観た方がいい。 カンフー映画の王様といえる。 本作では、ディレクターズカットをおすすめする。 日本語吹き替え版もあり、特別秘蔵映像もあるからだ。 最近では、インターネットでも観られるようになっているが、ディレクターズカットの動画はインターネット上にはないと思われる。 あったとしてもすぐに削除される。 ブルースの動きが速すぎて、撮影していた当時のフィルムには、ブルースの動きが収まりきらなかった。 そのため、映像監督から「技の動きを遅くしてくれ」と頼まれたほどである。 遅くしてアクションをしても、作品を見れば分かるが、ものすごく速い! また、劇中にブルースがボブウォールにサイドキックを本気で当てたシーンも圧巻だ。 人間が蹴りによってここまで吹っ飛ぶものなのか…と感心してしまう。 ちなみに、ブルースのサイドキックを受けたボブの後ろにいたエキストラも、吹っ飛んできたボブに当たって腕の骨を折った者もいるほどだ。 エキストラのなかには、本物のギャングがいて、撮影の休憩中にブルースに本気の勝負 実戦 を申し込んだ者もいたらしい。 ブルースは、最初は断っていたが、勝負を断ることでエキストラの統率が取れなくなってきたので、あえなく承諾。 勝負は一瞬にして、ブルースの勝利に終わった。 その光景を見た他のエキストラは、その後ブルースの指示にきちんと従い、尊敬の念が止まなかったという。

次の

ブルース・リー、生誕80周年企画の予告編解禁も… 公開延期が決定

ブルー スリー ヌンチャク

スポンサーリンク ブルース・リーと言えば伝説の武術家であり、アジア人として初めてハリウッド映画においてスターとなった人物。 その体からは信じられないようなパワーとスピード、そして圧倒的な格闘スキルを兼ね備えたブルースリーは、アジア人を蔑む風潮があった当時のアメリカ白人社会へ大きな衝撃を与え、そして多くの人々から尊敬される存在となりました。 そんなブルースリーは、一体どれほど強かったのでしょうか? 今となってはその強さを実際に確認することは出来ませんが、ブルースリーの生涯の中には、噂通りの強さを示す事実がいくつも存在し、さらに強さという自信に裏付けされた名言をブルースリーは多く残しています。 そこで、ブルースリーの強さを象徴する生涯9つの事実と、10の名言を紹介していきます。 中国武術の一つである詠春拳を真剣に習い始めてからおよそ1年後、趣味としてブルースリーはチャチャを始めるとすぐに上達。 まず、この部分でブルースリーの強さを支えた 優れた運動神経やバランス能力の一端が垣間見れます。 さらに、ダンスの練習をすることで足さばきやバランスが改善することに気づき、詠春拳と同じくらいダンスに対して真剣になるなど、ダンスを通して養成した能力が武術に役立ち、それが彼の強さを高めていったと言えるのです。 ちなみに、ブルースリーがどれほどチャチャにのめり込んでいたかと言うと、チャチャダンスのステップが書かれたカードを100枚以上持ち歩き、いつでも見られるようにしていたと言うほどで、その結果、18歳になったブルース・リーは香港のチャチャのチャンピオンにまでなりました。 さらに、ブルースリーがアメリカに渡った時、その所持金は100ドル程度だったそうですが、裕福なアメリカ人たちにダンスを教えることでお小遣い稼ぎをするほどだったということから、その腕前の凄さが分かります。 命に関わる脊椎の損傷から復活したブルースリーの精神力の強さ ブルースリーの強さを物語る生涯のストーリの一つに、 命に関わる大怪我からの復活を挙げることが出来るでしょう。 1970年にブルースリーは、通常なら武術家として復帰できないほどの大怪我を負いました。 ブルースリーのトレーニングは非常に高強度であり、正しく行っても危険を伴うものであったことから、トレーニングをする時にはブルース・リー自身、普段から気をつけていましたが、「 グッドモーニング (バーベルを担ぎ、背中を伸ばしたまま前傾して腰を鍛える筋トレ)」の筋トレを始める前にウォーミングアップをしなかった日がありました。 その日は、上背部に45kg以上のバーベルを乗せ、床と平行になるまで上体を倒す動作を繰り返していたところで鋭い痛みが発生し、 脊椎の第4仙椎神経を損傷してしまったのです。 その結果、 今までと同じように武術を行うことは無理で、良くて「普通の生活」が送れるようになる程度だと医師に告げられます。 しかし、その診断を覆すためにブルースリーは、強靭な精神力でその後の6ヶ月間、自分なりの理念を打ち立てて自ら再び歩けるようにリハビリをしました。 そして最後には、 自力で歩いて退院しただけでなく、怪我をする前よりも強い体を作っていき、以前にも増して武術家としてのレベルアップを果たしたのです。 速すぎてカメラが追いつかなかい動きがブルースリーの強さを物語る ブルースリーの生涯の中で、彼の強さが尋常でないと思わせる出来事は色々とありましたが、その一つが、 目で追うことができないくらい速いパンチやキックを繰り出せたっていうこと。 1966年にTVシリーズ「グリーン・ホーネット」にカトウ役で出演した時、ブルース・リーのキックやパンチが速すぎたため、 カメラでは完全に捉えられないことが発覚。 結果としてディレクターは、ブルースリーにもう少しスピードを抑えてパンチやキックをするように頼み、問題は解決しました。 生涯を通して自分の体を極めたことがブルースリーの強さに繋がった どんなに筋肉隆々だったとはいえ、171cmしかなかったブルース・リーが自分よりもはるかに身体の大きい人と同じだけの力を出すことは物理的に無理なことです。 しかし、生涯を通して自分の体をよく知り、動き、テクニック、スキルを極めたことで、比較的小柄な体を最大限に活かすことが出来、これがブルースリーの驚くべき強さに繋がったことは想像に難くありません。 片腕で34kgものバーベルを縦に持つことが出来たのは、効率的なトレーニングと筋肉の使い方の賜物でした。 また、片腕でチンアップ(逆手懸垂)が50回も出来る人はほとんどいません。 引き締まった体と身につけたテクニックによって、彼の体格では通常生み出すことのできないほどのパワフルなパンチやキックを実現したのです。 ブルースリーの強さを物語るワンインチパンチとパワー さらに、自分の体を極めたという点に関連して、爆発的なパワーを短時間で生み出すための厳しいトレーニングを続けた結果、ブルース・リーは 非常に速く筋肉を収縮できるようになったことも、その強さの理由でしょう。 なかでも、ブルースリーが生涯において、様々な場所で披露してきた有名な「 ワンインチパンチ」は、その驚くべき身体能力と強さを表しています。 さらに、ブルースリーはパンチだけでなく、キックも強烈だったと言います。 例えば、136kgのサンドバックを蹴れば、そのサンドバックが天井にぶつかるほど高く上がり、また、45kg程度のサンドバックであれば蹴りで破壊することが可能だったんだとか。 ブルースリーは1日にパンチ5000回やキック2000回を練習していた ブルースリーの強さを物語る話として、その圧倒的な練習量があります。 なんと、1日にパンチを5000回、そしてキックを2000回も繰り返し練習していたんだそう。 これだけ多くの回数を地道に繰り返せば、パンチやキックの精度や威力は嫌が応にも高まるはずです。 この圧倒的な反復練習によって、ブルースリの爆発的で稲妻のようなパンチは生まれたんですね。 ホテルの部屋で一晩中チャック・ノリスとスパーリングをしたことがある また、練習の鬼としての性格は、パンチやキックの繰り返しだけに止まらず、実戦形式での練習においてさえも同じでした。 ある日、ブルースリーと、同じ武術家でブルースリーと共演したことがあるチャックノリスは、ニューヨークの同じホテルに泊まっていました。 その際、突然二人はエレベーターの中でスパーリングを始め、そのまま廊下で朝4時までスパーリングを続けたんだとか。 ブルースリーは生涯の中で、時間さえあれば、とにかく自らを強くする練習を繰り返したのです。 莫大な数の書物もブルースリーを強くした秘密 ブルースリーは大学時代に哲学を勉強していました。 そのこともあり、ブルースリーが生み出したジークンドーには、中国哲学の一つ「 道教」の考えが多く採用されており、また道教からヒントを得ることで、自らの武術を発展させていきました。 ブルースリーは、常に知識を得ることに貪欲で、研究熱心な性格だったとして知られています。 そして、この研究欲を支え、彼を歴史上で最高の武術家の一人にした要因の一つとして、 2000冊以上所有していた本があることを忘れてはいけません。 ブルースリーの強さを表す名言厳選10選! ブルースリーの生涯において強さを示す9つの事実を見てきましたが、最後にその強さを象徴するブルースリーの名言を10個厳選して紹介していきます。 ブルースリーの強さを表す名言1 並みの強さは歯を食い縛る程度の努力で得られるが、それでは人並みだ。 並みの強さは努力で誰でも得られるだが、その上を目指すのであれば限界を超え続けなければならない ブルースリーの強さを表す名言2 境遇なんかクソくらえだ。 俺は自らチャンスを創りだす ブルースリーの強さを表す名言3 考えるな、感じろ ブルースリーの強さを表す名言4 パンチに予備動作を加えてはいけない。 瞬時に打て ブルースリーの強さを表す名言5 パンチとは目標を「打つ」のではない。 「打ち抜く」のだ ブルースリーの強さを表す名言6 簡単な人生を願うな。 困難な人生を耐え抜く強さを願え ブルースリーの強さを表す名言7 武術家の肉体は武器である。 にもかかわらず、武器の手入れを怠る人間が、なんと多いことだろう ブルースリーの強さを表す名言8 心を空にしろ。 形なきものとなれ。 水のように無定形に。 水をコップに入れれば、コップの形となる。 ボトルに入れればボトルの形に、茶瓶に入れれば茶瓶の形となる。 水はゆらゆら流れる。 水は破壊することもできる。 水になれ、友よ ブルースリーの強さを表す名言9 鉄則を学び、鉄則を実践し、やがて鉄則を忘れる。 形を捨てた時、人は全ての形を手に入れる。 スタイルを何も持たない時、人はあらゆるスタイルを持つことになる ブルースリーの強さを表す名言10 私は「できると思うからできる」という古くからの格言を重視し始めている。 思っていることに対し、強固な目的意識、忍耐力、そして思いを実現したい燃えるような情熱を加えれば、誰でも必ず目標を達成することができるだろう 合わせて読みたい世界雑学記事• そして、その伝説的な強さや逸話は、今日でも多くの人の興味を掻き立てています。

次の

二節棍 / ヌンチャク / カンフー / 武術 / 空手 / 武道 / 拳法 / ブルース・リー ヌンチャク・高級スポンジ :e

ブルー スリー ヌンチャク

スポンサーリンク 格闘技史に名前を残すアクション俳優であり、現在世界中で大会が開催されている総合格闘技にも影響を与えたと言われる伝説の格闘家「ブルース・リー」は、映画を通して多くの人を魅了しました。 アジア人でありながら白人の大男をなぎ倒す姿は、当時、白人国家で肩身の狭い思いをしていたアジア系移民を始め、その他のアジア人を中心に世界的に大きな反響を呼び、ブルースリーに憧れるファンが多く誕生したのです。 そんなブルースリーの魅力と言えば、決して大柄の体格でないにも関わらず、その体からは想像できないほどの圧倒的な強さを発揮したことでしょう。 この記事では、そのブルースリーの体と強さの秘密について見ていこうと思います。 まずは、ブルースリーの身長と体重を確認することから始め、その後に、大柄でないのに強烈な強さを発揮できた3つの理由の仮説を紹介していきます。 5フィート7. 45cm と記されているものもあり、自身もラジオのインタビューでこのように答えていました。 このブルースリーの身長に関する異なる見解に関して、ブルースリーの弟であるロバート・リーは、 ブルースは 自分よりも身長が1インチ(2. 54cm)高かった。 私が5フィート7インチなので、ブルースは5フィート8インチだった。 そして足のサイズは7~7. 5(アメリカのサイズ)だった。 何年もの間、ブルースの身長がどれだけ小さかったか聞かされてきたから混乱するだろうけど、実際のところ5フィート8インチはそこまで小さくはないよ と言っており、現在では一般的に、ブルースリーの身長は「 172cmほど」だったのではないかという説が主流になっています。 ただし、ブルースリーの妻のリンダによる話では170cmと証言されているなど、確実な答えは謎のままだったりします。 ちなみに、この身長に関する議論で異なる見解が存在するのは、アメリカの身長測定で使うフィートとインチでは、「ミリ(mm)」のような細かい単位までを測定するのが難しいからだと考えられます。 しかし、「打撃系格闘技における強さ」には体重が大きく影響することから、筋肉隆々のアーノルドシュワルツェネッガーのようなヘラクレスタイプでないブルースリーが強かったことは、ある種のアンチテーゼ的でもあります。 ブルースリー時代よりもさらに進化した現代格闘技において、ブルースリーがどれほど通用するかについては議論の余地が多くあるかと思いますが、ここではその議論は置いておき、なぜ、そこまで体が大きくないブルースリーが強いと考えられたのか、いくつかの仮説を紹介していきます。 驚異的なスピードと短時間で一気に発揮できる強烈なパワー 激しくも効率的なトレーニング方式のおかげで、 ブルースリーは短時間に一気に加速して爆発的なパワーを発揮する筋肉の使い方を体得していました。 例えば、このブルースリーの能力を示すものとして「 ワンインチパンチ」が有名でしょう。 ワンインチパンチは、相手から数センチしか離れていない距離からのパンチであるにも関わらず、 相手を5m近く吹っ飛ばしてしまうことも出来る必殺技です。 ブルースリーは日頃から爆発的にパワーを発揮するトレーニングを続けていたため、体が大きくなくても筋肉の収縮力を短時間で最大化させることが出来、筋肉隆々の大男が発揮できるパワー以上の力を出すことが可能になったのだと考えられるのです。 ブルースリーは一見すると分からない程に筋肉質だった ブルースリーは大きなボディビルダーには見えませんでしたが、そう見える必要もありませんでした。 というのも、ブルースリーは見せかけの筋肉は一切気にせず、自分の体と格闘スタイルで最大限の強さを発揮するために必要な筋肉を最大限に身につけ、また、彼の格闘スタイルにおいて不必要な体脂肪は極力削いでいったからです。 実際、ブルースリーの体脂肪率はかなり低く、どちらかと言うと体操選手のような肉体を持ち、実戦では見た目にそぐわない強さを発揮することが出来たといいます。 特に、ブルースリーの筋肉の付き方で顕著なのは、背中から両脇に独特に広がる大きな広背筋で、この巨大な広背筋と体幹の強さによって、下半身から上半身に力を伝導することが出来、これがまた、爆発的な打撃に繋がったとされます。 ブルースリーは自身の体を自由に使いこなした 身長が172cmしかなく、体重が最盛期でも64kgしかなかったことを客観的に考えれば、ブルースリーがもっと体の大きな人に物理的な強さで追いつくことは不可能です。 しかしながら、自らの動き、テクニック、武術スキルを最大限に向上させ、自分の体を自由に使いこなす能力を最大化出来たことが、小さい体格ながらもより大きな体格を誇る相手にも勝る強さに繋がったと言えるでしょう。 例えば、ブルースリーは毎日パンチを5000回、キックを2000回繰り返して練習していたと言います。 これほどの圧倒的な反復練習を毎日していれば、自らの体をコントロールする能力は常人を遥かに超えていたことは想像に難くありません。 また、あの体格にも関わらず、片腕で34kgのバーベルを水平に持ち上げることが出来たり、片手懸垂を50回連続で出来たといった話からは、ブルースリーの体を使いこなす能力の高さが垣間見れます。 ブルースリーの身長と体重以外のデータ 最後に豆知識として、ブルースリーの身長と体重以外の体に関するデータを参考までにまとめておきます。

次の