ナンバー 検索 あおり。 ナンバープレート情報局

DQNのナンバープレート保管庫

ナンバー 検索 あおり

車のナンバーからその車の持ち主の氏名・住所を知りたいケースがあると思います。 たとえば、ストーカーにつきまとわれて困っている場合とか、浮気相手と思われる車に配偶者が乗り込むのを目撃した場合とか、当て逃げして逃げていく車のナンバーを控えておいた場合とか、いろいろあると思います。 あるいは、自分の土地に勝手に車を駐めたまま長期間放置されて困っているケースもあるでしょう。 こうしたケースでは、警察に相談すればナンバープレートを検索してトラブルの相手を特定してもらえるのでしょうか? このページでは、 ナンバープレートからトラブル相手を特定できるのか、詳しく解説しています。 しばらくお付き合いいただけると幸いです。 ナンバープレートから相手の氏名・住所を割り出すことは捜査の一環として当然やってくれるはずです。 ただし、証拠となるものがナンバープレートだけでは捜査は難航するかもしれません。 相手の顔の画像などで人物が特定できないと逮捕にまで持ち込むことは難しいからです。 「事件化」しなければ警察はナンバーから相手を特定できない 警察には「民事不介入」という大原則があり、わたしたちが生活の中で遭遇するさまざまなトラブルに対して、相談に乗ってはくれますが、本格的に「捜査」にまで乗り出してくれるかはケースバイケースだと思います。 ただし、相手の車のナンバーを控えていたとしても、ストーカー行為の度合いが相当程度深刻になっているのでない限り、ナンバーを照会して相手を特定するところまで行くかは微妙なところだと思います。 これこそ「民事不介入」の最たる例です。 それで捕まらなかった場合は、警察のナンバー検索システムで所有者を特定し、逮捕してもらえる可能性が高いと思います。 当て逃げは轢き逃げのように負傷者はいないのですが、道路交通法上の危険防止措置義務違反と警察への報告義務違反を犯すことになるので、罰金刑が課せられるれっきとした犯罪です。 ここで、警察官がナンバーから車の所有者を特定したものの、それが不正なやり方であったために処分された事例を見ていただきたいと思います。 警察といえども、しかるべき理由がなければナンバーから相手を特定できないことをご理解いただけるはずです。 2017年に熊本県警の20代の巡査部長が起こした事件 この巡査部長は、当時、妻と離婚調停中でした。 その妻には交際している男性がいて、巡査部長はその男性の車の ナンバープレートをメモに控えておきました。 巡査部長は離婚調停を自分に有利に進めるには、この男性に妻と交際していることを認める 念書を書かせればいいのではないか、と考えました。 そこで、メモしておいたナンバープレートの番号を、 違法駐車車両の所有者照会や事件捜査に使う警察署内のシステムに入力し、氏名と住所を突き止めました。 後日、巡査部長は同僚を引き連れて妻の交際相手の男性宅に行き、実際に念書を書かせたのです。 しかし、その男性が、こうしたやり方を不審に思ったのか、その後べつの警察官に相談したことで、巡査部長の 不正が発覚しました。 何の「不正」かというと、巡査部長は、 捜査の一環としてではなく、完全に私的な目的で、警察のナンバー検索システムを使用したからです。 つまり、このことからわかるように、 たとえ警察であっても、「事件化」している事案であるとか、捜査の手段として認められる範囲においてでなければ、ナンバーから氏名・住所を特定することは許されないのです。 参考:2017. 22 自分でナンバーから相手を特定する方法はある? では、警察がダメなら自分で調べることは出来ないのでしょうか? フィットやプリウスなどの登録車では、以前は調べることが出来ました。 たとえば、車のナンバー「富士山 555 あ 1234」がわかっていれば、まったくの第3者が 陸運支局や 自動車検査登録事務所で所有者を特定することが出来ました。 これは、 登録事項等証明書という書類を請求することで、相手を特定できたのです。 この登録事項等証明書は、ご覧のように車検証と同じ形式のものです。 以前は誰でも請求できましたが、2007年11月16日からプライバシー保護・個人情報保護の観点から、請求方法が厳格化されました。 その結果、• 請求者本人を確認できるもの(免許証など• 「登録番号」および「車台番号(下7桁)」 が必要になったのです。 このうち、「登録番号」はナンバープレートの表示内容なのでいいとしても、「車台番号(下7桁)」は車検証を見るか、ボンネットを開いてエンジンルームの奥の刻印を見なければわかりません。 つまり、 2007年以降は、実質的に、その車の所有者でなければ登録事項等証明書を請求できなくなったのです。 このように請求要件が厳格化されたのは、 ・ 盗難やストーカー行為などの不当な目的に使用されること ・ 個人のプライバシーを侵害すること ・ 登録事項等証明書制度の趣旨に反する請求を行うこと などを防止するためです。 ただし、例外もあります。 それは 放置車両に関してです。 放置車両は第3者がナンバーから所有者を特定できる 月極駐車場や私有地などに長期間車を放置したまま所有者が現れない場合、土地所有者は何とかしてその車を撤去しないと生活に支障が生じます。 こうしたケースでは、「登録番号」のみわかればOKで、「車台番号」は不要です。 そのかわりに、放置車両の状況を確認するため、 当該車両の放置状況が判る図面、車両の写真及び放置日数等を記載した書類の提出が必要になります。 具体的にはこうした書類です。 このように、原則的には、第3者が登録事項等証明書によってナンバーから所有者を特定することは出来ないのですが、放置車両に関しては、一定の条件付で、特定することが可能です。 以上が、アクア、CR-3などの登録車の場合です。 では、軽自動車の場合はどうなのでしょう? 結論を言いますと、軽自動車でも事情は同じです。 本人か本人の依頼を受けた人でなければナンバーから車の所有者を特定することは困難です。 なお、軽自動車の場合は、登録事項等証明書とは呼ばずに 検査記録事項等証明書と呼び、手続き場所も陸運支局ではなく 軽自動車検査協会になります。 そして、軽自動車の場合も、 放置車両に関しては例外的な対応がなされていて、登録車と同じように、一定の条件付で、第3者がナンバーから所有者を特定することが可能になっています。 しかし、対応してくれるのは間違いないので、詳細は最寄の軽自動車検査協会に電話でお問い合わせください。 探偵・興信所に依頼するのもひとつの方法 これまで見てきたように、ナンバーからその車の所有者を特定できるケースは、ごく限られていることがお分かりかと思います。 警察では、捜査の一環としてでなければ、警察内のナンバー検索システムを利用できません。 また、陸運支局や軽自動車検査協会も、放置車両のような一部の例外のみ条件付で特定可能ですが、その他のケースではほぼ特定不可能です。 では、それでも何とかしてナンバーの情報だけから相手を特定したいという場合はどうすればいいのでしょう? こういうケースでは、 探偵社とか 興信所といったところが力になってくれるかもしれません。 どういう手段を使うのかはわかりません。 詳細は不明ですが、おそらくかなりグレーな領域に踏み込んだ手法も交えてのことかもしれませんが、探偵なら、その道のプロとして、なんとかしてナンバーの情報だけから相手を特定してくれるケースもあると思います。 どれだけ手間がかかったかによるでしょうが、通常、 5万円~10万円はかかるのではないでしょうか。 それでも突き止めたい人には、ひとつの選択肢だと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 さて、7月ですね。 新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。 怖いです。 わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。 手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。 完全に病気です。 楽しいです。 泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。 いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。 ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。 ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。 手洗い病は当分のあいだ続きそうです。 こんなことしかできません。

次の

NumberData(ナンバーデータ)が見れない!あおり運転対策サイトは閉鎖?|ZAKKING!

ナンバー 検索 あおり

あおり危険運転・悪質ナンバー共有情報サイト「NumberData」とは? 「NumberData(ナンバーデータ)」は煽り運転(あおり運転)やスピード違反、信号無視、当て逃げ、迷惑駐車・無断駐車などの、悪質行為に被害に遭われた方が情報を提供する、車やバイクなどによる悪質行為の抑止を目的としたサイトです。 「NumberData」では車のナンバーや車両の特徴、悪質行為の内容などの情報を投稿することが出来ます。 また投稿されている情報は誰でも検索が可能です。 投稿する時に画像や動画を添付することも出来、検索条件に含めることも出来るようになっています。 その他には車両タイプ別の悪質車両ランキングや車種別の悪質車両ランキング、一連指定番号別の悪質車両ランキング、地名別の悪質車両ランキングなどの、それぞれのランキングも掲載されています。 8月10日以降もあおり運転、車間距離不保持、幅寄せ・割り込みを行っている情報が提供されています。 なんだか日々、日常のように迷惑運転をしている感じですよね。 常磐道で起きた事件 ここまで激昂させた原因は何だったのか?冷静に撮影してる女性はどんな心境だったのか?理解に苦しむ。 — もとてん mototennn このように迷惑運転をした車の状況なども調べること可能です。 悪質な「危険性帯有者」罰則強化へ 2017年6月に東名高速道路で起きた、あおり運転をした運転者の行為によって、あおられた車の運転者など2名が死亡する悲惨な事故が発生しました。 この事故を受けて、危険性帯有者(運転免許の取得者ではあるが、車などの運転で道路交通に著しい危険を生じさせるおそれのある者)への罰則が強化されることになったのです。 車を使って暴行事件を起こすなどの、将来的に事故を起こさせる可能性があると判断されたドライバーは、交通違反の点数に関係なく、最長180日間の免許停止が出来るようになりました。 「NumberData」を参考にして自衛することはもちろん大切ですが、このサイトや法令が抑止力となって、まずは危険な運転をするドライバーが減ってくれることを願うばかりですよね。 あおり運転に関する記事一覧 今朝通勤中に実際にあったことです。 片側2車線を右側通行中、左側より小型125ccスクーターに追い抜かれ、前方に入られました。 それを嫌い、左側に車線変更をしたところ、そのスクーターも同様に。 右側はやや車列が連なってましたが、左側はがらがらだったので、加速しようとしたら、そのスクーターは車線の真ん中又は右側を制限速度で通行したため、私は又右側に戻り走行。 その内そのスクーターは私の後部に付き、信号待ちの時に、スマホにて私のナンバーを撮影したので、すぐに110 車内ハンズフリー し、そのスクーターの特徴等を通報しました。 警察とのやり取りで、即パトカー配備し現場付近へ急行しますとのこと。 ただ、通勤中の事で、警察との接触はしませんでした。 バイクは機動力があり、対車の場合、車側はとても不利、不自由な状況になると思います。 やはり110番通報が、効果的かと思います。 ドラレコは搭載してましたが、故障なのかどうやら肝心な場面が残っておらず、その点でちょっと不安はありますが、リアルタイムに警察とやり取りをしてるので、警察には理解が得られるかなと思います。 ちなみにそのスクーターは、ほぼ毎日、通勤時に会い、その進行方向も知っていて、今日はそのスクーターであれば、直進すべき交差点を、わざわざ右折する私の後ろに付き撮影をしたので、煽りか?と気がついた次第です。 多分お互いのタイミング的に、私は進路妨害と取ったし、スクーター側は煽りと取ったのかな?と今になっては思いました。 まあ、どちらにせよ実際の行動と、その時思った感情とには、相当な差があり、それらを一つ一つ立証していくのは大変な作業だなと。 こんな逆煽りもありますので、皆さんお気をつけ下さい。

次の

ナンバープレート情報局

ナンバー 検索 あおり

車のナンバーからその車の持ち主の氏名・住所を知りたいケースがあると思います。 たとえば、ストーカーにつきまとわれて困っている場合とか、浮気相手と思われる車に配偶者が乗り込むのを目撃した場合とか、当て逃げして逃げていく車のナンバーを控えておいた場合とか、いろいろあると思います。 あるいは、自分の土地に勝手に車を駐めたまま長期間放置されて困っているケースもあるでしょう。 こうしたケースでは、警察に相談すればナンバープレートを検索してトラブルの相手を特定してもらえるのでしょうか? このページでは、 ナンバープレートからトラブル相手を特定できるのか、詳しく解説しています。 しばらくお付き合いいただけると幸いです。 ナンバープレートから相手の氏名・住所を割り出すことは捜査の一環として当然やってくれるはずです。 ただし、証拠となるものがナンバープレートだけでは捜査は難航するかもしれません。 相手の顔の画像などで人物が特定できないと逮捕にまで持ち込むことは難しいからです。 「事件化」しなければ警察はナンバーから相手を特定できない 警察には「民事不介入」という大原則があり、わたしたちが生活の中で遭遇するさまざまなトラブルに対して、相談に乗ってはくれますが、本格的に「捜査」にまで乗り出してくれるかはケースバイケースだと思います。 ただし、相手の車のナンバーを控えていたとしても、ストーカー行為の度合いが相当程度深刻になっているのでない限り、ナンバーを照会して相手を特定するところまで行くかは微妙なところだと思います。 これこそ「民事不介入」の最たる例です。 それで捕まらなかった場合は、警察のナンバー検索システムで所有者を特定し、逮捕してもらえる可能性が高いと思います。 当て逃げは轢き逃げのように負傷者はいないのですが、道路交通法上の危険防止措置義務違反と警察への報告義務違反を犯すことになるので、罰金刑が課せられるれっきとした犯罪です。 ここで、警察官がナンバーから車の所有者を特定したものの、それが不正なやり方であったために処分された事例を見ていただきたいと思います。 警察といえども、しかるべき理由がなければナンバーから相手を特定できないことをご理解いただけるはずです。 2017年に熊本県警の20代の巡査部長が起こした事件 この巡査部長は、当時、妻と離婚調停中でした。 その妻には交際している男性がいて、巡査部長はその男性の車の ナンバープレートをメモに控えておきました。 巡査部長は離婚調停を自分に有利に進めるには、この男性に妻と交際していることを認める 念書を書かせればいいのではないか、と考えました。 そこで、メモしておいたナンバープレートの番号を、 違法駐車車両の所有者照会や事件捜査に使う警察署内のシステムに入力し、氏名と住所を突き止めました。 後日、巡査部長は同僚を引き連れて妻の交際相手の男性宅に行き、実際に念書を書かせたのです。 しかし、その男性が、こうしたやり方を不審に思ったのか、その後べつの警察官に相談したことで、巡査部長の 不正が発覚しました。 何の「不正」かというと、巡査部長は、 捜査の一環としてではなく、完全に私的な目的で、警察のナンバー検索システムを使用したからです。 つまり、このことからわかるように、 たとえ警察であっても、「事件化」している事案であるとか、捜査の手段として認められる範囲においてでなければ、ナンバーから氏名・住所を特定することは許されないのです。 参考:2017. 22 自分でナンバーから相手を特定する方法はある? では、警察がダメなら自分で調べることは出来ないのでしょうか? フィットやプリウスなどの登録車では、以前は調べることが出来ました。 たとえば、車のナンバー「富士山 555 あ 1234」がわかっていれば、まったくの第3者が 陸運支局や 自動車検査登録事務所で所有者を特定することが出来ました。 これは、 登録事項等証明書という書類を請求することで、相手を特定できたのです。 この登録事項等証明書は、ご覧のように車検証と同じ形式のものです。 以前は誰でも請求できましたが、2007年11月16日からプライバシー保護・個人情報保護の観点から、請求方法が厳格化されました。 その結果、• 請求者本人を確認できるもの(免許証など• 「登録番号」および「車台番号(下7桁)」 が必要になったのです。 このうち、「登録番号」はナンバープレートの表示内容なのでいいとしても、「車台番号(下7桁)」は車検証を見るか、ボンネットを開いてエンジンルームの奥の刻印を見なければわかりません。 つまり、 2007年以降は、実質的に、その車の所有者でなければ登録事項等証明書を請求できなくなったのです。 このように請求要件が厳格化されたのは、 ・ 盗難やストーカー行為などの不当な目的に使用されること ・ 個人のプライバシーを侵害すること ・ 登録事項等証明書制度の趣旨に反する請求を行うこと などを防止するためです。 ただし、例外もあります。 それは 放置車両に関してです。 放置車両は第3者がナンバーから所有者を特定できる 月極駐車場や私有地などに長期間車を放置したまま所有者が現れない場合、土地所有者は何とかしてその車を撤去しないと生活に支障が生じます。 こうしたケースでは、「登録番号」のみわかればOKで、「車台番号」は不要です。 そのかわりに、放置車両の状況を確認するため、 当該車両の放置状況が判る図面、車両の写真及び放置日数等を記載した書類の提出が必要になります。 具体的にはこうした書類です。 このように、原則的には、第3者が登録事項等証明書によってナンバーから所有者を特定することは出来ないのですが、放置車両に関しては、一定の条件付で、特定することが可能です。 以上が、アクア、CR-3などの登録車の場合です。 では、軽自動車の場合はどうなのでしょう? 結論を言いますと、軽自動車でも事情は同じです。 本人か本人の依頼を受けた人でなければナンバーから車の所有者を特定することは困難です。 なお、軽自動車の場合は、登録事項等証明書とは呼ばずに 検査記録事項等証明書と呼び、手続き場所も陸運支局ではなく 軽自動車検査協会になります。 そして、軽自動車の場合も、 放置車両に関しては例外的な対応がなされていて、登録車と同じように、一定の条件付で、第3者がナンバーから所有者を特定することが可能になっています。 しかし、対応してくれるのは間違いないので、詳細は最寄の軽自動車検査協会に電話でお問い合わせください。 探偵・興信所に依頼するのもひとつの方法 これまで見てきたように、ナンバーからその車の所有者を特定できるケースは、ごく限られていることがお分かりかと思います。 警察では、捜査の一環としてでなければ、警察内のナンバー検索システムを利用できません。 また、陸運支局や軽自動車検査協会も、放置車両のような一部の例外のみ条件付で特定可能ですが、その他のケースではほぼ特定不可能です。 では、それでも何とかしてナンバーの情報だけから相手を特定したいという場合はどうすればいいのでしょう? こういうケースでは、 探偵社とか 興信所といったところが力になってくれるかもしれません。 どういう手段を使うのかはわかりません。 詳細は不明ですが、おそらくかなりグレーな領域に踏み込んだ手法も交えてのことかもしれませんが、探偵なら、その道のプロとして、なんとかしてナンバーの情報だけから相手を特定してくれるケースもあると思います。 どれだけ手間がかかったかによるでしょうが、通常、 5万円~10万円はかかるのではないでしょうか。 それでも突き止めたい人には、ひとつの選択肢だと思います。 ご覧いただきありがとうございました。 元保険代理店代表です。 現在はブログ記事作成を日課にしています。 自動車保険の記事が中心ですが、その他クルマに関するお役立ち記事に取り組んでいます。 さて、7月ですね。 新型コロナは日本でも一進一退ですが、世界的には今パンデミックのピークにあるのかもしれない状況です。 怖いです。 わたしは洗面所に手洗い泡石鹸を6種類並べて毎日30回以上手を洗っています。 手洗い後の肌荒れ防止のためにアロエ美容液みたいなものも3種類用意しています。 完全に病気です。 楽しいです。 泡石鹸はミヨシ石鹸の「無添加 せっけん 泡のハンドソープ」というのが一番使い心地がいいです。 いつも3プッシュで洗いますが、超微小な泡が立ち、すすぎではヌルヌルが他のどの泡石鹸より素早く取れます。 ただ香りが欲しい時はまた別のものを使います。 ドラッグストアに行くとハンドソープのコーナーを必ずチェックします。 手洗い病は当分のあいだ続きそうです。 こんなことしかできません。

次の