肺炎 胸焼け。 肺炎の症状・原因・治療法|胸の症状からわかる病気一覧

肺炎について

肺炎 胸焼け

胸焼けを起こす病気 代表的なものはです。 胃食道逆流症(GERD)は、炎症の有無によって2タイプに分けられます。 胸焼けを起こす代表的な病気です。 症状としては、胸やけのほかに、呑酸(口の中にすっぱいものがこみ上げる)、のどの違和感、咳などがあります。 内視鏡検査で食道粘膜に炎症が認められます。 非びらん性胃食道逆流症(NERD) 胸やけ、呑酸などの症状があるにもかかわらず、内視鏡検査で食道粘膜に炎症所見が見られない場合、 非びらん性胃食道逆流症(NERD)と診断されます。 胃酸の分泌を抑える薬により、逆流性食道炎、非びらん性胃食道逆流症(NERD)の症状を改善させることが出来ます。 消化器内科を受診しましょう。 食道がん は初期には症状が出ることは少なく、進行してから起こることが多いです。 進行すると胸のつかえ感、胸やみぞおちの痛みや不快感、背中の痛みなど、色々な症状が起こってきます。 胸やけのような症状として自覚されることもあります。 ・ 心臓の周りの血管が細くなったり、詰まったりすることで起こります。 症状としては激しい胸の痛み、冷や汗などが代表的ですが、胸やけのような症状として自覚されることもあります。 このような症状がある場合は一刻を争う可能性があるため、速やかに医療機関を受診することが重要です。 胸焼け・胃食道逆流症(GERD)の原因 胃酸が食道内に逆流し、食道の粘膜を刺激することで胃食道逆流症(GERD)が起こります。 胃酸が食道内に逆流しやすくなる原因としては以下のものが挙げられます。 食道裂孔ヘルニア 横隔膜にある食道が通る穴から、胃の一部が上の方に飛び出してしまう状態です。 加齢で起こりやすくなります。 食道裂孔ヘルニアがあると、胃酸が食道に逆流しやすくなります。 高齢化の影響で食道裂孔ヘルニアが増えており、胃食道逆流症(GERD)が増加傾向にある要因の一つと考えられています。 腹圧の上昇 腹圧が上がると、胃の内容物が押し上げられやすくなり、胃酸が食道に逆流しやすくなります。 腹圧が上がりやすくなる原因として、以下のものが挙げられます。 ・肥満 ・ベルトやコルセットによる強い締め付け ・背中が曲がるなどの前屈姿勢 ・妊娠 ・便秘 胃酸分泌過多 胃酸の分泌が多くなる原因には、以下のようなものがあります。 ・食生活の欧米化 食生活の欧米化により動物性たんぱく質や脂肪の摂取量が増えています。 肉などのこってりした脂っぽい食べ物を食べると、それを消化するために胃酸分泌過多になり、胃食道逆流症(GERD)の原因になります。 ・ヘリコバクター・ピロリ菌の感染者の減少 胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因になるヘリコバクター・ピロリ菌ですが、近年、除菌治療が保険適応になったことで除菌治療を受ける人が増えました。 除菌を受けた人は胃酸分泌が増え、胃食道逆流症(GERD)の原因になる場合があります。 胸焼け・胃食道逆流症(GERD)の予防 食べ物に気を付ける 誰でも気軽にできる胸焼け予防は、食べ物に気を付けることです。 胃酸の分泌を抑えるため、揚げ物などの脂っこい食べ物、チョコレートケーキなどの糖分が多い食べ物は少し控えるといいでしょう。 また、アルコールやカフェイン含有飲料、激辛のラーメンなど、胃腸への刺激が強いものを摂取する際も気をつけましょう。 生活習慣に気を付ける 食後に眠くなってすぐ横になると、胃酸が逆流しやすくなります。 食後すぐに寝ることは避けましょう。 夜にはカロリーが高く、消化の悪いものを食べるのは控えることも重要です。 また、肥満の人は特に胸やけになりやすいため、生活習慣を改善する必要があります。 定期的に適度な運動を心がけましょう。 こめかみのあたりがズキズキする、ガンガンと脈打つような痛みがある、目の奥の方が痛い…頭痛はつらいですよね。 日本人の3人に1人は頭痛持ちと言われていますが、一口に「頭痛」といっても様々なタイプがあります。 慢性頭痛と呼ばれるものには、大きく「偏頭痛」、「緊張性頭痛」、「群発頭痛」、「混合型頭痛」に分類されますが、このタイプによって対処方法が変わります。 頭痛に悩まされている方、まずは自分の頭痛のタイプがどれに当てはまるかチェックしてみましょう! 頭痛について 今井 さいこ 私は「心の健康を保つためには、『I love you』より『I love me』を大切にしましょう」とクライエント様に発信し続けています。 自分を大切にできない人は周りも大切にすることはできない、と考えているからです。 悩みを抱える方がこのことに気づけば、自分自身で問題を解決していく力を持っています。 変えられない環境に振り回されるのではなく、どんな環境にいても「あなた」でいられる軸を一緒に見つけるお手伝いをいたします。 また、悩みを抱える多くの方が「眠れない」悩みも抱えていることに気づき、睡眠指導者の資格を取得しました。 睡眠習慣についてのお悩みもお伺いいたします。 「こんな悩み、相談してもいいのかな」と思わず、どんな悩みでもご相談ください。 妊活、不妊治療、産前産後うつ、夫婦間コミュニケーション、親子間コミュニケーション、対人コミュニケーション、依存症、... 斉藤 恵一 企業や商品・製品には様々なブランドがありように、これからの時代は個人にもブランドが求められる時代です。 あなたにとって、自分ならではの強みや価値は何ですか?「パーソナルブランド」を築くことを通じて、より活き活きと自分らしく、輝くことができると考えています。 誰もが持つ「可能性」を最大限に引き出すための 「知識」、「技術」、「マインド」を磨き、セルフマネジメントすることで誰もが「なりたい自分」を手に入れ、夢の実現を引き寄せることができるのです。 世間のモノサシに依存するのではなく、自分のモノサシを持ち、セルフイメージを上げて自分の可能性を信じ行動することこそが夢を叶えるために大切なことです。 メンタルトレーニング、コミュニケーションスキル、パーソナルマネジメント、人材育成、対人関係.

次の

胸焼けの症状・原因・対処法 Doctors Me(ドクターズミー)

肺炎 胸焼け

概要 肺炎とは、気道を通して侵入した細菌やウイルスなどの病原体が肺内で増殖し、炎症が引き起こされた状態です。 肺炎は呼吸器の病気の中でも比較的よくみられます。 日本の死亡原因の第3位)といわれていますが、その要因は人口の高齢化による高齢者肺炎の増加と、これによる死亡者の増加です。 肺炎はどこでかかったかによって市中肺炎と院内肺炎に大きく分けられます。 市中肺炎は自宅など日常の生活の中で発症した肺炎、院内肺炎は病院に入院後48時間以降に発症した肺炎を意味します。 また日本では、市中肺炎をさらに「細菌性肺炎」と「非定型肺炎」に分けて考えることを重要視しています。 これは、症状や身体所見、検査所見からある程度見分けることが可能で、治療に使用する薬が若干異なるためです。 原因 肺炎にかかりやすくなる要因 肺内に病原体が侵入し、増殖することが原因です。 肺炎にかかりやすくなったり治りにくくなったりする要因として下記のようなものが挙げられます。 呼吸器疾患(、後遺症、間質性肺炎など)• 心疾患• 腎疾患• 悪性腫瘍• 免疫が抑制された状態(ステロイドや免疫抑制剤、抗癌剤を使用中)• 誤嚥 飲食物や唾液が誤って気管に入ってしまう状態 など 肺炎の病原体 病原体として、市中肺炎の原因となる頻度が高い微生物は、肺炎球菌、菌、肺炎マイコプラマ、肺炎などです。 肺炎球菌とインフルエンザ菌は先に述べた細菌性肺炎の原因となる病原体で、肺炎マイコプラズマと肺炎クラミジアは非定型肺炎の原因となる病原体です。 また頻度は少ないですがウイルスも原因となる場合があります。 院内肺炎では、(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)や緑膿菌などの抗菌薬が効きにくい細菌が原因になることが多くなります。 肺炎球菌、インフルエンザウイルス、レジオネラによる肺炎は重症化する場合があることが知られています。 また、免疫が抑制された状態にあると、ニューモシスチス・ジロベチ(真菌の一種)やサイトメガロウイルスといった病原体でも肺炎になることがあります。

次の

KL

肺炎 胸焼け

胃食道逆流症とは、いったんは 胃の中に入ったものが、 食道まで逆流することで「食後に 胸焼けがする... 」「 胃液がこみ上げてきて酸っぱく感じる... 」などの不快な症状を起こす病気です。 胃には食べ物を消化するために出る 胃酸から自らを守る粘膜がありますが、食道にはこうした機能はありません。 なんらかの原因で 逆流してきた胃酸にさらされ続けると、食道が傷つき不快な症状が起こります。 欧米に多く、日本には少ないとされてきた病気でしたが、20年ほどで日本でも患者がどんどん増えています。 さらに高齢者に多いとされてきた病気でしたが、最近は 若い人にも見られるようになってきました。 食生活など 生活習慣の欧米化がおもな原因とされています。 胸焼けを起こす病気といえば 逆流性食道炎がよく知られています。 逆流性食道炎は胃食道逆流症の1つのタイプです。 胃食道逆流症には大きく2つあって、もう1つは 非びらん性胃食道逆流症と呼ばれます。 この びらんというのは皮膚や粘膜などにできる赤くただれた炎症部分のことで、食道にびらんがあるか、ないかということでタイプが分かれます。 非びらん性胃食道逆流症は、食道にびらんが見られないため、長い間、逆流性食道炎の軽症型だと思われていました。 一方で症状は逆流性食道炎と変わらないほど強いということがわかってきました。 逆流性食道炎は高齢者や 肥満の人に多く、非びらん性胃食道逆流症は、 若くて やせ型の 女性に多い傾向があります。 食道と胃のつなぎ目には 下部食道括約筋という筋肉がついています。 この筋肉が食道の下の部分を締め付けるので、胃の中のものが食道に逆流せずにすみます。 ところが胃に食べ物がたまってくると、食道を締め付けていた下部食道括約筋が緩んで、食べ物といっしょにのみ込んだ空気を胃の外へ出そうとします。 これが げっぷです。 このとき胃の中にたまった胃酸も逆流してしまうことがあります。 この逆流が頻繁に起こることが胃食道逆流症の主な原因になります。 見た目ではわからなくても、非びらん性胃食道逆流症では 食道粘膜が通常より 過敏になっているために少しの胃酸でも敏感に反応して胸焼けなどの症状を起こします。 最近では非びらん性胃食道逆流症については、胃酸の逆流に関わらず、食道の食べ物を送り出す ぜん動運動などの機能に問題があったり、 精神的な原因によって症状がでる場合があることがわかってきました。 プロトンポンプ阻害薬は胃酸の量を抑えることはできても、胃液の食道への逆流自体を抑えることはできません。 そのためよくなった場合も、長期にわたって薬をのみ続ける必要があります。 プロントポンプ阻害薬で症状が改善した後、服用を中止すると6か月間で83%の人が、またつらい症状を感じるようになったという報告があります。 このような再発を繰り返すと、 出血や 潰瘍、潰瘍部分が引きつれをおこして食べ物の通りが悪くなる 「狭窄」、さらには食道粘膜が胃と同じような粘膜に変化する 「バレット食道」などの合併症を起こす場合があります。 バレット食道があると、まれに 「食道腺がん」を発症することがあるので、継続的に検査と治療をしていくことが大切です。

次の