パート 辞め たい 1 ヶ月。 【仕事辞めたい】転職して1ヶ月。日々思うことは「仕事辞めたい」

【仕事辞めたい】転職して1ヶ月。日々思うことは「仕事辞めたい」

パート 辞め たい 1 ヶ月

事務員の仕事内容 「ワード・エクセルが可能な方」という求人内容。 公共職業訓練で3ヶ月間、PC応用クラスで学びました。 エクセルもワードもバッチリ使いこなせます。 しかし実際、働いてみた感想は、 PC操作以外の仕事が多い! 支払伝票、納品書、契約書、回覧文書などなど作成する資料が沢山。 資料作成以外にも 現場との調整あり。 棚卸し業務あり。 とりあえず、 やることが沢山! 毎日、必死で仕事をしていますが 定時に終わりません。 そして何よりも 自分自身の理解力の低さにイヤになる!! 前任者に一通りのことは教えてもらったのだけど、些細なミスを繰り返して 失敗ばかり。 仕事は終わらない。 新しい仕事がどんどん積まれていく。 質問したくても、わかる人がいない。 些細なミスをしてしまい、謝ってばかり。 自分のポンコツっぷりに凹んでばかり。 自己嫌悪の日々です・・ 事務所の人間関係 正社員とパートの間に壁があります。 20代の正社員がおられるのですが 当たりがキツイ。 多分、 この人は私のコト嫌いなんだろうねー。 不明な点があり質問すると、あから様に 面倒くさそうな顔をされます。 口調もキツイし苦手な人・・ パートさん同士は表面上は仲が良いけど、 あちらこちらで 陰口を聞きます。 女性が多いとそれは仕方無いのかなぁ。 新人の私は、誰が味方か敵かわからないし、適当に相づちを打つのみ。 休日も頭の中は仕事でいっぱい 土日は休みなのですが、 休日も頭の中は仕事でいっぱい・・ あの仕事が出来てないなぁ・・ 期日までに提出できるのかなぁ・・ 漠然とした不安が頭の中を駆け巡ります。 休みの日も仕事のことばかり考えてしまいます。 過去を振り返ってばかり 過去を振り返っても仕方ない、とは思うけど 過去を振り返ってばかり。 10年以上勤務していた前職。 慣れた仕事内容、仲良かった仕事仲間たち。 10年かけて築き上げたものは大きかったんだなぁ・・って思います。 転職後の私はイチからのスタート。 人との信頼関係も、仕事の実績も全てイチから積み上げていきます。 20代若者に邪険に扱われることもなかったのになー。 給料的にもかなり下がってしまいました。 私の転職は失敗だったのかな!? 転職1ヶ月の凹み 「仕事辞めたいなぁ・・」 思うけど、ここで辞めたら今後、多分どこに行っても働けない気がする。 今が、ふんばりドコロ!とは思うけれど。 もう少し経ったら仕事にも慣れてくるのだろうか。 「仕事いきたくない」 「仕事やめたい」 過去を振り返っても仕方ない。 とりあえず明日からも頑張って働きます! 心が落ち着く本 「多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ」.

次の

パートの辞め方、円満に退職するための理由と伝えるタイミング

パート 辞め たい 1 ヶ月

この記事の目次• 円満退社のためにはできるだけ早めに退職することを伝える パートで働いている方であれば、生活や家族の事情などで仕方なく退職をしなければならないケースも少なくありません。 例えば、「親の介護が必要になった」「子どもを妊娠した」「住まいを引越しすることになった」といった事情で、やむなくパートを辞めたい・辞めなければいけないというケースです。 こうした場合、できるかぎり円満に退職を進められるようにしたいものです。 スムーズな引継ぎのためにできれば1か月前までには伝えたい 後任の方への引継ぎなどの業務をふまえると、退職をしたい場合には、 できるだけ早めに退職することを伝える(1か月前であれば余裕をもって引き継ぎなども行えます)ことが円満に退社するには重要になってきます。 勤務シフトの決定や、欠員採用に必要な期間を考えてみると、急な事情でないならば、1ヶ月前までには伝えられるようにはしたいところです。 また勤務先によっては、就業規則などに退職意思を伝えるタイミングについての規定がある場合もあるので、一度確認するようにしてみましょう。 事情がある場合でも遅くとも14日前には伝えるよう心掛ける 1か月前には伝えたいところですが、法的なルール(民法第627条)では、退職をするという考えを伝えてから、14日以上経過すれば退職しても構わないという事が決められています(働く期間が定められている有期雇用契約の場合はその限りではありません)。 しかし、仮にあなたが退職意思を示して14日後に強引に退職してしまうと、当然、勤務先にとっては問題になるケースも起こってきます。 あなたが抜けた穴をどうするかという問題(勤務シフトの組み直しや欠員採用など)が、解決していないと勤務先に迷惑をかけることになってしまいます。 お互い信頼しあって働いている勤務先であれば、早めに退職意思を伝えることで、互いの状況をすり合わせて、最も双方にとって問題のない退職タイミングを相談して決めることができるでしょう。 余計な混乱を生まないためにまず上司に報告する パートを辞めたいと考えているとき、誰にどのようにその気持ちを伝えるかも大事です。 まずは 直属の上司に、しっかりと口頭で「辞めたい」という意志を伝えるようにしましょう。 この時に、いきなり「退職届」などの書類を持っていく必要はありません。 パートの場合には「退職届」が必要ないケースもあります。 まずは「相談」という形で、時間を取ってもらい伝えるようにしましょう。 職場によっては事務処理上の退職届が必要なところもありますが、それは話したときに確認しておくといいでしょう。 誰かが仕事を辞めるということは、シフトの変更や、引き継ぎの問題などで職場内に混乱や動揺を生む原因になってしまいます。 パートリーダー・後を引き継ぐ立場の人にも事情を話しておく 退職の手続き上は、上司に伝えれば問題はありません。 しかし、円満退職ということを考えると、パートのリーダー的な人や、あなたが辞めた後のフォローを実際にしなければいけない立場の人には、 退職の事情や迷惑をかけることへの配慮、これまでの感謝の気持ちなどを直接伝えておきましょう。 去る職場の悪口・次の職場のことなどは言わない もしも人間関係の問題や条件面の不満で辞める場合であっても、そこに残る側からすれば、 自分の職場の悪いところを去る人から聞くのは気持ちのいいものではありません。 次にいいパート先が決まっているとしても、そのことを取り立てて話さないようにしましょう。 最終的に退職するにあたっては、シフトを調整してもらったり、自分の仕事を引き継いでもらったりと、同僚のスタッフの協力も必要になってくるものです。 できる限り混乱を生まないように、また迷惑をかけないように配慮しながら退職に向けての準備を進めるようにしましょう。 退職理由は必ずしも伝える必要はない パートを辞めたいけど言えない…という時に、なかには退職理由を切り出しにくいというケースもあるでしょう。 職場の人間関係の問題であるケース 特に多いのが「上司との反りが合わず、険悪な雰囲気にもう堪えられない」「パート仲間と打ち解けられない」など職場の人間関係の問題であるケースです。 仕事内容や条件が合わないケース 「思ったより仕事がたいへん」「毎日残業しなければならない」「昇給額が不満」など仕事の内容や条件が合わないケース。 好条件の仕事が見つかったケース 「もっと給料がいい仕事が見つかった」「家の近くで好条件のパートが見つかった」など好条件の職場への転職を考えているといったケースもあります。 さらには、どうしてもプライベートな事情で言いたくないといったケースもあるでしょう。 もし退職理由を聞かれても、 法的には退職にあたって具体的な理由を勤務先に告げなければならないという決まりはありませんので、聞かれたら「家庭の事情ですみません」というような回答でも問題はありません。 納得してもらいやすい退職理由の例 退職理由は「一身上の都合で退職を考えています」という伝え方で問題はありませんが、「どうして辞めたいの?」と質問を受けることもあるかもしれません。 そうした場合には「理由は言えない」「家庭の事情」ということにしたり、たとえ本当の理由でも「給料が安いから」「人間関係が嫌になったから」などとネガティブな理由を言うのは円満な退社の妨げになるので、あまり良い方法ではありません。 例えば、「親の介護があってどうしても出勤が難しくなってしまった」「生活スタイルの変化がありどうしても続けられなくなった」「将来を考えて次のステップを踏みたいと考えている」というように、 言い方を工夫して(嘘をつく必要はありません)、退職に納得してもらえるように伝えることがポイントです。 家族・家庭の変化 「資格取得のために学校に通いたい」 勉強などの前向きな理由も、「そういうことなら仕方がないな」と納得してもらいやすい退職理由です。 まとめ 退職にあたっては、お互いが納得してできるだけ円満に進めたいところです。 一方的に退職を考えるのではなく、勤務先の事情もしっかりと考慮しながら退職の手続きを進めるようにしましょう。 さまざまな事情で退職を考えなければならないケースは珍しくはありません。 「引き止められるかも…」「了承してくれないかも…」と不安になることもあるかもしれませんが、まずは退職の意志を早めに伝えて相談することが、円満退社のポイントです。 もし次に働く機会があるなら「主婦歓迎」の求人がおすすめです。 次に働くところで自分と同じような主婦が先輩として働いていれば、パートの悩み相談もしやすいというメリットがあるのと、例えば子供が熱を出してしまい急に休むような場合、同じ境遇の人がいれば協力しあったり、フォローし合える可能性が高いという点でおすすめです。 自分の心強い味方、仲間がいる職場ならより仕事もしやすくなりそうです。

次の

パート辞めたい40代が多い!言えない理由や1ヶ月で辞めるワケは?

パート 辞め たい 1 ヶ月

はじめてまだ1ヶ月だけど、もうバイト辞めたい。 そんなときはどうする? 【目次】• バイトはじめて1ヶ月で辞めたい、はよくあること? まず気になるのが、バイトをはじめて1ヶ月で辞めたいと思うことはよくあるかどうかということ。 なんとなく早すぎるような気もしますが、どうなのでしょうか。 アルバイトの仕事内容にもよりますが、バイトをはじめて1ヶ月、もう辞めたいと思う人も少なくないようです。 それもそのはず、期待に胸を膨らませていたバイト前と違い、実際に働いてみるとリアル・裏側を知ることとなり、思っていたのと違うという「落胆」、なかなかアルバイトに慣れないという「焦り」、業務に慣れず怒られることによる「ストレス」、学業などとの両立の「疲れ」が出てくるころだからです。 また、バイト当初はわからなかった人間関係のいざこざが見えてくる時期でもあります。 「1ヶ月でアルバイトをやめたいけど、早いかな」と思わずに、「よくあること」だと思ってよいでしょう。 1ヶ月で抱えた不満はきちんと伝えよう では、1ヶ月バイトして見えてきた不満や不平はどうしたらよいのでしょうか。 改善できることであれば上司や店長、先輩に正直に告げるのがよいでしょう。 どんなアルバイトでも不満やストレスなどは小さなうちに解消しておくと、前向きな気持ちで続けやすくなります。 それでも改善されないようなら、辞めることも ただ、正直に伝えたところで改善されないこともあるでしょう。 職場の悪いところが改善されないまま、ずっとモヤモヤした気持ちで働くのはつらいものです。 ある程度「改善できないな」と思うのであれば「辞める」という選択肢も考えてよいでしょう。 1ヶ月でバイトを辞める前に考えておきたいこと バイトを1ヶ月で辞めるということは、自分のなかに気持ちとしてすっきりしないものが残る可能性があります。 本当にそれでよいのか、今一度考えてみましょう。 自分に「続けられなかった」という気持ちが残る アルバイトを1ヶ月で辞めた場合、自分のなかで「バイト、1ヶ月しか続かなかった」「バイト選びに失敗した」という「悔い」が残る可能性があります。 バイトは長く続けることだけが価値ではありませんが、期間が短すぎると「やりきった」という気持ちにならず、あとから振り返って「自分がダメな人間なのかも」と落ち込んでしまうことがあります。 また、ちょっとつらい時期もあるかもしれませんが、我慢して続けてみると意外と先輩と打ち解けて楽しくなってくることもあります。 またバイトを辞めるにしても、自分のなかで「ココまで」という期間を決めて、そこまでやりきると「悔い」が残りにくくなるはずです。 「すぐに」決断せずに「つらい時期もあるな」という考え方をするのも大切です。 次のバイトの仕事内容も考えておこう バイトを1ヶ月で辞めるのであれば、その前に次のアルバイトも考えておきましょう。 次のアルバイトを選ぶうえで今回の失敗パターンが生きてくることがあるからです(例:家からの近さで決めたら、仕事が思っていたよりきつかった/シフトに思ったより入れない、など)。 また、いったんバイトを辞めてまたそのあと探すとなれば、なかなか腰も重くなってしまいます。 切れ目なく新しいバイトをすることで、「バイトと学業などを両立する」生活に慣れ、次のバイトを楽しく続けられることでしょう。 理不尽なことが多い職場なら心身を壊す前に辞めよう ただ、「理不尽なことで怒鳴られる」「いつもピリピリしている」など、「ちょっとおかしいな」と思う職場もあるかもしれません。 その場合、無理になじもうとせず心身を壊す前に辞めましょう。 その場合、「逃げた」と思うのではなく、「自分が働きやすい環境を選んでいる」と思うと気持ちがラクになります。 バイトを辞める切り出し方、タイミングは? バイトを辞めると決めたら、きちんと告げるのがマナーです。 「働いてまだ1ヶ月だから、フェードアウトすればいいや」ではなく、責任をもって伝えましょう。 落ち着いている時間帯を見計らう バイトを辞めると告げるときは、(1)できるだけ仕事が詰っていない時間帯、(2)落ち着いて話せるタイミングを選びます。 理想を言えば閉店後、休憩時間などが良いでしょう。 間違っても忙しい時間帯や相手の機嫌の悪い時に話すのはやめましょう。 また、前もって、「今日、仕事が終わったあとにお話したいことがあるので、少しお時間をもらえないでしょうか」と告げておくと、話しやすくなります。 担当者・店長に直接告げる 辞めることを告げるときは、担当者や店長に直接、辞める意志を伝えましょう。 いくら気まずいからといって、先輩や同僚などに、「辞めると伝言しておく」のはマナー違反です。 電話で辞めることを相談しておく 直接会って話すのが苦しいのであれば、電話やメールなどで事前に予告・相談しておく手もあります。 家に帰ってから冷静になり「どうしても続けられない」と判断することもよくあるからです。 また、次回のアルバイトが1週間後などと、時間があいてしまうこともあります。 すると余計、急に辞める印象になってしまい、相手も困ってしまうもの。 その場合は、電話・メールしておくと、配慮のできる人という印象になることでしょう。 <電話での相談例> 「お忙しいところすみません。 急で恐縮ですが、アルバイトを続けていくことが難しくなり、退職のご相談したく、お電話しました。 ただしあくまでも、「辞める相談」「予告」です。 次回のアルバイトで出社した時には、きちんと話し合いましょう。 バイトを1ヶ月で辞める。 その理由は? たとえ、1ヶ月でなくても「バイトを辞める」と告げるのは勇気が必要なことです。 「思っていたよりも難しかったこと」「やむを得ない事情」「突然」などを詫びる気持ち・理由があれば、相手もおおらかな気持ちで受け取ってくれることでしょう。 思ったより学業・ゼミとの両立が大変だった バイトをはじめてみて、バイトと学業・ゼミとの両立が厳しくなり辞めたい、というのはよくある話です。 「睡眠時間が少なくなってしまって」「本分の勉強に専念させてください」と伝えると相手も了承してくれることでしょう。 親の反対、家族の面倒を見るなど、「家族の事情」 家族の事情が変わったのも、1ヶ月でバイトを辞める理由になります。 「バイトをはじめたが、親が反対していて続けることができなくなった」「家族が突然、体調を崩した」というのも十分ありえることだからです。 もしかしたら「成人しているんだから」といわれることもあるかもしれませんが、「きつく反対されていて、家族がギスギスしている」「学費を親に出してもらっているので、きつく反対されるとNOとはいえない」と言えば、それ以上ひきとめられることはないはずです。 「やりたいこと/夢ができた」ので、バイトを変えたい バイトをはじめたものの、「自分のやりたいことが明確になった」というのもよくあるパターンです。 バイトはじめて1ヶ月。 楽しいこともこれからある せっかくはじめたアルバイトですが、1ヶ月で辞めたくなることは決して珍しいことではありません。 むしろ「理想」と「現実」が明らかになり、「辞めたくなる」時期といえるでしょう。 改善できる見込みがあるなら改善していき、自分ができることをしていきましょう。 ここを乗り切ることで楽しくなることも十分あるからです。 ただ、どうしても難しいなと思ったらすっぱりと辞めるのも1つの手段です。 アルバイトはさまざまな出会いと別れがあるもの。 自分のなかで譲れない「一線」を考え、決断するとよいでしょう。

次の