少女時代 今。 少女時代 (音楽グループ)

少女時代の元メンバー・ジェシカ 現在は韓国やアメリカを行き来

少女時代 今

が新しいユニットを結成するという。 SMエンターテインメントは8月2日、「少女時代の新しいユニットが下半期に向けてアルバムの準備をしている」と明かした。 少女時代のユニットが結成されれば、2012年のテヨン、ティファニー、ソヒョンによる「テティソ」以来となる。 そもそも少女時代といえば、KARAとともに第2次韓流ブームを牽引したK-POPガールズグループだ。 2011年には紅白歌合戦にも出場しており、日本でも高い人気を誇った。 だが同年、解散の危機を迎えている。 ティファニー、スヨン、ソヒョンが所属事務所(SMエンターテインメント)と再契約をしなかったのだ。 3人の離脱によって「さすがに解散はカウントダウンに入った」という声も多かった。 しかし、少女時代は今も健在だ。 例えば、ユナは「少女時代ユナは演技の全盛期」(『スターニュース』)と見出しが打たれているように、昨年はドラマ『王は愛する』(MBC)で演技が称賛されており、現在は映画『EXIT』(仮題、イ・サングン監督)の撮影を控えている状態だ。 ドラマ『お膳立てする男』(MBC)で女優としての成長を見せたスヨンは、日韓共同制作映画『デッドエンドの思い出』の主人公を務める。 原作は吉本ばななの同題小説で、今年中に韓国で公開される予定だ。 (写真提供=SPORTS KOREA)スヨン アメリカや香港と活躍するユリ またユリは、ウェブドラマ『心の声:リブート(仮題)』の撮影を終えて、放送を控えている。 今年1月にはDJ Raidenと「SM STATIONシーズン2」にて楽曲『Always Find You』を発表。 女優としてだけでなくアーティストとしての評価も上々で、米国マイアミで開催された「ウルトラ・マイアミ2018(Ultra Miami 2018)」のステージにも上がった。 他にも香港の雑誌で表紙を飾るなど、ワールドワイドに活躍している。 (写真提供=SPORTS KOREA)ユリ 「圧倒的な美しさ」ソヒョン 最年少メンバーのソヒョンも、精力的な活動を続けている。 韓国で放送中のドラマ『時間』(MBC)の主演を務めるなど女優業はもちろん、平昌五輪期間中にソウルで開催された北朝鮮芸術団の公演にサプライズ出演し、4月には平壌で開かれた「南北平和協力起源 韓国芸術団平壌公演〜春が来る」で司会を務めたことは、記憶に新しい。 (写真提供=SPORTS KOREA)ソヒョン さらにテヨンはソロ歌手として存在感を放っているし、サニーはバラエティ番組に引っ張りだこだ。 ヒョヨンは最近、「DJ HYO」の名でDJ活動にも励んでいる。 (写真提供=SPORTS KOREA)テヨン (写真提供=SPORTS KOREA)サニー (写真提供=SPORTS KOREA)ヒョヨン 生まれ育ったアメリカに戻っていたティファニーも、世界的なマネージメント社Paradigm Talent Agencyと手を組んで、本格的なソロ活動をスタートさせている。 (写真提供=SPORTS KOREA)ティファニー なぜ少女時代メンバーは活躍できる? 解散が囁かれた少女時代は、それぞれが自分のフィールドで活躍しているというわけだ。 「韓国アイドルの寿命は5年以内」という言葉があるほど、韓国ではアイドルグループが生まれては消えているが、上述の通り、少女時代はまだまだ健在。 その理由を韓国の大手スポーツ紙『スポーツ・ソウル』は、こう伝えている。 「メンバーそれぞれの力量が優れており、相変わらず素晴らしいチームワークを誇っている。 現在メンバーが活発な個人活動を繰り広げているのは、少女時代がそれだけ良いチームという証拠でもある。 少女時代のブランド・パワーは、それほど大きい」 解散説が囁かれていた当時、少女時代のメンバーたちが「決して解体ではない」と強調したこともファンにとっては、大きかったのではないだろうか。 そんな少女時代のメンバーが6年ぶりにユニットを組むというのだから、期待が高まってしまうのも仕方がない。 「詳細は追って公開する予定」とのことだが、今から楽しみなのは筆者だけではないはずだ。 (文=慎 武宏) 外部サイト.

次の

少女時代 (音楽グループ)

少女時代 今

8月に「 Into the New World 」 でデビュー。 に発表した「」が大ヒットし、一躍韓国アイドル界のトップスターとなる。 韓国だけでなく、アジア諸国、日本、欧米でも活動を行っている。 所属事務所は。 公式のグループカラーは「パステルローズピンク」である。 ソニョシデの表記を略した SNSDも使われる。 ほかにソニョシデを略した ソシもファンを初めとして多く使われている。 概要 [ ] の芸能事務所SMエンターテイメント の練習生の中から選抜され、9人で結成された女性アイドルグループである。 2007年にデビューして以来、らと共に韓国の女性アイドルグループブームを牽引してきた。 韓国だけでなく、、、、、など各国で活動しており、2011年には欧米デビューを果たした。 またメンバーは少女時代としての音楽活動の他、それぞれが、、、として各方面で活躍している。 、、を習得しているメンバーもおり、海外進出にも対応できる形となっている。 グループ名の「少女時代」には「少女たちの時代が来た」という意味が込められている。 の国では「少女時代」の現地読みが使われ、の国では英語名である「 Girls' Generation」で活動を行っている。 「少女時代(ソニョシデ)」を略して「 ソシ」と呼ばれたり、So Nyeo Shi Daeのイニシャルを取って「 SNSD」と表記されることもある。 公式色は「パステル・ローズ・ピンク」。 メンバー [ ] メンバー [ ] 画像 芸名 本名 生年月日 身長 体重 血液型 兄弟姉妹 担当 国籍 詳細 名前 ハングル ローマ字 漢字 ハングル ローマ字 태연 TaeYeon 金泰耎 김태연 Kim TaeYeon 1989-03-09 (31歳) 157 44 A 兄、妹 リーダー メインボーカル 韓国 - 써니 Sunny 李純揆 이순규 Lee SoonKyu 1989-05-15 (31歳) 156 47 B 姉2人 リードボーカル 韓国 - 티파니 Tiffany 黄美英 황미영 Hwang MiYoung 1989-08-01 (30歳) 162 48 O 姉、兄 リードボーカル アメリカ• 本名:ステファニー・ミヨン・ファン Stephanie Mi-Young Hwang 효연 HyoYeon 金孝淵 김효연 Kim HyoYeon 1989-09-22 (30歳) 158 46 AB 弟 メインダンサー メインラッパー サブボーカル 韓国 - 유리 YuRi 權兪利 권유리 Kwon YuRi 1989-12-05 (30歳) 166 45 AB 兄 メインダンサー 韓国 - 수영 SooYoung 崔秀榮 최수영 Choi SooYoung 1990-02-10 (30歳) 172 52 O 姉 リードダンサー サブボーカル 韓国 - 윤아 YoonA 林潤妸 임윤아 Lim YoonA 1990-05-30 (30歳) 168 47 B 姉 センター リードダンサー サブボーカル 韓国 - 서현 SeoHyun 徐朱玄 서주현 Seo Juhyun 1991-06-28 (29歳) 172 53 A 一人っ子 リードボーカル 韓国 - 元メンバー [ ] 画像 芸名 本名 生年月日 身長 体重 血液型 兄弟姉妹 担当 国籍 詳細 名前 ハングル ローマ字 漢字 ハングル ローマ字 제시카 Jessica 鄭秀妍 정수연 Jung SooYeon 1989-04-18 (31歳) 161 45 B 妹 メインボーカル アメリカ• 本名:ジェシカ・チョン/Jessica Jung 来歴 [ ] 練習生時代 [ ] チャムシルでのビーチバレー大会(2008年) 少女時代のメンバーは、それぞれオーディションやスカウトを通してSMエンターテインメントの練習生となり、2年から7年の間、歌やダンス、演技などのレッスンを受けた。 SMは2005年に男性アイドルグループ「」のデビューを成功させると、次なるグループとして「女性版スーパージュニア」の構想を始めた。 練習生の中で、「スーパーガールズ」と呼ばれる11人組の仮グループが結成され、ユナ、ユリ、スヨン、ヒョヨン、ジェシカ、ソヒョンの6人はそのメンバーとしてレッスンを重ねていった。 社内でのショーケースを通して何回かメンバー交代が行われ、最終的にティファニーとテヨン、サニーが加わって、2007年夏に少女時代が結成された。 「スーパーガールズ」元メンバー• 初期 イ・ヨニ、ホン・ボラ、ペク・ソクビン、チャン・リイン、キム・イェジン• 後期 ソ・ヒョンジン、パク・ソヨン、ステラ、チャン・ハジン、イ・ファニ、ホ・チャンミ これらの中で、少女時代のメンバーにならなかった者の、その後の経歴は以下の通りである。 :女優• :ソロ歌手• パク・ソヨン:メンバー、芸名は「ソヨン」。 ホ・チャンミ:「」メンバー、芸名は「チャンミ」。 :別のグループでデビューした後、女優として活動。 チャン・ハジン:韓国の理系難関大学であるに入学し、電気電子工学を学んだ。 KAIST在学中の2011年には、著書『소원을 말해봐(願いを言ってみて)』(日本では未翻訳)を出版した。 卒業後は、に入社し、 の基本となる機器間の通信技術を研究している。 ステラ:に入学し、スヨンとの親交が続いていた。 :大学に進学後、2012年に歌手デビュー。 ソヒョンと仲が良い。 SMエンターテインメントは、などの歴代人気アイドルを輩出してきた大手事務所であるため、その新人グループとして少女時代は、デビュー前からファンの注目を集めていた。 韓国での活動 [ ] 2007年8月2日にシングル『다시 만난 세계(タシ マンナン セゲ)』()でデビュー。 約5万枚を売り上げ、10月11日放送の「Mカウントダウン」にて歌番組で初めての1位を獲得した。 11月には1stフルアルバム『소녀시대(ソニョシデ)』()を発売し、その年のなどで新人賞を受賞した。 2008年3月にはリパッケージ・アルバム『Baby Baby』を発売し、『소녀시대(ソニョシデ)』と合わせた売上は12万枚を越えた。 9月には新曲が発売される予定であったが急遽中止となり 、しばらくはテレビ出演や個人での活動が中心となった。 ではアジア最高歌手賞を受賞。 LG モバイル・ワールドカップ2009で Genie を披露した少女時代 9か月の空白期間を経て2009年1月にリリースされた1stミニアルバム『』は、の音楽番組「」のヒットチャートで史上初の9週連続1位を記録した 他、様々な音源チャートで1位を獲得し 、一大ブームを巻き起こした。 続けて6月には2ndミニアルバム『』を発売。 これら2つのミニアルバムはそれぞれ売り上げが10万枚を越え、この年にはゴールデンディスク賞を始めとしていくつもの音楽大賞を受賞した。 12月にはにて初の単独コンサートを開催。 2010年1月には2ndフルアルバム『』を発売し、で2010年の年間で197,934枚の販売数を記録した。 3月に発表されたリパッケージアルバム『』(の2010年の年間販売数は136,851枚)からは、それまでの「かわいい妹」路線から「大人の女性」路線へとイメージ変更を図っていった。 8月から日本での本格的な活動を開始しながら、10月には3rdミニアルバム『』(の2010年の年間販売数は163,066枚)を発表。 日本での活動を一段落させると、2011年10月19日に3rdフルアルバム『』を発売した。 『』は2011年の年間でで385,348枚 の販売数を記録し、2012年の年間販売数52,863枚 と合わせると累計438,211枚である。 2012年5月にはテヨン、ティファニー、ソヒョンの3人が「」として活動した。 2013年1月1日、4thフルアルバム『』を発売。 にて新曲を披露する特集番組が放送された。 『』はで2013年の年間で293,302枚 の販売数で、2014年1月から10月までの販売数8,151枚 を合わせると累計301,453枚である。 2014年2月19日に、4thミニアルバム『』のタイトル曲「Mr. 」を先行配信して、24日にはCDが店頭に並ぶ予定だったが、ミュージックビデオの破損により公開が遅れ、24日に、タイトル曲「Mr. 」のほか収録曲をMelOn、genie、NAVER MUSICなど主要音楽配信サイトにて公開し、27日に店頭販売されることになった。 『』は2014年の年間でで163,209枚 の販売数を記録し、前作3rdミニアルバム『』の2010年の年間販売数(163,066枚)を上回った。 9月には「少女時代-テティソ」として、2ndミニアルバム『』(タイトル曲:Holler)で活動した。 2014年9月30日、メンバーであったが少女時代としての活動を休止するよう、所属事務所のSMエンターテイメントより勧告された。 その当時は、処遇について曖昧なままであったが、2015年8月6日、SMエンターテイメント側から正式にジェシカとの契約を終了したことを明かした。 2015年7月、ジェシカが抜けて8人体制となって初のシングル『』を発表。 8月には「LION HEART」「YOU THINK」をダブルタイトル曲にした5thフルアルバム『』が発売された。 『』のの2015年の年間販売枚数は145,044枚 で、前作4thフルアルバム『』の2013年の年間販売枚数(293,302枚 )から半減し、2014年のミニアルバム『』の販売枚数(163,209枚 )をも下回る結果となり、2010年にが集計を始めた以降に発売された少女時代の韓国フルアルバムおよびミニアルバムの中で過去最低の販売数となった。 10月にはテヨンがミニアルバム『』をリリース。 11月にはで久々の単独公演を行った。 12月には「少女時代-テティソ」として、クリスマススペシャルアルバム『』をリリースした。 2016年からはソロの活動が目立った。 まず、テヨンが、2月3日にシングル『』をリリースし、6月11日にティファニーが『』をリリースしてソロデビューした。 次に6月29日にテヨンがミニアルバム『』をリリースした。 アジアでの活動 [ ] バンコクでの公演(2009年) 少女時代は2008年からSM所属アーティストによるアジア・ツアー「SMTOWN LIVE」に参加しており、2008年9月には・、2009年2月には・で公演を行った。 2010年に発表された2ndアルバム『Oh! 』はアジア各国でも発売され、、、の各種音楽チャートで1位を獲得した。 2010年の1stツアーでは上海と台湾・で公演を行い、2011年の日本ツアーに続けて行われた2ndツアーでは台北、、、バンコクで公演を行った。 その他にも、フィリピン、 、 、 で行われたコンサートに参加している。 日本での活動 [ ] 2010年8月1日、傘下のからシングル『』で日本デビュー。 8月25日には・でショーケースを行った。 当初は1回だけの公演の予定だったが、ファンからの要望が多かったため3回に増えた。 2010年10月にリリースされた日本での2枚目のシングル『』は1週間でおよそ6万6000枚が売れ、日本人以外のアジア女性グループで初の2位を獲得した。 少女時代はこの年の『』で新人賞、『』でニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー(最優秀新人賞)を受賞した。 2011年3月に発生したに際しては、被災地へ向けたメッセージを公式サイト上に掲載した。 この震災の影響で5月から予定されていた日本ツアーの日程が変更されたが、新たに3公演が追加された。 2011年4月には3枚目のシングル『』を発売。 次いで6月に発売された日本初のアルバム『』は初週約23. 2万枚を売り上げ、日本で初めてオリコンウィークリーチャートで1位を獲得した。 この売上は同じ韓国出身で事務所の先輩でもあるが『』で記録した初週売上23. 1万枚(2002年3月25日付)を9年3か月ぶりに上回り、海外アーティストのデビューアルバムとしては歴代最高の初週売り上げ枚数となった。 このアルバムは2012年6月3日までの売り上げがオリコン集計で85万枚以上となっており、韓国のグループの音楽ソフトで史上最高の売り上げである(ソロ歌手を含めても、CD全盛時代に活躍したBoAのアルバムを除けば、韓国の歌手として最高の売り上げ数である)。 正味出荷枚数 は100万枚を超え、から認定を受けた。 2011年5月から7月にかけて、日本初のツアー「Japan First Tour: Girls' Generation」を開催。 、、、、、の6都市で計14回公演を行い、約14万人の観客を動員した。 8月には韓国の女性グループとして初めて日本の音楽フェス「」に出演。 9月には「」の東京公演に参加。 12月にはライブ映像『』と、アルバム『』のリパッケージ版『』をリリース。 また大晦日には「」に初出場し、「Genie」を披露した。 2012年6月、日本での4枚目のシングル『』をリリース。 9月に発売された5枚目のシングル『』とミュージックビデオ集『』はそれぞれオリコンのシングル・DVD・BD部門で週間1位を記録し、海外アーティストとしては初の同時3冠を達成した。 11月には日本での6枚目のシングル『』、次いで2枚目のアルバム『』をリリースした。 、、、、、、の7都市で計20回公演を行い、約20万人を動員した。 3月にはミックスアルバム『』をリリース。 6月には7枚目のシングル『』がリリースされ、発売日には大阪のにて少女時代とファンが参加するの撮影が行われた。 9月には、8枚目のシングル『』とライブ映像『』が同時発売された。 12月には日本で3枚目となるアルバム『』がライブの無料招待の特典付で発売され、初週12. 9万枚を売り上げ、アルバムで2回目となるオリコンウィークリーチャート1位を獲得した。 福岡、広島、神戸、名古屋、大阪、さいたま、東京の7都市で計17公演20万人を動員した。 には、デビュー以来初となるベストアルバム『』が発売。 付けウィークリーチャートで、初登場1位を獲得した。 また、翌週も週間1位を獲得し自身初の2週連続1位となった。 12月9日に、7月に発売されたベストアルバム「THE BEST」を受けて、初の公演「」をジェシカを除く8人のメンバーで開催。 2015年4月1日に発売された初の公演「」のBlu-ray・DVDがオリコンチャート両部門で一位を獲得。 しかし、発売初週の売り上げ枚数はオリコン集計でDVD10,503枚、Blu-ray13,596枚の計24,099枚であり、2014年12月24日に発売された9人時代の前作「」の初週売り上げ(DVD18,442枚、Blu-ray18,515枚、計36,957枚)の3分の2未満にまで激減し、少女時代の日本公演の映像商品の中で過去最低の売り上げ枚数となった。 4月22日に、8人体制で初となるシングル曲「」が日韓で発売され、iTunesエレクトロニックチャートにて初登場1位を獲得した。 発売初週の売り上げは20,835枚でオリコン週間8位であり 、前作「」の初週売り上げ(50,793枚)の約4割に激減した。 アルバム先行シングルであった「」の初週売り上げ(29,065枚)すらも下回り、売り上げ枚数・順位ともに過去最低となった。 12月にはおよそ1年半ぶりとなるアリーナツアー「GIRLS' GENERATION 4th Tour -Phantasia- in JAPAN」を開催した。 欧米での活動 [ ] KBS歌謡祭にて(2015年) 2010年からは、「SMTOWN LIVE」が「ワールド・ツアー」として欧米の都市でも開催されるようになった。 少女時代もこれに参加し、2010年9月には・、2011年6月には・で公演を行った。 2011年10月発売の3rdアルバム『』から本格的な欧米進出を開始した。 このアルバムのタイトル曲「The Boys」のプロデュースには世界3大プロデューサーの1人といわれるを起用し、この曲の英語版をなどを通して全世界同時発売した。 「The Boys」はアメリカの総合シングルチャートで82位を記録し、韓国歌手としては初めてのトップ100入りを果たした。 10月23日にはのにてSMTOWN LIVE公演に参加し、その翌日にはのにてアメリカで初のファンミーティングを行なった。 2012年1月にはグループのを通じて『The Boys』欧米版がアメリカで発売され、のワールドアルバムチャート で2位 、で22位になった。 1月31日にはのトーク番組『』に出演、2月1日にはのトーク番組『LIVE! with Kelly』に出演した。 2012年2月8日にはフランス・パリにて『』の公開収録に参加し、翌9日には現地のテレビ番組『Le Grand Journal』に出演した。 2月13日にユニバーサル傘下のフランス・から『The Boys』が発売された。 フランスで韓国人歌手のCDが本格的に発売されるのは、1970年代のグループ「コリアナ」の活動以来である。 また2月20日には、・ので開かれた「2012秋冬・プローサム・ウィメンズ・コレクション」に、ユナ、ソヒョン、ティファニーが韓国を代表して参加した。 2012年5月にはにてSMTOWN LIVE公演に参加し、その後本社にて行われたコンサートにも参加した。 2013年7月29日に・で行われた、の対戦では、ドジャースがと共催して「コリアンデー」というイベントを開催した。 このイベントは、ドジャースの、レッズのと、2人のによる対戦であることにちなんで開催された。 これに少女時代も参加し、テヨンは愛国歌を歌い、ティファニーは米国国歌を歌った。 またサニーは始球式をして行事を盛り上げた。 2014年2月24日にリリースされたEP「」が3,000枚以上を売り上げ、3月15日付チャートで110位にランクインし 、で1位を獲得した。 ディスコグラフィ [ ] 正規アルバム [ ]• 2007年11月1日「」• 2010年1月28日「」• 2011年10月19日「」• 2013年1月1日「」• 2015年8月19日「」• 2015年8月26日「」• 2017年8月7日「」 ミニアルバム [ ]• 2009年「」• 2009年「」• 2010年「」• 2014年「」 リパッケージ [ ]• 2008年「」• 2010年「」• 2011年「」 デジタルシングル [ ]• 2007年「다시 만난 세계」• 2007年「다시 만난 세계 Remix」• 2008年「Kissing You Rhythmer Remix Vol. 1'」• 2015年「Dancing Queen」• 2015年「Catch Me If You Can」• 2015年「Party」• 2016年「그 여름 0805 」 ライブアルバム [ ]• 2010年「Girls' Generation The 1st Asia Tour: Into the New World」• 2013年「Girls' Generation The 2nd Asia Tour: 2011 Girls' Generation Tour」 その他 [ ]• (2011年) ミニアルバム• (ライセンス盤)(2010年) DVD・写真集 [ ] 韓国での作品 [ ] 写真集• 放課後PM5:00(2008年) DVD付き写真集• Girls' Generation 1st Photobook in Tokyo - So Nyeo (2010年)• The 1st ASIA TOUR "Into the new world" (2011年)• 2011 Girls' Generation Tour (2012年)• 4th TOUR in SEOUL - Phantasia (2017年) 日本での作品 [ ] DVD• (2010年)• (2011年)• (2012年)• (2013年)• (2014年)• (2015年)• GIRLS' GENERATION -Phantasia- in Japan(2016年) フォトブック• 個別での出演は各メンバーの記事参照。 韓国 リアリティ [ ]• 2007年7月27日 - 9月21日「少女、学校へ行く」(全9回)• 2007年9月27日 - 11月1日「MTV 少女時代」(全9回)• 2008年10月8日 - 12月17日「Factory Girl」(全10回)• 2009年5月3日 - 6月14日「日曜、日曜の夜に - ホラー映画製作所」(全6回)• 2009年6月23日 - 11月17日「ハローベイビー」(全22回)• 2011年12月18日 - 2012年3月11日「少女時代と危険な少年たち」(全13回) その他 [ ]• 2009年2月26日 「キム・ジョンウンのチョコレート」• 2009年8月15日 「キム・ジョンウンのチョコレート」• 2009年8月28日 「親友ノート2」• 2010年4月10日 「キム・ジョンウンのチョコレート」• 2011年11月21日-11月24日 KBS2「スター人生劇場」• 2011年12月24日 「クリスマスの童話」 日本• (フジテレビ、2010年9月10日) - 日本のテレビ番組では初出演• (日本テレビ、2010年9月10日)• MUSIC WORLD (NHK、2010年10月24日)• (フジテレビ、2010年10月25日・11月1日・12月6日、2011年6月6日・6月13日・12月19日)• (フジテレビ)• (2010年12月4日)• (2011年12月7日)• (テレビ朝日、2010年10月22日・11月26日・12月24日、2011年1月28日・5月13日・6月3日・12月23日、2012年6月22日)• (フジテレビ、2011年1月2日) - 波平のゴルフのキャディー役• (NHK、2011年6月5日・6月12日)• MJ presents 少女時代スペシャル (NHK、2011年6月9日、アンコール特別版12月26日)• (NHK、2011年12月31日)• 男も女もホラ警戒セヨ 春の3時間スペシャル(フジテレビ、2012年3月31日)• (TBS、2012年7月14日)• 韓国 「少女時代おむすび」(2007年)• ユギョンテクノロジー 「Viliv」(2008年)• ellesse(2008年)• 「」(2008年)• クムネチキン (2009年-)• サミャンラーメン (2009年-2010年)• ・ 「」 (2010年)• ダウムコミュニケーション (2010年)• 「LGクッキーフォン」(2010年)• (2010年)• 韓国およびアジア地域向けキャンペーン(2011年)• (2011年)• クァンドン製薬 「VITA500」(2011年)• ウンジンコーウェイ 「コーウェイ浄水器」(2011年)• ESTINA (2011年)• 「LGシネマ3Dテレビ」 (2012年)• エースベッド (2012年)• 韓国「LOOK」 (2012年) 日本• 「e-maのど飴」(2011年-)• (2011年)• 「東方神起・少女時代レシートシリアルキャンペーン」(2011年7月)• 「サマンサタバサ ジーンズ」(2013年) 映画 [ ]• I AM. のクリスマスライブ(2007年)• ドリームコンサート2008(2008年6月7日、)• ドリームコンサート2009(2009年10月10日、)• MTV VIDEO MUSIC AID JAPAN (2011年6月25日、・)• MUSIC BANK K-POP FESTIVAL in TOKYO (2011年7月13日、)• (2011年8月14日、・&)• K-POP ALL star Live in Niigata (2011年8月20日、)• K-POP Music Fest in Sydney (2011年11月12日、・、ANZスタジアム)• 2011 Mnet アジアン・ミュージック・アウォード (2011年11月29日、・インドアスタジアム)• MUSIC BANK K-POP FESTIVAL IN PARIS (2012年2月8日・9日、・)• MBC Korean Music Wave in Bangkok (2012年4月7日、、)• MBC Korean Music Wave in Google (2012年5月22日、・、ショアライン・アンフィシアター)• K-POP Nation Concert in Macao 2012(2012年6月2日、マカオ、コタイ・アリーナ)• 麗水世界博覧会 万博ポップフェスティバル (2012年7月12日)• U-EXPRESS LIVE 2014(2014年3月2日、)• GIRLS' GENERATION 「THE BEST LIVE」at TOKYO DOME(2014年12月9日、) チャリティー、ボランティア、広報大使 [ ]• 2007年 「エリート学生服」- 中学生に1000万ウォン相当の制服を贈呈。 2007年 韓国「少女時代おむすび」- 収益1000万ウォンをミョンジョン児童福祉センターに寄付。 2008年 世界青少年ボランティア週間記念イベント - ソウル市内の福祉施設でボランティア活動。 2009年 「ハッピーエネルギーキャンペーン」- の生活用水改善のための募金活動。 2011年 ウンジンコーウェイ主催チャリティーオークション• 2012年 失明撲滅運動広報大使 受賞経歴 [ ]• 2007年 第14回大韓民国芸能芸術賞 女性新人歌手賞• 2007年 第5回外信広報賞 歌手部門• 2007年 韓国人気芸能大賞 新世代新人歌手賞• 2007年 第22回 新人賞、人気賞• 2008年 第17回 新人賞• 2008年 M-NET 20'S CHOICE スウィティミュージック賞• 2008年 第5回アジアソングフェスティバル アジア最高歌手賞• 2009年 第24回ゴールデンディスク賞 デジタル音源大賞、本賞• 2009年 第17回大韓民国文化芸能大賞 歌謡大賞• 2009年 TOP10、アーティスト賞、最高の歌手賞、スマートラジオ賞、モバイルミュージック賞、最長期間人気曲賞 オデッセイ賞• 2009年 国会大賞 歌謡大賞• 2010年 第16回大韓民国芸能芸術賞 女性グループ歌手賞• 2010年 文化体育観光部長官表彰 1月13日• 2010年 ソウル歌謡大賞 大賞、本賞、デジタル音源賞• 2010年 ゴールデンディスク賞 大賞、本賞、人気賞• 2010年 新人賞• 2010年 最高人気歌謡賞• 2010年 第25回日本ゴールドディスク大賞 ニューアーティスト・オブ・ザ・イヤー 邦楽部門• 2011年 MTV Video Music Aid Japan 2011 Best Group Video - 「Genie」• 2011年 MTV Video Music Aid Japan 2011 Best Karaokee! Video - 「Genie」• 2011年 最優秀女性グループ賞、 最優秀アーティスト大賞• 2012年 第1回 オリコン特別賞・今年の歌手賞:アルバム部門(第4四半期)• 2012年 第26回ゴールドディスク賞 デジタル音源大賞• 2012年 第23回日本ジュエリーベストドレッサー賞 特別賞• 2013年 第30回ベストジーニスト 国際部門賞• 2013年 第1回YouTube Video Award ミュージックビデオ賞 「I Got A Boy」• 2013年 Mnet Asian Music Awards 最優秀女性グループ賞• 2014年 第26回ゴールデンディスク賞 - デジタル音源 人気賞• 2014年 第26回ゴールデンディスク賞 - アルバム本賞[I Got A Boy]• 2014年 第3回ガオンチャートミュージックアワード - 今年の歌手賞(音源部門)1月• 2014年 第3回ガオンチャートミュージックアワード - 今年の歌手賞(音盤部門)第1四半期• 2015年 第29回ゴールデンディスク賞 - アルバム本賞[Mr. 2015年 第29回ゴールデンディスク賞 - 音源人気賞• 2015年 第7回MelOn Music Awards - TOP10歌手賞• 2015年 第17回Mnet Asian Music Awards - 女性グループ賞• 2016年 第30回ゴールデンディスク賞 - アルバム本賞 [Lion Heart]• 2018年 第32回ゴールデンディスク賞 - アルバム本賞「Holiday Night」 エピソード [ ] 私生活 [ ]• デビュー当初から9人で同じ寮に暮らしており、現在でも内の高級マンションで共同生活を続けている。 最初の寮では、ジェシカとユリ、ティファニーとソヒョン、サニーとヒョヨン、テヨンとスヨンとユナが同じ部屋だった。 現在の寮では、ユリとユナ、テヨンとサニー、ヒョヨンとソヒョン、ジェシカとスヨンが同じ部屋で、実家がアメリカで荷物の多いティファニーは1人部屋をもらっている。 キッチンや風呂、トイレは共同。 私物には名前を書く、シャワーの順番はじゃんけんで決める、いちばん早く起きた人が朝食を作り、最後に起きた人が後片付けをする等のルールが決められている。 初期の頃には、団結力を高めるために、毎日5分間メンバー全員で手をつないで話をする機会を設けていたが、最近では個人活動で忙しくなったため、携帯電話の機能を利用してコミュニケーションを取っているという。 販売戦略とイメージ [ ]• はもともと中国を核としたアジア市場を目標にしていたため、少女時代の日本進出は優先的に考えてはいなかったが、よりオファーがあったために日本デビューを決めたという。 SMは、に女性グループ「」を日本デビューさせたが、失敗に終わった。 その失敗を教訓として、少女時代の日本デビューでは、曲選びからデビューイベントの内容、時期まで慎重に吟味したという。 なお、日本へ進出した韓国の女性アイドルグループの中でセールス面で本格的に成功したのは、少女時代と、ほぼ同時期に進出したが最初である(女性のソロ歌手では、男性グループでは、が成功を収めていた)。 日本デビューまでは日本のにほとんど取り上げられていなかったにもかかわらず、でのショーケースライブでは延べ2万2千人のファンを集め、当初1回の予定だった公演が3回に増えるほどの人気を見せた。 またファンのほとんどは女性であった。 これらの理由として、らの活躍やドラマ人気との相乗効果によりへの関心が高まったこと、日本人女性の憧れの対象として少女時代があてはまったこと、などの動画サイトでや韓国での出演番組などの動画を簡単に見られるようになったこと、などのによりファンによる情報発信が容易になったことなどの要因が指摘されている。 代表のは、英ロックバンドのが日本でヒット曲を出した後に訪日して人気を博したように、少女時代も先にインターネット上で曲を広報し、ある程度のファンを確保してから日本を訪れるという「ビートルズ式」のマーケティング手法を利用したと述べた。 またキムは、低迷する日本の音楽産業において、新人育成の費用をかけずにすぐに売り出せるコンテンツとして少女時代が注目されたと分析している。 やの場合は日本人作曲家の歌による「現地化」に焦点を当てていたが、少女時代の場合は海外のポップスターと同様に、韓国でヒットした曲のうち日本のファンの間で人気の高い曲を売り込んでいったという。 同時期に日本に進出した少女時代との人気を比較すると、韓国国内では少女時代のほうが上だが、日本では両グループともほぼ同等であるといわれる。 両グループの日本進出戦略の違いについて、音楽ライターのは、「日本市場向けにカワイイ系のアイドル・ポップスに的を絞っているKARAに比べ、少女時代の最新アルバム『』は、低音を強調したダンス・トラック中心に構成され、あくまでワールド・ワイドに売ろうとしている印象を持ちました」と指摘した。 日本のメディアは、『Genie』の振付のイメージから少女時代を「美脚グループ」として紹介する事が多いが、メンバーの は韓国のトーク番組において、「日本の番組に出ると、脚の話が集中的に扱われたり、脚を中心に撮影されたりする」「日本では顔よりも脚に気を使うようになった。 練習中にできた傷やあざが多いので、メイクでカバーしている」「メンバーの脚が皆きれいなわけではない。 脚が短いメンバーや太いメンバーもいる」とコメントした。 大衆の反応と経済的影響 [ ]• 2010年9月に企業マーケティング担当者に行われた「大衆に広告影響力を及ぼす好感度の高い女性タレントは誰?」とのアンケートでは、少女時代が1位になった。 またForbes koreaが発表する「韓国のパワーセレブリティー40」でも、2011年から2年連続で1位になる など、韓国のトップアイドルグループとして評価されている。 少女時代のファン団体がボランティア活動を行うことがある。 2010年には少女時代ファンのボランティア団体が、ティファニーの誕生日である8月1日にティファニー名義で多額の寄付を行った。 2011年には、少女時代の海外ファンが米国シアトルとロサンゼルス、豪州シドニーとメルボルンでチャリティーコンサートを開き、その収益金を「失明撲滅運動本部」に寄付した。 電子公示システムに掲載されたSMエンターテインメントの投資説明書によると、少女時代は2009年1月から2011年9月までにマネージメント、アルバム、音源などの収益で約688億ウォンを稼ぎ、2011年1月から9月までの収益だけだと217億ウォンを稼いだという(これには日本でのツアーなどの海外公演とプロジェクト活動収益は含まれていない)。 のは、少女時代の活躍により、2010年初頭には5000ウォン台だったのが、その1年後には2万ウォンまで上昇し、おかげでSMの創業者兼であるの保有株式評価額も10年2月の250億ウォンから880億ウォン台まで急上昇した。 SMが2010年に発行した投資報告書には「少女時代の海外進出による恩恵が期待できる」という各社の分析内容がぎっしり書かれていたという。 芸能マスコミの報道 [ ]• デビューして間もない頃、メンバーの熱愛疑惑や、事務所の先輩への敬語の不足が問題となり、、等のファンから強い批判を受けていた(韓国では上下関係が非常に重んじられるため)。 そのような中、2008年6月7日に開催されたにおいて、観客の大部分を占める、、のファンが結託し、少女時代が出演していた10分間、を消して応援をやめ、を行った。 このことは「10分間沈黙事件」として話題となり、12日には少女時代の公式上に、「適切でない言葉と行動、放送でを正しく使用せずに傷を受けたすべての方々に心より申し訳ない思いを伝えたい」との文が掲載された。 韓国政府のや国会議員の間で、「韓国芸能界におけるの過剰露出問題」が議論となり、2010年10月にの代表が国会の国政監査に参考人として出席するよう要請されたが、出席の義務はないため出席はしなかった。 2011年初頭に、のメンバーが所属事務所に専属契約取り消しを訴える騒動があったが、2月22日、CM発表会に出席した少女時代メンバーへは、報道陣から「KARAの解散についてどう思いますか」「少女時代は分裂はしないですよね」「事務所との仲はいいですか」などと朝鮮語で矢継ぎばやに問いかけられたため、メンバーは困惑した表情を浮かべた• 2011年、少女時代は会員の向け宗教行事におけるイベントである「清心ミュージックフェスティバル」に出演した。 統一教会に詳しいのは2011年8月10日のブログで、「日本ではのイメージがある統一協会だが、韓国では『財団』として世間が認知しているから、警戒心も起こらないのだろう」 と説明し、翌11日の投稿では、教祖の義母「大母様」の息子が芸能プロダクションを営んでいるとし、「この会社が『少女時代』を招いたそうだ。 (中略)『少女時代』はあくまでも『営業』で歌い、踊ったのである」 としながらも、日本の信者たちにとっては信仰を確認するものになるという趣旨の指摘をした と述べた。 なお、過去にはや、、などの韓国の人気グループが統一教会の宗教行事に参加したこともあった。 少女時代に『楽曲を提供した作曲家』のジェニー・ヒュンが、自身のアカウントでに対する差別的な書き込みをしたことから、米国内のK-POPファンや黒人から大きな批判を浴びたが、ジェニー・ヒュンに差別の意図はなかった。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 原題: 다시 만난 세계(タシ・マンナン・セゲ)• 世界日報 (韓国語)• 中央日報 2007年7月16日• 『少女時代&KARAの秘密』木越優:著、サニー出版、36-39頁• 『中央日報』2011年3月30日、2019年3月21日閲覧• 2011年3月14日、2019年3月21日閲覧• 『LG Blog』2016年3月3日、2019年3月21日閲覧• innolife 2012年2月22日• この曲は後に「Dancing Queen」としてアルバム『I Got A Boy』に収録された。 KNTV 2009年3月16日• Innolife 2009年1月14日• Kstyle 2013年1月1日• サーチナ 2010年4月5日• KSTARニュース 2012年2月13日• WoW! Korea 2009年10月20日• 総合ニュース 2011年11月9日• KpopStarz 2012年3月26日• sanspo. com 2010年6月11日. 2010年11月26日閲覧。 innolife. net 2010年6月11日. 2010年11月26日閲覧。 中央日報 2010年8月19日. 2010年11月26日閲覧。 中央日報 2010年10月26日. 2010年11月26日閲覧。 zakzak 2011年4月27日• 2011年6月7日. 2011年6月7日閲覧。 musicman-net 2012年6月8日• リパッケージ版含む。 KSTARニュース 2012年7月2日• 2012年5月31日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 サーチナ. 2011年10月26日. 2012年2月29日閲覧。 日刊サイゾー「民族音楽と同ジャンル...... ?」K-POP少女時代"ビルボードチャート2位!"のカラクリ• 2012年5月31日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 WoW! Korea. 2012年2月7日. 2012年2月8日閲覧。 2012年5月31日閲覧。 2014年3月6日. 2014年3月6日閲覧。 KSTARニュース 6月1日• wow! korea 2012年7月11日• 2007年12月18日• 2008年4月25日• 中央日報 2011年9月27日• 中央日報 2012年4月16日• 韓流ぴあ 2012年1月13日• 東京ウォーカー 2012年1月12日• 女性自身. 2012年6月4日閲覧。 Mnet「ビートルズコード」2011年12月8日放送• 『少女時代見聞録』少女時代研究会:編、蒼竜社、29頁• 『韓流エンタメ日本侵攻戦略』小野田衛:著、新書、2011年、18-25頁。 『ミュージックマガジン』2010年3月号「いまの韓国アイドルの輝きを見逃すな!女子グループ全盛で日本でも人気爆発の予感」高橋修、26頁• wow! Korea 2010年11月1日• 『』2011年10月号34頁• 『SCREEN特編版 K-POP WAVE vol. 2』(:発行、2011年)「が語るK-POP GIRLS GROUPの人気の秘密とこれから」33頁• 『』2011年8月号「トラックが最先端すぎる?K-POPは音楽的にもヤバイ! 」57頁• 『最高K-POP GIRLS vol. 2』オークラ出版、47頁• 中央日報 2010年12月1日• 『K-POP前線異状アリ!』ぴあMOOK、2011年、96頁• Forbes Korea. 2012年5月31日閲覧。 サーチナ. 2012年2月26日. 2012年2月29日閲覧。 『少女時代見聞録』108-109頁• 中央日報 2011年12月21日• 2012年5月31日閲覧。 『最高K-POP GIRLS vol. 2』36頁• 『はなぜに抜かれたのか 「」で読む日韓逆転』菅野朋子:著、文春新書、2011年、159頁• K-pops. com 2008年6月14日• 2010年9月30日. 2010年12月31日閲覧。 2010年10月18日. 2010年12月31日閲覧。 2010年11月9日. 2010年12月31日閲覧。 2010年12月10日. 2010年12月31日閲覧。 サンスポ 2011年2月22日• 朝鮮日報 2012年2月22日、2012年2月23日閲覧 関連項目 [ ]• BTS 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 少女時代 音楽グループ に関連する および があります。 - 韓国の公式サイト。 - 台湾の公式サイト。 - 日本の公式サイト。 - ユニバーサルの中の日本の公式サイト。 GirlsGeneration -•

次の

一時は解散説もあった“少女時代”が新ユニット結成!? メンバーは今、何をしているのか(慎武宏)

少女時代 今

少女時代中古CD13枚・新品未開封日本1stアルバムリパケ版 DVD付 とトレカファイル3冊。 少女時代中古アルバム7枚・シングル6枚。 日本1st・2ndアルバムは、DVD付。 2ndアルバム「Oh! 」、2ndアルバムリパケ版、4thアルバム、6thアルバム2種類。 日本シングル「GENIE」、「Mr. TAXI」、3rdミニアルバム日本版「HOOT」初回限定盤・豪華初回限定盤。 どちらもDVD付。 豪華盤の方には、日本デビューショーケースライブが収録されてます。 トレカは、有りません。 日本シングルは、全てDVD付。 擦り傷等、有るものも有ります。 少女時代 日本1stアルバムリパケ版。 全15曲。 新品・未開封。 少女時代の2nd~4th日本ツアートレカ。 2ndは、ヒョヨンが1枚足りませんが、3rd・4thツアートレカは、コンプリートしてます。 CDトレカは、ユナ・ソヒョンが多めです。 サニー・ヒョヨン・ユリは、少なめです。 テティソの分も有ります。 レアなOh! トレカは、テヨン・ティファニー・スヨン・ユナ・ソヒョン。 Geeトレカは、ジェシカ・ティファニー・スヨン・ユナ・ソヒョン。 GENIEは、ユリ・スヨン・ソヒョン。 他、1stツアー時のトレカも、数枚有ります。 尚、大量ですので、中には、折れ・汚れ等有る可能性が御座います。 神経質な方は、入札をお控え下さい。 転売業者の落札は、お断り致します。 何回か業者の方と取引しましたが、最近、検品が済んでないという勝手な理由で、商品到着後、1週間近く経っても、受取連絡して頂けなかった為、業者の方の入札・落札は、お断り致します。 商品到着後、1~2日以内に受取連絡して頂けない方とは、取引したく有りませんので、落札頂いても、落札者都合にて削除させて頂きます。 転売業者と思われる方・非常に悪い評価が複数付いている方は、入札して頂いても、入札を取消させて頂きます。 万が一、落札されても、落札者都合にて削除させて頂きます。 前回、出品した時に、転売業者と見られる方・評価が悪い方が多かったので、全て入札を取消致しました。 発送方法は、おてがるゆうパック。

次の