旦那のお小遣い。 旦那さんのお小遣いの決め方|【固定制】にして旦那さんのモチベーションアップ!家計の管理もしやすくなる!|カケマネl家計管理と投資で加速l

旦那の小遣いを決める時のポイント7つ

旦那のお小遣い

2018. 27 2019. 旦那さんのおこづかいの使い道は、どうなっているのでしょう。 聞くところによると、『年収から割合を出すといい』とか、『5万円は欲しいよね。 』とか。 いやいや、『10万円はないと困る。 』なんて旦那さんもいるとか。 あるサイトのトピックから、夫のおこづかい事情をまとめてみましたよ。 スポンサーリンク 目次• 夫(旦那)の小遣い平均や年収の割合は? あるインターネットサイトのトピックでは、夫のお小遣いの平均や年収などのお給料との割合は、このようになりました。 夫のお小遣いやご家庭の収入の使い道は、それぞれだと思います。 ここでは、それぞれの世帯収入はひとまず置いておいて、平均の金額を出しています。 旦那さんのおこづかいの相場で一番多かったのは、5万円でした。 以下の平均金額はこのようになっています。 5万円• 4万円• 3万円• 2万円・1万円• 6万円・7万円• 年収・月収の10%(1割) 4万円~5万円くらいが旦那さんのおこづかいの相場という感じですね。 中には、10万円を超えるお小遣いという方もいらっしゃいました。 年収や手取りの10%(1割)程度というご家庭も多いようでした。 食費や家賃や住宅ローンなどの住居費、光熱費を考えると妥当な割合な気もします。 ですが3万円以下のお小遣いという旦那さんもいらっしゃいました。 3万円以下の場合には、昼食代をそのお小遣いの中から出すというよりは、お弁当や缶コーヒーを持参して会社へ出勤するという方もいらっしゃいました。 別の40代の1,600万円の年収がある旦那さんのお小遣いは、10万円だそう。 50代の手取り年収約500万円の旦那さんは、12万円。 内訳は、タバコや飲み会など。 旦那さんのお小遣い平均は5万円程なのですが、中には、10万円を超える金額をお小遣いとしている旦那さんもいらっしゃるようです。 またボーナスの時には、7万円程を臨時のお小遣いにしているという旦那さんも。 夫の小遣いが足りない?小遣いの内訳や使い道は? 旦那さんのお小遣いの内訳や使い道は、どうなっているのでしょうか。 旦那さんのおこづかいの使い道は、昼食代、嗜好品(たばこ)、飲み代、趣味にかかる費用などが多いようです。 昼食代は、お弁当を持参しているご家庭もあるようです。 夫のお小遣いの内訳や使い道をまとめるとこのようになっています。 昼食代• 嗜好品(たばこ・コーヒー)• 飲み代• 趣味にかかる費用(資格の学校やジム、楽器)• 会社でのお付き合い• 散髪代• お茶やカップラーメン、ガムなど• 被服代• レジャー費• ゲームソフト• タクシー代• クリーニング代 ある管理職の方のお小遣いは、月に9万円だそう。 会社でのお付き合いや部下におごったりということもあるようです。 また、趣味の多い旦那さんは、資格の学校やジム、楽器を習ったりされていて、そのお月謝に4万円程かかるという旦那さんもいらっしゃいました。 趣味にかかるお金は、かかり始めたらきりがないところですよね。 管理人の夫の友達もヨットとか熱帯魚とかバイクとかが好きで、お給料のほとんどを使っているんじゃないかというご家庭もあります。 旦那さんの働いて稼いだお給料を、小遣いとか言って欲しくないなんて言う旦那さんもいらっしゃいました。 大体のご家庭では、妻(奥さん)が家計を切り盛りしていらっしゃるようです。 その中には、住宅ローンや子供さんの学費などの教育費、将来の住宅の建て替えのための貯金や教育資金の為に貯金をする。 という堅実な意見が多数みられました。 中には、共働きで家計はいくらか決まった額を出して、あとはそれぞれが自由に使うというというご家庭も。 子供さんがいるご家庭と夫婦2人のご家庭、様々な使い道があるのだなと思いました。 最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

次の

旦那のお小遣いは年収の何割が相場?世間の金額や割合を調べてみた

旦那のお小遣い

結婚すると自由に使えるお金が減るのが一般的。 不自由と思わずにルールを決めてお小遣いライフをエンジョイしたい 世間のサラリーマンのお小遣いの平均はいくらなのでしょうか? 「2014年サラリーマンのお小遣い調査」(新生フィナンシャル調べ)によると、サラリーマンの平均お小遣い(昼食代を含む)は3万9572円、前年比1115円のアップで2年ぶりの上昇となりました。 とはいっても、このお小遣い金額は、1979年の調査開始以降、過去4番目に低い金額になっているんだとか。 まだまだサラリーマンの小遣い事情は低水準となっています。 40代50代 前年比アップ、20代ダウン。 世代格差が広がる 今回の注目点には、男性40歳代、50歳代のお小遣いが大きくアップしたこともあげられます。 40代の平均は4万1170円と前年の3万6924円より4246円アップ、50代は4万2110円と前年4万1331円より779円アップしています。 一方、20代は3万7865円と前年の3万8480円より615円ダウン、30代は3万7145円と前年の3万7093円より52円アップ。 20代は前年比減、30代は前年比ほぼ同じ、40代50代は前年比アップという結果に。 世代によってお小遣い事情が違っています。 前年比上昇、背景は昇給と40代以上 低水準ながらもお小遣いが増えた背景として一番に考えられるのが「昇給」です。 この調査では、「昇給あり」の回答が38. 6%と前年から微増しました。 また、お小遣いアップした人の中で昇給した人の割合は74. 3%とのこと。 昇給によりお小遣いアップとなった人も多くいるようです。 また、すでに説明した40代あたりの上昇が全体の平均金額を引き上げたとも考えられます。 未婚と既婚で9600円の差 男性サラリーマンのお小遣いの事情を詳しくみてみましょう。 未婚の平均は4万5256円ですが、既婚になると3万5659円という結果に。 あくまでも平均値ですが、男性は結婚をすると自由に使えるお金が9597円も減ることになります。 結婚後は、独身時代の金銭感覚を変えないといけませんね。 ただ、結婚後のお小遣いの範囲があいまいな夫婦も多いもの。 外食やレジャー費用などは、家計費とお小遣いのどちらから出すものかを夫婦で話し合って決めておきましょう。 子どもの有無で2600円の差 既婚でも子どもの有無でも、お小遣いの平均額は変わってきます。 既婚子どもありだと3万4963円、既婚子どもなしだと3万7617円という結果に。 子どもの有無で2654円の差となりました。 子どもができると育児費用がかかるので、パパのお小遣いも減ってしまうということですね。 ただ2013年の同調査では、子どもの有無での差は4000円ほどありました。 この差が減少しているのは、上にも述べたように、40代50代のお小遣いが増えたことにもよるでしょう。 20代30代の子どもが生まれた直後では、もっと大きな金額差が出ることが予想されます。 男の人の自由に使えるお金は、ライフステージが変わるごとに減っていきそうです。 このことを十分に認識して、少しずつ節約モードに移行していく必要がありそうです。 ではお小遣いの節約方法、気を付けておきたいポイントをご紹介します。

次の

旦那の小遣い事情と内訳。旦那のお小遣いの平均額と渡し方

旦那のお小遣い

この記事の目次• 旦那さんのお小遣いは毎月いくら?使い道を教えます! 使い道の例を紹介していきます。 お小遣いが月1万円の場合 お弁当は持参のためお弁当代はかからず、ガソリン代はカード支払いのため基本的にお金を使う事はないようです。 なので、そのお金は貯めておいて、イベント事のときに使うケーキ代やプレゼント代として取っておいているようです。 後はたまに軽食を買うぐらいですが、後輩のためにお金を使う事もあります。 欲しいものがあるときや飲み会代はその都度妻から貰うので1万円でも困らないようです。 お小遣いが月5万円の場合 お弁当はないので、お昼代込みでのお小遣いになります。 その為、お昼代を計算して家計簿をつけるのが習慣になっているようです。 お店を変えながら節約したり、たまに奮発したりと自分で管理するお金があることは楽しみになるようですね。 食費以外にもお金は余るので、本を買ったり軽食を買ったりしているようです。 それでもあまるお金はパチンコ代に費やしているようです。 旦那のお小遣いの使い道。 子供がいるいないで金額も異なる? 子どもがいるかいないか、共働きかどうかによってお小遣いの金額は異なるようです。 ある調査では、子どもがいなくて共働きの家族は経済的に余裕があり、お小遣いの金額も高いです。 そして子どもがいて共働きの家族の旦那さんのお小遣いの金額がもっとも低いという結果になりました。 お互いお金を稼ぐことの大変さを知っているので、その分家計にシビアなのかもしれません。 収入の約一割が旦那さんの小遣いといわれるのが一般的のようです。 もし旦那さんのお小遣いの金額を聞かれたら、収入の約一割と答えるのがスマートな回答なのかもしれませんね。 そのお小遣いの使い道としては、趣味に使うお金や交際費、携帯代など様々です。 しかしその中でお昼代がもっともお小遣いの使い道になっているようなのです。 お小遣いの中にお昼代を含めるか含めないかはそれぞれですが、食べ物代に消える場合が多いようですね。 旦那のお小遣い使い道にお昼代は含まれている? では、果たしてお昼代はお小遣いに含めている家庭はどれくらいでしょうか。 あるアンケート調査では、お小遣いに昼食代を含めているという家庭は約2割強ほどという結果になりました。 多くの家庭がお小遣いとは別に昼食代を渡しているようです。 昼食代は家計の支出に大きく関わってくるため、効率よく調整する事が大切ですね。 ではお小遣いの使い道として昼食代以外に多いのはどういったものなのでしょうか。 それは飲み会やギャンブルなどといった家計からはお金を出してもらえないような事に使っているようです。 しかし、中には家族のためにお小遣いを使ってくれる優しい旦那さんもいます。 休みの日に外食に連れて行ってくれたり、飲み会時の家族へのお土産代として使ってくれる旦那さんもいます。 あまったお小遣いは妻へのプレゼントを買ったり、貯金もする素敵な旦那さんもいるようですね。 旦那のお小遣いに含まず家計費から出しているもの お小遣いには含まないで家計から出すものもあります。 仕事関係の出費 会社の歓迎会などの飲み会は家計から出している人もいるようです。 仕事関係でかかる雑費やガソリン代も家計から出す人が多いようです。 生活するうえで必要なもの 散髪代や携帯料金などは家計から出す家庭が多いようです。 携帯代はかなりの金額がかかりますので、家計を圧迫してしまいます。 その為、格安スマホに乗り換えたりと工夫が必要でしょう。 そして昼食代を込みにしていない場合は、別途昼食代を家計から出しているようです。 お弁当を作らなかったらお金を渡すという仕組みにしている人もいるようで、お弁当を作る事で節約に努めている家庭も多いのではないでしょうか。 服は生活必需品なので家計からだす家庭が多いです。 あまり高すぎる服は良くはありませんが、事前にこの服が欲しいなど相談してくれる場合が多いようですね。 旦那さんへ臨時収入の渡し方はどのようにしている? お小遣いのほかに、臨時収入の渡し方はどのようにしているのでしょうか。 不定期に渡す 毎月何日にあげると期間を決めるはやめましょう。 旦那さんがよい行いをしたときにすぐ渡してあげた方が喜びも大きいのでお勧めです。 お小遣いではなく、旦那さんが欲しいものをプレゼントしてあげるのも良いのかもしれませんね。 金額を決めない 毎回渡す金額を一定にしてしまうのはやめましょう。 そのときそのときの行いによって、金額を五千円にしたり一万円にしたりと変化をつけて渡しましょう。 そのほうが貰った満足度も高くなりますし、旦那さんがいかに動いてくれるかにも影響します。 金額と期間を決めずに臨時収入を渡す事で旦那さんのモチベーションを上げる工夫をしてみてくださいね。

次の