サンズ。 ラスベガス・サンズ 日本市場への参入見送り 会長兼CEOシェルドン・G・アデルソンは会社の成長性に変わらぬ自信|ラスベガス・サンズのプレスリリース

阪神・サンズ、伊藤和が1軍合流 サンズは打線の起爆剤として期待/阪神タイガース/デイリースポーツ online

サンズ

米カジノ大手のラスベガス・サンズは13日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の日本への進出を断念する、と発表した。 同社は、横浜市が昨年8月に誘致を正式に表明した同じ日に、東京と横浜でのIR開発に注力する方針を表明していた。 神奈川新聞社の取材に「この決断は新型コロナウイルスの影響とは無関係」と回答したが、詳しい理由は明らかにしなかった。 同社が13日、ホームページで発表し、会長兼最高経営責任者(CEO)のシェルドン・アデルソン氏のコメントを掲載した。 その中で、アデルソン氏は「統合型リゾート施設開発によって日本はビジネスおよびレジャー観光市場からの恩恵を享受するであろう」とIRの意義を強調。 その上で「しかし、日本におけるIR開発の枠組みでは私たちの目標達成は困難である」と説明、「今後、日本以外での成長機会に注力する予定」とした。 同社は米ラスベガスやシンガポールなどでIRを運営。 日本では当初、大阪への進出に意欲を示していたが、横浜市の正式表明と同時に方針を転換した。 今年1月に横浜・みなとみらい21(MM21)地区で開かれたIRの見本市「統合型リゾート産業展」に出展。 見本市の事前説明会で、シンガポールのIR「マリーナベイ・サンズ(MBS)」CEOのジョージ・タナシェビッチ氏は「国際的な展示場やホテルを造り、見たことのないようなエンターテインメント施設にしたい」と意気込みを語っていた。 MBSは2014年、安倍晋三首相が視察した施設としても知られる。 神奈川新聞社.

次の

阪神、サンズの来日初安打となる3ランで逆転勝ち DeNA守護神・山崎から値千金の一発(Full

サンズ

経歴 [ ] プロ入りとドジャース時代 [ ] の25巡目(全体757位)でから指名され、6月10日に契約。 傘下のルーキー級でプロデビュー。 46試合に出場して打率. 205・10本塁打・33打点・5盗塁の成績を残した。 はA級とのルーキー級 ()でプレー。 A級グレートレイクスでは32試合に出場して打率. 260・5本塁打・19打点・1盗塁の成績を残した。 はA級グレートレイクスでプレーし、69試合に出場して打率. 333・18本塁打・46打点・14盗塁だった。 6月にAA級へ昇格。 68試合に出場して打率. 270・17本塁打・47打点・4盗塁の成績を残した。 はAAA級で開幕を迎え、4月18日にドジャースとメジャー契約を結んだ。 同日の戦でメジャーデビュー。 7番・で先発起用され、3打数1安打1打点2三振だった。 その後は主に左翼手として先発起用され、41試合に出場したが、打率が. 200と結果を残せず、6月9日にAAA級アルバカーキへ降格した。 登録枠が拡大された9月6日にメジャーへ昇格。 この年メジャーでは61試合に出場して打率. 253・4本塁打・26打点・3盗塁の成績を残した。 3月27日にAAA級アルバカーキへ配属され、開幕を迎えた。 5月15日にが入りしたためメジャーへ昇格。 昇格後は8試合に出場したが、20打数4安打1打点8三振と結果を残せず、5月29日にAAA級アルバカーキへ降格した。 8月6日に再昇格し、同日の戦で先発起用されたが、3打数無安打2三振とアピール出来ず、8月9日にAAA級アルバカーキへ降格した。 この年メジャーでは9試合に出場して打率. 174・1打点だった。 パイレーツ傘下時代 [ ] 2012年10月4日、8月25日に成立した の後日発表選手として、と共にへ移籍した が、12月26日に、とのトレードで、、、の3選手と共にへ移籍した。 3月1日にパイレーツと1年契約に合意。 3月13日にAAA級へ配属され、開幕を迎えた。 この年はAAA級インディアナポリスとルーキー級でプレー。 AAA級インディアナポリスでは106試合に出場して打率. 207・7本塁打・34打点の成績を残した。 オフの12月13日にとなった。 レイズ時代 [ ] 2013年12月23日にを経てへ移籍した。 1月7日にDFAとなり、1月9日にを外れる形でAAA級へ配属された。 開幕をAAA級ダーラムで迎え、開幕後は54試合に出場した。 6月1日にが故障者リスト入りしたため、代役としてレイズとメジャー契約を結んだ。 同日のレッドソックス戦で4番・指名打者として先発起用され、2年ぶりのメジャー公式戦出場となったが、4打数無安打3三振に終わった。 その後は指名打者や代打として起用されていたが、6月23日に左手首の故障で15日間の故障者リスト入りし 、8月20日に60日間の故障者リストへ異動。 そのままシーズンを終えた。 この年は12試合に出場して打率. 190・1本塁打・4打点だった。 オフの11月3日にDFAとなり 、11月5日にAAA級ダーラムへ降格。 11月9日にとなった。 インディアンス時代 [ ] 2014年12月15日にとマイナー契約を結んだ。 は傘下のAAA級で開幕を迎え、4月10日にメジャー昇格した。 昇格後は9試合に出場して打率. 348・4打点の成績を残していたが、4月29日にDFAとなった。 後、5月5日に40人枠を外れる形でAAA級コロンバスへ配属された。 その後、5月28日に再昇格して31日に再びDFAとなり、6月6日に40人枠を外れる形でAAA級コロンバスへ配属された。 さらに7月31日にこのシーズン3度目のメジャー昇格を果たした。 昇格と降格を繰り返したこの年は、50試合に出場。 236・4本塁打・19打点という打撃成績を残した。 守備ではで32試合、で11試合、左翼手で7試合を守った。 ホワイトソックス時代 [ ] 2015年12月23日にウェイバー公示を経てへ移籍した。 6月7日にDFAとなり、17日に40人枠を外れる形で傘下のAAA級へ配属された。 10月6日にFAとなった。 ペイトリオッツ時代 [ ] 2月13日に・のと契約。 39試合に出場して打率. 319・13本塁打・45打点の成績を残した。 ジャイアンツ傘下時代 [ ] 2017年6月3日にとマイナー契約を結び、傘下のAA級へ配属された。 ネクセン・キウム時代 [ ] 8月7日に、不振により退団したの代役としてのと契約。 登録名は「샌즈 センジュ 」。 25試合の出場ながら12本塁打・37打点を記録した。 は同年よりチーム名がキウム・ヒーローズとなり、113打点を挙げて最多打点の個人タイトルを受賞した。 オフには年俸交渉がまとまらず、2020年の再契約には至らなかった。 阪神時代 [ ] 2019年12月20日にのとの契約が発表された。 推定年俸110万ドル(約1億2100万円)の1年契約で 、背番号は 52。 2020年シーズン開幕当初こそ二軍で迎えるも、6月27日の対2回( )で一軍初昇格を果たし、6番・左翼手で先発出場。 9回表2死の場面で、クローザーのから来日初ヒットとなる逆転3ランホームランを放ちチームに勝利をもたらした。 この1打により、がプロ9年目で初勝利を記録した。 詳細情報 [ ] 年度別打撃成績 [ ] 61 227 198 20 50 15 0 4 77 26 3 3 2 1 25 0 1 51 5. 253. 338. 389. 727 9 24 23 2 4 2 0 0 6 1 0 0 0 0 1 0 0 9 0. 174. 208. 261. 469 12 22 21 1 4 0 0 1 7 4 0 0 0 0 0 0 1 6 2. 190. 227. 333. 561 50 133 123 11 29 5 1 4 48 19 0 0 0 1 9 0 0 36 0. 236. 286. 390. 676 24 58 55 2 13 0 0 1 16 7 0 0 0 0 3 0 0 24 3. 236. 276. 291. 567 25 93 86 17 27 1 1 12 66 37 0 1 0 1 6 0 0 27 2. 314. 355. 767 1. 122 139 613 525 100 160 39 1 28 285 113 1 2 0 5 77 1 6 101 17. 305. 396. 543. 939 :5年 156 464 420 36 100 22 1 10 154 57 3 3 2 2 38 0 2 126 10. 238. 303. 367. 670 :2年 164 706 611 117 187 40 2 40 351 150 1 3 0 6 83 1 6 128 19. 306. 391. 574. 965• 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高• ネクセン・ヒーローズは、2019年にキウム・ヒーローズと球団名を変更 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 試 合 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 試 合 刺 殺 補 殺 失 策 併 殺 守 備 率 2011 LAD 1 0 0 0 0. --- 41 61 4 0 0 1. 000 22 28 2 0 1 1. 000 6 28 0 0 3 1. 000 2012 - 6 6 0 0 0 1. 000 1 2 0 0 0 1. 000 1 9 1 0 1 1. 000 2015 CLE - 4 14 14 0 0 1. 000 32 32 1 0 0 1. 000 11 78 4 0 2 1. 000 2016 CWS - 3 0 0 0 0. --- 1 0 0 0 0. --- 4 27 4 0 2 1. 000 通算 1 0 0 0 0. --- 57 81 4 0 0 1. 000 56 62 3 0 1 1. 000 22 142 9 0 8 1. 000• 2019年度シーズン終了時 NPB記録 [ ]• 初出場・初先発出場:2020年6月27日、対2回戦()、6番・左翼手で先発出場• 初打席:同上、1回表にから見逃し三振• 初安打・初本塁打・初打点:同上、9回表にから左越逆転決勝3ラン 背番号 [ ]• 47(2011年 - 2012年)• 19(2014年)• 40(2015年)• 41(2016年)• 45(2018年 - 2019年)• 52(2020年 - ) 脚注 [ ]• David Ely 2011年4月17日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 ESPN 2011年4月18日. 2015年12月24日閲覧。 Ken Gurnick 2011年6月9日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 Jeff Seidel 2011年9月6日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Los Angeles Dodgers , 2012年5月15日 , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Los Angeles Dodgers , 2012年5月29日 , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Los Angeles Dodgers , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2012年8月25日 , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Boston Red Sox , 2012年10月4日 , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Pittsburgh Pirates , 2012年12月26日 , 2015年12月24日閲覧。 プレスリリース , MLB. com Pittsburgh Pirates , 2013年12月13日 , 2015年12月24日閲覧。 Bill Chastain 2013年12月23日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Tampa Bay Rays , 2014年1月9日 , 2015年12月24日閲覧。 Bill Chastain 2014年6月1日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 ESPN 2014年6月1日. 2015年12月24日閲覧。 Bill Chastain 2014年6月24日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 Bill Chastain 2014年8月21日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Tampa Bay Rays , 2014年11月4日 , 2015年12月24日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Cleveland Indians , 2014年12月15日 , 2015年12月24日閲覧。 2015年4月21日閲覧。 英語 プレスリリース , MLB. com Cleveland Indians , 2015年4月29日 , 2015年5月17日閲覧。 Spencer Fordin 2015年12月24日. MLB. com. 2015年12月24日閲覧。 2017年6月4日閲覧。 Jeff Todd 2017年2月13日. mlbtraderumors. com. 2017年6月4日閲覧。 日刊スポーツ 2019年12月20日• 日刊スポーツ 2019年12月25日 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• 選手の通算成績と情報 、、、、、• 選手の各国通算成績 、• MiLB. com (英語).

次の

【IR考】米ラスベガス・サンズ、日本進出断念 横浜IR開発に名乗りも「目標達成は困難」 (カナロコ by 神奈川新聞)

サンズ

米カジノ大手のラスベガス・サンズは13日、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の日本への進出を断念する、と発表した。 同社は、横浜市が昨年8月に誘致を正式に表明した同じ日に、東京と横浜でのIR開発に注力する方針を表明していた。 神奈川新聞社の取材に「この決断は新型コロナウイルスの影響とは無関係」と回答したが、詳しい理由は明らかにしなかった。 同社が13日、ホームページで発表し、会長兼最高経営責任者(CEO)のシェルドン・アデルソン氏のコメントを掲載した。 その中で、アデルソン氏は「統合型リゾート施設開発によって日本はビジネスおよびレジャー観光市場からの恩恵を享受するであろう」とIRの意義を強調。 その上で「しかし、日本におけるIR開発の枠組みでは私たちの目標達成は困難である」と説明、「今後、日本以外での成長機会に注力する予定」とした。 同社は米ラスベガスやシンガポールなどでIRを運営。 日本では当初、大阪への進出に意欲を示していたが、横浜市の正式表明と同時に方針を転換した。 今年1月に横浜・みなとみらい21(MM21)地区で開かれたIRの見本市「統合型リゾート産業展」に出展。 見本市の事前説明会で、シンガポールのIR「マリーナベイ・サンズ(MBS)」CEOのジョージ・タナシェビッチ氏は「国際的な展示場やホテルを造り、見たことのないようなエンターテインメント施設にしたい」と意気込みを語っていた。 MBSは2014年、安倍晋三首相が視察した施設としても知られる。 神奈川新聞社.

次の