お 見舞い お金 入れ 方。 お見舞いののし袋の書き方・お金の包み方・名前の書き方

お見舞いの封筒の書き方!中袋の書き方とお札の入れ方は?裏の折り方は?

お 見舞い お金 入れ 方

皆さんは、お見舞いののし袋と買うためにお店に行くと、たくさんの種類ののし袋が並んでいて、どれを選べばいいのか分からずに困った事はありませんか。 赤と白の水引ののし袋には、切り口が結び目よりも上にある「結び切り」と、切り口が結び目よりも下にある「蝶結び」の2種類ののし袋があります。 お見舞いに使うのし袋は、切り口が結び目よりも上にある「結び切り」です。 この「結び切り」は簡単にほどけず、結び直すのが難しいため「一度きりで良い」という願いが込められた結び方で、何度も繰り返したくない結婚祝いや、病気を繰り返さないようにとお見舞いの場合でも使います。 「蝶結び」は何度もほどいて結び直せるため、「何度あっても喜ばしいお祝い事」に使われます。 子供の成長を喜ぶ七五三や季節の挨拶などに使用できますが、間違ってもお見舞いののし袋に蝶結びを使ってはいけません。 水引の意味を知っていると、のし袋を間違えずに選べて便利です。 お見舞いには結び切りののし袋を使うというのは先ほど書きましたが、ひとつだけ気をつけなくてはならない事があります。 それは「熨斗」の付いていないのし袋を使う事です。 結婚式などでご祝儀を渡す場合に使うのし袋には、お札のような形をした熨斗がついています。 もともと熨斗とは、お祝い事の贈り物に添えていたアワビを薄く伸ばして干した、縁起物の事を指します。 今でも婚礼用に干しアワビの熨斗は僅かに生産されていますが、一般的なのし袋には、その高価な熨斗の形を和紙で模したものが付いています。 お見舞いは、ケガや病気が良くなるようにという願いを込めてお渡しするもので、お祝い事ではありません。 熨斗が付いていないものを使うのが正しいマナーです。 お見舞いののし袋の表を書くのは筆が一番望ましいです。 筆を使うのが難しい場合は、筆ペンやフェルトペンなどの水性中太ペンを使って書くと良いでしょう。 ボールペンや万年筆、油性ペンは避けてください。 使用する色は薄墨色でも構いませんが、正式には黒を使用します。 余談ですが、薄墨色を使用するのは葬式や仏事のという決まり事があります。 しかし現在はそれほど気にされず、黒が使われる事も多くなっています。 水引のついたのし袋は、結び目より上の水引の間に「御見舞」と書きます。 水引の無いものは、のし袋の真ん中よりも上の中央に「御見舞」と書きます。 後ほど詳しく書きますが、「御伺」と書く場合もあります。 この場合も書く場所は同じです。 中袋がある場合は、のし袋の裏に何も記載する必要はありません。 中袋となる封筒に金額や住所を書く欄が設けてある場合は、そこにあなたの住所と名前、封筒に入れた金額を記入しましょう。 裏面には、中心を外した場所に住所と氏名を記入しましょう。 冠婚葬祭と違って、お見舞いを渡してお礼を貰う事に抵抗がある方は金額を書かずに、裏面の記入のみでも構いません。 連名で渡す場合は、名前の欄に三名以下ならばそれぞれの名前を、四名以上ならば代表者の名前とほか一同と書きましょう。 渡す相手に対して渡した人物が何者であるかが判別できるように書き添えるものですので、住所以外にも会社名や団体名を記載しても良いでしょう。 表に出さなくては見えないからと言って雑にならないよう、表書きと同じく丁寧な字を心掛けましょう。 ここまでできればのし袋の準備は殆んど完了です。 では次に、お金を包みましょう。 結婚式のお祝いでは別れを暗示せる偶数を避け、金額よりもお札の枚数や金額が奇数になるように注意してお金を包みます。 しかしお見舞いのお金は、偶数奇数よりも縁起が良いかどうかを重視して決める事が重要です。 「四」は死を連想させますし、「九」は苦しむを連想させるため避けます。 この外にも、渡す相手にとって縁起の悪い数字も避けた方が良いでしょう。 また、包むお金は新札を避けて使用済みのものを使いましょう。 お見舞いや通夜、葬式の場合は新札を使用すると「そうなることを待っていました」という意味になってしまいます。 「新札を用意する時間も無く駆けつけました」という意味を込めて使用済みの札か、新札に折り目を付けてから包むようにしましょう。

次の

お見舞い封筒で中袋なしの場合のお金の入れ方、封筒の表裏の書き方

お 見舞い お金 入れ 方

Contents• お見舞金は、旧札を使う 病気や怪我のお見舞い金で包むお金は、 旧札を用意しましょう。 新札は、手元にあることが少なく、 「事前に用意しておいた」と捉えられてしまいます。 新札しか無い場合は、折り目をつけるなどして対策しましょう。 いくら旧札でも、シワシワボロボロなお札は失礼に当たるので気をつけましょう。 【慶事では新札、弔事では旧札】 結婚式や出産などの御祝い行事、いわゆる慶事では新品のお札を使います。 お葬式や法事などのおめでたくない行事、いわゆる弔辞では古いお札を使います。 【御祝儀袋なのに旧札を使う】 お見舞いの場合、袋は慶事用の御祝儀袋を使いますが、包むお金は旧札(不祝儀の場合と同様)を包みます。 ちょっとややこしいですね。 お札は表向き・上向きに入れる 病気や怪我のお見舞い金で包むお金は、 人物の顔が表・上向きで入れましょう。 お見舞いは、一見すると不幸なことと思うかもしれませんが、それは間違いです。 「回復を願う」「元気になって欲しい」と言う前向きなメッセージを込めて、相手がお金を出した時に人物が見えるように封入しましょう。 御祝い行事(慶事)は、嬉しいことなので、人の顔が見えるように• おめでたくない行事(弔辞)は、悲しことなので、うつむいて背を向けている という風に覚えましょう。 御祝儀袋の 宛名が相手から読める向き(自分からしたら逆さま)にして渡します。 訪問先であいさつが済んだタイミングが良いでしょう。 袱紗がない場合は、シンプルなハンカチやスカーフで代用が可能です。

次の

お葬式 香典】香典袋・書き方・お金の入れ方包み方・中袋・渡し方・お通夜

お 見舞い お金 入れ 方

お見舞いの封筒の書き方と選び方 お見舞いの封筒の選び方 お見舞いにもっていくお金を入れるのは 水引の付いた祝儀袋か封筒です。 右上に「熨斗(のし)」のついた 「のし袋」を使うのはお祝い事だけで、お見舞いでは使いません。 水引(封筒のひも)は赤と白で 「結び切り」のものを使います。 これは切り口が結び目よりも上にあって結び目がほどけないように、 そこから「同じことがもうおこらないように」という気持ちを込めたものです。 「蝶結び」は 何度あってもよいおめでたいことに使います。 お見舞いに使うのし袋は、病気を繰り返さないようにという意持ちを込めた 「結び切り」であって蝶結びではありませんので注意してくださいね。 また、黒と白の水引は お葬式など弔事に使います。 祝儀袋がない場合は、無地の袋や、白い封筒でも問題ありません。 ただ、白い封筒をお見舞いで渡すのは、 「天災や災害にあった人へのお見舞いを渡す場合」と受け止める人もいます。 また、 紅白の水引は 「病気なのに紅白で祝い事のように渡されても」と誤解を招く恐れもあります。 マナーとしては紅白の水引で問題ないのですが、 白い封筒に「お見舞い」という文字とシンプルな絵の入った お見舞い用の封筒も市販されているので、このようなものが無難でしょう。 楽天市場でも無地ののし袋や 「お見舞い」と書かれたのし袋が扱われていますので、手軽ですね。 お見舞いの封筒の書き方 名前・表書きの書き方 表書きには上に「御見舞」と書き、その下に自分の名前(苗字かフルネーム)を書きます。 結婚やお葬式などは大勢の人が集まるので金額の記入が必要ですが、お見舞いの場合は人数が限られるので住所や金額は書かなくても大丈夫です。 もし金額を書く場合は、封筒の表に金額を、裏に住所と氏名を書きます。 「一万円」よりも 「壱萬円」という字体の方がよいでしょう。 (4,6,9は死、無、苦につながるとして避けられる傾向があります。 ) また、円を圓と書くこともあります。 封筒にすでに金額を記入する欄がある場合は、数字で 「5000円」のように書いても構いません。 お見舞い封筒の裏はどうする? 封筒・袋の裏側の書き方と折り方 袋の裏側、左側に住所氏名を書きます。 のし袋の中袋(上包み)がある場合は、下の折り返し部分を上の部分に重ねます。 お祝い事(結婚・出産など)の時と同じ折り方です。 封筒の閉じ方 お見舞いで手渡しをする場合はのり付けや〆と書く必要はありません。 お見舞いお金の入れ方 入院のお見舞いに現金を渡す時の注意点 入院のお見舞いに現金を渡す時の注意点として、縁起の悪い数字は避けるというものがあります。 4(死)、9(苦)といった数字は縁起が悪いので好まれません。 6も(無)に繋がると嫌う人もいます。 4000円や9000円といった金額は避けましょう。 表書きの文字も「入院見舞」や「御見舞金」と書くと4文字となり縁起が悪いと気にする人もいます。 「御見舞」であれば3文字なので問題ありません。 お見舞いのお金の入れ方 封筒に入れる時はお札の表面、肖像画のある方を前にします。 これは右手でお札を出した時お札の上下が自然に正しくなるためです。 おめでたい事(慶事)のお金の入れ方ですが、お見舞いの場合でも、相手を元気づけるという意味でこの入れ方をします。 お見舞いが連名での封筒の書き方:会社・夫婦・友人 お見舞い袋書き方は連名の場合 会社、夫婦、友人連名でかいても構いません。 またあ、代表者の名前を書き、横に「外一同」と書きます。 そして別紙に名前を記載します。 夫婦の場合 夫婦の連名で封筒を渡す場合は、中央に夫の氏名を、その左に妻の名前を書きます。 または、中央に苗字を書き夫婦それぞれの名前を書ても大丈夫です。 人数が4人以上と多くなる場合は、代表者の氏名だけを書き「他家族一同」と小さめの字で添えます。 友人同士などの場合 友人同士などで連名にする場合は、 右から地位や年齢が高い順となるよう、氏名を並べて書きます。 ほぼ差がない時は、右から五十音順に書きます。 まとめ 入院のお見舞金をお渡しするときの、封筒や祝儀袋の名前や金額の書き方、入れ方、閉じ方、連名の場合の書き方についてまとめました。 お役に立てれば幸いです。 入院お見舞いの金額の相場についてはこちらの記事にまとめています。 あわせてお読みいただければ幸いです。

次の