是々非々自録。 紀子さまの怖い笑顔と目が性格悪そうできつい!若い頃やりまくりの噂を調査!

週刊誌などへの宮内庁の抗議は美智子さま関連だけなのか検証【美智子さま体調不良】|呉羽パオ|note

是々非々自録

気になるところから読む• 美智子様と雅子様の関係や不仲説とは 美智子さまと雅子さまの「違い」 強欲と清貧のローブモンタント — 皇室「是々非々」自録 — mamimami r0ucPYnmJVFQHMW お代替わりを無事に終えてまだ間もない令和元年の年末ですが、最近では 「美智子様による雅子様イジメ」という、 嫁と姑の不仲確執説が大きな話題となっているようですね。 主に情報源となっているのは 皇室関係者や、 宮内庁に長年勤めていた人物のブログなどで、次々と明かされる皇室の裏側に国民は憤り 「美智子さまバッシング」が加熱する事態となっています。 真偽のほどは定かではないものの、令和になったばかりのタイミングでこのような情報が出回るという状況に 「皇室における皇后の存在の大きさ」を感じざるを得ません。 嫁と姑というのはどこの世界でも上手くいかないものと言われたりしますが、 なぜここまで美智子様と雅子様の不仲説がメディアをにぎわせているのか気になりますよね。 一説では 美智子様が一方的に雅子様を嫌い、意地悪をしているとも言われています。 美智子様の雅子様への意地悪とは具体的にどのようなことをしたのでしょうか? 上皇后美智子陛下のプロフィールについては『』でご紹介していますので是非ご覧になってみてください。 皇后雅子陛下のプロフィールについては『』でまとめていますので一緒に見てみてくださいね。 美智子さまの雅子さまに対するいじめ内容• 美智子様が雅子様に 「人格否定発言」をした• お茶会で仲間外れにする、雅子さまのいないところで悪口を言う• 雅子様にアイロンがけしていない衣装をあえて渡して着させた• 外国訪問をのぞんだ雅子様に海外親善の仕事を割り振らなかった• 皇后の座を譲りたくないため引っ越しの手伝いを拒否している もしこれらが全て本当だとしたら、昼ドラも真っ青の 「ドロドロ嫁姑劇」ですね… 皇太子様が雅子さまに関して発した 「人格否定発言」の主犯が美智子さまだったという話はかなり驚きでした。 『愛子さまは発達障害ではないか』の記事が出た時には、ニコニコしながら 「雅子の血が入っていますからね…」とお答えになっていたとの証言もあります。 また、アイロンがけしていない衣装を着せられたのは 「オランダ国王の即位式」だったという情報があったので、その時の画像も調査しました。 このヤフコメで思い出すのは、オランダ国王即位式の雅子様。 美智子さんは恥をかかせて悦に入ってたかもしれないけれど、世界中が注目したクラウンプリンセスが、久しぶりの晴れの場に着古しのドレスなんて、黒幕が世界中にバレちゃった。 《雅子は浪費家》とも言えなくなった。 シワ入りドレスをお召しになっている雅子さまの様子が日本で報道された際のことを、元宮内庁職員は以下のようにつづっています。 「雅子さんには、皺くちゃの服がお似合いね」と静かに語ったその直後、 「気品がない!」「常識知らず!」と大声を出され喜ばれた(豹変ぶりに大変驚いた)。 取り巻きの方々は 「日本の恥ですね!」などと忖度して美智子さまの歓心を買っていた。 また、この時の担当の衣装係は東宮職からの苦情を受け別部署に異動となった後、しばらくして美智子様付の職員に大抜擢されたと締めくくられています。 常に自分が中心で注目されていたいので雅子さまが邪魔だった嫉妬心• 自分も姑である香淳皇后からいじめを受けていたので、嫁に同じことをした などがあったと言われています。 お二人とも才色兼備ですので、美智子様は雅子様が注目を集めることに対して嫉妬の感情を抱いてしまったのかもしれません。 女の嫉妬は怖いです。 香淳皇后から実際にいじめがあったかどうかはわかりませんが、美智子様は明治以降初の民間出身の皇族として、かなりのご苦労があったのだろうと想像されます。 週刊誌によるバッシングなどで声を失った事もありました。 しかし、もし実際に美智子様がいじめられていたとしても、それが雅子様をいじめていい理由にはならないですよね。 同じく民間出身の雅子様の唯一の理解者として、お二人仲良くされていたと思っていただけに、このような 「雅子様いじめ」のバッシング報道が出てしまっていることはとても残念です。 美智子さまのバッシング報道や失声症理由については『』の記事でまとめていますので、よろしければご覧になってみてください。 スポンサーリンク 美智子様の雅子様への意地悪報道に対する国民の反応 美智子様の雅子様への意地悪報道に対する国民の反応を以下にご紹介します。 美智子様と雅子様の衣装代 美智子様は、年1億、次から次へと新調。 同じデザインの服も新調。 雅子様は宮内庁が新調してくださいと頼みこむほど着まわしてるらしい。 しかも、雅子様のブランド品は、もらったものか、働いてた頃のもの。 美智子様には、すっかり騙されたよ。 — ぽあぽあ Etsupoir11 一般参賀 美智子様は、雅子様の負担を軽減させたくて、参賀に参加すると言ってるらしい。 意味不明。 💦💦逆に心理的負担になるワ。 並びが、一番はしっこなら、謙虚さを褒めたいが、多分、天皇陛下の隣だよね。 雅子皇后の健康を心配する振りをしている出たがり婆様に益々国民が失望しているのに気づかないなんて。 園遊会とか出たら、国民は上皇様と美智子様にそっぽを向きますよ。 — azuki azuki47406145 代替わりが終わったら 美智子上皇后を面と向かって 批判する「菊の紋ニュース」と 「皇室是々非々自禄」 誰から頼まれているのか? 「雅子サマはイジメられて 色々なものに出席するのを止められていた」というアクロバティックな着地点にどうしてももっていきたいらしい ここまでするのか?恐ろしや — たまき vmuUD3xsL7CHAjr 美智子様は機能不全の雅子様をずっと擁護されていたように思いますけど。 随分と恩知らずな雅子サマーズですね。 お里が知れます。 — 波流 haruel 雅子様いじめの報道を受け、国民は 「美智子様に騙された」「一般参賀に参加するとか意味不明」と憤っていますね。 これだけのバッシングになっている状況を見ると、美智子さまの身の安全のためにも、一般参賀にはご参加にならない方が良いのでは…と思ってしまいます。 また、一連の「雅子様いじめ」の暴露について、「誰から頼まれているのか?」と陰謀論を指摘し、美智子さまを擁護する声もありました。 実は性格が悪いと噂される芸能人については『』でご紹介していますので一緒に読んでみてください! スポンサーリンク まとめ 今回は、美智子様による雅子様へのいじめや、関係が不仲で冷たい態度をとる理由について調査しました。 美智子様が雅子様を嫌い、意地悪をする理由について、宮内庁の元関係者によると 「嫉妬心」や「自分も香淳皇后からされたことへの 仕返し」との証言がありました。 また、雅子様いじめの具体的な内容として 「人格否定発言」「アイロンをかけていない服を着せる」「悪口を言う」などがあったとされています。 一連の「雅子様いじめ」報道に国民は憤り、美智子さまへのバッシングが加熱する事態となっています。 美智子さまバッシング報道については『』でまとめていますので、よろしければ合わせてご覧下さい。

次の

紀子さまの怖い笑顔と目が性格悪そうできつい!若い頃やりまくりの噂を調査!

是々非々自録

CLOSE• CLOSE 無限拡散|工作員ブログに注意(4) 「皇室是々非々自録」の中の人は真島久美子ではないのか 《自称「元宮内庁職員」ブロガーが「秋篠宮家」の誹謗もやっている(怒)》 2020. 05小内誠一 タイトル|紀子さまと美智子さまの圧力…これが「皇室ブログ」の現実 先ほど宮内庁の旧知から悪い知らせが入った。 SNSの時代、真実の情報は隠しようがないが、拡散を止めることはできる。 どうもこのサイトは紀子さまと美智子さまに嫌われたようだ。 今多くのサイトはGoogle NewsやGoogle Discoverというサービスを経由して皆の元に配信される。 ここ来ている多くの方も。 その方法で来訪しているだろう。 どうも知人の話を総合すると、これに載らないように宮内庁がGoogle社やYahoo社といった大手メディアに圧力をかけているようだ。 知人が言うには「美智子さまと秋篠宮家を批判するブログの存在は許されない」というのだ。 2月には小室圭さんの一件も正念場を迎える。 4月には立皇嗣の礼を迎える。 さらにそれに続いては皇室典範改正の議論が始まる。 「公務員の守秘義務違反」で逮捕が待っているぞ。 それに、laviniaさんや「これでいいのだpart2日記」さんを脅迫してブログを乗っ取たのは、アネザイチカ=夢の宮、真島久美子お前たちじゃないのか(怒).

次の

4・皇室是々非々自録

是々非々自録

元宮内庁職員の小山さんのブログ「皇室是々非々自録」で暴露されていた。 記事を一部引用させていただく。 美智子さま愛読書は「女性週刊誌」 一方、雅子さまは「研究書」を熱心に嗜む 美智子さまの愛読書は『ジーヴスの事件簿』(P・G・ウッドハウス著)や 『クマのプーさん』 (A・A・ミルン著)などの海外文学という「設定」だ。 だが残念なことに、お傍で長年仕えてきた結論として申し上げあるが、これらをお読みになっている姿を拝したことは一度もない。 皇室は究極のイメージ産業なので、愛読書についても「実際」よりも「設定」が優先される。 もちろん美智子さまの愛読書は「週刊誌」だ。 それも女性週刊誌は必ず目を通され、皇室関連記事はスクラップ帳に貼りつけアーカイブされてほどの徹底ぶりだ。 皇后陛下(現、上皇后陛下)ともあろう方が、週刊誌をむさぼるように熟読されるのは、あまりに高貴なイメージとかけ離れているように思える。 だがこれが現実なのでどうしようもない。 過日、美智子さまが「事実と異なる週刊誌報道」に心を痛められたというが、引退して今もなお「週刊誌が愛読書」というのは変わらないようだ。 美智子前皇后が引退したら読みたい「探偵小説」として言及した『ジーヴスの事件簿』。 これ、探偵小説ではなく、実は「ユーモア小説」。 ジーヴスの作品を読んだことがなかったので、果たしてどんなものなのか、彼女が誇らしげにいうほどの「教養」なのか確認したくて、ネットを当たったら、「英ガーディアン紙が選ぶ『死ぬまでに読むべき』必読小説1000冊」中に『比類なきジーヴス( The Inimitable Jeeves)が入っていた。 ただ、「ジーヴスは探偵小説」というのは間違いで、ユーモア小説にジャンル分けされている。 ここで、彼女がジーヴスを読んでいないのではという、疑問が湧く。 (日本語訳であれ)本当に読んでるの? ひとこと言っておきたいのは、いわゆる推理小説(探偵小説)は娯楽作品であること。 それを「教養」にカウントするのは、無理がある。 おそらく前皇后は「私は教養があるのよ!」と言いたかったのかもしれないけど、それはとんでもない勘違い。 ご本人の教養のレベルがしれますね。 私などいくら英語で読んでも、常にある種の「罪悪感」を感じていた。 つまり、教養としては推理小説はカウント外だということ。 あくまでも娯楽。 とはいうものの、ドイル、クリスティはやはりすごいし、P・D・ジェイムズに至っては英国小説の歴史にくっきりと点を刻む書き手だと確信している。 その教養レベルが並外れているんです。 日本では推理小説にそこまでの作品は未だないですよね。 で、ジーヴスを読んだことがなかったので、英語のフリー(無料)サイト、「The Project Gutenberg eBook」にアクセスして代表作の『比類なきジーヴス』( The Inimitable Jeeves, by P. Pelham Grenville Wodehouse)を読んでみた。 やはり推理小説ではない。 英国臭がプンプン。 たしかに英国的な諧謔精神はある。 ユーモアもたっぷり。 でも現代的ではない。 古い芝居を観ている感じと言えばいいだろうか。 語り手BertieとJeevesの会話を軸に話が展開する。 このパターンは英国小説ではおなじみのもの。 カズオ・イシグロの『日の名残り』( The Remains of the Day)でもおなじみ。 イシグロの方がずっと刺激的ですけどね、ジーヴスより。 ジーヴス作品を読むくらいなら、ロンドンのナショナル・シアターやウェスト・エンドに行けば、英国の真髄ともいうべきキレッキレの舞台に出会えますよ!あるいはP・D・ジェイムズ。 P・D・ジェイムズを読みこなすには、少なからない古今東西の歴史、文化の教養が要りますが。 あのお方に英国の諧謔とユーモアがわかるとは到底思えないので、おそらく単なる「ええかっこしい」では。 美智子前皇后の教養がどんなものか「語る(騙る)に落ちる(堕ちる)」場に立ち会った気がした。 それを大仰に「私、教養があるでしょ!」っていうのは、その「教養」のレベルのほどがわかっってしまう。 女性週刊誌が愛読書である人に(女性週刊誌ネタとは真逆の)ジーヴスの諧謔がわかるとも思えない。 学究肌の雅子皇后陛下なら、軽く読みとばされるであろうジーヴス作品。 もっとも、選ばれるはずもないか。 目指すところが違つているんですよね、美智子前皇后と雅子現皇后さまでは。 頭脳と教養、そして文化的背景の差とでもいうべきでしょうか。 到底埋めれるはずもない差。 yoshiepen.

次の