バイト 面接 自己 紹介。 自己紹介で面接の主導権を握るやり方

面接の自己紹介は転職が多い場合どう話す?面接官にウケる話し方とは。

バイト 面接 自己 紹介

2018. 24 最終更新 2019. 23 「バイト先への自己PRって何をすればいいの?」 バイト経験が浅い高校生や大学生にとっては、自分を売り込む「自己PR」作成に慣れていない人が多いでしょう。 この記事では、バイト面接や履歴書の「自己PR」を徹底対策! すべて読み終えるころには、 採用担当者によい印象を与え、採用率がアップような自己PRができるようになります。 ぜひ、参考にしてください。 【目次】 1. バイト面接や履歴書で使える「自己PR」のつくり方 バイトの応募先が、面接や履歴書のチェックに際して重要なポイントとしているのが「自己PR」。 一度の面接や履歴書の情報だけでは、応募者の長所や人柄をすべて把握することはできません。 そで自己PRを通じて性格や熱意、一緒に働けるかどうかを判断します。 まずは、自分の魅力を伝える書き方や伝え方のポイントを紹介します。 なかなかPRポイントが見つからない人は、以下の記事を参考にしてください。 短所を長所に変換するテクニックを紹介しています。 「コミュニケーション能力が高い」という長所も「サークルや部活などで部長として、周囲をこのように引っ張ってきた」という具体的なエピソードが加わることで、ほかの応募者にはない独自の強みや人柄が伝わるポイントになります。 ほかの志望者と差をつけるためにも、ここでは3つのポイントを紹介します。 その際に「協調性がある」「コミュニケーション能力が高い」「接客業が得意」とただ単に羅列するのではなく、 そう考える理由や裏づけるエピソードなども必ず一緒に添えるようにしましょう。 理由を膨らませることができれば、大きな強みとなります。 自分の強みがなかなか思い浮かばない場合には、家族や友人の意見を取り入れて参考にしてみるとよいですよ。 これまでのバイトで経験したことを自己PRに活かしながら、履歴書作成や面接に臨んでみましょう。 部長や学級委員の経験も、同じように活かせます。 自己PRとしてどのような点を挙げようか迷った場合には、今までの経験を思い返してみることもおすすめです。 以下の記事では、バイトリーダーの経験で身につくスキルを多数紹介しています。 こちらも参考にしてください。 この経験から得たコミュニケーション能力は、アルバイトでも活かすことができると感じております。 接客業や塾講師といったコミュニケーション能力が問われるバイトでは、自分の経験を踏まえながら能力の高さをアピールできるとよいでしょう。 周囲との関わりのなかで感じたシーンを具体的に語り、自己PRにまとめてみるのもひとつの手段です。 以下の記事では、人気の接客業「カフェバイト」にスポットを当てて、面接対策を解説しています。 ほかの接客バイトの面接時にも活かせる内容が満載なので、ぜひチェックしてください。 その場合、下記のような自己PRを参考にしてください。 細かい作業が好きで、裁縫や日曜大工が得意です。 コツコツと作業をして、ひとつのものを完成させる仕事に自信があります。 また、一度決めたら最後までやり遂げるところが私の長所です。 例文のようにまとめて自己PRをつくると、学歴や資格だけでは読み取れない人物像を伝えることができるでしょう。 その場合、下記のようにPRしてみましょう。 私は人と接する仕事が好きで、1年ほど飲食店でアルバイトをしておりました。 進学を機に退職いたしましたが、スタッフやお客様と楽しみながら仕事ができ、とても有意義な経験となりました。 以前の飲食店ではホールも調理も任せていただいていたため、仕事内容はすぐに覚えられると思います。 ぜひ、今までの経験を活かしながらスタッフの一員として頑張りたいです。 飲食店では、今までのバイト歴がアピールポイントになります。 過去に飲食店で働いたことがある場合は、どのくらいの期間で勤務し、仕事のどのような点にやりがいを感じたのかアピールしてみましょう。 また、来店客と接する機会が多いのも飲食店の特徴です。 採用担当者は来店客はもちろん、同僚となるスタッフと協力しあってうまく店を回していけるかどうかを重視するケースもあるため、コミュニケーション能力の高さは有効なアピールポイントとなります。 初めてホールスタッフに挑戦する人は、以下の記事でイメージを膨らませてPRポイントを練るのも手です。 経験者の声も紹介していますよ。 私はファッションが好きで、アパレルブランドのショップ店員をしていたことがあります。 このときに基本的な専門用語はもちろん、お客様の好みに合わせてコーディネートする能力を養うことができました。 お客様が喜んで帰っていく姿にやりがいを感じております。 ぜひ今までの経験を活かしながら、大好きなファッションの現場で働きたいです。 アパレルや美容系のアルバイトを志望する場合は、「この職種が好き」とアピールする以外に、専門知識があることを伝えるとよいでしょう。 あらかじめ理解していることをアピールできれば、ほかの志望者と差別化できます。 以前に美容系やアパレル系でアルバイトをしていた経験でも問題ありません。 自分がやりがいを感じた点や得た知識を伝えられると魅力的な自己PRになります。 面接時は笑顔や話し方に注意して せっかくよい自己PR文を用意しても、面接時にアピールポイントがうまく伝わらなければ意味がありません。 自己PRは面接官に自分の人柄や性格を伝えられるチャンスです。 履歴書の段階でいくら魅力的な自己PRを用意できても、 聞こえづらい声や笑顔がないだけで、採用担当者に伝わりづらくなってしまいます。 どうしても緊張してしまうシーンではありますが、できるだけ笑顔で自分のよさを伝えられる雰囲気をつくるとよいでしょう。 採用担当者に「この人と一緒に働いてみたい」と思ってもらえるように意識するだけでも、話し方が変わるはずです。 面接時の緊張をほぐしたい人には、以下の記事がおすすめです! 初めてのバイト面接でも、リラックスできる緊張のほぐし方を紹介しています。 自己PRは、初対面では伝えづらい自分の性格や強み、持ち味をアピールできるチャンス。 うまくまとめることができれば、ほかの志望者と差をつけられます。 まずは自分の性格や強み・アピールポイントを箇条書きにして、そのなかから志望する業種でアピールできる内容を見つけていきましょう。 応募しようとしている職種でのバイト経験がある場合には、勤務時の仕事内容やそこから学んだことも採用担当者に響くアピールポイントになります。 魅力的な自己PRのつくり方をマスターすることは、バイトの採用担当者に自分のよさをしっかりとアピールすること。 手順をしっかり踏んで、ぜひ採用をゲットしてくださいね! 以下の記事では履歴書に書く志望動機の書き方を紹介しています。

次の

バイト面接で行う自己紹介のコツがわかる! 話す内容や例を紹介|バイト・仕事を楽しむキャリアマガジンCareer Groove by モッピーバイト

バイト 面接 自己 紹介

経験した会社および職種• 締めの挨拶 この3つを話せば問題ありません。 更にに言うと、 これ以上のことを話すと「余計な内容」になります。 3つの要素を簡潔かつわかりやすく伝えることがポイントです。 面接の自己紹介では転職回数が多いとどう伝える? 30代や40代を中心に、転職回数が多い人が面接で自己紹介をする場合にどのように伝えるべきかを解説します。 ここでは、経験社数別に解説しますので、当てはまる場合を参考にしてみてください。 経験社数が3社まではすべて伝える 転職面接の自己紹介では、20代の場合などで経験者数が3社以内であればすべての経歴を伝えて問題ありません。 経歴を簡潔にわかりやすく、以下の例のように伝えましょう。 転職太郎と申します。 本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。 転職大学を卒業後、新卒で〇〇に入社し、アパレル販売職として2年間勤めてまいりました。 その後、総合人材会社の〇〇に入社し、人材紹介の法人営業として3年間、クライアント様の採用成功に向けての採用手法のご提案と適切な人材のご紹介を担当しておりました。 そして現在は、クラウドの人事評価システムの営業として中小企業の経営者向けに販売しております。 本日は、よろしくお願い致します。 経験社数が4社以上の場合 続いて、経験社数が4社以上あるばあいの伝え方について解説します。 業界もしくは職種でまとめる方法をみていきましょう。 業界でまとめて伝える 応募した業界での経験をアピールしたい場合などは特に、経験した業界でまとめて話すと良いでしょう。 以下は、業界でまとめた自己紹介の例です。 転職太郎と申します。 本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。 転職大学を卒業後、新卒で〇〇銀行に入社し、法人営業職として2年間勤めた後、合計12年間人材業界で合計3社を経験しております。 法人向けの営業、求職者向けのキャリアアドバイザー、サービスの企画、人事まで幅広い職種を人材業界の中で経験し、マネジメントの経験もしてきました。 人材業界を良くしたい、クライアント様、求職者様にとくにかく貢献したいという想いで仕事をしてきました。 本日は、よろしくお願い致します。 職種でまとめて伝える 職種でまとめて話す場合は、応募した職種に関する情報を特にアピールしましょう。 たとえば、営業で応募する場合は、以下のように話すと良いでしょう。 転職太郎と申します。 本日は貴重なお時間をいただきまして、ありがとうございます。 転職大学を卒業後、新卒で〇〇に入社し、アパレル販売職として2年間勤めた後、合計12年間営業職として合計3社を経験しております。 中小企業向けにWeb広告の提案営業として4年間、その後デジタルマーケティングのコンサルティング営業として4年間、そして現在は経費管理のSaaSの営業および部下のマネジメントを担当しております。 本日は、よろしくお願い致します。 転職面接における自己紹介のポイント・注意点 ここからは、面接において自己紹介をする場合に押さえておくべきポイントを解説します。 知らずに進めてしまうと、面接の失敗に繋がりかねませんので、きちんと理解しておきましょう。 自己PRではない 転職面接の自己紹介をする際に最も注意してほしいのは、自己prではないということです。 面接での自己紹介というのは、上述のように「氏名」「経歴」「締めの挨拶」だけで構いません。 志望動機まで話してしまう方も多いですが、あくまでも「自己紹介のみ」をすることがポイントです。 転職理由は不要 転職面接の自己紹介では、転職理由や退職理由まで伝える必要はありません。 転職経験が多い人ほど、この失敗は起きがちです。 先に紹介した自己紹介の例文を見ていただければわかるかと思いますが、「転職理由」は述べていません。 転職面接の自己紹介では、あくまでも経歴だけ話しましょう。 また、今回転職する理由も話しがちですが、こちらも経歴だけ知りたいわけですので、わざわざ話さなくても問題ありません。 退職理由や転職理由は話さなくても面接の中で質問してくれますので、「相手に聞いてもらう」ことを意識しておくと良いでしょう。 具体的かつ端的に伝える 最後に、具体的かつ端的に伝えることが重要です。 特に端的に伝えることが重要で、面接官はあなたが思っている以上に話を聞くことができません。 人間は、長くて1分程度の話しか頭に入ってこず、 20秒〜40秒程度で回答するのが妥当です。 一生懸命話そうとすればするほど、熱がこもって話が長くなりがちですが、正直逆効果です。 大前提として、人間は他人の話に興味がないという認識をもち、「聞かれたことに対する回答」を端的に述べましょう。 転職回数が多いことはポジティブに伝える 転職回数が多いことをマイナスに捉えることが多いと思いますが、必ずしもそうではありません。 転職回数が多いことは、伝え方次第でポジティブに捉えてもらえます。 「仕事がしんどくて」「すでに4回も転職してしまっているのですが」「環境を変えて活躍したくて」などという伝え方をしてしまうと、ネガティブな印象を与えてしまいます。 「更に成長をしたくて」「4回の転職でキャリアアップしてきました」「より〜ができる仕事がしたくて」など、前向きな言い方にするだけで転職がプラスになります。 当然嘘はだめですが、可能な限り前向きな伝え方を意識しましょう。 自己紹介は面接の肝 たかが自己紹介とお考えかもしれませんが、面接の冒頭にする自己紹介は非常に重要です。 自己紹介でポジティブな印象をもってもらえれば、いわゆる「第一印象が良い」状態となり、スムーズに面接が進むでしょう。 しかしながら、自己紹介がまとまらず、話が長かったり余計なことを話したりしてしまうと、その時点でコミュニケーション能力を疑われてしまいます。 自己紹介は面接で重要なポイントという認識を強くもち、きちんと準備をしていきましょう。

次の

【例文付き】就活面接での自己紹介の答え方は?より良い自己紹介にするためのポイントは?

バイト 面接 自己 紹介

塾側は自己紹介で何を聞きたいの? 塾側が塾講師バイトに自己紹介で聞きたいことは、• 学歴や専攻科目と得意科目• 指導希望の生徒層• 受験経験 などについて面接官の方は聞きたいと思っています。 面接官は質問している時に「この講師は何ができるんだろう?どんな生徒や授業とマッチングさせればいいのかな?」と考えています。 つまり、 この人材は 使えるのかな?ということです。 模範回答例 回答例としては次のようにすると良いでしょう。 専攻は電子工学で、得意科目は数学です。 私立の大学の受験の経験はあります。 受験を控えた高校3年生をメインに指導できればと思います。 中学生を教えることももちろんできます。 」 面接では履歴書をもとに学歴や得意科目について質問されたり、自己紹介をしてくださいと言われたりします。 次は、自己紹介をするうえでのポイントをまとめていきます。 ただし、現在は面接時に書類でのプロフィールシートが用意され、そこに記入するというやり方が主流です。 伝えたいことを1分で言えるように準備しておこう 自己紹介のコツとしては、 一度に長く喋っても相手には伝わらないので、 伝えたいポイントを絞って伝えるようにします。 目安としては1分程度で自己紹介が終わるようにまとめて置くと良いと思います。 まずは笑顔で話すようにするとグッと印象が良くなることでしょう。 第一印象こそが全て! 印象を良くするために、 姿勢をピンと正して相手の目を見てゆっくり、はっきりと自己紹介をするようにしましょう。 面接官が見ているところは、自己紹介の内容だけではありません。 明るくハキハキと話せているか、具体的にわかりやすく話せているか、言葉に詰まらずにスラスラと自分の言葉で話せているかといったことも見ています。 というか、これが1番大切です。 愛嬌があれば、なんとかなります。 服にフケなどが付かないように気をつけ、インナーも白などの清潔感をアピールするものにしておきたいところです。 やはり、接客業かつ無形商材を扱うアルバイトです。 いわば、 人が商売道具であり、サービスのコンテンツとなります。 そのため、 見た目というのは非常に大切な要素となります。 自己紹介の失敗例とは? 自己紹介の失敗例としては、事前準備不足のために話す内容を考えておらず、途中で話が行き詰まってしまったといったケースや、言葉遣いが堅苦しくなってしまったり、逆に馴れ馴れしくなってしまったりしたといったケースがあります。 加えて、長々と話しすぎたといったケースもあります。 いずれも、 事前の準備不足が招いたミスだと言えるでしょう。 自己紹介は、ほどよく簡潔にまとめて話すことが良いと言えるでしょう。 まとめ いかがでしたか?下記に、面接前に見ておくべきチェックポイントを記載しておきますので、面接前にもう1度チェックしておきましょう。 1分間程度で自己紹介できるように事前準備をしておこう• 笑顔で!緊張するけど、笑顔を忘れずに!• 会場のトイレでもう1度、身だしなみのチェックを!• 質問に対する答えは簡潔に!ダラダラ話さない! 参考リンク オススメの塾講師応募サイトはこちら.

次の