わたし を あきらめ ない。 渡邉信二 わたしをあきらめない NHKスペシャルで紹介

毒親に育てられたわたし でもあきらめない

わたし を あきらめ ない

東京都心のベッドタウン、神奈川県川崎市にある東菅小学校。 527人の子どもが通っている。 去年4月クラス替えをした5年1組。 新しい担任になったのは渡邉信二先生。 とにかく熱くて涙もろいと評判だった。 先生は突然、「誰も悪者に、のけ者にしない」と宣言した。 クラスが始まって1週間、先生が職員室に戻ったその隙に何気ないちょっかいから、けんかが始まった。 雄斗はこの1週間小さなトラブルを起こしたり授業中に寝たりする姿が目立っていた。 先生は担任を引き継ぐ時「この子たちが一部の荒れた子の行動やいじめで苦しんできた」と聞いていた。 低学年の頃から授業に参加できず孤立しがちだった雄斗。 自分でもそれが当たり前になってあきらめかけていた。 でも先生はあきらめず事あるごとに声をかけ続ける。 子どものちょっとした変化にも目を配り言葉をかける。 その接し方は時に大げさに見えることもある。 一体なぜなのか。 それは10年前に起きた一人の少年の死がきっかけだった。

次の

「“わたしをあきらめない” 〜5年1組子どもたちと先生の一年〜」

わたし を あきらめ ない

渡邉信二先生のプロフィール 渡邉信二先生のプロフィール 約29年間、川崎市立小学校教諭及び総括教諭 市教育委員会学校教育部指導主事などを務める 2020年3月退職 NHKスペシャルの番組撮影当時は、川崎市立東菅(ひがしすげ)小学校教諭で5年1組担任でした。 また、渡邉信二の「つぶやきコラムABCDE」というブログを毎日のように更新し、日々、様々な発信をされています。 講座・講演・研修・授業研究会の招致等 歓迎します ということですので、子どもたちの教育のために幅広く活躍されているのですね。 渡邉信二先生が、川崎市教育委員会に勤務されていたころ、いじめ自死事件がありました。 その際、先生はこの事件の調査報告を担当されていました。 その時の経験から 「二度とこのようなことは起こさない」 ことを誓ったそうです。 しかし・・・いざ、学校で、教室で子どもたちと向き合うと、毎日が困難の連続。 クラスには様々な家庭環境の子がいます。 生まれた時から環境に恵まれない…そんな子もいたでしょうね。 また、どこの学校も同じかもしれませんが、どんなに先生が真剣に向き合っても、どこからともなく『いじめの芽』が吹き出してくることがあったようです。 どんな先生が担任であっても、 ちょっとした言葉の行き違い 見逃していたこと そう…大人からすればちょっとしたことが子どもたちには重大なことであったり…ほんの少しのほころびが「いじめの芽」となったりするのでしょう。 一昔前なら…金八先生や熱中先生、教師びんびん物語、スクールウォーズの時代なら、「熱血」で何とかなったのかもしれません。 とのことですから、正に子どもたちとのぶつかりあいが描かれているのでしょう。 まとめ 「わたしはあきらめない」でもなけれな 「あなたをあきらめない」でもありません。 「わたしをあきらめない」 この言葉にはどんな意味があるのでしょう。 子どもから見たら先生は「わたしをあきらめない」なのか、それとも、先生自身が自分の信念をあきらめないことを表した言葉なのか・・・番組を見ていればはっきりするのかもしれませんね。 休校が続く今、この番組を見て「学校って、いいなあ…」と思えるのでしょうか…。 (番組の意図はそういうことではないと思いますが).

次の

“わたしらしく働く”をあきらめない。数字で見る現代の女性の働き方【SDGs特集】(2020年4月27日)|ウーマンエキサイト(2/7)

わたし を あきらめ ない

渡邉信二先生のプロフィール 渡邉信二先生のプロフィール 約29年間、川崎市立小学校教諭及び総括教諭 市教育委員会学校教育部指導主事などを務める 2020年3月退職 NHKスペシャルの番組撮影当時は、川崎市立東菅(ひがしすげ)小学校教諭で5年1組担任でした。 また、渡邉信二の「つぶやきコラムABCDE」というブログを毎日のように更新し、日々、様々な発信をされています。 講座・講演・研修・授業研究会の招致等 歓迎します ということですので、子どもたちの教育のために幅広く活躍されているのですね。 渡邉信二先生が、川崎市教育委員会に勤務されていたころ、いじめ自死事件がありました。 その際、先生はこの事件の調査報告を担当されていました。 その時の経験から 「二度とこのようなことは起こさない」 ことを誓ったそうです。 しかし・・・いざ、学校で、教室で子どもたちと向き合うと、毎日が困難の連続。 クラスには様々な家庭環境の子がいます。 生まれた時から環境に恵まれない…そんな子もいたでしょうね。 また、どこの学校も同じかもしれませんが、どんなに先生が真剣に向き合っても、どこからともなく『いじめの芽』が吹き出してくることがあったようです。 どんな先生が担任であっても、 ちょっとした言葉の行き違い 見逃していたこと そう…大人からすればちょっとしたことが子どもたちには重大なことであったり…ほんの少しのほころびが「いじめの芽」となったりするのでしょう。 一昔前なら…金八先生や熱中先生、教師びんびん物語、スクールウォーズの時代なら、「熱血」で何とかなったのかもしれません。 とのことですから、正に子どもたちとのぶつかりあいが描かれているのでしょう。 まとめ 「わたしはあきらめない」でもなけれな 「あなたをあきらめない」でもありません。 「わたしをあきらめない」 この言葉にはどんな意味があるのでしょう。 子どもから見たら先生は「わたしをあきらめない」なのか、それとも、先生自身が自分の信念をあきらめないことを表した言葉なのか・・・番組を見ていればはっきりするのかもしれませんね。 休校が続く今、この番組を見て「学校って、いいなあ…」と思えるのでしょうか…。 (番組の意図はそういうことではないと思いますが).

次の