マツコ 崎陽軒。 高須院長、マツコに突撃のN国・立花氏は「不快」「マツコさんと崎陽軒さんを守ります」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

「崎陽軒シューマイ」に横浜人激怒「あるのはシウマイだ」

マツコ 崎陽軒

悪目立ちを通り越して目立っているのが、「NHKから国民を守る党(N国党)」の立花孝志党首。 YouTubeを使った今時な戦略で支持者とアンチのどちらをも確実に増やしている立花氏が話題をさらっているのが、8月12日に「TOKYO MX」を訪れた問題だ。 7月29日に同局の人気番組「5時に夢中!」でが「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら迷惑だし、これから何をしてくれるか判断しないと。 今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「冷やかしもあって、ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」といつものマツコ節を全開したことが発端で、これに立花氏が激怒。 「N国に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」とマツコが生出演中の同局におしかけ番組出演などを要望したという流れだ。 「言ってることはわかりますが、その方法に疑問を抱いている人が多いですね。 高須クリニックの院長は『営業妨害』と批判してますし、局の前でどこまで本当かわからない『マツコ・デラックスが番組を降りるそうです』とまるでケンカに勝ったかのように叫ぶ光景は、多くの人を『怖いんですけど』と不安にさせたようです。 それもN国党が目立つための戦略かもしれませんが、最初は立花氏の言い分もわかると理解を示していた人まで、SNS上で『やっぱマツコの言うとおりじゃん』『やり方が気持ち悪い』『ちょっとカチンときたからって、国会議員が一般有権者にこんなことする?』とあ然。 『気に入らないから出てこい!お前ぶっ壊すぞ!このやり方はあおり運転と同じと思う』と、立花氏の行動が常軌を逸しているのではないかと批判的な声も聞かれましたね」(週刊誌ライター) どっちが良い悪いは別として、ここにきて一転して立花氏が叩かれる羽目になっているとか。 「自分でも『しつこい』という立花氏は、YouTubeで『5時に夢中!』の番組スポンサーでもある崎陽軒やソニー損保などの不買運動を提唱。 でも、この動画が拡散されると、SNS上は一気に激怒モードに。 崎陽軒ファンや横浜市など地元の神奈川県民から『崎陽軒ぶっ壊すとかナメてんのか』『崎陽軒をディスるのは全神奈川県民を敵に回すのと同じですけど』『N国党は潰れても崎陽軒は潰れない』『マツコ頑張れ』と一斉ブーイングです。 トレンドの1位に崎陽軒がランクされるほどで、シウマイ弁当はいつも以上にバカ売れ状態とも聞きました。 一部には崎陽軒が売り上げアップしたら、立花党首は『自分のおかげと言いそうなタイプ』と皮肉っぽく書き込んでいる人もいましたが、どちらにせよ、マツコより格段にデラックスな相手を敵に回したかもしれません」(前出・週刊誌ライター) 神奈川県民のソウルフードとも言われている崎陽軒のシウマイ。 N国党に投票した神奈川県民には立花氏はどう説明するのか。 (山田ここ).

次の

崎陽軒の不買運動でマツコぶっ壊す炎上の経緯!立花孝志の訴えで購買促進?

マツコ 崎陽軒

気持ち悪い 宗教的な感じ ふざけて投票している人も多い といった何の根拠もない批判を、NHKから国民を守る党および立花孝志代表に対してテレビで行ったマツコデラックス批判まではよかった。 にもかかわらずマツコ批判だけしていればいいものの、ほとんど無関係のマツコ出演番組のスポンサーの崎陽軒不買宣言とその呼びかけは立花氏の完全なる大失態だ。 崎陽軒は関係ない。 そもそも崎陽軒は横浜のソウルフードだ。 私も横浜市民だからわかるが、小さい頃からともにしてきた ソウルフードを何の落ち度もないのに不買や不買運動を起こすなど、横浜市民を敵に回してしまった。 立花氏はああみえて非常に緻密な選挙戦略や発言戦略でのしあがり、99万票もの票を獲得した。 ふざけて投票されたんじゃない。 彼の完全な勝利だ。 そこまでは素晴らしかったのに、マツコデラックス批判はその通りだったのに、何の関係もない崎陽軒批判で「あーやっぱりN国立花代表って残念な人だったのね」と印象付けてしまった。 今からでも遅くない。 立花氏は崎陽軒に謝罪し、崎陽軒のシウマイを100個買ってみました動画をYoutubeであげたらまだ救われるかもしれないが、このまま崎陽軒批判を続けると正当性のあったマツコ批判やNHK批判すら誰も聞いてくれなくなる。 崎陽軒不買は筋違い批判。 今すぐ撤回・謝罪、そして崎陽軒シウマイを買って食べておいしかった動画をあげた方がいい。 ただ! 皮肉なことだが立花氏のおかげで、崎陽軒の売上は激増すること間違いなし。 横浜市民にとって崎陽軒はソウルフードすぎて、いわば空気のようにあたりまえの存在で、昔食べた思い出が強すぎて意外と最近買ってないな、という人に「あー久々に買って食べるか!」と思い出させてしまったからだ。 不買を呼びかけたのに、かえって売上がアップする。 その事実だけみても、崎陽軒を今回の件で批判するのは大きな間違い。 ぜひ立花氏は今からでも遅くないので崎陽軒批判はやめて、マツコデラックス批判だけにすべき。

次の

マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ(2019年8月18日)|BIGLOBEニュース

マツコ 崎陽軒

悪目立ちを通り越して目立っているのが、「NHKから国民を守る党(N国党)」の立花孝志党首。 YouTubeを使った今時な戦略で支持者とアンチのどちらをも確実に増やしている立花氏が話題をさらっているのが、8月12日に「TOKYO MX」を訪れた問題だ。 7月29日に同局の人気番組「5時に夢中!」でが「この人たちがこれだけの目的のために国政に出られたら迷惑だし、これから何をしてくれるか判断しないと。 今のままじゃ、ただ気持ち悪い人たち」「ちょっと宗教的な感じもあると思う」「冷やかしもあって、ふざけて入れた人も相当数いるんだろうなと思う」といつものマツコ節を全開したことが発端で、これに立花氏が激怒。 「N国に投票してくれた有権者をバカにした発言は許しがたい」「マツコ・デラックスをぶっ壊す!」とマツコが生出演中の同局におしかけ番組出演などを要望したという流れだ。 「言ってることはわかりますが、その方法に疑問を抱いている人が多いですね。 高須クリニックの院長は『営業妨害』と批判してますし、局の前でどこまで本当かわからない『マツコ・デラックスが番組を降りるそうです』とまるでケンカに勝ったかのように叫ぶ光景は、多くの人を『怖いんですけど』と不安にさせたようです。 それもN国党が目立つための戦略かもしれませんが、最初は立花氏の言い分もわかると理解を示していた人まで、SNS上で『やっぱマツコの言うとおりじゃん』『やり方が気持ち悪い』『ちょっとカチンときたからって、国会議員が一般有権者にこんなことする?』とあ然。 『気に入らないから出てこい!お前ぶっ壊すぞ!このやり方はあおり運転と同じと思う』と、立花氏の行動が常軌を逸しているのではないかと批判的な声も聞かれましたね」(週刊誌ライター) どっちが良い悪いは別として、ここにきて一転して立花氏が叩かれる羽目になっているとか。 「自分でも『しつこい』という立花氏は、YouTubeで『5時に夢中!』の番組スポンサーでもある崎陽軒やソニー損保などの不買運動を提唱。 でも、この動画が拡散されると、SNS上は一気に激怒モードに。 崎陽軒ファンや横浜市など地元の神奈川県民から『崎陽軒ぶっ壊すとかナメてんのか』『崎陽軒をディスるのは全神奈川県民を敵に回すのと同じですけど』『N国党は潰れても崎陽軒は潰れない』『マツコ頑張れ』と一斉ブーイングです。 トレンドの1位に崎陽軒がランクされるほどで、シウマイ弁当はいつも以上にバカ売れ状態とも聞きました。 一部には崎陽軒が売り上げアップしたら、立花党首は『自分のおかげと言いそうなタイプ』と皮肉っぽく書き込んでいる人もいましたが、どちらにせよ、マツコより格段にデラックスな相手を敵に回したかもしれません」(前出・週刊誌ライター) 神奈川県民のソウルフードとも言われている崎陽軒のシウマイ。 N国党に投票した神奈川県民には立花氏はどう説明するのか。 (山田ここ).

次の