バレット ナイツ ランサー。 バレットナイツ ランサーご予約受付開始!

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー

バレット ナイツ ランサー

様から昨年製作したメガミデの作例2点が返却されました。 バレットナイツのランチャーとランサーです。 折角なのでツーショットで撮影してみました。 「メガミデ コレクション」。 (2020年3月24日発売) で掲載されたメガミデの作例を一堂に集めたムック本です。 私の作例は「SOL ストラプター」「バレットナイツ ランチャー」「バレットナイツ ランサー」を掲載して頂いています。 ちなみに表紙にもランサーの写真を使って頂いております。 個人的には初期のWISMやSOLを使った作例が非常に参考になる気がします。 メガミ製作(改造派の方は特に)のお手本としてお勧めの一冊です。 ランチャー(左)とランサー(右)。 まずは素体モードで撮影。 困り顔(照れ顔?)のランチャーと満面の笑み(うまし顔)のランサー。 ちなみにランチャーの方はキットのまま組んでいますが、 ランサーは足首をカオプリのヒールパーツを使って改造しています。 モードでツーショット。 ランチャーは黒っぽいカラーリングにする事で金色のが映えた…かな? ランサーの方は対照的に明るいカラーリングにしております。 一応、2体並べた時のストも考えての配色なのだ!(…?)。 でも、誌上での共演は叶いませんでしたね…。 ロングランチャーモード(じゃじゃ馬モード)。 デカ過ぎて撮影ブースに収まらないので久々にベランダ撮影。 なんとなく象さん型の乗り物に見えなくもない…。 それにしてもランチャーのこの表情パーツが良く似合う気がする。 後頭部のチューブ状パーツはなんか苦手なので付けていません…。 の超広角で撮影したら迫力が増したゾォ! ロングランス大型空戦モード。 ランサーとランチャー両方のを贅沢に組み合わせた大型ライドメカです。 ロングランチャー部分とロングランス部分はシールドを介して2本のアームパーツのみで接続しているんですが、案外しっかりと保持出来ています。 空をバックに撮影…しようと思ったらこれが限界でした。 ランチャー陸戦モード&ランサー空戦モード、夢の競演!? ベランダでなければ実現しなかったツーショット。 作るの大変だったけど、こうやって並べると爽快です。 頑張って良かった。 ランサーちゃんのこの表情!楽しそう! キラキラ笑顔のランサーに対してランチャーちゃんは怯えっぱなしの様子。 こういう表情パーツの違いが良い!キャクターに物語が生まれてくる気がします。 メガミデ最大のおススメポイント(だと思う)。 という感じのメガミデ バレットナイツ ランチャー&ランサーでした。 久しぶりにランチャー&ランサーを弄っていたらまた作りたくなってきました。 とはいえ、作例以上のアイディアが思いつくかどうかは甚だ疑問…。 作例 ランチャーのページ 作例 ランサーのページ.

次の

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランサー

バレット ナイツ ランサー

ランチャー素体。 各部にを貼った後、水性ホーの プレミアム艶けしで仕上げました。 素体状態でもけっこうを貼るか所が多いです。 デザインも格好よく、かなり引き締まりますね。 を貼ってないいくらうましとならべて。 うん、やはりを貼ると格好良くなります。 頑張った甲斐があった。 先の写真でもすでにランサーが持っていますが 食器類も塗装しました。 やはり食器は銀ですね!ガンクを使用しました。 いろいろポージング。 なかなか使える表情が揃っていて私はランチャー好きです。 そしてこちらが状態。 全身のゴールドのラインがすべてになります。 めちゃくちゃ神経擦り減らしながら貼りました。 予備1枚デフォルトでつけてほしい。 胸、お腹は透け塗装の上からさらにクリアをかけてラップスーツ感を演出。 まわりのパーツが艶消しなのでいい具合に質感の違いが出たかなと。 しかしアップだとあんまり綺麗じゃないのがバレてしまいますな… ランチャー構え! お気に入りの真上にランチャーを構えた構図の写真を撮り忘れたので またランサーのが貼れたら一緒に撮ろうかなと思います。 (いつになるやら) いろいろポーズ。 部分は塗装した上から貼り、その上からクリアコートをかけてます。 引き締めるためにのダークグレー部分を黒で塗りましたが そのまま残した素体のダークグレー部も艶消ししたらいい感じの色になったので そのままでもよかったかも。 さてさてそんなわけでランチャーの完成編でした。 拙い出来ですが、組み立て・塗装・貼り・仕上げで 大体15時間ぐらいかかりました… なるべく (手を抜いて)お手軽に仕上げようと思ってもこれぐらいかかってしまうので やはり1か月に1,2体が限界ですね~。 今後も積まないようにまずはパチ組を優先。 余裕があるときに塗装やを進めていこうと思います。 UNOYO.

次の

メガミデバイス BULLET KNIGHTS ランチャー を作る! その1

バレット ナイツ ランサー

様から昨年製作したメガミデの作例2点が返却されました。 バレットナイツのランチャーとランサーです。 折角なのでツーショットで撮影してみました。 「メガミデ コレクション」。 (2020年3月24日発売) で掲載されたメガミデの作例を一堂に集めたムック本です。 私の作例は「SOL ストラプター」「バレットナイツ ランチャー」「バレットナイツ ランサー」を掲載して頂いています。 ちなみに表紙にもランサーの写真を使って頂いております。 個人的には初期のWISMやSOLを使った作例が非常に参考になる気がします。 メガミ製作(改造派の方は特に)のお手本としてお勧めの一冊です。 ランチャー(左)とランサー(右)。 まずは素体モードで撮影。 困り顔(照れ顔?)のランチャーと満面の笑み(うまし顔)のランサー。 ちなみにランチャーの方はキットのまま組んでいますが、 ランサーは足首をカオプリのヒールパーツを使って改造しています。 モードでツーショット。 ランチャーは黒っぽいカラーリングにする事で金色のが映えた…かな? ランサーの方は対照的に明るいカラーリングにしております。 一応、2体並べた時のストも考えての配色なのだ!(…?)。 でも、誌上での共演は叶いませんでしたね…。 ロングランチャーモード(じゃじゃ馬モード)。 デカ過ぎて撮影ブースに収まらないので久々にベランダ撮影。 なんとなく象さん型の乗り物に見えなくもない…。 それにしてもランチャーのこの表情パーツが良く似合う気がする。 後頭部のチューブ状パーツはなんか苦手なので付けていません…。 の超広角で撮影したら迫力が増したゾォ! ロングランス大型空戦モード。 ランサーとランチャー両方のを贅沢に組み合わせた大型ライドメカです。 ロングランチャー部分とロングランス部分はシールドを介して2本のアームパーツのみで接続しているんですが、案外しっかりと保持出来ています。 空をバックに撮影…しようと思ったらこれが限界でした。 ランチャー陸戦モード&ランサー空戦モード、夢の競演!? ベランダでなければ実現しなかったツーショット。 作るの大変だったけど、こうやって並べると爽快です。 頑張って良かった。 ランサーちゃんのこの表情!楽しそう! キラキラ笑顔のランサーに対してランチャーちゃんは怯えっぱなしの様子。 こういう表情パーツの違いが良い!キャクターに物語が生まれてくる気がします。 メガミデ最大のおススメポイント(だと思う)。 という感じのメガミデ バレットナイツ ランチャー&ランサーでした。 久しぶりにランチャー&ランサーを弄っていたらまた作りたくなってきました。 とはいえ、作例以上のアイディアが思いつくかどうかは甚だ疑問…。 作例 ランチャーのページ 作例 ランサーのページ.

次の