戦国 武将 名前。 戦国武将ランキング・一覧表|戦国武将とゆかりの地

戦国武将? を意識した名前のキャラクターが登場するアニメは...

戦国 武将 名前

-1556) 愛知 天文3年-天正10年(1534-1582) 天文11年-元和2年(1543-1616) 天文6年-慶長3年(1537-1598) 三重 天文11年-慶長5年(1542-1600) 近畿 滋賀 天文14年-天正元年(1545-1573) 永禄3年-慶長5年(1560-1600) 享禄元年?-天正10年(1528? -1582) 奈良 天文18年-天正12年(1549-1584) 永正7年-天正5年(1510-1577) 京都 天文6年-慶長2年(1537-1597) 天文5年-永禄8年(1536-1565) 天文7年-永禄11年(1538-1568) 大阪 天文12年-文禄元年(1543-1592) 兵庫 天文4年-天正14年(1535-1586) 和歌山 天正4年-慶長18年(1576-1613) 中国 鳥取 天文16年-天正9年(1547-1581) 島根 天文9年-慶長15年(1540-1610) 岡山 元亀3年-明暦元年(1572-1655) 天正10年-慶長7年(1582-1602) 広島 明応6年-元亀2年(1497-1571) 山口 毛利輝元 天文22年-寛永2年(1553-1625) 四国 香川 天文21年-慶長19年(1552-1614) 愛媛 弘治2年-寛永7年(1556-1630) 徳島 大永2年-永禄7年(1522-1564) 高知 天文14年?-慶長10年(1545? -1605) 九州 福岡 永禄10年-寛永19年(1567-1643 大分 享禄3年-天正15年(1530-1587 佐賀県 享禄2年-天正12年(1529-1584) 長崎 永禄10年-慶長17年(1567-1612) 宮崎 永正9年-天正13年(1512-1585) 熊本 永禄5年-慶長16年(1562-1611) 鹿児島 天文4年-元和5年(1535-1619) 大河ドラマの常連!この人がいなければ戦国時代じゃない!ザ・戦国武将ベスト10をランキング! (愛知県) コメント必要なし!時代を変えた戦国武将! (愛知県) 戦国の世で辛酸を嘗め、その時代を終わらせた名将! (愛知県) 戦国の世を人柄と智勇で登り詰め、百姓から天下人に! (山梨県) 甲斐の虎の名に相応しい勇将!川中島の合戦は戦国時代の華! (新潟県) 越後の龍の名に相応しい智将!川中島の合戦は戦国時代の華! (宮城県) あと少し早く生まれていれば!確かに時代を動かすに足る名将! (滋賀県) 時代を動かした「本能寺の変」は、現代もなお想像力を搔き立てる! (広島県) 幼い頃からの苦労を見事に昇華させ、幕末まで続く精神の礎を築いた智将! (石川県) 時流を見極め、加賀百万石の礎を築いた勇将! (山形県) 苦労人の二代目。 武勇に加え、家臣想いのその人柄が魅力の戦国武将! ついて行きたい!こんな時代だからこそ上司に欲しい戦国武将ベスト10をランキング! (山形県) 敗戦しようとも石高が減らされようとも、絶対にリストラしない人柄 (愛知県) 徳川三百年の礎を築いたその安定感 (長野県) 関ヶ原の戦いで、圧倒的に分が悪くとも決して諦めなかった心意気 (新潟県) 圧倒的な強さと無欲 (山梨県) 「人は石垣、人は堀... 」の言葉からわかる家臣に寄せる信頼と求心力 (鹿児島県) 幕末まで続く島津氏の精神を体現する強い戦闘力と家臣を結束させる力 (岡山県) 関ヶ原の戦いで敗色濃い西軍を引っ張った勇猛さと統率力 (鳥取県) 雇われ城主でありながら、自身の命と引き換えに家臣を救った人柄 (宮城県) 時勢を見る能力と異彩を放つ感性 (愛知県) 身ひとつで大成したその嗅覚 側女でいいからおそばに?くノ一として仕える?歴女が愛する戦国武将ベスト10をランキングでご紹介! (長野県) 孤軍奮闘し、非業の死を遂げた。 その苦労を分かち合いたい? (滋賀県) むさ苦しい武将のなかで、涼やかな姿と能吏ぶり。 その生涯を評価してあげたい? (新潟県) 私欲なく、義を重んじた。 女性の影が無いのも魅力? (愛知県) 戦国時代のスーパースター。 その容姿にも惹かれます? (山形県) 大河ドラマ「天地人」で注目。 家臣や領民を思う人柄に癒される? (宮城県) 「伊達者」の語源になるほどのお洒落さんで智勇に優れた武将ぶりが素敵? (山梨県) 現在に残る肖像画はでっぷり親父ぶりだが、本当は痩身白皙で格好よかったんですよ (鳥取県) 武勇を買われて雇われ城主に。 4ヶ月の籠城に耐えたのは彼の人柄ゆえ (鹿児島県) 関ヶ原の戦いの正面突破。 過激な戦術に従ってしまいたい押しの強さがいい (滋賀県) 戦国一の美貌を歌われたお市の方を虜にした爽やかな美男ぶり なぜ?そんな行動に出たのか?本人の口から真相を語って欲しい戦国武将ベスト10を選んでみました! (滋賀県) なぜ?本能寺の変を起こしたのか? (奈良県) なぜ?織田信長に反抗したのか? (兵庫県) なぜ?織田信長に謀反したのか? (香川県) なぜ?九州侵攻を失敗したときにひとり逃亡したのか? (宮城県) なぜ?二本松義継とともに、人質となった父輝宗を殺害したのか? (岡山県) なぜ?そのタイミングで東軍へ寝返ったのか? (奈良県) なぜ?盟友明智光秀のへの助力を見送ったのか? (滋賀県) なぜ?同盟関係にあった義兄織田信長ではなく朝倉義景についたのか? (静岡県) なぜ?桶狭間の戦いで10分の1の兵力の織田信長に敗れたのか? (千葉県) なぜ?再び領地を安堵された後に返上して浪人になったのか? 長すぎる後半生・・・表舞台から退いた戦国武将ベスト8と番外2名を選んでみました。 (岡山県) 八丈島で流人生活49年 (島根県) 宿敵毛利氏に養われ後に出家して44年 (千葉県) 一時期幕府から領地を与えられるも返上し諸国を流浪した43年 (秋田県) お家騒動に巻き込まれ蟄居生活30年 (京都府) 織田信長に将軍領を奪われ、豊臣秀吉の客分として24年 (宮崎県) 一族とともに流浪した12年 (栃木県) 豊臣秀吉に疎まれ、武功を挙げるも悲願叶わず諸国を流浪した11年 (兵庫県) 織田信長に謀反し、抵抗し続けた8年 番外 (福岡県) 20年浪人の末、大名に返り咲く 番外 (香川県) 改易され4年、大名に返り咲く.

次の

子供の名前に使えるかも。 戦国武将の名前一覧

戦国 武将 名前

時代によって意味合いが少し違います。 元々は、皆さんの回答にあるように、律令制で定められた国司(朝廷から各国に派遣される行政官=今で言う県知事みたいなもの)の官職名です。 律令制における官職は、長官を「かみ」、次官を「すけ」、三等官を「じょう」、四等官を「さかん」と言い、役所・部署によって字は違うのですが、国司の場合「守」「介」「掾」「目」の字を当てます。 つまり、越前守であれば「越前の国に派遣された国司の長官」を意味します。 他の部署では「頭」「助」「允」「属」などの字であったり、軍事部門では「将」「佐」「尉」「曹」など字が当てられました。 現在でも軍隊で、「大将」「中佐」「少尉」「軍曹」などの階級の呼び名が使われるのはここからきています。 時代が下って、武士が政治の権力を握るようになると、守護や地頭が権限を握ったため、国司は有名無実化してしまいます。 さらに、戦国時代に突入すると下克上の時代となり、家柄や官職に関係なく武力のある者が自分の領地として支配するようになっていきます。 そして、武力で自分の領地を確保した戦国大名は、「自分こそが正統な支配者である」というための肩書が欲しくなってきます。 三河地方の一豪族に過ぎなかった家康が、若い頃に三河地方を統一して「三河守」に任じてもらったのはその典型です。 (もちろん、形式上は朝廷に申請をしてやるのですが) 秀吉が「筑前守」、光秀が「日向守」になったのはこの頃のパターンですが、当時の織田信長は九州への進出を考えていたため、あえて「筑前」「日向」などの九州の国名の官位を与えることで、将来的に織田家が九州を統治するための既成事実を作ろうとしていたようです。 その意味では、まだこの頃は、「地名には意味があった」と考えていいでしょう。 江戸時代になると、江戸幕府は「禁中並公家諸法度」という法律を制定して、武家の官位を公家から切り離し、ごちゃごちゃになっていた官位の制度を整理します。 この頃になると、地名と領地はまったく関連性はなくなってしまい、また同じ「伊豆守」でも何人もが同時に存在する、ということも起こってきました。 これは、徳川家の家臣でしかなかった者たちが譜代大名として地位は出世したものの、その領地は昔の大名に比べると小さく、一国を丸ごと領地にしているケースがほとんどなくなったからです。 時代劇によく登場するものでは、大岡越前守、吉良上野介、浅野内匠頭(内匠頭は内匠寮の長官)、遠山左衛門尉(左衛門府の三等官)、井伊掃部頭、酒井雅楽頭、土井大炊頭…などというのはこのパターンですね。 これらは、あくまで、名目上与えられている官職ですので、そこに領地があるとか、その職務をしているとか、あるいは、「この人の官職は『かみ』だから『すけ』の人より上」ということでは一切ありません。 守というのは律令制の官職で、律令制では国ごとに 守(かみ) 介(すけ) 掾(じょう) 目(さかん) という四等官の国司が中央から派遣されていました。 しかし、武家政権の確立とともに、だんだん有名無実化していきます。 (鎌倉幕府成立初期では、武家側の守護と朝廷側の国司が並立していました。 ) 戦国時代の武将が名乗っていた、守、介などの官職の多くは、朝廷に任命されたものではなく、各々が勝手に自称したものです。 (戦国大名クラスになると、朝廷にお金を貢いで、正式に任命されたものもありました) 官職とは、本来、朝廷が任命するものですが、江戸幕府では、武家の官職は幕府が決めるというようにゴリ押しして定めてしまいました。 (禁中並公家諸法度) ただし、守などというものは、本来一人のはずですが、同じ官職名を名乗っていた者が何人もいたりしました。 そして、官職名と実際の領地が全然関係ない場合が多かったのです。

次の

子供の名前に使えるかも。 戦国武将の名前一覧

戦国 武将 名前

【目次】• 「苗字」+「名前」だけじゃない 歴史の教科書などではシンプルに苗字と名前の組み合わせで表記される戦国武将ですが、実はそれは正式な名前ではありません。 正式に表記したらかなり長くなるのです。 例えば織田信長で説明してみましょう。 正式な名前を表記してみると、 「平朝臣織田上総介三郎信長(たいらのあそんおだかずさのすけさぶろうのぶなが)」 となります。 長いですよね? では、この長い名前がそれぞれどういう意味を持っているのか、詳しく説明してみましょう。 本姓(氏) 信長の例で説明すると、「平」が本姓となります。 本姓とは本来の姓を意味しています。 つまり信長の本当の苗字は「平さん」ということ。 「平」氏は平安時代から続く氏で、藤原、源、橘と並ぶ「四姓」のひとつで、とくに平氏と源氏は天皇の皇子が臣籍降下することで賜った姓です。 ということは、信長の先祖はあの平氏なのか?と思うかもしれませんが、戦国時代の武将は出世するために「平」姓や「源」姓、または「藤原」姓を偽称することが多く、信長の本姓も実は平ではないというのが通説です。 信長の祖先・出自については以下の記事に詳しく載せています。 【家紋・家系図】信長のルーツが平氏というのは真っ赤なウソ!? ・・・とはいえ、室町ごろまでの武家社会は由緒正しい四姓の流れにある武家がほとんどでした。 戦国武将でその流れにあるのは、たとえば武田信玄です。 武田氏は清和源氏の流れのひとつ、「河内源氏」の一門とされています。 武田信玄を現代風に本当の名前で表すとするなら、「源晴信」となるわけです。 かばね(姓) かばねとは、氏族の序列を表す称号(姓)です。 日本の古代からある仕組みで、簡単に言うと爵位のようなものです。 爵位では「公爵」がトップで「男爵」がもっとも位が低いことを表していますが、それと同じようにかばねにも8種類あり、上から「真人(真人)」「朝臣(あそん)」「宿禰(すくね)」「忌寸(いみき)」「道師(みちのし)」「臣(おみ)」「連(むらじ)」「稲置(いなぎ)」の順となっています。 ただ、実際に賜ったのは上から4つだけだったようです。 これを信長の例で説明すると、「朝臣」にあたります。 上から2番目の身分であることがわかりますね。 苗字 続いては、やっとなじみがある苗字です。 信長で説明すると、「織田」にあたる部分です。 なぜ本姓とは別にこういった苗字ができたかというと、もともと氏を持っていたのは貴族などの特権階級のみで、氏の種類もとても少なかったのですが、子孫が増えるにつれて「氏」ではなく「家」を意識するようになり、各分家が違う名を名乗るようになります。 それがすでに平安時代からあり、「藤原北家」などもその一つ。 同じ「藤原」でも「冷泉家」や「九条家」「近衛家」などに分かれていったように、氏は時代を経ていくつもの家の名(苗字)に分かれていったのです。 通称(官職+名前) 通称とは、いわゆる字(あざな)です。 本名ではなく、普段呼ばれる名前のこと。 信長の通称は「上総介」と「三郎」です。 上総介とは地方長官のこと。 つまり官職を意味します。 一方、三郎は「仮名(けみょう)」ともいいますが、普段気軽に呼べるような名前です。 たとえば、『真田丸』において「真田信繁()」は「源二郎」と呼ばれたり、「左衛門佐(さえもんのすけ)」と呼ばれたりしていましたね。 同僚には官職で呼ばれることが多く、家族には仮名で呼ばれることが多かったのです。 官職は出世とともに変わるので、このフルネームも通称の部分が変わっていきます。 諱(忌み名) 諱とは、本当の名前(真名)のこと。 「信長」が諱にあたります。 この諱は元服した際に主君から賜ったり、父から名付けてもらったりする名前。 主君や父親から一字をもらうことが多く、信長も父の「信秀」から一字をもらっています。 諱は「忌み名」ともいうように、実際に呼ぶことは憚られる名前です。 通常は名前(諱)では呼ばない 諱は口に出す名ではなく、基本は通称で呼ばれることを説明しました。 時代劇などでは視聴者にわかりやすくするために「信長様」、「謙信公」というように、諱に敬称をつけて家臣が呼ぶ描写がありますが、実際にはあり得ないことです。 自分よりも位が高い人に対しては尚のこと諱で呼ぶことはタブーでした。 諱で呼んでいいのは主君や親くらいでした。 諱はその人の本当の名を表すので、その人格までも支配すると考えられました。 他者に支配されることがないように、むやみに呼ばれたり、名を知られたりすることが憚られたのです。 諱(真名)は軽々しく呼ばないから女性の名前は歴史に残りにくい このように、歴史に名を刻む有名な武将ですら、生前は諱で呼ぶことが憚られていたわけです。 もちろん男性だけでなく女性も他者に軽々しく名前を教えるようなことはしませんでした。 女性は表に出ず、家の中にいる存在だったので、その名を知るのは夫や親類、近しい人々くらいのものです。 政治の表舞台には出ないため、位が相当高い人物でない限り、女性の名前は歴史に残りにくいのです。 【主な参考文献】• 西ヶ谷恭弘『戦国の風景 暮らしと合戦』(東京堂出版、2015年).

次の