尿酸 値 高い 原因。 尿酸値が高い原因と予防改善方法

尿酸値の基準値と高い原因は?下げる食事・食べ物・飲み物は?

尿酸 値 高い 原因

尿酸値が高い原因は?尿酸値を下げるお薬は一生飲み続けるの? 突然の激痛、痛風発作を発症し、検査の結果、尿酸値が高いことが判明。 尿酸値を下げるお薬が処方されたが、一生飲み続けていかないといけないのか、不安を抱えている方もいるのではないでしょうか?尿酸値が高い原因は、食生活の乱れだけではなく、体質、遺伝的な要因などもあります。 尿酸値を下げるお薬の服用によって、痛風発作などの合併症を起こさないようにすることができます。 また、体質、遺伝的な要因などがあるとはいえ、食生活に気をつけることや肥満を解消させることも大切です。 今回は、尿酸値が高くなる原因について解説するとともに、尿酸値を下げるお薬の種類と、お薬だけに頼らない生活習慣の改善法を説明していきます。 記事を参考に、ご自身の健康管理の参考にしていただけますと幸いです。  1. 尿酸値が高くなる原因 高尿酸血症は、血液中の尿酸値が7. 通常、体内では、毎日、一定量の尿酸が作られ、一定量が腎臓をとおして尿中に排泄されます。 尿酸は古い細胞が死んでこわれたときに、その老廃物として細胞の中の遺伝子を構成していたプリン体が放出、分解され、尿酸がつくられるのです。 またさまざまな身体活動を行うとき、そのエネルギー源として体内にある「ATP」という物質がつかわれますが、このATPもプリン体を含んでいますのでATPが分解されたときにも尿酸が作られます。 この尿酸が作られる量(産生量)と排泄される量(排泄量)のバランスが崩れることによって、血液中の尿酸の量が増え、高尿酸血症となります。 (ちなみに、高尿酸血症のタイプとしては3つに分類され、尿酸が過剰に作られるタイプを「尿酸産生過剰型」、尿酸の排泄が低下するタイプを「尿酸排泄低下型」、両者が混在するタイプを「混在型」といいます。 ) 産生と排泄のバランスが崩れる原因としては、まだはっきりと解明されているわけではないですが、生まれつきの体質(遺伝的背景)、食生活や飲酒、肥満、ストレスなどの生活習慣の影響、他の病気や薬などが原因で起こる二次的なものなどが挙げられます。 メタボリック症候群を伴いやすいことも多く、動脈硬化の危険因子でもあることが明らかになっています。 尿酸値が高いことで起こりやすい「痛風症状」を贅沢病(ぜいたくびょう)と言われることもありますが、単に生活習慣が影響しているわけではなく、生まれつきの体質もあるため、その考慮が必要です。 スポーツ選手などのアスリートであっても尿酸値が高いケースもあるのです。 尿酸値が高いことで起こる合併症 血液中の尿酸の量が過剰になると、尿酸が溶けきれなくなり、針状に結晶化します。 この尿酸の結晶が関節など体のあちこちに沈着することによって、様々な合併症を起こします。 ・痛風症状(痛風関節炎・痛風結節) ・腎障害 ・尿路結石 ・メタボリックシンドローム など 高尿酸血症では、脂質異常症、高血圧、耐糖能異常、肥満などのメタボリックシンドロームが高率に合併することが知られており、こうした合併症が原因で、心筋梗塞、脳梗塞などの深刻な病気になるリスクを高くしていることが推察されています。 高尿酸血症が続いて、関節に炎症が起こり激痛や腫れが生じたもの(急性関節炎)を痛風発作といいます。 尿酸値が高いというと、足の親指の付け根に激痛を起こす痛風症状のイメージが強いのですが、実は痛風症状だけではなく、 透析につながるような腎障害を発症したり、心筋梗塞、脳梗塞などの深刻な病気になるリスクを高める可能性がある全身疾患です。 そのため、痛風症状がおさまっているから問題無い、もう病院に行かなくて良いと安心するのではなく、しっかりと尿酸値を一定値に下げておくことが大切です。 尿路結石が尿管という腎臓と膀胱をつなぐ管につまると、やはり激痛が起こります。 尿酸を下げることで、尿酸結晶による尿路結石も予防することができます。 痛風の発作も尿路結石も一度経験すると、二度と味わいたくないと思うほどの痛みです。 尿酸値を下げるお薬 参考として、尿酸値を下げるお薬による治療がはじまる基準としては次のものがあります。 ・コルヒチンは痛風発作の特効薬で、発作の前兆期に飲むと発作の痛みを和らげることができます。 痛風発作を起こしている場合には、尿酸値を下げるお薬を使用すると発作を憎増悪させる可能性があるので、原則、新規投与を開始しないません。 ・尿酸値が7. 1 尿酸生成抑制薬:尿酸が過剰に作られている方 体内で、プリン体から尿酸ができる過程の代謝を阻害することによって、尿酸が作られるのを妨げるお薬です。 代表的なお薬は3つあります。 ・ザイロリック(一般名:アロプリノール) ・フェブリク(一般名:フェブキソスタット) ・ウリアデック、トピロリック(一般名:トピロキソスタット) 2 尿酸排泄促進薬:尿酸の排泄が低下している方 腎臓にはたらき、尿中に排泄する尿酸の量を増やします。 具体的には、尿細管といわれる部位で、尿酸の再吸収を阻害することによって、尿中に排泄する尿酸の量を増やし、血中の尿酸の量を下げる作用があります。 代表的なお薬(3つ): ・ユリノーム(一般名:ベンズブロマロン) ・ベネシッド(一般名:プロベネシド) ・パラミヂン(一般名:ブコローム) また、尿酸排泄促進薬を服用中は、尿中の尿酸の量が増加して、尿路結石を発症させやすいことがあります。 そのため、尿路結石を防ぐために、次のような尿アルカリ化薬を併用することがあります。 水をやや多めに飲むようにすることも大事です。 <尿アルカリ化薬> 尿が酸性であるほど、尿酸は結晶化しやすいため、尿をアルカリ性にし、尿酸を溶けやすくして尿路結石を予防します。 代表的なお薬: ・ウラリット(一般名:クエン酸カリウム、クエン酸ナトリウム水和物) 痛風発作に対するお薬 痛風発作に対するお薬としては、「コルヒチン」「鎮痛薬NSAIDs(非ステロイド生抗炎症薬)」「副腎皮質ステロイド」などが用いられます。 <コルヒチン:前兆を感じたときに服用> 痛風発作の前兆(患部に違和感、鈍い痛み、ピリピリなど)を感じた時に服用することで、発作を抑えることができます。 痛風発作がおきるのは、痛風結節のところに白血球が集まってきて、炎症が起きるためと考えられています。 コルヒチンは、それ自体には消炎・鎮痛作用はないとされていますが、炎症を起こす要因となる白血球のはたらきを弱めることで発作を抑え、結果的には痛みを抑える作用があります。 <鎮痛剤NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬):発作時の炎症を抑える> 痛風発作による炎症を抑える作用がある、いわゆる痛み止め(消炎鎮痛剤)です。 痛風発作が起こってしまったらまず用いられる薬です。 体内の炎症を引き起こす原因となるプロスタグランジンが作られるのを抑えることによって、炎症を和らげる作用があります。 NSAIDsとしては、ロキソニンなどが有名ですが、実は、実際に痛風に保険適応があるNSAIDsは限られています。 代表的なお薬: ・インテバン(一般名;インドメタシン) ・ナイキサン(一般名:ナプロキセン) ・アルボ(一般名:オキサプロジン) ・ニフラン(一般名:プラノプロフェン) <副腎皮質ステロイド:NSAIDsが無効だったときに> 鎮痛剤NSAIDsが使用できない場合や、無効だった場合、または、多発性に関節炎を生じているような場合には、副腎皮質ステロイドを服用することがあります。 代表的なお薬: ・プレドニゾロン など 4. お薬は一生飲み続けないといけないのか? 尿酸を下げるお薬が処方された場合、お薬は一生飲み続けないといけないのか?という不安があることでしょう。 実際には、いったん薬をやめると尿酸値が再上昇することも多いので、薬をすぐにやめることはできなこともあります。 しかし、2年間はくらい薬を飲み続けて、それをやめても尿酸値が上がらないようであれば、薬を減量したり、中止できる可能性がみえてきます。 痛風発作が起きないよう治療の目標値である6. 尿酸が高くなる原因として、生まれつきの体質(遺伝的背景)はあるものの、やはり生活上の習慣を正すことや減量することにより、尿酸値が下がることも多く、また、脂質異常症、高血圧、耐糖能異常、肥満などのメタボリックシンドロームの改善にもつながります。 次に、どのようなことに気をつけたほうが良いかを解説します。 1 食事療法 厳密にプリン体を摂らない食事を毎日続けることは難しいため、プリン体を多く含む食事を極力控えることが大切です。 プリン体を多く含む食品としては、レバー等の動物の内臓、干し椎茸等の乾物、マイワシ、サンマなどの魚の干物などがあります。 また、尿酸の排泄を促すためや、尿中の尿酸濃度を低下させるために、水分は多めに摂るようにしましょう。 また、過剰なカロリー摂取は、肥満の原因です。 肥満傾向のある方の場合は、摂取カロリーを適正化し、減量することが大切です。 2 飲酒制限 アルコール飲料は、プリン体を多く含む含まないかとは無関係に、その代謝に関係し、血液中の尿酸値を上昇させるとされています。 そのため、過剰なアルコール飲料の摂取は控えるようにしましょう。 また、ご存知の方も多いと思いますが、ビールはプリン体を多く含み、他の酒類と比較すると高カロリーのため、肥満につながる可能性もあります。 お酒を飲む機会が多い方や、多量に飲む習慣がある方は、意識して、飲酒を控えるようにしましょう。 3 運動の推奨 運動は、肥満の解消(減量)につながることはもちろんのこと、それに伴い尿酸値にも好影響で、また、メタボリックシンドロームの改善にもつながりなど様々な効果を期待することができます。 過度の負荷がかかる運動や無酸素運動は、尿酸値を上昇させる可能性があるため控えるようにしましょう。 1日30分以上のウォーキングなどの有酸素運動を定期的に続けることをお勧めします。 代表的な有酸素運動としては、早歩き、ゆっくりジョギング、サイクリング、水泳などがあります。 例えば、朝に散歩をする、1駅前で降りて歩いていく、できるだけ階段を使うようにする、など、日常生活の中に自然に運動を取り入れることが、続けるためのコツです。 まずは、無理のない範囲で、運動する習慣をつけるようにしましょう。 医師との相談の上、無理のない範囲で少しずつ行っていくようにしましょう。 おわりに 今回は、尿酸値が高くなる原因について解説するとともに、尿酸値を下げるお薬の種類と、お薬だけに頼らない生活習慣の改善法について解説しました。 尿酸が高くなる原因としては、生まれつきの体質(遺伝的背景)はあるものの、それとともに、生活習慣(食事、飲酒、運動)などが影響していることがあります。 尿酸を下げるお薬は、説明のとおり何種類かあり、その方のタイプに合わせて適したお薬が処方されます。 また、お薬による治療をはじめるとともに、食事や運動などの生活習慣の改善も心がけていくようにしましょう。 参考: 高尿酸血症・痛風の治療ガイドライン第2版.

次の

尿酸値が高い原因

尿酸 値 高い 原因

尿酸値が高い原因 尿酸値が高い原因には大きく分けて遺伝的要因と環境要因の2つにわけることができます。 遺伝的要因ですが、まれで影響が強い遺伝子と、頻度が高く影響が弱い遺伝子とに分けられます。 この中で尿酸に関わる遺伝子は頻度は高いけれど影響が弱い遺伝子になります。 この遺伝子は腎臓の尿細管に発現して、物質輸送に関係することが多いのです。 環境要因ですが、一つめは食生活の問題が挙げられます。 食事の内容というのはもちろん尿酸値にも影響します。 肉食は通風を増やして、海産物も通風を少し増やすことがわかっています。 野菜は通風を減らし、乳製品も減らすと考えられています。 しかし栄養が極端に偏りすぎていても駄目ですし、他の病気を招く可能性もあるので、野菜が多い食事を心がけるようにすることをおすすめします。 また肥満の人には尿酸値が高いといった結果も出ていることから、食事の量を減らして標準体重に近づける努力が必要です。 飲酒も深く関わってきます。 アルコールを摂取すると一時的に尿酸の値は上がります。 アルコースが体内で分解されるときに尿酸が作られ、その際にできる乳酸が体内に尿酸を蓄積します。 一部のアルコール飲料には尿酸の元となるプリン体が含まれているのも原因です。 スポンサードリンク 尿酸値が高い食べ物 尿酸値が高い食べ物ですが、尿酸値の上昇の原因の大元となるプリン体が多く含まれている食品がそれにあたります。 プリン体の1日の摂取の上限は400mg程度です。 煮汁やだし汁は、煮干し、鰹節、干ししいたけ、鶏がらといった食材から抽出しますが、これらの食材はプリン体を多く含んでいるため、煮汁や麺類のスープなどはなるべく飲まないようにしましょう。 塩分過多にもなってしまうので、健康維持のためにもスープは全部飲まずに残すことをおすすめします。 肉類の中でもレバーや肝臓といった内臓系の部位にはプリン体が含まれているので注意が必要です。 貝類、甲殻類なども注意が必要です。 魚類では白身魚より、青魚や赤身の魚に含まれる傾向があり、内臓にも多いので頭や内臓を丸ごと食べるような小魚や干物、白子にも注意が必要となってきます。 豆類(大豆や小豆 とそれを使用した加工品などにも多く含まれています。 100グラムあたりのプリン体含有量ですが、ビールは3. 3~6. 9mgという数値に対して、煮干しは746. 1mgが含まれています。 ビールはプリン体が多いという印象がある人も多いと思いますが、実はそれよりも注意するべき食材はたくさんあるのです。 尿酸値が高い症状、どうなる 尿酸値が高いとどうなるかというと、高尿酸血症を発症し、それを放っておくと関節などに激痛を伴なう痛風に進行していきます。 高尿酸血症とは日本では約500万人の人がかかっていると言われています。 尿酸は体内に常時1,100mg蓄積されているのですが、1日に700mg産生されて、同量が汗や尿や便などと一緒に排泄されます。 このことで体内の尿酸の量は一定に保たれているのですが、尿酸が産生されすぎたり、上手に排泄されなかったりすると、血清中の尿酸の濃度は上昇し、血清尿酸値が高くなります。 この状態を放っておくと痛風に進行してしまうので、早めに値を下げることが大切なのです。 さらにこれに糖尿病や高血圧症、高脂血症などを合併してしまうと、心筋梗塞や狭心症を招く可能性もあります。 尿酸血は内科での血液検査、健康診断、人間ドックで測定することが可能です。 必ず検査をして健康管理をしていく上で役立てていくようにしましょう。 検査の結果、異常値が出た場合には必ずすぐに医師に相談をして治療をしていくことをおすすめします。 尿酸値が高い原因・食べ物・症状どうなる:まとめ ・尿酸値が高いとどうなるかというと、高尿酸血症を発症し、それを放っておくと関節などに激痛を伴なう痛風に進行していきます。 ・高尿酸血症とは日本では約500万人の人がかかっていると言われています。 尿酸は体内に常時1,100mg蓄積されているのですが、1日に700mg産生されて、同量が汗や尿や便などと一緒に排泄されます。 このことで体内の尿酸の量は一定に保たれているのですが、尿酸が産生されすぎたり、上手に排泄されなかったりすると、血清中の尿酸の濃度は上昇し、血清尿酸値が高くなります。 ・糖尿病や高血圧症、高脂血症などを合併してしまうと、心筋梗塞や狭心症を招く可能性もあります。 尿酸血は内科での血液検査、健康診断、人間ドックで測定することが可能です。 ・尿酸値が高い原因には大きく分けて遺伝的要因と環境要因の2つにわけることができます。 ・野菜が多い食事を心がけるようにすることをおすすめします。 ・尿酸値が高い食べ物ですが、尿酸値の上昇の原因の大元となるプリン体が多く含まれている食品がそれにあたります。 ・煮汁やだし汁は、煮干し、鰹節、干ししいたけ、鶏がらといった食材から抽出しますが、これらの食材はプリン体を多く含んでいるため、煮汁や麺類のスープなどはなるべく飲まないようにしましょう。 ・肉類の中でもレバーや肝臓といった内臓系の部位にはプリン体が含まれているので注意が必要です。 貝類、甲殻類なども注意が必要です。 ・豆類(大豆や小豆 とそれを使用した加工品などにも多く含まれています。 スポンサードリンク 人気記事• 甲状腺 腫れの症状について 甲状腺は新陳代謝を司る臓器です。 甲状腺が腫れてしまうと正常な働きが出来な... カテゴリ: , , ,• カテゴリ:• 膀胱(ぼうこう)がんについて 膀胱(ぼうこう)がんは、 がんの中でも男性の発症率が 非常に高いがんとして... カテゴリ: ,• 甲状腺腫瘍って、どんなもの? 甲状腺腫瘍は、男性よりも女性の方に多く見られる病気です。 主な症状としま... カテゴリ: , ,• 胃痛の原因は、症状や人によって異なる 胃が痛くなると、動くのも 辛く感じることがありますが、 しばらくす... カテゴリ: ,• カテゴリ: , ,• カテゴリ:.

次の

尿酸値の上昇を招く7つの原因

尿酸 値 高い 原因

僕、ポテト太郎。 最近、健康診断を受けたら、 尿酸値が高いとお医者さんに言われてしまったんだ。 ジャンクフード大好き、フライドポテト大好きな、ちょっとポッチャリ体形だからなのかな。 好きな食べ物をいつまでも美味しく食べられるように、健康にも気を使わないといけないんだよね。 でも、今までそんなこと気にしたこともないから、どうしたら尿酸値が下がるのか分からないんだ。 僕のほかにも、健康診断で尿酸値が高いと結果が出た人っていると思うんだよね。 どうやって尿酸値を下げればいいのか、一緒にチェックしてみよ~。 尿酸とは そもとも尿酸と尿酸値とは、何だろう? 尿酸とは、 人が生きていると体内に生じるゴミのようなものなんだ。 人の体の中では古い細胞が死んで、新しい細胞がどんどん生まれている。 これを 代謝っていうんだけど、この代謝をした時や運動した時なんかに尿酸は体内に生じるんだ。 それで、ゴミのようなものである尿酸は、いつも体内で生じるものだから、みんなが健康な体をしていれば、血液を通って尿や便、汗の中に含まれて体の外に排出されるんだ。 尿酸値とは 尿酸値とは、 血液中に尿酸がどれくらい含まれているかを表すもので、 尿酸の濃さだと思ってもらえばいいよ。 健康診断の血液検査では、血液1dl(100ml)に尿酸が何mg含まれているかを数値で表しているんだ。 尿酸という言葉から、尿の酸性度のことを尿酸というのだと思っている人がいるみたいだけど、 尿酸と尿の酸性度とは別のものだよ。 この尿酸の数値は、健康な人ならだいたい一定の範囲内の数値になるはずなんだ。 ちゃんと体の中で活動をして尿酸が発生する量と、オシッコなどから排出される量のバランスが取れている状態ってこと。 尿酸値の基準値(正常な範囲) 尿酸値の平均は、男女で少し違っている。 男性が4. 0~6. 0~5. 健康診断の血液検査では、正常値の範囲はもう少し広くて、 男性が3. 6~7. 3~7. でも、何か体に不調が生じてくると、このバランスが崩れてしまうことがあって、体内に尿酸が増えてしまうことがあるんだ。 そうすると、血液の中の尿酸も増えてしまって、尿酸値が高くなるということなんだ。 尿酸値が 7. こうなると「 尿酸値が高い」という状態になる。 尿酸はいらないもので、血液の中に多く含まれてくると、血管の中で良くないことが起きてくる。 その良くないことが起こり始めるのが、尿酸値が7. この7. 何が起こるかというと、 尿酸が血液中に溶けきれなくなってしまうんだよ。 溶けきれなくなってしまうってことは、溶けきれなかった尿酸が血液の中で固体になってしまうってこと。 血液の中で、固体になってしまったら血液の流れが悪くなってしまうのは簡単に想像がつくよね。 尿酸値が7. 尿酸値が高いと高まる病気のリスク 尿酸値が高いと、どんな病気になってしまうのかな。 よく言われるものに、 痛風があるよね。 突然、足の指などが腫れて痛み出す症状。 風が吹くだけで痛いという話を聞いたことがある人も多いのでは。 どんな痛みなのか、ちょっと怖いよね。 でも、痛風だけじゃないんだ。 ・結石や結節 これも痛いことで有名な病気だよね。 もちろん石が大きければ大きいほど痛いことも多いみたいだよ。 石の大きさが 4mm以下なら、治療をしなくても自然に排出されると言われている。 5mm~8mmで自然に排出されるのを待ってみてもいい 8mm以上なら薬や衝撃波などで結石を小さくしたり、砕いたりする対策が必要になるよ。 ・腎障害 腎臓は、 血液をろ過して尿を作り出す臓器なんだ。 尿を作るときに血液が凝縮されるから、尿酸が結晶化しやすい場所なんだ。 尿酸の結晶が、腎臓に沈着していくと、さらに尿酸を排出しづらくなっていくんだ。 こうして、腎臓の機能が落ちていって、尿酸を排出しづらくなってという悪循環に入っていく。 慢性の腎臓病になって、血液をうまくろ過できなくなり、老廃物や水分調整ができなくなっていく。 健康な状態と比べて、30以下の機能しか腎臓が果たさなくなると、 腎不全になってしまう。 生命に関わる重大な病気で、人工透析をするか、腎臓移植をしないと生きていけない状態にまでなってしまう。 ・合併症、全身症状 尿酸値が高い人ほど、内臓脂肪が多いことが分かっているよ。 尿酸値が高いと、血管にダメージを与えてしまって、 動脈硬化になりやすくなってしまうみたいなんだ。 動脈硬化は、日本人の死因2位の 心筋梗塞や3位の 脳卒中といった病気を引き起こしている。 尿酸値が高くなりやすい人はどんな人 尿酸値が高くなりやすい人って、いるんだよ。 どんな人がないやすいかというと、• 30歳以上• 肥満(内臓脂肪の多い人)• 血縁者に痛風の人がいる• ストレスの多い人• 激しい運動(息が切れる運動)を頻繁にする人• お酒を毎日たくさん飲む人 この項目にたくさん当てはまる人ほど気をつけたほうがいいよ。 なぜ尿酸値は男性が高い?理由は 尿酸値が高い人は女性に比べると、とても男性に多いんだ。 この理由は、 女性ホルモンにあるんだ。 女性ホルモンは、腎臓から尿酸の排泄を促す働きがあるんだ。 女性も閉経後は女性ホルモンの分泌が減ってくる。 50歳を超えたあたりから、男女の尿酸値の差は小さくなってくる。 ただ、体の具体的な症状は、尿酸値が高い状態を何年も続けていることで生じてくる。 女性は、若いうちにあまり尿酸によるダメージを体が受けていないことが多いから、尿酸値が高いことが原因の病気には、男性よりなりにくいと言えるんだ。 プリン体とは 尿酸値が高くなる原因として、よく耳にするのが プリン体だよね。 プリン体は、細胞の核にある「 核酸」のこと。 プリン体は尿酸の原料となるので、プリン体を摂取しすぎると尿酸値は上がりやすくなってしまうよ。 では、尿酸値が高いと言われた人が、どんな対策をすればいいのか、お伝えするよ。 尿酸値を下げる方法 肥満解消 肥満だと、高尿酸血症になる確率は高くなる。 やせると尿酸値が下がるケースが多いんだ。 食事・食べ物 プリン体の量が多い食品を控える 尿酸値が高くなる原因として、よく聞くのがプリン体の多い食品。 プリン体は、生物の細胞の核にある「 核酸」というもののことなんだ。 プリン体は体内で尿酸に変わってしまうから、 プリン体を摂りすぎると尿酸値が上がってしまうんだ。 どんな食品に プリン体が多いかというと、肉、レバー、魚、魚卵、乾物類(干物)などだよ。 具体的に、プリン体の多い食品を挙げてみるよ。 極めて多い食品(食品100gあたり300mgを超えるもの)• 鶏レバー• マイワシ干物• イサキ白子• あんこう肝酒蒸し 多い食品(食品100gあたり200~300g)• 豚レバー• 牛レバー• カツオ• マイワシ• 大正エビ• マアジ干物• サンマ干物 干してあるものは尿酸が高くなってしまうよ。 このあたりの食品は気をつけたほうがいい。 尿をアルカリ化させる食品を食べる 尿酸は、酸性の液体には溶けにくい性質を持っている。 尿酸を溶けやすくするには、アルカリ性の液体のほうがいいんだ。 でも、そんなことできるの?と思うだろうけど、実は食品には、食べると尿を酸性化するものと、アルカリ化するものとがあるんだ。 尿をアルカリ化すれば、尿酸が尿にたくさん溶けて排出しやすくなるというわけ。 尿をアルカリ化する食品を挙げるよ。 わかめ、ひじき、こんぶなどの海藻• 干ししいたけ(ただし、干してあるから、プリン体も多い)• ほうれん草、ごぼう、さつまいも、ニンジンなどの野菜 野菜や海藻といった食べ物だと思ってもらっていいよ。 反対に、尿を酸性化する食品は、肉・魚・卵といった食べ物。 気をつけたいのは、野菜でも、シュウ酸というものを多く含むものは結石をできやすくしてしまうんだ。 ほうれん草、大根、ナス、タケノコ、トマト、セロリなどは、尿をアルカリ化させたいからといって、一度に大量に食べずに、少しずつ食べるのがいい。 やっぱり、どんな食べ物も少しずついろんなものを食べるのが理想なんだよね。 尿酸値を下げる飲み物 今度は、飲み物だよ。 尿酸は、尿や便、汗から排出されるから、水分を多く摂ることは一つ大事なことだよ。 ただ、糖分を多く含んでいる飲み物はダメ。 水、お茶といったノンカロリーな飲み物を、意識してたくさん飲むようにしよう。 お茶やコーヒーには、利尿作用があるから、尿酸の排出をしやすくなる効果が期待できるよ。 尿をアルカリ化するために、水にレモン汁、黒酢、クエン酸などを混ぜると効果が出るよ。 さっきの話のように、アルカリ性の尿には尿酸がたくさん溶けるから、尿酸の排出量を増やせる。 尿酸値を上げる飲み物 逆に、尿酸値を上げてしまう飲み物は、糖分をたくさん含んでいる 清涼飲料水だよ。 サイダーやジュースには、砂糖が多く入っているから、尿酸値を上げてしまう。 お酒も、尿酸値を上げてしまう飲み物。 アルコールは、肝臓の機能に負担をかけるので、尿酸を分解しにくくしてしまうんだ。 聞いたことがある人も多いと思うけど、アルコールの中でも、ビールは特に気をつけたほうがいい。 尿酸の元になる プリン体が多く含まれているからさ。 尿酸値を下げるには節制が大事 尿酸値を下げるには、肉や魚や卵などの食べ過ぎを控えて、野菜と海藻を多めに摂り、肥満にならないように運動をすることが大事。 要は、 節制した生活をするのが大事ってことだよね。 僕も苦手な節制生活だけど、いつまでも美味しくポテトを食べるためなら、頑張ってみようかな。 節制するなら、運動もしたほうがより健康になれるよね。 運動する時に、着ると体に圧力がかけられて、より効率よく筋力アップできるTシャツがあるよ。

次の