マスク ケース 作り方 クリア ファイル。 マスクケースを手作りする方法!簡単にクリアファイルを使った作り方

ダイソーのクリアファイルで作るモノトーンのマスクケース

マスク ケース 作り方 クリア ファイル

マスクケースを手作りする方法!簡単にクリアファイルを使った作り方 マスクケースの作り方を簡単にクリアファイルを活用しましょう。 ビニール袋に入れても良いのですが、せっかくなので持ち運びたくなるようなケースを作ってしまいましょう。 用意するものはこちらです。 (道具写真1) ・クリアファイル1枚 ・ハサミ ・カッター ・定規 ・ペン ・接着剤(もしくは両面テープ) ・マスキングテープ(お好みで) 折る工程がありますので、クリアファイルは柔らかめのものの方が作りやすいです。 マスキングテープは最後に飾り用として使用しますので、お好みで用意してください。 マスク ケースを手作りの作り方! 折ってケース状にしていきます。 (手順写真3) 上下同じように折りましょう。 (手順写真4) 4等分出来ました。 (手順写真6) (手順写真7) 印に合わせてカッターの刃の裏などで折り線を入れ、谷折りに折ります。 (手順写真14) (手順写真15) 上側も同じように切ります。 角を切り落とすように丸くペンで描き、切り落とします。 (手順写真20) (手順写真21) (手順写真22) 後で使用するので置いておきます。 ファイルを丸い切り込みを下にして縦向きに置き、中央下の長方形部分に合わせて型紙を置いて線を書き入れます。 左側の長方形部分には型紙を裏返してから合わせて、同じように線を書き入れます。 (手順写真32) (手順写真33) 土台は出来上がりました。 あとはこれを折って接着していきます。 左右の長方形部分を折り込み、下部を折り目に合わせて折りあげ接着剤で貼り付けます。 (手順写真35) (手順写真36) 安定するまでしばらく押さえておきましょう。 折り目に合わせて折るのは同じですが、切り込みを入れた部分に左右の長方形部分を挟み込んでおります。 (手順写真37) (手順写真38) (手順写真39) (手順写真40) (手順写真41) 接着剤(両面テープ)を付ける位置はここです。 (手順写真42) 折り込んで、接着剤が安定するまで押さえておきましょう。 ケースとしてはこれで完成です。 (手順写真43) お好みでマスキングテープで飾りましょう。 (手順写真44) マスクを入れるとこのような感じに。 少し余裕ができるサイズです。 (手順写真45) 裏側。 (手順写真46) マスクケースは持ち運びに1つ持っていれば便利 私は花粉症持ちではないので冬場くらいしかマスクは使わないのですが、そもそも使う習慣があまりないので外出してからしまった!となることが多く、このようにケースに入れて常にカバンに入れて置けるのは便利だと感じました。 工程が結構多く作るのは面倒に感じるかも知れませんが、1つ作ってしまえばずっと使えるので重宝しますよ。 無地のファイルを使用しましたが、お気に入りの柄物のファイルで作ればもっとオシャレに可愛く作れます。 マスキングテープで飾っても良いし、レースやリボンをつけても可愛いでしょう。 マスクケースなんて・・大げさじゃない! 使い捨てマスクを入れておくのに便利なケースの作り方をご紹介しました。 わざわざマスクにケースなんて、と思われるかもしれませんが、少しでも衛生的に持ち歩きたいものですし、外出先で汚れてしまった時の予備として持ち歩いていれば、その有難さが分かりますよ。 無駄だと思わずぜひ作ってみてください。 マスクと関連して気になることがあって調べました。 ウエットティッシュについてです。 コロナウィルスが毎日のようにニュースでしているのを見ているときに詳しく記事にしたものです。 正しい知識をみにつけることが大事ですね。 気になっていることはみんな同じ! 是非、一緒に読んでみてくださいね。 手作りマスクをつける人が増えています。

次の

ダイソーのクリアファイルで作るモノトーンのマスクケース

マスク ケース 作り方 クリア ファイル

インフルAとBに両方罹患した娘の異常行動についてですが、Aにかかった後、Bになりました。 どちらも異常行動のようなものが見られました。 熱性せん妄、と言われましたが、初めて見る娘の異様な様子に焦りました。 今年は、私の周りでインフルエンザになったご家族は、まだ一家しか聞いていません。 が、小学校によってはじわじわとインフルでお休みする子がいるみたい。 (お大事に・・・) さて、そんな折、我が家の娘も予防接種を受けてきました。 今年はワクチンが足りないみたいなので、私と夫は受けない予定です。 その分、子供や受験生に回ったらいいなあと思って。 なので、「 予防を強化する」方針で 😛 で、作ったのが、 マスクをしたいと思った時・交換したいと思った時に便利な「 マスクケース」(女性・子供用サイズ)です。 マスクを上に乗せて、マスクよりも封筒が大きいことを確認。 封筒の 糊付け部分をきれいに剥がして開きます。 油性ペンや定規を使いながら型を写します。 クリアファイルの 両面に写します。 ハサミで切り取ります。 二枚いっぺんに切ろうとすると、ずれて大変なので一枚ずつ。 2、折る部分に線をつける 芯の出ていないシャーペンで定規で何度か線を引きます。 これで折り線がつきます。 定規できちんとやるのがポイント。 下の画像で向かって右のクリアファイルにうっすらと線がついているのがわかりますか? 3、デコする 必要に応じてこの段階でデコ。 シール、マスキングテープ、スタンプなど。 封筒を組み立てた時に上下が逆さまにならないように確認する。 柄入りのクリアファイルを使っても可愛いと思います。 上の画像で使用しているのは、プラスチックにも捺せる「ステイズオン」というインク。 専用クリーナーも販売されています。 両方揃えて置くと便利。 ただ、クリアファイルにスタンプするってちょっと難しいですwぬらぬらと滑るので、クリアファイルの切れ端で練習してから本番へ。 4、線で折って、封筒の形を作って貼り付ける 先ほど線をつけた部分でクリアファイルを折って、封筒の糊付けされている部分を貼ります。 両面テープ やテープのりを使います。 両面テープは 強粘着タイプで。 きれいにできるのはテープのりドットタイプだと思います。 ただし扱いが荒いと剥がれやすいです。 子供が使う場合はやはり強粘着の両面テープの方が安心。 追記:すみません・・・大人の私が普通に使ってもテープのりだと剥がれた時がありました・・・凹 強粘着の両面テープで貼ることと、 マジックテープを小さめにすることをオススメします。 5、面ファスナーテープを貼りつける 出来上がりー! 小さめサイズ(女性・子供用)のマスクが3枚が入ります。 ちょっと余裕がなかったのでもう少し大きくすればよかった。 メンズサイズなど大きめにしたい場合は大きい封筒を使って下さいね。 下の画像で言えば中央下。 根気があれば丸型やスカラップ(向かって左上)なども可愛いかも。 ただ、「フラップが三角になっている封筒」は、マスクケースのフラップ部分が折れやすそうな気がするので避けました。 クリアファイルで作ると、折れるとその部分に線ができてしまうので。 もともと封筒を作るためのテンプレートが市販されています。 それを使う手も。 作ってみたいと思ってもらえると嬉しいです。 定規で測ったりしなくて良いので、比較的楽に作れると思います。 よかったらお試しくださいね。 ) 関連キーワード•

次の

【ZIP】クリアファイルで簡単!「マスクケース」の作り方!マスク置き場のお悩み解消!

マスク ケース 作り方 クリア ファイル

以前、という記事をアップし、作り方を動画を交えてご紹介しておりました。 色つきのクリアファイルで作り、マスキングテープを貼っただけの、全然オシャレではない仕上がりでした。 元来絵心がないので、かわいくデコしたり…とかは苦手。 私がやらなくても、これをベースに、アレンジできる方には活用してもらえればいいや…と思っておりました。 スタイリッシュなシールでも貼ればバッチリではないですか~!!と今回、モノトーンでリベンジ! おさらいのため前回書いた記事と重複しますが、作り方も書いてます。 (前回とは行程の順番が多少違うところあり) あわせてシールの無料ダウンロードサイトもご紹介します。 ダイソー「ブラインドホルダー」• 両面テープ• はさみ• カッター• カッターマット• 目打ち(あれば)• かどまるくん(あれば)• シール• シール台紙• プリンター A4クリアファイルでマスクケースの作り方 1 ブラインドホルダーの下の部分(溶接されたところ)をカットします。 ちょうど凹みがあるので、凹みの下の部分を切り取ればOK。 切り取ったところ。 開きます。 2 中央に向かって左右を折り曲げます。 3 上下4cmのところに定規をあてて目打ちで線を引き、折り線をつけます。 目打ちがない場合は、コンパスの針や、シャーペンの芯を出さずに線を引いてもいいです。 あと、つかなくなったボールペンとか…。 折り線に合わせて谷折りします。 4 向かって左側の面をさらに半分に折り曲げ、四隅をカットします。 カッターでもはさみでもやりやすいほうでいいです。 こんな形になります。 5 フタの部分にあたるところを作ります。 半分に折り曲げたところを下にして、4cmの折り目を付けた下の部分に曲線を書いていきます。 ここはフリーハンドでもいいのですが、左右同じような曲線を書くのは難しい。 そこで、さきほど切り取った四隅の切れ端で型紙を作っておきます。 (私はいくつも作っているので、すでに型紙を持っており、画像の型紙はクリア色になっています) 鉛筆で線を書きます。 左側は裏返してから線を書きます。 (前の画像の左側に線を書くと、右利きだと切るときに切りにくい) 6 曲線をカットします。 そのときに上のほうの端の部分を5mm上から斜めに切ります。 ここをカットすることによって直角にならないので手が触れても痛くありません。 また、かさばらずにきれいに折り曲げることができます。 このように角が直角にならないように、斜めに切っておきます。 7 画像の一番下の折り目の両端4cmのところに鉛筆で印をつけ、カッターかはさみで切り目をいれます。 両面テープを画像の位置に貼り付けます。 ざっくり上は11cm、下は5. 5cm程度です。 7 両面テープを剥がし、くっつけていきます。 ずれないように両手で均等に倒していきます。 フタの部分は、切り目の中に曲線に切った上の部分を差し込みます。 ゆっくり両面テープをはがしくっつけていきます。 表面にステッカーを貼ってできあがり。 このままでは角がとがっているので、当たると痛いです。 角を丸くカットします。 ここで持っていればかどまるくんが便利。 でもかどまるくんなんて持っている人少ないですよね…。 はさみで丸くカットしましょう。 角を切るとマスクケースなのに空気が入って不衛生では?との意見もありましたが、その部分は両面テープでふさがれているところなのでとくに問題ないかな…と思います。 気になる方はそのまま切らずにお使いください。 角がチクっとすることがありますが…笑.

次の